記事ID136337のサムネイル画像

【夜景撮影や運動会に】一眼レフにおすすめの三脚人気ランキング10選

一眼レフをしっかりと固定することで、ブレのない鮮明な写真を撮らせてくれる三脚。使い勝手のいい三脚を使いたいけど、どれがおすすめか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。今回は、一眼レフに最適な三脚の選び方や人気商品をランキング形式でご紹介します。

一眼レフに最適な三脚は安定感が大事

一眼レフで景色や夜景、運動会などで動く被写体を撮る際に活躍してくれる三脚は、安定感がまず何よりも大切な条件となります。安定感のある三脚は、重量のある一眼レフをしっかりと支え、それぞれの環境にも対応できることで、思い通りの撮影を可能にしてくれます。

 

また、三脚は持ち運んで使うものですから、携帯性やすぐに使える操作方法なども考える必要があるでしょう。スタイルに合った三脚を選ぶことで、これまでよりも良い写真の割合が増え、撮影自体楽しいものになります。

 

今回は口コミと一緒に、一眼レフに対応した三脚の選び方や、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。

一眼レフに適した三脚の選び方

三脚は、一眼レフやデジカメ、ビデオカメラなどの撮影に対応したものがあります。一眼レフに適した三脚を選ぶために、選び方のポイントやそれぞれの特徴について見ていきましょう。

耐荷重を確認

三脚は一眼レフなど、カメラを支えられる重量の上限が定められています。メーカーによっても耐荷重を定める基準が異なるので、ある程度余裕を持ったものを選びます。あらかじめ一眼レフ本体やレンズの重さを測っておきましょう。

 

また、三脚の重要なパーツである雲台にも耐荷重があります。購入時のまま使う場合には、特に気にする必要はありませんが、気に入ったものに交換したい場合には、特に注意が必要です。耐荷重が三脚よりも小さい雲台の場合、三脚自体の耐荷重が下がってしまいます。

 

三脚を選ぶ際には、一眼レフとレンズの重さの2倍以上の耐荷重があるものを選ぶようにすると安心です。

素材を選ぶ

一眼レフを支える三脚は、主にアルミとカーボンの2種類の素材を使ったものがあります。それぞれの特徴について確認していきます。

アルミ

アルミ素材を使用した三脚は、比較的価格帯が低く、手の出しやすい製品が多くあります。初めて三脚を手にする方や予算をなるべく抑えたいという方におすすめの素材です。ただ、カーボンに比べると、やや重さがあるので、持ち運びをする場合には少し難があります。

 

運動会などの行事や、車での移動の際など年に数回程度しか使わない場合は、重みがあっても特に問題はないので、安価なアルミ素材の三脚を選ぶようにしましょう。

 

登山やハイキングなど、持ち歩く際には、少しでも重量を抑えたいものです。多少価格帯が上がっても軽量なカーボン素材の三脚がおすすめです。

カーボン

カーボン素材を使った三脚は、軽量で持ち運びも楽にできるのが特徴です。耐久性もあり、頑丈なので壊れにくく、あらゆるシーンで活用することができます。また、アルミよりも熱を持ちにくいので、日射が強い日などにも、熱くて持てないということがありません。

 

ただし、アルミ素材の三脚に比べると価格帯が高い傾向があり、予算を抑えたい場合にはアルミ素材の三脚を検討したほうが良いかもしれません。三脚を使う回数が多い場合や、長く使って行く場合には、初期投資が高くても、ライフサイクルコストが低くなる場合もあります。

 

機能や耐久性、それに予算のバランスをみて、決めていきましょう。

機能で選ぶ

一眼レフを安定させるには、三脚の構造がカギとなります。安定性や使いやすさなど、それぞれのポイントを抑えていきましょう。

安定性

一眼レフを安定性を高めるために見ておきたいのが、三脚のパイプ径です。太ければ太いほど安定性は増しますが、同時に重くなってしまうため、持ち運びに適さなくなってしまいます。一眼レフの場合、三脚のパイプ径で基準になるのが、25mmのパイプ径を持った三脚です。

 

25mmの三脚は安定性があり、重量もそれほど重くならないのでおすすめです。持っているカメラがミラーレスのように軽量のものであれば、22mmのパイプ径でも十分に機能します。さらに軽量にできるため、持ち運びが楽になり、旅行などでも活用できます。

 

望遠レンズや重さのある一眼レフを使う場面がある方は、28mmのパイプ径を持つ三脚も検討するようにしましょう。安定感が増しますが、重くなるため持ち運びには力が必要になります。

持ち運びやすさ

三脚は3段や4段などパイプが繋がってできています。これを伸ばしたり縮めたりすることで高さを出したり、コンパクトに収納することができます。3段の三脚は、地面につく脚の太さがあり、安定性が高い特徴を持っています。また設置や収納の動作が少ないので、簡単に操作できます。

 

ただ3段の三脚は、収納サイズが大きくなるというデメリットがあります。4段の三脚は、収納サイズを小さくすることができ、持ち運びの際に荷物がかさばるといったことがなくなります。ただし、地面につく脚が細くなるので安定性は、3段の三脚に劣ります。

固定の仕方

三脚の脚を固定する方法には、ナット式とレバー式があります。ナット式はネジのように回すことで固定します。一眼レフで使われる本格的な三脚は、ナット式が多く、しっかりと三脚を締め付けて固定できるため安定性があります。また、持ち運びの際に引っかからないという利点もあります。

 

レバー式は、レバーを引き上げることで緩めることができ、レバーを倒すことで1発でロックすることができます。操作が簡単なので、初心者にも扱いやすく、安価な製品に多いのが特徴です。ただし、レバー部分が出っ張っているので収納時に邪魔になる場合があります。

雲台で選ぶ

一眼レフを三脚に取り付けるための雲台という重要なパーツがあります。雲台の種類や取り付け方法について見ていきましょう。

雲台の種類

雲台は大きく分けて、3way雲台と自由雲台、ビデオ用雲台があります。3way雲台は、3つのネジがあり、縦、横、斜めの方向に個別に設定することができる雲台です。風景や静止物の撮影に使いやすく、時間をかけて微妙な設定をするのに向いています。

 

自由雲台は世界的に人気のある雲台で、調整ネジひとつだけで、角度を自由に動かすことができます。素早く設定できるので、シャッターチャンスを逃すこと無く使うことができ、コンパクトなので収納もしやすいというメリットがあります。

 

ビデオ用雲台は動画を撮影するための三脚です。上下左右に角度を滑らかに動かすことができるので、運動会などで静止画と動画を撮る際に活用できます。ただし、一眼レフを縦位置に固定できないため、静止画の撮影には制限があることを覚えておきましょう。

雲台の取り付け方

一眼レフを三脚に取り付ける方法として、ネジ式とクイックシューがあります。ネジ式はシンプルな取り付け方で、雲台から飛び出ているネジを一眼レフに差し込んで、ネジを回して固定します。三脚用のネジ穴があれば、録音機器や照明などにも使え、汎用性の高さがあります。

 

クイックシューは、部品をあらかじめ一眼レフに取り付けることで、レバーを引くだけで簡単に取り付けられる方法です。簡単に取り付けられるクイックシューですが、部品を忘れたり、失くしたりした場合に、三脚に取り付けられなくなってしまうので注意が必要です。

一眼レフに適した三脚の人気ランキング10選

第10位

MeFOTO

A1350Q1

価格:16,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

選べるカラー

軽量でコンパクトなアルミ三脚で、アルマイト処理による8色のカラーリングから選ぶことができます。なめらかな操作性が特徴で、三脚としても一脚としても使えるマルチパーパス設計です。パイプ径も25.2mmと一眼レフを安定して支えてくれる仕様になっています。

 

レビューを参考にすると、一脚にもなる上自由雲台もシンプルですしノブが良い大きさですので私には動かしやすいです、思いの他にシッカリしててビックリ、雲台も使いやすくしっかりしています、何といってもデザインが良いという評価が見られます。

 

耐荷重が8kgとしっかりとした性能を持ち、本体の重量も1.63kgなので持ち運びも楽にできます。人とは違った三脚を探している方におすすめです。

耐荷重8kg雲台自由雲台
全高156.5cm最低高39cm
第9位

マンフロット

COMPACT Action

価格:5,210円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直感的なジョイスティック

ジョイスティックの形状をした雲台は、片手で簡単に操作ができ、セットアップも手間取らずにできます。また丸型のクイックリリースシステムでカメラ側にパーツを装着することで、簡単に三脚にセットすることを可能にしています。

 

レビューを参考にすると、高さも十分にあって満足、動きもスームズだしワンタッチで装着できるのがすごく便利、三脚を購入してたくさん撮った方がコスパは良いです、今まで使った三脚の中で一番買ってよかったなと思う三脚ですという評価を見ることができます。

 

カメラモードと動画モードを選択することができるので、撮影に合わせた三脚にすることが可能です。スムーズな動きをすることができるので、運動会など写真と動画を撮る際におすすめの三脚です。

耐荷重1.5kg雲台グリップ式
全高155 cm最低高133 cm
第8位

ベルボン

ULTREK UTC-63

価格:36,624円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに収納

高剛性なカーボン三脚で、5段の段数をもち、伸縮比が約4.3倍と収納時は小さくても大きく使える三脚です。30mmのパイプ径があり耐荷重4kgと一眼レフをしっかりと支えてくれます。また水準器付きの自由雲台は軽い力でしっかりと固定することができ、大型機材にも対応しています。

 

レビューを参考にすると、コンパクトにでき気軽に持っていけるのでとても重宝しています、100-400mmの望遠もしっかりホールドしてくれコンパクトですが中型三脚以上のしっかりした作りだと思いますと高い評価を見ることができます。

 

重さがわずか1.5kgと持ち運びしやすく、コンパクトに縮めることができるので、持ち運びが多い撮影などにおすすめです。

耐荷重4kg雲台自由雲台
全高155cm最低高34cm
第7位

ジッツオ

マウンテニア GT2542

価格:99,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫で壊れない

プロのカメラマンも愛用する世界で最も信頼されているメーカーがジッツオです。価格帯が非常に高い部類に入りますが。20年使っても壊れない堅牢さがあり、一生使っていける三脚です。ポール径が29mmとしっかりとしており、耐荷重が18kgとあらゆる機材に対応します。

 

レビューを参考にすると、抜群の操作性と軽さもうこれ以外使えなくなりました、全部伸ばした時点で捻りの力を加えましたがビクともしません、想像以上に使いやすく買って良かったこれから長い付き合いになりそうですと高い評価を得ています。

 

万能なカーボン三脚で強度があり軽量です。雲台がついていないので、使いやすい雲台を選んで取り付けることができます。より良いものを手にしたいという方におすすめのモデルです。

耐荷重18kg雲台なし
全高167 cm最低高15 cm
第6位

ベルボン

Professional Geo V640

価格:47,365円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンランク上のカーボン三脚

大口径の望遠レンズを使用した際も、機材をしっかりと支えられる三脚です。重い機材を扱うときでも、軽量化をしたギヤ式のエレベーターを装備しているので、快適に操作することができます。雲台が別売りのモデルなので、好みの雲台を選ぶことができます。

 

レビューを参考にすると、エレベーター周りも高級感がありコスパいいです、超望遠レンズを付けても安定していて使い勝手も良かったですと高い評価を得ています。

 

三脚の脚の締付け方式に、新開発ナットを使用したVロックを採用することで、伸縮の操作に手間取ること無く快適に操作することができます。撮影機材の総重量が重たい場合におすすめの三脚です。

耐荷重4kg雲台なし
全高144 cm最低高30 cm
第5位

マンフロット

Befree

価格:18,057円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなトラベル三脚

トラベル三脚として人気を集めているモデルで、独特の脚の折りたたみ機構を採用し、41cmのコンパクト収納を可能にしました。アルミ製で、パイプ径が22.5mmあり、4kgの耐荷重を持っています。風の強い日にはコラム下のフックにサンドバッグを吊り下げることで安定します。

 

レビューを見てみると、旅に持っていくときなど大変重宝します、安定性、カッコイイ所有感、価格に大満足です、しっかりした作りで満足しています、歩いて持ち運ぶサイズ感がちょうど良い、見た目がカッコいいと高い評価が見られます。

 

1.4kgと軽量ながら、安定感もあるので、三脚を持ち歩いての撮影におすすめです。

耐荷重4kg雲台自由雲台
全高144 cm最低高34 cm
第4位

スリック

マスター 3

価格:23,041円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大口径レンズにも対応

全高が182cmと高く、大口径レンズも取り付けられるフリーターン雲台を採用した三脚です。脚は反射の少ない黒アルマイト仕上げなので、野外での野生動物の撮影や野鳥の撮影などで、邪魔になることがありません。パイプ径が28mmあるので安定性が高いモデルです。

 

レビューを見てみると、本体はアルミ製で出来ており重量はあるが一眼で望遠装着時にはこれがプラスになりカメラがぶれずに安定した写真を撮影できる、便利で主さも十分有りコストパフォーマンス抜群であると高い評価を見ることができます。

 

高さの微調節ができるラックアンドビニオン式のエレベーターを採用しています。動きの軽さを調節できる機構を装備しているので、快適に操作することができます。安定性や高さが基準にしている方におすすめのモデルです。

耐荷重5kg雲台自由雲台
全高182 cm最低高72 cm
第3位

ベルボン

Carmagne E5400 II

価格:30,633円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単セットアップ

3way雲台を装備し、水平器やクイックシューなど便利な機能がついたカーボン三脚です。シュープレートは縦横両方に対応しているので、カメラやレンズ形状に合わせて向きを変えることができます。レバー式の固定方式なので簡単に設置や収納をすることができます。

 

レビューを見てみると、カーボンで出来ているので大きさの割に軽い、ビデオ撮影時に滑らかに動くので撮影しやすい運動会、生活発表会の場所取りをしなくても後ろから高い位置で撮影出来るので他のカメラなどに遮られないと高い評価を得ています。

 

3段階の開脚機構があり、ローポジションの撮影はもちろん、不安定な地面での撮影時に効果を発揮します。軽量で耐久性を重視する方におすすめです。

耐荷重3kg雲台3WAY雲台
全高162 cm最低高25.2 cm
第2位

マンフロット

MK290DUA3-3W

価格:23,482円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

創造力に追従する三脚

簡単に片手で調整できる機構をもつモデルで、開脚角度が4段階で変えられ、センターポールが90度稼働するため、ローポジションの撮影やさまざまなシーンで活躍します。アルミ製の雲台を採用し、スピーディーな操作が可能で、正確にセットアップすることができます。

 

レビューを見てみると、最低高5cmでミニ三脚なしでローポジション決めれます、三脚は機能的には非常に完成度が高く雲台もD500+18-35F1.8でもしっかり固定してくれたため非常に満足のいくものでしたと高い評価を得ています。

 

アルミ製なので多少重さがありますが、安定した撮影をすることができます。さまざまな撮影シーンで三脚を活用したいという方におすすめです。

耐荷重4kg雲台3WAY雲台
全高175.5cm最低高5.5cm
第1位

スリック

ライトカーボン E74

価格:26,945円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運び重視

スリックのカーボン三脚で、4段の脚を持つモデルです。パイプ径が25mmあり、一眼レフを支えるのにバランスが良く、軽量なので持ち運びを楽にできます。また、収納時のサイズは、航空機内に持ち込める60cm未満なので、旅行にも最適です。雲台は3way雲台がついています。

 

レビューを参考にすると、4段ナットロックも片手で握るには丁度よい幅で操作がしやすい、三脚の作りはしっかりしていてコスパがかなり良いと思います、航空機内持ち込みしましたが問題ありませんでした、女性でも手軽に持ち運べ耐久性も問題ありませんと高い評価を得ています。

 

開脚角度が調整できるのでローポジションの撮影にも対応しています。携帯性も高いので最初の1台としておすすめの三脚です。

一眼レフ三脚のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4973288の画像

    スリック

  • 2
    アイテムID:4973313の画像

    マンフロット

  • 3
    アイテムID:4973332の画像

    ベルボン

  • 4
    アイテムID:4973365の画像

    スリック

  • 5
    アイテムID:4973397の画像

    マンフロット

  • 6
    アイテムID:4973409の画像

    ベルボン

  • 7
    アイテムID:4973426の画像

    ジッツオ

  • 8
    アイテムID:4973508の画像

    ベルボン

  • 9
    アイテムID:4973521の画像

    マンフロット

  • 10
    アイテムID:4973537の画像

    MeFOTO

  • 商品名
  • ライトカーボン E74
  • MK290DUA3-3W
  • Carmagne E5400 II
  • マスター 3
  • Befree
  • Professional Geo V640
  • マウンテニア GT2542
  • ULTREK UTC-63
  • COMPACT Action
  • A1350Q1
  • 特徴
  • 持ち運び重視
  • 創造力に追従する三脚
  • 簡単セットアップ
  • 大口径レンズにも対応
  • コンパクトなトラベル三脚
  • ワンランク上のカーボン三脚
  • 丈夫で壊れない
  • コンパクトに収納
  • 直感的なジョイスティック
  • 選べるカラー
  • 価格
  • 26945円(税込)
  • 23482円(税込)
  • 30633円(税込)
  • 23041円(税込)
  • 18057円(税込)
  • 47365円(税込)
  • 99000円(税込)
  • 36624円(税込)
  • 5210円(税込)
  • 16000円(税込)

まとめ

ここまで一眼レフ用三脚の人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。三脚を取り入れることで、撮影の質は格段に上がります。スタイルに合った三脚を導入して、一眼レフでの撮影に磨きをかけていってはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ