記事ID136649のサムネイル画像

【料理に最適】アウトドアで人気のコンロおすすめランキング10選

キャンプや登山などで、簡単に火をつけて食事を作ることができるコンロ。アウトドアで使いたいけど、なにがおすすめか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。今回はアウトドアで使えるコンロの選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

アウトドアではコンロの火が重要

コンロは一般的な家庭用のものだと、屋外で使った場合、風の影響を受けてしまいます。火を一定に保ったり、火力を集中したり、風よけの風防を付けたりと、各メーカーでさまざまな工夫を施すことで、アウトドアの環境に対応しています。

 

アウトドアで使用するコンロは、燃料の違いや形状の違いなど多くの種類があり、それぞれに使い勝手が変わってきます。料理のしやすいコンロを選ぶのか、持ち運びのしやすいコンロを選ぶのか、人によって選ぶポイントは異なります。

 

今回は選び方やアウトドア用コンロのおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。気になる商品があれば、次のキャンプや登山までに購入を検討してみてはいかがでしょうか。

アウトドア用コンロの選び方

コンロをアウトドア用に選ぶ際の基準をまず考えてみましょう。アウトドアのスタイルによっても最適なコンロが変わってきます。

タイプで選ぶ

アウトドアでコンロを使う際に、一度にたくさんの料理をしたいのか、ちょっとした料理を作れれば良いのかで、最適なコンロを選びましょう。

コンパクトなシングルバーナー

アウトドアで使用するシングルバーナータイプは、持ち運びをするのに適していて、使わないときはコンパクトに収納することができます。ソロキャンプやツーリングキャンプ、登山や釣りなど、ちょっとした料理に使用したり、焚き火と併用する時に便利に使えます。

 

シングルバーナーは、折りたたみができ、使用時にはゴトクを広げることで、鍋やフライパンなどを安定して置くことができます。土台のあるタイプよりも安定性は低いですが、お湯を温めたり、鍋で煮込んだり、通常の料理の使い方をする分には問題ありません。

 

使用する燃料によって火力が違いますが、バーナー部分で火力を高める工夫をしたモデルもあるので、しっかりとした火力を求める方は、そういったモデルを選ぶようにしましょう。

安定感のあるコンロタイプ

1口のコンロタイプは、安定性があり、風防を備えたモデルがあるなど、アウトドアでもしっかりと料理することができます。シングルバーナーよりも筐体が大きく、車やバイクでの移動でないと、持ち運びが厳しい面もありますが、使いやすさがあり人気を集めています。

 

家庭用コンロと見た目は似ていますが、アウトドア用に火力を強めたり、風防を備えていたりと、厳しい環境でも安定した火力をだせるよう工夫がされています。主にガス缶を使用したモデルが多く、燃料が足りなくなった場合、コンビニや売店で購入できるという安心感もあります。

同時に料理が作れるマルチバーナー

家族やグループのキャンプの際に活躍するのが、2口や3口のコンロを持つマルチバーナーです。ツーバーナーやスリーバーナーとも呼ばれ、同時に複数の料理を作ることができます。ただし、サイズも同時に大きくなり、持ち運びには車が必要になります。

 

フタが風防になり、背面や両サイドからの風を防いでくれます。火が安定することはもちろん、油はねなども防いでくれるので、調理台の油汚れを軽減してくれます。使える燃料も多くあり、料理のしやすさで燃料タイプを選ぶことができます。

 

手早く料理をして、のんびりする時間を増やしたい場合や、グループキャンプなどで食事を持ちよってパーティーする際に、便利に使えるコンロです。

燃料で選ぶ

アウトドアで使用するコンロは、ガソリンや灯油、ガスなどを燃料にして火を着けています。それぞれの特徴や利点を見ていきましょう。

高火力のガソリン

普段車やバイクに使っているガソリンを精製して、より揮発性を高くしたホワイトガソリンを使用するバーナーがあります。火力が非常に強く、燃料コストも抑えられるという特徴があります。ただ、火をつける前にポンピングという作業をしなければならず、ひと手間かかります。

 

ガソリンランタンなどで、慣れている方は手間に思わないかもしれませんが、初心者には多少難しく感じるかもしれません。ホワイトガソリンは液体なので、重量があります。保管にも気を使わなくてはいけないため、扱いの面では少々難があるでしょう。

 

料理をする際に火力を重要視している方は、ガソリンを燃料にしたバーナーを選択するといいでしょう。

コストの安い灯油

コストが抑えられ、手に入りやすい灯油を使用したバーナーは、寒さにも強いというメリットがあります。ケロシン燃料とも言われ、液体燃料なので、ガソリンと同じく重量があります。また、燃料の扱いには注意が必要で、保管にも気を使わなくてはいけません。

 

灯油に対応したバーナーは、数が少ないので見かける機会も少ないのが事実です。灯油のメリットに関して興味がある方は、灯油バーナーを探して選ぶといいでしょう。また、気温が低くてもしっかりと火力を保てるため、冬キャンプなどで使用する際に効果を発揮します。

扱いやすいガス

ガスを使用したバーナーは、扱いやすくコンパクトなので、人気を集めている燃料です。ガス缶を繋ぐだけでいいので、自宅でガスコンロを使う感覚で使用することができます。初心者でも扱いやすく、保管も簡単です。

 

ただし、ガスは気温が低いと火力が下がったり、燃焼音がうるさいものがあるのがデメリットです。厳しい環境のキャンプなどアウトドアで使用しない場合は、ガス缶のコンロやバーナーがおすすめです。

 

ガス缶には、アウトドアに特化したOD缶と、一般的なガス缶の形状をしたCB缶があります。OD缶は安定した火力をだすことができますが、価格の高さがあります。CB缶は環境によって火力が不安定になる場合がありますが、コンビニなどで手軽に手に入るメリットがあります。

スタイルで選ぶ

コンロやバーナーのスタイルには、一体型と分離型の2種類があります。それぞれ、使いやすさで選ぶようにします。

一体型

コンロに直接燃料の入った缶を取り付けるタイプが一体型です。コンパクトに収納することができ、軽量なので、ツーリングキャンプや登山、釣りなどの荷物をなるべく少なくしたいアウトドアに向いています。また、すぐに使えるのでちょっとお湯を沸かしたいという時に便利です。

 

小型の容器で簡単な料理をする場合は、使い勝手もよく活用できますが、大型の容器や思い容器の場合、ゴトクが多少高めのものが多く安定しません。カセットコンロタイプであれば、それ自体大きさがあるので安定しますが、バーナータイプの場合は注意が必要です。

 

コンパクトにまとめたい場合や、コンロの2台持ちで、サブ的に使う場合などは一体型が取り回しもよくおすすめです。

分離型

コンロと燃料をホースで繋げるタイプが分離型です。燃料を火から遠ざけることができるので、安全に使うことができます。また、燃料の高さを気にしなくてもいいので、ゴトクが低く安定感があります。重たい容器も安定させることができるので、さまざまな料理に使用できます。

 

ゴトクだけでなく、ホースもあるので、収納は一体型よりも大きくなる傾向があります。ただし、大差はなく、コンパクトに持ち運べる範囲です。価格は一体型よりも高く、コストがかかりますが、料理のしやすさを重視する場合は、分離型をおすすめします。

アウトドア用コンロの人気ランキング10選

第10位

プリムス(PRIMUS)

P-153 ウルトラバーナー

価格:8,748円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強風でも使える

OD缶を使用するシングルバーナーで、ハイパワーながら軽量、そしてコンパクトに収納できる特徴を持つモデルです。X字のゴトクは、コッヘルを乗せることでバーナーヘッドを4区画にわけ、ひとつの区画で火が消えても他は着火するようにされており、強風下での使用ができます。

 

レビューを参考にすると、火力、コンパクト性、信頼性ともに不動の製品です、サイズも重量もかなりコンパクトになりパッキングにも余裕が出来ました、めちゃくちゃ熱量高くお湯すぐ湧きます、ここまで完成度の高いアウトドア用品はなかなかないと思うという評価が見られます。

 

ゴトクが折りたためるようになっているので、収納時のサイズをかなり小さくすることができます。コンパクトなキャンプにしたい場合などにおすすめです。

タイプシングルバーナー燃料ガス(OD缶)
第9位

岩谷産業

マーベラスII CB-MVS-2

価格:14,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省スペースなコンロ

デザイン性が高く、アウトドアでも使える高機能なカセットコンロです。カバーが風防になり、バーナーのまわりにも風防リングがあるなど、風による影響を抑えることができます。また、多孔式バーナーやガスを効率良く使うためのヒートパネルなどが採用されています。

 

レビューを見てみると、風防のおかげで屋外でも安心して使用できました、持ち運びも便利で携帯性も良いですよ、戸外でも使えるのでいざという時には安心です、ガチャガチャしない感じが品があっていい、デザイン的にも機能的にも満足してますという評価が見られます。

 

収納時には縦置きで収納できるなど、省スペース収納が可能になっています。安定感がありつつもコンパクトなコンロが欲しい方におすすめです。

タイプカセットコンロ燃料ガス(CB缶)
第8位

ソト(SOTO)

レギュレーターストーブ ST-310

価格:5,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルチに使えるコンロ

SOTOの一体型シングルバーナーで、多くのキャンパーから人気を集めているモデルです。火力の低下を防ぐマイクロレギュレーターを搭載しているので、朝や夜など気温が低下する時間でも高出力を発揮できます。19cmの鍋まで対応しているので、数人分の料理も可能です。

 

レビューを参考にすると、冷え込みには強いという事を実感出来ました、弱火から強火までの幅が広く弱火でも安定した炎です、めちゃくちゃカッコいい、アウトドア専用ギアで気分を高めたいキャンパーには最適なコンロですと高い評価を見ることができます。

 

お湯を沸かしたり、サブのコンロと使用したりと、あると便利なシングルバーナーです。デイキャンプなどでもおすすめです。

タイプシングルバーナー燃料ガス(CB缶)
第7位

岩谷産業

ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

価格:4,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高熱効率バーナー

家庭用のガス缶で有名なイワタニのシングルバーナーです。高い加熱能力を持ち、ゴトクが火口を取り囲むように配置されているので、風防としての役割を持ち、耐風性能も持ち合わせています。収納時にはコンパクトに折りたため、専用ハードケースに入れて持ち運ぶことができます。

 

レビューを見てみると、コンパクトで軽量、火力も十分、アウトドアに最適ですね、カセットボンベが入手しやすく安価なのも助かります、作りもしっかりしていますしバーナーも安定しています、女性でも使いやすいし軽いですと高い評価を見ることができます。

 

ランニングコストを下げるためにイワタニのガスを使うという方におすすめです。

タイプシングルバーナー燃料ガス(CB缶)
第6位

コールマン(Coleman)

パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

価格:9,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたコンロ

火力が強く、使用時にはフタが風防になるので、耐風性を持ち合わせているツーバーナー式のコンロです。収納時には非常にスリムになるため、持ち運びもしやすく、アウトドアだけでなく、ベランダや屋上などでのホームパーティーでも使用できます。

 

レビューを見てみると、コンパクト、軽量、炎調整も不要言うことなしです、アウトドア料理の巾を広げたい方にはオススメです、以前ガソリンの2バーナー持っていましたがポンピングもいらないし薄くてコンパクトだし持ち運びが楽ですね本当に良いですねと高い評価が見られます。

 

シンプルな作りで、火力調節も簡単です。手が出しやすい価格帯なので、最初の1台におすすめのコンロです。

タイプツーバーナー燃料ガス(OD缶)
第5位

ソト(SOTO)

FUSION(フュージョン) ST-330

価格:9,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風にも強い

アウトドア用のコンロで、人気を集めているSOTOのシングルバーナーです。火口が全炎口型でバーナーヘッドもすり鉢状を採用するなど、風に強い仕様になっています。またマイクロレギュレーター搭載なので、連続して使用した際や低温時にも火力を安定させることができます。

 

レビューを参考にすると、火力も強火から弱火まで細かく調整が効き音も思っていたより静かで気に入っています、シングルバーナーはいくつか持ってますがこれが一番活躍しそうです、デメリットが見つかりませんでしたと高い評価を得ています。

 

安定性のあるゴトクなので、大型の鍋を使用することもできます。アウトドアで手軽にコンロを使いたいという方におすすめです。

タイプシングルバーナー燃料ガス(CB缶)
第4位

スノーピーク(snow peak)

ギガパワー ツーバーナー

価格:44,193円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した火力を実現

専用のガスを液体のまま取り出すことで、気温の変化に影響されにくく、さまざまな環境下で安定した火力を実現するモデルです。火力調節もしやすく、調理具の重さにも強いので、さまざまなスタイルの料理に対応することができます。

 

レビューを見てみると、マイナス気温の環境下でも火力が強く大変重宝しています、下の所にガスカートリッジを装着する仕組みがなかなかメカニカルでかつ機能的で自分の世界に入ってしまいそうですと高い評価を得ています。

 

底面にフッ素加工を施してあり、吹きこぼれなどの汚れを簡単に落とすことができるなど、高い機能性も持っています。アウトドアをしながらも、家のキッチンのような使い心地のコンロを求めている方におすすめです。

タイプツーバーナー燃料ガス(ギガパワーガス)
第3位

エムエスアール(MSR)

ウィスパーライト インターナショナル

価格:14,153円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

過酷な環境にも対応

ガソリンと灯油が使えるシングルバーナーです。高火力が持ち味で、収納もコンパクトにできます。ソロキャンプやツーリング、登山や釣りなど、荷物を減らしつつもしっかりとした調理具がほしいという方におすすめです。安定感のあるゴトクなので、鍋を置いてもしっかりとしています。

 

レビューを参考にすると、使いやすいし壊れにくいこれこそアウトドアで求められる所です、安定して弱火も強火も扱い易いバーナーです、燃焼音も静かです、マイナス10度の環境でもガソリンを使用すれば問題なく使用できますと高い評価を得ています。

 

世界で愛されているコンロで、耐久性もあり、長く使用していくことができます。ガソリンや灯油のコンロを探している方におすすめです。

タイプシングルバーナー燃料ガソリン、灯油
第2位

ユニフレーム(UNIFLAME)

ツインバーナー US-1900

価格:25,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量かつハイパワー

アルミボディを採用し軽量でスタイリシュなツーバーナ−式のコンロです。専用のCB缶を使うことで、強い火力を出すことができます。また加熱器の銅製ブースターが搭載されているので、パワーを持続することができます。フタが風防になるので、風に影響されずに料理ができます。

 

レビューを見てみると、銅製の熱伝導ボンベヒーターにより燃焼もパワフルでカップ麺2個分くらいのお湯ならすぐに沸かせます、火力の必要な炒め物にも威力を発揮します、釣りに持って行って使いましたがとても便利でしたと高い評価を得ています。

 

風防が低めに設定されているので、ダッヂオーブンを使用する際にも安定して載せることができます。ツーバーナーで定評のあるモデルで、安定したクォリティを考えている方におすすめです。

タイプツーバーナー燃料ガス(CB缶)
第1位

新富士バーナー株式会社

レギュレーター2バーナー GRID ST-526

価格:30,518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなツーバーナー

ミニマルデザインでスタイリッシュな形状を持つSOTOのツーバーナー式のコンロです。マイクロレギュレーターを搭載しているので、気温が低いときや連続して使用する際にも火力を安定させてくれます。燃料にはCB缶を使用するので、ランニングコストを抑えることができます。

 

レビューを参考にすると、見た目だけじゃなくて使用感も良好、全体的にシンプル故にクールでかっこよく洗礼された美しさがありますと高い評価を得ています。専用のCB缶を使用すると火力が安定するなど、推奨されていますが、一般的なガス缶も使用することができます。

専用のハードケースが付属しているので、移動中のゴトクや火口の損傷を防ぐことができ、車への積み込みも便利に行うことができます。デザイン性や使い勝手を重視している方におすすめです。

タイプツーバーナー燃料ガス(CB缶)

アウトドア用コンロのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4986745の画像

    新富士バーナー株式会社

  • 2
    アイテムID:4986790の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • 3
    アイテムID:4986825の画像

    エムエスアール(MSR)

  • 4
    アイテムID:4986862の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 5
    アイテムID:4986898の画像

    ソト(SOTO)

  • 6
    アイテムID:4986940の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:4986958の画像

    岩谷産業

  • 8
    アイテムID:4987003の画像

    ソト(SOTO)

  • 9
    アイテムID:4987040の画像

    岩谷産業

  • 10
    アイテムID:4987075の画像

    プリムス(PRIMUS)

  • 商品名
  • レギュレーター2バーナー GRID ST-526
  • ツインバーナー US-1900
  • ウィスパーライト インターナショナル
  • ギガパワー ツーバーナー
  • FUSION(フュージョン) ST-330
  • パワーハウスLPツーバーナーストーブ2
  • ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
  • レギュレーターストーブ ST-310
  • マーベラスII CB-MVS-2
  • P-153 ウルトラバーナー
  • 特徴
  • スタイリッシュなツーバーナー
  • 軽量かつハイパワー
  • 過酷な環境にも対応
  • 安定した火力を実現
  • 風にも強い
  • コスパに優れたコンロ
  • 高熱効率バーナー
  • マルチに使えるコンロ
  • 省スペースなコンロ
  • 強風でも使える
  • 価格
  • 30518円(税込)
  • 25100円(税込)
  • 14153円(税込)
  • 44193円(税込)
  • 9720円(税込)
  • 9750円(税込)
  • 4360円(税込)
  • 5160円(税込)
  • 14080円(税込)
  • 8748円(税込)
  • タイプ
  • ツーバーナー
  • ツーバーナー
  • シングルバーナー
  • ツーバーナー
  • シングルバーナー
  • ツーバーナー
  • シングルバーナー
  • シングルバーナー
  • カセットコンロ
  • シングルバーナー
  • 燃料
  • ガス(CB缶)
  • ガス(CB缶)
  • ガソリン、灯油
  • ガス(ギガパワーガス)
  • ガス(CB缶)
  • ガス(OD缶)
  • ガス(CB缶)
  • ガス(CB缶)
  • ガス(CB缶)
  • ガス(OD缶)

まとめ

ここまでアウトドア用コンロの人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。コンロにもさまざまな種類があり、アウトドアのスタイルによっても使い勝手が変わってきます。使い勝手のいいコンロを選んで、アウトドアライフをより充実させてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ