記事ID136788のサムネイル画像

【いつでも服を清潔に】人気の洗濯機メーカーおすすめランキング10選

日常生活に欠かせない洗濯をしてくれる洗濯機は、多くの人が1台持っている家電ですよね。洗濯から商品によっては乾燥まで行ってくれる洗濯機は家事を楽にしてくれます。数あるメーカーの中から、今回はおすすめのメーカーの洗濯機をご紹介していきます。

洗濯機にこだわってもっと洗濯を快適にしよう

洗濯機は、今や多くの人が1台もっている家電になっています。その種類も豊富で様々な家電メーカーが洗濯機を発売しています。洗浄力も高く、商品によっては乾燥機付きなどメーカーや商品によって様々な特徴があります。

 

洗濯機に何を求めるかは、人によってそれぞれです。価格やスペックにどのようなこだわりを持つかで選ぶ洗濯機は変わってきます。今回は洗濯機の選び方や実際の商品をご紹介していきますので、自分のライフスタイルやこだわりに合った洗濯機を見つけてくださいね。

洗濯機の選び方

まず、洗濯機をどのような視点で選んだら、自分のライフスタイルに合った洗濯機を見つけることができるのかをご紹介していきます。ぜひ洗濯機選びでお悩みの人は参考にしてみてくださいね。

容量で選ぶ

洗濯機は、洗濯する量によって様々な大きさのものがあります。小さすぎては何度も洗濯をしないといけないですし、必要以上に大きすぎるものでも置き場所に困ったり価格が高いものになってしまいます。

 

そのため、一緒に洗濯をする家族の人数や洗濯する量によって洗濯機の容量を選ぶのがポイントです。その目安をご紹介していきます。

1人暮らしや少ない洗濯量の人向けの洗濯機

1人~2人暮らしの人や、洗濯量が少ない人におすすめなのが、5kgまでの小型の洗濯機です。小型の洗濯機は、多くの洗濯機置き場に収まりやすいので、置き場所を考える必要がないのも利点です。

 

また、人数や洗濯量が少ない人だけでなく、衣類によって細かく分けて洗う人にもおすすめの容量です。洗濯は色柄物と白物で分けてあらう人が多いと思います。また汚れがひどいものだけで洗ったりとこだわりを持って洗濯している人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

自分は1回の洗濯量がそんなに多くないという人は小型の洗濯機でも十分に対応できます。

 

 

3~4人家族向けの洗濯機

3人から4人家族で毎日洗濯する家庭におすすめなのが5kgから7kgの洗濯機です。4人家族になると小型の洗濯機では小さすぎて、1日に何度も洗濯をしなければなりません。

 

細かく分けて洗うわけではなく、1日の洗濯物を1度に洗いたい人は中型の洗濯機をおすすめします。

 

また、1人暮らしの人やから2人暮らしの人でも毎日洗うわけではなく、できるだけまとめて洗いたいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。できるだけ洗濯の手間を省いて多めの洗濯物を一度に洗うためには、少し大きめの洗濯機を選ぶことが大切です。

まとめ洗いが多い家族向けの洗濯機

3人から4人の家族でも、洗濯をまとめて洗いたいという人におすすめなのが7kgから9kgの洗濯機です。洗濯は家事の中でも重労働で時間もかかりますよね。忙しくて毎日洗濯をしたくてもできないという人もいるのではないでしょうか。

 

そんな家庭では自然と洗濯量が多くなってしまいます。そのため少し大きめの洗濯機を選ぶことで、できるだけ日頃の洗濯の回数を減らすことができるので、家族の何日か分の洗濯物をまとめて洗いたいという人は大きめの洗濯機をおすすめします。

6人以上の大家族向けの洗濯機

6人以上の大家族におすすめの洗濯機は9kg以上の大型の洗濯機です。家族の人数が多ければ多いほど洗濯物の量も増えていきます。大家族になると洗濯物も1日に何度も回す必要がでてくることもあるのではないでしょうか。

 

1日に洗濯する回数をできるだけ減らし、洗濯への負担軽減につなげるために大型の洗濯機を買ってみてはいかがでしょうか。大型の洗濯機は家の洗濯機置き場に収まらない可能性もあるので、あらかじめサイズを測っていくことが大切です。

洗濯機の種類で選ぶ

現在、日本で多く使われている洗濯機は、主に3種類あります。それは縦型の洗濯機とドラム型の洗濯機と2層型の洗濯機です。近年はドラム型の洗濯機も人気ですが、それぞれ特徴が違います。

 

3つのタイプの洗濯機についてその特徴と向いている人をご紹介しますので自分はどちらの洗濯機が向いているのか参考にしてみてくださいね。

 

 

縦型の洗濯機の特徴

縦型の洗濯機は、これまで日本の洗濯機として一般的に使われてきたタイプです。その特徴は、汚れの落ちやすさです。衣服をすり洗いすることができるため汚れがきれいに落ちます。衣服の汚れをしっかりと落としたい人におすすめです。

 

また、縦型の洗濯機は、洗濯機本体の幅を最小限にすることができるため設置の際に洗濯機置き場に入らないということがドラム型の洗濯機より少なくなります。より省スペースで洗濯機を設置したいという人は縦型の洗濯機を選んでみてはいかがでしょうか。

 

縦型の洗濯機の弱点として水をドラム式より大量に使うということが挙げられます。たくさんの水でしっかりと汚れを落とすというシステムのため水道代がドラム式の洗濯機よりもかかってしまいます。

 

ドラム型の洗濯機の特徴

ドラム型の洗濯機は、近年様々な種類が発売され人気がでています。ドラム型の洗濯機の特徴は衣類を優しく洗いあげる点です。横向きまたは斜めに設置されたドラムが回転して衣類を上から下へ落とすたたき洗いをするため、衣類同士の擦れを減らすことができます。

 

少ない水で洗いあげることができるため節水にもつながりますし乾燥が縦型よりも優れているのも特徴です。衣類を回しながら温風をあてるのでふわっと優しい仕上がりになります。乾燥にこだわりたい人はドラム型の洗濯機をおすすめします。

 

ドラム型の洗濯機の弱点は、同じ容量の縦型の洗濯機よりも価格が高いことです。また、大きさも大きなものが多いため、洗濯機置き場を選ぶこともあります。

二槽型の洗濯機の特徴

縦型やドラム型の洗濯機よりかは種類や使っている人は少ないですが、洗濯槽と脱水槽の2つの槽がある2槽型の洗濯機は今でも根強い愛用者がいます。そんな2槽型の洗濯機の特徴は、自分で洗濯や脱水の調節ができるということです。

 

全自動ですべてやってくれる縦型やドラム型の洗濯機とは違い、洗いやすすぎ、脱水の設定を細かく分けることができます。衣類によって洗濯方法を細かく変えたい人やこだわりをもって洗濯したいという人には2層型の洗濯機をおすすめします。

 

弱点は、全自動ではないため手間がかかるということです。洗いやすすぎが終わって脱水に移行するとき、手で洗濯槽から洗濯物を脱水槽に移動させる必要があるため、負担となってしまうことです。

 

洗濯機の機能で選ぶ

現在洗濯機には様々な機能がついていて、より洗濯を手軽で快適なものにしてくれます。自分にはどの機能をもった洗濯機があっているか、チェックしてみてくださいね。

乾燥機能付きの洗濯機

近年の洗濯機では、乾燥機能がついた洗濯機も多く発売されています。これまでは洗濯をするとベランダや部屋の中に干す作業が必要でした。しかし、外に干すときには天候を気にしなければなりませんでしたし、部屋に干すときには干し場所の確保が必要でした。

 

洗濯の工程をできるだけ減らしたいという人は、乾燥機能付きの洗濯機を選ぶことをおすすめします。洗濯物を入れて取り出すときには着ることができる状態になっているので洗濯がとても楽になります。

インバーター搭載の洗濯機

仕事から帰ったあと、夜に洗濯をするという人も多いのでしょうか。マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、下の階や隣の部屋の人への騒音が気になりますよね。できるだけ静かに洗濯をしたいという人は、インバーター搭載の洗濯機をおすすめします。

 

インバーターとは、電気の流れる量を調節する装置のことです。必要な分だけ洗濯槽を動かすモーターを稼働させるので音が静かになります。また、節水効果もあるのも魅力的です。

自動掃除機能付きの洗濯機

洗濯槽は、使っていくごとに汚れていきます。そのため定期的に掃除をすることが大切です。しかし洗濯槽の掃除は時間もかかりますし大変です。洗濯槽の掃除を楽にしたいという人は、自動掃除機能付きの洗濯機がおすすめです。

 

掃除方法はメーカーによって様々です。こまめに洗濯槽を掃除することで常に洗濯槽を清潔に保ち、よりきれいに衣類を洗濯をすることができます。清潔な洗濯をするためにも、ぜひ洗濯槽はこまめに掃除をしましょう。

人気の洗濯機メーカーおすすめ10選

様々な家電メーカーが洗濯機を発売していますが、どのようなメーカーがあるのか、そしてそのメーカーがどのような洗濯機を発売しているのかご紹介していきます。メーカーごとに様々な特徴がありますのでぜひチェックしてみてください。

 

第10位

エスケイジャパン

SW-M45A

価格:26,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフル洗浄で衣類の汚れを残さない

日本のメーカーであるエスケイジャパンの洗濯機は、衣類に洗剤をしっかりと浸透させて汚れをムラなくきれいに落とすパワフル洗浄が特徴です。衣服に汚れが付きやすく、しっかりときれいにしてくれる洗濯機をお探しの人は、こちらをおすすめします。

 

1~24時間の予約機能や、残り時間表示、柔軟剤自動投入など、忙しい人におすすめの機能が備わっています。4.5kgという小型サイズも、1人暮らしの人で洗濯物が多くない人やこまめに洗濯する人にはおすすめのサイズです。

 

 

サイズ550×930×550mm洗濯容量4.5kg
種類縦型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第9位

maxzen

JW55WP01WH

価格:20,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1人暮らしに最適な容量と価格

マクスゼンは、MOA STOREというメーカーが作っている自社家電ブランドで、余計な機能を省いてできるだけシンプルにして、その分価格を抑えているジェネリック家電です。

 

1人暮らしに最適な5.5kgという容量で、洗い方も標準コースに加え、節水をして優しく洗いあげるソフトコース、しっかりと洗いたいときに使う強洗コースなど、5種類のコースからその時の洗濯にあったコースを選ぶことができます。

 

予約機能もついているため、夜寝る前に洗濯物をセットしておいて朝自動的に洗ってもらうことで、忙しい朝の家事の時短にもつながります。

サイズ565×835×534mm洗濯容量5.5kg
種類縦型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第8位

アクア

AQW-FV800E-W

価格:85,575円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラム型の洗濯機を低価格で手に入れる

アクアの洗濯機の特徴は、その価格です。ドラム型の洗濯機は数十万するものも多いですが、アクアの製品は10万円をきる価格で購入できます。低価格で高品質が特徴のアクアの洗濯機は、子供がいる家庭にもうれしい機能がついています。

 

子供が外で遊んできたり、部活で衣服が泥だらけになってしまうことがありますよね。そんな時は「泥んこ予洗いコース」を使ってきれいに泥を落とすことができます。ドラム型の洗濯機の中ではコンパクトサイズですので、多くの家で設置することができます。

サイズ625×860×595mm洗濯容量8kg
種類ドラム型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第7位

Hisense(ハイセンス)

HW-G75A

価格:28,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最短10分で洗濯完了

中国のメーカーであるハイセンスの洗濯機は、充実した機能で素早く洗濯をすることができるというのが魅力的です。最短10分で終わらせることができるのは忙しくて洗濯の時間をなるべく減らしたいという人にはぴったりです。

 

また、幅が53㎝とスリムなため設置場所が狭い人にもおすすめです。白でシンプルなデザインで洗濯機置き場をスッキリと見せてくれます。

サイズ560×990×570mm洗濯容量7.5kg
種類縦型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第6位

ハイアール(Haier)

JW-W55E-W

価格:18,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

根強い人気の2層型タイプの洗濯機

中国のメーカであるハイアールの2槽型の洗濯機は、汚れをしっかりと落とすことのできて節水にもなる製品です。

 

2槽型の洗濯機は、槽が2つあるため、片方で洗いやすすぎを行い、片方で脱水を行うことができ、白物と色柄物など、細かく洗濯物を分けて洗いたい人でも時間短縮して洗濯をすることができます。

 

また、衣類に残りやすい粉タイプの洗剤でもしっかりと洗って洗剤が残らないので、敏感肌の人でも安心して使えます。

サイズ770×920×438mm洗濯容量5.5(洗濯)/5.0(脱水)kg
種類2槽型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第5位

シャープ(SHARP)

ES-W111-SL

価格:214,501円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無線LANが搭載された次世代型洗濯機

日本の大手家電メーカーであるシャープの洗濯機は、無線LAN搭載で洗濯に関する様々な情報を教えてくれるこれまでにない洗濯機です。衣類によって洗い方が難しかったりするものがありますよね。そんな洗濯の困りごとを解決してくれる洗濯機です。

 

マイクロ高圧洗浄で、衣服の繊維の奥まで入り込んだ汚れもしっかりと落とすことができます。インバーターを搭載しているため夜遅くや早朝に洗濯がしたいという人も静かに洗濯をすることができます。

 

また、乾燥機付きの洗濯機なので、洗濯から乾燥まで一気に行い、終わったらふわふわの衣服を取り出すことができ、洗濯を干す時間を省略できます。扉も右開きの製品と左開きの製品が発売されているので、洗濯機置き場に合わせて選ぶことができます。

サイズ772×1136×661mm洗濯容量11kg
種類ドラム型乾燥機能あり
乾燥容量6kg
第4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

FL71-W/W

価格:79,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温水洗いができる洗濯機

低価格で質の高い家電を発売しているアイリスオーヤマの洗濯機は、様々な機能が付きながらも他のメーカーのドラム型の洗濯機よりも低価格で購入できるのが魅力です。

 

40℃と60℃の温水洗いができるのがこの製品の特徴です。衣服は用途に応じて温水で洗うと、より汚れや菌が落ちやすくなるんです。60℃は肌着を洗うときにおすすめです。

 

普段着やおしゃれ着は40℃で洗うことで、部屋干しをしたときなどに出てしまう嫌な臭いの原因となる菌を減らすことができます。また、最後のすすぎを温水で行うことで部屋干しの乾燥時間を約3/2に減らすことができる部屋干しコースも搭載しています。

サイズ670×885×660mm洗濯容量7.5kg
種類ドラム型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第3位

東芝

AW-45M7-W

価格:28,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つのシャワーでパワフル洗浄

東芝の洗濯機は、3つのシャワーでしっかりと衣服に洗剤を浸透させ、汚れを落とすパワフル洗浄が特徴です。4.5Lと1人暮らしの人にはちょうどいいサイズで、白のシンプルなデザインも使いやすいです。

 

また、最低水位が12Lと少ない水でも洗濯することができるため、1人暮らしで洗濯物の量が少ない人や、少しだけ洗濯物を洗いたいというときでも、必要以上の水を使うことなく洗うことができます。

サイズ550×934×534mm洗濯容量4.5kg
種類縦型乾燥機能なし
乾燥容量0kg
第2位

パナソニック(Panasonic)

NA-VX8900L-W

価格:219,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ななめドラムタイプで取り出しやすい

パナソニックのドラム型の洗濯機は、ほかのドラム型の洗濯機と違い斜めに洗濯槽がついているため、取り出しやすいのが特徴の製品です。

 

また、泡洗浄で洗いあげることもパナソニックの洗濯機の特徴です。泡状になった洗剤が素早く汚れを浮かし出しキレイに落とすことができます。

 

また、1回1回洗剤や柔軟剤を入れなくてもいい自動投入の機能が備わっています。毎回の洗濯に最適な洗剤や柔軟剤の量を自動で入れてくれるため、洗剤や柔軟剤の投入の手間が減ることで、少しでも楽に洗濯をすることができます。

 

サイズ777×1080×650mm洗濯容量11kg
種類ドラム型乾燥機能あり
乾燥容量6kg
第1位

日立(HITACHI)

BW-V80C N

価格:68,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予洗いや洗濯槽の掃除の手間を軽減

日立の洗濯機は、汚れがひどい部分にだけ行う予洗いの手間を軽減することができるくらいの洗浄力が特徴の製品です。高濃度の洗浄液をたたき洗い、もみ洗いをすることで衣服の繊維の奥まで浸透させることができます。

 

シャツを繰り返し着ていると襟の部分が黄ばんでくることがありませんか。それは皮脂汚れの酸化が原因なんです。そんな襟の黄ばみもつけおきしながら洗うことでしっかりと落としてくれます。

 

洗濯槽の掃除機能である自動おそうじも搭載されているため、洗濯をするたびに洗濯槽の汚れを洗い流してくれることで、常に洗濯槽を清潔に保つことができ、洗濯槽の掃除の手間を軽減してくれます。

サイズ625×1045×582mm洗濯容量8kg
種類縦型乾燥機能なし
乾燥容量0kg

おすすめ洗濯機メーカー商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4992931の画像

    日立(HITACHI)

  • 2
    アイテムID:4992936の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:4992918の画像

    東芝

  • 4
    アイテムID:4992906の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:4992857の画像

    シャープ(SHARP)

  • 6
    アイテムID:4992839の画像

    ハイアール(Haier)

  • 7
    アイテムID:4992827の画像

    Hisense(ハイセンス)

  • 8
    アイテムID:4992801の画像

    アクア

  • 9
    アイテムID:4992724の画像

    maxzen

  • 10
    アイテムID:4992774の画像

    エスケイジャパン

  • 商品名
  • BW-V80C N
  • NA-VX8900L-W
  • AW-45M7-W
  • FL71-W/W
  • ES-W111-SL
  • JW-W55E-W
  • HW-G75A
  • AQW-FV800E-W
  • JW55WP01WH
  • SW-M45A
  • 特徴
  • 予洗いや洗濯槽の掃除の手間を軽減
  • ななめドラムタイプで取り出しやすい
  • 3つのシャワーでパワフル洗浄
  • 温水洗いができる洗濯機
  • 無線LANが搭載された次世代型洗濯機
  • 根強い人気の2層型タイプの洗濯機
  • 最短10分で洗濯完了
  • ドラム型の洗濯機を低価格で手に入れる
  • 1人暮らしに最適な容量と価格
  • パワフル洗浄で衣類の汚れを残さない
  • 価格
  • 68499円(税込)
  • 219800円(税込)
  • 28500円(税込)
  • 79800円(税込)
  • 214501円(税込)
  • 18150円(税込)
  • 28360円(税込)
  • 85575円(税込)
  • 20800円(税込)
  • 26750円(税込)
  • サイズ
  • 625×1045×582mm
  • 777×1080×650mm
  • 550×934×534mm
  • 670×885×660mm
  • 772×1136×661mm
  • 770×920×438mm
  • 560×990×570mm
  • 625×860×595mm
  • 565×835×534mm
  • 550×930×550mm
  • 洗濯容量
  • 8kg
  • 11kg
  • 4.5kg
  • 7.5kg
  • 11kg
  • 5.5(洗濯)/5.0(脱水)kg
  • 7.5kg
  • 8kg
  • 5.5kg
  • 4.5kg
  • 種類
  • 縦型
  • ドラム型
  • 縦型
  • ドラム型
  • ドラム型
  • 2槽型
  • 縦型
  • ドラム型
  • 縦型
  • 縦型
  • 乾燥機能
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 乾燥容量
  • 0kg
  • 6kg
  • 0kg
  • 0kg
  • 6kg
  • 0kg
  • 0kg
  • 0kg
  • 0kg
  • 0kg

まとめ

おすすめの洗濯機メーカーの製品をご紹介してきました。洗濯の負担を少しでも軽減したい人、こだわりをもって洗濯をしたい人、洗濯に対する思いは人それぞれです。自分に合った洗濯機を見つけて、快適に洗濯をしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ