記事ID136448のサムネイル画像

【安定の吸引力】おすすめの紙パック式掃除機人気ランキング10選

部屋の掃除をするにあたって、掃除機は良いものを持っておきたいものです。掃除機にも様々なタイプがありますが、特に紙パック式の掃除機は最も王道で数多く売られています。こちらの記事では、紙パック式掃除機に限定して、購入する際の選び方やおすすめの製品を紹介します!

紙パック式掃除機は吸引力に優れていて人気

掃除機は掃除をするにあたってほぼ必須のアイテムといえるでしょう。一人暮らしをしている方でも掃除機を持っている方が多いのではないでしょうか。掃除機には主に紙パック式のものとサイクロン式のものがあります。

 

最近は吸引力が一定で小まめにゴミを捨てられるサイクロン式の掃除機が勢力を伸ばしていますが、吸引力が強く、ゴミを沢山吸い取れる紙パック式の掃除機を選び続けている人も多く、安定した人気があります。

 

こちらの記事では紙パック式の掃除機を購入する際に注目しておきたい点やご自宅の状況に応じた選び方を解説し、おすすめの製品を10製品に厳選して紹介します。掃除機を買い替える方や一人暮らしを始める方は是非参考にしてみてください。

紙パック式掃除機の選び方

掃除機をかける範囲の広さや用途に応じて、購入すべき紙パック式掃除機は異なります。環境に適した掃除機を選ぶことで掃除がより捗るので、ここから紹介する選び方を参考に、より自分に合った紙パック式掃除機のタイプを見定めましょう。

掃除機の形状で選ぶ

紙パック式掃除機とひとえに言っても、様々な形状のものが売られています。どのような場所に掃除機をかけたいか、収納場所は十分に確保できるかを考えることで、より適した形状の紙パック式掃除機をえらぶことができるでしょう。

キャニスター型が最もポピュラー

紙パック式掃除機を持っている方の多くが、キャニスター型を使用しているのではないでしょうか。キャニスター型とは、掃除機本体とヘッド部分がホースで繋がっているタイプのものを指します。

 

キャニスター型は本体が大きい分吸引力も強く、またゴミを溜める容量も大きいので、一度に沢山のゴミを吸うことができます。また、本体に車輪が付いているので手元が重くならず、移動するのに負担がかかりません。

 

ゴミを吸う量に自信があり、また広範囲かつ平面での使用に向いているので、キャニスター型は広い家に住んでいる方におすすめの形状です。

スティック型はコンパクトで収納しやすい

スティック型の掃除機はヘッドと本体が一体になっているので、キャニスター型と比べてサイズが小さく、狭い収納場所でもコンパクトに収まります。また、頻繁に掃除をする、収納場所が無いなどの理由で部屋の中に置いておいても邪魔になりません。

 

また、小回りがきくというのもスティック型の掃除機の魅力的な点の一つです。縦に伸びた形をしているため狭い部屋や物が多い部屋でも掃除したい場所まで掃除機を持って行き、必要な箇所だけ掃除機をかけることができます。

 

スティック型はアパート暮らしで部屋に物が多く、収納場所が限られている方や、小さい子供がいてゴミに気づいた時にその都度掃除をしたいという方におすすめの形状です。

床以外の場所も掃除したいならショルダー型

キャニスター型やスティック型ほどメジャーでなく、製品の種類も少ないですが、掃除をしたい場所によってはショルダー型の掃除機も選択肢に入れて良いでしょう。ショルダー型は本体を肩にかけるタイプの掃除機です。

 

床を掃除するなら掃除機を転がして楽に移動できますが、階段を掃除したり、車や物置を掃除する際、掃除機を手に持って移動する必要が生じるため重さが負担になります。ショルダー型なら移動の際に負担が軽減し、また片手が自由に使えるようになります。

 

ハンディクリーナーのように携帯に特化した掃除機もありますが、吸引力を求めつつ物をどかしたりしながら掃除をしたい方、床だけでなく様々な場所を掃除する必要のある方にはショルダー型の紙パック式掃除機をおすすめします。

コードの有無で選ぶ

掃除機にはコードをコンセントに繋げるものと掃除をしていない時に充電をしておくコードレスのものがあります。どちらもそれぞれメリット、デメリットがあり、適した環境もそれぞれ異なります。

コードありは長時間の稼働が可能

コードありの紙パック式掃除機は常に電力を得ながら稼働しているので、バッテリーの残量を気にする必要がありません。掃除の時間が長引く場合でも掃除機が止まることがないため、焦らず自分のペースで掃除ができます。

 

また、コードありの掃除機は掃除を始めるまでに充電しておく必要がないため、充電をし忘れていてしばらく掃除機をかけることができないという失敗をすることはありません。視界に入らない場所に掃除機を収納しておきたい方にも、コードありの掃除機をおすすめします。

 

コードありの掃除機はコードレスの掃除機に比べ値段が安い傾向にあるというのも長所の一つです。吸引力に優れた掃除機を安価で手に入れたいのであればコードありの掃除機がおすすめです。

コードレスは移動が楽

コードレスの紙パック式掃除機の一番の長所は安全かつ楽に移動ができる点です。別の部屋へ移動する際にいちいちコードを抜き差しする必要がないので、掃除がスムーズに行えます。また、家具が多い部屋でも掃除のしやすいルートで移動することができます。

 

特に子供やペットのいるご家庭では、コードに足をひっかけてしまうという不安がないのは大きいのではないでしょうか。充電中も場所をとらない製品が多いので、部屋の隅で充電していれば子供やペットがぶつかってしまうこともありません。

 

ほとんどのコードレスの掃除機は一回の充電で連続30分稼働が可能なので、毎回の掃除が30分以内で済む方なら安心して使えます。家具が多かったり子供やペットがいる方にはコードレスの紙パック式掃除機をおすすめします。

ヘッドのタイプで選ぶ

掃除機のヘッドのタイプによってそれぞれゴミの吸い込み方が異なるため、タイプの違いが吸い心地に顕著に表れます。また、使用する人や掃除機をかける場所によって適したヘッドのタイプが異なります。

パワーヘッドはカーペット掃除に最適

パワーヘッドはヘッドの中に小型のモーターが内蔵されており、モーターの力でブラシが回転してゴミを巻き取っていくタイプのものです。モーターが回転ブラシを動かすのでゴミを巻き取る力が強く、髪の毛や小さなホコリも取り逃しません。

 

元々パワーヘッドはカーペットのゴミを残さず吸い取るために開発されただけあり、カーペットにひっかかったり埋もれたりしているゴミも強い力で吸い尽くします。カーペットの敷かれた部屋を掃除したい方にはこちらのパワーヘッド式掃除機がおすすめです。

 

以前は強力なブラシの回転が床を傷つけるため畳やフローリングに使用することは推奨されていませんでしたが、最近のパワーヘッド式の掃除機は回転ブラシに床を傷つけない素材が使われているため、掃除する場所を選びません。

自走式ヘッドは自動で掃除機が進んでくれる

パワーヘッドの中でも、中に入っているモーターがより強力なものは回転ブラシの力により自動で掃除機が前進するため、自走式ヘッドと呼ばれています。力を入れなくてもスイスイ進むので、非力な女性やお年寄りの掃除の補助につながります。

 

また、モーターが強力なだけあって吸引力もより強くなり、毛の長い絨毯に絡まった髪の毛や糸くずも残さず吸い取ります。吸引力を第一に求めるなら、自走式ヘッドの紙パック式掃除機を選べば間違いありません。

 

ただし、中のモーターは強力なほど大きくなり、ヘッドの重さが増していきます。電源の入れていない掃除機を持ち運ぶ際に重みを感じることがあるので、吸引力とヘッドの重量のバランスを考えて選ぶのが良いでしょう。

エアタービンヘッドはヘッドが軽く安価

エアタービンヘッドは掃除機本体がゴミを吸うことにより起こる空気でブラシが回るタイプのものを指します。ヘッドにモーターが搭載されていない分パワーヘッドよりも吸引力は劣りますが、比較的安価で買い求めることができます。

 

また、パワーヘッドはヘッドの中のモーターが故障してしまうと修理代がかかりますが、エアタービンヘッドは故障の心配がほぼありません。ヘッドが軽いので、掃除機を持ち運ぶ際にも負担がかかりません。

 

畳やフローリングを掃除する分にはエアタービンヘッドの吸引力でも問題ありません。紙パック式掃除機はなるべく安いものを選びたいという方で、部屋にカーペットを敷いていない方は、エアタービンヘッドの掃除機をおすすめします。

 

 

床ブラシヘッドはとにかく安価

床ブラシヘッドはブラシが付いていないので、ゴミを巻き込むのではなく空気の力で吸い取る仕組みになっています。一番構造がシンプルで軽いので、スティック型の掃除機やハンディクリーナーに用いられています。

 

ゴミを吸い取るのに空気の力しか使わないので吸引力はパワーヘッドやエアタービンヘッドよりも劣りますが、製品によっては空気の力を強くすることで床ブラシヘッドでも吸引力を上げることを実現しています。

 

床ブラシヘッドの紙パック式掃除機は他のヘッドタイプと比べてとにかく安価で手に入るので、安価かつ小ぶりの掃除機を求めている方におすすめです。吸引力は製品によってまちまちなので、床ブラシヘッドの掃除機を選ぶ際は口コミをチェックしましょう。

紙パック式掃除機の人気ランキング10選

第10位

三菱電機

Be-K(ビケイ) 紙パック式クリーナー TC-FXG5J-A

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソファ下の隙間もらくらく

ヘッドがエアタービンタイプ、本体も2.4kgと全体的に軽いので、持ち運ぶ際や階段掃除の際にも重さがネックになりません。パイプは通常54cmですが、ボタンを押して引っ張ると最長74cm程度まで伸びます。

 

また、パイプの角度が変わってもヘッドが床にぴったりと付くので、ソファやベッドの下も無理なく掃除ができます。ヘッドの全面に隙間が空いていて、大きなほこりや紙くずも吸い逃しません。

 

付属の紙パック三層構造で墨が使われており、抗菌・脱臭効果があります。ダニや花粉などのアレル物質が分解されるクリーン排気システムも搭載されているので、掃除機をかけるだけで空気も綺麗になります。

形状キャニスター型コード
ヘッドタイプエアタービン
第9位

マキタ(Makita)

充電式クリーナ CL107FDSHW

価格:14,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

準備も含めて手軽に掃除ができる

コードレスの掃除機で皆さんが気になる点といえば、充電時間と充電後に連続で稼働する時間ではないでしょうか。こちらの製品は標準モードなら20分という短い充電時間で連続25分の稼働が可能です。また、バッテリーを外して充電するため充電中場所をとりません。

 

本体が1.1kgと非常に軽いため、持ち運びや階段の掃除も負担を感じません。コンパクトながら吸引力が強く、床ブラシヘッドですがフローリングや畳での使用であればゴミやほこりをしっかり吸い取ってくれます。

 

ノズルにLEDライトが付いており、薄暗い場所でもライトを点けて掃除ができる他、バッテリーが切れそうな時はライトが点滅してお知らせしてくれます。部屋だけでなく、物置など明かりのない場所を掃除するのにもおすすめです。

形状スティック型コード
ヘッドタイプ床ブラシ
第8位

パナソニック(Panasonic)

紙パック式掃除機 MC-PK20G-N

価格:17,729円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フローリング掃除におすすめの掃除機

ヘッドは強力なモーターにより自走式となっています。ブラシの形も特徴的で、Y字型になっているため、2点で床に接することでフローリングも傷つけることなくゴミやほこりを吸い取ります。

 

こちらの製品にはエアダストキャッチャーが搭載されており、床を掃除すると同時に、ノズルの上方向から浮遊しているハウスダストもキャッチします。更にノズルからはマイナスイオンが出るため、フローリングの静電気を抑えてツルツルした仕上がりになります。

 

小型かつ軽量で、シャンパンゴールドのカラーリングがスタイリッシュなデザインとなっています。フローリング掃除に最も効果を発揮する製品ですが、吸引力が強いので畳やカーペットの部屋でも満足のいく仕上がりの掃除ができるでしょう。

形状キャニスター型コード
ヘッドタイプ自走式
第7位

パナソニック(Panasonic)

紙パック式セカンドクリーナー MC-K10P-G

価格:10,422円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い所も楽々掃除可能

キャニスター型やスティック型の紙パック式掃除機は本体が腰より下の位置にあるため、高い所を掃除しようとすると本体を持ち上げなければならず一苦労ですが、こちらの製品は本体を型にかけて掃除するので、高い所も負担なく掃除が可能です。

 

高い所以外にも、例えば他の形状の紙パック式掃除機だと掃除が難しい車内もこちらの製品なら楽々掃除できます。本体が肩掛けタイプなうえ縦に長い形状なので、狭い所でも引っかかったりせず、掃除の邪魔になりません。

 

吸込仕事率が185wとキャニスター型に劣るため、カーペットの髪の毛やゴミを取るのは難しいですが、フローリングや平らな面なら使用していて不満は感じないでしょう。他の形状の掃除機と併用すると、掃除機をかけ辛い場所も普段から綺麗にしておけておすすめです。

形状ショルダー型コード
ヘッドタイプ床ブラシ
第6位

東芝(TOSHIBA)

紙パック式掃除機 VC-PC6A(L)

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸引力は強いが排気はソフトという気遣い

エアタービンヘッドなのでヘッドが軽く、本体も3.1kgとコンパクトなので、移動がスムーズに行えます。ヘッドはゴミやほこりを吸うため汚れてしまいがちですが、丸ごと水洗いが可能なので、清潔さを保つことができます。

 

本体にはホース部分をひっかけて立てておくことのできるちょいとスタンドが搭載されており、掃除を中断した後の再開がスムーズに行えます。ノズルを外すと吸入口が楕円型になっており、床掃除だけでなく、布団圧縮袋にも使いやすくなっています。

 

排気部分は空気を勢いを弱めて排出する構造になっており、ほこりが巻き上がりにくくなっています。掃除機や部屋の清潔さを保つための気配りが細やかなところまで行き届いており、些細な汚れも気になってしまうような方におすすめの製品です。

形状キャニスター型コード
ヘッドタイプエアタービン
第5位

ツインバード

コードレススティッククリーナー TC-E261S

価格:18,718円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでデザインもスタイリッシュ

壁掛けフックが付属しているこちらの製品は、壁にかけておいても部屋の雰囲気を損なわないスタイリッシュで高級感のあるデザインになっています。壁に当たる部分はゴム素材で作られているので、壁が傷つく心配もありません。

 

ヘッド部分にボールキャスターが付いており、ヘッドが左右に180度回転します。そのため非常に小回りが利き、ちょっとした隙間を掃除するのにもストレスを感じません。また、排気する穴が小さいので空気の出る勢いも弱く、ほこりが舞いません。

 

全体的に細く、コンパクトなデザインです。コードレスで収納場所にも困らず、手軽に掃除をすることができるので、一人暮らしの部屋に最適です。初めから紙パックが12枚付属しているのも嬉しい点です。

 

 

形状スティック型コード
ヘッドタイプパワーブラシ
第4位

日立(HITACHI)

掃除機 CV-PD30 R

価格:18,192円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自慢の吸引力でゴミを取り逃さない

ヘッドが自走式になっており、力を入れなくても真っ直ぐ前進します。吸引力も強いのですが、ヘッドから取り込んだ空気が床に向かって排出されるため、ヘッドがカーペットに貼り付かず、スムーズに掃除機をかけることができます。

 

ヘッドには2種類のブラシが搭載されており、メインのブラシがゴミを巻き取る際、サブのブラシがゴミをかき集め、メインのブラシのサポートをします。そのため吸い残しがなく、カーペットでもコロコロをかけたような仕上がりになります。

 

電源コードを引くと振動により中の細かなチリが紙パックの底に落ちるため、目詰まりを起こしません。紙パックのサイズが大きく、パンパンにふくらんでもスムーズに取り出せる構造になっているので、沢山のゴミを最大限吸い取ることができます。

形状キャニスター型コード
ヘッドタイプ自走式
第3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

スティッククリーナー IC-SLDCP5

価格:20,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸引力が自慢のパワーブラシと静電モップの二刀流

コードレスの掃除機は稼働時間に制限があることがネックになりますが、こちらの製品にはほこり感知センサーが搭載されており、ゴミやほこりの量に応じて自動で吸引力が調節されるため、一度の充電で連続30分の使用が可能です。

 

充電スタンドが付属しており、充電中は垂直に立てておけます。静電モップも付属していますが、こちらも掃除機に収納する部分があります。静電モップを収納して掃除し、必要な時に取り出せるので、掃除中も充電中もコンパクトに収まる製品といえるでしょう。

 

パワーブラシを搭載しており、壁際や隙間のゴミやほこりを残さずかき出します。更に縦方向のサイクロン気流により、床にこぼしてしまった粉末状のゴミも自慢の吸引力で吸い尽くします。静電モップも併用すれば、部屋のすみずみまで綺麗にできるでしょう。

形状スティック型コード
ヘッドタイプパワーブラシ
第2位

日立(HITACHI)

掃除機 CV-PC9 N

価格:15,669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

菌まで拭き取れるブラシを搭載

自走式ヘッドを搭載しており強い吸引力が自慢ですが本体重量が3.4kgと軽く、コンパクトです。紙パックには約1.5Lものゴミやほこりが収まりますが、紙パックの替え時になると本体のランプが点灯するため、ゴミやほこりを溜め込みすぎる心配がありません。

 

ヘッドには2種類のブラシが搭載されており、そのうちの一つはかるふきブラシと呼ばれ、拭き掃除の役割を持つ柔らかいブラシが床に密着するため、ゴミを吸いつつ、フローリングに付いている菌まで拭き取ることができます。

 

また、ecoこれっきり運転に切り替えると床質などにセンサーが反応して吸引力やブラシの回転数が自動的に調節されます。中モードで使用した場合よりも消費電力が最大で60%抑えられるので、吸引力を求めつつ、節電を心掛けたい方におすすめの紙パック式掃除機です。

形状キャニスター型コード
ヘッドタイプ自走式
第1位

パナソニック(Panasonic)

Jコンセプト 紙パック式掃除機 MC-JP800G-W

価格:34,718円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸引力が強いのに驚きの軽さ

こちらの製品はモーターやノズルの素材をこだわることで、本体重量が2.0kgと、驚きの軽さを実現しています。中の構造ではなく素材を変えているため、軽いながら吸引力や強度も他の製品と劣っていません。

 

ヘッド部分にLEDライトが取り付けられており、家具の下など暗い場所でもゴミを見逃さず、残さず吸い取ることができます。LEDライトはノズルの先端にも付いているので、隙間のゴミも照らして確実に吸い取れます。

 

また、ハウスダスト発見センサーが搭載されており、ハウスダストが空気中に残っているとライトで知らせてくれます。更に床の菌も吹き上げることができるので、少々値段は張りますが、部屋を徹底的に綺麗にすることができます。

形状キャニスター型コード
ヘッドタイプパワーブラシ

紙パック式掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4980766の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:4986168の画像

    日立(HITACHI)

  • 3
    アイテムID:4980699の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:4980679の画像

    日立(HITACHI)

  • 5
    アイテムID:4980774の画像

    ツインバード

  • 6
    アイテムID:4980757の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 7
    アイテムID:4980742の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 8
    アイテムID:4980703の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 9
    アイテムID:4980690の画像

    マキタ(Makita)

  • 10
    アイテムID:4980673の画像

    三菱電機

  • 商品名
  • Jコンセプト 紙パック式掃除機 MC-JP800G-W
  • 掃除機 CV-PC9 N
  • スティッククリーナー IC-SLDCP5
  • 掃除機 CV-PD30 R
  • コードレススティッククリーナー TC-E261S
  • 紙パック式掃除機 VC-PC6A(L)
  • 紙パック式セカンドクリーナー MC-K10P-G
  • 紙パック式掃除機 MC-PK20G-N
  • 充電式クリーナ CL107FDSHW
  • Be-K(ビケイ) 紙パック式クリーナー TC-FXG5J-A
  • 特徴
  • 吸引力が強いのに驚きの軽さ
  • 菌まで拭き取れるブラシを搭載
  • 吸引力が自慢のパワーブラシと静電モップの二刀流
  • 自慢の吸引力でゴミを取り逃さない
  • コンパクトでデザインもスタイリッシュ
  • 吸引力は強いが排気はソフトという気遣い
  • 高い所も楽々掃除可能
  • フローリング掃除におすすめの掃除機
  • 準備も含めて手軽に掃除ができる
  • ソファ下の隙間もらくらく
  • 価格
  • 34718円(税込)
  • 15669円(税込)
  • 20400円(税込)
  • 18192円(税込)
  • 18718円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 10422円(税込)
  • 17729円(税込)
  • 14040円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 形状
  • キャニスター型
  • キャニスター型
  • スティック型
  • キャニスター型
  • スティック型
  • キャニスター型
  • ショルダー型
  • キャニスター型
  • スティック型
  • キャニスター型
  • コード
  • ヘッドタイプ
  • パワーブラシ
  • 自走式
  • パワーブラシ
  • 自走式
  • パワーブラシ
  • エアタービン
  • 床ブラシ
  • 自走式
  • 床ブラシ
  • エアタービン

まとめ

いかがでしたか。紙パック式掃除機は製品やメーカーによってヘッドや本体に独自の工夫が凝らされているので、掃除機のかけたい場所にぴったりとマッチした製品が見つかることでしょう。より適した紙パック掃除機を見つけ、楽しく掃除を行えるようにしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ