記事ID136543のサムネイル画像

【登山靴を選ぶポイントがわかる】おすすめ登山靴人気ランキング10選

山登りをするときに大切なのが登山靴。足に合わないものを履くと足トラブルの原因となり、せっかくの登山も楽しめませんよね。そこで今回は、失敗しない登山靴の選び方・選ぶ上で注意するポイントなどをまとめました。おすすめ登山靴も紹介しているので参考にしてみてくださいね。

自分に合った登山靴を見つけよう

登山靴と言っても、種類は様々です。登山する山や登山にかかる時間帯によって、靴選びを変えていく必要があります。登山靴は、登山をする目的でつくられた靴のため、普通のスニーカーとは大きな違いがあるのです。

 

まず、登山靴は足首が固定される作りのものが多いです。足首を固定することで捻挫などの怪我を防ぐことができるのですね。また、ソールの固さにも違いがあり登山場所によって適したものを選ぶ必要があります。

 

今回はおすすめの登山靴をランキング形式でご紹介しています。登山靴選びに迷っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

登山靴の選び方

登山靴は自分の足に合ったもの、そして行く登山場所に適しているものを選ぶことが大切です。思わぬ足の負傷を避けるためにも、自分に合った登山靴を選びましょう。

登山靴の種類

一言で登山靴と言っても、その種類は様々です。ここでは、大まかな種類とその特徴を見ていきましょう。

靴の使い分け方

普段から履く人の多いスニーカーや、ローカットシューズ。こちらの靴はソールが柔らかいのが特徴です。地面からの衝撃を受けやすい面があるので、整備された道を歩くときに適しています。本格的な登山には不向きです。

 

ハイキングシューズは、整備された登山道などを歩くときに適しています。足首の固定が柔らかいため、急な斜面などには不向きです。軽いハイキング目的の方にはおすすめですよ。

 

トレッキングシューズは登山に向いています。足首やソール部分が固めに作られており、凹凸のある登山道でも足に負担がかかりにくくなっています。自分がよく行く山道に合わせて靴を選ぶのが良いでしょう。

ロー・ミドル・ハイカット

登山靴にはローカット・ミドルカット・ハイカットの3種類があります。これは足首まで覆われているかいないかの違いです。ローカットは、足首が覆われていないモデルのため、歩く際の安定性は低いでしょう。ですが軽量で身軽に動けるのが特徴です。

 

ミドルカットは、足首の中間辺りまで覆われている靴です。ハイカットほど足首が固定されないため、足元が自由に動きやすいです。ソールも固すぎないため、軽い登山で使う際には、歩きやすい靴となります。

 

ハイカットは足首がしっかりと固定され、ソールも固いです。険しい登山道でも足場が安定して歩きやすいでしょう。長期登山など本格的な登山靴としてつくられているため、初心者にはやや重く固い生地に感じるかもしれません。

シーズンブーツ

標準的な登山靴を紹介してきましたが、中には冬の雪山登山を考えている方もいますよね。雪山専用の登山靴も多くの種類が展開されています。雪山用の登山靴には、保温材が含まれています。これによって、寒中でも足元を温める役割を果たしてくれるのですね。

 

また、雪が靴の甲にかかったときの冷え・濡れ対策として、甲部分は皮素材が使われているものが多いです。雪山登山靴にはアイゼンという氷の上で滑らないための金属爪をつけることができます。

 

アイゼンについている爪には本数があり、一般的なものだと10~12本です。のぼる山によって本数を変える必要があります。登山靴とアイゼンは装着時の相性があるため、試着してからの購入をおすすめします。

 

 

 

 

登山靴の値段

品質の良いものを選びたいけれど、高額なものには手が出ませんよね。最近ではリーズナブルで高品質なものも増えているそうです。登山靴の価格帯について見ていきましょう。

相場は大体1~3万円

登山靴の相場は大体1万円~3万円となっています。できる限り安いものを選びたい場合でも探してみれば1万円以下のものがあります。登山靴には各メーカーがありますが、有名なメーカーであるほど、価格は上がる傾向にあります。

 

ですがその分、耐久性などの質には優れているため手入れをしながら使うことにより、長く使うことができるでしょう。価格が1万円以下のものになると、耐久性の面で不安がありますよね。

 

その場合は長く使うことを望むよりも、傷んできたら取り換えるといった感覚で使うのが良いでしょう。値段も気になりますが、登山をする上では履き心地やサイズ感が自分に合っているのかを一番重視したいですね。

海外メーカーと国内メーカー

登山靴には国内や海外からのメーカのものも販売されています。海外メーカーのものはヨーロッパブランドのものが多く、中でもSCARPAGARMONTMAMMUTなどが人気です。海外メーカーでは作られている国により登山靴の特色が変わるのが魅力です。

 

例えばイタリア製のものであれば、おしゃれなデザインの登山靴が多い傾向にあります。ドイツ製のものは機能重視、イギリス製にものはフォーマルデザインであったりと、バリエーションが豊かですね。

 

国内メーカーだと、モンベルキャラバンシリオなどがあります。国内メーカーの登山靴は靴幅が広めで甲が高い作りになっています。日本人の足に合った靴を探しやすいでしょう。また、破損など何か問題が生じたときのケアも丁寧に行ってもらえます。

登山靴の買い替え時期

登山靴の寿命は大体3~5年と言われています。使用していない状態でも、靴は劣化していくので、登山中に靴が破けてしまったなんてことにならないよう、登山靴の買い替えポイントを見ていきましょう。

 

登山靴を購入したら、購入時期を箱などに記載しておきましょう。保管しているだけでも劣化しますが、高温多湿の場所や箱・ビニール袋に入れたままにしておくと余計劣化を早めてしまうので気を付けましょう。

 

靴ひもが切れかかっている、ソールが剥がれている・すり減っている、ひび割れしているなどの問題が見つかったときは、買い替えの時期となるでしょう。もしくは、購入店でソールの張替えなどの処置・修理を行ってくれる場合もあります。

登山靴の試着ポイント

登山靴を購入する際に、必ず必要な試着。何となく大丈夫そうだからという理由で選ぶのは危険です。試着時に気を付けるポイントをご紹介します。

メーカーやデザインで選ぶことは避ける

登山靴を購入する際に、格好良いデザインのものや人気メーカーのものというだけで選ぶことは避けた方が良いでしょう。メーカーにも色々とありますが、特に海外メーカーのものを選ぶ際にはサイズ感に気を付ける必要があります。

 

海外メーカーのものの殆どはヨーロッパで作られています。ヨーロッパで作られたものはヨーロッパ人の足型に合わせて作られているため、甲幅・つま先部分が細い作りになっているものが多いです。

 

少し窮屈さを感じたり、指があたるようであったりしたときは、違うものを試してみることをおすすめします。反対に国内メーカーのものは、国内でつくられている分、日本人の足型に合った作りのものが多いです。

自分の足のサイズを正確に知る

自分の足のサイズをよく知った上で登山靴は選ぶ必要があります。登山靴を選ぶ際にはまず、自分の足のサイズを測ってみましょう。自分で把握していたサイズと違っていることもあります。

 

登山用品店などショップに行くと、足のサイズを測る専用の計測器があります。自分で測ることもできますが、それよりも機械で計測してもらったほうが正確な数値がでるのではないでしょうか。

 

サイズの合っていない靴だと、靴擦れなどの怪我や重心のズレによる歩きにくさなどがおこります。登山靴を選ぶときは必ず足のサイズを測り、そのサイズに合った靴を試着しましょう。

試着の際は靴下を履いた状態で

登山靴を試着する際は、必ず靴下を履いたままの状態で行いましょう。できれば靴下も登山用の厚手のものだと良いでしょう。靴下の厚みを含めた上で、登山靴が足にフィットしているかを見てみましょう。

 

靴下は、登山用のものを持っているのであればそれをお店に持参していっても構いません。または、登山靴と一緒に登山用靴下も購入しても良いですね。

 

登山用品店に行った際は、知識のある店員さんに相談し一緒に選んでもらうと失敗することが少なくなるでしょう。その際は、どのような山に行くのか、歩く距離や時間なども伝えると、目的に合ったものを勧めてもらえますよ。

登山靴の人気ランキング10選

第10位

P.F.46

価格:19,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でフィット感良し・登山初心者にもおすすめ

着脱が楽な柔らかい履き心地。足へ自然とフィットしていくれるので、足元が軽く動きやすいですよ。フィット感とともに安定性にも優れているため、舗装されていない登山道でも歩きやすいでしょう。

 

幅広の設計が日本人の足型に合っているといった声も多いです。それでも自分の足には合わないということもありますから、試着は必須ですね。一般的な登山には十分な品質であるため、登山初心者の最初の一足としてもおすすめです。

 

靴の重さは非常に軽量化されているため、歩きやすさの面で十分な品質となっています。

靴幅3E+メイン素材ゴアテックス
ヒールの高さ8㎝
第9位

SCARPA(スカルパ)

キネシス

価格:22,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアメーカー・日本人向け設計

イタリアで作られている海外メーカー「スカルパ」。機能性はもちろんのことデザイン性も重視した登山靴を展開しています。スカルパの靴は海外メーカーであるとめ、足幅が狭め・つま先が細めの作りとなっていることが多いです。

 

その足型でも合う方であれば問題ないのですが、日本人には合わない方もいらっしゃいます。スカルパのキネシスはそういった日本人の足型に合わせた作りとなっています。日本人向けに作られているため、幅広の作りとなっており履きやすくなっていますよ。

 

性能面では、ハイキングや一般的な登山道を歩くのに適しています。価格もリーズナブルです。足の形が合わないことから海外メーカーを避けていた方などは試してみてはいかがでしょうか。

靴幅メイン素材ゴアデックス
ヒールの高さ
第8位

タホー プロ

価格:44,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能重視・丈夫な老舗メーカー

ドイツで作られた海外メーカーである「ローバー」。古い歴史をもつ人気メーカーであることからヨーロッパを初めとし愛用者が多いです。ローバーの特徴は機能面でのこだわりです。ソールや靴紐の留め具に至るまで緻密に工夫されてつくられています。

 

その中でローバーのタホープロは日本人向けに作られたものです。幅広で甲の高さはゆとりがあるようにされています。舗装されていない登山道や岩場でも安心して使うことができますよ。

 

丈夫な作りのため、海外の山や雪山でも使用可能です。本格的な登山まで考えている方にはおすすめの一足ですよ。

靴幅メイン素材ヌバックレザー+ゴアテックス
ヒールの高さ
第7位

MAMMUT(マムート)

ティー エナジー

価格:15,733円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性良し・見た目から入る方に

スイスでつくられた海外メーカー「マムート」。クライミングブランドとして様々な登山用品を展開しています。世界中の登山者から愛用されているものが多いです。

 

一般的な登山やハイキングなど、普段用として使うことができます。軽量化されたソールに、地面からの衝撃を和らげるインソールで足への負担が軽減されています。デザインもカラー展開が豊富でスマートな形状の靴はスタイリッシュですね。

 

オシャレですし、女性用のものも発売されているので、登山ウェアと合わせたコーディネートもしやすそうですね。ペアで揃えることもできます。

 

 

靴幅メイン素材ゴアテックス
ヒールの高さ
第6位

コロンビア(Columbia)

カラサワ2プラスオムニテック

価格:12,204円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水にしっかりと対応・濡れない、蒸れない

アメリカでつくられた海外メーカー「コロンビア」。スポーツウェアを中心に展開しており、知名度の高いメーカーとなっています。その中で、カラサワ2プラスオムニテックは、防水機能が突出しているのが特徴です。

 

雨雪の日でも、靴が水に濡れたり、しみたり、蒸れたりすることがありません。ぬかるみのある地面でもグリップがきくため、滑る危険を回避できます。ハイキングや登山、雪国での雪かきにも使うことができますよ。

 

天気が悪くなりそうな日には、この登山靴が活躍しそうですね。

靴幅メイン素材ウォータープルーフレザー&シンセティックレザー
ヒールの高さ
第5位

SALOMON

トレッキングシューズ X ALP HIGH LTR GTX

価格:21,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格登山用として・デザイン性も良し

フランスでつくられた海外メーカー「サロモン」。こちらのモデルは足首がきちんと固定されるハイカットタイプです。靴の中敷きには、凹凸の多い地面や傾斜のある登山道に留意し、足へフィットするインソールが使われています。

 

ソールが固めのため、険しい登山道に対応してくれるでしょう。長時間・宿泊目的の登山や、高い山に登るときに適しています。反対に、普段使いとして使うにはソールが固く歩きにくいかもしれません。

 

グリップがきいているため岩場やぬかるみのある場所でも、滑る恐れがありません。海外メーカーのためサイズについては試着することをおすすめします。

靴幅メイン素材合成皮
ヒールの高さ3㎝
第4位

MERRELL

ハイキングシューズ カメレオン

価格:17,064円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天気に振り回されない完全防水

機能性・快適さを追及した靴を展開し、人気を集めている「メレル」。そのメレルの中でも人気なのがカメレオンシリーズ。カメレオンシフトミッドは、防水機能が施されています。雨の日でも水がしみてくる心配もなく快適に歩けますよ。

 

ハイキングや登山、足場の悪い地面を歩くときなどに重宝しますよ。天気が悪そうな日でも、完全防水の靴であれば雨がふったときに安心です。履き口は高めとなっているため、足首が固定され安定感もあります。

 

サイズについては試着する必要があるでしょう。メレルは他にも機能性、さらにはデザイン性もある靴が展開されているため女性からの人気も高くなっています。

靴幅メイン素材ヌバックレザー
ヒールの高さ
第3位

Caravan

トレッキングシューズ C1_02S

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般的な登山・ハイキングに最適

履き口が柔らかく、足首を自然に固定してくれます。日本人の足の形に合わせた作りなので、窮屈感を感じることなく履くことができますよ。登山靴の中でも軽量なので足元が軽いです。

 

雪山には不向きですが、防水性があるため雨の中でもしみてくることはありません。一般的な登山道であれば十分活躍してくれます。まずは家の近くで履きならしてみてから、登山時に使用するのが良いでしょう。

 

履きやすさと歩きやすさにこだわったモデルに加え、価格もリーズナブル。登山入門者や、ハイキングを目的とした登山靴をお探しの方などにおすすめです。

靴幅3Eメイン素材合成皮革
ヒールの高さ4.5㎝
第2位

mont-bell(モンベル)

ツオロミー®ブーツ

価格:17,982円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイキングから本格登山まで・性能抜群

現在、人気のある国内メーカー「モンベル」。行く登山先や目的別に合わせた機能的な商品を展開しています。ツオロミーブーツは、ハイカットタイプで、長時間の登山にも適した登山靴です。

 

夏場の高温期の歩行や長距離走行でも、足への負担を軽減し、安定感のあるソールとなっています、本格的な登山にも使えますし、気軽なハイキングでも足への負荷をかけることなく歩くことができますよ。

 

国内メーカーなので足型に合うものが多く、性能面で非常に優れていることで人気があります。軽い登山から本格登山まで検討している方にはおすすめの商品です。

靴幅メイン素材合成皮革
ヒールの高さ4.5㎝
第1位

THE NORTH FACE

トレッキングシューズ クレストン ミッド

価格:20,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

履き心地が抜群・日本でも人気ノースフェイス

アメリカのカリフォルニアでつくられたメーカー「ノースフェイス」。機能的でデザイン性のある登山用品やスポーツウェアなどは、日本でも人気があります。

 

クレストンミッドは、軽量防水のトレッキングシューツで、あらゆる季節に対応しています。足裏の構造を工夫し、足場の悪い道でも滑ることのないように工夫されています。ハイキングや登山に向いていますが、本格的な登山時は靴の状態を確認しましょう。

 

履き心地が良いことで特に定評のあるノースフェイス。サイズに関しては日本人の足では作りが小さめであったりするので試着は必ず行ったほうが良いでしょう。

靴幅メイン素材スエード
ヒールの高さ

登山靴のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4985244の画像

    THE NORTH FACE

  • 2
    アイテムID:4985205の画像

    mont-bell(モンベル)

  • 3
    アイテムID:4982818の画像

    Caravan

  • 4
    アイテムID:4985410の画像

    MERRELL

  • 5
    アイテムID:4985157の画像

    SALOMON

  • 6
    アイテムID:4985136の画像

    コロンビア(Columbia)

  • 7
    アイテムID:4985086の画像

    MAMMUT(マムート)

  • 8
    アイテムID:4985034の画像

  • 9
    アイテムID:4984990の画像

    SCARPA(スカルパ)

  • 10
    アイテムID:4984945の画像

  • 商品名
  • トレッキングシューズ クレストン ミッド
  • ツオロミー®ブーツ
  • トレッキングシューズ C1_02S
  • ハイキングシューズ カメレオン
  • トレッキングシューズ X ALP HIGH LTR GTX
  • カラサワ2プラスオムニテック
  • ティー エナジー
  • タホー プロ
  • キネシス
  • P.F.46
  • 特徴
  • 履き心地が抜群・日本でも人気ノースフェイス
  • ハイキングから本格登山まで・性能抜群
  • 一般的な登山・ハイキングに最適
  • 天気に振り回されない完全防水
  • 本格登山用として・デザイン性も良し
  • 防水にしっかりと対応・濡れない、蒸れない
  • デザイン性良し・見た目から入る方に
  • 機能重視・丈夫な老舗メーカー
  • イタリアメーカー・日本人向け設計
  • 軽量でフィット感良し・登山初心者にもおすすめ
  • 価格
  • 20520円(税込)
  • 17982円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 17064円(税込)
  • 21515円(税込)
  • 12204円(税込)
  • 15733円(税込)
  • 44250円(税込)
  • 22680円(税込)
  • 19440円(税込)
  • 靴幅
  • 3E
  • 3E+
  • メイン素材
  • スエード
  • 合成皮革
  • 合成皮革
  • ヌバックレザー
  • 合成皮
  • ウォータープルーフレザー&シンセティックレザー
  • ゴアテックス
  • ヌバックレザー+ゴアテックス
  • ゴアデックス
  • ゴアテックス
  • ヒールの高さ
  • 4.5㎝
  • 4.5㎝
  • 3㎝
  • 8㎝

まとめ

今回はおすすめの登山靴をランキング形式で紹介しましたがいかがだったでしょうか?各メーカーから様々な靴が販売されていますが、自分に合ったものを選びたいですよね。素敵な登山靴を選んで、山登りを楽しめると良いですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ