記事ID136740のサムネイル画像

【写真や動画に最適】人気のSDカードおすすめランキング10選

デジカメやビデオカメラで動画や写真を撮影する際、SDカードに保存するのが一般的です。また、データをPCで管理したりカーナビに活用したりなど、用途に合わせて幅広く活用できます。ここでは、おすすめのSDカードの選び方を、人気ランキング10選と共に紹介していきます。

SDカードは誰もが使うアイテムだからこそ選び方が重要

デジタルカメラやスマートフォンの記憶媒体であり、写真や動画の保存に欠かせないアイテムのSDカード。コンパクトで高機能な性能が注目されていて、近年では多くの人が使うようになりました。

 

しかし、SDカードは容量の大きさや速度の差などカードごとの特徴をチェックしておくことが大切で、使用する機器によって対応している物も違うため種類の多さからどれを購入したらいいか迷うことも多いのです。

 

ここでは基本であるSDカードの種類から、選ぶ上で大切な容量や速度に関する違いを解説していき、人気のSDカードをおすすめランキング10選で紹介します。どれも事前に覚えておきたいポイントばかりなので、購入する際にはぜひ参考にしてみてください。

SDカードの選び方

まずは、SDカードの大きな違いについて説明していきます。使用できる機器や特徴など、実際に購入する上でとても重要なポイントなので覚えておきましょう。

カードの種類で選ぶ

SDカードは、デジカメやビデオカメラ、一眼レフカメラなどで使用する「SDカード」と、スマホやタブレット、オーディオプレイヤーや携帯ゲーム機などで使用する「microSDカード」の2つに分けられます。

 

SDカードには互換性がないためスマホなどでは使用できませんが、microSDカードであれば変換アダプターを用いることでSDカードの代わりとして使用することができます。どちらも小型なのが特徴ですが、SDカードの方が大きく、microSDカードの方が小さく軽量です。

 

保存容量や転送速度にはそれぞれ規格ごとに性能の差がありますが、カードラベルの記載事項を確認することで簡単に把握できます。利用する機器がどちらのカードに対応しているのかも事前に確認する必要があるので、購入する際には間違えないようにしましょう。

容量の違いで選ぶ

SDカードの容量はカードごとに大きく分けられていますが、失敗しない買い方は容量の大きいものを選ぶことです。これは、カメラの4K動画やオーディオプレイヤーのハイレゾ音源など、性能にこだわることで保存するデータ自体の容量が増えていくからです。

SDカード

SDカードはメモリーカードの中では最も一般的で下位にあたる規格です。2GBまでの保存容量を持ち、画像や動画などのデータをパソコンで管理したい場合はこちらで十分とされています。また、SDカード、SDHCカード、SDXCカード対応機器全てで使える利便性が特徴です。

 

汎用性が高く価格も安いので購入しやすい魅力があります。SDカードは最新の製品ほど保存容量が多いですが、お使いのデジカメなどが古く最新のSDカードに対応していない場合にも使えるので、データを長く保存したい場合やカードの買い足しを考えている方におすすめです。

SDHCカード

SDHCカードはメモリーカードの中で中位の規格です。4GBから32GBまでの保存容量を持ち、旅行先など外出先でたくさんの写真や動画を撮影したいという方におすすめです。ただ、フルHDや4Kなど高解像度の動画の保存には容量が物足りないため、長時間撮影するのには向いていません。

 

そして、上記で紹介したSDカード対応の機器では使えず、SDHCカードとSDXCカード対応機器のみで使うことができるという特徴があります。

SDXCカード

SDXCカードはメモリーカードの上位規格で、32GBから2TBまでの大容量なのが特徴です。長時間の動画撮影に向いていて、高性能なデジタル機器に対応している強みがあります。また高解像度の撮影もできることから、写真や動画の撮影を本格的な趣味、仕事にしている方からも選ばれています。

 

ただ、SDカード、SDHCカードの機器には対応しておらず、SDXCカードに対応した機器でしか使うことができません。そのため、購入してからお使いの機器で使えなかったということがないように、購入前にはよく注意することが大切です。

それぞれのSDカードの保存容量の目安

一般的に十分とされている性能基準は、デジカメが1000万画素以上、ビデオカメラがフルHDと4Kへの対応です。2GBのSDカードには、画像は1000万画素数で約448枚、動画はフルHD動画で約2分、4K動画で約3分の保存ができます。

 

同様に、32GBのSDHCカードには、1000万画素で約7168枚、フルHD動画で約300分、4K動画で約39分となっています。そして、256GBのSDXCカードでは、1000万画素で約76100枚、フルHD動画で約2410分、4K動画で約314分となっています。

 

転送速度で選ぶ

転送速度の優れたSDカードを使えば、機器の性能を最大限に引き出すことができます。動画撮影やカメラの連写機能など、便利な機能を活用するには安定した転送速度が大切で、速度が遅いとエラーや遅延が発生することもあるのです。

動画撮影に影響する「スピードクラス」

撮影した写真や動画をSDカードに保存する際に、転送速度をマークで表した規格のことをスピードクラスといいます。カードラベルには最低転送速度が記されるようになっていて、記述されている数字が大きいほど速度は速くなっています。

 

クラスは4つに分かれており、最低転送速度はクラス2が2MB/秒、クラス4が4MB/秒、クラス6が6MB/秒、クラス10が10MB/秒となっています。スピードクラスは1秒間に最低でもこれだけのデータ量を書き込めるという認識を持っておきましょう。

 

4k動画などデータ容量が多いものは、スピードクラスが遅いとSDカードへの書き込みが遅くなり安定した記録ができなくなることがあります。近年では最新のクラス10も一般的になっていて、安価で購入できることからもクラス10のSDカードを選ぶと失敗も少ないです。

最新技術に対応した「ビデオスピードクラス」

ビデオスピードクラスは、動画撮影の最新技術である4K動画や8K動画など、高解像度での録画を目的に定められた規格です。最低転送速度は1秒間に6MBから90MBまでの5段階で表され、フルHDに対応しているクラス10よりも速いのが特徴です。

 

本来、動画の撮影においてはフラッシュメモリの書き込み速度にばらつきの差が出てしまいます。しかし、ビデオスピードクラスに対応したSDカードなら一定の速度での書き込みが行えるのです。

より高速で快適になる「UHSスピードクラス」

UHSスピードクラスはSDHC、SDXCカードの通常よりも大容量で高速な転送ができるSDカードのために開発された規格で、読み書き速度が向上し、より高速な連写や高画質な動画撮影が可能になっています。

 

スピードクラスが最低速度を表していたのに対し、UHSは最高速度を表しています。SDカードへどれだけ高速でデータを書き込めるかなので、書き込む時の速度とデータをPCへ転送する際の読み取り速度、作業の際に発生する待ち時間が少なくなっているのも魅力です。

 

また、UHSスピードクラスにはUHS-ⅠとUHS-Ⅱの2つがあり、高解像度な動画など容量の大きなデータをPCへ転送する場合にはこのどちらかを選ぶと良いです。ただ、使用する機器が対応していないと最大限に性能を発揮できないので、そちらもよく確認しましょう。

PCで管理したいなら「読み取り速度」

ここまでは書き込み速度の重要性について説明してきましたが、PCへのデータ転送時間を短縮したい場合には読み取り速度を考えることが大切です。読み取り速度はデータの移行へ直接関係するので、速度が速いほどデータを短時間で転送できるのです。

 

ただ、読み取り速度が速いSDカードを買えばいいというわけではなく、こちらもPCやカードリーダーなど機器自体がカードに対応していないと最大限に性能を引き出せません。

Wi-Fi対応で選ぶ

無線LANに対応しているWi-Fi機能が搭載されたSDカードなら、Wi-Fiに対応していないデジカメたビデオカメラも無線を利用してスマホやPCへデータを転送することができます。その際には、SDカードに無線LAN対応と記述してあるかを確認しましょう。

 

販売されている製品は「Eye-Fi(アイファイ)」や「FlashAir(フラッシュエア)」と呼ばれる内蔵SDカードが多く、無線でのデータ転送だけでなく、オンライン上のフォルダや共有サイトなどの各種サービスを利用することもできます。

人気SDカードのおすすめランキング10選

第10位

Team

SDカード ECOパッケージ

価格:799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者にも優しい価格と性能のバランス

こちらは、Teamから販売されているコスパ重視で幅広く活用できるSDHCカードです。スピードクラスの規格も様々な機器に対応していて、高速連写やFull HDでの撮影も快適に行えます。普段使いには特に問題ない性能をしているので、初心者の方にも使いやすいでしょう。

 

実際に使用したユーザーからは、価格が手ごろでデジカメでの撮影やテレビ番組の録画など幅広いシーンで使える点が評価されています。SDカードは用途ごとに使い分ける方も多いので、複数持っておきたいという方にもおすすめできます。

カードの種類SDHCカード保存容量32GB
スピードクラスUHS-Ⅰ、Class10
第9位

Sony

TOUGHシリーズ SF-G64T

価格:13,340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性の高さが感じられる使用感

こちらは、ソニーから販売されているSDXCカード「SF-GシリーズTOUGH(タフ)」です。あらゆる使用環境に耐えうる優れた堅牢性と防水性、防塵性を備えています。また、頻繁な抜き差しや衝撃によるダメージを防ぎ、雨や砂埃からも守ってくれるなど実用性にも優れています。

 

転送速度も高速で、世界最速の書き込み速度299MB/秒、読み出し速度300MB/秒を実現しています。写真の連写や高画質の動画撮影にも向いていて、カード内に保存したデータをPCへ移動させる際の速度も短縮できるので効率よく撮影できるようになります。

カードの種類SDXCカード保存容量64GB
スピードクラスUHS-Ⅱ
第8位

EBS & SanDisk

SDウルトラメモリカード

価格:8,722円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一眼レフにおすすめな性能と速度

こちらは、EBS&サンディスクから販売されているSDHCカード「ウルトラ」です。特徴は最大転送速度80MB/秒の高速な読み込みができることで、これは通常のSDHCカードの2倍の速さだと言われています。

 

また、高速な読み込みによりPCへデータを転送する際の時間を短縮でき、高品質の写真やフルHDの動画などデータ量の多いファイルでも問題なく保存できます。耐久性も高く本格的な撮影にも最適で、中級者の方にもおすすめです。

カードの種類SDHCカード保存容量32GB
スピードクラスUHS-Ⅰ、Class10
第7位

東芝(TOSHIBA)

SDカード 国内正規品 Amazon.co.jpモデル

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国内で生産されている安心の限定モデル

こちらは、東芝から販売されているAmazon限定モデルのSDHCカードです。1984年から続く長い歴史と、現在でも三重県四日市にある工場で厳重な品質管理の元製造されているという安心感が魅力です。

 

こちらのカードは32GBとなっていますが、軽く丈夫なため持ち運びもしやすく使いやすいです。動作も安定していて大きな問題もないので、価格の面からみてもコスパは良いでしょう。また、多くのユーザーが使用しているため失敗する不安も少ないです。

カードの種類SDHCカード保存容量32GB
スピードクラスUHS-Ⅰ、Class10
第6位

東芝

FlashAir Wi-Fi

価格:3,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無線LAN機能を搭載しパフォーマンス向上

こちらは、東芝から販売されているWi-Fi対応のSDHCカード「FlashAir」です。カード単体で無線のアクセスポイントになるため、FlashAirに対応したスマホやタブレット同士でのファイルのやり取りも行え便利です。

 

書き出し70MB/秒、読み出し90MB/秒と基本性能も向上しており、他の無線による干渉を受けにくいなどデータ転送時の安定性も高くなっています。また、4K動画の撮影、転送もスムーズに行えるため日常の様々なシーンで活用できるでしょう。

カードの種類SDHCカード保存容量32GB
スピードクラスUHS-Ⅰ
第5位

トランセンドジャパン

SDカード TS32GSDC500S-E

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様なハイエンドモデル

こちらは、トランセンドジャパンから販売されているプロ向けの機能を詰め込んだハイエンドなSDHCカードです。高性能なデジカメやビデオカメラ、一眼レフカメラに最適なMLC NANDフラッシュを採用していて、高画質な保存ができるだけでなく優れた耐久性も備えています。

 

また、最大256GBの大容量なストレージに加え、厳しい試験をクリアして証明された過酷な環境下でも安定した動作を誇る高い信頼性が備わっていますユーザーからはコスパの良さでも評価されています。

カードの種類SDHCカード保存容量32GB
スピードクラスUHS-Ⅰ、Class10
第4位

東芝(TOSHIBA)

SDカード SD-L016G4

価格:524円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の国内メーカーで満足度も高い

こちらは、東芝から販売されている「SD-Lシリーズ」のSDHCカードです。国内メーカーの正規品ということでユーザーからの安心感も高く、通常の高性能なSDカードと同様に写真や動画、音楽など幅広いデータの保存に対応している使い勝手の良さが人気です。

 

また、転送速度もクラス4の中ではクラス10との差をあまり感じないほど速く、対応機器の種類も多さや価格の安さからかなりお買い得な製品になっています。データを間違って消してしまう誤操作を防ぐロック機能も付いているので、初めての方でも安心して使えるでしょう。

カードの種類SDHCカード保存容量16GB
スピードクラスClass4
第3位

SanDisk

Ultra SDSDUNB-064G-GN3IN

価格:1,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で大容量な性能が使える

こちらは、サンディスクから販売されているSDXCカード「サンディスクウルトラ」です。何といっても64GBの容量を1500円以下で使用できるというのが特徴で、最大転送速度80MB/秒による1分で最大1000枚の写真を転送できる驚異的な速さが売りです。

 

また、アプリにも対応していることでスマホとの連動もしやすく、より高速で最適化されたパフォーマンスを感じられます。オーディオ用に音楽を保存したりちょっとした写真を入れておいたり、保存するコンテンツの容量や中段によるエラーなどを気にせずに楽しめるのも魅力です。

カードの種類SDXCカード保存容量64GB
スピードクラスUHS-Ⅰ
第2位

トランセンドジャパン

SDカード TS32GSDC300S-E

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でコスパの良いスタンダードモデル

こちらは、トランセンドジャパンから販売されている大容量ストレージを備えたSDHCカードで、耐水性や静電耐性、幅広い動作温度や耐衝撃性など価格以上のパフォーマンスを備えたお得なスタンダードモデルです。

 

安く買える製品の中では満足度が高く、写真や動画の保存も問題なく行えます。どちらかと言うと一般ユーザー向きのSDカードで、普段使いには十分な速度と容量を持っています。また、簡単に操作できるデータ復旧ソフトの無料ダウンロードもあるので安心感もあります。

カードの種類SDHCカード保存容量32GB
スピードクラスUHS-Ⅰ、Class10
第1位

SanDisk

Extreme PRO

価格:2,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てが高クオリティな海外正規品

こちらは、サンディスクから販売されているSDXCカード「エクストリームプロ」です。最大書き込み速度90MB/秒を活かした高速連写に対応しているのが特徴で、一瞬の動作を逃さない高解像度な性能基準を満たしています。

 

また、動画撮影も4K画質での連続撮影に安心な512GBの保存容量を持っていて、スピードクラスも最新の4KウルトラHDに対応しているなど高画質データの保存に最適です。読み取り速度も95MB/秒と高速で、エラー訂正機能も備わっているため待ち時間もなく安定感があります。

カードの種類SDXCカード保存容量64GB
スピードクラスUHS-Ⅰ、Class10

SDカード商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4994590の画像

    SanDisk

  • 2
    アイテムID:4994606の画像

    トランセンドジャパン

  • 3
    アイテムID:4994620の画像

    SanDisk

  • 4
    アイテムID:4994632の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 5
    アイテムID:4994637の画像

    トランセンドジャパン

  • 6
    アイテムID:4994644の画像

    東芝

  • 7
    アイテムID:4995018の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 8
    アイテムID:4995045の画像

    EBS & SanDisk

  • 9
    アイテムID:4995030の画像

    Sony

  • 10
    アイテムID:4995057の画像

    Team

  • 商品名
  • Extreme PRO
  • SDカード TS32GSDC300S-E
  • Ultra SDSDUNB-064G-GN3IN
  • SDカード SD-L016G4
  • SDカード TS32GSDC500S-E
  • FlashAir Wi-Fi
  • SDカード 国内正規品 Amazon.co.jpモデル
  • SDウルトラメモリカード
  • TOUGHシリーズ SF-G64T
  • SDカード ECOパッケージ
  • 特徴
  • 全てが高クオリティな海外正規品
  • 大容量でコスパの良いスタンダードモデル
  • 低価格で大容量な性能が使える
  • 安心の国内メーカーで満足度も高い
  • プロ仕様なハイエンドモデル
  • 無線LAN機能を搭載しパフォーマンス向上
  • 国内で生産されている安心の限定モデル
  • 一眼レフにおすすめな性能と速度
  • 耐久性の高さが感じられる使用感
  • 初心者にも優しい価格と性能のバランス
  • 価格
  • 2250円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1240円(税込)
  • 524円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 3430円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 8722円(税込)
  • 13340円(税込)
  • 799円(税込)
  • カードの種類
  • SDXCカード
  • SDHCカード
  • SDXCカード
  • SDHCカード
  • SDHCカード
  • SDHCカード
  • SDHCカード
  • SDHCカード
  • SDXCカード
  • SDHCカード
  • 保存容量
  • 64GB
  • 32GB
  • 64GB
  • 16GB
  • 32GB
  • 32GB
  • 32GB
  • 32GB
  • 64GB
  • 32GB
  • スピードクラス
  • UHS-Ⅰ、Class10
  • UHS-Ⅰ、Class10
  • UHS-Ⅰ
  • Class4
  • UHS-Ⅰ、Class10
  • UHS-Ⅰ
  • UHS-Ⅰ、Class10
  • UHS-Ⅰ、Class10
  • UHS-Ⅱ
  • UHS-Ⅰ、Class10

まとめ

ここまでおすすめの人気SDカードについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。現在では高性能の製品が比較的安く買えるようになっているので、用途ごとに使い分けることもおすすめです。今回紹介したランキングを参考に、自分の目的に合ったSDカードを購入してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ