記事ID136569のサムネイル画像

【安全運転と燃費に効果的】人気のTPMSのおすすめ商品ランキング10選

車を運転するときにはタイヤ空気圧の点検が義務付けられていますが、エアーチェッカーを持っていないと日常的な点検は難しいものです。そこで今回は、車内からタイヤの空気圧を監視できるアイテムである、TMPSについてご紹介したいと思います。

TMPSでタイヤの空気圧をしっかりと監視しましょう

「TPMS」とは、タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム(Tire Pressure Monitoring System)の頭文字を取ったもので、タイヤの空気圧を管理するモニタリングシステムのことです。センサーがタイヤの空気圧を測定することで、運転者にタイヤの異常を知らせてくれます。

 

車のタイヤは自然と空気が抜けてしまいますが、空気圧が不足したタイヤは走行時の変形が大きくなり、そのまま走っているとタイヤが損傷して大きな事故につながることにもなりかねません。そのため、米国や欧州、韓国などでは新車販売時にTPMSの装着が義務化されています。

 

また、タイヤの空気圧低下は車の安全性だけではなく、燃費の面においてもマイナスとなります。低燃費車に乗っているのに、いまひとつ燃費が良くないなんてことはないでしょうか。そこで今回は、TPMSの選びかたを説明するとともに人気商品を紹介していきたいと思います。

TPMSの選び方

TMPSにはいくつかの方式が存在し、様々な機能を持った商品が販売されています。また、取り付けに注意すべき点もありますので、商品を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

方式で選ぶ

TPMSの方式には、間接式TPMSと直接式TPMSがあります。間接式TPMSはタイヤの回転速度数を利用してタイヤ内部の空気圧の低下を検知するシステムで、直接式TPMSはタイヤやホイールの内部に取り付けたセンサーでタイヤの空気圧や温度を検知するシステムです。

個人で後付けできるのは直接式TPMS

新車販売時にTPMSを標準装備する各メーカーの車では、間接式TPMSと直接式TPMSのどちらの方式も採用されていますが、このうちTPMSが付いていない車に個人でも後付けで取り付けることが容易なのは直接式TPMSです。

 

間接式TPMSよりも検知精度が高く、各タイヤごとに状態を確認できることが直接式TPMSのメリットですが、車内からモニタリングするためには、各タイヤに取り付けるセンサー側にそれぞれバッテリーが必要になり、電池切れの際には交換が必要になります。

バルブタイプとベルトタイプ

間接式にもエアバルブに取り付けるバルブタイプと、ホイール内部にベルトで固定するベルトタイプの2種類があります。ベルトタイプの装着はホイールからタイヤを取り外す必要があるので、個人で装着する場合はセンサーをエアバルブに取り付けるだけのバルブタイプがおすすめです。

機能から選ぶ

基本的な役割と付加機能

TPMSの基本的な役割としてはタイヤ空気圧とタイヤ温度の監視なのですが、ドライバーが任意で設定する数値により警告アラームを鳴らすものなど多機能を持つ商品もあります。ただし、多機能、高機能を備えた商品の価格は相応に高くなります。

 

そのほかにも、ソーラー充電やUSB充電が可能な商品や、スマートフォンをモニターとして使用する商品、オートバイ用の商品など様々な商品がありますので、ご自身に用途に必要な機能を持った商品を選んでください。

取り付けの前に

ネット通販でお買い求めになる場合は、海外メーカー製の並行輸入品が多いので日本語マニュアルが付属するものを選んだ方が安心かと思いますが、バルブタイプのセンサーの商品ならば取り付け作業に特別な技術は必要なく、10分程度もあれば済むようです。

 

車内に取り付けるレシーバー部分の装着位置はダッシュボードの上が一般的ですが、フロントウインドウに貼り付けるものなど、取り付け方法も様々です。ご自身がお乗りになっている車の内装のデザインも考えて最適な商品を選びましょう。

 

また、バルブタイプのセンサーを取り付ける際にナットを回すレンチを用意する必要がありますが、パッケージ内にレンチを同梱して販売されている商品もあります。

補足

ランフラットタイヤを装着した車は、タイヤがパンクしても交換場所まで走行することが可能ですが、ドライバーがタイヤのパンクに気づきにくいことが注意点として挙げられています。そのため、タイヤの空気圧を常に監視するTPMSの装着が必要になります。

 

また、日本では義務化が遅れているTPMSですが、輸入車には標準装備されている車種もあります。この場合は社外品を取り付ける必要はありません。

TPMSの人気ランキング10選

それではTPMSの人気ランキング、トップ10をご紹介します。選びかたのポイントをふまえて、ご自身の車の種類と用途にあったTPMSを見つけていきましょう。

第10位

メーカー不明

空気圧センサー

価格:3,370円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取付け簡単で基本を押さえたTPMS

基本的な機能を備えており、お求めやすい価格のTPMSなのですが、申し訳ありません。何度調べてもこちらの商品のメーカーが確認できませんでした。

 

機能としてはタイヤの空気圧と温度をリアルタイムで監視することができます。また、USB充電に対応するほか、ソーラー充電にも対応しています。取り付けはバルブタイプのセンサー部分を装着してレシーバー部分を車内に配置するだけと簡単です。

 

ノーブランドの商品ですが、TPMSに興味のある人はお試しで購入してみるのもいいかもしれません。

商品パッケージの寸法センサー部サイズ
センサー部バッテリーレシーバー部サイズ94 ×79 × 26mm
重量240g(レシーバー部)使用可能温度範囲
第9位

Carledlight

TPMS タイヤ空気圧モニタリングシステム

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アラート機能も備えた標準的なTPMS

取り付けも簡単で、お求めやすい価格の標準的な機能を備えたTPMSです。タイヤの空気圧がドライバーが設定する値を超えた時に知らせてくれるアラート機能も備えているので、モニターの表示を気にすることなく運転に集中することができます。

 

受信機本体にソーラーパネルと大容量リチウム電池を内蔵。また、USB充電も可能なダブル充電モードを対応するので天候を気にすることなく使用することができます。また、車体の動きを検知してモニタリングセンサーが作動する省電力設計になっています。

 

英語マニュアルしか付属しませんが、日本電波法に基づいた技術基準適合認証を取得済みの商品となっています。また、パッケージ内にはセンサー取り付け用のレンチと六角ナットレンチが同梱されています。

商品パッケージの寸法160 x 124 x 66 mmセンサー部サイズ20 x 17 mm
センサー部バッテリー重量558 g(発送重量)
使用可能温度範囲-40℃ - 80℃
第8位

NOYOC

TPMSタイヤ空気圧センサー

価格:5,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中小型車に対応する汎用型TPMS

セダンやワンボックス、ミニバンをはじめとして、SUVやワゴン、スポーツ、ピックアップトラックなどの中小型車に対応する汎用型のTPMSです。日本語説明書付きで販売されており、パッケージ内にはセンサー取付け用のレンチも同梱されています。

 

センサーには高精度なドイツInfineon製のチップを採用しています。また、センサー部は腐食に強く、防水性にも優れるなど耐久性の高さも商品概要としてアピールされるほか、盗難防止機能も備えています。

 

LCD表示画面は目に優しいオレンジ色を採用しており、自動的に調光できます。ノングレアの画面は昼間の反射を防止でき、柔らかな光で夜間も視認性に優れています。また、ソーラーパネルが搭載されておりソーラー給電が可能なほか、省エネ性にも優れた商品です。

商品パッケージの寸法231 x 132 x 59 mmセンサー部サイズ
センサー部バッテリー1 Lithium Polymer 電池(付属)レシーバー部サイズ
重量299 g(発送重量)使用可能温度範囲-40℃ - 80℃(センサー)
第7位

Jelkuz

TPMS

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

窓にも取り付けられるヘッドアップ式モニターTPMS

レシーバー部分はダッシュボードに取り付けられるほか、フロントウインドウにも貼り付けることができるので視認性が良いTPMSです。ダッシュボードに平面な部分がないデザインの車でもフロントウインドウに貼り付ければ良いので、様々な車種に対応できそうです。

 

安価な商品ながらタイヤ高圧警報をはじめ、タイヤ高温警報やスローパンクチャー警報など6種類のマルチアラームに対応しており、日本語説明書付きで販売されています。ほかにパッケージ内にはセンサー取り付け用のレンチと防犯ナットも同梱されています。

 

レシーバー部分はドアの開閉やエンジンの振動を感知することで自動的に始動。再び振動を感知しなくなるとスリープモードに入るという省電力設計です。また、ソーラーパネルを備えており、USB充電とソーラー充電のどちらにも対応します。

商品パッケージの寸法182 x 132 x 46 mmセンサー部サイズ
センサー部バッテリーCR1632電池(付属)レシーバー部サイズ
重量222 g(発送重量)使用可能温度範囲-40℃ - 80℃
第6位

CAREUD

TPMS U903Z

価格:8,120円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アラート機能を備えたシガーソケット給電式

ドライバーが設定した空気圧と温度を超えると知らせてくれるアラート機能が付いているので、タイヤの状態を気にすることなく車を運転することができます。比較的安価な商品ですが、専門メーカーの製品なのでエアー抜けなどのトラブルも少ないようです。

 

シガーソケットに差し込むタイプでUSB充電やソーラー充電には対応していませんが、バッテリーの劣化が心配な人はこちらを選ぶほうがいいかもしれません。また4mの給電ケーブルが付属するので、車内にレシーバー部分を取り付ける際に場所を選ぶことは無さそうです。

 

日本語説明書付きで販売されているようですが、説明書が同封されていなかったというクチコミも。心配な人は購入前に確認できるショップでお求めになるといいかもしれません。また、日本語説明書には機能の説明はあるものの、取り付けについての説明はないようです。

商品パッケージの寸法224 x 164 x 72 mmセンサー部サイズ
センサー部バッテリーCR1225レシーバー部サイズ38 x 80 x 82 mm
重量581g(発送重量)使用可能温度範囲-20℃ - 85℃(本体)
第5位

Henhaoro

TPMS タイヤ空気圧監視システム

価格:10,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ製チップ採用のバルブセンサー式

ドイツ製のインフィニオン・チップを採用したバルブタイプのセンサーをバルブキャップ部分に取り付けることにより、各タイヤの空気圧と温度をリアルタイムで検出してLED画面にワイヤレスでモニター表示できます。

 

ドライバーが任意で設定できる値を超えると知らせてくれるアラート機能が付いているので、タイヤの状態をきにすることなく運転に集中することができ、バーストなども未然に防いでくれます。また、燃費悪化の防止にも効果的です。

 

電源にはシガーソケットを使用する12V給電タイプで、ソーラー充電とUSB充電には対応しませんが、ソーラーバッテリーの劣化が心配な人にはこちらのほうが良いかもしれません。日本語説明書付きで販売されているのも安心なポイントではないでしょうか。

商品パッケージの寸法250 x 168 x 62 mmセンサー部サイズ
センサー部バッテリーレシーバー部サイズ93 x 42 mm
重量340 g(発送重量)使用可能温度範囲-40℃ - 70℃
第4位

WEDS(ウェッズ)

TPMS MIDDLE RANGE 0052867

価格:36,778円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミドルレンジの車にも対応可能

カスタムカー向けのアルミホイールを中心にアルミホイールの製造販売も手掛けるメーカーの製品です。軽自動車やコンパクトカーをはじめ、ワンボックスやライトトラック、キャンピングカーなど重量系の車種にも対応しており、4t車クラスまで幅広く対応可能です。

 

センサーの装着にはホイールからタイヤを外す必要があるので、自分で取り付けるのが難しい場合は持ち込みで作業してくれるショップや整備工場を探す必要があります。カスタムカーのユーザーは、お世話になっているショップに相談してみるといいかもしれません。

 

リム幅4.0J以上のアルミホイールに適合しますが、注意すべき点としては、スチールホイールへの取り付けには対応していないため、誤って装着してしまうと空気漏れや破損を起こすことがあるとのことです(商品の概要としても警告されています)。

商品パッケージの寸法200 x 200 x 150 mmセンサー部サイズ58×24×11mm(バルブ&スクリュー含む)
センサー部バッテリーレシーバー部サイズ61×42×12 mm
重量2 Kg(発送重量)使用可能温度範囲-25℃ - 75℃(本体)
第3位

Orange Japan(オレンジ・ジャパン)

TP Checker P405B スポーツモデル

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本向けに開発されたTPMS

日本のアフターマーケット向けに開発された製品なので軽自動車をはじめ、ほとんどの乗用車に対応します。タイヤ内に取り付けるセンサーがリアルタイムで内圧と温度をモニタリングし、ドライバーが任意で設定した数値を超えると、表示と警告音で知らせてくれます。

 

レシーバー部分は非常にコンパクトなので取り付け場所に困ることは無さそうですが、センサー部分を取り付ける際にはホイールからタイヤを外す必要があるので、個人での取り付け作業は難しそうです。

 

ネット通販で購入した商品を自分で取り付けられない場合は、持ち込みで取り付け作業に対応してくれるショップや整備工場を探す必要がありますが、タイヤやホイールを交換する際に相談してみるのも良いかもしれません。

商品パッケージの寸法197 x 170 x 67 mmセンサー部サイズ
センサー部バッテリーレシーバー部サイズ
重量395 g(発送重量)使用可能温度範囲-40℃ - 125℃
第2位

Jelkuz

TPMS タイヤ空気圧モニタリングシステム

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お求めやすく配置しやすいTPMS

基本的な機能を一通り備えており、価格の面から見てもお求めやすいTPMSではないでしょうか。バルブタイプのセンサー部分は取り付けも簡単で、取り付けに必要なレンチもパッケージ内に同梱されています。ほかに、説明書が付属します。

 

レシーバー部分は、車内のどこにでも配置しやすい形状をしており、モニターの視認性が良いのも魅力的です。またソーラーパネルでソーラー充電に対応しますが、付属するUSB充電ケーブルによりダブル充電に対応するので天候を心配することなく使用ができます。

 

モニターとしての機能面では、リアルタイムで各タイヤの空気圧と温度を表示するほか、空気圧異常低下警報やスローパンクチャー警報など6種類のアラームモードを備えています。また、ドアの開閉を検知してオン・オフが切り替わる省電力設計となっています。

商品パッケージの寸法184 x 133 x 46 mmセンサー部サイズ
センサー部バッテリーCR1632電池レシーバー部サイズ85 x 95mm
重量240 g(発送重量)使用可能温度範囲-40℃ - 80℃
第1位

nonda

ZUS AccurateTemp スマートタイヤ安全モニター

価格:13,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気圧と温度をスマホで監視

レシーバー部分をスマートフォンに接続することにより、各タイヤの空気圧と温度を確認することができるモニタリングシステムです。レシーバー部分にはリバーシブルUSBポートを採用しており、スマートフォンなどを充電することも可能となっています。

 

独自のテクノロジーを使ったアルゴリズムにより、従来のタイヤモニターでは検出が難しかったスローリーク(ゆっくりとした空気漏れ)も正確に検出するので、事故を未然に防いでくれます。また、適正なタイヤ空気圧を維持することでガソリン代の節約にもつながります。

 

簡単に取り付けることができるバルブタイプのセンサー部分には、高品質な素材を使用したドイツ製の次世代センサーが採用されており、センサーを盗難から守る盗難防止ロックナットもパッケージ内に同梱されています。

商品パッケージの寸法8.5x3.8x1.7cmセンサー部サイズ21x18mm
センサー部バッテリーリチウム電池 CR1632レシーバー部サイズ38x85mm
重量33 g(本体)使用可能温度範囲-40℃ - 125℃(センサー)

TPMSのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4983599の画像

    nonda

  • 2
    アイテムID:4984531の画像

    Jelkuz

  • 3
    アイテムID:4984642の画像

    Orange Japan(オレンジ・ジャパン)

  • 4
    アイテムID:4984615の画像

    WEDS(ウェッズ)

  • 5
    アイテムID:4984631の画像

    Henhaoro

  • 6
    アイテムID:4984770の画像

    CAREUD

  • 7
    アイテムID:4985598の画像

    Jelkuz

  • 8
    アイテムID:4984695の画像

    NOYOC

  • 9
    アイテムID:4985893の画像

    Carledlight

  • 10
    アイテムID:4984717の画像

    メーカー不明

  • 商品名
  • ZUS AccurateTemp スマートタイヤ安全モニター
  • TPMS タイヤ空気圧モニタリングシステム
  • TP Checker P405B スポーツモデル
  • TPMS MIDDLE RANGE 0052867
  • TPMS タイヤ空気圧監視システム
  • TPMS U903Z
  • TPMS
  • TPMSタイヤ空気圧センサー
  • TPMS タイヤ空気圧モニタリングシステム
  • 空気圧センサー
  • 特徴
  • 空気圧と温度をスマホで監視
  • お求めやすく配置しやすいTPMS
  • 日本向けに開発されたTPMS
  • ミドルレンジの車にも対応可能
  • ドイツ製チップ採用のバルブセンサー式
  • アラート機能を備えたシガーソケット給電式
  • 窓にも取り付けられるヘッドアップ式モニターTPMS
  • 中小型車に対応する汎用型TPMS
  • アラート機能も備えた標準的なTPMS
  • 取付け簡単で基本を押さえたTPMS
  • 価格
  • 13900円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 36778円(税込)
  • 10999円(税込)
  • 8120円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 5899円(税込)
  • 5580円(税込)
  • 3370円(税込)
  • 商品パッケージの寸法
  • 8.5x3.8x1.7cm
  • 184 x 133 x 46 mm
  • 197 x 170 x 67 mm
  • 200 x 200 x 150 mm
  • 250 x 168 x 62 mm
  • 224 x 164 x 72 mm
  • 182 x 132 x 46 mm
  • 231 x 132 x 59 mm
  • 160 x 124 x 66 mm
  • センサー部サイズ
  • 21x18mm
  • 58×24×11mm(バルブ&スクリュー含む)
  • 20 x 17 mm
  • センサー部バッテリー
  • リチウム電池 CR1632
  • CR1632電池
  • CR1225
  • CR1632電池(付属)
  • 1 Lithium Polymer 電池(付属)
  • レシーバー部サイズ
  • 38x85mm
  • 85 x 95mm
  • 61×42×12 mm
  • 93 x 42 mm
  • 38 x 80 x 82 mm
  • 94 ×79 × 26mm
  • 重量
  • 33 g(本体)
  • 240 g(発送重量)
  • 395 g(発送重量)
  • 2 Kg(発送重量)
  • 340 g(発送重量)
  • 581g(発送重量)
  • 222 g(発送重量)
  • 299 g(発送重量)
  • 558 g(発送重量)
  • 240g(レシーバー部)
  • 使用可能温度範囲
  • -40℃ - 125℃(センサー)
  • -40℃ - 80℃
  • -40℃ - 125℃
  • -25℃ - 75℃(本体)
  • -40℃ - 70℃
  • -20℃ - 85℃(本体)
  • -40℃ - 80℃
  • -40℃ - 80℃(センサー)
  • -40℃ - 80℃

まとめ

TMPSのおすすめ製品を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ネット通販が可能な商品を取り上げましたが、これ以外にもタイヤショップで販売されるタイヤメーカーの商品などもあります。車の安全に関わる大事なアイテムなので、ご自身に最適な製品を見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ