記事ID136546のサムネイル画像

【安全】バイクツーリングアイテムのおすすめ人気商品ランキング10選

バイクツーリングを行う際には、必ず安全に配慮しないといけません。というのも、露出がかなりあるので、乗用車とは違い、転んでしまうと大事故に繋がります。そうならないためにも、今回はおすすめの、バイクツーリングアイテムをご紹介します。

バイクツーリングアイテムで、安全に楽しみましょう。

初めての方は特に、バイクでツーリングを行う際は、しっかりと安全が確保できるアイテムを装備して、運転することが大切になります。必要最低限の、ヘルメット・手袋などから、その他にも色々なアイテムがあるので、この機会に購入しましょう。

といっても、何を揃えるべきなのか、迷う方も多いですよね。そんな方のためにも、色々な商品や、選び方もご紹介するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。楽しむ以前に、安全が確保できなければ、運転はしないようにしましょう。

そこで今回は、おすすめのバイクツーリングアイテムを、ご紹介します。色々なアイテムがあるので、是非チェックしてみてください。細かい部分まで確かめておくことで、長くお使いいただけます。安全装備を確実に行い、楽しいツーリングにしましょう。

バイクツーリングアイテムの選び方

アイテムで選ぶ

バイク用のアイテムは、色々なものがあるので、一つ一つ慎重に選ぶようにしましょう。

ヘルメットを選ぶ

バイクを乗る際は、必ずヘルメットが必要になります。バイク用ヘルメットには、フルフェイスタイプ・ジェットタイプ・ハーフキャップタイプなどがあります。フルフェイスタイプは、顔全体を覆うことができ、転倒した場合でも、一番保護性が高くなっています。

 

なので、高速道路など危険が多い場所にも最適です。ジェットヘルメットは、顔部分が開くタイプで、シールドを上げて走れば、風を感じたりと、開放感があります。ハーフタイプよりも覆われている部分が大きいので、こちらも安全性が高いタイプになります。

 

ハーフキャップヘルメットは、覆う部分が頭部の一部分だけのタイプで、軽量で開放感がある特徴があります。ただし、他のタイプよりも、安全性が低いので、街乗り用におすすめです。ただし、それぞれデメリットもあるので把握しておきましょう。

グローブを選ぶ

バイク用のグローブは、手を保護するために必要なアイテムなので、しっかりと手の先まで覆えるものを選びましょう。バイクを素手で運転すると、転倒した時に、骨折などの大怪我に繋がることがあります。また、マメができやすいので、必ずグローブを装着するようにしましょう。

 

グローブを選ぶ際は、素材に注目してみてください。レザーであれば、耐久性や操作性に優れているので、運転もしやすく、安全性も高いメリットがあります。さらに、伸縮性やグリップ力が高いものもあり、長く使う度に味がでる素材でもあります。

 

また、ゴアテックス素材であれば、防水性や防風性に優れていて、さらに通気性もあるので、快適に使用できます。とはいっても、防寒対策としては良いですが、夏場はムレてしまうことがあるので、季節に応じて適切なものを選びましょう。

洋服を選ぶ

通勤や通学の場合が特に、雨や雪などが降っている最中でも、運転しなければいけません。そんな時のために、特化して作られたものがあるので、買い揃えておきましょう。レインウェアであれば、防水性・撥水性の高いものがおすすめです。

 

また、アジャスター付きのものであれば、自分の体にフィットさせることができるので、より安全に運転が行えます。寒さ対策として着用する場合は、裏起毛になっているものや、暖かさを持続できるものを選びましょう。

 

寒さは手が上手く動かせないなど、運転に支障を出してしまうことがあるので、万全の対策が必要になります。また、転倒した際に、かなりの大怪我になるので、露出はせず、長袖・長ズボンで運転を行いましょう。プロテクターが入っていると、より安心してツーリングが楽しめます。

バッグを選ぶ

ツーリングをする際は、アウトドアを楽しんだりと、比較的遠征をされる方が多いです。そのため、荷物の置き場に困りますよね。そんな時は、バイク用のバッグを活用しましょう。主に、ウエストタイプ・リュックタイプがあります。

 

ウエストタイプは、少量の荷物を入れたり、必要最低限のものを、手軽に持ち運びたい時におすすめです。腰回りに取り付けることで、荷物の出し入れがしやすいメリットがあります。

 

また、リュックタイプは、泊りがけでのツーリングや、出勤時など、荷物が多い場合に最適です。肩に担ぐので、両手が空き、安心して運転が行えます。さらに、ヘルメットを収納できる大きいものもあるので、盗難防止にもなり便利です。

安全性で選ぶ

安全性をより高めるためにも、プロテクターを活用しましょう。また、盗難防止のために、アイテムを使用したり、保険に加入しておくことをおすすめします。

プロテクターを選ぶ

より安全に運転をツーリングを行う場合は、プロテクターを活用しましょう。プロテクターとは、衝撃があった際に、その衝撃を最小限に抑えることができるアイテムです。バイク用プロテクターには、多くの種類があります。

 

主に大肘・膝・胸部・腹部などの、プロテクターが多く販売されています。実は、バイク事故による死因の4割は胸部・腹部への損傷が原因となっています。そのため、胸部・腹部のプロテクターを装着することで、より事故の衝撃を抑えることができます。

 

色々なメーカーから販売されていますが、ほとんどの商品があまり目立たないものばかりなので、手軽に装着することが可能です。プロテクターの装着は義務でないですが、万が一のために買い揃えておきましょう。

盗難防止で選ぶ

サービスエリアなどで、ちょっとバイクから目を離した隙に、盗難に遭うことがあります。そのため、しっかりと盗難防止アイテムを装着しておきましょう。一番いい方法は、当然バイクから離れないことです。といっても、一人旅などでは、なかなかそうもいきません。

 

その際には、ガレージやバイクカバーを活用しましょう。また、鍵は挿しっぱなしにせず、必ず抜きましょう。盗難防止チェーンなども使用することで、大きな効果を得られます。中には、振動を感知して警報音が鳴るタイプのロックもあるので、色々なものを見てみましょう。

 

さらに、バイクが万が一盗難に遭った際に、保険で解決できるサービスがあります。これは、新しいバイクの購入代金や、バイクが見つかった場合の修理代金を保証してくれるというサービスです。こういったサービスに加入しておくだけでも、かなり安心できますよ。

サイズ・機能性で選ぶ

適切なサイズでなければ、転倒した際に装着している意味がなくなるので、必ず自分にフィットするものを選びましょう。また、機能性が高いと、それだけ運転もスムーズに行えます。

サイズで選ぶ

せっかくツーリング用のアイテムを購入しても、しっかりと体にフィットしなければ意味がありません。特にヘルメットは、転倒した際に外れるようでは、保護ができず意味がありません。

 

正確なサイズを測る方法として、まず左右の出っ張りを確認し、次に額と後頭部の出っ張りを確認します。最後に、額と後頭部の出っ張り部分を結ぶように周囲をメジャーで測ります。正確なサイズでないと、しっかりと頭を守れないので、サイズ選びは慎重に行いましょう。

 

グローブや洋服も、自分のサイズに合ったものを選ぶ必要があります。といっても、メーカーや商品によってそれぞれ大きさが異なるので、実際に試着してみましょう。難しい場合は、ロコミなども参考にしながら選ぶと良いと思います。

機能性で選ぶ

防水性・伸縮性・耐久性など、安全に楽しくツーリングを行うためにも、機能性にも注目しておく必要があります。特に耐久性は、体を保護する機能なので、特に重要なポイントです。商品の作りは甘くないかをチェックし、ロコミなども参考にしましょう。

 

また、急な雨にも耐えれるように、防水性も大切です。雨は商品を劣化させてしまう原因にも繋がるので、できる限り防水性があるものを選びましょう。伸縮性は、体を動かす際に、とても重要です。

 

というのも、バイクは膝や肘を曲げたりするので、伸縮性がないと窮屈になります。このように、機能性が高いほど運転もしやすくなるので、チェックしておきましょう。

コスト・デザインで選ぶ

機能性が高いと、それだけ価格も高くなります。ただし、どの商品も高いからと、優れているとは限りません。送料などが加算されていることで、高くなっている場合があります。なので、必ず機能性などをしっかりと確認し、お値段と見合っているのかを確かめましょう。

 

また、デザインも重要です。夏場と冬場では、かなり気温が違います。季節に合っていないものを使用すると、ムレたりと肌トラブルが起きやすくなるので、季節に合ったものを使用しましょう。

バイクツーリングアイテムのおすすめランキング10選

第10位

QIHANG

胸部プロテクター 

価格:3,655円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃を抑え、メッシュを採用しているので、通気性が抜群です。

軽いくて薄く、衝撃吸収性と通気性に優れる、積層繊維織を内蔵しています。よって、転倒しても衝撃を最小限に抑えることができるので、安心してツーリングが行えます。

 

さらに、ベルトが調整できるので、様々なスタイルに合わせて使用することが可能です。しっかりと、全面的な保護を提供します。

 

フィット感が良く、違和感なく装着できるといった、ロコミが挙がっていました。 全ての箇所にメッシュが備わっているので、通気性が抜群でムレません。

サイズM・L重さ640g
素材プラスチックシェルアイテムプロテクター
特徴通気性・ベルト調節可能
第9位

エルフ

バイク用レインスーツ ELR-3291

価格:8,424円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かっこよく決まり、収納袋付きで持ち運びも行えます。

この商品は、高い技術とテクノロジーで、信頼の高いモータースポーツブランドから誕生しました。デザイン性にも優れ、かっこよく決まるので、急な雨にも安心です。

 

また、ライダーの求める機能・素材・フォルムを随所に反映したデザインで、豊富なカラーバリエーションを取り揃えています。よって、シーンを選ばず使えおすすめのバイクツーリングアイテムです。

 

品質が高いので、破れにくいといった、ロコミが挙がっていました。収納袋が付属で付いてくるので、雨のために常に持ち運ぶことをおすすめします。小さく折り畳めるので、邪魔になりません。

サイズM・L・LL・3L・4L重さ-
素材ナイロン・ポリエステルメッシュアイテムレインウェア
特徴耐圧・耐水性
第8位

タナックス

モトフィズ MFK-139

価格:14,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量が増やせるので、急に荷物が多くなっても安心です。

2気室と容量可変機能によって、使い方自由自在です。用途によって使い分けの利くシートバッグなので、色々な場面で大活躍します。また、しっかりとした作りになっているので、型崩れなどの心配がありません。

 

さらに、選べる2つの取り付け方法により、多くの車種に取り付けが可能です。専用レインカバーを標準装備しているので、急に雨が降っても安心して、ツーリングが行えます。

 

バイクを選ばず装着できるので、とても使ってが良いといった、ロコミが挙がっていました。ファスナーひとつで素早く容量が増やせるので、荷物が多い日でも、少ない日でも自由に使用できます。

サイズ260×270×340mm・18~25L重さ1.82kg
素材600Dナイロンアイテムバッグ
特徴2way・Wデッキ構造
第7位

マック

DUALONE AS-8000

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い機能性を発揮し、ペラペラならず長時間走行にも便利です。

機能性と防水力を徹底的に追及し、遊びでも作業でも両方使える商品となっています。フード部分は、長つばが顔への雨を軽減し、クリアな視界を確保します。もちろん、使用しない時は、折り畳むことが可能です。

 

また、マジック調節を二の腕・袖口部分・パンツ裾部分に装備しているので、ペラペラならず快適に着用できます。ウェア内の換気と走行時のエアー抜きとしても活躍するので、便利でおすすめのバイクツーリングアイテムです。

 

長時間の運転にも最適で、今までで一番良い商品といった、ロコミが挙がっていました。反射プリントが備わり、安全性がさらに向上しています。内股部分は、従来より約3倍の防水力を発揮します。

サイズS・M・L・LL・EL重さ-
素材ポリエステル100%・PVCラミネート・メッシュアイテムレインウェア
特徴防水性・反射プリント仕様
第6位

ヤマハ

ジェットバイクヘルメット YJ-14

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

UVカット効果もあり、お肌のシミなども防止できます。

お手頃価格ながら、充実した機能性を装備しています。ツーリング以外にも、ちょっとしたお買い物にも最適で、サンバイザーが太陽の光を抑えてくれます。

 

また、強靭なポリカーボネイトを採用したサンバイザーなので、視界を確保します。さらに、ワンタッチバックル式チンストラップを装備しているので、手軽に扱えます。

 

耐久性が高く、しっかりと頭にフィットするといった、ロコミが挙がっていました。内装部分は洗えるので、いつでも清潔に使用できます。 

サイズM・L重さ1.82kg
素材ポリカーボネイト・ABSアイテムヘルメット
特徴JIS規格対応
第5位

コミネ

セキュリティロック LK-120

価格:2,484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

盗難が分かりやすく、アラームで知らせてくれます。

振動を感知すると、警告音を発するアラーム付きの商品です。パッドロック型なので、ディスクロックとしてだけでなく、お手持ちのチェーンと組み合わせて、使用することも可能です。

 

さらに、アラーム機能はU字シャックルの差し込み方で、簡単にON・OFFを選択できます。生活防水仕様となっているので、ちょっとした雨にも対応しています。

 

コンパクトで電池の持ちが良いので、愛用しているといった、ロコミが挙がっていました。より長く使用したい場合は、2ヶ月に一度程度、鍵穴・シリンダー内部へ注油を行うと良いでしょう。

サイズ17x13.6x3.9cm重さ422g
素材-アイテムロック
特徴アラーム機能・生活防水仕様
第4位

バイクパーツセンター

ジェットバイクヘルメット 7203

価格:2,477円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性が高い商品で、雨などの侵入も防ぎます。

製品安全企画PSCマークと、SG規格適合品で、安全性がかなり高く、おすすめのバイクツーリングアイテムです。 コストパフォーマンスに優れたヘルメットなので、ツーリング以外にも、防災用としても活躍します。

 

また、スタイリッシュなデザインで、走行風によるヘルメットのリフトを抑えた、エアロダイナミック設計となっています。そのため、外れにくく快適に走行できます。

 

顎紐がワンタッチで便利で、サイズが少し小さめといった、ロコミが挙がっていました。シールドが顎変りまでしっかりカバーしているので、ダイレクトな風当たりや雨の侵入を防ぐ機能を発揮します。

サイズフリーサイズ重さ1.56kg
素材-アイテムヘルメット
特徴PSCマーク・SGマーク対応
第3位

Barrichello

スーパーロック ba-009

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

断線されにくいので、盗難防止に効果的です。

この商品は、従来のものよりも、さらにバージョンアップしています。極太ワイヤーPVCコートで、切断による盗難を抑⽌し、犯罪者から大切なバイクをしっかりと守ります。

 

鍵穴部分には防塵対策にシャッターを設けているので、砂埃などを防止します。いつでも綺麗で、長く使用していただけます。

 

防犯対策に大きく繋がるので、購入して良かったといった、ロコミが挙がっていました。長さは取扱いやすさを考えて、1200mmにし、スペアキーが3本付属しているので、紛失しても安心です。

サイズ30.9x26.9x7.1cm重さ948g
素材ナイロンカバー・ワイヤー・PVCコートアイテムロック
特徴防塵対策仕様
第2位

デイトナ

ゴートスキングローブ 76367

価格:4,536円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冬の防寒対策にもなり、グリップ性が高いです。

手の甲側・手の平側共にゴートスキンを使用しているので、暖かく中に風を通しません。そのため、冬場のツーリングも、寒さに左右され手軽に行えます。

 

また、手の甲側にナックルガードを配置し、転倒時のプロテクション効果を向上しています。ナックルガードは3つ山タイプのフローティング仕様で、便利でおすすめのバイクツーリングアイテムです。

 

真冬でも寒さ対策になり、耐久性もあるといった、ロコミが挙がっていました。レバー操作やグリップ操作時の、圧迫感を軽減しているので、スムーズなハンドル操作が行えます。

サイズS・M・L・XL重さ150g
素材ゴートスキン・合皮 アイテムグローブ
特徴グリップ性・アジャスター付き
第1位

モトフィズ MFK-100

価格:14,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい部分までこだわり、使い勝手がかなり良いです。

日帰りから一泊二日のツーリングに適した、バッグとなっています。さらに、本体両側ファスナーを開閉することで、容量を変更することが可能です。

 

この商品は、荷物を取り出しやすい大きな開口部で、上部には衣類やグローブなどの、積載に便利なホールディングコードを装備していて、使いやすさにこだわられています。

 

量もしっかりと入り、ホルダーもあるので、使い勝手が良いといった、ロコミが挙がっていました。下部がインナーフレーム構造になっているので、荷崩れしにくく安心です。

サイズ30x37x20cm・59〜75L重さ1.6kg
素材ポリエステルアイテムバッグ
特徴オープン・ホールディングコード装備仕様

バイクツーリングアイテムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4981948の画像

  • 2
    アイテムID:4981952の画像

    デイトナ

  • 3
    アイテムID:4981960の画像

    Barrichello

  • 4
    アイテムID:4981963の画像

    バイクパーツセンター

  • 5
    アイテムID:4981974の画像

    コミネ

  • 6
    アイテムID:4981990の画像

    ヤマハ

  • 7
    アイテムID:4981994の画像

    マック

  • 8
    アイテムID:4982004の画像

    タナックス

  • 9
    アイテムID:4982021の画像

    エルフ

  • 10
    アイテムID:4982038の画像

    QIHANG

  • 商品名
  • モトフィズ MFK-100
  • ゴートスキングローブ 76367
  • スーパーロック ba-009
  • ジェットバイクヘルメット 7203
  • セキュリティロック LK-120
  • ジェットバイクヘルメット YJ-14
  • DUALONE AS-8000
  • モトフィズ MFK-139
  • バイク用レインスーツ ELR-3291
  • 胸部プロテクター 
  • 特徴
  • 細かい部分までこだわり、使い勝手がかなり良いです。
  • 冬の防寒対策にもなり、グリップ性が高いです。
  • 断線されにくいので、盗難防止に効果的です。
  • 安全性が高い商品で、雨などの侵入も防ぎます。
  • 盗難が分かりやすく、アラームで知らせてくれます。
  • UVカット効果もあり、お肌のシミなども防止できます。
  • 高い機能性を発揮し、ペラペラならず長時間走行にも便利です。
  • 容量が増やせるので、急に荷物が多くなっても安心です。
  • かっこよく決まり、収納袋付きで持ち運びも行えます。
  • 衝撃を抑え、メッシュを採用しているので、通気性が抜群です。
  • 価格
  • 14580円(税込)
  • 4536円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 2477円(税込)
  • 2484円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 14580円(税込)
  • 8424円(税込)
  • 3655円(税込)
  • サイズ
  • 30x37x20cm・59〜75L
  • S・M・L・XL
  • 30.9x26.9x7.1cm
  • フリーサイズ
  • 17x13.6x3.9cm
  • M・L
  • S・M・L・LL・EL
  • 260×270×340mm・18~25L
  • M・L・LL・3L・4L
  • M・L
  • 重さ
  • 1.6kg
  • 150g
  • 948g
  • 1.56kg
  • 422g
  • 1.82kg
  • -
  • 1.82kg
  • -
  • 640g
  • 素材
  • ポリエステル
  • ゴートスキン・合皮
  • ナイロンカバー・ワイヤー・PVCコート
  • -
  • -
  • ポリカーボネイト・ABS
  • ポリエステル100%・PVCラミネート・メッシュ
  • 600Dナイロン
  • ナイロン・ポリエステルメッシュ
  • プラスチックシェル
  • アイテム
  • バッグ
  • グローブ
  • ロック
  • ヘルメット
  • ロック
  • ヘルメット
  • レインウェア
  • バッグ
  • レインウェア
  • プロテクター
  • 特徴
  • オープン・ホールディングコード装備仕様
  • グリップ性・アジャスター付き
  • 防塵対策仕様
  • PSCマーク・SGマーク対応
  • アラーム機能・生活防水仕様
  • JIS規格対応
  • 防水性・反射プリント仕様
  • 2way・Wデッキ構造
  • 耐圧・耐水性
  • 通気性・ベルト調節可能

まとめ

今回は、おすすめのバイクツーリングアイテムをご紹介しました。お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。有名なメーカーからもいくつか販売されているので、一度チェックしてみましょう。季節に応じたものを選択し、より快適に安全に運転を行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ