記事ID136427のサムネイル画像

【2019年最新版】スピンバイクのおすすめ人気ランキング10選

スピンバイクはエアロバイクやフィットネスバイクと呼ばれる室内用の自転車型トレーニング器具の1種で本格的に負荷を掛けてトレーニングが可能な種類で人気が高いです。今回はスピンバイクのおすすめの選び方や種類を紹介します。しっかりトレーニングしたい方は必見です。

スピンバイクは高い負荷を掛けてトレーニングが可能

スピンバイクは室内でトレーニングが可能な自転車型のトレーニング器具ですがエアロバイクやフィットネスバイクの種類の内の1つです。大きな違いは一般的なエアロバイクよりも負荷の強い本格的なトレーニングが可能という点です。

 

ほとんどのスピンバイクは前傾姿勢になるように設計されておりロードバイクをやる方のトレーニングとしても多く使用されています。またホイールは負荷を強めるために非常に重たくなっており15kgにもなるホイールを使用している製品も販売されています。

 

スピンバイクは負荷が強いことで筋力アップに最適な無酸素運動も可能です。そのため本格的にトレーニングをするならスピンバイクが非常におすすめです。また本体の重量が非常に重たいため本体の安定性が高いことも特徴です。

スピンバイクの選び方

スピンバイクには一見すると同じような製品でも見えない部分である負荷の方式や動力の種類などが違う製品が多く販売されています。使用する環境に合わせて選ぶようにしましょう。

安定性の高さや耐荷重からスピンバイクから選ぶ

スピンバイクは本体の重量が重たい製品が多く安定性が高い製品が多く販売されているのが特徴ですが自分の体重が人よりも重たいと感じる場合はより安定性が高い製品を購入するよにしましょう。

 

安定性は本体の重量に大きく関係があります。高級なスピンバイクになればなるほど本体の重量も重くなる傾向にあるので自分の体格と相談しながら製品を決めるのがおすすめです。

 

スピンバイクは故障しにくい製品ではありますが耐荷重が決まっている製品も多く販売されています。本体の重量や安定性も大事ですが自分の体重でも耐えられる製品かどうかもしっかりチェックするようにしましょう。

負荷の種類から選ぶ

スピンバイクには大きく分けて2つの種類の負荷方式が採用されています。それぞれにメリットやデメリットがあるのでしっかり考えて選びましょう。

摩擦式から選ぶ

負荷の方式に摩擦式を採用している製品の特長は摩擦に強い素材である革はフェルトを車輪に押し当てて負荷を掛けるタイプの方式です。素材を車輪に押し当てることで負荷を掛けるので無段階で負荷の調整が可能な場合が多いのが特徴です。

 

ハードなトレーニングに向いている負荷方式として人気が高いですが摩擦によって繊維がどうしても劣化するので定期的なメンテナンスが必要になります。また摩擦させることで摩擦音が生じるので音が気になる場合もあります。

 

他にも負荷を数値化することが難しいのでトレーニングの際にしっかりとしたデータが取りづらいという点もデメリットです。とはいえ仕組みは単純で構造的に故障しにくいこともあり非常に人気の高い方式です。

マグネット式から選ぶ

マグネット式は負荷を掛ける際に接触する部分が無いので騒音が生じないという点が非常に多きな特徴です。摩擦による消耗がないので定期的なメンテナンスも必要ないのもおすすめのポイントです。

 

また負荷のレベルを数値化することが可能なのでデータをしっかり取ってトレーニングすることができる点も人気の理由です。ただし長時間の使用には向いてなく熱によって劣化してしまう場合があるので注意が必要です。

 

また負荷の種類がマグネット式の場合はスピンバイク本体の値段が高くなってしまう場合がある点も注意です。商品の種類によっては電源が必要となる場合もあるので購入前にチェックしておくことが大事なポイントです。

動力の伝達種類から選ぶ

スピンバイクの動力伝達の種類はベルト式かチェーン式の2種類が採用されている事が多いです。ベルト式の特徴は何といっても静音性です。どれだけ漕いでも騒音がすることが少なく周りに迷惑を掛けにくいことが特徴です。

 

油を使用することがないので汚れにくくメンテナンスの必要もほぼないので非常に人気が高いです。チェーン式の場合は力をダイレクトに確実に伝えやすいので筋肉に効率の良いトレーニングが可能です。

 

ただしチェーンは金属の音やギアの音でベルト式のような静音性を望むことは難しく定期的に油でメンテナンスをする必要もあるため手間がかかります。ただしコストが安いこともあり現在でも人気の種類なのは間違いありません。

ビンディングペダルの製品から選ぶ

スピンバイクはロードバイクをしている方のトレーニングとしても多く使用されているためペダルがビンディングペダルの製品かビンディングペダルに対応している製品かどうかもチェックしておくのがおすすめです。

 

ロードバイクをする事がない場合は特に気にする必要はありませんがペダルもしっかり選ぶことで本格的なトレーニングにもなるのでペダルが気になる方は妥協せずにしっかりと自分に合ったペダルの製品から選びましょう。

自分に合ったホイール重量の製品から選ぶ

スピンバイクはホイールが重たくなっているのでホイールの重量もしっかりチェックしておきましょう。重すぎるとトレーニングにならなくなってしまうので初心者の方は1桁の重量のホイールの製品から選ぶのがおすすめです。

 

重たい製品になるとホイールの重量が15kgにもなる製品も販売されておりとても強い負荷を掛けながらトレーニングすることができます。まずは自分の能力に合ったホイールの重量から選ぶようにしましょう。

位置調整が可能な製品から選ぶ

ハンドルやサドルの位置が調整できる製品は自分がトレーニングしやすい状態をキープできるのでおすすめです。また個人用だけでなく家族で使用する場合も位置調整ができると皆が使いやすくなるので便利です。

 

ハンドルやサドルの高さが位置調整できる製品は意外と多いですがおすすめなのは前後の位置も調整できる製品です。高さだけでなく前後も調整できるとより自分に合った位置でトレーニングが可能となります。

 

自分に合った位置でトレーニングができると長時間のトレーニングでも疲れにくく効率よく運動が可能となります。細かく高さや前後で位置調整ができる製品を選ぶのがおすすめの選び方の1つです。

心拍数が計測できる製品から選ぶ

スピンバイクにはほとんどの製品にサイクルコンピューターとも呼ばれるモニターが付いています。これには速度や回転数、消費カロリーなどが数字として一目で確認ができるようになっています。

 

スピンバイクの場合は無酸素運動も可能となるのでモニターに心拍数が計測できる製品が特におすすめです。心拍数を計測することで効率の良い無酸素運動が可能となるため心拍数が計測できるかどうかはしっかりとチェックしておきましょう。

 

ただし別売りの心拍数が計測できる商品などと組み合わせることで自分流の計測をすることも可能となるので必ずしも必須という訳ではありません。もし付いていない場合は別売りの商品を組み合わせることも選択肢の1つとして頭に入れておきましょう。

人気のスピンバイクのランキング10選

ここから人気のスピンバイクをランキング形式で紹介します。自分に合った製品を購入して本格的なトレーニングを楽しみましょう。

第10位

Lysin(ライシン)

スピンバイク LS-9002T

価格:25,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心拍数の測定が可能

心拍数の測定が可能なので本格的なトレーニングがしやすい人気のスピンバイクです。ホイールの重量は10kgもあるのでしっかりと鍛えることが可能で150cm~180cmまでが推奨身長となっていることもあり家族での使用もしやすい人気の商品です。

 

駆動方式はベルト駆動なので面倒に感じるメンテナンスも必要なく静音性も高いので周りに迷惑をかけにくいこともおすすめのポイントです。耐荷重は120kgもあるので体格の良い方でも安心して使用ができます。

 

従来の商品よりもサドルが広くなり肉厚になったことでトレーニング中にお尻が痛くなることも少ないです。サイクルコンピューターは心拍数だけではなくカロリーや速度、回転数も計測可能なので非常に使い勝手が良いです。

重量32kg耐荷重120kg
動力伝達の種類ベルト式負荷の種類摩擦式
ホイールの重量10kg心拍数
第9位

HAIGE(ハイガー)

スピンバイク HG-YX-5001 ver.2

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サドルとハンドルは位置調整が可能

サドルとハンドルの高さが位置調整できるので自分好みの位置でトレーニングが可能な人気のスピンバイクです。ホイールの重量は13kgと非常に重く耐荷重は120kgもあるので体格の良い方でも安心して使用ができる点も人気の理由です。

 

また推奨身長は155cm~185cmまでと幅が広いので家族での使用も問題なく速度や回転数だけでなく心拍数も計測が可能なので数値を見ながらしっかり自分なりのトレーニングが可能なこともおすすめのポイントです。

 

動力伝達の種類はベルト式で静音設計になっているので周りに迷惑を掛けにくいです。また負荷の種類は本格的な摩擦式になっているので調整次第では大きな負荷をかけることも可能で本格的なトレーニングがしやすい人気の商品です。

重量33kg耐荷重120kg
動力伝達の種類ベルト式負荷の種類摩擦式
ホイールの重量13kg心拍数
第8位

ウェイモール(WEIMALL)

スピンバイク

価格:16,750円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付きで移動が楽

こちらの商品はハンドルの持ち方によって自分なりのトレーニングが可能な人気のスピンバイクでペダルはトゥークリップ付きを採用しているので足がしっかりとホールドされ漕ぎやすくなっている点も人気です。

 

ハンドルにセンサーが付いており心拍数も計測可能なので心拍数の値を見ながら自分にピッタリなペースのトレーニングをすることも可能です。他にも時間や距離、速度なども計測してくれていることもおすすめのポイントです。

 

負荷の種類は本格的な摩擦式を採用しており動力伝達の種類はベルト式なので非常に静音です。そのため周りに迷惑をかけにくく夜でも使用ができます。ホイールの重量は10kgと重たいのでしっかりとトレーニングが可能な商品です。

重量25kg耐荷重120kg
動力伝達の種類ベルト式負荷の種類摩擦式
ホイールの重量10kg心拍数
第7位

HAIGE(ハイガー)

スピンバイク HG-YX-5007

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホイールの重量が脅威の15kg

ホイールの重量が他の種類と比較しても重たい15kgなので大きい負荷をかけてトレーニングしたい方にピッタリな製品です。ドリンクホルダーが付いているのでトレーニングしながらもしっかり水分補給が可能なので安心して使用ができます。

 

心拍数だけでなく速度や回転数が一目で確認できるメーターも付いているので数値を見ながら自分のペースでトレーニングが可能です。ハンドルやペダルの高さが調整可能なので自分だけでなく家族での使用もしやすいです。

 

静音設計なので周りに迷惑をかけにくく負荷の種類は本格的な摩擦式を採用していることもおすすめのポイントです。また負荷の調整はトレーニング中でも簡単に可能で好きなタイミングで調整できるのでトレーニングがしやすいです。

重量39.5kg耐荷重120kg
動力伝達の種類負荷の種類摩擦式
ホイールの重量15kg心拍数
第6位

Lysin(ライシン)

スピンバイク LS-2000T

価格:29,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緩衝性のサドルでお尻が痛くなりにくい

本体重量は44kgと非常に重たいので設置する場所の床が耐えられるかどうかしっかりチェックしてから購入するようにしましょう。ホイールの重量は15kgと重たいので安定性があり耐荷重は120kgもあるので体格の良い方でも安心して使用ができます。

 

動力伝達の種類はベルト式となており駆動音が静かなので夜でも使用しやすく周りに迷惑を掛けにくいです。心拍数だけでなく距離や速度、回転数や消費カロリーまでが一目で確認できるモニターが付いている点もおすすめのポイントです。

 

サドルは肉厚で幅が広いだけでなく緩衝性があるので長時間のトレーニングでもお尻が痛くなりません。推奨身長は150~180cmと幅が広いので家族みんなで使用もしやすいおすすめのスピンバイクです。

重量44kg耐荷重120kg
動力伝達の種類ベルト式負荷の種類摩擦式
ホイールの重量15kg心拍数
第5位

Ms. RAJA(ミズ ラジャ)

スピンバイク スマホホルダー付き

価格:25,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホホルダー付きで動画を見ながらトレーニング可能

ホイールの重量が11kgになったことで本体の重量が増え安定性が高くなった人気のスピンバイクです。スマホホルダー付きなのでトレーニングしながらスマホやタブレットで動画を見たりできます。

 

もちろんタブレットを設置してもサイクルコンピューターのモニターは確認が可能なので自分のペースを崩すことなくトレーニングも可能です。動力伝達の種類はベルト式で静音性が高く周りに迷惑をかけにくいです。

 

負荷の種類も本格的な摩擦式でスピンバイクに乗ったままでも負荷を調節可能なので非常にトレーニングがしやすいです。ハンドルは心拍計付きなこともおすすめのポイントでサドルやハンドルの位置調整も可能なおすすめの商品です。

重量約27kg耐荷重120kg
動力伝達の種類ベルト式負荷の種類摩擦式
ホイールの重量11kg心拍数
第4位

RELIFE Rebuild Your Life

スピンバイク

価格:16,999円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

横にもサドルの位置が調整可能

重量が28kgと重いので安定性が高くハンドルの持つ位置によって自分に合ったトレーニングが可能な人気のスピンバイクです。サドルやハンドルの高さも調節可能なので自分だけでなく家族での使用もしやすいおすすめの商品です。

 

耐荷重は150kgもあるので体格の良い方でも安心してトレーニングが可能でホイールの重量は8kgとなっているので強い負荷を掛けることができます。サドルは通気性が高く高級スポンジを採用しているので長時間座っていても不快感を感じにくいです。

 

本体下部はU字型となっているので狭い場所でも設置しやすく土台は調整が可能となっているので安定させやすい点もおすすめのポイントです。静音設計なことも人気の理由で周りに迷惑をかけにくいおすすめのスピンバイクです。

重量28kg耐荷重150kg
動力伝達の種類負荷の種類
ホイールの重量8kg心拍数
第3位

OSJ

スピンバイク MS036810

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三角になるようにフレームを設計

フレームが横から見ると三角形になるように設計されているので安定感が非常に高く耐荷重も100kgもあるので体格の良い方でもしっかりトレーニングが可能なおすすめのスピンバイクで価格もリーズナブルです。

 

動力伝達方法はベルト式を採用しているので静音性に優れており夜でも使用ができるだけでなく周りに迷惑をかけにくいことも人気の理由です。負荷方式はマグネット式でしっかり負荷を掛けることもできます。

 

本体重量は29kgもありオートスタート機能とオートパワーオフ機能が搭載されているので無駄な電力を抑えることが可能です。本体にはスマホやタブレットが置けるテーブルが付いているので動画を見ながらのトレーニングも可能です。

重量29kg耐荷重100kg
動力伝達の種類ベルト式負荷の種類マグネット式
ホイールの重量約10kg心拍数×
第2位

HAIGE(ハイガー)

スピンバイク HG-YX-5006

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24通り+αの位置調整が可能

こちらの商品はペダルを市販のビンディングペダルに交換することが可能なので自分が漕ぎやすいペダルでトレーニングが可能な人気のスピンバイクです。負荷の種類は本格的な摩擦式となっています。

 

負荷調整はダイヤルを回すだけで調整が可能な点も人気の理由の1つです。耐荷重は100kgもあるので体格の良い方でも安心してトレーニングが可能でホイールの重量は8kgもあるので強い負荷を掛けることができます。

 

24通り+αで位置調整が可能なので自分がトレーニングしやすい位置に調節できます。エクササイズセンサーも付いているので様々な情報を確認しながら自分のペースでトレーニングが可能なおすすめの商品です。

重量26kg耐荷重100kg
動力伝達の種類負荷の種類摩擦式
ホイールの重量8kg心拍数×
第1位

ALINCO(アルインコ)

NEW スピンバイク BK1518N

価格:24,998円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無段階で負荷調整が可能

ホイールの重量が13kgと重たいので強い負荷を掛けてトレーニングしたい方にピッタリの商品で負荷は無段階で調整が可能で自分の能力に合わせやすいです。キャスター付きで本体の移動も楽に行える人気のスピンバイクです。

 

オートスタートとオートパワーオフ機能が搭載されているので非常に使いやすく時間や距離だけでなく消費カロリーも一目で確認が可能です。サドルとハンドルは高さの調整が可能でサドルは前後にも調整できる点もおすすめのポイントです。

 

ペダルはバンドが付いているので漕ぎやすく踏み外すようなこともありません。ボトルホルダーが付いているのでトレーニングしながらも手軽に水分補給が可能で安心してトレーニングが可能なおすすめのスピンバイクです。

重量34kg耐荷重
動力伝達の種類負荷の種類
ホイールの重量13kg心拍数×

スピンバイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4976928の画像

    ALINCO(アルインコ)

  • 2
    アイテムID:4976912の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 3
    アイテムID:4976900の画像

    OSJ

  • 4
    アイテムID:4976883の画像

    RELIFE Rebuild Your Life

  • 5
    アイテムID:4976844の画像

    Ms. RAJA(ミズ ラジャ)

  • 6
    アイテムID:4976819の画像

    Lysin(ライシン)

  • 7
    アイテムID:4976810の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 8
    アイテムID:4976798の画像

    ウェイモール(WEIMALL)

  • 9
    アイテムID:4976766の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 10
    アイテムID:4976558の画像

    Lysin(ライシン)

  • 商品名
  • NEW スピンバイク BK1518N
  • スピンバイク HG-YX-5006
  • スピンバイク MS036810
  • スピンバイク
  • スピンバイク スマホホルダー付き
  • スピンバイク LS-2000T
  • スピンバイク HG-YX-5007
  • スピンバイク
  • スピンバイク HG-YX-5001 ver.2
  • スピンバイク LS-9002T
  • 特徴
  • 無段階で負荷調整が可能
  • 24通り+αの位置調整が可能
  • 三角になるようにフレームを設計
  • 横にもサドルの位置が調整可能
  • スマホホルダー付きで動画を見ながらトレーニング可能
  • 緩衝性のサドルでお尻が痛くなりにくい
  • ホイールの重量が脅威の15kg
  • キャスター付きで移動が楽
  • サドルとハンドルは位置調整が可能
  • 心拍数の測定が可能
  • 価格
  • 24998円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 16999円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 29520円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 16750円(税込)
  • 34800円(税込)
  • 25020円(税込)
  • 重量
  • 34kg
  • 26kg
  • 29kg
  • 28kg
  • 約27kg
  • 44kg
  • 39.5kg
  • 25kg
  • 33kg
  • 32kg
  • 耐荷重
  • 100kg
  • 100kg
  • 150kg
  • 120kg
  • 120kg
  • 120kg
  • 120kg
  • 120kg
  • 120kg
  • 動力伝達の種類
  • ベルト式
  • ベルト式
  • ベルト式
  • ベルト式
  • ベルト式
  • ベルト式
  • 負荷の種類
  • 摩擦式
  • マグネット式
  • 摩擦式
  • 摩擦式
  • 摩擦式
  • 摩擦式
  • 摩擦式
  • 摩擦式
  • ホイールの重量
  • 13kg
  • 8kg
  • 約10kg
  • 8kg
  • 11kg
  • 15kg
  • 15kg
  • 10kg
  • 13kg
  • 10kg
  • 心拍数
  • ×
  • ×
  • ×

まとめ

スピンバイクは重量が重いですがそれだけ安定性が高く故障しにくいです。負荷調整のできる製品やホイールの重量などをしっかりとチェックして自分の能力にピッタリなトレーニングができるスピンバイクを購入しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ