記事ID136386のサムネイル画像

【通話に欠かせない】人気のワイヤレスイヤホンのおすすめランキング

近年において注目されるワイヤレスイヤホン。通話や音楽再生におすすめの商品となってきましたが、無線通信のリスクに不安を抱く人も多いです。そこで、ワイヤレスイヤホンの通話や音楽再生に欠かせない商品の選び方や、おすすめの商品をランキング形式で紹介します。

ワイヤレスイヤホンで通話を楽しもう

通話や音楽、動画視聴など日常生活を快適にしてくれるイヤホン。より快適に過ごすための必須アイテムがワイヤレスイヤホンだといえるでしょう。近年のワイヤレスイヤホンはコスパに優れた商品が豊富に揃っているので、購入後に満足すること間違いなしです。

 

しかし、ワイヤレスイヤホンは良く選び抜かなければ、無線通信だということから通話中や音楽再生などに支障をきたす可能性があるのです。また、ワイヤレスイヤホンにはメーカーごとに機能が異なりますので、何を選ぶといいのかわからないということもあります。

 

日常の通話や音楽再生でより快適に過ごすためにも、ワイヤレスイヤホンの特徴や選び方を見極めておきましょう。

ワイヤレスイヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホンの形状で選ぶ

ワイヤレスイヤホンといえども、当然耳に装着した使い方をします。そこで、重要な装着感や遮音性を気にしなければなりません。その役割を担う形状には「カナル型」「インナーイヤー型」で異なりますので、詳しく見ていきましょう。

カナル型ワイヤレスイヤホン

カナル型ワイヤレスイヤホンは、耳栓のようなイヤーピースを耳の中に入れるようにして装着するタイプです。密着性が高く音漏れがない、外の雑音が入りづらい、低音や細かい音の描写が聴き取りやすい特徴があります。

 

近年のワイヤレスイヤホンにはカナル型の商品が豊富なので、価格や性能面で幅広い選択ができるのが魅力ですが、耳に入れ込む装着方法には慣れが必要な場合が多く、長時間使用すると耳に違和感を覚えることも…。

 

そのため、電車内で音楽を聴く場合や、通話が可能なリモコンを装備したイヤホンもカナル型が多いので、公共機関でワイヤレスイヤホンを使用したい方におすすめです。

インナーイヤー型ワイヤレスイヤホン

インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンは、耳の穴入り部分に乗せるように装着するタイプです。このタイプは音質は空間表現力を高めてくれる要素がありますので、一昔前は主流でした。

 

しかし、耳のサイズが合わない場合は接着面が耳を押すような感覚や接着面が少ないために外れやすいなどのデメリットがあるのです。また、音が出るのが耳の外近くにある事から、音漏れがしやすいのです。

 

現在はカナル型が多いのですが、カナル型特有の密着性から起こる閉塞感などが苦手な人におすすめです。また、カナル型と比べて外の音が聞こえてきやすいので、外で安全にできるものが欲しい方にもおすすめだといえます。

機能性で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの通話や音楽再生で快適に過ごすためには「機能性」を重視する必要があります。その機能性としては「音質」「接続の安定性」に必要な要素を把握しておくために、商品規格は要チェックです。

音質

ワイヤレスイヤホンの通話出重要なのが音質です。音質の良し悪しを左右するのが、主にイヤホンに搭載されている対応コーデックとドライバーとなります。

 

コーデックは、スマホからイヤホンへ音を飛ばす際に必要な音のデータ圧縮ことです。そのため発売メーカーごとに圧縮方法や圧縮率が異なるため、音質に違いが見られるのです。ちなみに、SBC・AAC・aptの3種類がワイヤレスイヤホンによく採用されています。

 

続いてドライバーは、イヤホンの音を振動に変換して耳に届ける役割があります。そして、ドライバーには主に高い出力が可能なバランスドアーマチュアと、低音の表現が得意なダイナミック型がありますので、それぞれの特徴を活かした選択をおすすめします。

接続の安定性

特に完全型ワイヤレスイヤホンになると、無線接続しているために通話中や音楽の再生で音が途切れるリスクが十分に考えられます。そういったリスクを限りなく防ぐためにはスマホとワイヤレスイヤホンを無線接続するBluetooth規格を把握しておくことが大切です。

 

基本的にはBluetooth規格は最新の製品がおすすめですが、Bluetooth規格は現在までにBluetooth5.0まであります。その中でも少なくとも接続が安定する規格がBluetooth4.0以上のバージョンが搭載されている商品をおすすめします。

 

また、最近注目されているNXPセミコンダクターズ社が開発したNFMI通信もおすすめです。この技術は身近なところで補聴器などに採用された技術で、両耳の通信が人体内を通過して行われるため、音切れや遅延が小さいのが特徴です。

利用シーン別で選ぶ

ワイヤレスイヤホンを使用する場面は人によりけりでしょう。そして、ワイヤレスイヤホンの使い勝手は環境に大きく左右されることを忘れてはなりません。ここでは、「運動」「作業用」「通勤通学」でそれぞれ考えられる可能性を考慮してイメージしましょう。

運動(スポーツ、ジム)

屋外の運動(スポーツやランニング)など激しい活動をしたいという方には、ワイヤレスイヤホンが耳から外れない商品を選ぶことが大切です。耳の形は人によりけりですが、少なくともイヤーウイング等の付属品が付いている、またはイヤーフックなどがおすすめです。

 

特に運動中に心配されるのは汗。汗によってイヤホンが壊れるリスクを考慮すると、防水機能が搭載されているのは必須だといえるでしょう。このような場合は、IPX3以上の耐水構造であればこと足ります。

作業用(デスクワーク、カフェ)

カフェでのノマドワークや会社でのデスクワーク。このような場合に集中したいという方に大切なのが「遮音性」ですので、遮音性に特化したワイヤレスイヤホン「カナル型」を選ぶことをおすすめします。

 

また、カナル型には商品が豊富に揃っていますので、遮音性に加えてノイズキャンセリング機能まで搭載されている商品を選択するといいでしょう。この機能によって音量を上げる事なく周りの環境音を打ち消してくれます。

 

また、このほかにスマホに電話がかかってきた場合のことを考えると、ハンズフリー通話に対応している商品を選ぶことも迅速に対応できておすすめです。

通勤通学

通勤通学で電車などの移動中は多くの人がイヤホンを使う場面です。このような場面では、電車や駅構内など電波の接触によって音切れが心配されます。そのため、安定性のある通信を保ってくれる最新のBluetooth5.0を搭載したワイヤレスイヤホンを選ぶといいでしょう。

 

また、音楽の連続再生時間も要チェックです。通勤通学にかかる時間(1~2時間)の場合でも十分に長持ちするバッテリー容量を備えたイヤホン本体にあり、イヤホンを使わない場合には収納ケースースに入れて充電するといいです。

 

ワイヤレスイヤホンの人気ランキング10選

第10位

TaoTronics

TaoTronics Duo Free

価格:8,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動ペアリング機能付きのワイヤレスイヤホン

すぐに繋がる自動ペアリング機能が付いた「TaoTronics Duo Free」。ストレスフリーな完全ワイヤレスイヤホンであり、ケースに入ったイヤホンを取り出すと自動で電源がオンとなります。さらに、使用後にケースに収納することで自動で電源がオフとなるのです。

 

タッチコントロールに対応。ワイヤレスイヤホン本体に搭載されたセンサーによって、指で軽くタップするだけで音楽の再生停止や、曲のボリュームのコントロールなど基本的な操作を可能にしました。

 

ワイヤレスイヤホンの形状は、プロ製品に着想を得たデザイン(カスタムIEシェイプ筐体)となっており、人の耳に合わせた形状からしっかりと耳に収まり、快適な装着感を得ることができます。

形状カナル型連続再生時間最大3時間(本体) / 最大16.5時間(ケース併用)
防水等級IPX4ドライバーダイナミック型
第9位

Anker

Soundcore Liberty Neo

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンカーシリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン

アンカー・ジャパン株式会社におけるシリーズ史上最軽量の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Neo」。Soundcore Libertyシリーズは高いコスパが魅力的で、「長時間再生」「低価格」「途切れずに続く高音質」という3拍子が揃っています。

 

音質はダイナミック型ドライバーが搭載されたことにより、クリアな高音質を楽しめます。さらに、デザイン性は充電ケースにメタリックコーティングが施されていますので、光沢感に磨きがかった上品さを演出しています。

 

なんといっても、おすすめは「PUSH AND GO機能」。この機能はイヤホンと一度接続に成功した機種を記憶するイヤホンだということから、2度目以降は充電ケースからワイヤレスイヤホンを取り出すだけで自動接続しますので使い勝手抜群です。

形状カナル型連続再生時間最大3.5時間(本体)/12時間(ケース併用)
防水等級IPX5ドライバーダイナミック型
第8位

Yell Acoustic

Air Twins+

価格:7,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モバイルバッテリー機能が付いた珍しいワイヤレスイヤホン

ケース自体がモバイルバッテリーになった「Air Twins+」。モバイルバッテリーに加えて、完全ワイヤレスイヤホンのケースとして初のワイヤレス充電を実現しました。Qi規格のワイヤレス充電器(iPhoneをワイヤレス充電可能)であればどのモデルでも対応できます。

 

マイクを内蔵していますので、ワイヤレスイヤホン本体でハンズフリー通話も可能です。iPhoneを取り出すことなく電源のON/OFF・音楽の再生/停止・電話に出る/切るなど基本的な操作も簡単でストレスを感じさせません。

 

気になる装着感というと、片耳がわずか5gと超小型かつ超軽量ということもあってか、イヤホンを付けているのを忘れてしまうほど圧迫感がないというのもおすすめポイント。長時間イヤホンを付ける方に持ってこいの商品です。

 

 

形状カナル型連続再生時間3時間(本体)/15時間(ケース併用)
防水等級なしドライバーダイナミック型
第7位

EARIN

EARIN M-2

価格:70,712円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新のテクノロジーを採用したハイスペックなワイヤレスイヤホン

瞬く間にトップセールスを記録した「EARIN M-1」の後継機である「EARIN M-2 」。以前よりもさらに音質を向上させ、マイクを内蔵したことによってハンズフリー通話を可能にして戻ってきました。

 

Knowles社製のバランスドアーマチュアのドライバーを採用していますので、音質が中音域から高音域にかけて違和感なく透き通った音を届けてくれます。さらに、重量が片耳わずか3.6gに加えてイヤーピースが低反発なので、多くの人に親しまれるような印象を持ちます。

 

ワイヤレスイヤホンの中でも珍しいのが、動画視聴の際に遅延が最小限に抑えられているという点。実は、近距離磁気誘導技術「MiGLOテクノロジー」を採用していますので、ワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスの映像と音のずれが少ないといえます。

形状カナル型連続再生時間4時間(本体)/16時間(ケース併用)
防水等級IP52ドライバーバランスドアーマチュア型
第6位

RHA

RHA TrueConnect

価格:18,939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知る人ぞ知る英国のオーディオメーカーのワイヤレスイヤホン

スタイリッシュで繊細なデザイン、優れた通話性能を備えた「RHA TrueConnect」。音質だけではなく、ワイヤレスイヤホンの材質や耐久性にまでこだわり抜いた高い品質を世に出すRHAというイギリスのオーディオ専用会社が発売しています。

 

接続性はTrueConnectのシグネチャーステムデザインを採用しており、Bluetoothバージョン5.0の優れた伝達機能はデバイスとイヤホンの接続性を最大限に向上。途切れの無いサウンドと通話性能を実現させることができます。

 

コンパクトで軽量かつ薄型の形状はスタイリッシュで絶妙なデザインとなっていますので、快適な装着感を感じることができます。また、外部ノイズを遮断する「ノイズアイソレーション設計」となっていることから、聴いている音楽を最適化しているのもおすすめです。

形状カナル型連続再生時間5時間(本体)/20時間(ケース併用)
防水等級IPX5ドライバーダイナミック型
第5位

Sabbat

Sabbat X12pro

価格:8,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

解放感のあるインナーイヤータイプのワイヤレスイヤホン

はめ込むだけで使用出来るインナーイヤータイプの「Sabbat X12pro」。完全ワイヤレスイヤホンの中でも、Apple製のAirPods以外にほとんど見られない珍しいモデルとなっています。それに加えて機能性抜群、使い勝手でもほかの完全ワイヤレスイヤホンに負けません。

 

実際に装着してみると、耳のくぼみにしっかりとフィットし、耳のラインに合わせて設計されているため、イヤホンの出っ張りが目立つことなく見た目もフラットに装着可能。また、耳から外れるのが怖い方は付属のイヤーピースでフィット感を増す事もできます。

 

完全ワイヤレスイヤホンで困るのは電池切れなのですが、Sabbat X12proは連続再生時間が約6時間も可能です。さらに、イヤホン本体の充電は約1時間で完了しますので、ストレスフリーかつ低価格で購入ができるので、コスパに優れているといえます。

形状インナーイヤー型連続再生時間6時間(本体)/30時間(ケース併用)
防水等級IPX5ドライバーダイナミック型
第4位

Mobvoi

TicPods Free

価格:15,984円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

利便性抜群のタッチセンサーを備えたワイヤレスイヤホン

直観的な操作ができるタッチセンサーを採用した「TicPods Free」。こちらを開発したmobvoi社は、音声認識ソフトウェアの開発からのスタートで、2015年には技術が認められ、Googleとパートナーシップを結ぶなど技術力に高い評定があります。

 

機能性としては、イヤホンを上下になぞるだけで音質調整、長押しでiPhoneのSiriを起動、タップで再生を停止など利便性抜群のワイヤレスイヤホンです。さらに、インナーイヤー検知機能まで搭載。イヤホンが耳への付け外しを認識することで自動再生まで可能です。

 

ワイヤレスイヤホンでは、周りの騒音や風の音などによって聞き取りにくい…。TicPods Freeであれば、周りの音を検知して不要なノイズを遮断してくれる独自のアンビエントノイズキャンセル技術を採用しているので、快適に音を楽しむことができます。

形状カナル型連続再生時間4時間(本体)/18時間(ケース併用)
防水等級IPX5ドライバーダイナミック型
第3位

Less is More

Less is More

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異の防水性能を誇るワイヤレスイヤホン

驚異のIPX7を備えた高い防水性能を誇る「Less is More」。なんと出資を募るクラウドファンディングサイトで目標金額に対して、260%以上の出資を集めて成功したワイヤレスイヤホンなのです。

 

なんといってもおすすめなのが、シャワーを浴びながらでも音を楽しめるほどの防水性能「IPX7」を準拠していることです。日常生活で雨水や運動時の汗など気にせず使えるのは多くの人が求める商品でしょう。

 

機能性としては、高速で安定した通信を実現したBluetooth5.0に対応しているので、音が途切れずらい仕様となっています。また、本体にボタンが備えられているので、音量調整や曲の再生停止、さらにはマイク内臓ということからハンズフリー通話にも対応しています。

形状カナル型連続再生時間3時間(本体)/12時間(ケース併用)
防水等級IPX7ドライバーダイナミック型
第2位

Anker

Anker Soundcore Liberty Lite

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスの取れた高コスパのワイヤレスイヤホン

圧倒的に高いコスパを実現してきたAnkerの「Anker Soundcore Liberty Lite」。Anker製のワイヤレスイヤホンとして第3弾となります。途切れづらい安定した通信やグラフェン採用6mmダイナミックドライバーを採用した、透き通るような音質などおすすめポイント満載です。

 

イヤホン先端のストロークが以前のLibertyモデルよりも長くなっており、イヤホンのボディと耳が触れる面積が狭くなっています。そのため、耳に対する圧迫感をなくしているようです。

 

だからと言って遮音性がなくなったわけではありません。カナル型によって高い遮音性を保ち、さらにXS、S、M、Lの4サイズのイヤーピースが同梱されているので、自分の耳にフィットするように調整できます。

形状カナル型連続再生時間3.5時間(本体)/12時間(ケース併用)
防水等級IPX5ドライバーダイナミック型
第1位

Anker

Soundcore Liberty Air

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

隙の無いバランスの取れたワイヤレスイヤホン

流行りのボディデザインに加えて小型化した充電ケースが魅力的な「Soundcore Liberty Air」。アンカー・ジャパン株式会社から2018年12月25日に発売されました。

 

音質はグラフェン素材採用のドライバーを備えていることによって、音のズレを抑制し、スッキリとした音質を実現させています。さらに、高音質コーディックACCに対応していますので、普段からiPhoneで音楽を聴く人におすすめです。

 

トレンドを取り入れた耳からはみ出したようなデザイン。さらに、カナル型という事もあり、高い遮音性と4サイズのイヤーチップとの組み合わせで音楽に没頭できます。

形状カナル型連続再生時間5時間(本体)/20時間(ケース併用)
防水等級IPX5ドライバーダイナミック型

通話可能ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4974611の画像

    Anker

  • 2
    アイテムID:4974609の画像

    Anker

  • 3
    アイテムID:4974607の画像

    Less is More

  • 4
    アイテムID:4974606の画像

    Mobvoi

  • 5
    アイテムID:4974604の画像

    Sabbat

  • 6
    アイテムID:4974603の画像

    RHA

  • 7
    アイテムID:4974601の画像

    EARIN

  • 8
    アイテムID:4974600の画像

    Yell Acoustic

  • 9
    アイテムID:4974598の画像

    Anker

  • 10
    アイテムID:4974594の画像

    TaoTronics

  • 商品名
  • Soundcore Liberty Air
  • Anker Soundcore Liberty Lite
  • Less is More
  • TicPods Free
  • Sabbat X12pro
  • RHA TrueConnect
  • EARIN M-2
  • Air Twins+
  • Soundcore Liberty Neo
  • TaoTronics Duo Free
  • 特徴
  • 隙の無いバランスの取れたワイヤレスイヤホン
  • バランスの取れた高コスパのワイヤレスイヤホン
  • 驚異の防水性能を誇るワイヤレスイヤホン
  • 利便性抜群のタッチセンサーを備えたワイヤレスイヤホン
  • 解放感のあるインナーイヤータイプのワイヤレスイヤホン
  • 知る人ぞ知る英国のオーディオメーカーのワイヤレスイヤホン
  • 最新のテクノロジーを採用したハイスペックなワイヤレスイヤホン
  • モバイルバッテリー機能が付いた珍しいワイヤレスイヤホン
  • アンカーシリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン
  • 自動ペアリング機能付きのワイヤレスイヤホン
  • 価格
  • 7999円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 15984円(税込)
  • 8640円(税込)
  • 18939円(税込)
  • 70712円(税込)
  • 7700円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 8510円(税込)
  • 形状
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • インナーイヤー型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 連続再生時間
  • 5時間(本体)/20時間(ケース併用)
  • 3.5時間(本体)/12時間(ケース併用)
  • 3時間(本体)/12時間(ケース併用)
  • 4時間(本体)/18時間(ケース併用)
  • 6時間(本体)/30時間(ケース併用)
  • 5時間(本体)/20時間(ケース併用)
  • 4時間(本体)/16時間(ケース併用)
  • 3時間(本体)/15時間(ケース併用)
  • 最大3.5時間(本体)/12時間(ケース併用)
  • 最大3時間(本体) / 最大16.5時間(ケース併用)
  • 防水等級
  • IPX5
  • IPX5
  • IPX7
  • IPX5
  • IPX5
  • IPX5
  • IP52
  • なし
  • IPX5
  • IPX4
  • ドライバー
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型
  • バランスドアーマチュア型
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型
  • ダイナミック型

まとめ

通話や音楽再生、動画視聴で快適に過ごすために必要なワイヤレスイヤホンの選び方、おすすめの商品までを紹介してきました。商品の中にはシャワー中でも利用できるワイヤレスイヤホンまでありますので、画期的な機能を活かしてより楽しい日常を過ごしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ