記事ID136533のサムネイル画像

【徹底比較】大人気のマルチツールのおすすめランキング10選

マルチツールは今やキャンプや登山などのアウトドアには欠かせないアイテムとなりました。たくさんの機能が付属するので、マルチツールの種類も実に豊富です。ここでは様々な観点から、どのマルチツールをチョイスするべきか、ランキング形式で紹介していきます。

アウトドアの必需品、マルチツールを使いこなそう。

マルチツールとは、あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、十徳ナイフといったらピンとくる方もいるかもしれません。ナイフや缶切りに加えて、ニッパーやペンチといった道具類など、様々な機能がコンパクトに集約されたアイテムです。

 

その他にもツールの組み合わせには色々なバリエーションが存在していて、主に登山やキャンプなどのアウトドアシーンで重宝されています。

 

今回はアウトドアシーンでは欠かせないといっても過言ではないマルチツールをランキング形式で紹介していきます。アウトドア初心者から上級者の方まで、持っていて決して損はしないマルチツールをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

マルチツールの選び方

用途別でマルチツールのタイプを選ぼう

マルチツールのタイプには大きく分けて3つのタイプがあります。

使用目的によって、マルチツールのタイプをどれにするのか考えてみましょう。

ナイフをメインで使うならスイスアーミーナイフ

このスイスアーミーナイフタイプの特徴は、ナイフやブレードを使用してカットすることを目的として設計されていて、さまざまな種類のナイフやブレードが内蔵されています。

 

キャンプなどのアウトドアシーンにおいて、ロープやツルの植物、さらには肉や野菜といった食材などをカットする場面が発生した時にはこのスイスアーミーナイフタイプの切れ味が非常に重要になってきます。

 

キャンプなどにおいて、カットするという機能をメインの目的にして使用することが想定される場合には、このスイスアーミーナイフというタイプが非常におすすめとなっています。

工具をメインで使うならプライヤーツール

スイスアーミーナイフがナイフやブレードをメインに使用するタイプに対して、このプライヤーツールタイプは工具類をメインに使用することを想定されて設計されています。

 

ペンチやドライバー、ニッパーなどをメインに使用することが想定されており、多種多様な工具が内蔵されています。

 

アウトドアなどではナイフを使用するイメージがあるかもしれませんが、テントを組み立てたり、工具類を使用する場面も意外とたくさんあるのでこちらのプライヤーツールタイプも持っておくと重宝します。

その他の特殊なタイプ

スイスアーミーナイフタイプやプライヤーツールタイプといった代表的なタイプの他に、画像のようなブレスレット型のタイプもあります。

 

「ツールを身にまとう」というコンセプトのもとに生まれた、この斬新な形のブレスレット型マルチツールは、単なるブレスレットではなく、この中にボックスレンチ、六角ドライブ、ボトルオープナーなど多種多様なツールを格納しています。

 

機能性だけでなく、ファッション性も兼ね備えたブレスレット型マルチツール。男心をくすぐる一品となっています。

DIYで大活躍。電動タイプのマルチツール

一見、電動ドリルのような全く違う工具に見えるこのマルチツール。ナイフ型やプライヤー型とは全く違うシーンで大活躍するこの電動工具もマルチツールの一つです。

 

マルチツールと言えば、手のひらサイズで小さなツールがたくさん詰まっているものを想像されるかもしれませんが、この大きな電動工具もマルチツールの一つに分類されます。

 

この電動マルチツールでは今までの電動工具では行いづらかった、切断・剥離・研磨といった作業を行うことが出来ます。よって自宅で家具などを作るDIYには欠かせない工具となっており、DIY愛好家には広く親しまれています。

 

メーカーでマルチツールを選ぼう

マルチツールはメーカーによって得意なタイプや内蔵されているツールなどが分かれています。ここではメーカー別の特徴を捉えることによって自分にあったメーカーを確認してみましょう。

プライヤータイプならレザーマン

プライヤータイプのマルチツールを選ぶなら、アメリカのメーカー「レザーマン」のマルチツールはいかがでしょうか。

 

創業以来マルチツールを作り続けている老舗のメーカーで、品質の高さには定評があります。米軍の標準規格であるミルスペックを満たすものも多く搭載されており、今なお多くのファンを魅了してやまないメーカーの一つです。

スイスアーミーナイフの定番メーカー、ビクトリノックス

スイスの国旗をもしたブランドロゴでお馴染みのビクトリノックスはスイスに本拠地を構えるメーカーです。古くからスイスアーミーナイフタイプの代表的メーカーとして広く知られています。

 

ビクトリノックスの名を不動のものにしたのは、スイス軍の標準装備品として現採用されている信頼性の高さと言えるでしょう。

 

サバイバルツールのバリエーションも豊富で、多くのラインナップがあるため、自分に必要なツールを選ぶことが出来、様々なニーズに対応してくれています。

その他のメーカー

レザーマン、ビクトリノックスは古くから親しまれているメーカーですが、それ以外にも多くのナイフメーカーやアウトドアメーカーからマルチツールが発売されていてそれぞれに特徴が異なります。

 

例えば、ナイフメーカーのものは、刃物やブレードの切れ味に定評があるため、そこにこだわる人におすすめです。

 

また、アウトドアメーカーのものは、スプーンやフォークといったカトラリーやライトが付いていたり、キャンプや登山の際に役立つツールを数多く装備しているため、様々なシーンに対応が出来るといえるでしょう。

機能性・安全面を考慮したマルチツール選びを。

マルチツールはそもそも多機能でいざという時に役立つツールを備えているものです。

しかし、全く使用する場面がないのであればその機能は必要ないかもしれません。また、カバンやポケットの中に入れている時にナイフが飛び出してくる危険性もあります。

機能は自分に本当に合っているのか。安全面はどうか。

機能性や安全面を考慮したマルチツール選びをしましょう。

機能性は自分に合っているか

「必要最低限の機能だけを選ぶ」というのもマルチツール選びの重要なポイントと言えます。不要な機能を省き、小型でコンパクトに収まるものを選ぶことが、ことさら登山においては重要になってきます。

 

ナイフやハサミはもちろん使用する事が多いでしょう。しかし、缶切りや栓抜きについてはどうでしょう。最近の缶詰やレトルト食品は缶切りや栓抜きが不要なものが多いので実際には使用することが少ないかもしれません。

 

いざ登山やキャンプなどのアウトドアをしている場面を想像して、実際にマルチツールを使用するシーンが明確にあるのかを確認することで、それに合ったマルチツールを準備しておくことが、より快適なアウトドアを過ごすことに繋がると言えます。

安全面を考慮して選ぶ

すでに紹介している通り、マルチツールにはナイフのような刃物が付いているのがほとんどです。しかし、使用しない時にナイフが出てきてしまったり、力を入れて肉や野菜を切った時にナイフの刃が戻ってしまったりするととても危険です。

 

そこで、安全面を考慮した、ロック機能の付いているマルチツールがあります。このロック機能付きのマルチツールを選んでおくと万が一の時でも安心ですね。もしロック機能がないマルチツールでも、なるべくなら刃の出し入れに多少の力が必要なもの、固いものを選ぶようにしましょう。

マルチツールの人気ランキング10選

第10位

VICTORINOX(ビクトリノックス)

ミニチャンプ

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗メーカーのオーソドックスタイプ

スイスのナイフメーカー「ビクトリノックス」は創業130年を超える老舗メーカーです。

スイスアーミーナイフタイプに特化しており、代表的なメーカーと言えるでしょう。

 

数あるビクトリノックスのアーミーナイフタイプの中でも、スモールサイズで人気を博しているのはこの「ミニチャンプ」です。機能としては、小刀、ハサミ、爪やすり、2種類のスケールなど全15種類を搭載しています。

 

サイズは58mmのコンパクトサイズなので、ポケットやバッグの中に忍ばせておくのも何ら問題ありません。アウトドアだけでなく日々の生活の中でも使用出来るマルチツールとなっているので女性への贈り物にも喜ばれることでしょう。

機能18種類重量約45g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)58mm
第9位

LEATHERMAN(レザーマン)

STYLE PS スタイル ピー・エス

価格:4,113円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナイフレスの日本限定モデル

ナイフレスのマルチツールをと、日本での要望が高く、そんな要望に応えるべく「レザーマンツールジャパン」が独自に開発し製作に至った日本生まれのモデルです。

 

レザーマンの中でも人気のモデルである「スタイルシー・エス」をベースにして、ナイフの代わりにパッケージオープナーを搭載しています。「刃物の町」として有名な岐阜県関市で製造されている為、日本限定のパーツとなっています。

 

パッケージオープナーは段ボールの開封などの梱包を解く作業に適しています。また、栓抜き兼用のカラビナ付きで、ベルトやバックパックに取り付けることができるため携帯に便利なツールです。日本でのニーズに見事に応えただけでなく、機能もしっかりと充実させている質の高いおすすめのマルチツールです。

機能9種類重量約44.7g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)75mm
第8位

TREAD LIGHT

TREAD LIGHT トレッド ライト

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレスレットとしても使えるマルチツール

マルチツールのメーカーとして有名なレザーマンが「ツールを身にまとう」という斬新なコンセプトのもと生みだした、TREAD(トレッド)がさらに軽量化され進化したのが、このTREAD LIGHT(トレッド ライト)です。従来のトレッドに比べ重量は10%軽くなり、幅は20%もスリムになりました。

 

一見するとただのブレスレッドですが、このベルト部分の中にはボックスレンチや六角ドライブ、プラスドライバー、ボトルオープナーなど、全部で29種類ものツールが搭載されています。ブレスレットのように気軽に携帯出来、旅行やキャンプだけでなく日常生活においてもいざという時に役立つアイテムです。

 

レザーマンがこだわり抜いて作り上げただけあって、機能性とファッション性は十分。男心をくすぐるおすすめのマルチツールです。

機能29種類重量約156g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)210mm
第7位

GERBER(ガーバー)

サスペンション マルチプライヤー マルチツール 1471

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

武骨なデザインが人気

持ち手は武骨なデザインになっており、男性に大人気のマルチツールです。しかもその持ち手が握りやすいといった特徴もあります。

 

機能は、2種類のナイフ、プラスドライバー、マイナスドライバー、栓抜き、缶きり、ハサミといったオーソドックスかつ必要最低限の14種類のツールが搭載されています。

 

スプリングが内蔵されているため、ハンドルを開くと自動的にプライヤーが出てきます。ナイフなどその他のツールは安全面を考量されており、ロックすることが出来る仕組みになっています。機能のバランスもよく、アウトドアシーンで活躍すること間違い無しのマルチツールです。

機能14種類重量約188g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)98mm
第6位

VICTORINOX(ビクトリノックス)

スイスチャンプ

価格:7,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能満載。全33種類搭載の万能モデル。

ビクトリノックスから実に33種類もの機能を搭載して発売されているのがこのスイスチャンプです。

 

定番のブレードやプライヤー、栓抜き、缶切りなどはもちろんですが、マイナスドライバーが4種類搭載されていたり、うろこ落としやルーペ、つまようじなど珍しい機能がたくさん備えられています。

 

これだけの機能を搭載しているのでどのような不測の事態にも対応出来るのがこのモデルの一番の強みですが、その分、重量も他のビクトリノックスのモデルと比較するとかなり重くなっているので、登山やキャンプに持っていくときには注意が必要です。

機能33種類重量約187g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)91mm
第5位

LEATHERMAN(レザーマン)

WAVE PLUS ウェーブ プラス

価格:17,054円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番モデルに機能を追加した進化版

レザーマンはプライヤータイプのマルチツールで広く知られており、その中でも「ウェーブ」という代表モデルが大変人気です。

 

その「ウェーブ」にワイヤーカッター機能が追加された、言わば「ウェーブ」の進化版とも言えるモデルがこの「ウェーブ プラス」です。

 

2種類のプライヤーやナイフ、ノコギリ、ハサミ、缶切りといった定番の機能を含めて、全部で18種類のツールがズラリと搭載された進化版。機能性の高さから「手のひらサイズの工具箱」と形容されるほど。どのマルチツールにするか迷っている方にまずはおすすめしたい一品です。

機能18種類重量約241g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)100mm
第4位

VICTORINOX(ビクトリノックス)

アウトライダー

価格:6,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア、最適モデル

その名の通り、アウトドア用に開発されたビクトリノックスのマルチツール。

 

他のマルチツールではあまり機能として付属していない、「ノコギリ」は薪を切るのに重宝します。また、テント設営時に使えるのは「リーマー(穴あけ)」や「ラージブレード」など。全部で14種類を搭載したスイスアーミータイプのマルチツールです。

 

様々な機能の中でも特にナイフの切れ味が評判で、アウトドアでの調理シーンで役立つ事間違い無しです。キャンプで活躍するマルチツールを探している方はこの「アウトランダー」でぜひアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

機能14種類重量約130g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)111mm
第3位

LEATHERMAN(レザーマン)

SUPER TOOL300

価格:12,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プライヤー型マルチツールの名品

レザーマンからは数えきれないほどのプライヤー型のマルチツールが発売されていますが、

その中でもトップクラスの人気を誇るのがこの「スーパーツール300」です。

 

収納時では約11.5cmと大きな印象がありますが、その分使い勝手に優れている為、一度使ったら他のプライヤー型には戻れないといっても過言ではありません。実際に、軍隊や警察、レスキュー隊員から整備士や町の大工さんまで、ありとあらゆる現場で採用されているようです。

 

また、シルバーに光り輝く本体や、カチャカチャと音を立てる所など、武骨な雰囲気が男心をくすぐると評判です。まさに「プライヤー型マルチツールの名品」と呼んでも遜色ないほどの逸品と言えるでしょう。

機能20種類重量約272g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)115mm
第2位

VICTORINOX(ビクトリノックス)

トラベラーライト

価格:16,410円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液晶ウィンドウ付きのビクトリノックス

登山やキャンプなどのアウトドアだけでなく、旅行にもおすすめと言えるのがこのビクトリノックスの「トラベラーライト」です。ブレードやハサミ、缶切りや栓抜きといった定番の機能はもちろんのこと、本体の中央に配置された液晶ウィンドゥの機能が最大の特徴です。

 

液晶に表示されるのは「時計」「タイマー」「ストップウォッチ」「アラーム」はもちろんのこと、「高度計」「温度計」や天気の変化を予測できる「晴雨計」といったトラベラーライトならではの特殊な機能を兼ね備えています。

 

オーソドックスな機能から特殊な機能まで、全29種類の機能を兼ね備え、様々なシーンで活躍してくれること間違い無しのスペシャルなマルチツールです。

機能27種類重量約109g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)91mm
第1位

VICTORINOX(ビクトリノックス)

ハントマン

価格:4,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビクトリノックスの定番商品

ビクトリノックスのマルチツールの一番人気がこのハントマンです。

 

機能は16種で他のビクトリノックス製品より少ないですが、その分重量が約98gと軽量設計になっており持ち運びが楽チンです。ブレード系は大小で2種装備されており、ドライバーもプラスとマイナスで1種ずつ。その外にもアウトドアで役立つ缶切りなどは、必要最低限の機能として完備されています。

 

使い勝手の良さだけでなく、コストパフォーマンスも追求したベストバランスがこのハントマンの最大の魅力であり、人気No,1たる所以です。登山やキャンプ、アウトドアには欠かせないアイテムとなっています。

機能16種類重量約98g
携帯性ロック機能
サイズ(長さ)91mm

マルチツールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4997982の画像

    VICTORINOX(ビクトリノックス)

  • 2
    アイテムID:4998094の画像

    VICTORINOX(ビクトリノックス)

  • 3
    アイテムID:4998135の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 4
    アイテムID:4998200の画像

    VICTORINOX(ビクトリノックス)

  • 5
    アイテムID:4998226の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 6
    アイテムID:4998279の画像

    VICTORINOX(ビクトリノックス)

  • 7
    アイテムID:4998611の画像

    GERBER(ガーバー)

  • 8
    アイテムID:4998547の画像

    TREAD LIGHT

  • 9
    アイテムID:4998674の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 10
    アイテムID:4998712の画像

    VICTORINOX(ビクトリノックス)

  • 商品名
  • ハントマン
  • トラベラーライト
  • SUPER TOOL300
  • アウトライダー
  • WAVE PLUS ウェーブ プラス
  • スイスチャンプ
  • サスペンション マルチプライヤー マルチツール 1471
  • TREAD LIGHT トレッド ライト
  • STYLE PS スタイル ピー・エス
  • ミニチャンプ
  • 特徴
  • ビクトリノックスの定番商品
  • 液晶ウィンドウ付きのビクトリノックス
  • プライヤー型マルチツールの名品
  • アウトドア、最適モデル
  • 定番モデルに機能を追加した進化版
  • 機能満載。全33種類搭載の万能モデル。
  • 武骨なデザインが人気
  • ブレスレットとしても使えるマルチツール
  • ナイフレスの日本限定モデル
  • 老舗メーカーのオーソドックスタイプ
  • 価格
  • 4640円(税込)
  • 16410円(税込)
  • 12900円(税込)
  • 6650円(税込)
  • 17054円(税込)
  • 7200円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 4113円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 機能
  • 16種類
  • 27種類
  • 20種類
  • 14種類
  • 18種類
  • 33種類
  • 14種類
  • 29種類
  • 9種類
  • 18種類
  • 重量
  • 約98g
  • 約109g
  • 約272g
  • 約130g
  • 約241g
  • 約187g
  • 約188g
  • 約156g
  • 約44.7g
  • 約45g
  • 携帯性
  • ロック機能
  • サイズ(長さ)
  • 91mm
  • 91mm
  • 115mm
  • 111mm
  • 100mm
  • 91mm
  • 98mm
  • 210mm
  • 75mm
  • 58mm

まとめ

ここまでマルチツールのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。登山やキャンプなどアウトドアの必需品とも言えるマルチツールですが、ぜひこの10選を参考にして、自分にぴったりの機能を備えたマルチツールを見つけてみてはいかがでしょうか。お気に入りの一品を見つけて快適なアウトドアライフを送ってください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ