記事ID136554のサムネイル画像

【おしゃれに決まる】ローファーのおすすめ人気商品ランキング10選

ローファーとは、普段使いからビジネスや学生など、色々な場面で活躍する靴の一種になります。意外におしゃれで色々なデザインのものがあるので、この機会にチェックしてみては、いかがでしょうか。そこで今回は、おすすめのローファーをご紹介します。

ローファーで、おしゃれに足元を決めましょう。

ローファーとは、紐が付いていないタイプのシューズになります。簡単に説明すると、スリッポンのような形状になっていて、革で作られています。スムーズに着脱が行え、普段使いからビジネスや学校など、あらゆる場面で活躍します。

踵が低いものが多く、男女共に履けるので、1足持っていくと良いでしょう。といっても、選び方が分からない方も多いですよね。そんな方のために、選び方もご紹介するので、是非この機会にお気に入りの商品を見つけましょう。

そこで今回は、おすすめのローファーをご紹介します。色々なメーカーから販売されているので、自分に合ったものを探しましょう。デザイン性に優れた商品も多いので、きっと素敵な一足と出会えるはずです。

ローファーの選び方

形状で選ぶ

色々な形状のものが販売されているので、使うシーンや好みによって、適切なものを履きましょう。

ペニーローファーを選ぶ

ペニーローファーとは、革のサドルストラップに、切り込みの入ったタイプになります。このタイプのものは、2つの作りがあり、フラットストラップと呼ばれる、サドルストラップの両端が、平面的に裁断されているタイプのものがあります。

 

もう一つは、ビーフロールと呼ばれる、サドルストラップの両端を縫われたタイプがあります。このタイプのローファーは、色々な場面で使用できるので、1足持っていると便利です。

 

また、一番シンプルなデザインで、且つオーソドックスなタイプなので、ビジネスなどにも最適です。

ビットローファーを選ぶ

ビットローファーとは、甲部分に馬具を模した、飾り金具が付いているタイプになります。金具がアクセントになるので、シンプルすぎず足元をすっきりと見せてくれます。また、スーツスタイルでも、カジュアルスタイルでも合わせられ、汎用性の高さも魅力となっています。

 

ローファーには、靴紐などなく、少し物足りなさを感じる方もいますが、こういった金具が備わっていることでカバーをし、さらにおしゃれな足元へと導いてくれます。

タッセルローファーを選ぶ

タッセルローファーとは、甲の部分に、房があしらわれたタイプになっています。ビットローファーとは違い、金具ではなくローファーと同じ素材で作られた、飾りが付いているものが多いです。

 

ローファーそのものは、カジュアルシューズとしての印象が強いですが、このタイプは少し落ち着いた雰囲気を出してくれます。そのため、シンプルながらおしゃれで、ドレッシーな雰囲気を出してくれます。実際にアメリカでは、弁護士が履いているなど、ビジネスでも活躍するタイプです。

素材で選ぶ

素材によってお手入れの方法や、ケアの頻度が異なるので、扱いやすいものを選ぶと、ストレスなく使用できます。

レザー素材を選ぶ

主に使われているローファーの素材として、レザーがあります。レザーには合皮と本革があります。合皮は、フェイクレザーともいわれ、耐久性があり汚れにも強い特徴があります。また、軽量なので比較的足に負担がかかりにくく、快適に履けるメリットがあります。

 

ただし、高温多湿になると劣化するので、長期保存には向いていません。一方で本革は、使う度に味が出て、足にも馴染みます。また、持ちが良いので、長く使えるメリットがあります。ただし、定期的にお手入れを行わないと、履けなくなるので注意しましょう。

 

このように、レザーといってもそれぞれ特徴が異なるので、使いやすい方を選ぶようにしましょう。ただし、長期間何もせず保管していると、ボロボロになることがあるので、買い占めや辞めましょう。

スエード素材を選ぶ

スウェード素材とは、革の一種で、革の内側をサンドペーパーなどで起毛させて作ったものになります。以前までは、子羊の皮で作られているものが主流でしたが、現在では子牛の皮で作るのが主流となっています。

 

スエード素材のローファーは、オンオフ使え、おしゃれな雰囲気を演出してくれる便利な素材です。ただし、汚れが付きやすい特徴があるので、定期的なお手入れが必要になります。

 

ただし、間違ったブラッシングによって、毛足を痛めて色が薄くなったりと、他の素材のものに比べて、ダメージを受けやすい素材です、そのため、正しいお手入れ方法を確認し、大切に取り扱う必要があります。

デザイン・機能性で選ぶ

デザインや機能性によって、スタイルや履き心地が変わるので、こだわって選びましょう。

デザインで選ぶ

おしゃれは足元からといった言葉があるように、シューズはコーディネートを固める役割を果たします。なので、カラーにはこだわって選びましょう。通勤や通学など、改まった場所で使用する場合は、無難なブラックやブラウンがおすすめです。

 

社会のマナーを守りつつも、シックにスッキリと足をまとめることができます。一方おしゃれで履く場合は、グレー・レッド・ネイビーなど、色物を合わせてみましょう。カラーによって、見え方も変わってくるので、好みのスタイルのものを選ぶと良いと思います。

 

例えば、足を長く見せたい場合は、靴のカラーをボトムスと合わせたり、アクセントを付けたい場合は、ビビッドカラーをさし色として合わせてみましょう。難易度は上がりますが、ホワイトカラーを合わせると、よりおしゃれに決まります。

機能性で選ぶ

一日中快適に履くためにも、機能性にもこだわってみましょう。抑えておきたいポイントとして、ホールド性・軽量性・グリップ性・通気性があります。しっかりと足にフィットしないと、靴づれなどを起こしてしまいます。

 

また、ぶかぶかでは歩きづらいので、時前に足の寸法を測ったり、実際に履いてみましょう。また、シューズ自体が重いと、かなり足に負担がかかります。なので、重さにも注目し、できる限り軽いものが最適です。また、グリップ性がないと、滑りやすくなるので注意しましょう。

 

足元が滑りやすいと、かなり危険になるので、重要なポイントです。さらに、シューズの中は、実は湿気が溜まりやすい場所なので、通気性も重要です。特に長時間履いたままでは、ムレて肌トラブルを起こすことがあります。

サイズ・価格で選ぶ

時前に寸法を測っておくことで、適切なサイズのものが選べます。また、価格で左右されず、機能性などもチェックしておく必要があります。

サイズで選ぶ

正しいサイズのものを選ぶためにも、測り方を把握しておきましょう。シューズを測る場合は、足長・足幅・足囲が必要になります。足長は、踵から指の一番長い所までを計ります。足幅は、親指の付け根の骨が出っ張った所から、小指の骨が出っ張った所を測ります。

 

足囲は、親指の付け根と小指側の付け根の一番出っ張っている骨をポイントに置き、ぐるりと囲んだ長さになります。時前に測っておくことで、適切なものを選ぶことができるでしょう。

 

ただし、商品によってサイズは異なるので、商品詳細をチェックしておきましょう。特に通販で購入する場合は、小さめに作られている場合があります。そのため、ロコミなども見ながら、選ぶことをおすすめします。

価格で選ぶ

ローファーはメーカーや商品によって、価格に差があります。高品質な素材を使用していたり、作りがしっかりとしているものであれば、それなりのお値段がします。なので、まずはどのぐらいの予算ないのものをお探しなのか、決めておくと良いでしょう。

 

気に入ったメーカーなどがあるようでしたら、メーカーに絞って選ぶのも、良いと思います。ただし、お値段が高いといっても、優れた商品とは限らないので、必ず機能性なども確認しておきましょう。そうすることで、間違いなく購入できます。

 

もし合うか合わないか分からない場合は、返品や交換サービスがある商品がおすすめです。コストをできる限り抑えるためにも、サービスの有無をチェックしておきましょう。

シーンで選ぶ

ローファーの形状によって、適切な使い方が異なるので、シーンに合ったものを選びましょう。カジュアルシーンで履く場合は、ペニーローファーが最適です。このタイプのものは、クセが少ないデザインの商品が多く、コーディネートがしやすい特徴があります。

 

また、ビジネスシーンや、スーツなどのジャケットやパンツスタイルの場合は、タッセルローファーがおすすめです。すっきりと見せてくれるだけでなく、清潔感も与えてくれます。

 

このように、ローファーの形状によって、印象も変わるので、シーンに応じて適切なものを選びましょう。

ローファーのおすすめランキング10選

第10位

アミアミ

ビットローファー CX2405B

価格:2,669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

負担がかからないように、クッション性に優れています。

柔らかく仕上げているので、硬くて痛いといった、心配もありません。踵部分には、クッションをつけているので、さらに履き心地がアップしています。足に負担がかからないように、二層の低反発インソールが備わっているので、長時間履いても快適です。

 

デザインは、大人で落ちついた雰囲気を出してくれるので、子供っぽくならず、コーディネートもしやすくなっています。足に優しいふかふかな履き心地で、ストレスがかかりません。

 

クッションが柔らかく、疲れにくいといった、ロコミが挙がっていました。カラーバリエーションが豊富なので、スタイルに合わせて自由に組み合わせが行えます。

サイズ22.5~25.0cm重さ-
対象レディースヒール2cm
素材合成皮革
第9位

ジーエイチバス

タッセルローファー レキシントン bass-d-lexinon

価格:20,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルながら、綺麗な足元にしてくれます。

履き口を一周するレースが、バンプ部分でタッセルとなっているので、おしゃれに決まります。素材は、ボックスレザーと呼ばれる、柔らかなクロムレザーを採用しているので、履き心地が抜群です。

 

また、手縫いのモック構造となっていて、衝撃吸収性に優れたラテックスインソールが施されているので、足に負担がかかりにくくなっています。

 

履き心地も良く、快適といった、ロコミが挙がっていました。ビジネスシーンやトラディショナルスタイルにはもちろん、カジュアルコーデにもおすすめです。

サイズ25.5~28.5cm重さ-
対象メンズヒール-
素材フェイクレザー
第8位

ピカピカショー

タッセルローファー 

価格:6,610円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光沢で見た目が良く、色々なコーディネートが楽しめます。

アッパーには美しい光沢を放つスムースレザーを使用し、高級感を演出しています。アウトソールには、ラバーを取り入れることで、滑りにくく、安定した歩行をサポートしてくれます。

 

また、ヒールは高すぎず、歩きやすい高さに設定されているので、長時間履いても疲れにくくなっています。

 

靴底に柄があるので、違和感なく履けるといった、ロコミが挙がっていました。デイリーユースにピッタリの気軽に履け、コーディネートが自由に行えます。様々なスタイルに合わせられるので、より楽しくお出かけができます。

サイズ22.5~25.5cm重さ998g
対象レディースヒール2.5cm
素材牛革・ゴム
第7位

アンバイルシウス

ペニーローファー APT309-5

価格:5,630円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスの取れたデザインで、シルエットを綺麗に見せてくれます。

シンプルなデザインに、長すぎず丸すぎないロングノーズで、絶妙なシルエットを演出します。編み紐とUチップは、よりリッチな印象を出してくれます。

 

このローファーは、綺麗めなスタイリングから、カジュアルまで幅広いスタイルに、対応しているので、履きやすくおすすめの商品です。

 

色も形も良く、ラフに履けるといった、ロコミが挙がっていました。スエード素材で、柔らかな質感が特徴となっています。

サイズ24.5~28.0cm重さ-
対象メンズヒール2.5cm
素材フェイクレザー
第6位

MAZU

タッセルローファー mzbtz018A

価格:4,253円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サッと履けるので、脱ぐシーンがあっても楽ちんです。

紐靴を結ぶ必要がないので、気軽に着脱ができ、おすすめのローファーです。ビジネスシーンにとどまらず、あらゆる場面で活躍します。

 

サイズは、普段履くサイズと同じものを選ぶことで、しっかりとフィットし、脱げてしまう心配がありません。

 

サイズ通りの大きさで、コスパが良いといった、ロコミが挙がっていました。おしゃれな飾り付きで、ちょっとしたアクセントにもなります。

サイズ24.0~27.0cm重さ-
対象メンズヒールフラット
素材PUレザー・牛革
第5位

ウィルソン

ビットローファー P5P1F

価格:4,536円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップ性や伸縮性に優れ、滑りやすい場所でも安心です。

機能なローファーでエア入りのインヒールが搭載されているので、ビジネスに最適となっています。ヒールは約3.2cm程度となっていますが、インヒールが約2,8cmあるので、包茎6cm高く見せ津ことができます。

 

インソールには、エア入りの衝撃吸収クッションが搭載されていて、屈曲性も高くなっているので、足に負担がかかりにくく、履き心地が抜群です。履きづらさもないので、プレゼントとしてもおすすめです。

 

機能性が充実しているので、かなり楽に歩けるといった、ロコミが挙がっていました。アウトソールには、凹凸が激しくタイヤの表面のような形状の、ハイグリップソールを採用しているので、安定した走行ができます。

サイズ24.5~27.0cm重さ-
対象メンズヒール3.2cm
素材フェイクレザー
第4位

シェリーラヴ

ヴァンプローファー 

価格:11,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クオリティーが高く、機能性にも優れています。

靴底はゴム製となっているので、高い耐磨耗性を発揮します。また、靴底は摩擦に強くなっているので、劣化しにくく長く履くことが可能です。作りもしっかりしていて、丁寧に作られていて、美しい見た目を楽しめます。

 

さらに、表面にはたくさんの気孔が備わっているので、通気性にも優れています。よって、ムレにくく、湿気がこもりやすい時期にもおすすめの、ローファーとなっています。

 

クオリティが高く、痛みなどを感じることもなくストレスフリーといった、ロコミが挙がっていました。インソールは柔らかくなっているので、クッション性を果たし、痛みを感じてしまう心配がありません。

サイズ24.0~27.0cm重さ-
対象メンズヒールフラット
素材レザー
第3位

HARVAR

ペニー厚底ローファー MK85

価格:1,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンプレックスを隠すこともでき、ストレスフリーです。

人気の厚底ローファーで、おしゃれ度がさらにアップします。身長が小さいなどのコンプレックスも、解消することができ、楽しくお買い物などを行えます。

 

また、可愛いストーム入りローファーで、疲れにくく、美脚効果も備わってます。足を美しく長く見せてくれるので、スタイルアップにも繋がります。

 

シルエットを綺麗に見せてくれるので、とても助かるといった、ロコミが挙がっていました。可愛いさと機能性が備わっていて、履きやすくて、コスプレなどにも最適です。

サイズ22.5~25.0cm重さ1kg
対象レディースヒール6cm
素材フェイクレザー
第2位

HARUTA

ペニーローファー トラディショナル 6550

価格:5,775円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れに手間がいらず、高級感溢れるデザインです。

学生の方を中心に、年代を超えて愛用されている商品となっています。学校など、通学用としてもおすすめです。また、人工皮革を使用しているので、お手入れに手間がかからず、高級感を演出しています。

 

ソフトな質感なので、長時間着用しても疲れにくく、ストレスを感じることもありません。さらに、 アウトソールには滑りにくく丈夫な、底材を採用しているので、歩きやすく安心して履くことが可能です。

 

お手入れが楽で、サッと履けるので、かなり便利といった、ロコミが挙がっていました。初めてローファーを履く方にも、おすすめの商品です。

サイズ23.0~30.0重さ998g
対象メンズヒール3cm
素材合成皮革
第1位

HARVAR

ペニーローファー MK48

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いシーンで活躍し、抗菌・消臭効果で快適です。

履きやすくてシンプルなデザインで、すっきりとした足元にしてくれます。また、この商品は、抗菌・消臭効果を発揮し、ムレにくいので快適に使用できます。

 

さらに、スクールローファーとしても使え、フォーマルスタイルなど、あわゆる場面でも活躍します。幅広いサイズが揃っているので、お子さんにも履いていただけます。

 

ぴったりと足にフィットするので、履き心地が良いといった、ロコミが挙がっていました。リーズナブルな価格ながら、機能性に優れています。

サイズ19.0~25.4cm重さ998g
対象レディースヒール2.5cm
素材フェイクレザー

ローファーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4982223の画像

    HARVAR

  • 2
    アイテムID:4982226の画像

    HARUTA

  • 3
    アイテムID:4982399の画像

    HARVAR

  • 4
    アイテムID:4982401の画像

    シェリーラヴ

  • 5
    アイテムID:4982409の画像

    ウィルソン

  • 6
    アイテムID:4982449の画像

    MAZU

  • 7
    アイテムID:4982444の画像

    アンバイルシウス

  • 8
    アイテムID:4982422の画像

    ピカピカショー

  • 9
    アイテムID:4982430の画像

    ジーエイチバス

  • 10
    アイテムID:4982418の画像

    アミアミ

  • 商品名
  • ペニーローファー MK48
  • ペニーローファー トラディショナル 6550
  • ペニー厚底ローファー MK85
  • ヴァンプローファー 
  • ビットローファー P5P1F
  • タッセルローファー mzbtz018A
  • ペニーローファー APT309-5
  • タッセルローファー 
  • タッセルローファー レキシントン bass-d-lexinon
  • ビットローファー CX2405B
  • 特徴
  • 幅広いシーンで活躍し、抗菌・消臭効果で快適です。
  • お手入れに手間がいらず、高級感溢れるデザインです。
  • コンプレックスを隠すこともでき、ストレスフリーです。
  • クオリティーが高く、機能性にも優れています。
  • グリップ性や伸縮性に優れ、滑りやすい場所でも安心です。
  • サッと履けるので、脱ぐシーンがあっても楽ちんです。
  • バランスの取れたデザインで、シルエットを綺麗に見せてくれます。
  • 光沢で見た目が良く、色々なコーディネートが楽しめます。
  • シンプルながら、綺麗な足元にしてくれます。
  • 負担がかからないように、クッション性に優れています。
  • 価格
  • 1490円(税込)
  • 5775円(税込)
  • 1850円(税込)
  • 11400円(税込)
  • 4536円(税込)
  • 4253円(税込)
  • 5630円(税込)
  • 6610円(税込)
  • 20100円(税込)
  • 2669円(税込)
  • サイズ
  • 19.0~25.4cm
  • 23.0~30.0
  • 22.5~25.0cm
  • 24.0~27.0cm
  • 24.5~27.0cm
  • 24.0~27.0cm
  • 24.5~28.0cm
  • 22.5~25.5cm
  • 25.5~28.5cm
  • 22.5~25.0cm
  • 重さ
  • 998g
  • 998g
  • 1kg
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 998g
  • -
  • -
  • 対象
  • レディース
  • メンズ
  • レディース
  • メンズ
  • メンズ
  • メンズ
  • メンズ
  • レディース
  • メンズ
  • レディース
  • ヒール
  • 2.5cm
  • 3cm
  • 6cm
  • フラット
  • 3.2cm
  • フラット
  • 2.5cm
  • 2.5cm
  • -
  • 2cm
  • 素材
  • フェイクレザー
  • 合成皮革
  • フェイクレザー
  • レザー
  • フェイクレザー
  • PUレザー・牛革
  • フェイクレザー
  • 牛革・ゴム
  • フェイクレザー
  • 合成皮革

まとめ

今回は、おすすめのローファーをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。おしゃれなものも多いので、この機会に一度履いてみましょう。カジュアルな足元になるので、コーディネートしやすく、手軽におしゃれを楽しめますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ