記事ID136318のサムネイル画像

【快適なキャンプに】おすすめのメインランタン人気ランキング10選

キャンプサイトを明るく照らしてくれるメインランタン。ランタンも種類が多くどれがメインの照明におすすめか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。今回はメインで使えるランタンの選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

メインのランタンはとにかく明るく

メインで使うランタンは、サイト全体を照らして安全にキャンプを楽しめるようにしてくれます。光量があることはもちろん、ランタンの灯りはキャンプの雰囲気を高めてくれることもできるので、キャンプスタイルに合ったメインランタンを選ぶことが必要です。

 

メインランタンには、1000ルーメン(75から80ワット)以上の明るさを持つランタンが適しています。できれば1500ルーメン(100ワット)や3000ルーメン(230ワット)など、数値の大きいものを選ぶことで、広範囲に照らすことができるのでおすすめです。

 

今回は口コミと一緒にメインランタンの選び方やおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。気になる製品を見つけたら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

メインランタンの選び方

メインランタンは、テントやタープを張っているサイト全体を明るくできるものを選ぶようにします。選び方のポイントを見ていきましょう。

種類で選ぶ

メインで使うランタンの熱源は4種類あります。それぞれの特徴やポイントなどを確認していきましょう。

ガソリンタイプ

メインランタンとして人気を集めているのが、ガソリンを燃料にしたガソリンランタンです。サイト全体を照らせる明るさを持ち、柔らかい光が特徴で、キャンプ場の夜を温かい光で包み込んでくれます。燃費もよく長時間の点灯にも対応することができます。

 

ホワイトガソリンを携帯しなければならず、燃料を入れた後にポンピングの作業を行わなければならないなど、ちょっとした手間が必要になります。また、メンテナンスも必要ですが、使っていくうちに道具の取り扱いもわかってくるので、問題にはならないでしょう。

 

冬の寒い時期でも安定した火力を維持できるので、耐候性も高くあらゆるシーンで使用していくことができます。

灯油タイプ

ガソリンランタンと同じように燃費がよく、サイト全体を優しい灯りで照らしてくれるのが、灯油ランタンです。光量がありながらも淡い揺らめく光なので、長時間点灯させても目が疲れることがありません。目に優しいだけでなく、揺らめく火が心を落ち着かせてもくれます。

 

灯油ランタンには加圧式のものと、フェアーハンド式のものがあり、加圧式のものはポンピングをしてガス化させる作業が必要です。フェアーハンド式は灯油を芯で吸い上げて燃焼させるので、そのまま使用することができます。

 

加圧式の灯油ランタンに比べて、フェアーハンド式の灯油ランタンのほうが燃焼時間が長いものが多くあります。

ガスタイプ

カス缶やガスボンベを熱源として使用するのが、ガスランタンです。ガス缶やボンベを取り付けて、点火をするだけなので、簡単に点灯することができ、扱いやすいのが特徴です。また、価格も安く、ガスボンベを使用するタイプであればランニングコストもわずかですみます。

 

ただし、ガスランタンは燃費があまり良くなく、燃焼時間は短めです。光量自体もガソリンランタンには劣りますが、キャンプサイトを照らすには十分な灯りを提供してくれるので、メインランタンとしての役割をしっかりと果たしてくれます。

 

デザインも多くあり、火のゆらめきも楽しめるので、ガソリンランタンの手間がネックになっている方は、ガスランタンがおすすめです。

LEDタイプ

メインランタンとしても人気を集めてきているのが、LEDランタンです。光量自体はガソリンや灯油、ガスには劣りますが、火を使わない安全性や防水加工であれば、外にそのまま置いておくこともでき、電池の持ちも良いので、使い勝手に優れています。

 

小中規模のキャンプであれば1,000ルーメンもあれば、十分にサイト全体を明るく照らすことができ、LEDランタンは価格が安いモデルも多くあるので、高い光量のものを複数台設置することで大きい規模のキャンプサイトを十分に照らすことができます。

 

燃料を使ったランタンとは違い、火を使わない分、炎のゆらめきや温かみといったキャンプの雰囲気を盛り上げる効果は薄いというデメリットがあります。

使い方で選ぶ

メインランタンは、夜のキャンプサイトに無くてはならないものです。スタイルに合ったランタンを選ぶことで、キャンプ自体を快適にすることができます。

キャンプの雰囲気が大事

メインランタンは夜のキャンプを楽しむために、欠かせないアイテムです。キャンプを楽しむために、雰囲気を大切にしている方は、光だけでなく音も重要な要素になるでしょう。ガソリンや灯油、ガスランタンは、燃料を燃やすために独特の音を発しています。

 

キャンプらしさや、非日常の生活空間を演出したいという方は、燃料系のランタンをメインランタンにすることをおすすめします。手間がかかる燃料系のランタンは、その手間自体もキャンプの醍醐味ということもあり、楽しみの要素として作業することができます。

 

また、火のゆらめきやそれに寄ってくる虫なども、キャンプの雰囲気をかもし出してくれるので、メインのランタンを中心に考えてみるようにしましょう。

使い勝手が良いものがいい

メインのランタンや他のキャンプギアなど、なるべく手間やコストをかけたくないという方もいると思います。その場合は、LEDランタンをメインランタンにするという選択肢も考えてみましょう。燃料系のランタンのように、メンテナンスなどの手間がないのが、LEDランタンの特徴です。

 

また、LEDランタンは電池や充電池を使い、長時間使用をすることができ、コストパフォーマンスに優れています。電池を交換すれば、1度だけでなく2度3度とキャンプでサイトを照らすことができます。

 

荷物を減らしたい場合にもメインランタンとテントランタンを1台で済ませてしまうこともでき、コンパクトなキャンプにも適応することができます。

機能で選ぶ

メインランタンは光量があり、夏場のキャンプ場ではどうしても虫が寄ってきてしまいます。虫が嫌いな方は、虫が寄り付かないモデルなど対策をすることで、夜のキャンプを快適に過ごすことができます。

 

燃料系の中でも虫がわからない波長の色を使用することで虫を寄せ付けないタイプもあり、柔らかな光をサイトに照らしながら、虫対策も同時にすることができます。また、蚊取りマットを装着できたりと、虫よけの効果を高める工夫もしています。

 

また、紫外線の量が僅かなLEDを使用したランタンは、燃料系のものと比較しても、虫が寄ってきません。さらに暖色系の灯りにすることで、その効果を高めることもできます。虫が苦手な方は虫対策を施したモデルか、LEDランタンをメインランタンにすることをおすすめします。

デザインで選ぶ

メインランタンは昼間から準備をして、ランタンポールに吊るしておくために、視線を集めやすいものです。人気があるデザインは、レトロな雰囲気を持ったランタンですが、キャンプスタイルによって、自分なりのデザインを持ったメインランタンを選ぶのもいいでしょう。

 

明るさやなど、必要な機能をまず決めてから、その中でデザインを選ぶことをおすすめします。メインランタンとしての機能を果たさなければ、夜の生活に支障が出てしまいます。まずは機能、その後にデザインということを念頭に置いておきましょう。

 

また、テントやチェアなどブランドで揃えている場合には、ランタンも同じブランドにするというのもおすすめです。統一感がでるので、サイトのカラーを出すことができます。

メインランタンの人気ランキング10選

第10位

コールマン(Coleman)

ミレニア

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リフレクターで更に明るく

1000ルーメンの明るさを持つLEDランタンです。発光効率をアップさせるためにリモートフォスファーテクノロジーを採用、LEDのギラつきも軽減しています。付属のリフレクターは、本体に装着することができ、一方向に光を集中させることができる機能を持っています。

 

レビューを参考にすると、これは明るくていいですね、おそらくLED商品では一番明るいのではないかと思います、思っていたよりも凄く明るくてこれをメインで使わせて頂いてます、キャンプで大活躍していますという評価を見ることができます。

 

Highで使用しても約8時間使用することができるので2日間ほどのキャンプも電池交換無しで使用することができます。手間をかけずに手軽に明るさを確保したいという方におすすめです。

種類LED明るさ1000ルーメン
重さ0.98kg
第9位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

UF-8

価格:5,387円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたガスランタン

キャンプサイトを明るく照らしてくれる、150ワット相当の光量を持つガスランタンです。圧電点火方式を採用しており、重さも970gと持ち運びもしやすいサイズです。ガス缶は燃料としてランニングコストにかかってきますが、本体価格が低くコスパに優れています。

 

レビューを見ていみると、初めてガスランタンを使いましたがとにかく明るい、やっぱりLEDには出せない明るさでカッコよかったです、キャプテンスタッグ贔屓ではあるが品質と価格が見合ったものを提供してくれる良いメーカーという評価を見ることができます。

 

本体のすりガラス部分が明るさを和らげてくれるので、独特な雰囲気を演出してくれます。ガスランタンで価格帯の安いモデルを探している方におすすめです。

種類ガス缶明るさ150ワット
重さ0.97kg
第8位

LUMENA

LUMENA2

価格:15,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でコンパクト

軽量でコンパクトながら、明るさが最大1500ルーメンと大光量を誇るLEDランタンです。4段階の調光モードがあるので、最大で12パターンの演出が可能です。雰囲気に合わせて明るさや色味を変えることができます。防水なので突然の雨にも、問題なく使用することができます。

 

レビューを参考にすると、料理するときは明るい方がいいので凄く助かっております、角度や高さも自由に変えられるのでカメラ用の三脚の穴があるのはとても便利です、明るく丈夫なライトです、マックス光量にすると周りから明るすぎると言われるぐらい明るいですという評価が見られます。

 

荷物を極力少なくしたい方におすすめです。

種類LED明るさ1500ルーメン
重さ0.29kg
第7位

コールマン(Coleman)

パワーハウスツーマントルランタン

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプの雰囲気を高めてくれる

コールマンのガソリンランタンで、明るさが190ワット相当と大光量のモデルになります。キャンプサイトを照らすのに十分な明るさがあります。また、燃料タンク容量は約940ccのホワイトガソリンが入り、燃焼時間が7時間から14時間と十分な持続時間を持っています。

 

レビューを参考にすると、購入して10年経ちますがまだ使えます、メインランタンとして十分過ぎる明るさでサイトを照らす太陽となっておりました、2個のマントルの灯がかわいい、ランタンとしての独特の「味」がありますと高い評価を見ることができます。

 

ガソリンランタンは手間がかかりますが、キャンプの雰囲気を火を灯すだけで高めてくれます。慣れれば必要な作業も簡単にできるようになるので、ガソリンランタンが少しでも気になっている方にはおすすめです。

種類ガソリン明るさ190ワット
重さ1.8kg
第6位

コールマン(Coleman)

ワンマントルランタン

価格:16,147円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングセラーのガソリンランタン

中型でコンパクトサイズのガソリンランタンですが、明るさが130ワット相当と明るく、メインランタンとしても使用することができます。燃焼時間も7.5時間から15時間と燃費の良さがあり、2泊3日のキャンプにも十分対応することができます、

 

レビューを見てみると、淡く黄色がかった光の色と「シュー」…という音がとても良い雰囲気です、やっぱりこのランタンの灯りがキャンプには必要です、明るすぎず暗すぎずとても良い明るさです、燃焼音あたたかい光になんともいえず癒されますと高い評価を得ています。

 

光量も程よく、ガソリンランタンの良さを感じられます。荷物はコンパクトにしたいけど、ガソリンランタンで夜を照らしたいという方におすすめです。

種類ガソリン明るさ130ワット
重さ1.4kg
第5位

GENTOS(ジェントス)

EX-000R

価格:6,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タフなLEDランタン

LEDを使ったアウトドア製品で人気を集めているジェントスのランタンで、耐塵や2m防水、10m落下耐久など、耐久性に優れた仕様を持つモデルです。明るさは1000ルーメンあり、小中規模のキャンプサイトのメインランタンとして使用することができます。

 

レビューを参考にすると、めっちゃくちゃ明るいです、防水性を求めるならオススメのアイテムです、非常にしっかりした作りです、普通に夕方から晩のBBQ時終わってから帰るまでは十分持ちます、明るいと安心感が有りますと高い評価が見られます。

 

USB給電ができるので、スマホなどの機器の充電が切れた時にUSBケーブルを使うことで給電することができます。3段階の調光機能があるので、メインランタンだけでなくテントランタンとしても使用できます。キャンプの荷物を減らしたいという方にもおすすめです。

種類LED明るさ1000ルーメン
重さ0.68kg
第4位

ソト(SOTO)

ST-233CS

価格:11,659円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

虫が寄りにくい

3つの効果を活用することで、虫を寄せ付けない対策が施せるランタンです。虫が感じ取りにくいオレンジの発光にするハーフストライプホヤを搭載しています。また蚊取りマットが装着でき、リフレクターを装着することで虫がいる森の方向の光をカットすることができます。

 

レビューを参考にすると、何よりの利点はやっぱりガスの入手性と汎用性です、市販のボンベで使用できるのがいい、カセットボンベというコストパフォーマンス想像以上に経済的で満足です、虫があまり来ないような気がしますと高い評価を見ることができます。

 

普通のガスボンベを使用できるので、コスパもよく、ランニングコストを下げることができます。虫が苦手な方やコスパを重視している方におすすめのモデルです。

種類ガスボンベ明るさ660ルクス(ST-760使用時)
重さ1.3kg
第3位

PETROMAX(ペトロマックス)

HK500

価格:25,272円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロな外観と大光量

灯油を燃料に使うランタンで、明るさが400ワット相当もある大光量モデルです。燃焼時間も8時間と長時間使用でき、キャンプなどのアウトドアだけでなく漁業関係などでも活用されているランタンです。美しいデザインと高い性能が特徴のモデルです。

 

レビューを参考にすると、とても綺麗なランタンです、とにかく明るい、人と違うランタンが欲しい方メンテナンスが好きな方にはほんと楽しいランタンだとおもいます、明かりもやや暖かみのある色で明るさはあるが優しい光ですと高い評価を集めています。

 

灯油ランタンなので、メンテナンスは欠かせませんが、独特の温かみがあり、灯油ランタンに興味があるという方におすすめのモデルです。

種類灯油明るさ400ワット
重さ2.4kg
第2位

コールマン(Coleman)

2500 ノーススター

価格:9,053円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スムーズな着火

ガス缶を使用したガスランタンで、明るさが200ワット相当あり、メインランタンとして十分な光量を持っています。燃焼時間は470g缶を使用した際に4時間から8時間あり、ひと晩明るく照らすことができます。マントルはワンタッチ取り付けができるのでお手入れも簡単にできます。

 

レビューを見てみると、すごく明るいです、気軽に行くならガスで十分、非常に明るくメインランタンとして使っています、明かりに少し揺らぎがあって私は好きです、夜間の調理でも手元までしっかり明かりが届きます、キャンプ初心者ですが使いやすかったですと高い評価が見られます。

 

ガスランタンの明るさと手軽さに評価が集まっています。雰囲気は持ちつつ手軽に設営したいという方におすすめです。

種類ガス缶明るさ200ワット
重さ1.3kg
第1位

コールマン(Coleman)

ノーススター2000

価格:23,544円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大光量のガソリンランタン

チューブ形マントルの大光量モデルで、明るさは230ワット相当と非常に明るく、大きい規模のキャンプサイトも余裕で照らすことができます。燃料にはホワイトガソリンを使用し、点火装置がついているので、手間取ること無く点灯することができます。

 

レビューを参考にすると、点火操作にちょっと慣れが必要ですがそれさえクリア出来れば非常に明るくてキャンプサイトには絶対必要なランタンになります、何より雰囲気が最高で買って良かったです、キャンプではこれ1つでかなりの明るさですと高い評価を得ています。

 

火のゆらめきや音など雰囲気を出しつつ、キャンプサイトを夜でも明るく過ごしたい方におすすめのモデルです。

種類ガソリン明るさ230ワット
重さ1.8kg

メインランタンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4971861の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:4971879の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:4971902の画像

    PETROMAX(ペトロマックス)

  • 4
    アイテムID:4971925の画像

    ソト(SOTO)

  • 5
    アイテムID:4971935の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 6
    アイテムID:4971938の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:4971946の画像

    コールマン(Coleman)

  • 8
    アイテムID:4971958の画像

    LUMENA

  • 9
    アイテムID:4971977の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 10
    アイテムID:4972013の画像

    コールマン(Coleman)

  • 商品名
  • ノーススター2000
  • 2500 ノーススター
  • HK500
  • ST-233CS
  • EX-000R
  • ワンマントルランタン
  • パワーハウスツーマントルランタン
  • LUMENA2
  • UF-8
  • ミレニア
  • 特徴
  • 大光量のガソリンランタン
  • スムーズな着火
  • レトロな外観と大光量
  • 虫が寄りにくい
  • タフなLEDランタン
  • ロングセラーのガソリンランタン
  • キャンプの雰囲気を高めてくれる
  • 軽量でコンパクト
  • コスパに優れたガスランタン
  • リフレクターで更に明るく
  • 価格
  • 23544円(税込)
  • 9053円(税込)
  • 25272円(税込)
  • 11659円(税込)
  • 6900円(税込)
  • 16147円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 15500円(税込)
  • 5387円(税込)
  • 12000円(税込)
  • 種類
  • ガソリン
  • ガス缶
  • 灯油
  • ガスボンベ
  • LED
  • ガソリン
  • ガソリン
  • LED
  • ガス缶
  • LED
  • 明るさ
  • 230ワット
  • 200ワット
  • 400ワット
  • 660ルクス(ST-760使用時)
  • 1000ルーメン
  • 130ワット
  • 190ワット
  • 1500ルーメン
  • 150ワット
  • 1000ルーメン
  • 重さ
  • 1.8kg
  • 1.3kg
  • 2.4kg
  • 1.3kg
  • 0.68kg
  • 1.4kg
  • 1.8kg
  • 0.29kg
  • 0.97kg
  • 0.98kg

まとめ

ここまでメインランタンの人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。夜のキャンプサイトを明るくしてくれるメインランタンは、欠かせないものです。明るくてデザイン性のあるメインランタンを手に入れて、快適なキャンプを過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ