記事ID136439のサムネイル画像

【相性抜群】大人気スマホ向けイヤホンおすすめランキング10選

スマホ向けイヤホンは、スマホとの相性抜群のイヤホンを探している。しかし、 スマホ向けイヤホンはたくさん種類があります。今回はスマホ向けイヤホンの選び方と、大人気のスマホ向けイヤホンおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです。

スマホ向けイヤホンでもっと音楽や動画を楽しもう

いつでもどこでも音楽を楽しむことができるイヤホン。今や生活必需品となる大人気商品です。スマホとの相性抜群なイヤホンを選びたい方に必見です。今回はスマホ向けイヤホンの選び方と、人気おすすめランキングをご紹介していきます。

スマホ向けイヤホンの選び方

次に、スマホ向けイヤホンの選び方について詳しく解説して行きます。スマホ向けイヤホンの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

スマホ向けイヤホンの接続方式で選ぶ

スマホ向けイヤホンを選ぶ際に、最も大切と言える選び方が接続方式で選ぶことです。最新のiPhoneなどは、イヤホンジャックが無くなっておりまして、無線などが流行しております。無線と有線のメリットデメリットについて解説していきます。

有線

スマホ向けイヤホンの有線タイプは、音質が安定しているメリットがあります。無線だと接続環境によって、音ズレを起こすこともあります。音質に最もこだわりたいと思う方は、有線タイプを選ぶようにしましょう。

 

デメリットは、無線タイプに比べてケーブルがあるために、ケーブルが絡まることや、ケーブルが断線することにより、故障しやすいことです。最新のiPhoneを利用している方は、イヤホンジャックが撤廃されているので、無線タイプを選ぶのがおすすめです。

 

無線

スマホ向けイヤホンの無線タイプは、アップルのAirpodsが登場したことにより、認知されたテクノロジーとも言えます。ケーブルが全くないイヤホンが登場しました。ネックバンドタイプなどのケーブルが付属するタイプもありますが、スマホとイヤホンを有線で繋ぐ手間を省いています。

 

ほとんどのスマホにBluetoothが搭載されておりますので、ほぼ全てのスマホで利用することができます。デメリットは有線タイプの商品に比べて、音質が劣りやすい傾向にあります。高価な無線タイプは、音質の向上して来ております。

 

スマホに最適なイヤホンが欲しいと思う方は、無線タイプを選ぶのがおすすめです。いつでもどこでもスマートに音楽や動画を楽しむことが可能です。

 

 

スマホ向けイヤホンの機能で選ぶ

スマホに最適なイヤホンを選ぶ際に着目したい機能があります。イヤホンの性能にも影響してくるので、しっかりと把握した上で、スマホ向けイヤホンを選びましょう。

ノイズキャンセリング機能付きを選ぶ

電車内、バス内などの外出先において、周囲の気になる雑音を打ち消してくれる機能となります。ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンであれば、音楽により集中することが可能であり、いつもより音楽の世界に入り込むことができる機能と言えます。

 

騒がしいシュチュエーションで、騒音が気になりボリュームをあげないといけないとデメリットがありましたが、ノイズキャンセリング機能があれば、ボリュームを上げなくても音楽を心ゆくまで楽しむことができます。

 

外出先でスマホの音楽鑑賞が多い方におすすめな機能となります。動画などでもしっかり会話の様子を聞くことができるので、動画コンテンツもより楽しむことができます。

 

バッテリー駆動時間で選ぶ

無線タイプのイヤホンであれば、バッテリー駆動時間に着目するのが大切です。無線タイプはイヤホンにバッテリーが付属しておりまして、再生時間に限度があります。外出先で長く使いたいと思う方は、バッテリー駆動時間の長いイヤホンを選ぶようにしましょう。

 

10時間程度使える無線イヤホンであれば、外出先でも問題なく使用することができるでしょう。バッテリー残量を気にしたくない方は、バッテリー駆動時間の長い商品を選ぶようにしましょう。

急速充電可能なイヤホンを選ぶ

ランキング内に一つ紹介していますが、無線タイプのイヤホンを使うときに、充電を忘れていたというシュチュエーションでも、すぐに充電を行うことができる機能が搭載されている商品もあります。

 

朝支度をしている時間で、通勤や通学の時間に音楽を楽しめる充電が可能です。充電をすることを忘れてしまうかもしれないと思う方におすすめな機能です。

リモコンを搭載したイヤホンを選ぶ

スマホでイヤホンを使う際に、音量調節や選曲をスマホで行うのは面倒です。しかし、リモコン付きのイヤホンを選ぶことで、わざわざスマホをポケットから取り出すことなく、あらゆる操作を可能とします。

 

カバンなどにスマホを入れる場合、手間がかかりますが、イヤホンにリモコンが付いていれば、すぐに音量調整を行ったり、次の曲に進めることも可能となります。スマホで操作したいと思う方であれば、リモコン付きを選ばず、価格で選ぶようにしましょう。

 

 

防水機能付きで選ぶ

スマホ向けイヤホンを選ぶ際に、スポーツをされる方におすすめな機能があります。それは、防水機能の付いたイヤホンを選ぶことです。急な雨が降って来ても問題なく使用を続けることができます。

 

スポーツを行う際にも、汗をかいてしまいイヤホンが故障することもあります。スポーツをするときにも、イヤホンを使用したいと思う方は、防水機能付きのイヤホンを選ぶようにしましょう。

軽量コンパクトなイヤホンを選ぶ

スマホ向けイヤホンとしておすすめするのは、軽量コンパクトで外出先でも使いやすいイヤホンがおすすめです。外出先での利用が多い方は、無線タイプのイヤホンを選ぶ事で、スマートで軽量、コンパクトなイヤホンとなっており、使いやすいメリットがあります。

 

軽量コンパクトであれば、ポケットなどにも入れやすいので、身軽に移動もしやすいメリットがあります。スポーツなどを行うときに、イヤホンを使用する方も軽量コンパクトなイヤホンを使用する事で、よりスポーツに集中できるメリットがあります。

スマホ向けイヤホン人気おすすめランキング10選

それでは、スマホ向けイヤホン人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の使用する用途に合ったスマホ向けイヤホンを探して見ましょう。モデルによって、独自の特徴を採用していたりするのでそちらも着目しましょう。

第10位

beats by dr.dre

BeatsXイヤフォン - ブラック

価格:9,322円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPhoneとの相性抜群、Apple W1チップを搭載

アメリカブランドであるbeatsのイヤホンであり、アップルのApple W1チップを搭載していることで有名です。iPhoneとの相性が良いイヤホンとなっておりまして、安定した接続と、省エネルギーでの接続を可能としております。これにより、品質の高い無線イヤホンとなっております。

 

一度、iPhoneとペアリングすることで、次回から自動的にペアリングできる機能も搭載し、無線でありながら手軽に使うことができます。イヤホンケーブルの途中にリモコンも搭載しているので、満員電車の中でもスマホをポケットから出すことなく、ボリュームや選曲を手軽にすることができます。

 

バッテリー再生時間も8時間となっているので、夜寝る前にしっかり充電を行うことで、1日移動中に利用することができるイヤホンと言えます。もしものために、Fast Fuel機能を搭載し、たった5分の充電で、2時間再生できる機能が便利です。

接続方式無線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間8時間リモコンあり
防水なし
第9位

JVCケンウッド

HA-FX101BT Bluetoothイヤホン XXシリーズ

価格:3,341円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した装着感、丈夫なイヤホン本体がメリット

アメリカ発のブランドJVCケンウッドのイヤホンです。重低音を楽しめることで人気となっております。ワイヤレスで身近に楽しめるように開発されたモデルであり、スマホのBluetooth技術で簡単にペアリングすることができます。

 

エクストリームディープバスポートという独自技術を採用し、パワフルでキレのあるサウンドを再生することができます。迫力のある低音を聞きたい方におすすめなイヤホンです。もしもの際に、衝撃に強いエラストマー素材を採用し、丈夫なイヤホンとなっております。

 

他にも、外出先での利用や、スポーツでの利用に最適なエルゴノミックアングルドフォルムを搭載しております。この技術により、安定した装着感を実現しております。ボリュームを調整できるリモコン付きで、スマホで操作することなく、ボリューム調整を行うことができます。

 

  •  
接続方式無線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間4.5時間リモコンあり
防水なし
第8位

ソニー(SONY)

イヤホン 重低音モデル MDR-XB55

価格:3,042円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絡みにくいケーブル、EXTRABASSモードで重低音を発揮

日本が誇るオーディオブランドソニーのイヤホンです。EXTRABASSというモードを搭載しておりまして、重低音を重視した音楽を楽しむことができます。他にも、低域の振動板の音を最適化してくれるベースブースター採用により、引き締まった低音を発揮してくれます。

 

有線イヤホンのデメリットであるケーブルの絡みが少ないメリットもあります。瀬レーションケーブルを採用し、収納した後に絡まりやすいケーブルですが、絡みにくいので、すぐに使い出すことができるメリットがあります。

 

快適で長時間イヤホンを耳に付けても、疲れにくい安定感のあるアングルドイヤーピース方式を採用しております。これにより、スポーツに集中して、快適に音楽を楽しむことができます。

接続方式有線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間記載なしリモコンあり
防水なし
第7位

final

E3000 カナル型イヤホン マイク付きコントローラー FI-E3DSSC

価格:5,265円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレスメッシュを使ったお洒落なイヤホン

低価格でありながら、新開発の6.4mmダイナミック型ドライバーユニットを組み合わせており、ステンレス削り出しの素材を使用しているのが大きなポイント。リーズナブルなイヤホンには樹脂が使用されることが多いです。素材の品質に優れているイヤホンとなります。

 

他にも、耳にしっかりフィットするように作られていることで、圧倒的な装着感を実現しております。人間工学に基づいて作られている事によって、日常での利用に最適な使い心地となっております。

 

見た目もスタイリッシュであり、筐体背面ステンレスメッシュを使用しております。見た目もお洒落なイヤホンを選びたい方におすすめです。コンパクトで軽量な形状となっているのも大きなメリットです。

接続方式有線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間記載なしリモコンあり
防水なし
第6位

BOSE(ボーズ)

SoundSport Wireless Headphones

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツに最適、濡れても問題なし

アメリカブランドのBOSEは、スポーツ時でも気軽に使うことができる機能が付属しています。汗や雨などで起きてしまう、湿気での故障を防ぐことができます。突然の雨や、汗をかいてもイヤホンで音楽を楽しむことができます。

 

StayHear+Sportチップにより、ランニングやサイクリングなどの激しいスポーツを行なっても、外れにくくなっております。耳のフィット感を重視したイヤホンとなっております。バッテリー駆動時間も6時間となっておりまして、気軽に外出先で使用できます。

 

最適化されたEQにより、音量レベルに関係なく、バランスの取れた音響性能を実現しております。サウンドにしっかり集中できる心地よい音を楽しむことができます。スポーツや雨などのシュチュエーションでも使用したい方におすすめです。

接続方式無線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間6時間リモコンあり
防水あり
第5位

audio-technica

ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホン

価格:3,260円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低音のキレ、迫力ある低音を発揮してくれる

日本ブランドのオーディオテクニカであり、圧倒的な低音の表現に力を入れているイヤホンです。SOLIDBASSHDドライバーという機能を搭載し、音のキレがはっきりしていて、しっかりとした力強いサウンドを実現しています。低音をしっかり楽しみたい方におすすめです。

 

他にも、大口径音導管を採用しておりまして、音の伝達効率を上げて、高音のサウンドにも優れており、長時間音楽を聴いていても、疲れにくいメリットもあります。YouTubeコンテンツなどの会話においても、非常に聞きやすいイヤホンとなっております。

 

有線タイプでバッテリー残量を気にする必要が無いことや、小型ボディを採用することにより、高い密閉性と装着性を両立しております。有線タイプでありながら、使い勝手の良いイヤホンとなっています。

 

接続方式有線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間記載なしリモコンなし
防水なし
第4位

パイオニア(Pioneer)

SE-CH9T イヤホン カナル型

価格:7,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質にこだわった高音質再生が可能なイヤホン

日本生まれのパイオニアから販売されたイヤホンです。音質に重視したモデルとなっておりまして、ダイレクトなサウンドを楽しむことができます。有線であることによって、さらに安定した音を楽しめます。音質にこだわりたい方におすすめと言えます。

 

イヤホンに採用されているノズルを、異種金属の2層構造にすることで、ユニット部分から発生してしまう共振を抑えています。これにより、それぞれの音域にしっかり区別が付き、クリアで奥行きのあるサウンドを実現しています。

 

他にも、AirflowControlPortという通気部に特殊なチューブを採用し、高音質で再生することに成功。有線であることにより、イヤホンのバッテリー残量を気にする必要もありません。有線イヤホンの中で、音質に優れたイヤホンを選びたい方におすすめです。

接続方式有線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間記載なしリモコンあり
防水なし
第3位

Shure Incorporated

ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ

価格:16,672円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳にしっかりフィット、15分の充電で2時間使用可能

耳のフィット感に優れているイヤホンであり、高い遮音性がポイントと言えます。低音を重視したイヤホンであり、圧倒的な低音を楽しみたい方におすすめです。スマホで音楽や動画を長時間楽しむことができる、バッテリー駆動時間の長さも魅力的です。

 

イヤホンのバッテリー残量が切れてしまっても、15分の充電で、2時間再生することができます。朝少しの充電を行うだけで、通勤や通学中にスマホで音楽や動画を楽しめます。急速充電に対応しているのも大きなメリットと言えます。

 

スポーツを行うときに音楽を楽しみたい方にもおすすめであり、SHUREのテクノロジーにより、耳にしっかりとフィットするイヤホンに仕上がっております。通勤や通学、スポーツを行う際など幅広い使い方におすすめです。

接続方式無線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間8時間リモコンあり
防水なし
第2位

NUARL

完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン

価格:17,496円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無線タイプの弱点を克服、バッテリーや接続性が優れている

完全な無線タイプのイヤホンとおり、クアルコム製の最新BluetoothチップであるQCC3026を搭載。完全なワイヤレスでありながら、安定した接続を可能とします。都会などの接続が不安定な場所でも、しっかりと音楽を楽しめるイヤホンとなっております。

 

無線イヤホンの弱点であるバッテリー駆動時間にも対策が打たれております。超ロングバッテリーを採用し、最長10時間の利用が可能です。外出先でもバッテリー残量を気にすることなく、スマホで音楽を楽しめるイヤホンとなっております。

 

他にも、ポケットやバッグからスマホを取り出すことなく、イヤホン本体でボリューム調整、曲の再生コントロールなどを行うことができます。利便性の高さが魅力的であり、スマホとの相性が抜群と言えます。屋外での利用におすすめと言えます。

接続方式無線ノイズキャンセリングなし
バッテリー駆動時間8時間リモコンあり
防水なし
第1位

ソニー

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

価格:33,903円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NCオプティマイザーにより、ノイズキャンセリング機能が進化

こちらのスマホ向けイヤホンは、外出先での利用に適したイヤホンとなっております。ノイズキャンセリング機能を搭載したソニーの最上位モデルとなっており、使用環境に合わせて、自動的にノイズキャンセリング機能を調整することができます。

 

電車内や、バス内での騒音で音楽に集中できないと思っている方におすすめです。ノイズキャンセリングに力を入れているイヤホンであり、NCオプティマイザーという機能を搭載。ユーザーの行動に応じて最適な環境にしてくれます。

 

無線タイプとなっておりますが、ノイズキャンセリング機能を使っても、最大10時間の使用が可能です。主にスマホで音楽を楽しむ方に最適であり、外出先での利用におすすめなイヤホンとなっております。

接続方式無線ノイズキャンセリングあり
バッテリー駆動時間10時間リモコンなし
防水なし

スマホ向けイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4978126の画像

    ソニー

  • 2
    アイテムID:4978122の画像

    NUARL

  • 3
    アイテムID:4978100の画像

    Shure Incorporated

  • 4
    アイテムID:4978085の画像

    パイオニア(Pioneer)

  • 5
    アイテムID:4978081の画像

    audio-technica

  • 6
    アイテムID:4978067の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 7
    アイテムID:4978058の画像

    final

  • 8
    アイテムID:4978055の画像

    ソニー(SONY)

  • 9
    アイテムID:4978043の画像

    JVCケンウッド

  • 10
    アイテムID:4978035の画像

    beats by dr.dre

  • 商品名
  • ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X
  • 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ
  • SE-CH9T イヤホン カナル型
  • ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型カナルイヤホン
  • SoundSport Wireless Headphones
  • E3000 カナル型イヤホン マイク付きコントローラー FI-E3DSSC
  • イヤホン 重低音モデル MDR-XB55
  • HA-FX101BT Bluetoothイヤホン XXシリーズ
  • BeatsXイヤフォン - ブラック
  • 特徴
  • NCオプティマイザーにより、ノイズキャンセリング機能が進化
  • 無線タイプの弱点を克服、バッテリーや接続性が優れている
  • 耳にしっかりフィット、15分の充電で2時間使用可能
  • 音質にこだわった高音質再生が可能なイヤホン
  • 低音のキレ、迫力ある低音を発揮してくれる
  • スポーツに最適、濡れても問題なし
  • ステンレスメッシュを使ったお洒落なイヤホン
  • 絡みにくいケーブル、EXTRABASSモードで重低音を発揮
  • 安定した装着感、丈夫なイヤホン本体がメリット
  • iPhoneとの相性抜群、Apple W1チップを搭載
  • 価格
  • 33903円(税込)
  • 17496円(税込)
  • 16672円(税込)
  • 7000円(税込)
  • 3260円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 5265円(税込)
  • 3042円(税込)
  • 3341円(税込)
  • 9322円(税込)
  • 接続方式
  • 無線
  • 無線
  • 無線
  • 有線
  • 有線
  • 無線
  • 有線
  • 有線
  • 無線
  • 無線
  • ノイズキャンセリング
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • バッテリー駆動時間
  • 10時間
  • 8時間
  • 8時間
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 6時間
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 4.5時間
  • 8時間
  • リモコン
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • 防水
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

まとめ

スマホ向けイヤホンおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、スマホ向けイヤホンをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、よりコスパの高いスマホ向けイヤホンを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。最適なスマホ向けイヤホンは見つけることによって、あなただけの音楽スタイルをもっと楽しもう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ