記事ID136343のサムネイル画像

【レトロな雰囲気】LEDランタンのおすすめ人気ランキング10選

LEDランタンは床に置いたり天井から吊るして使うタイプの照明器具で、キャンプなどでの使用におすすめです。この記事ではLEDランタンのおすすめをランキング形式で紹介していますので、LEDランタンに興味がある方はぜひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

LEDランタンで心休まる演出を

最近の室内照明器具や懐中電灯にはLEDが使われているものが殆どですね。LEDはエネルギー効率の良い光源で、それまで主流であった白熱電球や蛍光灯に比べて高寿命・省エネ・低発熱といったメリットがあります。製品価格も普及し始めた頃より落ち付きました。

 

昔ながらの照明器具であるランタンとLEDを融合させたのがLEDランタンです。ランタンは手に持って使う形状のランプであり、燃料としてガソリン・灯油・ガス・ろうそくなどが主に使われていました。ちなみにランタンもランプも「たいまつ」を意味する古代ギリシア語が由来です。

 

ランタンの光源をLEDにすることで、ランタン特有のフォルムを保ちながら実用性の高いライトとなっています。暗闇にLEDランタンを設置するだけで明るさを確保できるだけでなく素敵なムードも作れますので、キャンプなどで雰囲気を大事にしたい方におすすめです。

LEDランタンの選び方

LEDランタンは様々なタイプがあり、どれがおすすめが分からない方も多いのではないでしょうか。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

用途で選ぶ

LEDランタンの購入を検討している方はどのような場面で使いたいかある程度イメージはできているのではないでしょうか。それぞれのシーンにあった光のタイプを以下で解説します。

明るさをチェック

LEDランタンの明るさは通常「ルーメン」で表されますが、その数値は製品によってまちまちです。暗すぎるのはもちろん、明るすぎても目が疲れるので良くありません。どんなシーンで使うのかを想定して用途に応じた明るさのLEDランタンを選ぶと過不足が無くて良いですね。

 

テント全体や人が集まる場所を広範囲に照らすメインランタンとして使いたい場合は、1000ルーメン以上が望ましいです。これだけの数値があると夜間でもかなり明るくなりますが、少人数やソロキャンプの場合ですと300-700ルーメンくらいがちょうど良いです。

 

また作業時に手元を照らしたり、枕もとで使えるようなサブランタンも必要です。光量が強すぎると虫が寄ってきたり眠りを妨げる要因になりますので100-300ルーメンが良いでしょう。夜道の散歩やトイレにいくときに持ち歩くものであれば100ルーメン程度で十分です。

光の色をチェック

暗がりで使う照明の光量はとても重要ですが、光の色もまた人に与える印象に大きく影響します。白っぽい光(昼光色・昼白色)は色温度が高く、集中力を上げる効果があります。オレンジっぽい光(電球色)は色温度が低く、やすらぎを与える効果があります。

 

一般的に販売されているLEDランタンは、上記の白色系と暖色系の主に二種類に分けられます。仕事や作業、勉強など集中したいときには白色系のタイプが良いでしょう。ただし光量の割に眩しく感じるので、長時間使用するのであればやや暗めのものを選ぶと良いでしょう。

 

食事や読書、就寝時などリラックスしたいときは暖色系のタイプが向いています。テーブルランプとして使うのにも適しており、目に優しいというメリットがあります。ただし光量の割に暗く感じる傾向にあります。オンの白色、オフの暖色という風に使い分けると良いでしょう。

給電方式で選ぶ

LEDランタンは光を放つのに電気が必要です。この電力をどのように供給するかによっていくつかのタイプに分類できます。主なタイプを3つ紹介します。

充電タイプ

LEDランタンは非常災害時にも使えますが、購入する方のほとんどは普段使いかキャンプなどのイベントでの使用を想定しているでしょう。繰り返し稼働させるので、使い勝手が良くランニングコストを抑えられるタイプが望ましいですね。

 

充電式のLEDランタンはUSBやコンセントに接続するだけで給電できるので簡単に使えます。電池式とは違い定期的に乾電池を交換する必要も無いので費用も抑えられます。ランタンからスマホなどの充電が出来るものが多いのでキャンプなどでは重宝します。

 

何かと便利な充電式ですが、バッテリーが切れたときに代用が効きません。災害時などでいざ必要になったときに充電が出来ていないということも十分考えられますね。応急処置ではありますが、手回し発電機能が付いていれば一時的に電力を得られるのでおすすめです。

電池タイプ

LEDランタンはキャンプなど事前に計画するイベントで使うだけでなく、急な用事や予測できない非常災害時に必要になることも多いでしょう。またアウトドアシーンでも現地に必ず電源があるとは限りませんので、単独で使えてかつ電源が容易に手に入るタイプがベストです。

 

そういった意味では電池式のLEDランタンはとても実用性が高いです。LEDランタンは電池式が多いので、気に入った商品も見つけやすいです。ほとんどのモデルが単一型もしくは単三型の乾電池を使用します。複数本使う場合は重量もそれなりに増えてきますので注意しましょう。

 

電源が切れても、新しい電池に交換するだけですぐに使える点は優秀ですね。充電可能な電池を使えば実質的に充電式としても使うことも出来ます。電池を入れた状態での放電や液漏れを防ぐタイプもありますので、選ぶ際にぜひチェックすることをおすすめします。

ソーラータイプ

キャンプなどのイベント時だけでなく自宅でのルームライトやデスクライト、枕もとの明かりなどの普段使いとしてLEDランタンを使いたいという方もいらっしゃるでしょう。ほぼ毎日使うことを想定すれば消費電力をなるべく抑え、耐久性の高いモデルが望ましいですね。

 

そんな方におすすめなのが充電式の一種であるソーラータイプのLEDランタンです。照明の要らない昼間に太陽光で蓄電して、照明が必要な夜間に発光するという非常に合理的な充電システムで、電力を使わないので月々の電気代を抑えたい方に最適です。

 

通常の充電機能も備えているものも多いので活用できるシチュエーションは幅広いです。折りたたみ式でコンパクトに収納できたり、防水機能付きで屋外に置きっぱなしにできる製品もあります。基本的に電気をチャージしないので、最近注目されているタイプです。

機能性で選ぶ

LEDランタンは様々なシチュエーションで使える便利アイテムですが、さらに実用性が期待できるものとしてチェックすべきポイントをいくつか紹介します。

防水機能タイプ

LEDランタンはどちらかと言えばアウトドアで使用することが多いアイテムです。水辺付近でも安心して設置でき、急な雨にもある程度耐性があるモデルが良いですね。また屋内で使用する場合であっても、水回りでの作業に使いたい場合もあるでしょう。

 

LEDランタンは防水仕様のモデルを選ぶと、上記のようなシーンでも使えるためとても便利です。IPX5以上の完全防水型が理想ですが、商品数が少なく値段も高くなってきます。IPX4となると急な雨に数分耐えれる程度の耐水性になってしまいますが、大抵のモデルに備わっています。

 

屋内用ならそれほど防水性の高いものは必要ありませんが、キャンプなどでガンガン使っていく場合や、非常災害時用に準備しておくのであれば水に強いLEDランタンが望ましいです。いずれにしても生活防水基準は最低でもクリアしておきたいですね。

長時間点灯タイプ

一箇所を短時間照らす懐中電灯とは違い、基本的にLEDランタンは1部屋程度の範囲において数時間以上にわたって安定した光量を確保するために使います。そのため数分あるいは数十分で電源が切れてしまうような製品ではランタンとしての役割を果たせません。

 

アウトドアで使用するためのLEDランタンを選ぶ際は、目安として連続点灯時間は5-7時間くらいがベストです。夏場なら4-5時間、冬場なら6-7時間点灯できればキャンプを存分に楽しむことができます。非常災害用なら数日間の点灯に耐えられるモデルが良いですね。

 

LEDランタンの連続点灯時間は平均ではなく最大値を表示してあるものが多いです。明るさやバッテリー状態によりますが実際はやや短くなると考えて、すこし余裕を持ったスペックのものを選びましょう。ただしあまり高性能なものは重量やサイズも大きくなりますので注意です。

メーカーで選ぶ

LEDランタンは商品数が多いので一つ一つを比較検討するのは大変です。信頼性の高い若しくはデザインが気に入ったメーカーでまず絞って、そこから製品を選んでいくのも良いでしょう。

Coleman(コールマン)

コールマンは米国カンザス州に本社を置くキャンプ用品の製造販売を行う企業です。1900年頃にオクラホマ州にて、ウィリアム・コフィン・コールマン氏がガソリン式ランプの販売で創業したのが始まりです。100年以上経った今でもアウトドア業界で圧倒的な支持を得ています。

 

コールマンの製品は、ユーザー目線の配慮がなされた実用性と品質の高さが人気です。ランプで創業しているだけあってLEDランタンのラインナップも豊富で、照明器具の技術は他社よりも頭一つ抜けています。スマホなども充電可能なのでアウトドアだけでなく非常時にも役立ちます。

 

どちらかと言えばコールマンは充電式ランタンの開発に注力していますが、電池式のモデルも取り扱っています。電池の液漏れや劣化を防ぐ「バッテリーロック機能」や取り外し可能な発光板を搭載した「マルチパネルランタン」は利便性を追求した同社独自のテクノロジーです。

GENTOS(ジェントス)

ジェントスは東京都台東区に本社を置く、ライト製品の開発販売を行う企業です。ハンディタイプのLED懐中電灯が有名で、耐久性・信頼性の高い業務用の製品も多数取り扱っています。「閃」と印字された懐中電灯を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 

LEDを使った照明器具で高い国内シェアを誇っているジェントスは、ランタンの品数も豊富です。LEDは開発された当初は光量が少なくメインのランタンには不向きと言われていましたが、技術の進歩によりLEDでも光量の高いモデルが普及してきました。

 

その中でもジェントスのLEDは業界最高クラスの光量で、LEDランタン界の常識を大きく変えた製品として注目されています。ガスやガソリンの炎の光量には劣るものの十分実用できる明るさで、利便性も高いのでおすすめできるメーカーです。

Snow Peak(スノーピーク)

スノーピークは新潟県三条市に本社を置く、アウトドア・アパレル製品の開発販売を行う企業です。グッズの製造販売だけでなくキャンプ場の運営なども手掛けています。1986年に山井太氏が、父の創業したヤマコウ社(釣具・登山用品メーカー)を継いだのが始まりです。

 

スノーピークはテント・タープ・焚火台などが有名ですがランタンも取り扱っています。ラインナップは必要最低限ながらLED式とガス式の二種類をそろえており、スノーピークならではのこだわりが細部にまで見られるしっかりとした作りです。

 

他社製品とは一風変わったデザインが特徴的で、明るさの確保はもちろんムードの演出にも配慮されています。LEDランタンとしての機能はしっかり抑えながらも、スタイリッシュさを追求したスノーピークのモノづくりを体感したい方はぜひ検討していてはいかがでしょうか。

LEDランタンの人気ランキング10選

第10位

コンポジット

FIELDOOR LEDランタン

価格:1,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンティーク調のオーナメント

本物のオイルランプのようなレトロなデザインのこちらは、電池式のLEDランタンです。まるでブリキで作られたかのようなノスタルジックなフォルムは、置いてあるだけで素敵なムードを演出してくれるでしょう。

 

12灯のLEDチップを搭載しており、明るさはダイヤルで無段階の調節が可能です。色温度は2500-2700ケルビンに設定できます。

サイズ16×11.5×27cm明るさ-
電源単1電池×2連続点灯時間100時間
第9位

Suaoki

3WAY高輝度LEDランタン

価格:1,530円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソーラーパネル搭載の小型モデル

スポーティなデザインが特徴的なこちらは、太陽光発電が可能な充電式のLEDランタンです。ライト部分が蛇腹になっており小さく折りたためるので持ち運びにも適したアイテムです。モバイルバッテリーとしても使用可能ですので、常に鞄に入れておきたいですね。

 

ハイ・エコ・SOSの3つの点灯モードを備えているので、状況に応じて使い分けることが出来ます。

サイズ10×10×6cm明るさ-
電源ソーラー/USB連続点灯時間10時間
第8位

COMI

LEDランタン

価格:1,569円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3色切り替え可&防滴

鮮やかなグリーンが美しいこちらは、充電と乾電池の両方に対応したLEDランタンです。明るさは高・中・低・点滅1・点滅2の5パターンあるので、状況や好みに合わせて使い分けることができます。防水性もあるので悪天候でも安定して動作します。

 

テントランタンやテーブルランタンとして使うほかに、折りたたんで懐中電灯としても使えます。

サイズ9×17cm明るさ-
電源USB/単4電池×3連続点灯時間12時間
第7位

SORKER

LEDランタン

価格:1,599円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア向きな頑丈な作り

黒基調でややゴツめなデザインのこちらは、電池式の防水LEDランタンです。IPX4の生活防水性を備えており、ABS樹脂とポリカーボネイト・スチールを素材に用いることにより少々荒っぽい使い方でも問題ない耐久性を誇っています。

 

高密度COB-LEDを採用し、暗い場所でも昼間のような良好な視界を提供してくれます。

サイズ25.5×8.5cm明るさ500ルーメン
電源単3電池×3連続点灯時間10時間
第6位

Vantozon

LEDランタン

価格:2,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプや夜釣りに便利な高輝度

先進的なオレンジの天板とシルバーボディのこちらは、充電と乾電池両方に対応したLEDランタンです。高密度COB-LEDを採用しており、360度の方向に落ち着いた光を届けます。上部にハンドルが付いていますので天井にぶら下げて使うことができます。

 

また折りたたんで懐中電灯としても使える便利なアイテムです。

サイズ29×8.5cm明るさ1000ルーメン
電源USB/単3電池×3連続点灯時間12時間
第5位

エム・シー・エム・ジャパン

エムパワード ラックス

価格:2,950円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暖色系ソーラーランタン

円柱型の少し変わったフォルムのこちらは、完全ソーラー充電タイプのLEDランタンです。折りたたみ式なので持ち運びが簡単で、電気をチャージする必要がないのが嬉しいですね。ビーチボールのように給気で膨らますので、浸水にも強い構造になっています。

 

お部屋に置いておくだけで、暖色系の柔らかい光でリラックスさせてくれます。

サイズ12.5x11.2cm 明るさ-
電源ソーラー連続点灯時間12時間
第4位

GENTOS(ジェントス)

LEDランタン SOL

価格:3,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LED技術に定評のある大手ブランド

シンプルなモノトーン柄のこちらは、LED懐中電灯で有名なジェントス製のLEDランタンです。白色・昼白色・暖色を切り替えられるので、用途に応じて使い分けることが出来ます。電池式ですがエネループが使えますので、充電式のような使い方ができます。

 

トップカバーは光のムラを軽減するためストライプ構造になっているので、目に優しくなっています。

サイズ7×16cm明るさ380ルーメン
電源単3電池×6連続点灯時間28時間
第3位

スノーピーク(snow peak)

たねほおずき LINE FRIENDS

価格:5,184円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LINEとコラボのLEDランタン

丸っこいフォルムとラインのキャラクターが可愛らしいこちらは、オシャレなデザインが特徴のスノーピーク社製LEDランタンです。球形の外枠とシリコンシェードの質感が魅力的な同社の別商品「ほおずき」の小型モデルです。

 

USBのコネクタをカバーしている「ブラウン」が楽しいキャンプサイトをさらに華やかにしてくれます。ピクニックや自宅で使用するのもおすすめです。

サイズ6×10cm明るさ60ルーメン
電源単4電池×3連続点灯時間40時間
第2位

GENTOS(ジェントス)

LEDランタン EX-1000C

価格:5,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用性に優れた高輝度モデル

ミリタリーらしさを感じるデザインのこちらは、LED技術の高さに定評のあるジェントス社の電池型LEDランタンです。白色・昼白色・暖色の3つの色を切り替えることができるので、集中したいときやリラックスしたいときなど目的に応じて使い分けができます。

 

また防水仕様なので幅広いシーンで活躍してくれるのも嬉しいですね。

サイズ13×25cm明るさ1000ルーメン
電源単1電池×4連続点灯時間250時間
第1位

コールマン(Coleman)

ナチュラルウッドランタン

価格:5,377円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2016年グッドデザイン賞受賞

アウトドアらしい木目調のデザインが魅力的なこちらは、キャンプ用品でお馴染みのコールマン製LEDランタンです。コンパクトでハンドルも付いているため持ち運びしやすいのが特徴です。見た目が美しいだけでなく光量も十分とレビューでも好評です。

サイズ13.5×23.5cm明るさ500ルーメン
電源単1電池×4連続点灯時間410時間

LEDランタンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4973495の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:4973491の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 3
    アイテムID:4973488の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 4
    アイテムID:4973477の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 5
    アイテムID:4973467の画像

    エム・シー・エム・ジャパン

  • 6
    アイテムID:4973454の画像

    Vantozon

  • 7
    アイテムID:4973445の画像

    SORKER

  • 8
    アイテムID:4973429の画像

    COMI

  • 9
    アイテムID:4973416の画像

    Suaoki

  • 10
    アイテムID:4973408の画像

    コンポジット

  • 商品名
  • ナチュラルウッドランタン
  • LEDランタン EX-1000C
  • たねほおずき LINE FRIENDS
  • LEDランタン SOL
  • エムパワード ラックス
  • LEDランタン
  • LEDランタン
  • LEDランタン
  • 3WAY高輝度LEDランタン
  • FIELDOOR LEDランタン
  • 特徴
  • 2016年グッドデザイン賞受賞
  • 実用性に優れた高輝度モデル
  • LINEとコラボのLEDランタン
  • LED技術に定評のある大手ブランド
  • 暖色系ソーラーランタン
  • キャンプや夜釣りに便利な高輝度
  • アウトドア向きな頑丈な作り
  • 3色切り替え可&防滴
  • ソーラーパネル搭載の小型モデル
  • アンティーク調のオーナメント
  • 価格
  • 5377円(税込)
  • 5100円(税込)
  • 5184円(税込)
  • 3600円(税込)
  • 2950円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 1569円(税込)
  • 1530円(税込)
  • 1380円(税込)
  • サイズ
  • 13.5×23.5cm
  • 13×25cm
  • 6×10cm
  • 7×16cm
  • 12.5x11.2cm 
  • 29×8.5cm
  • 25.5×8.5cm
  • 9×17cm
  • 10×10×6cm
  • 16×11.5×27cm
  • 明るさ
  • 500ルーメン
  • 1000ルーメン
  • 60ルーメン
  • 380ルーメン
  • -
  • 1000ルーメン
  • 500ルーメン
  • -
  • -
  • -
  • 電源
  • 単1電池×4
  • 単1電池×4
  • 単4電池×3
  • 単3電池×6
  • ソーラー
  • USB/単3電池×3
  • 単3電池×3
  • USB/単4電池×3
  • ソーラー/USB
  • 単1電池×2
  • 連続点灯時間
  • 410時間
  • 250時間
  • 40時間
  • 28時間
  • 12時間
  • 12時間
  • 10時間
  • 12時間
  • 10時間
  • 100時間

まとめ

LEDランタンはキャンプなどのアウトドアシーンで重宝しますが、自宅のお部屋に置いてもインテリアとして活躍します。小型のタイプなら持ち運んで夜道の散歩などにも使えますから便利なアイテムですね。昼間に蓄電できるソーラータイプなら消費電力も少ないのでおすすめです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ