記事ID136514のサムネイル画像

【趣味が広がる】おすすめ人気アクションカメラランキング10選

アクションカメラといえば小型で持ち運びに便利であり、旅行やマリンスポーツがさらに楽しくなる人気のカメラです。初心者向けお手頃カメラからリピーター向けの本格派まで幅広くご紹介しますので、自分に合ったアクションカメラを見つけましょう。

コンパクトデジカメよりさらにコンパクト

アクションカメラの登場でカメラを複数所有する事は珍しくなくなりました。アクションカメラにはスマートフォンのカメラ機能やコンパクトデジタルカメラでは表現しきれない、アクションカメラならではの臨場感を動画に残せる魅力があるからです。

 

アクションカメラは小さいながらも非常に耐久性に優れています。ですから海・陸・山どこにでも簡単に持ち運べる上、本体が防水機能を装備しているか防水ケースが付属される為、プールや海でのシュノーケリング、ダイビング等のシーンでも大活躍します。

 

最近では様々なメーカーがアクションカメラ市場に進出しており、値段も1万円以下の低価格な物が増えてきたので、初心者でも気軽に始める事ができるでしょう。

アクションカメラの選び方

アクションカメラには様々な種類があります。自分に合うアクションカメラを見極める為には、まず自身がアクションカメラを使いたいシーンを想定した上で、それぞれのアクションカメラの性能と価格を見極めましょう。

動画の質を選ぶ

出来るだけ綺麗でなめらかな動画を撮りたいところですが、その為には『解像度』と『フレームレート』に注目します。この2つが動画の質の決め手となるので、これらのスペックが高いアクションカメラはハイスペックモデルとなります。

解像度を選ぶ

解像度とは、動画のサイズの事。よく聞く『4K』や『フルハイビジョン』等はこの解像度の種類を指します。解像度の単位はピクセルと呼ばれ、長方形の動画サイズを想像して頂ければわかりやすいかと思います。

 

4Kは3840×2160ピクセルで、フルハイビジョンだと1920×1080ピクセルです。これがハイビジョンだと1280×720ピクセルになります。この解像度が大きいとその分細やかな映像を映す事ができ、綺麗な動画になります。

 

ただし注意すべきなのは、4Kで撮影した動画は4Kに対応できるSDカードやテレビ、パソコンがないと4Kの描写を発揮する事ができません。ですから、4K搭載モデルのアクションカメラを選ぶ際には、周辺機器も4K対応モデルを揃える必要があります。

フレームレートにも注目

実は動画は1枚の画像が繋がって映像になっています。いうなればパラパラ漫画と同じ原理です。基準となるのは1秒間に30フレーム。これはテレビの映像と同等のフレーム数です。単位は製品元の企業によりfpsやp、@等が用いられています。

 

1秒間のフレーム数が多いほど映像はなめらかになります。例えば1秒に60フレームだと動きがよりスムーズになります。しかし、フレームレートは高ければ高いほど良いとは限らず、枚数が増えると明るさを取り込む時間が短くなるので映像がやや暗くなります。

 

4K動画を撮影したい場合はフレームレートは30以上がおすすめです。4Kで30未満の場合、サイズは大きくとも映像のカクつきが目立つ場合があり、4Kに求める映像への美しさは期待できません。

手ブレ補正機能がついているか

アクションカメラを使うタイミングは動きのある映像を撮るシーンが多くなります。その際搭載されていると便利なのが手ブレ補正機能です。サーフィンやサイクリング、ツーリング等、乗り物や撮影者自身に装着して使う場合に、動画のブレを軽減してくれます。

 

手ブレ補正機能にも種類があります。電子式光学式です。電子式の方がコストが安く、重量も軽い事から多くのアクションカメラで採用されています。電子式では映像をコンピューターが補正します。

 

光学式は映像をデジタル化する前にレンズやセンサー部を動かしてブレを防ぎます。電子式より手ブレ補正が強力ですが、重量がありコストもかかります。激しいアクションシーンを撮る事が目的の場合は光学式手ブレ補正搭載モデルがおすすめです。

 

 

付属機能をチェック

アクションカメラにはその他様々な注目すべき付属機能があります。その中でも特にあると便利な機能をご紹介しますので、欲しい機能を見逃さないようにしましょう。

防水性能

マリンスポーツ中に撮影する為には防水機能が必須です。アクションカメラによって耐えられる深度が異なるので、用途に応じて選びましょう。水深3mであればビーチでの撮影や海上でのマリンスポーツ等であればカバーできるでしょう。

 

最近のアクションカメラには水深30mまでの防水機能が搭載された物が多くなってきました。体験ダイビングや18mまで可能なダイビングライセンスのCカード保持者は30mに対応できる物がおすすめです。

 

本格派ダイバーなら40m以上のアクションカメラを選びましょう。また、アクションカメラ本体に防水機能が備わっていない場合は、防水ケース(ハウジング)を装着させる事で40mに対応させる事もできます。

Wi-Fiが搭載されていると便利

Wi-Fi機能が搭載されているモデルであれば、スマホでアプリをダウンロードすれば撮影したデータを簡単にスマホへ移す事ができます。撮影したデータをスマホで保存しておけば、いつでも家族や友人に見せる事ができますし、SNSへアップする事も可能になります。

 

もちろん、スマホ上でデータを見る事が出来ればスマホの大きな画面サイズで動画内容をチェックできます。後から『撮れてなかった』『ブレていてイマイチ』なんて事にならないよう、その場で確認するのがおすすめです。

 

さらに、Wi-Fi機能が搭載されていると少し離れたところに置いて、スマホで操作すつ事も可能になります。これは自分撮りをする方は重宝する機能です。家族や友人、恋人と一緒にフレームインして思い出を作りましょう。

撮影モードの豊富さ

アクションカメラは本体は小さいながらも多彩な撮影モードを備えている物が多く、時間と映像を凝縮したタイムラプスや、動きをゆっくりと再生するスローモーションなどを使えば、表現の幅が格段に広がります。

 

特に、ダイバーの方は水中モードがあるかをチェックすると良いでしょう。通常撮影では水中の色彩の再現が難しく、全体的に薄くなりがちですが、水中モードを使えばカラフルな珊瑚や魚達をしっかりと捉える事ができます。

 

最適な撮影モードを選べば素晴らしい瞬間を残す事ができるでしょう。それを簡単に家族や友人と鑑賞する為にはHDMI出力対応モデルがおすすめです。テレビ等につなげば大画面での鑑賞会を楽しむ事ができ、思い出を振り返るには最適です。

今選ばれてる人気のアクションカメラ10選

人気のアクションカメラを最新ランキングでチェックしましょう。順位だけでなく自分のニーズに合う物を選ぶ事が大切です。

第10位

SEZAC

アクションカメラ アクセサリー多数

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格を極めたコストパフォーマンス抜群のアクションカメラ

気軽なプレゼントや二次会の景品にもできる程の低価格ながら、レジャーには大満足な性能。170度広角レンズに1600万画素、プロ写真家から定評のあるSONY性CMOSを搭載という、安くていいアクションカメラを求めるユーザーにおすすめです。

 

しかも120分の長時間連続撮影が可能な上、水深30m対応可能な防水ケースも付属します。Wi-Fiも対応しており、撮影機能は連写撮影、ループ動画、自動撮影等からタイムラプス、ダイビングモード、車載モードまで揃っています。

 

総合して費用対効果が抜群とユーザーを喜ばせている1台。2インチのLCD液晶モニター搭載で自動車スタンドも付属しているので、事故対策としてドライブレコーダーとしても有効です。

4K対応防水性30m
手ブレ補正Wi-Fi対応
第9位

ニコン

防水アクションカメラ KeyMission 170

価格:23,796円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクションカメラとは思えない本格的レンズ

f2.8の明るくて高画質なNIKKORレンズが織り成す、4KウルトラHD(3840×2160)で広角170度のワイドな映像は迫力満点。動画撮影中に静止画ボタンを押せば、その瞬間を静止画で記録する事ができます。

 

防水ケース(ハウジング)なしでも水深10mまで防水対応ができるので、水中のリアルな音声を取り込む事ができます。また、水中撮影モードを選べば水中シーンに最適で自然な色合いで再現されます。

 

スマートフォンやタブレット用の『SnapBridge 360/170アプリ』を使えばスマートフォンからリモート操作でき、しかも自動でスマートフォンに転送でき非常に便利。電子式手ブレ補正搭載でよりなめらかな映像が実現します。

4K対応防水性10m
手ブレ補正Wi-Fi対応
第8位

BOIFUN

アクションカメラ 1200mAhバッテリー2枚

価格:4,988円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格以上のスペックに満足できる1台

4K/30FPS、2000万画素のウルトラHD、電子式手ブレ補正機能、170度超広角レンズ、30m防水、HDMI出力、Wi-Fi対応、外部マイクに収納ケース付きと、このスペックでこの価格は見事です。

 

ユーザーの使い勝手を重視し、USB充電をしながらの録画最大120分の長時間連続撮影に対応しています。1200mAhバッテリーが2つ付属する上、バッテリーがなくても直接USB給電ができるので撮影時間を重視するユーザー向けのアクションカメラです。

 

わずか66gの超軽量型モデルは、女性のポシェットにも男性のポケットにも収納できるサイズで持ち運びにとても便利。5000円以内のアクションカメラとしては、実用性No.1といえるでしょう。

4K対応防水性30m
手ブレ補正Wi-Fi対応
第7位

Campark

アクションカメラ 魚眼レンズ

価格:8,988円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

魚眼補正でより広く、美しく

SONY製新型レンズを採用し、魚眼補正機能で映像の歪みを改善。付属のリモコンは20m見通し遠隔操作も可能になりました。レンズ角度は130/150/170度と用途に合わせて選ぶ事ができ、しかも上下ボタンを押せば最大5倍までズーム機能が使えます。

 

アクションカメラ本体にはタッチパネル式を採用。各種設定を視覚的に操作できる上、タイムラプス中等にカメラを動かさずに設定変更できる仕様は意外と重宝します。防水ケースは水深30mまで対応可能です。

 

このCampark X20の特徴は高発色で鮮やかな映像仕上がりが叶う事です。ビビッド感が強く、海や空はより青く、木々や芝生はより緑にシャープでカラフルな出来映えは見る人の感動を呼ぶ事でしょう。

4K対応防水性30m
手ブレ補正Wi-Fi対応
第6位

apeman

Trawo アクションカメラ

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界がきれいに見える2000万画素ウルトラHD

2000万画素の高画質に4K/30fpsで自然で鮮明になめらかな映像を撮影する事ができます。しかも人物、風景、水中、防雲等のシーンモードがあり、スイッチで簡単に選べるので面倒な設定や調節は不要。初めてのアクションカメラには最適な一台といえます。

 

しかも付属の防水ケースは水深40mまで対応で、接写(マクロ撮影)もできるので本格派のダイバーも満足な使い勝手が期待できます。防水ケースは密着性が高く水中の音声は記録できませんが、明るいレンズで鮮明な映像撮影が可能です。

 

無料アプリ「YUTUPRO」をスマホでダウンロードすれば、動画をスマホに保存したりSNSの投稿も簡単にする事ができます。付属部品でヘルメットにも装着できるので、バイカーにもおすすめのアクションカメラです。

4K対応防水性40m
手ブレ補正Wi-Fi
第5位

MUSON

アクションカメラ 自撮り棒付属

価格:7,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクセサリーが豊富に付属でお得

17cmから63.5cmまで伸縮できる専用の自撮り棒が付属。広角も170度とばっちり広めで、大人数での撮影に最適です。また外部マイクもセットになっているので複数人の会話も鮮明に拾い、ホームパーティーやライブハウス等でも活躍、しっかり記録します。

 

もちろん旅先やレジャーでも重宝される事は間違いありません。EIS手ブレ補正を採用しているので運動中にもなめらかな映像を捉える事ができ、手ブレを確実に軽減させます。そしてHDMI出力機能で撮った動画や静止画をテレビ等の大画面で楽しむ事もできます。

 

さらに付属の防水ケースは深度30mまで対応の本格派。「防水ケースを装着しても付属の自撮り棒を水中で使えて便利」とユーザーからの評判も高く、バッテリーも2つセットになっているのでとにかくコストパフォーマンスの高いアクションカメラです。

4K対応防水性30m
手ブレ補正Wi-Fi対応
第4位

DJI

OSMO Action

価格:44,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドローンも手掛けるDJI社初の最新アクションカメラ

デュアルスクリーン仕様なので景色を撮る時はバックスクリーン、自分撮りをするときはフロントスクリーンと使い分けられます。自分撮りの際もアングルを確認しながら撮影でき、旅行から日常生活まで幅広く活躍します。

 

DJI社自慢の最新の映像ブレ補正機能『ロックステディ』は激しいアクションにも対応、強力にブレを防ぎます。しかも4K/60fpsでこだわりの映像を捉え、HDR動画モードでは明部と暗部をはっきり映し出し、強い日差しの中でもシャープな映像クオリティを発揮できます。

 

その他タイムラプスや8倍スローモーションはもちろん、最大120秒のカスタム露出設定を使えば夜空の星まで撮影できる仕上がりとなっており、アクションカメラ界の優等生といえるでしょう。

4K対応防水性11m(別売りケース使用で60m)
手ブレ補正Wi-Fi対応
第3位

GoPro(ゴープロ)

HERO7Black

価格:46,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクションカメラの主役GoPro

言わずと知れた不動の人気、GoProシリーズのHERO7はHyperSmoothがカメラの動きを予測し、ブレを補正します。新機能のTimeWarpビデオ機能で動きながらも安定したタイムラプス動画を撮影でき、写真映えする事は間違いありません。

 

4K60、スーパーフォト機能でノイズを軽減し自動で最高の画が撮れます。さらにHERO7blackは風や振動、雑音等を取り除き、クリアで明瞭な音質を保ちます。また、音声コントロール機能搭載なので、ハンズフリー操作も可能です。

 

本格仕様の為予算にゆとりがあるユーザーに限られますが、別売りの防水ケースを使えば深度60mまで対応可能。さすがGoProと言わんばかりのフルスペックがまぶしいアクションカメラです。

4K対応防水性10m(別売り防水ケース使用で60m)
手ブレ補正Wi-Fi対応
第2位

Crosstour

CT8500

価格:5,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多彩なモードで撮影がさらに楽しく

4K動画は3840×2160ピクセル、30fpsの本格派。静止画は1600万画素の高画質。170度の広角レンズとSONY CMOSセンサーで低価格とは思えない臨場感を再現します。操作が簡単と初心者からも評価の高いアクションカメラです。

 

さらに、動画撮影時に使える撮影モードが豊富なのにもご注目。タイムラプス、スローモーション、連写撮影、車載モードに、セピア・白黒・反転機能まで揃っています。手ブレ補正も漏れなく搭載されています。

 

しかも、外部マイクが付属されるので音声録音もばっちりです。内臓マイクの場合、強風音等で周囲の音声がかき消される事もしばしばりますが、外部マイクを使えばかなりの軽減が期待できます。

4K対応防水性30m
手ブレ補正Wi-Fi対応
第1位

apeman

A79

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格・性能に優れたアクションカメラ

SONY CMOSイメージセンサー搭載。1600万画素で高画質な4K撮影が楽しめます。付属の防水ケースを使えば40m防水にも対応。また外部マイク端子も搭載されているので内臓マイクより鮮明な音声の追求というマルチな用途に対応可能です。

 

レンズは170度の超広角レンズで幅広い視野の撮影ができ、付属のリモコンを使えば15m先から本体に触れる事なく遠隔操作も可能。ビデオボタン一つで動画撮影が開始され、再び押せば撮影は終了されるというカンタン操作で自分撮りにも最適です。

 

その他手ブレ補正搭載やWIFI対応等、この価格帯では最高のコストパフォーマンスを誇るモデルといえるでしょう。

4K対応防水性40m
手ブレ補正Wi-Fi対応

アクションカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4980915の画像

    apeman

  • 2
    アイテムID:4983943の画像

    Crosstour

  • 3
    アイテムID:4983999の画像

    GoPro(ゴープロ)

  • 4
    アイテムID:4985144の画像

    DJI

  • 5
    アイテムID:4985299の画像

    MUSON

  • 6
    アイテムID:4985499の画像

    apeman

  • 7
    アイテムID:4985590の画像

    Campark

  • 8
    アイテムID:4985665の画像

    BOIFUN

  • 9
    アイテムID:4988038の画像

    ニコン

  • 10
    アイテムID:4985740の画像

    SEZAC

  • 商品名
  • A79
  • CT8500
  • HERO7Black
  • OSMO Action
  • アクションカメラ 自撮り棒付属
  • Trawo アクションカメラ
  • アクションカメラ 魚眼レンズ
  • アクションカメラ 1200mAhバッテリー2枚
  • 防水アクションカメラ KeyMission 170
  • アクションカメラ アクセサリー多数
  • 特徴
  • 価格・性能に優れたアクションカメラ
  • 多彩なモードで撮影がさらに楽しく
  • アクションカメラの主役GoPro
  • ドローンも手掛けるDJI社初の最新アクションカメラ
  • アクセサリーが豊富に付属でお得
  • 世界がきれいに見える2000万画素ウルトラHD
  • 魚眼補正でより広く、美しく
  • 価格以上のスペックに満足できる1台
  • アクションカメラとは思えない本格的レンズ
  • 価格を極めたコストパフォーマンス抜群のアクションカメラ
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 5780円(税込)
  • 46500円(税込)
  • 44350円(税込)
  • 7890円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 8988円(税込)
  • 4988円(税込)
  • 23796円(税込)
  • 5280円(税込)
  • 4K
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 防水性
  • 40m
  • 30m
  • 10m(別売り防水ケース使用で60m)
  • 11m(別売りケース使用で60m)
  • 30m
  • 40m
  • 30m
  • 30m
  • 10m
  • 30m
  • 手ブレ補正
  • Wi-Fi
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応

まとめ

おすすめの人気アクションカメラ10選はいかがでしたでしょうか。技術の進歩により良い製品が低価格で手に入るようになりました。自分が欲しい機能を正しく把握し、『買ってよかった1台』に巡り合えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ