記事ID136450のサムネイル画像

【手首に纏う高級感】グランドセイコーのおすすめ人気ランキング10選

グランドセイコーは日本の大手時計メーカー「セイコーウォッチ」が扱っているブランドの一つで、最もハイブランドなシリーズと言われています。グランドセイコーのおすすめモデルをランキング形式でまとめているので、ご興味のある方は最後までご覧頂くことをおすすめします。

普段使いの最高峰「グランドセイコー」

グランドセイコーは、日本の大手時計メーカーであるセイコーホールディングス社の所有する腕時計ブランドのひとつです。数あるセイコーブランドの中でも最もハイエンドシリーズという位置づけになっています。車で言うところのトヨタのレクサスといった感じですね。

 

「最高の普通」というコンセプトで作られているグランドセイコーの腕時計は、実用性を重視したシンプルなデザインのため一見地味に見えます。しかし目の届かないような細かいところまで良い素材で丹精に作り込まれているため使っていくうちに段々と良さが分かってきます。

 

腕時計の生産は部品生産から組み立てまでを一貫して国内で行っています。専門の時計師たちによって綿密に設計され、その時々における最高級の素材を用いて丁寧に作られています。フォーマル・ビジネスにも着用できる王道かつ普遍的なデザインはいつまでも愛されるでしょう。

グランドセイコーの選び方

セイコーの数あるブランドの一つであるグランドセイコーですが、更にその中でも多数の製品があります。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

シリーズで選ぶ

グランドセイコーは公式で、製品のタイプを分かりやすく3つのシリーズに分類しています。デザインコンセプトが異なったそれぞれのタイプを順にみていきましょう。

エレガンスコレクション

華やかなパーティや結婚式といった喜ばしいシチュエーションでは、腕時計もすこしゴージャスなものを着用していきたいですね。作りはしっかりしているものの外観はシンプルなものが多いグランドセイコーで、ドレスアップを図れるモデルをお探しの方もいらっしゃるでしょう。

 

そこでおすすめなのが「エレガンスコレクション」シリーズです。同シリーズは汎用性に重きを置いたグランドセイコーの中でも、ややプレミアム感を演出しているのが特徴です。カルティエやブレゲといったハイブランドと同じように「青針」を採用しているモデルも多いです。

 

プレミアムなシリーズと言ってもあくまでグランドセイコーの中でという意味であり、他社の高級腕時計のように派手すぎることもありません。エレガントなデザインを意識しながらもグランドセイコーらしい控え目でシンプルなフォルムが人気となっています。

ヘリテージコレクション

ハイブランドであるグランドセイコーを気軽に何本も購入できるという方はそれほど多くはないでしょう。一本を大切に長く使うというスタイルか、若しくは複数所有するつもりでの最初の一本目はなるべく着用していけるシーンが多いオーソドックスなデザインを選びたいですね。

 

そんな方におすすめなのが「ヘリテージコレクション」シリーズです。こちらはグランドセイコーの代表的なシリーズで、セイコーらしいステンレスのベーシックなフォルムが多いのが特徴です。ほとんどのシチュエーションで違和感なく着用していける汎用性の高いシリーズです。

 

製品数も多いので従来のデザインから少し変わったモデルまで、バリエーションが広いのも魅力ですね。エレガンスコレクションのように青針を採用した高級路線寄りのデザインもあれば、信州・岩手などの地方の特色を反映した外観の製品もあり選ぶ楽しさも実感できます。

スポーツコレクション

腕時計を着用するのはフォーマルやビジネススタイルとしてだけではなく、オフの日やアウトドア・カジュアルなシーンも含まれますね。品質は確かですが少し固い印象のあるグランドセイコーをプライベートなシチュエーションでも着けていきたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

「スポーツコレクション」はエレガンス・ヘリテージのカッチリした雰囲気とは違った、やや遊び心を持たせたデザインが特徴です。ゴツめのベゼルが印象的なダイバーズウォッチや、メカニカルな外観が魅力的なクロノグラフなどラインナップは多彩です。

 

自由なスタイルでグランドセイコーを着用したいと考える方や、2-3本目として購入を検討している方におすすめです。アウトドアシーンでの着用がメインになってきますが、ビシッと正装した腕元に敢えてカジュアルダウンとして身に着けるのも上級者のテクニックですね。

ムーブメントで選ぶ

腕時計をいくつかのタイプに分類するとすれば、駆動方式はその基準として有力ですね。グランドセイコーで採用されているムーブメントを3つ紹介します。

クォーツタイプ

高級なグランドセイコーの腕時計と言っても、普段使いに何本か所有しておりその日によって気軽に付け替えていきたいという方もいらっしゃるでしょう。一本当たりのメンテンスの手間があまり掛からず、着用するのが毎日でなくても安定して動作するタイプだと使いやすいですね。

 

そのような使い方を想定している方はクォーツ式のモデルをおすすめします。クォーツ式は水晶の振動を利用して正確な時間を刻む仕組みになっています。電池を使うため定期的に電池交換する必要がありますが、着用しなくても稼働し続けてくれるのがメリットです。

 

電池交換の頻度もそれほど高くないので、実用性を重視する方に推奨できます。セイコーがその名を世に広く知らしめることになったのも、このクォーツ式を開発したことによります。セイコーの9Fクォーツは従来モデルに比べてトルクが大きいのが特徴です

メカニカルタイプ

近年では腕時計自体がもはや趣味性の高いアイテムとして認識されつつありますが、そんな腕時計だからこそ昔ながらの駆動方式にこだわりたいという方もいらっしゃるでしょう。色々と新しいテクノロジーが開発されていますが、セイコーの伝統技術はやはり魅力的ですね。

 

そんな方におすすめなのがメカニカルタイプ(機械式)のモデルです。機械式時計は手動でゼンマイを巻く「手巻き」と腕の振りを利用する「自動巻き」に分かれますが、どちらも電池を使わないので電池交換の必要がないのがメリットです。

 

ただし精度はクォーツより劣るのと、定期的に内部の機械を点検・修理する必要があり維持費が掛かる点に注意です。とはいえ小さなパーツそれぞれが緻密に動く様子をシースルーバックから観察できる楽しさは、多くのセイコーもとい腕時計ファンから根強く支持されています。

スプリングドライブタイプ

多くの腕時計のムーブメントは上記のクォーツ式か機械式となっており、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分が着用するシチュエーションを想定しつつも最終的には好みで選ぶことになりますが、両タイプの長所を兼ね備えた駆動方式を求める方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方におすすめなのがセイコーの独自技術である「スプリングドライブ」です。ゼンマイを動力源としながら高い精度を持つ水晶の振動も利用した、いわば機械式とクォーツ式のハイブリッドである新しいムーブメントです。従来のタイプを愛用してきた方にもおすすめです。

 

クォーツ式にはやや正確さは劣るもののメカニカルタイプと比べて高い精度を誇っています。また機械式でありながら電動のように盤面を滑るように動く「スイープ運針」も人気を博している要因の一つです。クォーツ・メカニカルに比べてやや高価ですが魅力的なムーブメントです。

外観の特徴から選ぶ

色んな種類の腕時計を着けたことのある方なら、見た目から大体の使い勝手は想像できますね。グランドセイコーに限らず腕時計を選ぶ上で大事なポイントをいくつか挙げていきます。

ケースサイズをチェック

どのブランドにも言えますが、腕時計を選ぶ際にケース(盤面)の大きさは大事なポイントですね。腕の太さは人それぞれですので、時計のデザインが気にいったとしても手首とのバランスが取れていなければ自分に合ったモデルとは言えないでしょう。

 

ケースが大きいほど腕時計の存在感も大きくなります。痩せている方がケースが大きいモデルを着用しても腕の細さが目立ってしまいますし、腕の太い方が小さめのモデルを巻いても窮屈な印象を与えます。時計のフォルムだけに捉われずに自分の手首に合うかどうかを考慮しましょう。

 

グランドセイコーではメンズの直径として39.4mm、レディースでは28.9mmを標準の大きさとしています。これを基準として腕が太い方は大きめ、細い方は小さめのモデルを選ぶと良いでしょう。素材の色や厚みによって印象は変わってきますので、なるべく実物を確認したいですね。

ケースの素材をチェック

腕時計のケース部分の素材は金属もしくはプラスチックが一般的ですが、金属として多く採用されているのがステンレススチールです。サビにくく頑丈なため長期間にわたって着用できることから、グランドセイコーでも多くのモデルに用いられています。

 

しかしスチールという名の通り重量があり、着けている実感はあるものの大型の腕時計ですと腕が疲れてしまうこともあります。また金属アレルギーの方はもちろん、一般の方でもスチールが長時間皮膚に接触することにより肌が負けてしまったり、汗で荒れてしまうこともあります。

 

同じ金属タイプでもそのようなストレスを軽減しているのがチタンです。チタンはスチールと比較して軽量なので重さが気になりません。また医療機器に用いられるほど人体に優しい金属なので皮膚への負荷も抑えることができます。ただしステンレススチールより高価なのが難点です。

ベルトの素材をチェック

腕時計のベルトはケースほど目立つ部分ではないものの肌に触れる面積は大きいので、皮膚へのストレスをいかに低減できるかを基準に選んでも良いでしょう。高級ブランドであるグランドセイコーでは金属・革ベルトが大多数ですが、ナイロンベルトなども取り扱っています。

 

金属ベルトはケースと同じくステンレススチールかチタンの2種類から選ぶことになるでしょう。金属以外の素材と比べて耐久性が高いため、長さの調整以外には基本的に交換はしません。細かい掃除などを除いてメンテナンスが要らないのがメリットですね。

 

革ベルトは金属ベルトと比べて皮膚に優しくカラーバリエーションが豊富なのが特徴です。時間経過とともに品質が変化していくので肌に馴染んでいきますが、長く使うにはクリームを塗り込むなどの定期的なケアが必要です。また金属ベルトよりややカジュアルな印象になります。

グランドセイコーの人気ランキング10選

第10位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

GRAND SEIKO SBGV221

価格:224,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クォーツ9F系キャリバーを搭載

白基調で高級感と清潔感が溢れるこちらはメンズのクォーツ式グランドセイコーです。セイコーの技術を集約した最上級のクォーツムーブメントを搭載しているので、精度が非常に高いのが特徴です。12時のインデックスが強調されており見やすくなっています。

 

10気圧まで耐えることのできる日常生活防水と磁気を帯びた機器を5cmまで近づけても安定して稼動する一種耐磁を備えており実用性の高いモデルとなっています。

ケース素材ステンレスケース直径46.8mm
ケース厚さ10mm重量144g
第9位

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

SBGV245

価格:259,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくタフな新デザイン

グランドセイコーではめずらしいナイロンバンドを採用したこちらはクォーツ式の腕時計です。ナイロンの中でも軽くて丈夫なコーデュラファブリックを用いており、耐久性と使い勝手を兼ね備えた斬新なグランドセイコーモデルとなっています。

 

20気圧防水と16000a/mの耐磁力性がありますので、過酷な環境でも気にせずアグレッシブに使っていける高級腕時計です。

ケース素材ステンレスケース直径47.1mm
ケース厚さ11.8mm重量-
第8位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

グランドセイコー STGF297

価格:276,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セイコーの定番クォーツモデル

レザーバンドで上品なスタイルに仕上がっているこちらはクォーツタイプのレディースモデルです。グランドセイコー専用の高品質クォーツ「4J5」系キャリバーを採用しており、長期間に渡って正確な時間を刻み続けます。

 

女性用の小さな盤面ながら視認性に優れたセイコーらしいデザインと、ハイブランドにふさわしいプレミアム感が融合したおすすめのモデルです。もちろん日常生活防水と耐磁力性も備えています。

ケース素材ステンレススチールケース直径28.9mm
ケース厚さ8.7mm重量41g
第7位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

GRAND SEIKO SBGV233

価格:311,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の40mmケース

深いブルーの盤面が上品さと爽やかさを演出しているこちらのモデルは、クォーツ式のグランドセイコーです。ケースとバンドの素材には高い強度と人体への優しさを併せ持ったブライトチタンを採用しており、耐久性と快適性に優れたモデルとなっています。

 

40mmのケースに合うようにサイズアップされたダイヤル・針・インデックスにより、高い視認性を実現しているため使い勝手に優れています。

ケース素材ブライトチタンケース直径46.8mm
ケース厚さ10mm重量-
第6位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

GRAND SEIKO SBGX331

価格:319,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンランク上のドレスウォッチ

レザーバンドとケースの艶が上品なこちらはクォーツタイプのグランドセイコーです。研磨された貴金属のように濃厚な輝きを放つボディと高品質なクロコダイル革を用いたデザインはユーザーの気分を高騰させ、より素晴らしい一日を提供してくれるでしょう。

 

ケースは従来モデルよりやや薄めに作られており、ワイシャツの袖口に自然に収まります。スーツの袖から見え隠れする大人の身だしなみを楽しめます。

ケース素材ステンレススチールケース直径38mm
ケース厚さ10.4mm重量64g
第5位

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

STGF253

価格:276,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モダンスタンダードな女性用モデル

白基調のボティが上品に光を反射するこちらのモデルはクォーツ式のレディースタイプです。セイコーらしいベーシックなデザインながら、先進的な取り組みが随所にみられる仕上がりとなっています。光の反射にこだわっておりケース表面を美しく鏡面加工しています。

 

清潔感が溢れるホワイトの盤面は視認性を確保するため、インデックスに立体感を持たせています。着用する女性をさらにエレガントなスタイルへと導いてくれるモデルです。

ケース素材ステンレスケース直径36mm
ケース厚さ8.5mm重量71g
第4位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

GRAND SEIKO SBGT035

価格:398,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

従来のクォーツを超えるクォーツ

繊細な光を放つボディと微かなゴールドが掛かったエレガントな盤面のこちらは、グランドセイコーだけに使われている9Fクォーツムーブメントを搭載したモデルです。「ツインパルス制御モーター」によりエネルギーを抑えながら重い針をシャープに刻み続けます。

 

秒針の僅かな震えなどの数々のクォーツの問題点を克服しているこのモデルは、まさに最新型のクォーツ式と呼べるでしょう。

ケース素材ステンレススチールケース直径42mm
ケース厚さ9.9mm重量126g
第3位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

GRAND SEIKO SBGR317

価格:414,700円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

9S6系のスタンダードモデル

ベーシックながらも高級感を漂わせているデザインのこちらは、メカニカルタイプのグランドセイコーです。黒い盤面は上品な雰囲気を演出しているだけでなく、視認性にも優れています。ダイヤルはカレンダーの外側までしっかり設置された12箇所のインデックスです。

ケース素材ステンレススチールケース直径40mm
ケース厚さ13mm重量154g
第2位

SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

GRAND SEIKO SBGA149

価格:475,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てがハイスペック

グランドセイコー限定の駆動方式「スプリングドライブ」を採用し、電池を使わない機械式ながらもクォーツに近い正確さを持ったモデルです。またボディは強度と軽量性を備えつつも人体への負荷が少ないチタンを用いており、非常に汎用性の高いモデルとなっています。

ケース素材ブライトチタンケース直径40.5mm
ケース厚さ12.9mm重量-
第1位

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

SBGA347

価格:492,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上品なアーバンスタイル

大きめのフェイスと清潔感溢れる白基調ボディのこちらは、スプリングドライブ式のグランドセイコーです。従来のセイコーデザインに、近年のトレンドである広い盤面と細いベゼルを取り入れたスタイリッシュなフォルムに仕上がっています。

 

グランドセイコーとしてはやや大きい部類になりますが、ボディにはブライトチタンを用いているので重さや肌への接触によるストレスを最大限に抑えています。

ケース素材ブライトチタンケース直径48.8 mm
ケース厚さ12.9 mm重量-

グランドセイコーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4979633の画像

    GRAND SEIKO(グランドセイコー)

  • 2
    アイテムID:4979610の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 3
    アイテムID:4979582の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 4
    アイテムID:4979565の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 5
    アイテムID:4979551の画像

    GRAND SEIKO(グランドセイコー)

  • 6
    アイテムID:4979500の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 7
    アイテムID:4979459の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 8
    アイテムID:4979423の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 9
    アイテムID:4979389の画像

    GRAND SEIKO(グランドセイコー)

  • 10
    アイテムID:4979376の画像

    SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)

  • 商品名
  • SBGA347
  • GRAND SEIKO SBGA149
  • GRAND SEIKO SBGR317
  • GRAND SEIKO SBGT035
  • STGF253
  • GRAND SEIKO SBGX331
  • GRAND SEIKO SBGV233
  • グランドセイコー STGF297
  • SBGV245
  • GRAND SEIKO SBGV221
  • 特徴
  • 上品なアーバンスタイル
  • 全てがハイスペック
  • 9S6系のスタンダードモデル
  • 従来のクォーツを超えるクォーツ
  • モダンスタンダードな女性用モデル
  • ワンランク上のドレスウォッチ
  • 人気の40mmケース
  • セイコーの定番クォーツモデル
  • 使いやすくタフな新デザイン
  • クォーツ9F系キャリバーを搭載
  • 価格
  • 492480円(税込)
  • 475200円(税込)
  • 414700円(税込)
  • 398000円(税込)
  • 276480円(税込)
  • 319600円(税込)
  • 311000円(税込)
  • 276400円(税込)
  • 259200円(税込)
  • 224600円(税込)
  • ケース素材
  • ブライトチタン
  • ブライトチタン
  • ステンレススチール
  • ステンレススチール
  • ステンレス
  • ステンレススチール
  • ブライトチタン
  • ステンレススチール
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ケース直径
  • 48.8 mm
  • 40.5mm
  • 40mm
  • 42mm
  • 36mm
  • 38mm
  • 46.8mm
  • 28.9mm
  • 47.1mm
  • 46.8mm
  • ケース厚さ
  • 12.9 mm
  • 12.9mm
  • 13mm
  • 9.9mm
  • 8.5mm
  • 10.4mm
  • 10mm
  • 8.7mm
  • 11.8mm
  • 10mm
  • 重量
  • -
  • -
  • 154g
  • 126g
  • 71g
  • 64g
  • -
  • 41g
  • -
  • 144g

まとめ

グランドセイコーは日本の工業技術の高さが表れている素晴らしい時計ですね。ネットショップでもたくさんのモデルが販売されていますが、購入前に実物を腕に巻いてみることをおすすめします。決して安い買い物ではないので、きちんと納得した上で最高の一品を手に入れましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ