記事ID136503のサムネイル画像

【スムーズに会話する】補聴器のおすすめ人気商品ランキング10選

最近、妙に会話の声が聞きづらかったり、ちょっとしたことでも、聞き返したりしていませんか。自分が気づかないうちに、耳が遠くなっているかもしれません。そんな時には、補聴器を活用して、スムーズに会話ができるようにしましょう。より、楽しく話せますよ。

補聴器を使って、もっと会話を手軽に楽しみましょう。

補聴器とは、声などを電気的に増幅し、聴力の低下を補う機器となっています。補聴器を使い始めるきっかけとしては、会話が聞き取りづらかったり、何度も聞き返す頻度が増えた方が、主に使用されています。また、元々聴力が弱い方も、愛用しているアイテムです。

補聴器を上手に活用することで、会話がさらにスムーズに行え、楽しくお茶会や趣味などに、進んで行くことができるので、かなり便利でおすすめの商品です。今まででは生活しづらかった場面でも、補聴器を使用するだけで、かなり生活が楽に送れるでしょう。

そこで今回は、おすすめの補聴器をご紹介します。自分に合った補聴器であれば、早くから装着していても、聴力が落ちるなどの原因には直接的には繋がらないので、安心して使用していただけます。なので、補聴器を使って、もっと暮らしやすい毎日にしましょう。

補聴器の選び方

形状で選ぶ

色々な形状のものがありますが、当然メリット・デメリットがあります。なので、使用頻度や特徴を把握し、使いやすいものを選びましょう。

耳穴タイプを選ぶ

補聴器の中で最も一般的に使用されているタイプのものとして、耳穴タイプがあります。これは、直接耳の穴に装着するので、しっかりとフィットさせることができ、外れにくい特徴があります。というのも、オーダーメイドで作ることができるものもあります。

 

なので、自分の耳のサイズに合ったものを使用できるなど、かなり便利な形状になります。さらに、耳の穴に装着するので、目立ちにくいメリットがあります。そのため、幅広い年齢層で活用され、恥ずかしさなども隠せ、快適に会話などを行うことができます。

 

ただし、コンパクトサイズなので、本体の操作ボタンが押しにくかったり、バッテリーの持ちが良くないデメリットがあります。さらに、紛失しやすいので、しっかりと管理を行う必要があります。

耳掛けタイプを選ぶ

耳穴タイプに続いて、よく使用されているタイプとして、耳かけタイプがあります。使い方は、耳にかけるように使用します。まるでイヤホンのような感覚で使用できるので、サッと取り付けや外しが行え、大きさもそれなりにあるので、紛失しにくいメリットがあります。

 

種類も豊富なのでで、自由に選ぶことが可能です。さらに、電池交換も比較的楽に行えるので、手間などがいらず、幅広い聴力に対応しているタイプとなっています。ただし、耳穴タイプに比べると、目立ってしまいます。

 

特に、普段から眼鏡を掛けている場合は、装着しづらいので、眼鏡と一体になっているタイプがおすすめです。また、女性の方であれば、髪を耳に掛けてしまうと、誤って落としてしまうことがあるので、使用の際は注意しましょう。

ポケットタイプを選ぶ

今では比較的目立ちにくいものが販売されていますが、元々はこのポケットタイプが主流でした。小型ラジオのような形状をしていて、まるでラジオを聴いているかのように、装着するタイプとなっています。本体を胸ポケットに入れて、イヤホンを繋ぎながら使用するタイプです。

 

手元でスイッチやボリュームの調整ができます。そのため、操作がしやすく、微調整が行いやすいメリットがあります。また、マイクを相手の口元に近づけることで、騒音の中でもしっかりと聞くことができるので、あらゆる場面で使用したい場合は、このタイプがおすすめです。

 

ただし、一番目立つタイプになり、コードがあるので、時に使いにくさを感じてしまうことがあります。衣服の摩擦なども一緒に拾ってしまうこともあるので、使用頻度が少ない方に最適です。

スペックで選ぶ

自分に合った聴力レベルのものが、必要になります。そのため、時前にかかりつけの医師に相談し、適切なレベルのものを調べておきましょう。また、機能性が高ければ高いほど、快適に使用できます。

聴力レベルで選ぶ

聴力には度合いがあります。なので、どの程度の聴力レベルが必要なのか、あらかじめ把握しておく必要があります。特別生活に支障が出るわけでもないが、小さい声や音が聴こえにく軽度の場合は、25~50db程度のものがおすすめです。

 

また、何度も聞き返したり、聞こえづらく会話が途切れてしまう中度であれば、50~70db程度のものを選びましょう。さらに、大きい声でしゃべっていても、何をいっているのか聞き取れないといった、重度の方であれば、70~90db程度のものが必要になります。

 

一般的に販売されている補聴器は、軽度の場合は、耳穴タイプ・メガネ一体タイプ、中度の場合は、比較的全てのタイプが対応し、かなりスムーズに会話が聞き取れます。ただし、60db以上必要になると、耳掛けやポケットタイプでしか対応できないので注意しましょう。

機能で選ぶ

補聴器を長く使用するのであれば、機能性にも注目してみましょう。自動で音を調整できるものや、雑音を取り除いてくれる機能が備わっていると、しっかりと音を綺麗に聞き取ることができるので、こういった機能に注目してみてください。

 

また、車のクラクションなど、かなり大きな音が鳴った際に、自動でボリュームを抑えてくれる機能もあります。ただし、機能が高いものは、それだけ価格も上がるので、コストを抑えたい場合は、必要最低限の機能性が備わったものを選びましょう。

 

また、メンテナンスのしやすさも重要です。補聴器は定期的に電池を交換したり、汚れた際は拭いたりと、日々のケアが重要になります。長く綺麗に使用するためにも、どういったメンテナンスが必要になるのか、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

コスト・メーカーで選ぶ

補聴器は、手軽に購入できる価格のものばかりではありません。そのため、安いから、ずっと愛用しているメーカーだからと選ばず、しっかりと機能性や耐久性にもこだわりましょう。

コストで選ぶ

補聴器は、決して安いものではありません。もちろん、リーズナブルで購入できるものがあります。といっても、相場で大体3万~50万円程度になります。一般的によく購入されているものでも、約5万円程度とされています。

 

一番やすいタイプとして、ポケットタイプがあります。次に安いものは、耳掛けタイプ、最後に耳穴タイプとなります。といっても、機能性によってお値段が変動するので、予算との兼ね合いで決めましょう。補聴器の寿命は、約5年程度とされています。

 

5年経っても、メンテナンスを行える場合は、長く使い続けることが可能です。ただし、メンテナンスに思いのほか、費用がいることがあります。なので、あらかじめ購入しやすいものを選び、予算は無理のない範囲で設定しておくと良いと思います。

メーカーで選ぶ

補聴器を販売しているメーカーとして、主にオムロン・ニコンなどがあります。オムロンは、ヘルスケア商品を多数販売・製造しているメーカーで、補聴器においても、高い品質を誇ります。また、ニコンの補聴器は、高品質で、高度な技術が備わっています。

 

さらに、有名なメーカーとして、パナソニックなどの、世界的に親しまれているメーカーからも、実は補聴器は販売されています。このように、メーカーに絞って選ぶことで、色々なサービスを受けれることもあるので、チェックしてみましょう。

 

ただし、補聴器は決して安い商品ではありません。そのため、親しみのあるメーカーだからと選ばず、ロコミなどをチェックするようにしましょう。

補聴器の特性で選ぶ

補聴器には、主に3つの要素から構成されています。音を拾うマイク・音を増幅させるアンプ・音を出すスピーカーによって、周囲の音を聞き取ることができます。人は難聴になってしまうと、コミュニケーションが円滑にいかなかったりします。

 

よって、ストレスが溜まり、心身の健康など、様々な場面で支障ができることがあります。ただ、聞こえづらくなったからと、安心していてはいけません。なぜなら、耳が聞こえないまま放っておくと、さらに聞こえづらくなってしまうからです。

 

聞こえづらいまま、補聴器を付けずにいると、聞く力を低下させてしまいます。なので、補聴器を使って、聴覚に刺激を与える必要があります。ただ、早く補聴器を付けたからと、耳がさらに悪くなることはないので、早めに使用することが重要になります。

補聴器のおすすめランキング10選

第10位

ベルトーン

オリジン-1 Or-1-Beije

価格:26,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能な機能を搭載し、しっかりと騒音を防止します。

シンプルな形状ながら、多機能な補聴器で、便利でおすすめの商品です。非常に簡単な操作で使用でき、装着してもストレスを感じません。

 

また、高性能チップを搭載しているので、言葉の聞き取りが小さくならないように、常に監視しながら、ハウリングをしっかりと防止します。

 

最先端の技術を生かしたアイテムで、幅広い音に対応しています。耳に掛けるだけで使用できるので、装着も楽に行えます。

サイズ-重さ-
タイプ耳掛けタイプ充電電池式
機能音量調節・ナノブロック機能
第9位

パナソニック

アナログポケット型補聴器 WHA-25

価格:29,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アフターサービスもあるので、万が一の際も安心です。

見やすい音量ダイヤル・スイッチで、使いやすくなっています。信頼できる大手メーカーのパナソニック商品なので、アフターサービスも充実し、万が一の際にも安心です。

 

また、左右兼用なので、どちらの耳にも装着できます。操作も難しくないので、機械を使い慣れていない方にもおすすめです。

 

大きな声で話さなくても、これがあればスムーズに会話できるといった、ロコミが挙がっていました。効果もあるので、一度試してみましょう。

サイズ220×130×110mm重さ220g
タイプポケットタイプ充電電池式
機能音量調節機能
第8位

パイオニア

フェミミ VMR-M757

価格:20,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外れにくさなど、使いやすさにこだわられています。

電源を入れボリュームを調整するだけなので、手軽に使用できます。電池入れ替えの手間を軽減し、クレイドルによる置くだけで、簡単に充電が行えます。

 

デジタル特性を活かしたハウリング抑制搭載し、外れにくく圧迫感を解消した、イヤホンマイクと、小型軽量に仕上げています。

 

手軽な価格なのに、かなりハイスペックといった、ロコミが挙がっていました。イヤホンマイクは、改良を行い、外れやすさを改善しています。

サイズ1.4x3.4x7.6cm重さ358g
タイプポケットタイプ充電充電式
機能音量調節・ハウリングキャンセル機能
第7位

パイオニア

イヤーパートナー PHA-C11

価格:27,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能な補聴器が、パイオニアから初めて誕生しました。

ハウリング防止に効果的なデジタル方式で、人の声・車の警報音などの1000Hz前後の周波数帯を中心に増幅し、日常生活がもっとスムーズに行えます。踏み切りの警報音などの帯域を主に、音を増幅することで、聞こえにくさをサポートします。

 

また、プッシュボタン式音量選択を採用していて、初めての方にも扱いやすくなっています。イヤーチップはS・Mサイズに加え、様々な耳穴にフィットしやすい巻き込み形状なので、どなたにもしっかりとフィットします。

 

つけ心地も良く、生活が楽になったといった、ロコミが挙がっていました。耳あか詰まりを防ぐ、耳あかガードを付属しているので、清潔に長く使用できます。

サイズ0.58×20.89×13.72mm重さ1.05g
タイプ耳穴タイプ機能音量調節・ハウリングキャンセル機能
充電電池式
第6位

オムロンヘルスケア

イヤメイトデジタル AK-10

価格:21,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピーピー音もカットし、通話も楽々です。

デジタルなので、電話も快適で、大きな音も綺麗に聞くことが可能です。さらに、電話中のピーピー音をカットし、通話もスムーズに行えます。専用のケースが付き、クッション素材を採用しているので、保管も安心して行えます。

 

この補聴器には、あらかじめ交換用の電池が付くので、届いたその日から使用できます。音が歪にくいので、より鮮明な音をキャッチできます。

 

コスパガ良く、保管も手軽に行えるといった、ロコミが挙がっていました。耳に装着するだけなので、初めて使用される方にも、おすすめの商品となっています。

サイズ13.5×10.3×24.9mm重さ1.8g
タイプ耳穴タイプ機能ハウリングキャンセル機能
充電電池式
第5位

スカイチメ

電池式補聴器 HO5-6

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケース付きなので、いつでも清潔に使用できます。

耳穴タイプの補聴器で、サッと取り付けるだけなので、どなたでも気軽に使用できます。ベージュカラーなので、目立ちにくく、小型なので装着していても疲れません。

 

また、最大30倍まで音を増幅することができる、モデルとなっています。そのため、聞き取りづらかった音も、はっきりと聞くことができるので、以前よりも断然過ごしやすくなりますよ。

 

専用のケースも付いているので、保管が楽に行えるといった、ロコミが挙がっていました。収納ケースなどの付属品も備わっているので、失くしにくく長く使用できます。

サイズ-重さ59g
タイプ耳穴タイプ機能大音量機能
充電電池式
第4位

アネックス

効聴 KR-77

価格:214円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

左右で異なる調節ができるので、かなり便利です。

小さな音まではっきり聞こえ、会話を楽しく行えます。また、周波数を選別することで、周囲の雑音をカットして聞き取れるので、スムーズな会話を実現します。ポケットタイプながら、小型設計で邪魔になりません。

 

さらに、左右の音量バランスを調整でき、左右で聴力の異なる方に、便利な補聴器です。集音マイクが本体の外側に向いているため、ポケットに入れてもガサガサ音などの不快な雑音がありません。

 

左右異なる調節ができるので、かなり楽に話せるといった、ロコミが挙がっていました。嫌な摩擦音も感じにくいので、安心して使用できます。

サイズ14.5x9.7x2.9cm重さ95.3g
タイプポケットタイプ機能音量調節・雑音抑え機能
充電電池式
第3位

ロシヒ

充電式補聴器

価格:3,978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

技術を生かしているので、雑音を最低限に抑えています。

右耳でも左耳でもどちらでも装着でき、耳穴にスッポリ装着することが可能です。先進的な雑音抑えた技術を採用し、快適に会話など、日常生活を送れます。また、音をよく聞こえるように、機能性が抜群です。

 

この補聴器は、音量調節は5段階で設計されていて、本体の外側で直接にボタンを調整することができます。ただし、あまり大きな音量で長時間使用すると、耳が疲れやすいので、こまめに休憩を挟みましょう。

 

耳にもしっかりと密着するので、音を逃さないといった、ロコミが挙がっていました。軽量・小型のデザインとなっているので、持ち運びが楽に行えます。

サイズ-重さ168g
タイプ耳穴タイプ機能雑音抑え機能
充電プラグ式
第2位

ロシヒ

デジタルポケット

価格:3,370円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

異なるイヤーパッドが付くので、自分の耳の大きさに合わせられます。

コードと繋がっているので、紛失してしまう心配がありません。また、しっかりと耳にフィットさせることができるので、外れてしまう心配がありません。

 

さらに、雑音が小さく聞こえるので、不要な音からも解放されます。手軽に購入できる商品なので、プレゼントなどにも最適です。

 

操作がかなり簡単に行え、不要な音がしないので便利といった、ロコミが挙がっていました。耳穴のサイズに合わせる5つのイヤーパッド付きとなっているので、右左どちらの耳にも装着可能です。

サイズ6.6×4.3×1.6cm重さ118g
タイプポケットタイプ機能音量調節機能
充電電池式
第1位

リスネコ

充電式補聴器 JC-Y04-02

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアで綺麗な音が聞けるので、不快感が全くありません。

耳に掛けるだけで、簡単的に使用できる、小型で軽量の高性能補聴器となっています。集充電スタンドに差し込むだけで繰り返し使用ができるので、細かくて見えづらい電池交換を、行う必要がありません。

 

また、さりげない肌色で、どの角度から見ても目立ちにくく、快適に使用できます。大30倍まで音を増幅することが可能なので、聞き取りにくい音もはっきりと綺麗に聞くことができます。

 

正常に音が聞こえるので、会話もスムーズに行えるといった、ロコミが挙がっていました。手軽にご自宅で使用できるので、初めて使用される方にも、おすすめの補聴器です。

サイズ0.8×3.7cm重さ118g
タイプ耳掛けタイプ機能大音量機能
充電スタンド式

補聴器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4980204の画像

    リスネコ

  • 2
    アイテムID:4980211の画像

    ロシヒ

  • 3
    アイテムID:4980216の画像

    ロシヒ

  • 4
    アイテムID:4980278の画像

    アネックス

  • 5
    アイテムID:4980248の画像

    スカイチメ

  • 6
    アイテムID:4980253の画像

    オムロンヘルスケア

  • 7
    アイテムID:4980260の画像

    パイオニア

  • 8
    アイテムID:4980267の画像

    パイオニア

  • 9
    アイテムID:4980272の画像

    パナソニック

  • 10
    アイテムID:4980308の画像

    ベルトーン

  • 商品名
  • 充電式補聴器 JC-Y04-02
  • デジタルポケット
  • 充電式補聴器
  • 効聴 KR-77
  • 電池式補聴器 HO5-6
  • イヤメイトデジタル AK-10
  • イヤーパートナー PHA-C11
  • フェミミ VMR-M757
  • アナログポケット型補聴器 WHA-25
  • オリジン-1 Or-1-Beije
  • 特徴
  • クリアで綺麗な音が聞けるので、不快感が全くありません。
  • 異なるイヤーパッドが付くので、自分の耳の大きさに合わせられます。
  • 技術を生かしているので、雑音を最低限に抑えています。
  • 左右で異なる調節ができるので、かなり便利です。
  • ケース付きなので、いつでも清潔に使用できます。
  • ピーピー音もカットし、通話も楽々です。
  • 高機能な補聴器が、パイオニアから初めて誕生しました。
  • 外れにくさなど、使いやすさにこだわられています。
  • アフターサービスもあるので、万が一の際も安心です。
  • 高性能な機能を搭載し、しっかりと騒音を防止します。
  • 価格
  • 3999円(税込)
  • 3370円(税込)
  • 3978円(税込)
  • 214円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 21990円(税込)
  • 27800円(税込)
  • 20600円(税込)
  • 29999円(税込)
  • 26800円(税込)
  • サイズ
  • 0.8×3.7cm
  • 6.6×4.3×1.6cm
  • -
  • 14.5x9.7x2.9cm
  • -
  • 13.5×10.3×24.9mm
  • 0.58×20.89×13.72mm
  • 1.4x3.4x7.6cm
  • 220×130×110mm
  • -
  • 重さ
  • 118g
  • 118g
  • 168g
  • 95.3g
  • 59g
  • 1.8g
  • 1.05g
  • 358g
  • 220g
  • -
  • タイプ
  • 耳掛けタイプ
  • ポケットタイプ
  • 耳穴タイプ
  • ポケットタイプ
  • 耳穴タイプ
  • 耳穴タイプ
  • 耳穴タイプ
  • ポケットタイプ
  • ポケットタイプ
  • 耳掛けタイプ
  • 機能
  • 大音量機能
  • 音量調節機能
  • 雑音抑え機能
  • 音量調節・雑音抑え機能
  • 大音量機能
  • ハウリングキャンセル機能
  • 音量調節・ハウリングキャンセル機能
  • 音量調節・ハウリングキャンセル機能
  • 音量調節機能
  • 音量調節・ナノブロック機能
  • 充電
  • スタンド式
  • 電池式
  • プラグ式
  • 電池式
  • 電池式
  • 電池式
  • 電池式
  • 充電式
  • 電池式
  • 電池式

まとめ

今回は、おすすめの補聴器をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。通販でも購入できるので、かなり便利なアイテムです。ただし、自分に合ったものでないと、耳へ影響を及ぼしてしますことがあるので、初めて使用される場合は、できる限り診断を受けましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ