記事ID136472のサムネイル画像

【知っておくと便利】英語の長文対策おすすめの本ランキング10選

英語の勉強の中でも、苦手されているのが長文問題です。長文問題を解くには英語の基礎を知っていることはもちろん解くコツも熟知しておくことが必要です。そこで今回は、英語の長文問題を解くためのコツを学べる、おすすめの英語の長文対策テキストをランキング形式で紹介します。

英語の長文問題が得意だと試験にも強い

高校受験をはじめ大学受験のセンター試験では、試験科目である英語は誰しもが受ける科目の一つです。英語は得意な人もいれば苦手な人もいます。英語が苦手な人の中でも、長文問題だけが難しく、思うように解けないことが原因で苦手意識を持ってしまうこともよくあります。

 

英語の長文問題は、一つ一つの英単語の意味や使い方を知っておくことで、問題が解き安くなっています。英語の基礎をしっかりと理解していることで、応用の長文問題がさらに分かりやすくなります。長文問題が得意な人には共通して実行しているコツがいくつかあります。

 

長文問題が得意になると、普段のテストや大事な試験などでも大きく点数に差が出てきます。ここでは、長文問題を学習する上で、独学でも役に立つ長文対策のテキストを紹介していきます。ぜひ、自分に合った長文対策のテキストを見つけて活用しましょう。

英語の長文対策の選び方

英語の長文問題の対策をするのに、どのテキストを選んで良いか分からない時があります。そこで、英語の長文対策テキストの選び方を紹介していきます。テキストは様々な出版社から出版されておりたくさんの種類があります。そこで、自分に合った種類のテキストを選びましょう。

自分のレベルに合ったものから選ぶ

ほとんどの英語のテキストは、レベル別になって収録されています。英語のレベルは英語の最初の基礎から学びはじめる初級者向けや、基礎が身につき次のステージにステップアップした中級者向け、そしてさらに上を目指す上級者向けです。まずは自分のレベルを知りましょう。

初級者向け

まず、初級者向けの英語の長文対策のテキストは、ある程度の英語の基礎を理解していることが必要不可欠です。まず、英単語の意味を知る名詞をはじめ、動詞、形容詞など最低限の英単語を知っていることが問題を解く上で大切です。

 

初級者向けのテキストであれば、長文問題でも5行〜10行ほどにある程度短くまとめられているものもあります。また、長文問題の中で使用されている英単語の意味も難しくないものなので、長文を解きやすいように工夫されているので、はじめからつまずきにくくなっています。

中級者向け

中級者向けの長文対策のテキストであれば、英語の基礎をすでにきちんと理解している設定で問題が作られています。初級者向けの長文問題のテキストだと、簡単に感じる場合やさらに長文問題に挑戦したい人におすすめです。

 

中級者向けの長文対策のテキストになると、高校受験をはじめ、英語に関する試験対策でも出題されるレベルになるので、中級者向けのテキストを使うことでそれらの対策にもなります。中級者向けのテキストは、何度も使用できるものがおすすめです。

上級者向け

大学受験のセンター試験までとなると、長文対策のテキストも上級者向けで十分に対策ができます。英語を学び始めて、中学から高校と6年間学んだ英語の知識を使って解くことが必要になるのが上級者向けの長文対策のテキストです。

 

上級者向けの英語のテキストとなると、英語の長文の長さもとても長くなります。英語のテキストの大きさによっては、片面1ページ全部が長文問題になっていることもあります。長文問題は、何度も解くことでコツをつかむことができるので、さらに上を目指す人におすすめです。

目的に合ったものから選ぶ

英語の長文対策のテキストと一つにまとめてしまっても、その長文対策にもいくつか種類があります。英語を学ぶことは、学生であれば授業の一環ですが、社会人になってから独学で勉強する人もいます。そこで、自分が長文問題を勉強する目的に合わせてテキストを選びましょう。

高校入試やセンター試験の対策用

英語の長文問題は、高校入試の問題や大学入試のセンター試験などでも科目の英語で出題される問題の一つです。長文問題をスムーズに解くには、ある程度の英語の基礎を知っていることが大切です。

 

高校入試でも、大学入試のセンター試験でも試験時間が決まっているので、一つの問題に時間をかけすぎて、他の問題を解く時間が無くなってしまっては意味がありません。そこで、それぞれの試験対策のために収録された、長文問題の対策のテキストを選んでみるのもおすすめです。

日本英語検定の対策用

年齢に関係なく、小学生から社会人、年配の方が気軽に自分の英語の実力を知ることができるための検定が「日本英語検定」です。英語検定は、日本全国で受けることができ、5級から1級までと、自分のレベルに合わせた級を受験することができるので人気の高い検定の一つです。

 

その英語検定でも、級によっては多少の違いはありますが、問題の終盤には長文問題があります。級が上がるにつれて、長文問題のレベルも難しくなります。そこで英語検定を受験しようと思っている人には、英語検定のそれぞれの級に合わせた検定対策のテキストがおすすめです。

TOEICなどの試験対策用

大学生をはじめ、社会人にとても人気があるのがTOEICなどの海外でも通用する英語の検定です。TOEICは、級でレベル分けがされておらず、満点を990点に定めそれぞれの個人のスコアで、英語のレベルを表示してくれます。そのため、日本では就職活動のために取得する人もいます。

 

就職するためだけではなく、自分の英語レベルを知るためや海外に留学をしたいと思っている人など、TOEICを受験する人の目的は人それぞれです。TOEICにも、長文問題がありその回答によってはスコアが大きく変わってきます。TOEICを受験する人は専用のテキストがおすすめです。

テキストの内容を重視して選ぶ

英語の長文問題のテキストを選ぶ上で、自分に合ったテキストを選ぶのがおすすめです。現在たくさんの出版社から様々な種類のテキストが出版されているので、それぞれのテキストを実際にみて、テキストの内容が充実していることや使いやすさから選んでみましょう。

CDが付属されているもの

英語の長文対策のテキストの中には、長文問題の解説だけではなく、付属品として長文問題をそのまま録音しているCDが付いているものも出版されています。長文問題は、解く問題の数をこなしコツを掴んでいくイメージがありますが、リスニングをすることもおすすめです。

 

長文問題が苦手な人でも、リスニングは得意という人もいます。そこで、自分の英語に対する得意な部分を生かしながら、苦手な部分を克服していく方法もあります。長文問題だけのテキストではなく、リスニングも同時にできる付属のCDが付いているものを選びましょう。

解説が分かりやすいもの

英語の長文問題が苦手な人におすすめなのが、長文問題の解説が分かりやすいものです。長文問題が苦手と感じるのは、すでに長文問題そのものを理解していない分からない場合が多いです。そこで、長文問題の回答部分から、問題の解説が分かりやすいものにしましょう。

 

長文問題のテキストの解説は、実際に自分の目でテキストを開いて、読んでみることが大切です。他の人が解説が分かりやすいと言っていても、その分かりやすさは人それぞれです。そこでテキストを選ぶ為にも、実際に問題の解説が自分に合ったものを選びましょう

収録されている問題の数が多いもの

英語の基礎知識をしっかりと理解している人であれば、英語の長文問題は自分の実力だめしになります。そこで、英語の長文問題をたくさん解きたいと思っている人には、テキストに収録されている長文問題の数が多いものがおすすめです。

 

英語のテキストの種類によって、収録されている長文問題の数も違いますが、長文問題の長さも大きく違ってきます。テキストの大きさによりますが、長い英文だと1ページを超えるものもあります。たくさんの問題に挑戦したい人には、収録されている問題数が多いものがおすすめです。

おすすめの英語長文対策の本ランキング10選

第10位

桐原書店

ハイパートレーニング

価格:1,416円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超基礎から読解力を身につける

長文問題を学ぶ上で、初心者向けとしておすすめなのが、桐原書店から出版されている「ハイパートレーニング」です。ハイパートレーニングはレベル別に種類があり、これから長文問題に挑戦する人にも分かりやすい内容になっています。

 

読解力を身につけるのに最適な内容を重視しているので、一つ一つの問題に対して、正しく正解に導くように工夫もされています。そしてページごとにテーマに沿って長文の解き方のコツを解説してくれています。英文の構造を視覚で覚えられるなど、初心者におすすめの一冊です。

ページ数206ページ対象レベル初級者向け
第9位

学研マーケティング

イチから鍛える英語長文500

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何度も繰り返し使えるテキスト

500語程度の長文を収録した長文問題の対策テキストです。長文問題の読解力をつけるための方法や長文問題によく出るパターンを収録することで、解答率をあげる工夫がされています。テキストには、付属のCDが付いているので英文の音読も同時にできるのでおすすめです。

 

ほとんどの長文問題の対策テキストは、一通り使用して終わってしまう人が多い傾向がありますが、「イチから鍛える英語長文500」では、何度でも繰り返しテキストを使って長文問題を挑戦することができます。長文問題を一から鍛えたい人、初心者におすすめの一冊です。

ページ数197ページ対象レベル初級者向け
第8位

KADOKAWA

関正生の英語長文プラチナルール

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的支持を誇る関正夫先生の作品

学生に人気のある塾講師「関正夫先生」の予備校の英語の授業90分間を、一講ごとに収録した、これから大学受験のセンター試験を受ける学生におすすめの対策テキストです。志望校に合格したいと思って勉強を頑張っている人には、何度も使っても後悔しない一冊です。

 

長文問題が苦手な人や長文問題の解説が理解できずに困っている人にも、解答が分かりやすいのが人気の一つです。ひとつひとつ丁寧に解答しているので、つまづきがなく一題終わるたびに、自分の長文読解力の成長に自信を持つことができます。

ページ数239ページ対象レベル中級者向け
第7位

研究社

英語長文読解教室

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いこなすことで長文読解に強くなる

研究社から出版されている「英語長文読解教室 」は、過去の入試問題から頻出の多い問題のタイプを選び、精選した問題を収録した長文対策のテキストです。過去の入試問題を参照しているので、これから受験を控えている学生さんたちにおすすめの問題集でもあります。

 

長文問題は過去の入試問題なので、ある程度の入試問題のイメージをすることができますが、解説が他の参考書等に比べて少ないので、長文問題の対策を独学で初めてする人には不向きな部分もあります。ある程度の英語の基礎を知っている人、中級者向けにおすすめの一冊です。

ページ数294ページ対象レベル中級者向け
第6位

旺文社

基礎英語長文問題精講

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

英語の基礎がすでに身についている人向け

旺文社から出版された「基礎英語長文問題精講」は、時事的題材を多用する最近の入試傾向に合わせた内容でまとめられています。高校英語で必需の頻出と重要テーマが満載に収録された、現役高校生が英語の授業と並行して勉強に取り組むことができる長文対策のテキストです。

 

長文問題の基礎をはじめ、標準から応用まで幅広い範囲の問題なので、自分の英語レベルに合わせてページを進むことができる魅力もあります。旺文社から出版されたシリーズのテキストなので、苦手な長文問題だけではなく、英作文や英文法のみのテキストも出版されています。

 

苦手な長文問題と英文法など、同じシリーズの参考書で独自に英語対策をするのにもおすすめの一冊です。「基礎英語長文問題精講」は長文の問題数が多いので、何度も問題を繰り返して使うことができるのも人気の理由です。基礎をしっかり固めたい人におすすめの一冊です。

ページ数288ページ対象レベル中級者向け
第5位

アルク

すべての悩みは量が解決する!

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

英語の悩み全てを解決してくれる一冊

日本人は、他の英語圏以外の国の人と比べて英語に対しての苦手意識が高いと言われ、中学生から英語の勉強をしているのにも関わらず、英語を話すことができる人が少ないのも日本人の特徴として外国人から思われています。

 

そこで、日本人の英語に対する悩み全てを解決してくれるのが、アルク出版の「すべての悩みは量が解決する!」です。この一冊で、苦手だった英語の長文問題をはじめ様々な英語のでも悩みを解決してくれると読者から高評価を得ています。

 

英語の苦手意識を無くすために、イラストから英語に触れて無理なく英語を大量に吸収していけるように工夫されています。英語で重要視されている暗記や努力を除いて、自分に無理なく自分のレベルに合わせて、英語の勉強を効率よくできるおすすめのテキストです。

ページ数275ページ対象レベル初級者向け
第4位

ナガセ

英語長文レベル別問題集

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分のレベルに合わせたテキスト

ナガセ出版社から出版されている「英語長文レベル別問題集」は、中学校から公立の高校受験までのレベルの英語の長文問題を12問厳選して収録された、長文問題対策のテキストです。長文問題の問題数が少ないので、問題集としては厚みのないタイプのテキストです。

 

そのため、持ち運びにも便利で自宅以外で勉強するのにも、気軽に使うことができるおすすめの参考書です。そして、問題集に沿って出題した英単語の数々を付属のCDで、長文問題と一緒にリスニングすることができます

 

「英語長文レベル別問題集」は、レベル別で計5冊からなっているので、自分の目的に合わせてレベルのテキストを選ぶことができます。レベル1では、長文読解が極めて苦手で英語の基礎の基礎から学習したい人、学習し直したい人におすすめの一冊です。

ページ数 133ページ対象レベル初心者向け
第3位

河合出版

やっておきたい英語長文300

価格:987円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読解するための基礎を固める

約200語から400語までの英単語を使った長文問題を30題収録した、長文問題対策おすすめのテキストです。長文問題を解くための読解力をはじめ英語の基礎から学ぶことができるようになった、英語初心者のための一冊です。

 

テキストの内容も充実しており、パラグラフごとに区分けしているので読みやすいのと、英文の文章をはじめ、対訳や英文の文中に出てきた大事な語句や構文が、英語の初心者でも分かりやすくまとめられている形となっているのでおすすめです。

ページ数151ページ対象レベル中級者向け
第2位

桐原書店

ハイパートレーニング 大学入試

価格:1,458円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センター試験対策のテキストとして

読解力を身につけるのに必要な内容をセンターレベルにして、大学受験でも対応できるように12編の英文を収録したおすすめのセンター試験の長文対策テキストです。桐原書店から出版されているハイパートレーニングは、一問一問に対して丁寧に解説してくれるのが特徴です。

 

各ページごとで、テーマを絞りそのテーマに合わせた長文問題を解くことができるので、試験でも長文対策のコツをつかむことができます。他の長文対策テキストではあまりない、英文の構造を視覚的に理解できる図解にすることで、さらに理解しやすく工夫されています。

ページ数222ページ対象レベル上級者向け
第1位

研究社

英文読解の透視図

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東大受験を目指す人におすすめ

東京大学の受験を目指す学生におすすめなのが、研究社から出版されている「英文読解の透視図」です。他の出版社のテキストと比べると英語っぽさがないのが印象的ですが、長文対策の内容としては、上級者向けで上を目指す人がこの一冊で満足できるようになっています。

 

英文を正しく読むために必要な、英語の文の構造をしっかり押さえることの大切さや、その上で英文を複雑にしていく要素が何なのかを、自分で見きわめる方法を紹介しています。もともとテキストの内容は、上級者向けなので英語の基礎と応用がすでにできていることが必需です。

 

テキストの難易度がかなり高いので、出題されている問題集全てをマスターすると、自分の英語にも自信が付くので、センター試験でも実力を発揮できること間違いなしの、結果が目に見えるおすすめの一冊です。

ページ数236ページ対象レベル中級者向け

英語の長文対策おすすめの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4980396の画像

    研究社

  • 2
    アイテムID:4980451の画像

    桐原書店

  • 3
    アイテムID:4980480の画像

    河合出版

  • 4
    アイテムID:4980541の画像

    ナガセ

  • 5
    アイテムID:4980509の画像

    アルク

  • 6
    アイテムID:4980502の画像

    旺文社

  • 7
    アイテムID:4980437の画像

    研究社

  • 8
    アイテムID:4978582の画像

    KADOKAWA

  • 9
    アイテムID:4978576の画像

    学研マーケティング

  • 10
    アイテムID:4978568の画像

    桐原書店

  • 商品名
  • 英文読解の透視図
  • ハイパートレーニング 大学入試
  • やっておきたい英語長文300
  • 英語長文レベル別問題集
  • すべての悩みは量が解決する!
  • 基礎英語長文問題精講
  • 英語長文読解教室
  • 関正生の英語長文プラチナルール
  • イチから鍛える英語長文500
  • ハイパートレーニング
  • 特徴
  • 東大受験を目指す人におすすめ
  • センター試験対策のテキストとして
  • 読解するための基礎を固める
  • 自分のレベルに合わせたテキスト
  • 英語の悩み全てを解決してくれる一冊
  • 英語の基礎がすでに身についている人向け
  • 使いこなすことで長文読解に強くなる
  • 圧倒的支持を誇る関正夫先生の作品
  • 何度も繰り返し使えるテキスト
  • 超基礎から読解力を身につける
  • 価格
  • 1512円(税込)
  • 1458円(税込)
  • 987円(税込)
  • 972円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1416円(税込)
  • ページ数
  • 236ページ
  • 222ページ
  • 151ページ
  • 133ページ
  • 275ページ
  • 288ページ
  • 294ページ
  • 239ページ
  • 197ページ
  • 206ページ
  • 対象レベル
  • 中級者向け
  • 上級者向け
  • 中級者向け
  • 初心者向け
  • 初級者向け
  • 中級者向け
  • 中級者向け
  • 中級者向け
  • 初級者向け
  • 初級者向け

まとめ

ここまで、ランキング形式でおすすめの英語の長文対策のテキストを紹介してきましたが、いかかでしょうか。英語の長文問題をスムーズに解けるようになると、英語の試験だけではなく、英語を使う仕事や海外生活でもとても役に立ち、自分の英語力に自信を持てるようになりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ