記事ID136815のサムネイル画像

【様々な録音に必要不可欠】録音機の人気おすすめランキング10選

取材やインタビューで必要不可欠な録音機。そんな録音機の購入の際にどのような商品を購入すればいいのか悩まれる方も少なくありません。そこで今回は録音機の正しい選び方やおすすめの人気商品をランキング形式で紹介したいと思います。

録音に必要不可欠な録音機

録音機の選び方やおすすめランキング10選を紹介する前に、録音機の魅力について説明します。録音機は取材やインタビューなどの言葉を録音してくれるという魅力を兼ね備えているのです。

 

さらに録音機はただ録音をするだけでなく軽量でコンパクトなものが現在までに販売されており、録音時の負担をより軽減してくれる役割を担ってくれているのです

 

今回はそんな録音機の選び方の詳細や、おすすめ商品をおすすめランキング10選と題してランキング形式で紹介していきます。この記事を読めばあなたに合うが見つかりますよ。

録音機の選び方

録音機を購入する際に注意しておきたいのが選び方についてです。録音機はメーカーから様々な商品が販売されているので、購入の際には知識を付けておきましょう。

電源方式で選ぶ

録音機には二種類の電源方式があり、それぞれに特徴が異なってきます。自身の求めている録音機の電源方式が何なのかを把握したうえで、購入を検討するようにしましょう。

充電式を選ぶ

まず最初に紹介する録音機の電源方式は充電式です。充電式の録音機はバッテリーがなくなっても充電するだけで繰り返し使用することができ、電池式のようにランニングコストがかからないというメリットを持っています。

 

さらに充電式の録音機は自宅やオフィスなどのコンセントから給電できるのでバッテリー残量を気にせずに使用できるというメリットや、モバイルバッテリーを携帯していれば外出先でのバッテリー切れにも対応できるのです。

 

ですが充電式の録音機は内蔵バッテリーが切れてしまって給電手段も確保できなくなると使い物にならなくなってしまうというデメリットがあるので、購入の際には注意が必要となっています。

電池式を選ぶ

次に紹介する録音機の電源方式は電池式です。電池式の録音機は乾電池の入手が簡単であるため比較的簡単に電源を確保できるというメリットを持っており、録音機のバッテリーが切れても焦ることなく対応できます。

 

さらに電池式の録音機は海外への出張で使用する際や大事な会議や取材の直前に録音機のバッテリー切れや充電のし忘れに気付いていたとしても、乾電池さえ入手していればすぐに対応が可能なのです

 

ですが電池式の録音機はバッテリーが切れるたびに乾電池を買い替える必要があり、ランニングコストがかかってしまうというデメリットがあるので購入の際には注意が必要となっています。

録音方法で選ぶ

録音機は録音方法にも種類があり、それぞれに特徴が異なってきます。自身の求めている録音機の録音方法を把握したうえで、購入を検討するようにしましょう。

ステレオを選ぶ

まず最初に紹介する録音機の録音方法はステレオです。ステレオの録音機はより鮮明でクリアな音源を録音することが可能となっており、音源の左右差まで録音できるという特徴を持っています。

 

またステレオの録音機は複数人での会議を録音する場合に方向によって誰が発言したのかが分かりやすくなるというメリットを持っているので、より鮮明に音声を録音したい方などにはおすすめです。

 

ですがステレオの録音機は鮮明に聞こえる反面容量が少なくなってしまうというデメリットや、値段が高くなってしまうというデメリットがあるので購入の際には注意が必要となっています。

モノラルを選ぶ

次に紹介する録音機の録音方法はモノラルです。モノラルの録音機はステレオの録音方法よりも容量が大きいというメリットを持っており、一対一でのインタビューなどで活躍できる録音方法となっています。

 

さらにモノラルの録音機はステレオの録音機よりも比較的リーズナブルな価格で購入できるというメリットも持っているので、予算を抑えて録音機を購入されたい方などには特におすすめです。

記憶媒体で選ぶ

録音機は記憶媒体にも種類があり、それぞれに特徴が異なってきます。自身の求めている録音機の記憶媒体を把握したうえで、購入を検討するようにしましょう。

内蔵ストレージを選ぶ

まず最初に紹介する録音機の記憶媒体は内蔵ストレージです。内蔵ストレージは低音質であれば200時間ほど録音できるので、たまにしか使用する機会が無かったり高音質で長時間の録音をする機会があまりない方などにはおすすめとなっています。

 

さらに内蔵ストレージは録音データの取り扱いも簡単で安価なエントリーモデルの録音機以外にはUSB端子が搭載されているものが多く、直接PCに接続するだけで簡単に記録した音声データの転送が可能となっているのです。

 

ですが内蔵ストレージは高音質で長時間の録音に向いていないというデメリットや、大容量のデータの取り扱いには向いていないというデメリットがあるので購入の際には注意が必要となっています。

SDカードを選ぶ

次に紹介する録音機の記憶媒体はSDカードです。SDカードは高音質で長時間の録音を頻繁に行う方におすすめの記録媒体で、使用しているSDカードの容量が一杯になっても別のSDカードを入れ替えるだけで録音を続けられるというメリットを持っています。

 

さらにSDカードの記録媒体は録音機がUSB端子非搭載であってもSDカードに対応していればデータのやり取りに困ることが無いので、利便性を重視されたい方は内蔵ストレージとSDカードの両方に対応した録音機を選ぶのがおすすめです。

 

ですが録音機が対応しているSDカードの種類はモデルによって様々なので、購入の際には録音機がどのSDカードに対応しているのかを事前に確認しておくようにしましょう

使用用途で選ぶ

録音機は使用用途でおすすめされている種類が異なってきます。自身が使用したい用途ではどのような録音機がおすすめされているのかを把握したうえで、購入を検討するようにしましょう。

会議・講義用を選ぶ

まず最初に紹介する録音機の使用用途は会議・講義用です。会議や講義などで使用される録音機は長時間の間録音することが多いので、電源と連続使用可能時間をチェックしておく必要があります

 

さらに会議や講義などで使用される録音機は充電式や電池式を使用するのが主流であり、充電式であればランニングコストがほとんどかからないというメリットがありますが充電し忘れると録音できないというデメリットが。

 

また電池式であれば予備の電源を用意しやすいというメリットがありますが乾電池を購入するというランニングコストがかかってしまうというデメリットがあるので、自身の使用しやすいものを購入するようにしましょう。

音楽用を選ぶ

次に紹介する録音機の使用用途は音楽用です。従来の録音機は音声を圧縮させたMP3・WMAといったフォーマットで録音されており、ファイルサイズがとても小さいので長時間録音できますが音質が劣化してしまいます

 

そのため音楽用として録音機を起用されたい方であれば高音質に録音ができるリニアPCM録音ができるICレコーダーがおすすめで、音声情報を圧縮せずFLAC・WAV・DSDといったハイレゾ音源にも対応されたモデルもあるのです。

 

ですが高音質で録音した場合であるとファイルサイズがとても大きくなるというデメリットがあるので、内蔵ストレージの容量やSDカードの外部ストレージが使用できるのかをチェックしておきましょう。

語学・習い事用を選ぶ

次に紹介する録音機の使用用途は語学・習い事用です。語学や習い事用として録音機を起用されたいのであれば、リピート機能・早聞き機能・遅聞き機能といった再生機能を重視して選ぶようにしましょう。

 

さらに語学や習い事用として録音機を起用する際に特に重要なのがリピート機能で、安定した開始位置と終了位置の間で繰り返し再生できるので集中的に反復練習することで学習効率を高められるというメリットがあるのです。

取材用を選ぶ

最後に紹介する録音機の使用用途は取材用です。インタビューや取材などで録音機を起用されたいのであれば、携行性が優れている軽量でコンパクトな録音機を選ぶことをおすすめします。

 

さらにインタビューや取材などに起用されている録音機の中にはスティック状のペン型モデル等の目立ちにくく相手に圧迫感を与えづらいものも販売されているので、自然な雰囲気でインタビューが行えるようにすることが可能です。

 

またインタビューや取材などに起用されている録音機の中には音声を感知して自動的に録音を開始する音声起動録音機能と呼ばれるものも存在しており、うっかり録り忘れしてしまうなどのミスを防げます。

【高品質】録音機のおすすめ人気ランキング10選

第10位

VAVACO

ボールペン型ICレコーダー PE-01

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートに録音できるおすすめ録音機

まずおすすめランキング第10位にランクインした録音機は、VAVACOの『ボールペン型ICレコーダー PE-01』です。この録音機は360°ステレオマイクは高感度を持って、音を立体的で臨場感豊かに録れる商品となっています。

 

さらにこの録音機は雑音を抑えて音声が聴き取りやすいノイズキャンセル技術を利用して人声に還元でき、購入者からは高音質であることでとても満足している点やスマートに録音できる点等で高評価を得ているのです。

 

この事から高音質で録音できる録音機を購入されたい方や、スマートに録音できる録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法ステレオ
第9位

JOOMFEEN

ICレコーダー N80

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

録音時に雑音が入りにくいおすすめ録音機

次におすすめランキング第9位にランクインした録音機は、JOOMFEENの『ICレコーダー N80』です。この録音機は録音ファイルにも管理でき、日付&時刻がファイル名になることで録音後の管理は心配ない商品となっています。(使用前に本機を設定してください)

 

さらにこの録音機はパソコンと接続すればファイル名は日付と開始時間でつけられるので確認の時に一目でわかりやすく便利で、購入者からはボタンを押すだけの簡単操作で録音できる点や録音時の雑音が少ない点等で高評価を得ているのです。

 

この事からボタンを押すだけの簡単操作な録音機を購入されたい方や、録音時に雑音が入りにくい録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法非公開
第8位

SURIA

ICレコーダー N1

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりと音を拾ってくれるおすすめ録音機

次におすすめランキング第8位にランクインした録音機は、SURIAの『ICレコーダー N1』です。この録音機は超コンパクトサイズ(39x18x6mm)かつ超軽量(7g)で持ち運びに優れ、隠れやすく目立ちにくい商品となっています。

 

さらにこの録音機は電源がオフの状態でもボタンを押すだけで録音を開始する「ワンプッシュ録音」を搭載しておりすぐに録音を開始したい際にも便利で、購入者からはしっかりと音を拾う事で重宝している点や使用しやすい点等で高評価を得ているのです。

 

この事からしっかりと音を拾ってくれる録音機を購入されたい方や、使用しやすい録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法非公開
第7位

EVISTR

ボールペン型ICボイスレコーダー L80A

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質に録ることが出来るおすすめ録音機

次におすすめランキング第7位にランクインした録音機は、EVISTRの『ボールペン型ICボイスレコーダー L80A』です。この録音機はダイナミック8核DSPノイズキャンセリング技術の採用と高性能360度サラウンドマイクを内蔵させた商品となっています。

 

さらにこの録音機は他社に先駆けた16GBメモリの採用により192時間の録音データもしくは約5000曲のミュージックを収録日時で保存管理でき、購入者からは高音質であることでとても重宝している点やデザイン性に優れている点等で高評価を得ているのです。

 

この事から高音質である録音機を購入されたい方や、デザイン性に優れている録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法モノラル
第6位

Victure

ボイスレコーダー V3

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで持ち運びに優れているおすすめ録音機

次におすすめランキング第6位にランクインした録音機は、Victureの『ボイスレコーダー V3』です。この録音機は1450mAhの高性能バッテリーを内蔵していることで最大145時間の長時間録音ができ、録音機として十分に使用できる商品となっています。

 

さらにこの録音機はVOR音声検知・A-Bリピート再生機能と変速再生機能・録音分割機能・定時録音・電話録音・録音品質調整・録音感度調整などの機能に対応でき、購入者からはコンパクトで持ち運びが楽な点や操作性が高い点等で高評価を得ているのです。

 

この事からコンパクトで持ち運びに優れている録音機を購入されたい方や、性能性が高い録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法モノラル
第5位

YEMENREN

ICレコーダー R6

価格:2,363円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で高機能なおすすめ録音機

次におすすめランキング第5位にランクインした録音機は、YEMENRENの『ICレコーダー R6』です。この録音機はダイナミックなノイズ除去技術を運用したダブルマイクを搭載していることで、音声がクリアに録音できる商品となっています。

 

さらにこの録音機は8GBのストレージ容量で更なるメモリカードの必要が無く最高で576時間の記録を保存することができ、購入者からは低価格でありながら高機能な点や性能がとても高いことで重宝している点等で高評価を得ているのです。

 

この事から予算を抑えて高機能な録音機を購入されたい方や、性能がとても高い録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法ステレオ
第4位

オリンパス

ICレコーダー VN-541PC

価格:4,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

性能が高いおすすめ録音機

次におすすめランキング第4位にランクインした録音機は、オリンパスの『ICレコーダー VN-541PC』です。この録音機はメモ録・授業の復習・歌の練習などで使え、使いやすさ・操作性・画面表示の見やすさを追求させた商品となっています。

 

さらにこの録音機はボタンひとつでいつでも録音が開始できるワンタッチ・ダイレクト録音やパソコンと接続できるmicroUSBコネクタを搭載しており、購入者からはコストパフォーマンスに優れている点や性能が高い点等で高評価を得ているのです。

 

この事からコストパフォーマンスに優れている録音機を購入されたい方や、性能が高い録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式電池式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法モノラル
第3位

Daping

小型ICレコーダー DP-Pro

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8核ノイズ除去技術を採用したおすすめ録音機

次におすすめランキング第3位にランクインした録音機は、Dapingの『小型ICレコーダー DP-Pro』です。この録音機はペン型を採用していて録音だけではなく文字をかけるボールペンとしても使え、ピアノブラック鏡面仕上げ塗装を施した商品となっています。

 

さらにこの録音機はダイナミックな8核ノイズ除去技術を採用し高性能の360度無指向性マイクを内蔵しており、購入者からは簡単に録音が出来ることでとても重宝している点や高性能であることでとても満足している点等で高評価を得ているのです。

 

この事から簡単に録音ができる録音機を購入されたい方や、高性能な録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法モノラル
第2位

QZT

ICレコーダー QZT-V90

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに優れたおすすめ録音機

次におすすめランキング第2位にランクインした録音機は、QZTの『ICレコーダー QZT-V90』です。この録音機は先端なノイズカット技術を搭載しDSP音響学の知能ノイズの軽減技術は効果的に音源のノイズ邪魔を一掃して、人声に還元できる商品となっています。

 

さらにこの録音機は360°ステレオマイクは高感度を持って録音中周りの騒音を気にせずクリアな音声収録ができ、購入者からはコストパフォーマンスに優れていることでとても満足している点や簡単な操作で録音できる点等で高評価を得ているのです。

 

この事からコストパフォーマンスに優れている録音機を購入されたい方や、簡単な操作で録音が可能な録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法ステレオ
第1位

YEMENREN

ICレコーダー R8

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い世代におすすめできる最強の録音機

そして栄えあるおすすめランキング第1位にランクインした録音機は、YEMENRENの『ICレコーダー R8』です。この録音機は製品真ん中の録音ボタンを一回押せばすぐに録音がスタート・再度押せば録音データが保存されるという簡単操作な商品となっています。

 

さらにこの録音機は語学学習などに便利なA-Bリピート再生機能・再生速度調整機能・長時間の大切な録音内容をすべて消さない録音分割機能などを搭載しており、購入者からは操作が簡単である点やコンパクトである点等で高評価を得ているのです。

 

この事から操作がとても簡単である録音機を購入されたい方や、コンパクトで軽量な録音機を購入されたい方などには特におすすめの商品となっています。

電源方式充電式記録媒体内蔵ストレージ
録音方法非公開

録音機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4992115の画像

    YEMENREN

  • 2
    アイテムID:4992114の画像

    QZT

  • 3
    アイテムID:4992113の画像

    Daping

  • 4
    アイテムID:4992111の画像

    オリンパス

  • 5
    アイテムID:4992110の画像

    YEMENREN

  • 6
    アイテムID:4992109の画像

    Victure

  • 7
    アイテムID:4992108の画像

    EVISTR

  • 8
    アイテムID:4992107の画像

    SURIA

  • 9
    アイテムID:4992105の画像

    JOOMFEEN

  • 10
    アイテムID:4992104の画像

    VAVACO

  • 商品名
  • ICレコーダー R8
  • ICレコーダー QZT-V90
  • 小型ICレコーダー DP-Pro
  • ICレコーダー VN-541PC
  • ICレコーダー R6
  • ボイスレコーダー V3
  • ボールペン型ICボイスレコーダー L80A
  • ICレコーダー N1
  • ICレコーダー N80
  • ボールペン型ICレコーダー PE-01
  • 特徴
  • 幅広い世代におすすめできる最強の録音機
  • コストパフォーマンスに優れたおすすめ録音機
  • 8核ノイズ除去技術を採用したおすすめ録音機
  • 性能が高いおすすめ録音機
  • 低価格で高機能なおすすめ録音機
  • コンパクトで持ち運びに優れているおすすめ録音機
  • 高音質に録ることが出来るおすすめ録音機
  • しっかりと音を拾ってくれるおすすめ録音機
  • 録音時に雑音が入りにくいおすすめ録音機
  • スマートに録音できるおすすめ録音機
  • 価格
  • 2980円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 4091円(税込)
  • 2363円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 電源方式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 電池式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 記録媒体
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 内蔵ストレージ
  • 録音方法
  • 非公開
  • ステレオ
  • モノラル
  • モノラル
  • ステレオ
  • モノラル
  • モノラル
  • 非公開
  • 非公開
  • ステレオ

まとめ

ここまで録音機の選び方やおすすめランキング10選の紹介をしてきましたが、購入の参考になられたでしょうか。録音機には様々な種類があり、より記憶しやすい効果をもたらしてくれているのです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ