記事ID136346のサムネイル画像

【Bluetoothも有線も】ソニーの人気イヤホンおすすめランキング10選

スマートフォンで音楽がストリーミング再生できる機能やアプリが増え、スマホで音楽を楽しむという機会も増えてきています。また、Youtubeなどの動画を見る際などに欠かせないのがイヤホンですよね。今、人気ブランドのソニーを中心に様々なイヤホンが発売されています。

音楽を楽しむためには必要不可欠なツール

音楽や動画を楽しむ際にはスピーカーよりもイヤホンを使う機会のほうが多いではないでしょうか。家の中ではイヤホンを用いて使用することは少ないかもしれませんが、ランニング中や通勤中など、外出中にはイヤホンを使用が必要不可欠になります。

 

様々なタイプのイヤホンが発売されていますが、最近では人気のスマートフォン「iPhone」シリーズで有線のイヤホンジャックが無くなってしまったことから「Bluetooth」対応のイヤホンが人気になりました。

 

今回は、様々な種類の中からイヤホンを選ぶには何を基準にすればいいのか?について解説をしながら、人気ブランドであるSONY(ソニー)のイヤホンの人気おすすめランキングを紹介します。これからイヤホンを選ぶという方は是非参考にしてみてください。

 

 

ソニーのイヤホンの選び方

まずはランキングを見る前に、ソニーのイヤホンで選ぶ際に考えるべきポイントはなにかについて見ていきましょう。ご自身が求めるイヤホンの形や使いたいシーンに合わせたイヤホンを選ぶことをおすすめします。

スマホとの繋げ方

スマホとの繋げ方には大きく3つのタイプに分かれます。特に、お使いのスマートフォンにイヤホンジャックがあるかないかによってこの情報は重要になってくるのでご注意ください。

有線タイプ(要イヤホンジャック)

有線接続タイプはスマートフォンとケーブルを接続するタイプになります。ワイヤレス対応に比べ音がダイレクトに伝わりやすく、特に動画を見る際には音ズレに悩む可能性がありません

 

ま充電をする必要もなく再生時間も無制限なので、接続をするだけで好きな時間音楽を楽しむことができるのも魅力のひとつです。有線接続タイプは比較的低価格の製品もあるので、まだイヤホンに使い慣れていない人は有線接続タイプを使用することをおすすめします。

 

ただし、iPhoneシリーズを中心にスマートフォンの中には有線接続のケーブルが接続できないスマートフォンもあるので、ご自身がお使いのスマートフォンに接続できるケーブル端子であるかどうかをチェックしておきましょう。

ワイヤレスタイプ(ネックバンド・左右コード型)

ワイヤレス(ネックバンド・左右コード型)はスマートフォンと直接ケーブルで接続するのではなく、Bluetoothでスマートフォンとペアリングすることで音楽を聴くことができます。

 

ネックバンド型は首の後ろに沿う形なので耳に大きな重量感や負担を感じることがありません。一方で左右コード型はケーブルで左右のイヤホンがつながっていて、リモコン機能が搭載されている場合はケーブル中にポータブルリモコンがついている形が多いです。

 

ネックバンド型も左右コード型も充電をする際はUSBケーブルを接続します。

ワイヤレスタイプ(フルワイヤレス型)

ワイヤレス(フルワイヤレス型)はBluetoothでスマートフォンとペアリングして音楽を聴くことができる点では、上記のネックバンド・左右コード型と同じになります。違うのは左右のイヤホンがネックバンドやコードで繋がっていない点です。

 

フルワイヤレス型はケーブルが一切ないので、装着した際の違和感を感じさせないところが魅力です。また、付属のケースにイヤホンを収納するだけでケース上で充電をすることができます。

 

USBケーブルでケースを充電すれば、外出時にイヤホンのバッテリーが無くなったとしてもケースで数回充電をすることができるので便利ですよね。

イヤホンの機能に注目

イヤホンには様々な機能が搭載されています。音質を向上させるための機能や、スマートフォンとの接続上操作が楽になる機能など種類は様々です。今回はイヤホンを使うシーン別に必要な機能に大きく分けて、選ぶべきポイントを見ていきましょう。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリングとは、イヤホンを装着した際に周囲の騒音を軽減する機能のことを指します。たとえば電車やバス内で音楽や映画を見ている際でも、大きな騒音を気にする必要がありません。

 

周囲の音とイヤホンから流れる音がごちゃごちゃに混ざり合うと集中して聴くことが出来ず、不快感につながってしまいますよね。ノイズキャンセリング機能はこのような心配をする必要がありません。

 

また、タイプによっては周囲の環境音レベルによってノイズキャンセリングのパターンを自動で選択してくれる機能も搭載されているモデルもあります。

リモコン・マイク搭載

リモコンやマイクが搭載されている場合、スマートフォンを直接操作することなく音楽再生機能やハンズフリーでの通話の操作が可能になります。両手が自由なので、運動中やなにか作業をしながら簡単に操作することも可能です。

 

たとえばランニングをしながら音楽を聴いているときに、「この曲は今は聴きたい気分じゃないな」という場合にすぐに曲を切り替えることができます。音量の調整ができるモデルもあるので、急いで音量を下げたいときも手元で簡単に操作することができます。

ハイレゾ音源対応

ハイレゾとは、High Resolution(ハイレゾリューション)で「高い解像度」のことを指します。つまりハイレゾ対応の音源は、音質を高い解像度で耳元に届ける機能ということになります。40kHz以上の高音域再生ができるイヤホンがハイレゾ音源対応になります。

 

やはり音楽を楽しむ上では、高音質なイヤホンを選びたいところですよね。特に音楽の種類によっては、重低音や高音域が多い音楽など音質の再現は様々なので、原曲をそのまま忠実に再現して音を届けてくれたときの感動を感じてみてください。

 

 

防水対応

防水対応は、水が原因によってイヤホンが壊れないか気になる人にとってはチェックすべきポイントです。

 

防水/防滴に分かれるのですが、防水であれば水中で使用していても壊れる心配はありません。たとえばお風呂に入浴やシャワーをしながら音楽を楽しむなんてことも出来てしまいます。

 

防滴対応は防水対応に比べると水の強さには弱くなってしまいますが、外出時に使用していて雨が降った際やランニング中に使用していて汗が付着した際に壊れる心配はありません。

 

ただし、有線タイプの場合スマートフォンとの接続が必須なのでスマートフォンが防水/防滴対応していないと使用することは不可能なので、その点について注意が必要です。

ソニーのイヤホン人気おすすめランキング10選

第10位

ソニー(SONY)

ソニー SONY MDR-EX155

価格:1,207円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ◎で、音漏れを最大限に低減

空気の通気量を調整する孔を小さくすることで音漏れに配慮し、特に音漏れしやすい中高音が外部へ漏れ出ることを防ぎます。また、コンパクトサイズながらも音の解像度を高めることで、クリアな中高音とパワフルな重低音の再現ができています。

 

また、長時間でも快適で装着感を感じさせないイヤーピースを採用しています。更にサイズの異なるイヤーピースが4つ付属されているので、耳が小さめな人にも装着しやすくなっています。

装着方法カナル型形状有線型
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応なし
リモコン・マイクなし防水対応なし
充電/最大再生時間
第9位

ソニー(SONY)

ソニー SONY MDR-XB75AP

価格:4,884円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重低音が耳に響くベースブースターサウンド

音楽を聴くなかでも大切にしたいのは重低音です。こちらの「MDR-XB75AP」はドライバーユニットやハウジングの構造を低音が正確なリズムで伝わりやすいものにしています。重量感を感じる低音が直接耳に伝わるグルーヴを感じることができます。

 

こちらは有線型なのでスマートフォンとコードで接続するタイプになりますが、コードがからみにくい設計になっています。からまりやすい原因はコード同士の摩擦によるものです。「MDR-XB75AP」のコードは表面に細かな溝があるので、摩擦が起きにくくなっています。

装着方法カナル型形状有線型
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応なし
リモコン・マイクあり防水対応なし
充電/最大再生時間
第8位

ソニー(SONY)

ソニー SONY MDR-XB55

価格:3,298円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

装着感と音質を向上させるハイブリッドイヤーピース

「MDR-XB55」に搭載されているイヤーピースは芯の部分が硬いので音が通る通路の形状が確保されています。つまり、イヤーピース部分にこだわることで音質の向上が実現されています。また、耳に触れる外側の部分は柔らかいので装着した際の不快感はありません

 

ベースブースターが搭載されているので重低音独特のグルーブ感を体感することができます。また、小型なイヤホン内部に高音質を提供するための内部構造が搭載されているのでコンパクトながらも高感度な音質が実現できています。

装着方法カナル型形状有線型
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応なし
リモコン・マイクあり防水対応なし
充電/最大再生時間
第7位

ソニー

ソニー SONY WI-C600N

価格:13,608円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アプリで自分好みのサウンドを設定できる

こちらの「WI-C600N」は専用アプリ「Headphones Connect」を使って低音量の上げ下げなどの設定ができます。つまり、自分好みのサウンド環境を作ることができます。

 

また、ボタンを1つ押すだけでイヤホンが周囲の音環境を分析し適切なノイズキャンセリングパターンを選択してくれます。環境に合わせて効果よくノイズを低減し、騒音が大きな環境においても音楽の世界観を楽しむことができます。

 

更にこちらのノイズキャンセリング機能に加え、外音取り込み機能の2つのON/OFFモードを選択することができます。形状はネックバンド式なので音楽を聴かない際はそのまま首にぶら下げておくことができます。

装着方法カナル型形状ワイヤレス(ネックバンド型)
ノイズキャンセリングありハイレゾ対応なし
リモコン・マイクあり防水対応なし
充電/最大再生時間2.5h/6.5h
第6位

ソニー

ソニー SONY XBA-N3BP

価格:26,724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸びのある多彩なサウンドを演出

こちらの「XBA-N3BP」は、ソニーならではの原音そのままの音質が実現可能になっています。ソニーでは重低音の響きを重視したイヤホンが多いですが、こちらは音質の低・中・高それぞれがフラットになるようにコントロールされています。

 

更にハイレゾ対応になっているため、単なる重低音ではなく多彩で最適なバランスがあるサウンドの演出が可能となっています。高音域ではドライブ構造と振動板の見直しをすることで、自然と伸びのある音質になります。

 

また、音質において重要である音導管には伸びのあるクリアな中高音が実現できる真鍮が採用されています。また、低音域の音が伝わりやすいように振動板を見直したため、低音が伝えるリズムが正確に伝わります。

 

装着方法カナル型形状有線型
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応あり
リモコン・マイクなし防水対応なし
充電/最大再生時間
第5位

ソニー

ソニー SONY WF-1000X

価格:16,830円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

周囲の騒音に適した音質を提供

こちらの「WF-1000X」はフルオートAIノイズキャンセリング機能を搭載しています。イヤホンが常に周囲の騒音レベルを分析し、3つのノイズキャンセリングパターンから自動で最適なキャンセリングパターンを選択します。

 

環境によって騒音が変化した場合でもすぐに適切なパターンに変更されるので、ストレスなく音楽を楽しむことができます。また、周囲の環境音を取り込む「ノーマルモード」と「ボイスモード」の2つのシーンに合わせたモード対応があります。

 

ノーマルモードでは、音楽を聴きながらも外部の音が入るので周りに注意することができます。ボイスモードでは不要な騒音は排除しつつも、人の声に特化して音を取り込むことができるので、駅や空港のアナウンスに気づくことができます。

装着方法カナル型形状フルワイヤレス型
ノイズキャンセリングありハイレゾ対応なし
リモコン・マイクなし防水対応なし
充電/最大再生時間1.5h/3h
第4位

ソニー

ソニー SONY WI-1000X

価格:31,498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ音源を細かく忠実に再現する

こちらの「WI-1000X」はハイレゾ音源を忠実に再現できるような構造です。たとえば、ハイレゾ音源に対応していないスマートフォンでも最大限ハイレゾ音源に近いクリアでテンポのあるサウンドを体感することができます。

 

また、ハイレゾ音源に対応できる「S-Master HX」を搭載しているので、小さな音から大きな音まで繊細に表現してくれます。

 

また、専用アプリ「Headphones Connect」によって重低音や音量の調整など自分好みのサウンドの演出をすることができます。ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能も備わっているので、周囲の環境を気にすることなく音楽を楽しむことができます。

装着方法カナル型形状ワイヤレス(ネックバンド型)
ノイズキャンセリングありハイレゾ対応あり
リモコン・マイクあり防水対応なし
充電/最大再生時間3.5h/10h
第3位

ソニー

ソニー SONY WI-C300

価格:3,289円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパのいいワイヤレスでも再生時間が8時間

こちらの「WI-C300」にはノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、空気の通気量を調整する孔を最大限小さくすることで外部への音漏れを軽減しています。

 

また、ケーブル部分についているボタンを操作するだけで曲の再生・停止や音量調整、通話の開始・終了などがスムーズに行うことができます。通話が終了したあとは操作することなく音楽の再生が再開されるのでスマートフォンを出して操作する必要がありません。

 

ワイヤレスタイプではコスパもよく、最大再生時間が8時間なのでよくイヤホンを使用する方はまずはこちらから使用してみることをおすすめします。

装着方法カナル型形状ワイヤレス(左右コード型)
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応なし
リモコン・マイクあり防水対応なし
充電/最大再生時間2h/8h
第2位

ソニー

ソニー SONY WF-SP900

価格:26,388円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクティビティ向けの防水・メモリー機能

こちらの「WF-SP900」の凄いポイントは、フルワイヤレス型イヤホンでありながらも、イヤホン自体に約920曲分の音楽が入る4GBのメモリーが搭載されているところです。

 

つまり、Bluetoothでスマートフォンとペアリングさせなくてもイヤホンのみで音楽を聴くことが可能になるんです。これはスマートフォンの充電がなくてペアリングができない時などにも音楽を楽しむことができますよね。

 

更に防水機能があるため、水中でもイヤホンを装着することができます。たとえば、スイミング中にイヤホンに入れた曲を聴くということが出来るんです。左右のイヤホンを繋げるリーシュコードが付属されているので、水中で外れる心配もありません

 

イヤホンには内蔵されたマイクロホンがあり、「外音取り込み機能」のON/OFF切り替えができます。ONにすることで、音楽を聴きながらも人の声や電車のアナウンス・車の音などが聞き取れるので、通勤中やランニング中にはこの機能が非常に助かります。

装着方法カナル型形状フルワイヤレス型
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応なし
リモコン・マイクあり防水対応あり
充電/最大再生時間2.5h/3h
第1位

ソニー(SONY)

ソニー SONY MDR-XB50BS

価格:6,136円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汗や雨に強くランニング中も安心の装着性

防水ではないので水中での使用はできませんが、防滴対応なので雨が降っている中や汗が流れていてもそのまま使用することができます。特に運動中やランニング中は汗をかくことも多いので防滴対応であれば安心です。

 

また、こちらはカナル型のイヤホンですがアークサポーターが付属でついています。アークサポーターをつけることで耳にしっかりと装着することができ、ランニング中でも外れる心配はありません。

 

こちらの「MDR-XB50BS」にはリモコン・マイク機能がついていますが、全てのボタン操作が耳元のイヤホン部分に集約されています。音楽の再生や停止だけでなく、曲送り/曲戻しやハンズフリーでの通話の切り替えも可能になります。

 

装着方法カナル型形状ワイヤレス(左右コード型)
ノイズキャンセリングなしハイレゾ対応なし
リモコン・マイクあり防水対応防滴あり
充電/最大再生時間2.5h/8.5h

ソニーイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4976103の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:4975682の画像

    ソニー

  • 3
    アイテムID:4976124の画像

    ソニー

  • 4
    アイテムID:4976073の画像

    ソニー

  • 5
    アイテムID:4976009の画像

    ソニー

  • 6
    アイテムID:4975893の画像

    ソニー

  • 7
    アイテムID:4976044の画像

    ソニー

  • 8
    アイテムID:4976115の画像

    ソニー(SONY)

  • 9
    アイテムID:4975773の画像

    ソニー(SONY)

  • 10
    アイテムID:4975930の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • ソニー SONY MDR-XB50BS
  • ソニー SONY WF-SP900
  • ソニー SONY WI-C300
  • ソニー SONY WI-1000X
  • ソニー SONY WF-1000X
  • ソニー SONY XBA-N3BP
  • ソニー SONY WI-C600N
  • ソニー SONY MDR-XB55
  • ソニー SONY MDR-XB75AP
  • ソニー SONY MDR-EX155
  • 特徴
  • 汗や雨に強くランニング中も安心の装着性
  • アクティビティ向けの防水・メモリー機能
  • コスパのいいワイヤレスでも再生時間が8時間
  • ハイレゾ音源を細かく忠実に再現する
  • 周囲の騒音に適した音質を提供
  • 伸びのある多彩なサウンドを演出
  • アプリで自分好みのサウンドを設定できる
  • 装着感と音質を向上させるハイブリッドイヤーピース
  • 重低音が耳に響くベースブースターサウンド
  • コスパ◎で、音漏れを最大限に低減
  • 価格
  • 6136円(税込)
  • 26388円(税込)
  • 3289円(税込)
  • 31498円(税込)
  • 16830円(税込)
  • 26724円(税込)
  • 13608円(税込)
  • 3298円(税込)
  • 4884円(税込)
  • 1207円(税込)
  • 装着方法
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 形状
  • ワイヤレス(左右コード型)
  • フルワイヤレス型
  • ワイヤレス(左右コード型)
  • ワイヤレス(ネックバンド型)
  • フルワイヤレス型
  • 有線型
  • ワイヤレス(ネックバンド型)
  • 有線型
  • 有線型
  • 有線型
  • ノイズキャンセリング
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • ハイレゾ対応
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • リモコン・マイク
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • 防水対応
  • 防滴あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 充電/最大再生時間
  • 2.5h/8.5h
  • 2.5h/3h
  • 2h/8h
  • 3.5h/10h
  • 1.5h/3h
  • 2.5h/6.5h

まとめ

ここまで、ソニーが提供する人気イヤホンのおすすめランキングを1位から10位まで紹介していきました。

 

それぞれに対応している機能が異なり、装着方法も異なるのでご自身にとって使いやすいイヤホンを選んでみてください。特に、ランニング中に使用したい!といった特定のシーンでの使用を希望する方は今回記述したポイントをしっかりと注意しておきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ