記事ID136457のサムネイル画像

【自宅でも使える】普段使いにおすすめのエアベッド人気ランキング10選

キャンプや車中泊に便利なエアベッドですが、その快適さから自宅でもベッドとして使用している人が多くなっています。しかしアウトドア経験がない人にはどのように選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回はエアベッドの選び方からおすすめまで紹介していきたいと思います。

アウトドアだけじゃない。エアベッドは普段使いとしてもおすすめです

空気を入れるとベッドになるエアベッド。空気を抜けばコンパクトに収納することができることからキャンプや車中泊などアウトドアで使用している人も多いのではないでしょうか。しかしその便利さから自宅でも使用する人が増えてきています。

 

空気の調節によって自分好みの硬さに変更できるので今までのベッドでは満足できなかった人にもおすすめです。コンパクトに収納でき簡単に持ち運びができるので引っ越しや模様替えにも便利です。

 

コンパクトに収納しておけるのでお客様が宿泊した場合にはすぐにゲストベッドとしても活用できます。いろいろなサイズが展開されているのでお子さまにもおすすめ。自動ポンプがあれば数分で膨らますことができるのでお昼寝などにも最適です。

普段使いにおすすめのエアベッドの選び方

エアベッドはさまざまなメーカーから販売されていますのでどんな風に選べばいいのか迷ってしまうこともあると思います。ここからは、普段使いにおすすめのエアベッドの選び方をご紹介していきたいと思います。

厚さでをチェック

エアベッドの選び方のひとつめのポイントは厚さです。エアベッドの厚さはマットレスでいう高さのことです。メーカーによってさまざまな高さがありますからまずは自分がどのくらいの厚さにしたいかを決めましょう。

 

自宅だけで使用する場合、厚みはあまり気にはなりませんがアウトドアでのテントや車の中で使う場合は厚みが重要です。アウトドアでは地面に直接置くことになりますからできるだけ厚みのあるものを選ぶのがおすすめ。

 

車の中で使う場合は厚みがありすぎると窮屈に感じてしまうことがあるので要注意です。しかしエアベッドは空気の量で厚みを調節することができるのもメリットのひとつですので膨張時の最大の厚みをチェックしておきましょう。

素材をチェック

エアベッドはポリ塩化ビニル(PVC)が主流の素材となっています。ポリ塩化ビニルは強度や安定性、耐久性に優れています。ですから普段使いだけではなくアウトドアでも最適なベッドというわけです。

 

チェックしたいのは表面部分の素材。表面素材はベロア加工やソフトフロック加工が施されているものは肌ざわりがよくそのまま寝ても寝心地がよいのでおすすめです。普段使いにする場合は表面素材もチェックして選ぶようにしましょう。

空気の入れ方をチェック

エアベッドは空気を入れてベッドを完成させますから空気の入れ方は必ずチェックするようにしましょう。いくつか種類がありますからご自身の使い方を考えながら選ぶようにしましょう。

電動エアポンプ内蔵式

まずひとつめの方法は電動エアポンプが内蔵されているタイプのものです。自宅のコンセントに入れてボタンやダイヤルをセットするだけで自動で空気をいれてベッドが完成するタイプのものです。

 

電動エアポンプは約3~5分でベッドが完成するものが多く、ハイパワーのものですと約1分で完了するものもあります。電源を入れるだけで自動で完了するので目を離していても安心ですから自宅で使う場合は電動エアポンプがおすすめです。

 

しかし電動ポンプは音がうるさい場合がありますから空気を入れる時間帯は気を付けるようにしましょう。

手動エアポンプ

手動エアポンプはその名のとおり手動で空気を入れるものです。自転車のタイヤの空気入れやプールでの浮き輪の空気入れをイメージしていただければいいと思います。手動エアポンプのデメリットは自分で空気をいれなければならないという点。

 

しかし、電源がいらないのでアウトドアでの使用には便利です。手動と聞くと時間がかかると思いがちですが女性でも簡単に5分ほどで入れることができます。手動のものを選ぶ場合はあまり厚さがないエアベッドを購入すると時間もかからず空気を入れることができます。

充電式電動エアポンプ

充電式電動エアポンプは、電源がいらない電動式のタイプです。電源がいらないのでコンセントがない場所にベッドを設置したい場合もとても便利でアウトドアにも最適です。電動で入れてくれるので手動タイプと迷っている人はこちらがおすすめ。

 

ノズルのサイズが異なるものを購入しておくと、エアベッドだけではなく大きいプールや浮き輪、バランスボールからエアクッションまでさまざまなものの空気をいれることができます。

 

こちらも内蔵電動エアポンプ同様、騒音が出る場合がありますから空気を入れる時間帯は配慮するようにしましょう。

収納サイズをチェック

エアベッドの最大のメリットは、コンパクトに収納できるベッドであるということです。コンパクトに収納できることで引っ越しの際や模様替えなどの時にはとても便利になります。女性ひとりでも簡単に持ち運べるのも嬉しいポイント。

 

エアベッドを購入する際は、どのくらいコンパクトに収納できるのかをチェックするようにしましょう。メーカーによってサイズもことなりますが専用袋に入れて持ち運べるようなタイプのものはアウトドアなどでも活躍できます。

 

普段使いはもちろんですが、アウトドアで使ったりゲストベッドとして収納しておきたい場合はできるだけコンパクトにできるものを選ぶようにしましょう。

耐荷重もチェックしましょう

耐荷重とは、そのベッドがどれくらいの重さに耐えられるかを示したものです。耐荷重はベッドの強度や耐久性とも比例していくものですがからできるだけ優れているものを選ぶようにしましょう。

 

耐荷重の高いものを選ぶことで体格のよい人も安心して睡眠をとることができますし数人で使う場合も安全です。また小さなお子さまはエアベッドの上で飛んだり跳ねたりすることもありますから必ず耐荷重はチェックしておきたいポイントです。

【自宅でも使える】普段使いにおすすめのエアベッド人気ランキング10選

第10位

EPHRAM

エアーベッド

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベロア生地で快適な睡眠に

こちらのエアベッドは表面がベロア生地なので肌に優しく滑り止め効果もあり、快適な睡眠を導いてくれます。ベッド内部には高強度素材を採用しているので体型や姿勢に合わせてフィットし快適な寝心地を実現します。

 

エアベッドは空気の抜けが気になる人が多いようですが、こちらはダブルロック構造で排出口のバルブキャップをきちんと締め空気漏れを減少させてくれるので頻繁に空気を入れることなく使うことができます。

 

厚みは最大で約25㎝。身体をしっかりと包み込み安定感があります。硬さが気になる人は空気の量を調節してお好みの硬さにできます。電動エアーポンプなので約3分から5分で完了します。空気を抜けばコンパクトになるので来客用のベッドとしてもおすすめです。

サイズ(膨張時)147㎝×198×21cm(収納時)36×28.5×11㎝素材表面がベロア、裏面がPVC
耐荷重340kg仕様電動エアーポンプ(3~5分)
第9位

HICCO

エアーベッド

価格:6,925円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人体工学に基づいて設計されたエアベッド

こちらのエアベッドは人体工学に基づいて設計されており、21個の充気コイルと多重構造で背骨をささえ快適な睡眠に導いてくれます。独自の縁設計で睡眠スペースとマットレスの安定性を実現し、優れたクッション性があるのが特徴です。

 

電動ポンプ内蔵で、約3分で簡単に膨張させることができ、手動で空気調節もできるのでお好みの硬さのベッドをつくることができます。膨張後はコンセントを収納することができるので見た目もすっきりとしたベッドに。

 

表面は肌ざわりのよいベロアを仕様しているのでそのまま寝ても心地よい睡眠に。補修シートが付属されているのでその場で補修することもできます。空気を抜けばコンパクトに折りたためるので収納場所にも困りません。

 

 

 

サイズ(膨張時)99×191×46㎝(収納時)33 x 34x 22cm素材表面:ベロア
耐荷重300㎏仕様電動ポンプ(約3分)
第8位

Sable

ピロー内蔵 エアーマットレス

価格:10,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピロー付きのエアベッド

エアベッドはマットレス形状のものが主流となっていますが、こちらはピロー(枕)が内蔵されているので頭と首をしっかりと支えリラックスした状態で眠ることができます。最新のI-Beamエアコイルを採用しているので本物のベッドのようなフィット感を実現。

 

電動コードをコンセントにさしノブを回すだけで3分~5分で空気をいれることができます。空気の出し入れも簡単なのでお好みの硬さに調節することも可能。表面には防水加工が施されているので小さいお子様でも安心です。

 

-30度の環境でも対応できるよう作られているので、アウトドアでの簡易ベッドとしてもおすすめです。収納時はコンパクトに収納でき持ち運びも簡単なので、引っ越しや模様替えも簡単に行うことができます。

サイズ(膨張時)228x99x43cm(収納時)33 x19x39 cm素材PVC
耐荷重300㎏仕様電動ポンプ(3~5分)
第7位

AUGYMER

エアーベッド

価格:4,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レジャーシートとしてもおすすめのエアベッド

こちらは家族4人が楽に寝られる巨大エアベッドです。ハチミツ構造を採用しているので体型や姿勢に合わせてフィットし安定した寝心地を実現させてくれます。表面はベロアなので肌ざわりもよくそのままでも心地よく眠ることができます。

 

電動ではなく手動式のエアポンプですが、女性でも簡単に使用することができ約4分半で最大まで膨張させることができます。手動式なので自宅だけではなくアウトドアでも使う事ができ、厚さも21㎝なのでピクニックやお花見などのレジャーシートとしても最適です。

 

裏面はPV使用で耐摩擦性・耐寒性・耐久性にも優れているので季節を問わず自宅でもアウトドアでも使う事ができます。収納時はコンパクトになるので持ち運びも簡単なのでゲスト用のベッドとしてもおすすめです。

 

 

サイズ(膨張時)147×198×21cm(収納時)30.5x33x16.5cm素材表面:ベロア、裏面:PVC
耐荷重300kg仕様手動エアポンプ(約4分半)
第6位

LANGRIA

エアーベッド

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新型8の字構造で耐荷重量がアップ

こちらのエアベッドはシングルタイプなのでワンルームや子供部屋にもおすすめのサイズです。内部支柱は新型の8の字構造を採用しているので耐荷重が250㎏をクリア。大人と子供が乗っても安心です。

 

ポリ塩化ビニルを採用し厚さもさらにアップさせ強度や安定性、耐久性も抜群。人間工学に基づいたデザインで姿勢や体型によってフィットし身体全体を均等にサポートしてくれるので疲れがとれる睡眠を実現します。

 

電動ポンプ内蔵でヘッドスイッチを「膨らませる」のところに調節するだけで約2~4分でベッドが完成。手動空気入れが搭載されているので手持式ポンプで空気を入れることも可能。電源のないアウトドアでも使う事ができるエアベッドです。

サイズ(膨張時)203x99x46cm素材PVC
耐荷重約250kg仕様電動ポンプ(2~4分)
第5位

Sable

エアーベッド

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

I型構造で快適な睡眠を

こちらのエアベッドはシングルサイズなのでワンルームや子供部屋にもおすすめです。ベッド内部には高強度素材を採用し、I型構造で体型や姿勢にあわせてフィットし身体の負担を軽減させ快適な睡眠を実現します。

 

電動ポンプ内蔵で約5分でベッドが完成。空気量は自分で調節することができるのでお好みの硬さにすることができます。表面はソフトフロック加工が施されているので柔らかな肌ざわりで耐久性と保温性にも優れています。

 

コンパクトに収納でき-30度の環境下でも使用することができるのでアウトドアにもおすすめ。約5分で空気を入れることができるのでお子さまのお昼寝ベッドやゲストベッドとしても最適です。

 

 

サイズ(膨張時)203x99x46cm(収納時)33x34x22cm素材PVCポリ塩化ビニル
耐荷重最大300kg仕様電動ポンプ(約5分)
第4位

キャンパーズコレクション

クイックエアベッド

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワーポンプ内蔵で約1分でベッドが完成

こちらのエアベッドの特徴はパワーエアポンプが内蔵されていることです。ハイスピードパワーで空気の注入がよりスピーディーに。他メーカーが約3分~5分かかるところこちらは約50秒~60秒ベッドがで完成します。

 

家庭用のコンセントに差し込み1分ほどでベッドが完成するので、子供のお昼寝用のベッドとして使うのもおすすめです。ベッドの表面はベロア調で仕上げているので肌ざわりがよくそのまま寝ても快適です。

 

クリアコイルを採用しているので安定した寝心地が実現。透明なビニール素材がコイルに採用されているので耐久性にも優れています。シングルサイズですが大人が2人でも横になれるサイズなのでお子様と一緒に添い寝をするのもおすすめです。

サイズ190×97×25cm素材合成樹脂(塩化ビニル)、レーヨンベロア調仕上げ、ABS樹脂
耐荷重-仕様ハイパワーエアポンプ(約50~60秒)
第3位

Deeplee

エアーマット

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電源不要エアポンプでどこでもベッドが完成

こちらのエアベッドは充電式電池エアポンプを使用して空気を入れるタイプなので電源が不要。自宅に限らずアウトドアでもどこでも使えるのが嬉しいポイント。女性でも簡単に扱う事ができ3~5分でベッドが完成します。

 

お好みの硬さに空気を調節することができ、身体をしっかりと支えながら体圧が分散されるので疲れていてもぐっすりと眠ることができます。ベッド特有の軋み音も少なく寝返りをうっても気にならず安眠できます。

 

ダブルロック構造で空気漏れを減少させてくれるので快適な硬さが維持することができます。独自の内部構築デザインでちょうどよいふわふわ感と安定感を実現。表面と側面はフロック加工が施されているので肌ざわりがよく快適な睡眠ができます。

サイズ(膨張時)152×203×22.9cm素材PVC
耐荷重約295㎏仕様充電式電池エアポンプ(3~5分)
第2位

AirExpect

エアーベッド

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

21本のコイルで快適な寝心地を実現

こちらのエアベッドは、内部に21本のコイルがあり上下で連結しているので空気の偏りを抑え身体をバランスよく支えてくれます。背骨の自然な曲線を保持してくれるので快適な睡眠を実現することができます。

 

電動ポンプで簡単に空気をいれることができ空気量も調節できるので自分のお好みの硬さのベッドを作ることができます。電動だけではなく手動でも空気を入れることができるので電源のないアウトドアでも使う事ができます。

 

内部に高強度の繊維を使用しているので軽量化でありながら耐久性と快適さも兼ね備えています。コンパクトに折りたため収納袋にいれることができるので持ち運びも簡単。ゲスト用のベッドとしてもおすすめです。

サイズ(膨張時)188x99x38cm(収納時)29×28×15㎝素材PVCポリ塩化ビニル(ベッド)
耐荷重300kg仕様電動ポンプ
第1位

AYCLIF

Cup-Hole

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みがあるので冬場でもあたたかい

こちらのエアベッドは従来よりもさらに厚い50㎝で冬場でも床の冷たさを感じることなく快適な睡眠を実現します。空気漏れを防止するためにエアベッドの外側には0.55mmのPVC素材を使用しています。

 

表面は0.2mmの柔らかな植毛素材を使用しており、そのままでも肌ざわりがよく寝心地抜群です。電動エアポンプが内蔵されていており空気量も自分で調節できるのでお好みの硬さのベッドをつくることができます。

 

16インチのスーツケースよりもコンパクトに折りたたむことができ収納場所にも困りません。折りたたみ時の重さは約6.6㎏なので女性でも軽々持ち運びすることができるので引っ越しや模様替えなども簡単にすることができます。

サイズ(膨張時)200×100×50㎝(収納時)30×33×17㎝素材PVC
耐荷重最大300kg仕様電動ポンプ(3~5分)

普段使いエアーベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4978450の画像

    AYCLIF

  • 2
    アイテムID:4978461の画像

    AirExpect

  • 3
    アイテムID:4978473の画像

    Deeplee

  • 4
    アイテムID:4978482の画像

    キャンパーズコレクション

  • 5
    アイテムID:4978484の画像

    Sable

  • 6
    アイテムID:4978489の画像

    LANGRIA

  • 7
    アイテムID:4978493の画像

    AUGYMER

  • 8
    アイテムID:4978612の画像

    Sable

  • 9
    アイテムID:4978614の画像

    HICCO

  • 10
    アイテムID:4978637の画像

    EPHRAM

  • 商品名
  • Cup-Hole
  • エアーベッド
  • エアーマット
  • クイックエアベッド
  • エアーベッド
  • エアーベッド
  • エアーベッド
  • ピロー内蔵 エアーマットレス
  • エアーベッド
  • エアーベッド
  • 特徴
  • 厚みがあるので冬場でもあたたかい
  • 21本のコイルで快適な寝心地を実現
  • 電源不要エアポンプでどこでもベッドが完成
  • パワーポンプ内蔵で約1分でベッドが完成
  • I型構造で快適な睡眠を
  • 新型8の字構造で耐荷重量がアップ
  • レジャーシートとしてもおすすめのエアベッド
  • ピロー付きのエアベッド
  • 人体工学に基づいて設計されたエアベッド
  • ベロア生地で快適な睡眠に
  • 価格
  • 7999円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 4680円(税込)
  • 10999円(税込)
  • 6925円(税込)
  • 4380円(税込)
  • サイズ
  • (膨張時)200×100×50㎝(収納時)30×33×17㎝
  • (膨張時)188x99x38cm(収納時)29×28×15㎝
  • (膨張時)152×203×22.9cm
  • 190×97×25cm
  • (膨張時)203x99x46cm(収納時)33x34x22cm
  • (膨張時)203x99x46cm
  • (膨張時)147×198×21cm(収納時)30.5x33x16.5cm
  • (膨張時)228x99x43cm(収納時)33 x19x39 cm
  • (膨張時)99×191×46㎝(収納時)33 x 34x 22cm
  • (膨張時)147㎝×198×21cm(収納時)36×28.5×11㎝
  • 素材
  • PVC
  • PVCポリ塩化ビニル(ベッド)
  • PVC
  • 合成樹脂(塩化ビニル)、レーヨンベロア調仕上げ、ABS樹脂
  • PVCポリ塩化ビニル
  • PVC
  • 表面:ベロア、裏面:PVC
  • PVC
  • 表面:ベロア
  • 表面がベロア、裏面がPVC
  • 耐荷重
  • 最大300kg
  • 300kg
  • 約295㎏
  • -
  • 最大300kg
  • 約250kg
  • 300kg
  • 300㎏
  • 300㎏
  • 340kg
  • 仕様
  • 電動ポンプ(3~5分)
  • 電動ポンプ
  • 充電式電池エアポンプ(3~5分)
  • ハイパワーエアポンプ(約50~60秒)
  • 電動ポンプ(約5分)
  • 電動ポンプ(2~4分)
  • 手動エアポンプ(約4分半)
  • 電動ポンプ(3~5分)
  • 電動ポンプ(約3分)
  • 電動エアーポンプ(3~5分)

まとめ

キャンプや車中泊に便利なエアベッドですが、その快適な寝心地から普段使いとして使用する人が多くなりました。コンパクトに折りたためて収納場所にも困らずゲストベッドとしても活用することができる便利なエアベッドを是非試してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ