記事ID136598のサムネイル画像

【軽くてコンパクト】人気のベービーバギーおすすめランキング10選

ベビーカーのなかでも、お座りができるようになる生後7ヶ月頃から使えるのがベビーバギーです。比較的軽くてサイズも小さいものが多いので、ベビーバギーがあると赤ちゃんとのお出かけがとても便利になりおすすめです。ベビーバギーのおすすめを、ランキング形式でご紹介します。

ベビーバギーがあれば赤ちゃんとのお出かけが楽しくなる

ベビーカーには、赤ちゃんが生後1ヶ月頃から使えるA型ベビーカーと、腰が完全に座ってお座りができるようになる生後7ヶ月ごろから使える、B型ベビーカーやバギーがありますB型ベビーカーとバギーの違いに、明確な基準はありません

 

生後一ヶ月から使えるA型ベビーカーは、リクライニングができますのでねんねの時期の赤ちゃんに使うことができます。しかし、通常重くて大きめで、小回りがきかないものが多いです。

 

あまりに大きく重たいベビーカーでは、お出かけが億劫になってしまいます。そのため、赤ちゃんが生後7ヶ月を過ぎてお座りがしっかりできるようになったら、バギーの購入を検討する場合が多いです。

ベビーバギーの選び方

ベビーバギーは色々な種類のものが販売されています。機能性能重量サイズも様々ですし、価格も大幅に違います。わかりやすくベビーバギーの選び方を解説いたします。

重量で選ぶ

バギーを買いたいと思ったきっかけは、A型ベビーカーが重たくて持ち歩きに不便なので、軽い物がほしいと感じたからが多いようです。重量はバギーを選ぶ上で、重要なポイントです。

軽いバギー

バギーを購入する際、とにかく軽いものを探している方が多いです。赤ちゃんは生後7ヶ月を過ぎると、早い子では歩き始める子もいます。ずっとバギーに座っているわけではないので、簡単なつくりの軽いバギーを持ち歩きたいという人が多いでしょう。

 

子どもが自分で歩きたがるタイプなら、長時間バギーに乗っている事が少ないでしょうから、軽くて安価なタイプのバギーがおすすめです。階段を登ったりする時にも、軽いバギーなら担いで登るのも苦になりません。

 

軽いバギーだと、人が乗っていないと風で飛ばされたりすることもあります。また、体重制限が12キロや15キロまでのものが多く、大き目の子には使えないこともあります。しかし、軽いものはサイズも小さくて、小回りが効き、狭い道もスイスイ進めて便利です。

重いバギー

重いバギーは持ち上げるのは大変です。しかし、重い分安定していて丈夫な商品もあります。特に外国メーカーの商品は重たくても、フレームがしっかりしていて頑丈だったり、ガタガタしている悪路も走りやすいものが多いです。

 

道が舗装されていないところを走行する事が多い環境や、バギーを担いで登ることが少ない環境でしたら、重いバギーでもあまり問題は無いでしょう。それぞれのライフスタイルに合ったバギーを選びましょう。

 

大き目の子どもの場合、あまりにも軽いバギーでは適正体重を超えてしまい、危険なことがあります。重くて頑丈なバギーを検討してみましょう。

たたみ方で選ぶ

バギーのたたみ方といえば、傘のような細長いスティックタイプのものが多いです。しかし、それ以外にも色々なたたみ方のバギーが販売されています。

スティックタイプ

バギーのたたみ方で一番多いのは、傘のようにスティックタイプ状になるたたみ方です。傘のようにたためるB型ベビーカーをバギーと呼ぶ場合もあるようですが、明確に決められているわけではありません。

 

コンパクトにたためますし、閉じる時や広げる時も簡単で、すぐにできます。タイヤが上にきてしまうので汚れたタイヤが壁や人に付かないように、カバーをかぶせたり、他人のほうに向けないようにするなど、気をつける必要があります。

 

閉じた時に自立するタイプと、自立しないタイプがあります。自立するタイプでも重心が高いため安定感は無いので、電車などで揺れると倒れる可能性もあります。念のため手で押さえていたほうが安心です。

ワンタッチボタン式

ボタンを押しただけで開閉できる、ワンタッチ式のバギーもあります。各社メーカーから色々な方法、たたみ方の商品が販売されていますので、動画などで確認してみましょう。

 

赤ちゃんを抱っこしたまま片手で開閉できるタイプは本当に便利ですが、比較的高価です。子どもが歩けるようになってからバギーを買う場合は、立って待っていてくれる事があるので、ワンタッチにこだわらず、安価なスティックタイプでもいいかもしれません。

 

たたんだ時のサイズも色々です。自立するものもあれば、しないものもあります。確認して、ご自身にあった商品を選びましょう。

その他のたたみ方

その他にも、とても小さくたためるバギーがあります。驚異的なウルトラコンパクトサイズに折りたためる商品なら、リュックに入れて持ち歩く事もできますし、自転車のかごに入れて持ち運べますし、飛行機の機内持ち込みもできます。

 

たたみ方が特殊な商品は、少したたむのが難しく、時間がかかる場合があります。また、通常よりも高価な商品が多いです。

 

とにかく小さくたたむ必要がある方に、おすすめの商品です。また、人とは違った珍しい商品が好きな方にもおすすめです。

機能で選ぶ

バギーには色々な機能が付いた商品があります。ご自身のライフスタイルに合った機能を選んで購入するといいでしょう。

荷物入れバスケットが付いている

バギーには下に荷物入れが付いているものと、付いていないものがあります。付いているものでもサイズは様々です。

 

赤ちゃんを連れて徒歩で公園へ行って遊び、帰りにショッピングして徒歩で帰るというライフスタイルの方には、荷物入れが大きいものをおすすめいたします。ハンドル部分に荷物をかける人もいますが、メーカーは勧めていませんのでバギーが壊れる危険性があります。

 

注意点は、荷物を入れたままではバギーはたためないことです。外出先で荷物を出してたたむのは結構大変です。

サンシェードが付いている

日よけのサンシェードは、付いているバギーと付いていないバギーがあります。夏の日差しはとてもきつく赤ちゃんもつらいので、少しでも日差しを遮ることができる日よけの帆が付いた商品がおすすめです。

 

帆の大きさもいろいろあり、小さいものもあれば、大きいものもあります。大きいものでも、横に隙間が開いていたり、透明になっていたりすると帆をあけなくても赤ちゃんの様子が見られるので安心です。

 

別売りで大きな帆を取り付けることもできます。帆をつけた分バギーが重くなる傾向にあるので、必要に応じて取り外ししてもいいでしょう。

シートを取り外して洗濯できたりメッシュシートになる

夏の暑さを少しでも快適に過ごすために、シートがメッシュ素材になったバギーがあります。シートに保冷財を入れられる便利商品も販売されていますが、保冷財の準備も面倒ですし、メッシュシートをおすすめします。

 

最初からメッシュシートの商品もありますし、クッションシートを取り外すとメッシュになるので夏場だけメッシュにできる商品もあります。一部シートをあけるとメッシュになるバギーもあります。

 

シートを取り外して洗濯できると、いつでも清潔に保てるので、取り外せるタイプはおすすめです。ジュースやお菓子などこぼしてしまっても、取り外して洗濯できる商品なら安心です。

3歳から4歳頃まで長く使える

バギーには適正体重があり、子どもが12キロまでや、15キロまでのものが多いです。しかし、なかには18キロまで、20キロ以上までオーケーのロングユース商品もあります。

 

お子さんが大きめの場合は、15キロや18キロ位まで使えるバギーを購入したほうが安心でしょう。また、2人3人を育てているママの場合、上の子をバギーに乗せて、下の子は抱っこするという使い方ができるため便利です。

 

子どもが小柄であったり、バギーに座っているより歩くのが好きで長くは使わないと感じられる場合は、12キロ(2歳頃まで)使えるバギーでも大丈夫でしょう。

おすすめベビーバギー10選

第10位

リッチェル

リベラ フルエ R

価格:12,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4歳頃まで使えて荷物もたくさん入るバギー

赤ちゃん用品で有名な日本メーカー、リッチェルから発売されているベビーバギーです。7ヶ月から4歳頃(18キロ)まで使えるのが特徴です。なかなか18キロまで使えるバギーは少ないです。

 

荷物を入れられるバスケットが大きいので、赤ちゃんを連れて買い物をする場合にとても便利です。重量制限に余裕があるバギーなので、重いものを買って乗せても安心です。大きな日よけの帆が付いているので、日差しや小雨を遮ることができます。

 

背面シートを取り外すとメッシュシートになるため、暑い日でも赤ちゃんが快適に座ることができます。比較的ハンドルの位置が高めの商品なので、背が高めのママや、パパがベビーカーを押すご家庭におすすめです。

重量4.9キロ体重目安18キロまで
サイズ(開いた時)47×88×103cmサイズ(たたんだ時)46×37×83cm
第9位

西松屋チェーン

[SmartAngel]バギーFANロングプラス

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手ごろ赤ちゃん用品店の西松屋オリジナル商品

お手ごろな赤ちゃん服などを中心に扱っている、西松屋が作ったバギーです。比較的お手ごろ価格のバギーですが、大きな日よけの帆が付いていますし、座面が深めなので赤ちゃんが快適に座ることができます。

 

小さめですが荷物入れも着いていて、ちょっとした買い物に便利ですし、タイヤも大きめなので段差を乗り越えるのも容易です。シートを取り外すとメッシュシートになるので、暑い夏も赤ちゃんが快適に過ごせます。

 

機能満載の割には、値段がお安めです。道路がデコボコのところを走ると結構振動を感じるという意見もありますが、平らな道ではスイスイ走れます。お手軽なお値段で、色々な機能が付いたバギーを探している方におすすめです。

 

重量4.9キロ体重目安12キロまで
サイズ(開いた時)48×85×103cmサイズ(たたんだ時)24×27.5×105cm
第8位

コンビ

ベビーカー F2 AF

価格:23,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなハイシート

赤ちゃん用品で有名なコンビから発売されているバギーです。スタイリッシュなデザインでかっこよく、座面がほかのバギーに比べて、とても高いのが特徴です。しかも軽量3.7キロですので持ち運びもらくらくです。

 

特に、夏はアスファルトから近いと地面からの照り返しを受けて、赤ちゃんが暑いです。このF2は50cmのハイシートなので赤ちゃんが涼しく過ごせますし、ママが抱っこして乗せたり降ろしたりしやすいのが特徴です。

 

片手で簡単にバギーを広げることができます。また、有名なコンビが販売しているので、シートやレインカバーなど、関連商品もたくさん販売されていて便利なバギーです。

重量3.7キロ体重目安15キロまで
サイズ(開いた時)49.5×71.5~77.5×104cmサイズ(たたんだ時)49.5×30~37×89cm
第7位

アップリカ

マジカルエアー

価格:19,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くてかわいいハイシート

赤ちゃん用品で有名なアップリカから販売されているバギーです。こちらもコンビF2と同じ、50cmのハイシートで、暑い夏でも赤ちゃんが快適に過ごすことができます。また、重量は驚きの3.1キロです。

 

デザインは丸っこくかわいらしい感じで、シャープな印象のF2とはイメージがかなり違います。ご自身の好みに合わせて選ぶといいです。タイヤが薄く小さめなので、ちょっとした溝に引っかかりやすいという意見もあります。

 

とにかく軽くて、ハイシート座面なので赤ちゃんが快適で、ワンタッチ開閉できてママも便利な商品です。

重量3.1キロ体重目安15キロまで
サイズ(開いた時)44.5 × 76~79 × 102.5~104.5cm)サイズ(たたんだ時)44.5 × 31.5 × 95cm
第6位

ORANGE-BABY

ココロン セカンド

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7カ月~4歳まで使えるロングユースバギー

子どもが18キロまで使えるロングユースバギーです。大きくしっかりしている割には重量4.6キロと軽量です。シートもゆったりしているので、大きめの子どもも余裕を持って座れます。ベルトを片手で引っ張るだけで、簡単に折り畳みができて便利です。

 

たたんだ形が少し特殊で、えび型に曲がるため大きめで、自立しないのが不便という意見もあります。フロントにセーフティーバーがあり、子どもがつかんだりできますし、前に飛び出すことを防いでくれます。

 

子どもが座るシートは大きめですが、横幅は大きくないので狭い道もスイスイ通れます。比較的安価なバギーでロングユース商品を探している方におすすめいたします。

重量4.6キロ体重目安18キロまで
サイズ(開いた時)81x52x102cmサイズ(たたんだ時)26 × 52 × 76cm
第5位

ヤトミ

happiness スムースバギー

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで安価なメッシュバギー

シンプルでスタイリッシュで安価なバギーです。シートがメッシュ製なので赤ちゃんが涼しく過ごせます。専用のシートマットが付いていて、取り外しが可能です。お洗濯もできます。

 

重量も4.1キロと軽く、たたむとスティック式でコンパクトになります。フロントガードが付いていて安心です。足置きは少し弱くて、すぐにちぎれて取れてしまったという意見もあります。

 

値段の割にはしっかりしていて、お値段よりも高そうに見え、良くできたバギーです。お手頃な価格のセカンドバギーを探している方におすすめいたします。

重量4.1キロ体重目安情報が提供されていません
サイズ(開いた時)115×76.5×46cmサイズ(たたんだ時)104×31×32cm
第4位

JTC

ベビーバギー MA-G

価格:4,935円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで安価なバギー

コンパクトで小回りが利き、安価なバギーです。メッシュシートのものも販売されています。値段の割には操作性がよく、押した感じが軽くて操作しやすいです。バギーのなかでもコンパクトで、たたむとスティック型になります。

 

たたんだ時に自立はしませんが、コンパクトなので玄関においても車に入れておいても邪魔になりません。持ち手が低めの位置にあるので、背の高い人は押しにくいかもしれません。足置きがすぐ取れたという意見も有ります。

 

値段の割にはしっかりしていて、コンパクト、子どものすわり心地も悪くないようです。荷物入れなど無いですが、自作する人もいます。安価なセカンドバギーを探している方におすすめです。

重量4キロ体重目安15キロ
サイズ(開いた時)41.5×78×91cmサイズ(たたんだ時)29×26×98.5cm
第3位

Cybex

ジービー gb ポキット エアー POCKIT AIR

価格:27,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車のかごに入るほどコンパクトにたためるバギー

折りたたんだ時に、国内最小サイズになるバギーです。なんと自転車の前かごに入るほど小さくなります。新幹線や電車の荷棚にも乗せられて便利です。飛行機の機内持ち込みもできます。子どもが17キロまで使える、ロングユース商品でもあります。

 

折りたたみにはコツがあり、最初からパッとはできませんが慣れれば簡単です。また、足回りが意外としっかりしていて押しやすいです。比較的ハイシートですし、メッシュシートなので、夏の暑い時期も快適に過ごせます。

 

お値段はお高めですが、とにかくコンパクトにたためるバギーがほしい方に、おすすめの商品です。

重量4.8キロ体重目安17キロまで
サイズ(開いた時)44.5×71×101cmサイズ(たたんだ時)30×18×35cm
第2位

エンドー

COOL KIDS CKバギー

価格:6,626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく軽いバギーといえばこれ

とにかく軽いバギーです。なんと重量2.8キロです。ここまで軽いバギーはなかなかありません。また、全体的にコンパクトにできています。大きめの子には窮屈ですが、狭い道を進む時、お店の中、電車の中など、比較的コンパクトサイズなので入りやすくておすすめです。

 

紐付きで軽いので、電車の乗り換えなどで階段を登らなければならない時など、さっと担げます。軽くてコンパクト、しかもお値段お手ごろ商品です。

 

たたんだ時に自立しない、座面が低いので多き目の子は足が下についてしまう、たたむ時に手をはさみやすいという意見もあります。しかし、値段の安さや軽さは本当にすばらしいバギーです。セカンドバギーとしておすすめです。

重量2.8キロ体重目安15キロまで
サイズ(開いた時)44×63×92cmサイズ(たたんだ時)24×22×104cm
第1位

Jeep

J is for Jeep スポーツ リミテッド ベビーカー

価格:11,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足回りがタフなジープ車のようなバギー

あの4WD車で有名な「jeep」ブランドのバギーです。足回りがタフなジープ車同様に、安定走行を目指し、クラス最大級のタイヤを装備しています。さらに3Dソフトサスペンションが付いているので、子どもは快適な乗り心地ですし、運転もしやすいと好評です。

 

デザインが印象的で、街中で人目を引きます。スッキリとかっこよいデザインなので、パパにも人気のバギーです。ベルトをとめる時や、たたむ時に少し固めという意見もありますが、しっかりしていて安心感があります。

 

たたむとA4サイズに収まるほどスリムになりますし、5キロと比較的軽いのに丈夫で、日よけや荷物入れも付いています。段差や踏み切りもスイスイ進め、小回りが利くのでお出かけが楽しくなるバギーです。

 

重量5キロ体重目安15キロまで
サイズ(開いた時)45×85.5×95.5cmサイズ(たたんだ時)23×30×107cm

ベビーバギーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4990185の画像

    Jeep

  • 2
    アイテムID:4990169の画像

    エンドー

  • 3
    アイテムID:4990168の画像

    Cybex

  • 4
    アイテムID:4990166の画像

    JTC

  • 5
    アイテムID:4990165の画像

    ヤトミ

  • 6
    アイテムID:4990163の画像

    ORANGE-BABY

  • 7
    アイテムID:4990160の画像

    アップリカ

  • 8
    アイテムID:4990158の画像

    コンビ

  • 9
    アイテムID:4990156の画像

    西松屋チェーン

  • 10
    アイテムID:4988867の画像

    リッチェル

  • 商品名
  • J is for Jeep スポーツ リミテッド ベビーカー
  • COOL KIDS CKバギー
  • ジービー gb ポキット エアー POCKIT AIR
  • ベビーバギー MA-G
  • happiness スムースバギー
  • ココロン セカンド
  • マジカルエアー
  • ベビーカー F2 AF
  • [SmartAngel]バギーFANロングプラス
  • リベラ フルエ R
  • 特徴
  • 足回りがタフなジープ車のようなバギー
  • とにかく軽いバギーといえばこれ
  • 自転車のかごに入るほどコンパクトにたためるバギー
  • コンパクトで安価なバギー
  • シンプルで安価なメッシュバギー
  • 7カ月~4歳まで使えるロングユースバギー
  • 軽くてかわいいハイシート
  • スタイリッシュなハイシート
  • お手ごろ赤ちゃん用品店の西松屋オリジナル商品
  • 4歳頃まで使えて荷物もたくさん入るバギー
  • 価格
  • 11780円(税込)
  • 6626円(税込)
  • 27000円(税込)
  • 4935円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 19799円(税込)
  • 23980円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 12450円(税込)
  • 重量
  • 5キロ
  • 2.8キロ
  • 4.8キロ
  • 4キロ
  • 4.1キロ
  • 4.6キロ
  • 3.1キロ
  • 3.7キロ
  • 4.9キロ
  • 4.9キロ
  • 体重目安
  • 15キロまで
  • 15キロまで
  • 17キロまで
  • 15キロ
  • 情報が提供されていません
  • 18キロまで
  • 15キロまで
  • 15キロまで
  • 12キロまで
  • 18キロまで
  • サイズ(開いた時)
  • 45×85.5×95.5cm
  • 44×63×92cm
  • 44.5×71×101cm
  • 41.5×78×91cm
  • 115×76.5×46cm
  • 81x52x102cm
  • 44.5 × 76~79 × 102.5~104.5cm)
  • 49.5×71.5~77.5×104cm
  • 48×85×103cm
  • 47×88×103cm
  • サイズ(たたんだ時)
  • 23×30×107cm
  • 24×22×104cm
  • 30×18×35cm
  • 29×26×98.5cm
  • 104×31×32cm
  • 26 × 52 × 76cm
  • 44.5 × 31.5 × 95cm
  • 49.5×30~37×89cm
  • 24×27.5×105cm
  • 46×37×83cm

まとめ

おすすめベビーバギー10選はいかがでしたでしょうか。バギーは種類も豊富で、価格も色々なものがあります。それぞれのライフスタイルやお子様に合わせ、気に入ったバギーを選んでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ