記事ID136301のサムネイル画像

【男の一生もの】機械式腕時計のおすすめ人気ランキング10選

機械式腕時計はクオーツ式とは違って電池いらずで、修理し続ければ一生ものとして長く使い続けることができます。加えて高級アクセサリーとしての一面も持つため、所有する喜びを感じることもできます。今回は、そんな機械式腕時計の上手な選び方やおすすめのモデルを紹介します。

クオーツ式とは違う、機械式時計の持つ魅力

機械式時計は、その名の通り機械仕掛けで動く時計です。電池を使って動くクオーツ式と違い、ゼンマイを動力源とするので電池交換の必要がありません。また、こまめにメンテナンスをすることで長く使い続けることができます。

 

一般的に、機械式時計には高級品というイメージが定着しています。メーカーもそれを意識しているためか、クオーツ式に比べて外装の質感が高く、特に男性のアクセサリーとして非常に優秀。中にはロレックスの時計のように、高い資産価値を持つものもあります。

 

維持費や精度の点でクオーツ式に劣ると言われることもある機械式時計ですが、高級感や資産価値、そしてそこからくるステータス性はクオーツ式には無い大きな魅力。加えて長く使えるのですから、大人の男性ならば機械式時計を一本は持っておきたいところです。

機械式時計の選び方

機械式時計にはさまざまな種類があり、何も知らないと購入時に困ってしまうもの。時計に自分が何を求めるのかを明確にしておかないと、お店に行ってから迷ってしまいます。そうならないために、ここでは機械式時計を選び方について学んでいきましょう。

価格帯で選ぶ

何はともあれ、まずはお値段。機械式時計は価格が上から下まで非常に幅広いのですが、安いからと言って粗悪な品物なわけではありません。価格帯別に、その特徴を見ていきます。

30万円以下

国産の定番ブランドや高級ブランドの一部、また海外の定番ブランドの時計の大半が含まれる価格帯です。街中の時計店の売り場に最も多く並んでいる価格帯でもあり、購入する際のハードルは精神的にも金銭的にも低めです。

 

機械式時計は安いものでは1万円台から購入できます。そして、エントリーラインとされているのが、この30万円までの価格帯に属する商品。中でも、機械式時計らしい高級感を求めるなら、狙いは10万円台半ばから20万円台前半です。

 

このゾーンの最大の魅力は何よりもリーズナブルさ。なので、初めて機械式時計を買うという方はもちろん、すでにレギュラーの時計を一本持っていて呼びの時計や遊び用のモデルが欲しいという方にも、おすすめできる価格帯と言えます。

30万円~50万円

国産・海外問わず、有名・高級ブランドのスタンダードなモデルの半分ほどが属する価格帯です。裏蓋を通して中の機械が見られたり、ベルトが高級皮革ブランド製の本革製だったりと、アクセサリーとして十分機能するようになるのもこの価格帯の時計の特徴と言えます

 

この価格帯になると、時計のデザインや機能のバリエーションが一気に増えます。ステータスシンボルとして腕に着けてもおかしくない価格帯だけに、ブランド力や後で紹介する機能が重要になってくるゾーンと言えるでしょう。

 

ボーナスで一括購入するのに無理のない金額の時計が多くラインナップされていますから、じっくり選ぶ楽しみを味わいたい方はもちろん、思い切って良い時計を一本買おうという方にもおすすめの価格帯です。

50万円~100万円

このクラスになると、海外高級ブランドの人気モデルも選択肢に入ってきます。また、ケースの素材に一般的なステンレスだけではなく、セラミックやチタン、場合によっては金とステンレスのコンビなどが見られるようになるのもポイントです。

 

ここまでお金を出せるのであれば、実用品としての機械式時計という意味では最高峰に近いものが手に入ります。オメガやブライトリングといった有名な時計ブランドの主戦場はこのゾーンであり、厳しい競争の中でおのずと高品質な商品が供給されるというわけです。

 

ただし、中にはごくまれに金額に見合わない造りのものも見られます。この価格帯の時計を選ぶ時には、有名なブランドの有名なモデルに手を狙うのが良いでしょう。品質やメンテナンスの心配が少なく、一生ものとして付き合っていくことが十分可能だからです。

100万円以上

100万円以上の値段の機械式時計というのは、一般的には趣味の領域のものです。ちなみに、機械式時計の値段は上を見れば限りが無く、車や家より高額なことはむしろ普通で、億単位のプライスを掲げるものも決して珍しくはありません。

 

このクラスになると宝飾系の時計が多くなります。が、時計としての性能や外装の仕上げに全力を傾けられたものはそれ以上に多く、それだけに所有する喜びはひとしお。知る人ぞ知る高級ブランドの時計も選べるため、他人の時計と差をつけることもできます。

 

金銭的に余裕があり、時計で個性を出したい・自己主張したいという方には、これ以上におすすめの価格帯はありません。デザインも機能もより取り見取りですから、買うまでの課程を最も楽しめ、かつその中で時計の勉強もできる、ある意味最もお得な価格帯でもあります。

機能で選ぶ

時計は、時間を知るためのもの以外にさまざまな機能を持つことができます。実用的なものから装飾的なものまで、そのバリエーションは非常に豊富。参考に、代表的なものを紹介します。

シンプルな2針・3針タイプ

最も流通量が多いのが、このタイプです。2針と3針の違いは、秒針の有無。文字盤の中には飾りけがなく、ケースのデザインも質素なものが多いため、フォーマル・カジュアル問わず着けやすく、万能なタイプと言えます。

 

どの時計ブランドもこのタイプはラインナップしているので、ブランド同士の比較をする際には非常に役に立ちます。同じ価格帯のものをいくつかピックアップして、見て、手首に乗せて比べてみると、各ブランドの違いがはっきりすることが多いのです。

 

シンプルだからといって安いタイプというわけではなく、逆にローマ数字と2針の組み合わせは最も格の高い時計の形式です。また、故障率が低く、メンテナンス代も安いのがこのタイプの特徴。機械式時計初心者の方には、まずこのタイプをおすすめします。

定番のクロノグラフ

ストップウォッチ機能のことを、クロノグラフと言います。メカニカルな見た目が非常に格好良く、いつの時代も人気のタイプです。男らしさを演出するのにも役立つとして、ファッションメディアでもクロノグラフは常に大きく取り上げられます。

 

高性能なストップウォッチがある現代において、あえて機械式のストップウォッチで時間を測る意味はありませんが、そこは男のロマンです。複雑な機構ゆえにメンテナンス代が少しかかりますが、それもまたご愛敬。

 

クロノグラフの付いた時計はシンプルな時計と比べて少し重たいため、所有感や装着感は抜群です。また、突き出たボタンや複雑なデザインの文字盤は、見る者に与えるインパクトが大。機械好きな方だけでなく、時計で注目されたい方にもおすすめのタイプです。

防水性抜群のダイバーズ

潜水に使えるような高水準の防水機構を持つ時計を、ダイバーズウォッチと言います。プールや海でガンガン使われることを想定しているため、見た目も中身も非常にタフ。なので、クロノグラフとは別な意味で人気のあるタイプです。

 

このタイプは、防水性を確保するために大きく厚いケースを採用する傾向にあります。ゆえに一部の高級機を除き、あまりスーツに合うタイプとは言えません。カジュアルな服装にマッチするようなデザインが多く見受けられるのも、そのためです。

 

オフをアクティブに過ごしたい方や、とにかく頑丈な時計が欲しい方、ゴツいデザインが好きな方におすすめのタイプです。また、防水性の維持には定期的なメンテナンスが欠かせないため、几帳面でない方に逆におすすめできないタイプでもあります。

複雑機構搭載時計

時計に載せられる機能には、上で紹介したもの以外にもさまざまなものがあります。有名なものでは、月の満ち欠けを表すムーンフェイズやカレンダー機構、時報をベルで伝えるミニッツリピーター、重力の影響をなくすトゥールビヨンなど。どれも魅力的です。

 

複雑機構と呼ばれるそれらを載せた時計は、たいていの場合大変高価で、メンテナンス料金も高額になる傾向があります。また、複雑ゆえに衝撃に弱く、故障率も高め。実用品として使うには、このタイプは向きません。

 

機械式時計の美しさに魅せられた方や、金銭的に余裕があって時計ブランドに投資したい方には、ぜひともおすすめしたいタイプです。また、一度は高級機を手に入れたいと思っている方にも、本体の価格しだいでチェレンジしてみて欲しいタイプではあります。

メンテナンスにこだわって選ぶ

メーカー・ブランドによって商品に対する保証期間やその内容は異なります。ですので、もし機械式時計を長く使いたいのであれば、保証期間・内容ともに充実しているメーカー・ブランドのものを選ぶと良いでしょう。

 

機械式時計は、定期的なメンテナンスを必要とします。中でも最も有名なものが、4~5年間隔で行うのが良いとされるオーバーホールと呼ばれる分解掃除です。このオーバーホールの金額は、上級ブランドになるにつれ高額になる傾向にあります。

 

また、機械式時計は「部品の保管期限が過ぎている」という理由からメーカーに修理を断られてしまうことがあります。ですので、ずっと同じ時計を使いたい場合には、部品の保管期間が長いメーカー・ブランドのものを選ぶのがおすすめです。

機械式腕時計のおすすめランキング10選

第10位

CITIZEN(シチズン)

コレクション メカニカル NB1041-84E

価格:56,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルかつ上品な入門機

5万円台とかなりお手頃な値段ですが、信頼できる国産定番ブランドの機械式時計です。外装には汗やサビに強いステンレスを採用しており、サイズは日本人の手首にしっくりくる40mm前後。加えて軽量でもあります。

 

上品でオーソドックスなデザインがスーツに合いますから、ビジネス用に一本持っておくのも良いでしょう。100m防水なので、急な雨に降られても安心ですし、汚れたら水洗いしてキレイにしておけます。

 

初めて機械式時計を購入しようと考えている方には、入門機としておすすめです。また、すでに機械式時計を持っている方にも、メインの時計をメンテナンスに出している時の予備時計としておすすめできるモデルです。

ケース直径41mmケース厚11mm
重量79.1g防水性100m
メーカー保証期間1年生産国日本
第9位

ORIENT(オリエント時計)

オリエントスター メカニカルムーンフェイズ

価格:136,717円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格な複雑時計

こちらは、国産定番ブランドであるオリエントスターのムーンフェイズ搭載モデルです。月齢表示と呼ばれるこのムーンフェイズは、複雑機構なので高額な時計に積まれることが多いのですが、オリエントスターはこの価格で用意してくれています。

 

シックなローマ数字のインデックスに、青い針とムーンフェイズの組み合わせがオシャレです。加えて、9時位置からは機械の心臓部を覗くこともできます。見た目重視かと思いきや、50m防水機能を備えていますので洗顔程度の水気でしたら触れても問題ありません。

 

サイズが大きすぎないので、ビジネスにはもちろん、少しトラディショナルな装いをする時にも似合う一本です。お手頃価格でオシャレな機械式時計を持ちたいという方に、おすすめします。

ケース直径41mmケース厚13.7mm
重量85g防水性50m
メーカー保証期間2年生産国日本
第8位

RADO(ラドー)

ダイヤマスター パワーリザーブ

価格:232,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傷に強くファッション性も防水性も◎

海外定番ブランドのラドーからは、このブランドの独自素材であるハイテクセラミックをケースに用いたモデルをご紹介します。ハイテクセラミックは非常に傷に強い素材であり、その強度はステンレスの10倍とも言われます。

 

スリムなオールブラックの外観に白い針とインデックスが美しく、ファッション性は抜群。防水性も十分確保されているため、シチュエーションを問わず使えます。文字盤のカラーバリエーションが豊富なモデルなので、選ぶ楽しみもあるのが嬉しいところ。

 

有名ブランドがもてはやされる中、独自素材を売りにするラドーの時計を選ぶことは、それ自体がファッショナブルな行為です。外も中もオシャレでいたい・それでいて実用性もリーズナブルさも求めたい、欲張りな方におすすめです。

ケース直径43mmケース厚12.3mm
重量77g防水性100m
メーカー保証期間2年生産国スイス
第7位

PANERAI(パネライ)

ルミノール1950 3デイズ オートマティック アッチャイオ

価格:678,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈かつオシャレなイタリアンダイバーズ

こちらは、海外高級ブランドのパネライが作るダイバーズウォッチです。パネライはイタリア海軍御用達の計器メーカーを前身としており、この「ルミノール」というダイバーズウォッチはフラッグシップモデルと言えます。

 

鍛造された強靭なステンレスケースは、大きく分厚い独特のクッション型をしています。この時計は昨今のいわゆる「デカアツブーム(大型腕時計ブーム)」のリーダー的存在で、その形状からは想像しづらいでしょうが、オン・オフ問わず使えてしまう時計でもあります。

 

このデザインと実用性が合わさっての70万円未満という価格設定は、十分良心的と呼べるものです。ファッショナブルな方だけでなく、単に丈夫な時計が欲しいという方にもおすすめの一本と言えるでしょう。着けているだけでオシャレに見える時計です。

ケース直径44mmケース厚15.6mm
重量120g防水性300m
メーカー保証期間2年生産国スイス
第6位

IWC(アイダブリュシー)

パイロットウォッチ スピットファイア クロノグラフ

価格:598,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗名門ブランドの大人気ライン

スイスの名門IWCの人気ライン「パイロットウォッチ」から、クロノグラフモデルのご紹介です。防水性が60mとなっていますが、IWCの60m防水はマリンスポーツも可能だという記述が公式ホームページにありますので、水辺でも安心して使えます。

 

IWCは永久修理(どんなに古い時計でも自社の製品なら修理する)を謳っている会社であり、ここの時計はまさに一生ものです。100万円以下の商品を主力にするメーカー・ブランドは他にありません。

 

少々重たい時計ですが、設計が優れているため装着感は抜群。デザインやタフさを重視する方はもちろん、ずっと長く同じ時計を使い続けて行きたいと考えている方に特におすすめする時計であり、ブランドです。

ケース直径43mmケース厚15mm
重量199g防水性60m
メーカー保証期間2年生産国スイス
第5位

OMEGA(オメガ)

スピードマスター コーアクシャル

価格:314,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めて月に行った時計の現代版

知名度抜群のオメガからは、アポロ11号とともに初めて月に行った時計である「スピードマスター」の現代版がエントリー。月面着陸当初のスペックをそのままにしているモデルもありますが、こちらは随所に改良が施され、扱いやすくなっているモデルです。

 

この時計にはオメガ渾身のメカニズムである「コーアクシャル」が搭載されています。これは、簡単に言ってしまえば「10年くらいメンテナンスしなくても大丈夫な仕組み」です。高級時計のオーバーホールは高額ですから、これは非常にありがた機構でしょう。

 

有名ブランドの最新のテクノロジーが、伝統あるモデルに載せられていて30万円前後のお値段。加えて、このモデルは差し色にイエローが使われていて、普通のスピードマスターよりも目立ちます。言うなれば、海外製の機械式時計を欲する全ての方におすすめです。

ケース直径40mmケース厚15mm
重量172g防水性100m
メーカー保証期間4年生産国スイス
第4位

TISSOT(ティソ)

ティー コンプリカシオン スケレッテ

価格:216,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のスケルトンモデルをリーズナブルに

海外定番ブランドのティソは、機械式時計の生産数世界一を誇ります。リーズナブルな価格帯が主戦場ですが、時計大国スイス国旗をエンブレムに入れることを許された唯一のブランドであり、その意味では間違いなく名門です。

 

そんなティソからは、文字盤を透かして中の機械が見えるスケルトンモデルをご紹介します。メカニカルさが非常に格好良いためスケルトンモデルは人気がありますが、この価格で高品質なものを提供してくれるのはティソだけでしょう。

 

平均的な耐久性は備えていますから、日常的に使える時計です。着けていれば手首が華やかになることは間違いありません。さりげなく自己主張したい方や、機械が動く様子を見るのが好きという方には、ぜひおすすめしたい一本です。

ケース直径43mmケース厚12mm
重量150g防水性50m
メーカー保証期間2年生産国スイス
第3位

ROLEX(ロレックス)

サブマリーナ デイト

価格:1,480,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

泣く子も黙るロレックスの大定番

泣く子も黙るロレックスからは、一番人気のダイバーズウォッチ「サブマリーナ」をご紹介。非常に高額ですが、これ一本あればあとは何もいらないと思わせるだけの時計です。傷に強いセラミックをベゼルに採用するなど、実用性にこだわって作られています。

 

ロレックスのステンレス製の時計には「904L」という特別なステンレスが鍛造されて使われており、よって非常に頑丈です。加えてこの「サブマリーナ」は、ダイバーズウォチにも関わらずサイズが小さくて軽量。まさに万能時計であり、冠婚葬祭もこなします。

 

ブランド力・実用性が抜群なだけでなく、高額で売却できるのもロレックスの時計の大きな特徴です。このように高額なこと以外は弱点の無い時計ですから、良い買い物がしたい方や損をしたくない方には、一番のおすすめと言えます。

ケース直径40mmケース厚13mm
重量159g防水性300m
メーカー保証期間2年生産国スイス
第2位

TAG HEUER(タグホイヤー)

アクアレーサー

価格:184,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オン・オフ問わず使い倒せる有名ブランドのタフウォッチ

タグホイヤーは高級スポーツウォッチブランドとして認知されていますが、20万円以下で使いやすくデザインにも優れた時計を供給する一面もあります。この「アクアレーサー」などはその最たる例で、いつでも人気のラインです。

 

前出の「サブマリーナ」の廉価版にも思えますが、コスパはこちらの方が圧倒的に上。ケースの仕上げには高級感がたっぷりですし、実用性の高さは「サブマリーナ」と互角です。加えて、ブランドイメージと軽快なデザインが若々しさを演出してくれます。

 

普遍的なデザインと扱いやすいサイズに、高い実用性が備わった有名ブランドのモデルが、20万円を切るという異例の事態。30万円以下のクラスの時計の中では、最もおすすめの一本と言っても過言ではありません。

ケース直径40mmケース厚12mm
重量208g防水性300m
メーカー保証期間2年生産国スイス
第1位

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

メカニカル SBGR317

価格:414,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心と信頼の国産最高峰

国産最高峰のブランド、グランドセイコーをご存知ですか。その製品群の中から、最もベーシックなモデルをご紹介します。一見地味な時計ですが、外も中も100万円以上の他ブランドの時計たちに劣らないどころか、勝っている面がほとんどです。

 

外装の仕上げも中の機械の信頼性もこの時計は抜群なのですが、なんと言っても一番のセールスポイントはメンテナンスの容易さです。国産ブランドなので部品供給が途絶える心配が少なく、安心して使っていられます。

 

この時計は国産だけにどこへ着けて行ってもイヤミにならないばかりか、機械式時計の好きな方々からは非常に評価が高いことでも有名です。質実剛健な「本物」を求める方には、ぜひともおすすめしたい一本。40万円前後というプライスは、はっきり言って安過ぎます。

ケース直径40mmケース厚13mm
重量154g防水性100m
メーカー保証期間3年生産国日本

機械式時計のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4971566の画像

    GRAND SEIKO(グランドセイコー)

  • 2
    アイテムID:4971287の画像

    TAG HEUER(タグホイヤー)

  • 3
    アイテムID:4971217の画像

    ROLEX(ロレックス)

  • 4
    アイテムID:4973778の画像

    TISSOT(ティソ)

  • 5
    アイテムID:4971153の画像

    OMEGA(オメガ)

  • 6
    アイテムID:4971132の画像

    IWC(アイダブリュシー)

  • 7
    アイテムID:4971110の画像

    PANERAI(パネライ)

  • 8
    アイテムID:4971086の画像

    RADO(ラドー)

  • 9
    アイテムID:4971071の画像

    ORIENT(オリエント時計)

  • 10
    アイテムID:4971052の画像

    CITIZEN(シチズン)

  • 商品名
  • メカニカル SBGR317
  • アクアレーサー
  • サブマリーナ デイト
  • ティー コンプリカシオン スケレッテ
  • スピードマスター コーアクシャル
  • パイロットウォッチ スピットファイア クロノグラフ
  • ルミノール1950 3デイズ オートマティック アッチャイオ
  • ダイヤマスター パワーリザーブ
  • オリエントスター メカニカルムーンフェイズ
  • コレクション メカニカル NB1041-84E
  • 特徴
  • 安心と信頼の国産最高峰
  • オン・オフ問わず使い倒せる有名ブランドのタフウォッチ
  • 泣く子も黙るロレックスの大定番
  • 人気のスケルトンモデルをリーズナブルに
  • 初めて月に行った時計の現代版
  • 老舗名門ブランドの大人気ライン
  • 頑丈かつオシャレなイタリアンダイバーズ
  • 傷に強くファッション性も防水性も◎
  • お手頃価格な複雑時計
  • シンプルかつ上品な入門機
  • 価格
  • 414700円(税込)
  • 184000円(税込)
  • 1480000円(税込)
  • 216000円(税込)
  • 314000円(税込)
  • 598000円(税込)
  • 678000円(税込)
  • 232200円(税込)
  • 136717円(税込)
  • 56700円(税込)
  • ケース直径
  • 40mm
  • 40mm
  • 40mm
  • 43mm
  • 40mm
  • 43mm
  • 44mm
  • 43mm
  • 41mm
  • 41mm
  • ケース厚
  • 13mm
  • 12mm
  • 13mm
  • 12mm
  • 15mm
  • 15mm
  • 15.6mm
  • 12.3mm
  • 13.7mm
  • 11mm
  • 重量
  • 154g
  • 208g
  • 159g
  • 150g
  • 172g
  • 199g
  • 120g
  • 77g
  • 85g
  • 79.1g
  • 防水性
  • 100m
  • 300m
  • 300m
  • 50m
  • 100m
  • 60m
  • 300m
  • 100m
  • 50m
  • 100m
  • メーカー保証期間
  • 3年
  • 2年
  • 2年
  • 2年
  • 4年
  • 2年
  • 2年
  • 2年
  • 2年
  • 1年
  • 生産国
  • 日本
  • スイス
  • スイス
  • スイス
  • スイス
  • スイス
  • スイス
  • スイス
  • 日本
  • 日本

まとめ

いかがでしたか。機械式時計と一口に言っても、その種類は非常に豊富。時計に何を求めるかによって、買うべきモデルはだいぶ変わってきます。購入前の吟味の時間が機械式時計の醍醐味であると言う意見もありますから、大いに学んで、迷って、ぜひあなただけの一本を探し当てて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ