記事ID136785のサムネイル画像

【多数のメーカー】Bluetoothヘッドフォンおすすめランキング10選

Bluetoothを搭載した電子機器が昨今徐々に広がっていますが、イヤホンやヘッドフォンにもその流れが来ています。今回は、Bluetoothヘッドフォンを導入する利点や購入する際に選び方の基準に至るまで幅広く紹介していきましょう。

Bluetoothヘッドフォンの魅力とは

Bluetoothヘッドフォンはワイヤレスヘッドフォンの1種です。ワイヤレスイヤホンは赤外線方式、無線方式、そして今回紹介するBluetooth方式の3つがあります。それではBluetoothヘッドフォンの魅力をまずは紹介していきます。

 

Bluetooth式が昨今これほどの広がりを見せている要因は中間にクオリティ、価格の面において中間に位置していることです。接続可能距離はメーカーや機種により異なりますが、最大100mほどの範囲内であれば接続可能です。

 

また上記で挙げた要因からさまざまな家電や、オーディオプレイヤーにも導入されている技術なので互換性が高くさまざまなシーンで音楽や音声を聴くことが可能だからです。この機能が搭載されているヘッドフォンならば海外製品にも対応しやすく、出張の際にも重宝すること間違いないでしょう。

Bluetoothヘッドフォンの選び方

ここからはBluetoothヘッドフォンを購入する際の知っておきたい選択の基準について紹介していきます。すでに何台か所有されている方も、今一度確認しておくことをおすすめします。

装着感した時の快適性で選ぶ

通信の接続性や所持しているオーディオプレイヤーとの相性を確認することももちろん大事なことですが、快適さを求めるならばそれだけでは不十分です。見落としがちですが、装着感を購入前に確認しておくことは重要です。

 

頭にフィットしているのか、耳につけた時の締め付け感や、肌触りを実際に試聴してみるときに同時に確認してください。耳の不快感に関してはカスタマイズ可能なヘッドフォンならば交換可能ですが、頭のフィット感は購入後に調整することは不可能なことが大半です。

 

あまりフィットしない商品を購入してしまうと、主に移動時に装着することを目的に購入された方にとっては不快感ばかりつのる結果になってしまうので、特に初めての購入に方には専門店で試聴することをおすすめします。

ハウジングの素材で選ぶ

ハウジングは耳を覆う部分のことで、別名イヤーカップともいわれています。ハウジングの素材によって音楽の聴こえ方も異なるので、自分の好きなジャンルに合わせて選ぶことをおすすめします。

プラスチック製

プラスチックのイヤーカップの最大の利点といえばその価格の安さです。お手軽に手にいれることができるので人気を集めていますが、注意点があります。やはり安価な商品が多数を占めていることから高音、低音域が削られていることがあり、中音域しかあまり聴こえないこともあります。

 

ボーカルメインの曲を聴いたりされる方にとってはあまり支障はないでしょうが、気になるなという方は一度試聴してみることをおすすめします。

真鍮、ステレンス製

真鍮やステレンスのイヤーカップの特徴としては低音域は削られていることもよくありますが、高音域の抜けが非常に優れているということが最大の特徴といえるでしょう。ロックやハウスのような曲を主に聴かれる方にはおすすめです。

アルミ製

アルミのイヤーカップはプラスチックと比較すると高音域の出力に優れており、跳ね返りが少ないことから反響もあまりしません。それ故に音の印象としては軽めになることもしばしばありますが、初心者の方なら耳疲れしにくくちょうどいいかもしれません。

対応コーデックで選ぶ

コーデックを説明する前にBluetoothの仕組みについて簡単に説明しておきます。Bluetoothは音声を出力機器に送信する際にデータ量を圧縮することで伝送しています。その圧縮方式や遅延にかかわるのがコーデックです。数ある種類の中から主要なコーデックについて簡単に説明していきます。

 

SBC

SBCはBluetooth方式のヘッドフォンを製造するには必須となるコーデックとなっています。商品にコーデックが表記されていなかったりした際はSBC対応のヘッドフォンであることが極めて高いといえます。

 

クオリティとしては、製品ごとに違いはありますが遅延が感じやすく音質は必要最低限を実現しているものから音質がいいものまでピンキリであるといえます。初めて購入されるという方にとってはあまり気にならないかもしれないので、一度試してみてはいかがでしょうか。

AAC

AACは主にアップル製品に対応しているコーデックとなっています。SBCよりもクオリティが高いとされており、高音質、低遅延の安定性を保持しています。こちらのコーデックを採用している代表的な製品はBeat by Dr.Dreです。

 

この商品はアップルが展開している商品なので、納得される方も多いでしょう。事実このブランドから販売されている数多くのヘッドフォンはiPhoneなどと相性が良いとされています。

aptX

こちらコーデックは主にandroid製のプレイヤーに搭載されています。AACのコーデック同様に低遅延で高音質のクオリティを保持しています。それならば別にどちらを選んでもいいと思われる方もいらっしゃるでしょうが、この2つには明確に違いがあります。

 

上記で紹介したSBCやAACはデータの圧縮をする際に高音域をカットすることでデータの総量を圧縮して伝送しているのに対して、こちらのaptXは異なる圧縮方式を採用することで音域をあまりカットすることなく伝送しています。

 

つまり、上記2つのコーデックよりも音質面では優れていることになります。androidOSを所有している方にはこちらのコーデック製品をおすすめします。

連続駆動時間で選ぶ

有線イヤホンとの明確な違いの1つとして挙げられるのが、駆動時間が限られているということでしょう。有線ヘッドフォンはプレイヤーと接続すれば断線などを起こさない限り何時間でも使用することが可能です。

 

しかし、Bluetoothヘッドフォンは無線なので、そういうわけにもいきません。搭載されているバッテリーの容量次第で駆動時間は異なります。よく使用されている方のレビューや意見によると駆動時間は8時間以上あるものが快適だそうです。

 

確かにこれだけ駆動時間が続けば室内はもちろん、通勤や通学の際の外での使用も問題なく行うことが可能でしょう。

そのほかの機能で選ぶ

Bluetoothヘッドフォンに搭載されている主な機能を紹介しておきます。自分の生活スタイルや使う状況に応じて選択していきましょう。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能とは周辺の騒音を低減することでよりクリアなサウンドを楽しむことができる機能のことです。例えば通勤や通学時の電車の走行音、周囲のちょっとした会話という類のものです。

 

 

注意するべき点としては長時間装着し続けると耳が疲れるということです。ある程度使用頻度や時間を自分で管理して使用することをおすすめします。また偏頭痛に悩まされている方は頭痛を起こすこともあるので購入前に試してみることもおすすめします。

 

有線、無線両対応

Bluetoothヘッドフォンの多くは無線式のものですが、最近では有線対応の商品も多数販売されるようになりました。室内で聴く際にはよりクリアなサウンドを楽しみたいという方に需要があります。

 

イヤホンジャックに付属のコードや対応のコードを差し込むことで簡単に切り替えることができるので、気になった方はぜひ一度試してみてください。補足ですが、ただ単に無線から有線に切り替えたら音質が向上するということはありません。

 

 

故に商品のハウジングやドライバーなど音質面に影響を与える項目もきちんと確認した上で、購入するようにしましょう。

Bluetoothヘッドフォンランキング10選

第10位

ELEGIANT

Bluetoothヘッドセット

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有線にも対応

10位にランクインしたのは有線、無線の切り替えも可能なELEGANTのBluetoothヘッドフォンです。商品の音質の評価としては音の響きや解像度はあまり評価されていないが、全音域のバランスが取れていると評判です。

 

難点を挙げるとするならば、左右の音のバランスが良くないということです。初心者の方はあまり気にならない点かもしれませんが、上級者の方は満足できないかもしれません。連続駆動時間は最大10時間ですが、切れてしまった後に有線に切り替えることも可能です。

 

気軽に持ち運べるように折り畳み設計になっているので、かさばることもありません。この価格でこの機能性は充分のクオリティでしょう。

コーデックaptX連続駆動時間10h
ノイズキャンセリングサラウンド1ch
第9位

AUSDOM(オースダム)

M04S

価格:7,362円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイク内蔵で音量調節もラクラク

9位にランクインしたのはオースダムのM04S です。こちらの商品はハード面での評価が高く作りがしっかりしていると評判です。洗練されたデザインになっていることに加えて耳を覆うことができるサイズなので、ノイズの影響が受けにくくなっています。

 

本体に直接マイクが内蔵されているので、メディアや電話の音量調節も楽に行うことができます。連続駆動時間は20hと長時間の再生が可能ですが、充電時間は約2hと短いので夜の間に充電しておくことで、翌日の心配はいりません。

 

 

音質についてはやや厳しいものになっています。その構造の影響もあるのか音が全体的にこもりやすく、クリアなサウンドを出力することはできないというのが正直なところです。

 

コーデックSBC連続駆動時間20h
ノイズキャンセリングサラウンド7.1ch
第8位

KOSS

Porta Pro Wireless

価格:8,496円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングセラーがワイヤレス化

8位にランクインしたのはKOSSから販売中の Porta Pro Wireless です。30年以上前から販売されている人気モデルです。開放型のヘッドフォンで音の広がりと高音域のクオリティの高さに定評があります。

 

曲の再生、停止や逆戻りはリモートコントロールを使って操作することが可能なので、オーディオプレイヤーをその都度動かす必要はありません。内蔵マイクと合わせて使うことにより通話も可能です。

 

見た目は重厚で重たそうに見えるかもしれませんが総重量は約70gと軽量なのでヘッドフォンを使うことによる首や肩の疲れはあまり心配する必要はありません。通気性のいいやわらかいクッションを使用しているので長時間のリスニングにも最適です。

コーデックQualcomm® aptX連続駆動時間12h
ノイズキャンセリングサラウンド7.1ch
第7位

AKG

Y500 WIRELESS

価格:13,772円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

proからの評価も高いAKG

7位にランクインしたのは確かな品質と人気を集めている日本でも認知度の高いメーカーAKGから販売されている Y500 WIRELESSです。音質、耐久性、フィット感、合わせて3っつのカテゴリーのすべてで評価されています。

 

音域は全体的にバランスよく出力されますが、それぞれの音域について紹介していきますと、中音域は自然な伸びでストレスを感じさせないようになっています。低域はパワーが強くロックサウンドを聴くという方にもおすすめです。

 

オートプレイ、ポーズ機能が搭載されており、外すと音楽がとまり、装着すると音楽が始まるという機能を自動でおこないます。2.5時間ほど充電すると最大33時間聴くことができるタフさに加えて約5分間の充電で1時間使用することができるスピードも評価されているポイントです。

コーデックAAC連続駆動時間33h
ノイズキャンセリングサラウンド7.1ch
第6位

パイオニア(Pioneer)

SE-MJ553BT

価格:3,504円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな製品を求めるなら

6位にランクインしたのはPioneerの SE-MJ553BT です。価格は3000円台で手に入れやすくなっていますが、クオリティもしっかり保持されています。音質はメリハリがついているので音域が混ざってボケることなく、クリアです。クラブミュージックを良く聴く方にはおすすめの商品です。

 

幅広タイプでレザー生地のヘッドバンドクッションを使用しているので長時間聴く方にも疲れくく快適に使用可能です。エコーキャンセレーションとノイズキャンセリング機能を搭載しているので、ノイズを極力排除することも可能です。

 

折り畳み機構設計のヘッドフォンなので、持ち運びんも苦労することなく、通勤や通学時に使用することを想定している方にもおすすめです。

 

 

コーデックAAC連続駆動時間15h
ノイズキャンセリングサラウンド
第5位

ソニー(SONY)

MDR-XB650BT L

価格:8,013円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重低音に定評あり

5位にランクインしたのはソニーの MDR-XB650BT Lです。こちらの商品は音質面でもそうですが、装着感がものすごく良いと評判です。イヤーパッドがしっかりしていて、快適に長時間の音楽試聴も行うことができます。

 

気密性も保持していることから重低音もクリアに、タイトに響かせることができるのでジャズのようなジャンルの曲を良く聴く方には心地いい商品になっているでしょう。低音のみならずトータルバランスもしっかりしているので初心者にもおすすめです。

 

耳元に搭載されているボタンを使って接続されている機器の簡単な操作ならば請け負うことができます。

 

コーデックAAC、aptX連続駆動時間30h
ノイズキャンセリングサラウンド
第4位

Skullcandy

Crusher 36 S6MBW-J373-A

価格:32,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直観的操作にも対応

4位にランクインしたのはSkullcandyより販売中の Crusher 36 S6MBW-J373-A です。こちらの商品は重低音の響きに定評があり、音楽のみならず、ゲームや映画の鑑賞の際に世界観に引き込まれるような感覚を味わうことが可能です。

 

それだけではなく、タッチコントロールベースと呼ばれる独自機能を搭載しており、左側のイヤーカップを上下に直観的に操作するだけで重低音のレベルをを調整することが可能です。急速充電機能も搭載されているので、10分間の充電で3時間の再生にも対応可能です。

コーデックaptX連続駆動時間29h
ノイズキャンセリングサラウンド2.2ch
第3位

audio-technica

ATH-WS660BT BRD

価格:13,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性とタフさを融合

3位にランクインしたのはオーディオテクニカの ATH-WS660BT BRDです。迫力あるサウンドを作りあがるために大口径53㎜のドライバーを搭載することで重低音を綺麗に出力してくれます

 

この商品の最大の利点は連続駆動時間が40hにも及ぶところでしょう。これほどのバッテリーのタフさを持ち合わせている商品は高級機にも滅多にないことです。長時間外出されることが多いという方はこちらをおすすめします。

コーデックQualcomm aptX連続駆動時間40h
ノイズキャンセリングサラウンド
第2位

JBL

T450BT

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JBLの高品質サウンドをお手軽に

老舗メーカーのJBLが作り上げたBluetoothヘッドフォンのT450BTが2位にランクインしました。こちらの商品はエントリークラスのヘッドフォンとして初心者から厚い支持を集めています。

 

音質の評価としては中音域から高音域のつなぎが自然でフラットな作りになっているので、聴き疲れしにくいでしょう。構造面の評価としてはバンドの締め付けが少しきつくされているので購入前に自分に合うのかを確認しておくことをおすすめします。

 

イヤーカップ部分にはボタンが搭載されており、通話応答から音量調節、曲に関する操作などを幅広く取り扱ってくれるので、スムーズに作業が進むでしょう。

 

コーデックSBC連続駆動時間11h
ノイズキャンセリングサラウンド
第1位

BOSE(ボーズ)

QuietComfort 35

価格:35,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界最高クラスで高評価

1位にランクインしのは業界最高クラスの基準を突破しているノイズキャンセリング機能を搭載しているBOSEの QuietComfort 35 です。外出際におけるさまざまなシーンにて快適な音声を提供してくれます。

 

アクションボタンという独自の操作によりスマホを見ることなく曲に関する操作を行うことが可能なことに加えて、Alexaを搭載することで音声アシスタントを用いた検索を行うことも可能です。

 

Boseコネクトアプリを使用することでペアリングから、コントロール、ノイズキャンセリング機能の調整に至るまでさまざまな作業を行うことが可能です。まさに機能性と音質の両面を最高クラスで携えているヘッドフォンといえます。

コーデックAAC連続駆動時間20h
ノイズキャンセリング搭載サラウンド

Bluetoothヘッドフォンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4995383の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 2
    アイテムID:4995382の画像

    JBL

  • 3
    アイテムID:4995381の画像

    audio-technica

  • 4
    アイテムID:5028331の画像

    Skullcandy

  • 5
    アイテムID:4995379の画像

    ソニー(SONY)

  • 6
    アイテムID:4992956の画像

    パイオニア(Pioneer)

  • 7
    アイテムID:4992951の画像

    AKG

  • 8
    アイテムID:4992947の画像

    KOSS

  • 9
    アイテムID:4991904の画像

    AUSDOM(オースダム)

  • 10
    アイテムID:4991869の画像

    ELEGIANT

  • 商品名
  • QuietComfort 35
  • T450BT
  • ATH-WS660BT BRD
  • Crusher 36 S6MBW-J373-A
  • MDR-XB650BT L
  • SE-MJ553BT
  • Y500 WIRELESS
  • Porta Pro Wireless
  • M04S
  • Bluetoothヘッドセット
  • 特徴
  • 業界最高クラスで高評価
  • JBLの高品質サウンドをお手軽に
  • 機能性とタフさを融合
  • 直観的操作にも対応
  • 重低音に定評あり
  • リーズナブルな製品を求めるなら
  • proからの評価も高いAKG
  • ロングセラーがワイヤレス化
  • マイク内蔵で音量調節もラクラク
  • 有線にも対応
  • 価格
  • 35640円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 13700円(税込)
  • 32850円(税込)
  • 8013円(税込)
  • 3504円(税込)
  • 13772円(税込)
  • 8496円(税込)
  • 7362円(税込)
  • 3699円(税込)
  • コーデック
  • AAC
  • SBC
  • Qualcomm aptX
  • aptX
  • AAC、aptX
  • AAC
  • AAC
  • Qualcomm® aptX
  • SBC
  • aptX
  • 連続駆動時間
  • 20h
  • 11h
  • 40h
  • 29h
  • 30h
  • 15h
  • 33h
  • 12h
  • 20h
  • 10h
  • ノイズキャンセリング
  • 搭載
  • サラウンド
  • 2.2ch
  • 7.1ch
  • 7.1ch
  • 7.1ch
  • 1ch

まとめ

今回はさまざまなメーカーから販売されている多数のBluetoothヘッドフォンの選び方や人気ランキングを取り上げてきましたがいかがでしたか。初めてこのタイプのヘッドフォンを購入されるという方には知らなかったことも多数あったでしょう。しかし、最低限上記で挙げた項目に沿って選んでいけば自分に合わない商品を購入することを避けることができるので、ぜひ参考にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ