記事ID136498のサムネイル画像

【圧倒的な没入感】人気のPC用VRゴーグルおすすめランキング10選

PC用VRゴーグルなら、映画のスクリーン並みの映像やリアルなゲームを楽しめておすすめです。しかし高価なものが多く、買ったあとに後悔しないか不安になる人もいるでしょう。そこで、これからPC用VRゴーグルの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介していきます。

圧倒的な没入感を楽しめるPC用VR

スマートフォンやPS4でも対応のゴーグルを装着することで、VRを楽しめるでしょう。しかし、迫力に欠けます。せっかくVRで仮想世界を楽しむのなら、圧倒的な没入感があるPC用VRゴーグルがおすすめです。

 

現実の人間が動いているような滑らかな動きと、そこに自分が存在しているかのような感覚は、PC用VRだからこそ得られる体験。PC用VRゴーグルは高スペックなので、スマートフォンやPS4とは臨場感や迫力の大きさが違うのです。

 

そんな最高の娯楽体験を楽しめるPC用VRゴーグルですが、安いとはいえない値段で売られています。せっかく手にいれるのなら、後悔しないものが欲しい人は多いでしょう。そこで、これからPC用VRゴーグルの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。

PC用VRゴーグルの選び方

PC用VRを楽しむには、専用のゴーグルが必要です。安いものも高いものもありますが、何を基準に選ぶのが良いのでしょうか。PC用VRの選び方のポイントをこれからご紹介します。

没入感で選ぶ

PC用VRで重要なポイントは、没入感です。仮想空間を現実のもののように感じられれば、迫力や臨場感を楽しめるでしょう。

解像度

高解像度のPC用VRゴーグルなら、高い没入感を体験できます。解像度の高さは画像の細かさを示し、高ければ高いほど映像がきめ細かに見えるのです。鮮明な映像を見られるので、リアルな仮想空間に入り込むことができるかもしれません。

 

特に、2,880×1,600の高解像度であれば、フルHD以上の映像美を楽しむことができておすすめ。ただし、必要なPCのスペックも高くなります。現在お使いのPCのスペックが低い場合、動きがカクカクになったりするので注意しましょう。

 

とはいえ、1,920×1,080やでも充分に鮮明な映像を見られるので、多少解像度が低いものでも楽しめます。その分、遠くの景色が荒く見えてしまいますが、近くのものであればリアルな映像が見られるでしょう。

視野角

視野角が広いほど、VRゲームへの没入感は高まります。視野角の広さとは、映像を見渡せる範囲のこと。目の端から端まで映像を捉えられれば、それだけ現実世界と同じような景色を見られるのです。人間の視野角はおよそ垂直で110°、水平で210°だといわれています。

 

その値に近い視野角を選ぶと、没入感が高まるのでおすすめです。

リフレッシュレート

リフレッシュレートによって、映像の滑らかさに差が出ます。リフレッシュレートとは、1秒間で画面が切り替わる回数のこと。高い値であればヌルヌル映像が動き、現実に近い世界観を楽しむことができるでしょう。

 

映像美以外にもリフレッシュレートの高さは、酔いづらさと関係しています。90Hz以上なら現実と違和感のない動きを映像で見られるので、酔いを軽減してくれることでしょう。ただし、高いリフレッシュレートのPC用VRを使用する場合には、高スペックPCが必要です。

 

現在お使いのPCのスペックを確認の上、選ぶようにしましょう。

コンテンツの充実度で選ぶ

PC用VRゲームを遊びたい場合、気をつけておきたいポイントが2つあります。そこを見逃してしまえば、欲しかったゲームを遊べなかったりするので後悔するかもしれません。

まずは対応機種を確認

PC用VRゴーグルのメーカーによって、対応しているゲームの種類は違います。あるメーカーは豊富なタイトルをプレイでき、また別のは遊べる数が少ないということがあるのです。そのため、まずは自分が欲しいゲームが対応しているメーカーを選びましょう。

 

何本か欲しいゲームを先に選んでおき、それから対応するPC用VRゴーグルを選ぶと、後から後悔することもないでしょう。先に、各機種の販売サイトで対応しているゲームについて調べておくことをおすすめします。

ゲームの対応数はメーカーによって差がある

「Rift社」や「Vive社」のPC用VRは、基本的に多くのゲームが遊べます。この2社は、3000本以上のゲームを遊べるSteamと連携しており、コンテンツが充実しているのです。海外のゲームにも対応しているので、様々な種類のVRゲームが楽しめるでしょう。

 

中にはマイナーな作品もあり、お宝ゲームを探すのも良いかもしれません。もちろん、Steamはゲーム以外にもアプリケーションや動画作品も見られます。充実したコンテンツのPC用VRを選ぶのなら、Steamと連携しているものがおすすめだといえるでしょう。

用途に合わせて選ぶ

PC用VRの用途次第では、予算よりも安く買うことができます。動画を見る場合とゲームを遊びたい場合で、コスパの良い選び方を見ていきましょう。

動画のみなら安い

PC用VRゴーグルの値段は、安いもので3万円、高いものだと10万円を超えてきます。そのため、用途に合わせてPC用VRを選んで安く購入するのがおすすめです。もし、PC用VRで動画を見るだけであれば、解像度や視野角に注目するのがポイント

 

確かな映像美と余計な機能のないPC用VRなら、安く買えてコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。また、動画視聴用のPC用VRゴーグルならPCの必要スペックは高くなくていいので、新調する必要もなくてお得だといえます。

ゲームを遊ぶならパソコンのスペックに注意

ゲームを遊ぶためのPC用VRを選ぶ場合、高性能なグラフィックボードや大容量のメモリが必要となります。お使いのPCのスペックが足りていないと、ゲームの動きがカクカクになったり、動きが遅くなったりするでしょう。

 

そのため、快適に楽しむのならPCを買い換えるべきだといえます。PCに余計な費用がかさんでしまうので、PC用VRゴーグルはコスパの良いものを選ぶのがおすすめです。映像美には妥協をし、ゲームを遊ぶのに不足のない機能だけを搭載したものを選びましょう。

 

「Rift」社のPC用VRなら、充実したコンテンツと映像美が実現されていて、価格も安いのでおすすめ。ただし、PCの推奨スペックは「Intel i5-4590」、グラフィックボートは「NVIDIA GIX1060」、と高性能PCでしか対応しないものがあるので注意しましょう。

メガネに対応しているかで選ぶ

メガネを掛けている人は、メガネを外さなくても遊べるPC用VRゴーグルを選びましょう。レンズ部分が広いモデルであれば、支障なく遊べるかもしれません。また、メガネ対応モデルがあるので、PC用VRの公式サイトでその記載があるかをチェックするのも良いでしょう

 

メガネ対応であれば、レンズが曇りづらいように設計されています。中には、ピント合わせを自動で行ってくれるものもあり、そのPC用VRゴーグルなら裸眼で快適にプレイできておすすめです。

PC用VRゴーグルの人気ランキング10選

第10位

マウスコンピューター

VRヘッドマウントディスプレイ

価格:16,277円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてのPC用VRに最適

Steam VR対応のPC用VRゴーグルです。豊富な動画やゲーム、360°映像を楽しむことができ、コンテンツが充実しています。解像度は2kとなっており、まるで現実世界にいるかのような仮想現実を体験することができるでしょう

 

VRゴーグルを長時間付けたい人のために、装着感にもこだわりがあります。ヘッドバンドを調整できることから、重さが軽減されているのです。締め付けられすぎて画面に集中できない、ということも少ないでしょう。

 

このPC用VRゴーグルの値段は2万円を切っているにも関わらず、性能の高さには定評があります。PCとの接続にはUSB2.0を使うので、ポートを増設する必要もありません。コスパの良い商品だといえ、VR初心者におすすめです。

重量499g画面サイズ5.5インチ
解像度1,920×1,080視野角100°
リフレッシュレート60Hz
第9位

WWT

VR ゴーグル ヘッドセット

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽いしフィットする人間工学設計採用

余計なコードのない着け心地抜群のVRゴーグル。Wi-Fi接続に対応しているので、充電時以外にはパソコンとケーブルを繋ぐ必要がありません。重さ550g、人間工学に基づいた設計により、長時間の装着も疲れることなく楽しめるでしょう

 

映像美にも定評があります。1920×1080の高解像度と90Hzのリフレッシュレートにより、臨場感のある仮想空間が楽しめるでしょう。迫ってくるゲーム内の敵に心臓が高鳴る感覚を味わえるかもしれません。

 

また、視力に自信のない人にもおすすめです。高透過性非球面レンズが採用されているので、メガネをかけることなく画面を鮮明に見られます。画面の見え方を調整する必要もなく、普段メガネの人でも裸眼で迫力ある映像を楽しめることでしょう。

重量550g画面サイズ5インチ
解像度1,920×1,080視野角-
リフレッシュレート90Hz
第8位

Dell Computers

ヘッドマウントディスプレイ

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メガネを着けたまま快適にプレイできる

額にヘッドバンドがフィットするので、メガネを着けたまま装着できるようになっています。PC用VRゴーグルを付けるたびにメガネを外す必要がないのです。もし、VRに酔った場合には、フリップアドバイザー機能によって、レンズ部分だけ上に上げられます。

 

バンドを調整して着脱する必要がないので、酔いを軽減することができるでしょう。パソコンとVRゴーグルの接続は簡単です。外部カメラが必要なく、USBとHDMIを挿せばセッティングが完了します。すぐに仮想空間を楽しめるでしょう。

 

ゲームを遊ぶ際には、付属のコントローラーで高い動作性を体験することができます。前進も後退も、上下左右もキャラクターはプレイヤーの動きに合わせてくれるのです。ヘッドセットの高性能センサーが上手く連携して、リアルな仮想空間が体験できます。

重量590g画面サイズ2.89インチ
解像度1,440×1,440視野角110°
リフレッシュレート90Hz
第7位

Bestface

VRゴーグル pc用

価格:21,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人や建物がリアルに感じられる

こちらは、VR動画を見るのにおすすめなPC用VRゴーグルです。動画の画質で見られるのは、2,048×2,048やフルHD。4kウルトラHDともなると映像が途切れがちになるので、超高画質を見るのには向かないでしょう。

 

しかし、VR動画をこのゴーグルで実際に見てみると、自分の近くに人や建物が感じられるほどリアルになっています。視野角が110°なので、広い景色を見渡せるでしょう。家にいながら旅に出たような感覚が味わえるかもしれません。

 

購入の際に1点注意が必要なのが、HDMIケーブルです。HDMIケーブルはこのPC用VRゴーグルに付属しているので、誤って購入しないようにご注意ください。

重量998g画面サイズ5インチ
解像度1,920×1,080視野角110°
リフレッシュレート90Hz
第6位

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PlayStation VR

価格:42,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くVR動画を楽しむならこれ

PS4と一緒に使うことでVRゲームを楽しめる「PlayStationVR」ですが、PCでも使うことができます。PCとケーブルで繋ぐことで、VR映像を見られるのです。解像度は1,920×1,080、視野角が100°で没入感を楽しむことができます。

 

本体は新品でも4万ほどなので、映像美を楽しむならコスパの良い商品だといえるでしょう。もちろん、PC用のゲームもプレイできます。ただし、遊ぶには外部ツールをインストールする必要があり、接続設定でトラブルが起きることがあるかもしれません。

 

コスパ良くVR動画を楽しみたい人におすすめのVRゴーグルです。

重量600g画面サイズ5.7インチ
解像度1,920×1,080視野角約100°
リフレッシュレート90~120Hz
第5位

Acer

Windows Mixed Reality ヘッドセット

価格:92,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

仮想空間を歩いているようなリアル体験

気軽に設置できて仮想空間を楽しめるPC用VRゴーグルです。インサイドアウト方式のトラッキングシステムが内蔵されていることから、外部センサーを取り付ける必要がありません。セットアップが楽に簡単に行えるので、すぐに遊びたい人におすすめだといえます。

 

ゲームを遊ぶ時には、Steamからダウンロードができるので豊富な種類のゲームを楽しめるでしょう。また、ワールドスケールの複合現実が搭載されており、仮想空間を歩いているようなリアルな感覚を体験できます。

 

目の前で憧れの高級車を眺めたり、FPSで気持ちよく敵を倒したりでき、脳が興奮するほどの刺激が得られることでしょう。解像度は単眼で1,440×1,440もあり、その映像の臨場感に心が震えるかもしれません。

重量440g画面サイズ2.89インチ×2
解像度2,880×1,440視野角95°
リフレッシュレート60Hz(HDMI1.4) / 90Hz(HDMI2.0)
第4位

Lenovo (United States), Inc.

Explorer MR Headset Bundle

価格:59,620円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

そこにキャラクターが立っているような立体感

リアルさが追及されたPC用VRゴーグル。コントローラーが軽く、持っていることを忘れて仮しまうくらいゲームに没頭できます。解像度は2,880×1,440と非常に高いので、臨場感抜群。立体感にも定評があり、画面上のキャラクターとの近さに興奮することができます。

 

重さが380gと非常に軽いので、頭が疲れることなく楽しめるでしょう。操作も非常に簡単。コントローラーを1本操作するだけで、動画を見られます。また、セットアップに時間が掛からないのも特徴の1つです。

 

外部のカメラは必要ありませんし、接続はほぼ自動で行われます。部屋のスペースは広くなくても、腕を動かせる程度空間があれば問題ありません。1つ残念なところとしてゲームタイトルの少なさが挙げれますが、値段以上の感動を体験できるでしょう。

重量381g画面サイズ-
解像度2,880×1,440視野角110°
リフレッシュレート60~90Hz
第3位

HTC

VIVE

価格:92,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ルームスケールで最高の娯楽体験

高解像度と高いリフレッシュレート、さらに110°の広い視野が実現されたPC用VRゴーグル。映像がヌルヌル動き、爽快なアクションに気分が高揚することでしょう。ヘッドセットに付けられた32個のセンサーにより、360°プレイヤーの動作を追跡してくれます。

 

一番の特長は、ルームスケールで遊べること。自分の動きに合わせて正確にキャラクターが動くので、仮想空間だということを忘れるくらいリアルさを実感できるでしょう。座ることも立つことも歩くこともできます。

 

ただしルームスケールで遊ぶには、2m×2mのスペースが必要です。狭いスペースでは、遊んでいる最中に体をぶつける可能性があるので注意しましょう。Steamと提携しているので遊べるゲームタイトル数が多く、ゲーム好きな人におすすめです。

重量-画面サイズ-
解像度2,160×1,200視野角110°
リフレッシュレート90Hz
第2位

Oculus

Rift S

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動で瞳孔間距離を調整

5月21日発売の「Oculus Rift S」は、外部センサーを必要としない最新モデルです。5mの長さのケーブルをPCと接続することにより、VRを体験できます。それだけの長さがあるので、部屋の障害物を気にせずにプレイできるでしょう。

 

単眼の解像度は1,280×1,440、視野角は110°、リフレッシュレートは80hzとなっています。若干リフレッシュレートは低いですが、解像度と視野角は充分な性能なので、迫力ある映像を楽しめるでしょう。

 

ゲームプレイ中のピント合わせですが、このPC用VRには瞳孔間距離調整を自動で行う機能があり、自分で調整する必要はありません。ゲーム起動も早く、セッティングが終わればすぐにプレイできるでしょう。推奨スペック以上のパソコンを持っている人におすすめです。

重量-画面サイズ-
解像度2,560×1,440視野角110°
リフレッシュレート80Hz
第1位

HTC

VIVE PRO

価格:175,910円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遠くの建物までくっきり見える立体感

こちらは、HTCの販売するPC用VRゴーグルです。前のモデル「HTC VIVE」よりも高解像度で優れた音質が実現されているのが特徴。単眼で1,440×1,600、両目で2,880×1,600もの超高解像度なのです。

 

従来のPC用VRでは、遠くにある建物やキャラクターまでは細かく表現できていないものもありました。しかしこのPC用VRゴーグルなら、遠くにあるものでもかなり細かく、さらに立体的に見ることができるでしょう。

 

音質も高性能で、ハイレゾ対応のイヤフォンが搭載されています。最高のVR体験を望む人におすすめなPC用VRだといえるでしょう。また、メガネの人向けにゴーグルには空間が用意されているので、メガネを掛けたままでも曇りづらく快適にプレイできます。

重量約770g画面サイズ2×3.495インチ
解像度2,880×1,600視野角110°
リフレッシュレート90Hz

PC用VRゴーグルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4984308の画像

    HTC

  • 2
    アイテムID:4984278の画像

    Oculus

  • 3
    アイテムID:4983042の画像

    HTC

  • 4
    アイテムID:4982950の画像

    Lenovo (United States), Inc.

  • 5
    アイテムID:4982938の画像

    Acer

  • 6
    アイテムID:4982925の画像

    ソニー・インタラクティブエンタテインメント

  • 7
    アイテムID:4982922の画像

    Bestface

  • 8
    アイテムID:4982896の画像

    Dell Computers

  • 9
    アイテムID:4982893の画像

    WWT

  • 10
    アイテムID:4982890の画像

    マウスコンピューター

  • 商品名
  • VIVE PRO
  • Rift S
  • VIVE
  • Explorer MR Headset Bundle
  • Windows Mixed Reality ヘッドセット
  • PlayStation VR
  • VRゴーグル pc用
  • ヘッドマウントディスプレイ
  • VR ゴーグル ヘッドセット
  • VRヘッドマウントディスプレイ
  • 特徴
  • 遠くの建物までくっきり見える立体感
  • 自動で瞳孔間距離を調整
  • ルームスケールで最高の娯楽体験
  • そこにキャラクターが立っているような立体感
  • 仮想空間を歩いているようなリアル体験
  • 安くVR動画を楽しむならこれ
  • 人や建物がリアルに感じられる
  • メガネを着けたまま快適にプレイできる
  • 軽いしフィットする人間工学設計採用
  • 初めてのPC用VRに最適
  • 価格
  • 175910円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 92380円(税込)
  • 59620円(税込)
  • 92350円(税込)
  • 42000円(税込)
  • 21999円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 16277円(税込)
  • 重量
  • 約770g
  • -
  • -
  • 381g
  • 440g
  • 600g
  • 998g
  • 590g
  • 550g
  • 499g
  • 画面サイズ
  • 2×3.495インチ
  • -
  • -
  • -
  • 2.89インチ×2
  • 5.7インチ
  • 5インチ
  • 2.89インチ
  • 5インチ
  • 5.5インチ
  • 解像度
  • 2,880×1,600
  • 2,560×1,440
  • 2,160×1,200
  • 2,880×1,440
  • 2,880×1,440
  • 1,920×1,080
  • 1,920×1,080
  • 1,440×1,440
  • 1,920×1,080
  • 1,920×1,080
  • 視野角
  • 110°
  • 110°
  • 110°
  • 110°
  • 95°
  • 約100°
  • 110°
  • 110°
  • -
  • 100°
  • リフレッシュレート
  • 90Hz
  • 80Hz
  • 90Hz
  • 60~90Hz
  • 60Hz(HDMI1.4) / 90Hz(HDMI2.0)
  • 90~120Hz
  • 90Hz
  • 90Hz
  • 90Hz
  • 60Hz

まとめ

ここまで、PC用VRゴーグルの選び方のポイントやおすすめをご紹介してきました。PC用VRは求められるパソコンのスペックが高いので、まずは推奨スペックを確認することをおすすめします。PC用VRで圧倒的な没入感やリアルな体験を楽しんでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ