記事ID136484のサムネイル画像

【テント泊でも快適】人気キャンプマットのおすすめランキング10選

テント泊の際の寝心地を大きく左右するキャンプマット。キャンプで使うと使わないとでは最適さが大きく変わってくる重要なアイテム。今回は、キャンプマットのおすすめアイテムをランキング形式でご紹介していきます。ぜひ選ぶ時の参考にしてみてください。

テントでの快適さを左右するキャンプマット

キャンプマットは、テント内の快適さを大きく左右すると言われる重要なアイテムです。テントの中に敷いて地面の冷たさを遮断することができ、クッション性のある素材を用いているので、テント泊での寝心地を快適にしてくれます。

キャンプマットには、形状やサイズ、タイプなどさまざまな種類があります。また、できるだけ軽量で持ち運びしやすいものを選んでおくのも大きなポイントと言えます。キャンプだけでなく、さまざまなアウトドアシーンで活躍する便利なキャンプマット。

今回はキャンプマットの選び方やおすすめアイテムをご紹介していきます。ぜひ選ぶ時の参考にして、自分の使う目的に合ったお気に入りのキャンプマットで快適なキャンプを満喫しましょう。

キャンプマットの選び方

キャンプマットには、サイズやタイプなどさまざまなものがあります。選び方のいくつかのポイントをご紹介しますので、選ぶ際の参考にして自分の用途に合ったものを選びましょう。

タイプで選ぶ

キャンプマットはタイプにより分類することができます。それぞれの特徴についてご紹介していきましょう。

発泡素材マットを選ぶ

発泡素材のキャンプマットは、ウレタンマットや銀マットなどがこのタイプになります。中でも最も主流である銀マットは、丸めたり畳んだりすることが簡単にできるので持ち運びやすく、収納も便利です。真冬のテントキャンプ以外の使用であれば、銀マットだけでも十分な断熱効果が得られます。

また、合成樹脂素材を使用したウレタンマットであれば、銀マットよりも優れた断熱効果が得られるため、真冬のテント泊でも安心です。ウレタンマットは、銀マットに比べて収納時に嵩張りますが、軽量なものが多いため意外と持ち運やすいのも魅力です。

エアー式マットを選ぶ

エアー式マットは、中に空気を入れて使用するタイプになります。空気を注入する方法は、ポンプや空気注入器などがあります。エアー式マットは、地面との間に空気の層ができるため、発泡素材マットに比べて高い断熱効果があります。空気を入れることで厚みを確保することができるので、寝心地も抜群です。

また、空気を抜いた状態であればコンパクトになるため収納にも便利です。中には、10回ほど息を入れるだけで簡単に膨らますことができるタイプのものもありますのでチェックしてみましょう。

インフレーター式を選ぶ

空気を入れる手間や時間がかることが気になるという方には、エアー式マットの中でもインフレーターマットがおすすめです。インフレーター式のマットは、中にある特殊なスポンジや特殊なバルブにより自動的に膨らむ仕組みになっています。

自動的に膨らむので、一般的な注入式のエアマットに比べて短時間で膨らます作業が完了します。また、使用後は簡単に空気を抜くことができるので手間がかからずおすすめです。

ブラントで選ぶ

キャンプマットはさまざまなアウトドアブランドでも多く展開されています。代表的なメーカーをご紹介しましょう。

サーマレスト(THERMAREST)で選ぶ

1972年に創立されたアメリカのアウトドアブランドである「サーマレスト」。アウトドアアイテム中でも、数多くのキャンプマットを展開し続けており、世界中の愛用者から高い支持を受け続けています。

サーマレストの定番商品とも言える「Zライト ソル」をはじめ、クローズドマットの種類だけでも豊富に揃っているのが特徴です。

コールマン(Coleman)で選ぶ

1901年創立以来、言わずと知れたアメリカのアウトドアの定番ブランドである「コールマン」。さまざまなアウトドアアイテムを豊富に展開しているブランドです。元々ガソリンを使ったランタンが発端になり、アウトドア用の明かりの分野に幅広くアイテムが展開されています。

60年代からはテントなどのキャンプ用アイテム全般において展開し始め、今ではアウトドア用品の総合メーカーとして知られています。キャンプマットの種類も豊富に揃っています。

スノーピーク(snow peak)で選ぶ

1958年に設立された新潟県の三条市に本社を構える日本のアウトドアメーカーである「スノーピーク」。高品質で高機能な幅広いアウトドア用品を展開しています。日本のメーカーならではのきめ細かい配慮が随所に取り入れられた製品には高い信頼を集めています。

スノーピークのキャンプマットではインフレーター式のマットが多く展開されています。優れたクッション性があり抜群の寝心地を提供し、さらに耐久性が高く多くの愛用者から支持され続けています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)で選ぶ

新潟県三条市で1976年に設立された日本のアウトドアブラントである「キャプテンスタッグ」は、キャンプ用の調理器具を中心にさまざまなアウトドア用品を展開しています。高品質でありながらリーズナブルな価格帯であるのも魅力です。

キャプテンスタッグのキャンプマットはリーズナブルでありながら高品質で寝心地が良いと多くのキャンパーから支持されています。

ロゴス(LOGOS)で選ぶ

さまざまなアウトドアアイテムを数多く展開し続けている「ロゴス」は1985年に設立されました。以来、さまざまなアウトドアアイテムを通してユニークな製品を数多く生み出しています。

登山やキャンプだけでなく、休日に屋外で気軽に楽しむためのアイテムなど豊富にラインナップされています。ロゴスのキャンプマットは、キャンプだけではなく普段使いにも使えると人気の高いアイテムが多く展開されています。

サイズの違いで選ぶ

キャンプマットには、さまざまなサイズのものがあります。使用する目的や自分の体に合った最適なサイズのものを選びましょう。

小さいサイズのマットを選ぶ

テントの中で使用するキャンプマットは基本的にシュラフの下に敷いて使用しますので、1人用のキャンプマットであれば、シュラフと同じサイズであれば十分です。キャンプをする場所の地面の状態によっては、さらに銀マットを敷いておくと安心です。

小さいサイズのキャンプマットであれば、できるだけ嵩張らずに済ませたい登山用の荷物であっても多きを気にすることなく気軽に持ち歩くことができるのでおすすめです。複数の1人用のマットを連結できるタイプもあるのでチェックしてみましょう。

大きいサイズのマットを選ぶ

基本的にシュラフの下に敷いて使用するキャンプマットですが、多人数用の広いテントで使用する場合やテント内で過ごす時間が長い時には、広い面積に敷けるマットであればより快適なキャンプができます。

寝る目的以外でもテントを張る場所の地面が平らな状態でなければ大きなマットを敷いておくと安心です。ウレタンマットや銀マットなど多少嵩張りますが、軽量なマットであれば移動も簡単でおすすめです。

使い心地によって選ぶ

キャンプマットはさまざまものがありますが、自分が求める使い心地によって選んでみましょう。

寝心地を重視して選ぶ

寝心地を重視してキャンプマットを選ぶ場合は、厚みが重要なポイントとなります。マットの厚みは約4センチ以上を目安にして選べば、テント泊でも快適な寝心地を得ることができます。

逆に、厚みが薄いものを使用した場合、特にテントを張る場所に石が多い地面であれば快適に眠ることができませんので注意しましょう。その場合は、銀マットなどを重ねて敷くことをおすすめします。

保温性を重視して選ぶ

保温性を重視してキャンプマットを選びたいという方には、エアー式マットがおすすめです。エアー式のマットは、地面との間に空気の層を作るため、キャンプマットの中でも最も保温性の高いタイプになります。

また、寝心地も快適ですので、全体的にバランスの取れているマットと言えます。

手軽さ重視で選ぶ

できるだけ時間や手間を省きたいという方には、インフレーター式のエアマットがおすすめです。インフレーター式のエアマットであれば、バルブを開けるだけで自動的に簡単に膨らむため、ポンプなどで空気を入れる手間が省けます。

手軽に好みの厚さに調整できるのも魅力です。空気を入れる手間や時間をかけずに快適な寝心地も得ることができるのでおすすめです。

価格や収納のしやすさで選ぶ

キャンプマットは価格帯収納する際の大きさもさまざまです。自分のニーズにあったものを選びましょう。

コスパを重視して選ぶ

快適な寝心地よりもコスパ重視という方には、発泡素材のマットがおすすめです。ウレタンマットや銀マットなどの発泡素材のマットは、安価で手に入れやすく耐久性が高いため、おすすめです。

銀マットやウレタンマットの多くは、好みに合わせて自由にカットできるため、気軽にサイズを調整できる点も魅力です。

収納性を重視して選ぶ

登山キャンプなどで荷物をできるだけコンパクトにしたいという方であれば、エアマットがおすすめです。エアマットはキャンプマットの中でも最もコンパクトに収納することができるマットです。

空気を抜いて丸めて専用の収納袋に入れるタイプのエアマットであれば、コンパクトな上に軽くて持ち運びやすく、また使用後に収納しておくのにも便利です。

キャンプマット人気ランキング10選

第10位

THERMAREST(サーマレスト)

クローズドセルマットレス  Zライト ソル

価格:6,482円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の保温力が魅力

サーマレストの「Zライトソル」は、多くのキャンパーに愛され続けています。簡単に折り畳むことができるジャバラ式のクローズドセルマットは使いやすくて便利です。表面にはアルミ加工が施されているため、断熱性に優れ、アルミ加工なしのマットに比べ保温力が20%も向上しています。

これ1枚で真冬以外の3シーズンで使用することが可能です。また、重さ410gという軽量タイプな上に弾力性が高く心地よい寝心地を提供します。

タイプクローズドセルマット空気の入れやすさ
厚み2cmサイズ183×51cm
重さ410g収納性(収納サイズ)―(51×15×13cm)
第9位

武田コーポレーション

インフレーターマット

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫なリップストップ素材により優れた耐久性を実現

独自の丈夫な素材「リップストップ」を使用しているため、地面のコンディションが悪い場所で使用しても穴が開いたり、破れたりする心配もなく安心して使用できます。4センチもの厚さがあるため、抜群の寝心地です。

ただ、重量がありますので登山キャンプには不向きですが、荷物の重さを気にしないオートキャンプなどでの使用に適しているマットと言えます。

タイプインフレーターマット空気の入れやすさ
厚み4cmサイズ186×62cm
重さ1,670g収納性(収納サイズ)×(65×13.5cm)
第8位

コンポジット

エアベッド

価格:4,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

23センチの厚みで極上の寝心地!

キャンプであっても寝心地の良さを追求したい方にはおすすめのフィールドアのエアマットです。厚さが23センチもありますので断熱効果も高く、テントを張る地面のコンディションを気にすることなく極上な寝心地を提供することができます。

膨らませた時のサイズからは想像できないほどコンパクトに収納することができるのも魅力です。

タイプエアマット空気の入れやすさ〇(逆流防止弁付き)
厚み23cmサイズ185×135cm
重さ2,600g収納性(収納サイズ)
第7位

LICLI

エアーマット エアーピロー付き

価格:3,160円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

面倒な空気入れも女性や子供でも簡単!

LICLIのエアマットは、便利な枕付きですのでキャンプでも快適に眠ることができます。インフレータ式ではありませんが、簡単に空気を入れられる仕組みになっていますので、女性やお子様でも安心です。

膨らませた時のマットの厚みは約6センチありますので寝心地も抜群です。空気を抜いた後、専用の収納袋に入れれば手のひらサイズの超コンパクトになるのもおすすめのポイントです。

タイプエアマット空気の入れやすさ〇(逆流防止弁付き)
厚み6cmサイズ190×55cm
重さ約500g収納性(収納サイズ)〇(20×8cm)
第6位

COVE inc

インフレータブル キャンピングマット

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い終わったら丸めるだけで収納OK

BLUE COVEのインフレータ式のマットです。インフレータ式ですので使用後はバルブの方向に向かって丸めるだけで自動的に空気が抜けるため、収納も簡単です。

また、特殊なタフタポリエステル素材を使用しているので丈夫で優れた耐久性があります。表面には防水性の高いPVCコーティング加工が施されているため濡れる心配もなく安心です。

タイプインフレーターマット空気の入れやすさ
厚み2.5cmサイズ180×50cm
重さ 937g収納性(収納サイズ) 〇(26×15cm)
第5位

Hilander(ハイランダー)

スエードインフレーターマット

価格:8,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌触りの良いスエード素材が心地いい

表面にスエード素材が使用されているため肌触りが良く、ビニール特有の冷たさがありません。また裏面に施された滑り止め加工によりマットのズレを軽減することができます。

膨らませた時のマットは約9センチの厚みがありますので断熱効果も高く、テント下の地面のコンディションを気にすることなく安心して快適な眠りを得ることができます。

タイプインフレーターマット空気の入れやすさ
厚み9cmサイズ192×65cm
重さ収納性(収納サイズ)△(65×25cm)
第4位

KOOLSEY

エアーマット

価格:3,199円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

連結できるのでさまざまな大きさに対応

KOOLSENのキャンプマットは、スナップを留めて連結して使用できるのが特徴です。もちろん単体での使用もできますが、複数のマットを連結することができるため、大人数でのファミリーキャンプなどには最適です。

テントの広さに合わせて自由に組み合わせることができるのが魅力です。大型バルブで時間をかけずに空気を入れることができるのもおすすめポイントです。

タイプインフレーターマット空気の入れやすさ〇(大型バルブ)
厚み2.8cmサイズ187×67cm
重さ1,600g収納性(収納サイズ)〇(38×17cm)
第3位

ウェイモール(WEIMALL)

キャンピングマット

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インフレータ式でありながらリーズナブル

キャンプマットをできるだけリーズナブルに購入したい方にはおすすめのキャンプマットです。インフレーター式でありながらもリーズナブルな価格帯が魅力です。初めてキャンプマットを購入するという方にもお手頃ですのでおすすめです。

リーズナブルでありながらも寝心地は十分です。使用後はコンパクトに収納することが可能ですので、携帯しやすく登山キャンプであっても荷物の邪魔にならないのでおすすめです。

タイプインフレーターマット空気の入れやすさ〇(大型バルブ)
厚み3cmサイズ180×59cm
重さ1,000g収納性(収納サイズ)△(60×13cm)
第2位

KingCamp

エアーマット

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バルブを開けるだけで簡単に膨らむ

膨らませた時のマットの厚さは約3センチありますので断熱性も高く、裏面には防水加工が施されているため地面の水分が浸み込む心配もなく安心して使用できます。

インフレータ式のマットでありながらリーズナブルな価格も魅力です。体に当たる面には通気性の高いオックスフォード素材を使用してるので蒸れにくく快適です。コンパクトに収納でき、便利な枕付きなのもおすすめのポイントです。

タイプインフレーターマット空気の入れやすさ〇(大型バルブ)
厚み3cmサイズ183×51cm
重さ1,200g収納性(収納サイズ)〇(29×16cm)
第1位

LEEPWEI

エアーマット

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何と10回息を入れるだけで膨らむ!

LEEPWEI エアーマットは、インフレーター式ではありませんが、特殊な二重バルブを採用しているため、何と10回程度息を入れるだけで完全に膨らますことができるのが特徴です。

また、空気を抜く作業もほんの数秒で完了してしまう手軽さも魅力です。丈夫な多層構造のTPUダブルと40Dナイロン素材を使用しているため、耐久性に優れています。500gと軽量で専用の収納袋にコンパクトに収まるので持ち運びがラクなのもおすすめのポイントです。

タイプエアマット空気の入れやすさ〇(二重バルブ)
厚み6cmサイズ190×55cm
重さ500g収納性(収納サイズ)〇(23×8cm)

キャンプマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4979786の画像

    LEEPWEI

  • 2
    アイテムID:4979764の画像

    KingCamp

  • 3
    アイテムID:4979753の画像

    ウェイモール(WEIMALL)

  • 4
    アイテムID:4979725の画像

    KOOLSEY

  • 5
    アイテムID:4979700の画像

    Hilander(ハイランダー)

  • 6
    アイテムID:4979685の画像

    COVE inc

  • 7
    アイテムID:4979653の画像

    LICLI

  • 8
    アイテムID:4979636の画像

    コンポジット

  • 9
    アイテムID:4979629の画像

    武田コーポレーション

  • 10
    アイテムID:4979589の画像

    THERMAREST(サーマレスト)

  • 商品名
  • エアーマット
  • エアーマット
  • キャンピングマット
  • エアーマット
  • スエードインフレーターマット
  • インフレータブル キャンピングマット
  • エアーマット エアーピロー付き
  • エアベッド
  • インフレーターマット
  • クローズドセルマットレス  Zライト ソル
  • 特徴
  • 何と10回息を入れるだけで膨らむ!
  • バルブを開けるだけで簡単に膨らむ
  • インフレータ式でありながらリーズナブル
  • 連結できるのでさまざまな大きさに対応
  • 肌触りの良いスエード素材が心地いい
  • 使い終わったら丸めるだけで収納OK
  • 面倒な空気入れも女性や子供でも簡単!
  • 23センチの厚みで極上の寝心地!
  • 丈夫なリップストップ素材により優れた耐久性を実現
  • 抜群の保温力が魅力
  • 価格
  • 3599円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 3199円(税込)
  • 8160円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 3160円(税込)
  • 4100円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 6482円(税込)
  • タイプ
  • エアマット
  • インフレーターマット
  • インフレーターマット
  • インフレーターマット
  • インフレーターマット
  • インフレーターマット
  • エアマット
  • エアマット
  • インフレーターマット
  • クローズドセルマット
  • 空気の入れやすさ
  • 〇(二重バルブ)
  • 〇(大型バルブ)
  • 〇(大型バルブ)
  • 〇(大型バルブ)
  • 〇(逆流防止弁付き)
  • 〇(逆流防止弁付き)
  • 厚み
  • 6cm
  • 3cm
  • 3cm
  • 2.8cm
  • 9cm
  • 2.5cm
  • 6cm
  • 23cm
  • 4cm
  • 2cm
  • サイズ
  • 190×55cm
  • 183×51cm
  • 180×59cm
  • 187×67cm
  • 192×65cm
  • 180×50cm
  • 190×55cm
  • 185×135cm
  • 186×62cm
  • 183×51cm
  • 重さ
  • 500g
  • 1,200g
  • 1,000g
  • 1,600g
  • 937g
  • 約500g
  • 2,600g
  • 1,670g
  • 410g
  • 収納性(収納サイズ)
  • 〇(23×8cm)
  • 〇(29×16cm)
  • △(60×13cm)
  • 〇(38×17cm)
  • △(65×25cm)
  • 〇(26×15cm)
  • 〇(20×8cm)
  • ×(65×13.5cm)
  • ―(51×15×13cm)

まとめ

キャンプマットの選び方のポイントや人気商品をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。今回ご紹介したことを参考にして、ぜひ自分でキャンプをする時にピッタリ合ったキャンプマットを選んで快適なキャンプに取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ