記事ID136513のサムネイル画像

【日帰りから1泊まで】登山用ザックのおすすめ人気ランキング10選

数多くのアイテムが必要になる登山ですが、そんな数多くのアイテムを一つにまとめるザックは様々なメーカーから豊富な種類の商品が展開しており、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。そこで今回は登山用ザックのおすすめ人気商品をランキング形式で紹介していきます。

登山用ザックの魅力に迫る

登山を快適に楽しむために必要なアイテムには様々な種類のアイテムがあります。そんな数多くの登山アイテムを一つに収納するために登山用ザックが必須になります。初心者の方の中には、登山用のザックなんかいつも使っているちょっと大きめのリュックサックで十分と考えている方もいるかもしれません。

 

その発想は大間違いです。登山用ザックは登山者目線で作られているので、一般的に作られているリュックサックとはその機能性が全く違います。背負った感覚、歩いても身体にピッタリとフィットして全くブレることがなく、また、疲れにくい点など驚くような魅力がぎっしり詰まっています

 

今回は登山用ザックの選び方を解説し、人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。

登山用ザックの選び方

登山用ザックの選び方のポイントは、ザックの特徴、登山の目的、機能性の3点です。以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

登山用ザックにしかない特徴をチェック

登山用のザックは一般的なリュックサックと違って、登山用にしかない特徴が備えられています。様々な特徴をチェックしてから選びましょう。

重い荷物を支えるにはウエストベルトをチェック

登山用のザックにはウエストベルトが付いています。ウエストベルトの役割は、肩にかかる荷重を分散させること、荷物が上下左右に振られるのを防ぐこと、万が一転落したときに背骨を守ることの3点です。

 

荷物は重くなるほどにウエストベルトでの荷重の割合が高くなるため、腰周辺で受け止められるように太いベルトとしっかりとしたパッドが付いているザックがおすすめです。また、ある程度の荷物を入れてショルダーベルトだけで背負うと歩く振動で荷物が上下に揺れてしまいます。

 

そこでウエストベルトがあればそのような上下の揺れも防止することができます。そして登山中に万が一転落したり転んだりしたときにザックが身体から離れずに岩などの衝突時にクッション変わりにもなります。

荷物を安定させるチェストベルトをチェック

重くなった登山用のザックを背負って歩いている際に、荷物が左右に揺れてしまうととても歩きにくく、余計な神経を使って疲労がたまってしまう場合があります。そこで役に立つのがチェストストベルトです。

 

チェストベルトは両方の肩ひもを繋ぐように胸元につけられているもので、背負ったリュックが左右に揺れないようにすることで重心を安定させることができる特徴があります。

 

チェストベルトは胸板の厚い男性などには窮屈で嫌がられるケースがありますが、近年の登山用ザックに付属しているチェストベルトは長さ調節が可能で、さらに上下に移動させて自由に調節できるタイプが展開しているのでチェックしてみると良いでしょう。

雨対策のために雨蓋をチェック

登山中の突然のにわか雨などが気になるという方には、雨対策として雨蓋が備え付けられたザックを選ぶことをおすすめします。雨蓋とは、メインとなる収納部分の上に被さるように付いている蓋のことで、本体から雨を守り、荷物をおさえて安定させる役割を担います

 

さらに雨蓋が備え付けられているザックの特徴は、荷物を素早く取り出すことができる点にあります。たとえばトイレットペーパーやティッシュ、タオル、水筒など、欲しい荷物を素早く取り出すことができます。

 

また、雨蓋と本体の間にはジャケットや登山で出たゴミを挟んだりすることができるので便利に利用できたり、モデルによっては、取り外してヒップバックになったりするものも展開しているのでチェックしておきましょう。

どのような登山で使うのか目的別に選ぶ

登山と一言で言っても、日帰り登山から長期の登山まで目的は幅広くあります。どのような登山でザックを使うのか、目的別の選ぶことが重要です。

日帰り登山には30L前後のザックがおすすめ

日帰り登山には30L前後のザックがおすすめです。登山はできる限りかさばらずに荷物をコンパクトにまとめて行いたいものです。そこで日帰り登山にもかかわらず50Lものザックで出かけてしまえば逆にかさばってしまい不便を感じます

 

そこで日帰り登山には30L前後のザックがおすすめというわけです。アクティビティや個人の趣向によって多少の違いはあるかもしれませんが、はじめて登山にチャレンジする人にも30L前後のザックで十分です。

 

また、軽いハイキングなどに出かける場合には10L~20Lのザックがコンパクトで使いやすくておすすめです。

1泊以上の登山には40L以上のザックがおすすめ

防寒着を必要とする季節などの山小屋登山や、荷物が比較的少ないテント泊登山の場合には35L~50Lのザックがおすすめです。また、テント泊でより重い荷物に対応するザックには50L~80Lのザックがおすすめとされています。

 

山小屋泊の場合にはテントが必要ないのでそれほど大きな容量のザックは必要ありませんが、テント泊を決め込んでいる場合にはそれなりに大きな容量のザックが必要になります。

 

また、1泊~2泊するような登山には、たとえ夏の季節とはいえ、朝晩の山は冷え込むので、防寒対策アイテムも必要になり、必然的に荷物は多くなるので注意が必要です

様々な機能性をチェック

登山用ザックに他にも優れた機能を備えた商品が多数展開しています。便利なザックをチェックして、自分にあったザックを選びましょう。

雨が気になるなら雨対策機能に特化したザックがおすすめ

登山中の突然の雨でザックの中身がびしょ濡れになってしまっては大変です。そこで、完全防水とまではいかなくても、防水機能が施されたザックがあれば、雨宿りの場所までは何とかすることができるザックも展開されています

 

防水性機能を備えた撥水ナイロン素材を使用したり、素材に撥水加工を施して突然の雨でも中身を守ることができるザックも展開しているので、チェックしてみると良いでしょう。

 

ただあくまでも完全防水ではなく、生活防水程度のものが多数を占めているので、心配な方にはザックを完全に覆うことができるアイテムを別に備えることをおすすめします。

 

 

荷物の取り出しやすさを追求するならトップリッド構造がおすすめ

ザックの中から欲しいアイテムをすぐに取りだすことができるザックはとても便利ですよね。そんなザックをお求めならトップリッド構造のザックがおすすめです。トップリッド構造とは、パックの上部で蓋状に取り付けられた部分です

 

このポケットの部分にすぐに取りだして使う予定のあるアイテムや小物を収納することができます。さらにこのトップリッドの部分のポケットが大きくて使いやすいバッグはとても使いやすいモデルといえます。

 

さらにアイテムの取り出しやすさを追求したいという方には、フロントアクセルジッパーがついているととても便利です。

沢山の小物を収納したいなら多ポケット型がおすすめ

登山に持っていく荷物の中にはこまごまとしたアイテムが多数存在しています。登山地図や水筒、タオル、ナイフ、救急セットなど、いざという時にすぐに取りだせる場所に収納できる点もポイントになります。

 

そのようなアイテムをすぐに取りだせることを追求したい方には、外側にたくさんのポケットが搭載されたザックがおすすめです。ズボンのポケットに入るようなアイテムなら問題ありませんが、全てをズボンのポケットに入れることは不可能です。

 

できる限り登山アイテムを収納できる多ポケットタイプのザックは分別することができるのでおすすめといえます。

女性には女性用向けモデルがおすすめ

女性には女性向けのモデルを選ぶことがおすすめです。近年の登山用ザックは、女性モデルがラインナップされていることが多くあります。女性用のザックの特徴はより短い背面長で、横幅も狭いフレームで、女性の体形にフィットするように作られています。

 

ヒップベルトやショルダーハーネスなど、より女性の体形にフィットするよう最適化されている商品も多数展開しています。

 

軽量で女性ならではの特徴を活かし、さらにおしゃれなデザインが特徴の登山用ザックを選ぶことがおすすめです。

登山用ザックのおすすめ人気10選

第10位

GREGORY

テラ30

価格:9,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの荷物を収納でき、週末の日帰り登山に最適

グレゴリーから発売している多くの荷物を収納して週末の日帰り登山を楽しみたいという方にちょうど良い容量のザックです。容量は30Lで重さは670gと超軽量タイプで、ジッパー式大型メインコンパートメントが特徴になっています。

 

サイドにはいつでも水分補給ができるようにボトルポケットが搭載されており、内部にはオーガナイザーの付いたジッパー式フロントポケットが装備されています。突然のにわか雨でも安心なレインカバーが付属されている点も魅力です。

 

また、セキュリティーポケットが付いているので貴重品を管理することもできるおすすめの登山用ザックです。

素材 210Dヘビーツイルナイロン容量30L
登山用途日帰り重さ670g
第9位

THE NORTH FACE

コブラ 52

価格:28,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノースフェイスの2018年秋冬モデル

ザ・ノースフェイスの2018年秋冬モデルです。ザ・ノースフェイスチームクライマーと共同開発した大容量52L容量のザックで、素材には高強度のDyneemaRリップストップファブリックを採用しています。またアイスツールを収納するスリーブ類には高強度ナイロン素材を使用しています。

 

フレームシートやヒップハーネスは取り外しが可能のため、様々なシチュエーションに合わせて軽量化して使うことも可能です。

 

また、収納性をさらに高めたクランポンポケットをフロント部分に装備しているのでヘルメットキャリーやギアラックなどクライミングギアを効率的に携行できるおすすめの登山ザックです。

素材210D DyneemaRリップストップCorduraRHTナイロン容量52L
登山用途山小屋泊/テント泊重さ1559g
第8位

OSPREY(オスプレー)

カイト36女性用

価格:16,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日帰り登山やハイキングに適した女性用パック

オスプレーから発売している日帰り登山やハイキングに適した女性用のザックです。人間工学に基づいた設計で最高の素材と最高の技術を用いたおすすめの登山用ザックです。女性専用設計のヒップベルトとハーネスを採用し、トップポケットは固定式になっています。

 

エアスケープバックパネルで背面調整が可能なので、サイズが合わないということがほぼありません。アイスツールループとバンジーストラップは収納することができるので使わない時は邪魔になることがありません。

 

また、ヒップベルトの両サイドにはジッパーポケットがついているのですぐに取りだしたいアイテムを収納することでいつでもどこでも取り出しやすい設計になっているおすすめの登山ザックです。

素材210Dナイロンダブルダイヤモンドリップスト容量36L
登山用途日帰り/山小屋泊重さ1450g
第7位

deuter(ドイター)

フューチュラ 32

価格:18,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性と荷重バランスを保つモデル

ドイターから発売している日帰り登山から山小屋泊登山までおすすめの人気のザックです。収納スペースは2気室構造になっているので荷物をスムーズに出し入れしやすく、突然の雨でもレインカバーが内蔵されているので安心です。

 

サイドポケット、サイドベロウズポケット、ヒップベルトポケットと多数のポケットを搭載しているので小さなアイテムも分別して収納することができるのでとても便利です。

 

重さは非常に軽量の1580gで、素材にはドイター独自開発のスーパーポリテックスを採用した抜群の耐久性を発揮する登山用ザックです。

素材ドイター・スーパーポリテックス 容量32L
登山用途日帰り/山小屋泊重さ1580g
第6位

Coleman

パワーローダー43

価格:10,594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビギナーにも優しいバックパック

コールマンから発売している登山初心者にも使いやすい人気のザックです。フロントフルオープンシステムを採用してパッキングのしやすさを追求したモデルになっています。

 

雨蓋部分と前面部分には財布、小物などを収納できるポケットがあり、標準でレインカバーのついたスグレモノです。急な雨が降ってきてもすぐに対応できる安心設計で、背面はメッシュ構造になっているので蒸れにくく、快適に使うことができます。

 

また、ウエストハーネスのしっかりしたパッドが装着されているのでしっかりと腰でバックパックを支えることができるおすすめのザックです。

素材ポリエステル容量43L
登山用途日帰り/テント泊重さ1250g
第5位

アルファ エフエル 30

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量で耐久性に優れたザック

アークテリクスのアルファ エフエル30は、重さ575gと超軽量で耐久性の高いアルペン仕様の人気のザックです。精巧で用途を重視したアークテリクスらしい優れたデザインで、登山を楽しむ方専用のザックになっています。

 

登山での使用を極限まで追求し、どのような山の環境でも軽快な動きを可能にする機動的な流線型が特徴です。エッジファブリックテクノロジーとパフォーマンスにフォーカスしたデザイン、さらに高い信頼性を備えたシンプルだを実現しています。

 

また、定型バックパネルが背中への快適さを確保しているので背中が汗で蒸れることを防止してくれます。

素材N400r-AC2 ナイロン 6容量30L
登山用途日帰り重さ575g
第4位

Columbia

Burke Mountain 30L Backpack II PU8179

価格:8,688円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材の強度がアップグレード

人気のアウトドアブランドであるコロンビアから発売している、素材の強度がアップブレードして耐久性が向上した登山用ザックです。メイン素材にはナイロン、ポリエステル、表地には合成繊維を使用し、日帰りから山小屋泊まで様々な場面で使うことができる30Lサイズです。

 

付属のレインカバーを収納することができるため機能性にも優れ、ショルダーストラップやヒップベルトなど登山に必要な機能性の全てを備えているため、登山が初めてという方にも使いやすい人気のザックです。

 

素材ナイロン、ポリエステル容量30L
登山用途日帰り重さ990g
第3位

Millet

バックパック サース フェー 30+5

価格:17,009円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールラウンドで活躍する定番トレッキングパック

人気メーカーのミレーから発売しているオールラウンドで活躍する定番トレッキングパックです。ハイキングから本格的登山まで幅広く対応するザックで、素材にはCORDURAナイロン素材を採用し、優れた耐久性を発揮します。

 

また、身体全体に荷重を分散させて負担を軽減し、背面パッドは汗を逃す水捌けのよい素材を採用しており、汗がこもらずにドライに保つことができます。荷物は2気室構造と複数のポケットを装備しているのでスムーズな出し入れが可能で、サイドポケットにはジッパーが付いて落下の心配がありません。

 

サイドコンプレッションベルトを延長し、テント泊用のクローズどセルのマットを取り付けることもできるおすすめの登山用ザックです。

素材 ナイロン/210 CORDURA容量30+5L
登山用途日帰り/小屋泊重さ1500g
第2位

グレゴリー

スタウト45

価格:21,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テント泊におすすめの大容量ザック

人気アウトドアブランドであるグレゴリーから発売されている大容量45Lザックです。寝袋を入れるボトムアクセスパネルがある、テント泊に最適な容量の45Lサイズで、レインカバー付きの人気のザックです。

 

調整可能なトレイルフレックス・サスペンションが生むカスタムフィット感が、どのような凸凹な地形でも俊敏性、バランス感を保つことが出来ます。また、新しいメッシュ・フロントポケットにトレイルで役立つ大き目のアイテムを収納することも可能です。

 

軽量で耐久性に優れた初心者から経験者まで使える人気の大容量ザックです。

素材200D×900Dポリエステル容量45L
登山用途テント泊重さ1290g
第1位

THE NORTH FACE

Tellus 35 L

価格:14,715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ザノースフェイス2019春夏モデル!

THE NORTH FACEの2019年最新モデルです。日帰り登山から小屋泊までちょうど良く対応できる35Lサイズの登山用ザックです。素材には210DスノーダイアHTナイロン、355DHナイロンを採用して生地強度を高めながら軽量化を実現しています。

 

機能性としては雨蓋の容量を大きくし、フロントにレインカバー収納用ポケットを配備して必要な荷物の出し入れをスムーズにできるという特徴があります。バックパネルは通気性を確保しているので蒸れることがなく、荷重を身体に近づけるスタビライザー連動のヒップハーネスを採用しています。

 

初心者から経験者まで幅広く使いやすい人気でおすすめの登山用ザックです。

素材210DスノーダイアHTナイロン容量35L
登山用途日帰り/山小屋泊重さ1400g

登山用ザックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4980969の画像

    THE NORTH FACE

  • 2
    アイテムID:4980970の画像

    グレゴリー

  • 3
    アイテムID:4980971の画像

    Millet

  • 4
    アイテムID:4980972の画像

    Columbia

  • 5
    アイテムID:4980973の画像

  • 6
    アイテムID:4980980の画像

    Coleman

  • 7
    アイテムID:4981018の画像

    deuter(ドイター)

  • 8
    アイテムID:4981041の画像

    OSPREY(オスプレー)

  • 9
    アイテムID:4981057の画像

    THE NORTH FACE

  • 10
    アイテムID:4981081の画像

    GREGORY

  • 商品名
  • Tellus 35 L
  • スタウト45
  • バックパック サース フェー 30+5
  • Burke Mountain 30L Backpack II PU8179
  • アルファ エフエル 30
  • パワーローダー43
  • フューチュラ 32
  • カイト36女性用
  • コブラ 52
  • テラ30
  • 特徴
  • ザノースフェイス2019春夏モデル!
  • テント泊におすすめの大容量ザック
  • オールラウンドで活躍する定番トレッキングパック
  • 素材の強度がアップグレード
  • 超軽量で耐久性に優れたザック
  • ビギナーにも優しいバックパック
  • 通気性と荷重バランスを保つモデル
  • 日帰り登山やハイキングに適した女性用パック
  • ノースフェイスの2018年秋冬モデル
  • 多くの荷物を収納でき、週末の日帰り登山に最適
  • 価格
  • 14715円(税込)
  • 21384円(税込)
  • 17009円(税込)
  • 8688円(税込)
  • 37800円(税込)
  • 10594円(税込)
  • 18900円(税込)
  • 16000円(税込)
  • 28510円(税込)
  • 9720円(税込)
  • 素材
  • 210DスノーダイアHTナイロン
  • 200D×900Dポリエステル
  • ナイロン/210 CORDURA
  • ナイロン、ポリエステル
  • N400r-AC2 ナイロン 6
  • ポリエステル
  • ドイター・スーパーポリテックス
  • 210Dナイロンダブルダイヤモンドリップスト
  • 210D DyneemaRリップストップCorduraRHTナイロン
  • 210Dヘビーツイルナイロン
  • 容量
  • 35L
  • 45L
  • 30+5L
  • 30L
  • 30L
  • 43L
  • 32L
  • 36L
  • 52L
  • 30L
  • 登山用途
  • 日帰り/山小屋泊
  • テント泊
  • 日帰り/小屋泊
  • 日帰り
  • 日帰り
  • 日帰り/テント泊
  • 日帰り/山小屋泊
  • 日帰り/山小屋泊
  • 山小屋泊/テント泊
  • 日帰り
  • 重さ
  • 1400g
  • 1290g
  • 1500g
  • 990g
  • 575g
  • 1250g
  • 1580g
  • 1450g
  • 1559g
  • 670g

まとめ

ここまで登山用ザックのおすすめ人気10選を紹介してきましたが、気になる商品はありましたでしょうか。登山用ザックを選ぶ際には、日帰り登山に使うのか、山小屋泊、テント泊で使うのかによって適した容量のザックを選ぶことが重要です。自分に合った登山用ザックを選んで、快適に登山を楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ