記事ID136708のサムネイル画像

【野外で大活躍】アウトドアナイフおすすめ人気ランキング10選

アウトドアナイフはその名の通りキャンプや釣りなどアウトドアシーンで活躍するナイフのことです。この記事ではアウトドアナイフのおすすめをランキング形式でまとめていますので、購入を検討している方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

アウトドアナイフで遊びの幅がもっと広がる

ナイフは形状が美しく、眺めたり集めたりするのが好きな方も大勢いることでしょう。工作や料理など個々の目的に沿った様々なナイフが存在します。中でも釣りや狩猟、キャンプの設営など屋外活動全般に使えるものをアウトドアナイフ(又はサバイバルナイフ)と呼びます。

 

お気に入りのアウトドアナイフは手に取って眺めるだけでも楽しいですが、やはり現地でガンガン使っていきたいですね。購入したらすぐにでもキャンプに出掛けたいところですが、アウトドアナイフは立派な刃物ですので「銃刀法」にはくれぐれも注意しましょう。

 

同法では「刃渡り6cm超の刃物を正当な理由なく携帯すること」を禁止しています。アウトドアナイフの中には6cmを超えるものもありますが、明らかにキャンプで使うものだと説明できれば問題ありません。ただし6cm以下であっても軽犯罪法に抵触する可能性があります。

アウトドアナイフの選び方

アウトドアナイフは刃の形状や収納方法からいくつかのタイプに分かれ、様々なメーカーから多数の商品が販売されています。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきます。

アウトドアシーンで選ぶ

アウトドアナイフを購入しようと考えている方は、何らかの屋外での趣味をお持ちの方が多いでしょう。それぞれのシチュエーションに適したナイフを解説していきます。

キャンプ向きのナイフ

アウトドアの定番イベントと言えばキャンプですね。キャンプが好きな方も大勢いらっしゃるでしょうが、どのようなアウトドアナイフが適しているのでしょうか。キャンプでは現地で取れた食材を調理したり、ロープや蔦の切断と言った細かい作業に対応する必要があります。

 

また木を加工したり薪を割ったりとハードな役割もこなせると安心ですね。このようなニーズに応えているのがブッシュクラフトナイフ(又はユーティリティナイフ)と呼ばれるアウトドアナイフです。ドロップポイントと呼ばれる刃先が少し下がった形状が特徴です。

 

刃の厚さが3mm以上のものが多く、シースナイフのようにフルタング構造(刃先からグリップの後端まで一本の金属で出来ている)のものだと頑丈で使いやすいでしょう。細かい作業がメインなら折りたたみ式のフォールディングナイフでも、ロックがしっかりしていれば充分です。

登山向きのナイフ

一昔前は登山と言えばシニア層の年代の趣味というイメージでしたが、最近では若年層の間でも登山用ファッションが流行しており、街中でも年代問わず登山の服装をした方々をよく見かけるようになりました。愛好家が多い登山に適したアウトドアナイフはどんな種類でしょうか。

 

ロープやザイル(登山用の綱)を切断するには直線刃よりも「セレーション」と呼ばれる波型刃が向いています。波型といっても滑らかなカーブを描いているわけではなく殆どノコギリに近い刃型です。切り裂くという目的に最も適しており、警察やレスキュー隊でも採用されています。

 

登山では装備修理のためのドライバーや簡易テント設営のためのペンチ、食事のための缶切りやハサミなど様々な道具が必要になります。キャンプと違って持ち込めるアイテムに限りがあるため、一つで何役もこなせるマルチツール・ツールナイフも重宝します。

ハイキング向きのナイフ

最近ではトレッキングやトレイルなどの言葉も良く耳にするようになりましたね。遠足としての意味合いが強いハイキングも含めて、これらの活動は本格的な登山未満の移動がメインという認識になっています。従ってアウトドアナイフもそれほど大掛かりなものは必要ないでしょう。

 

お守りのような存在として出来るだけ持ち運びの負担にならず、それでいていざ必要になった時のために登山でも活躍できるくらいのスペックを持ったアウトドアナイフが望ましいですね。そのような前提を考慮するとポケットサイズの多機能ナイフが適しているでしょう。

 

軽量かつコンパクトな上にナイフの刃以外にも様々なツールが付いていますので、何か工具が必要になったときに困らないのが嬉しいですね。いわゆる十徳ナイフと呼ばれているもので、メーカーとしてはスイスのビクトリノックスの製品がメジャーです。

使いやすさで選ぶ

アウトドアナイフは幅広いタイプの商品が販売されています。刃の収納方法やブレード断面の形状、グリップの材質などから用途に沿った組み合わせのモデルを選びましょう。

ナイフの種類をチェック

アウトドアナイフの構造を知ることで、より具体的かつ効率的に使用する場面をイメージできます。アウトドアナイフの種類は大きく3つに分類できます。一つ目はシースナイフで、ブレードとハンドルが固定されておりシース(鞘)に刃を収納して持ち運ぶタイプです。

 

刃先から柄尻まで一本の金属で出来ているフルタング構造になっており、頑丈でバランスが良く扱いやすいのが特徴です。細かい作業のほか大型のものなら鉈のような使い方も可能です。二つ目はフォールディングナイフ(折り畳みナイフ)で、グリップ部分を鞘として刃を収めます。

 

コンパクトで携帯性に優れていますが、可動部分に汚れが溜まりやすいので注意しましょう。そして三つ目がツールナイフです。アーミーナイフとも呼ばれ、ナイフ以外にも様々な工具がセットになっています。最近ではマルチツールと呼ばれることも増えています。

ブレードの種類をチェック

物を切るのに直接的に必要なブレードはアウトドアナイフでも最も重要な部分と言えるでしょう。アウトドアナイフのブレードは両刃と片刃の二つに分かれ、両刃はさらに「フラットグラインド」「ホローグラインド」「コンベックスグラインド」の3種類に分けられます。

 

フラットグラインドは刃の断面が二等辺三角形になっている最もスタンダードなタイプです。ブレードが頑丈で、研ぎやすいので長期間に渡って使い続けることができます。初めて購入する方はこの刃型が適しているでしょう。ただし研ぐたびにV字が浅くなるので切れ味は劣化します。

 

ホローグラインドはフラットグラインドの三角形の長辺を真ん中にすぼめたような断面が特徴です。頑丈さはやや劣りますがブレードが入りやすく切れ味が良いのが特徴です。コンベックスグラインドは逆に断面がやや膨らんだ三角形になっており木材などを叩き割るのに向いています。

グリップの種類をチェック

アウトドアナイフはブレードの構造や素材も重要ですが、物を切るには刃先にしっかりと力を伝える必要があります。また安全面から見てもアウトドアナイフをガッチリ固定するために握りやすく滑りにくいグリップを選ぶことは非常に大切なポイントです。

 

グリップの材質は天然素材と人工素材の二つに分けられます。天然素材にはメジャーなところでエボニーなどの木材・サンバースタッグなどの角材・ブラックパールなどの貝類があります。同じ商品でも個体によって形状や模様が異なり、外観の美しさからコレクターも好むタイプです。

 

人工素材にはプラスチック・硬質ゴム・人工大理石・カーボンファイバーなどが挙げられます。趣味性の高い天然素材と違って過酷な環境でも使えます。水に強いものが多く天然素材のように経年劣化も起こしにくいので、実用性を求めるなら人工素材のグリップをおすすめします。

メーカーで選ぶ

アウトドアナイフを選ぶ際にはメーカーも重要な基準ですね。やはり大手ブランド製品は多くの人々に支持されるだけの品質を有しています。古くから有名なメーカーを3つ紹介します。

Opinel(オピネル)

オピネルは主にフォールディングナイフの製造販売を手掛けるフランスの刃物メーカーです。フランス・サヴォワ地方の鍛冶職人ジョセフ・オピネル氏が1890年に考案したものが始まりで、現在までほとんど形を変えることなく世界中の愛好家に支持されています。

 

オピネルのナイフは1985年に「世界で最も美しい100のプロダクト」の一つにも選出され、ニューヨーク近代美術館の収蔵品にも加えられていることからそのデザインの秀逸さが世界的に認められていることが分かります。日本ではハイマウント社が輸入発売元になっています。

 

扱いやすいアウトドアナイフは幅広いユーザー層から高く評価され、お求めやすい価格で購入できるのも人気の要因となっています。ブレードが不意に閉じることの無いようロック機構がほとんどのモデルに搭載されているのも安心ですね。初心者にもおすすめできるメーカーです。

Morakniv(モーラナイフ)

Moraknivは伝統的な実用ナイフを製造販売するスウェーデンの刃物メーカーです。モーラナイフはスウェーデンの刃物産業の街「モーラ」で作られる一般的なベルトナイフを指す言葉でもあります。1891年にモーラ地方の郊外でモーラナイフの工場が設立されたのが始まりです。

 

2005年に同業2社が合併して"Mora of Sweaden"となり、2016年にブランド名である"Morakniv"を正式な社名としています。スウェーデン国王からも高く評価されるMoraknivはシースナイフ型のアウトドアナイフを多数取り扱っています。

 

価格も上から下まで幅広いので初心者のエントリーモデルとしてもおすすめできます。調理からブッシュクラフトまで様々な用途に使えますので、サイズの違うモーラナイフを複数用意しても便利ですね。アウトドアファンやコレクターの心を擽る美しいデザインも魅力の一つです。

Buck(バック)

バックはアメリカ・アイダホ州に本拠を構える老舗のナイフメーカーです。1902年にカンザス州の鍛冶屋見習いであったホイト・バック氏が、使い古したファイルブレードを再利用して作ったナイフで創業したのが始まりです。ホイト氏のナイフは第二次世界大戦で高く評価されました。

 

バックのアウトドアナイフは世界中で使われており、日本でもファンが多いことで知られています。中でもホイト氏の息子であるアル・バック氏が1964年にリリースして以来ほとんど形を変えていない「フォールディングハンター110」は長年ベストセラーに輝いています。

 

切れ味はもちろんのこと、高級感が溢れるデザインも人気の理由です。発売当初から変わらないクラシカルな外観とずっしりとした質感に「大人のサバイバル道具」としての品格を感じます。フォールディングナイフを選ぶのであれば定番のBUCKをおすすめします。

アウトドアナイフの人気ランキング10選

第10位

HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD

MOSSY OAK シースナイフ

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈なフルタング構造

天然ウッドハンドルと美しいブレードの形が魅力的なこちらは、シースタイプのアウトドアナイフです。刃先から柄尻まで一本のステンレス鋼で作られているためシンプルで耐久性が高いのが特徴です。ハンドルは手に馴染み握りやすいので、力が十分に伝わります。

 

キャンプや登山など一般的なアウトドアシーンはもちろんフィッシングや狩猟で獲った獲物を調理するといった細かい作業も可能です。スタイリッシュなフォルムなのでコレクションとしても楽しませてくれます。

タイプシース全長27.5cm
刃体長14.5cm重量300g
第9位

Elk Ridge

カトラリー

価格:2,385円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズのコンパクトナイフ

小型で丸っこいデザインが可愛らしいこちらは、シースタイプのアウトドアナイフです。ブレードにはクロムを含んだ440ステンレスを採用しているので腐食や錆に強く長期間に渡って使い続けることが出来ます。魚の調理などフィッシングでの使用にもおすすめです。

 

グリップ部分はパッカーウッドを使用し、シックな黒か赤みを帯びた木目から好きな柄を選ぶことが出来ます。サイズは小さいですがフルタング構造で耐久性もあり、使い勝手の良いアウトドアナイフです。

タイプシース全長12cm
刃体長4.5cm重量-
第8位

NedFoss

フォールディングナイフ

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭用からアウトドアまで

ウッド調のグリップが美しいこちらは、フォールディングタイプのアウトドアナイフです。軽量かつ折りたたみ式で持ち運びやすいので、様々なシチュエーションで活躍してくれます。ブレードには3Cr13MoV高炭素を用いているため研ぎやすいのが特徴です。

 

ブレードのロック機構が付いているため、安全に使用することが出来ます。またグリップ部分には衣類に挟んで携帯できるようにピンが付属しているので、いつでも取り出して使うことが出来ます。

タイプ折りたたみ全長20cm
刃体長8cm重量120g
第7位

HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD

MOSSY OAK シースナイフ

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い強度と耐久性

ステンレス製のブレードをグリップで挟み込んだ頑丈なフルタング設計で、ハンドル部分の末端に缶切りとハンマーが付属しています。そのため見た目以上の利便性を備えているシースナイフです。シンプルでスタイリッシュなデザインはコレクターからも人気です。

 

ハンドル部分の金属が大きく面取りされているため握りやすいとレビューでも好評です。革のシースが付属してこの値段はお買い得と言えるでしょう。栓抜きを使って野外の瓶ビールを楽しみましょう。

タイプシース全長25.4cm
刃体長12cm重量270g
第6位

VICTORINOX(ビクトリノックス)

スーパーティンカー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでマルチに活躍

赤いボディに十字型のロゴが有名な、スイスのビクトリノックス製のツールナイフです。軽量でポケットに入れても違和感のないサイズながら、大小のナイフからドライバー、缶切りなど15種類の機能を搭載しています。シーンを問わず一つあれば重宝しますね。

 

左右どちらの手でも使えるハサミやピンセットも付いているので旅行などの際にも便利です。いざというときに忘れないように常に携帯しておきたいですね。各ツールの可動が固めというレビューもありますので、ナイフなどを出す際には注意しましょう。

タイプツール全長9cm
刃体長-重量84g
第5位

OPINEL(オピネル)

ステンレススチール #10

価格:2,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利なコークスクリュー付き

グリップにブナ材を用いた素朴でシンプルなこちらは、老舗のナイフメーカー「オピネル」のフォールディングナイフです。お求めやすい値段ながらブレードロック機構と、ワインオープナーが付いた扱いやすいナイフなので初心者にもおすすめできます。

タイプ折りたたみ全長-
刃体長10cm重量80g
第4位

Mora of Sweden

モーラ・ナイフ Heavy Duty

価格:2,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用ナイフの代名詞

シンプルなデザインのこちらは、スウェーデンのナイフメーカーとして有名な「Mora Kniv」のシース型ナイフです。ブレードにはカーボンスチール、グリップにはラバーを用いており切れ味と軽さを兼ね備えた伝統的なモーラナイフです。

 

モーラ地方の歴史と共に生まれたモーラナイフの実用性の高さを、ぜひアウトドアで実感してみてはいかがでしょうか。

タイプシース全長22.4cm
刃体長10.4cm重量101g
第3位

Buck

フォールディングハンターナイフ 110BRS

価格:7,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

米国製スポーツナイフの王道

高級感溢れるデザインのグリップが特徴のこちらは、フォールディングナイフの老舗メーカー「BUCK」の伝統的なベストセラーモデルです。見た目以上の重量があるものの切れ味は良好で、クラシカルな外観が気に入っているとレビューでも好評です。

タイプ折りたたみ全長22cm
刃体長9.5cm重量204g
第2位

RealSteel

ブッシュクラフト

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サバイバルで頼れるアイテム

シンプルながら重厚感のあるこちらは、コンベックスグラインドのアウトドアナイフです。ブレードが厚めなので鉈のように木材を叩き割るような使い方が可能です。フルタング構造で人気のある製品ですが、鍔がないため手を滑らないないよう気を付けましょう。

タイプシース全長22cm
刃体長10cm重量180g
第1位

GERBER(ガーバー)

レスキューナイフ

価格:11,924円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新世代のタクティカルナイフ

一本の金属にグリップを取り付けたような逞しいデザインのこちらは、米国で有名なナイフメーカー「バーカー社」の人気モデルです。レスキューと名の付く通り、刃は物を切り裂くのに適したセレーション構造になっており非常にタフなアウトドアナイフです。

 

ブレードの先端部は切れ味がなく、メイン部分はノコギリ状になっている少し特殊なナイフですので性質をよく理解して購入しましょう。

タイプシース全長22cm
刃体長8.5cm重量160g

アウトドアナイフのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4988619の画像

    GERBER(ガーバー)

  • 2
    アイテムID:4988607の画像

    RealSteel

  • 3
    アイテムID:4988598の画像

    Buck

  • 4
    アイテムID:4988590の画像

    Mora of Sweden

  • 5
    アイテムID:4988581の画像

    OPINEL(オピネル)

  • 6
    アイテムID:4988565の画像

    VICTORINOX(ビクトリノックス)

  • 7
    アイテムID:4988557の画像

    HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD

  • 8
    アイテムID:4988540の画像

    NedFoss

  • 9
    アイテムID:4988521の画像

    Elk Ridge

  • 10
    アイテムID:4988503の画像

    HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD

  • 商品名
  • レスキューナイフ
  • ブッシュクラフト
  • フォールディングハンターナイフ 110BRS
  • モーラ・ナイフ Heavy Duty
  • ステンレススチール #10
  • スーパーティンカー
  • MOSSY OAK シースナイフ
  • フォールディングナイフ
  • カトラリー
  • MOSSY OAK シースナイフ
  • 特徴
  • 新世代のタクティカルナイフ
  • サバイバルで頼れるアイテム
  • 米国製スポーツナイフの王道
  • 実用ナイフの代名詞
  • 便利なコークスクリュー付き
  • コンパクトでマルチに活躍
  • 高い強度と耐久性
  • 家庭用からアウトドアまで
  • 手のひらサイズのコンパクトナイフ
  • 頑丈なフルタング構造
  • 価格
  • 11924円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 7100円(税込)
  • 2592円(税込)
  • 2510円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 2385円(税込)
  • 1980円(税込)
  • タイプ
  • シース
  • シース
  • 折りたたみ
  • シース
  • 折りたたみ
  • ツール
  • シース
  • 折りたたみ
  • シース
  • シース
  • 全長
  • 22cm
  • 22cm
  • 22cm
  • 22.4cm
  • -
  • 9cm
  • 25.4cm
  • 20cm
  • 12cm
  • 27.5cm
  • 刃体長
  • 8.5cm
  • 10cm
  • 9.5cm
  • 10.4cm
  • 10cm
  • -
  • 12cm
  • 8cm
  • 4.5cm
  • 14.5cm
  • 重量
  • 160g
  • 180g
  • 204g
  • 101g
  • 80g
  • 84g
  • 270g
  • 120g
  • -
  • 300g

まとめ

アウトドアナイフは眺めるだけでも楽しいですが、ぜひ現地に持って行って木を削ったり魚を捌いたりして便利さを実感して頂ければと思います。切れ味が落ちてきたら自分で研いだりするのもまた楽しみの一つですね。ただし刃物ですので取り扱いには十分気を付けましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ