記事ID136298のサムネイル画像

【キャンプの定番】大人気の焚き火台おすすめランキング10選

ゆらめく火を見ながらゆったりと過ごせる焚き火。直火禁止のキャンプサイトでは、焚き火台が必須アイテムです。種類が多くてどれがおすすめなのか迷ってしまっている方も多いのではないでしょうか。今回は焚き火台の選び方や、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。

焚き火台は効率的

焚き火台は、キャンプの夜を彩ってくれるだけでなく、暖を取ることができ、調理にも使える便利なアイテムです。キャンプサイトやバーベキュー場など、直火禁止のところも多くあり、直接火を落とさない焚き火台は、1台あれば便利に使っていける必須アイテムになります。

 

また、火を効率的に燃やすこともでき、後片付けも簡単にできるのが魅力でもあります。火を囲みながらお酒を飲み、会話に花を咲かせる夜はキャンプの醍醐味です。

 

今回は口コミと一緒に、焚き火台の選び方や人気商品をランキング形式でご紹介していきます。気になる商品があれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

焚き火台の選び方

焚き火台には、用途やサイズ、機能などさまざまな特徴をもった製品があります。選び方のポイントをまずは見ていきましょう。

用途によって選ぶ

焚き火台をどのように使いたいかで、選ぶ種類が変わってきます。まずは、キャンプやバーベキューなど使用用途を考えてみましょう。

焚き火だけを楽しむ

焚き火台を焚き火だけで使う場合には、シンプルでコンパクトなタイプがおすすめです。荷物も減らすことができ、薪を載せるメッシュシートや炭を受けるステンレストレーが最低限あれば、焚き火台としての機能を果たしてくれます。

 

また、焚き火をじっくりと楽しみたいという場合には、ストーブタイプの焚き火台がおすすめです。未燃焼ガスをさらに燃やす二次燃焼を起こすことができ、効率的に焚き火を行うことができます。勢いのある火になるので、雰囲気もよく焚き火を存分に楽しむことができます。

 

ストーブタイプの焚き火台は、落ちている枝や葉、それに松ぼっくりなども燃やすことができるので、キャンプ場で落ちているもので火を起こすこともできます。

調理も楽しみたい

焚き火台を使って調理も楽しみたいという方は、バーベキューグリル兼用のタイプや、かまどタイプのものを選ぶようにしましょう。安定した火にして、調理をしたい場合には風貌付きのタイプがおすすめです。風に火があおられると火にムラができてしまうので調理に支障が出てしまいます。

 

肉や野菜をバーベキューで楽しみたい場合には、焼き網が付属しているかを確認しましょう。他のパーツを使うことで、さまざまな調理を可能にする焚き火台もあるので、調理も含めて楽しみたいという方は、付属品の確認とオプションのパーツを確認するようにしましょう。

サイズで選ぶ

焚き火台は、キャンプの規模によって選ぶことができます。最適なサイズを選ぶことによってより効率的に使っていくことができます。

コンパクトサイズ

焚き火台をどんなシーンで使うかを明確にすることで、荷物も減らすことができ、最低限の燃料でも効率的に使用することができます。ソロキャンプやツーリングキャンプなど、持ち運ぶ荷物の量が制限されている場合、よりコンパクトな焚き火台がおすすめです。

 

1人分のスペースで暖をとり、お湯をわかせたりすれば良いので、軽量さや小さく収納できるタイプがベストになります。本体のサイズが20cmほどのミニ焚き火台がおすすめです。小さいパーツを組み立てて使用するため、収納時もコンパクトにでき、より少ない荷物にすることができます。

大型のサイズ

焚き火台を家族やグループなど、大勢で囲む場合は大型のサイズのものを選ぶようにしましょう。また、パートナーとのキャンプや少人数の場合でも、本格的に調理がしたい場合などにも大型の焚き火台がおすすめです。炭を広範囲に広げることができ、調理がしやすくなります。

 

30cm以上ある焚き火台であれば、さまざまな調理に対応することができ、場所によって火力を調節したりなど、使い勝手の良さもあります。また、焚き火の際には薪を大量に入れることもでき、強い火で暖をとったり、火のゆらめきを存分に楽しむことができます。

重量をチェック

焚き火台にはさまざまな形状のものがあり、重さもそれぞれです。登山やソロキャンプなどで使用する際には、特に重量をチェックするようにしましょう。500g以下のものや1kg超のものもあります。できるだけ軽量なほうが、持ち運びの際の体力を使わずにすみ、体への負担が軽くなります。

 

オートキャンプなどでは、車で運搬できるために重量はあまり気になりませんが、あまりに重いと設営や撤収時に、負担になってしまいます。付属品やオプションパーツなど、使わないものは持っていかないようにするなど、ちょっとした工夫も必要でしょう。

 

 

使い勝手で選ぶ

焚き火台には多くの形状があり、使い勝手もそれぞれです。スタイルによって必要な機能などを選ぶようにしましょう。

他のキャンプギアとの組み合わせ

焚き火台だけで、焚き火を楽しんだり調理を楽しんだりできますが、他のオプションパーツやキャンプギアと組み合わせることによって、焚き火台の幅を広げることもできます。トライポットは、鍋を吊るすことで火にかけることができ便利に使えるアイテムです。

 

同じメーカーで対応しているものがあれば、それを使うことでスムーズに設置することができますが、他のメーカーのトライポットを使用したい場合には、サイズなどしっかりと確認するようにしましょう。

 

また、焚き火台を囲むテーブルがあると便利に使うことができます。囲炉裏のような形で火を囲むことができ、食事やお酒を良い雰囲気で楽しむことができます

収納のしやすさ

オートキャンプでも、車に詰める荷物は限りがあり、なるべく荷物を小さくしたいものです。焚き火台は高い機能を持つモデルの場合、収納時の大きさが広げた状態と同じくらいにしかならないものも少なくありません。機能優先か持ち運び優先かをあらかじめ考えましょう。

 

コンパクトタイプのものは折りたたみ式のものや、板状のパーツを組み立てるモデルがあります。小さく収納することができます。また、メッシュタイプの焚き火台の場合、丸めることができ、小さく収納することができますが、調理ができず焚き火だけに対応します。

 

焚き火をするときの使い勝手だけでなく、積み込みや撤収時に負担がかからないようにということも大切なポイントです。

デザインで選ぶ

焚き火台には四角形や円形、六角形のものなどさまざまな形状があります。それぞれに特徴がありますが、気に入ったデザインを選ぶことも大切です。焚き火台は長く使っていけるものなので、流行りだけでなく、自分のお気に入りとして使っていけるものを選ぶようにしましょう。

 

また、空気の通り道や穴の空いた着火アシスト設計などが施されているモデルであれば、デザインだけでなく、燃焼効率も高めてくれるのでおすすめです。デザイン性と機能性を持ち合わせた焚き火台を選ぶことで、焚き火や調理を存分に楽しむことができます。

焚き火台の人気ランキング10選

第10位

ユニフレーム

ネイチャーストーブ

価格:7,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

火力も十分

風を四方から取り込む構造をしているので、空気の上昇気流を作ることができ、煙突効果で燃焼効率を高めています。火力も十分で、さまざまな調理をすることができます。ゴトクがついているので、鍋やクッカーを使用しても安定感があり、転倒の心配もありません。

 

レビューを見てみると、肉や魚を焼いたりして楽しんでいます、サイズ使用感収納性ソロキャンプには丁度良いです、たくさん木の枝が入りますなぜなら結構ガンガン燃えます、本体は組み立て式ですので収納時はかなりコンパクトになりますという評価が見られます。

 

ソロキャンプなど荷物を少なくした場合でも、焚き火台で調理をしたいという方におすすめです。

サイズ21×23.5×25cm収納サイズ20.5×21.5×4.5cm
重さ1.2kg付属品なし
第9位

VARGO(バーゴ)

ヘキサゴンウッドストーブT-415

価格:6,979円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量で持ち運びに便利

折りたたみ式で軽量かつコンパクトな焚き火台です。キャンプ場に落ちている落ち葉や枝などを燃料にして使用したり、アルコールストーブを使用する際の風防としても使用することができます。空気が底から入る構造になっているので、火力を安定させることができます。

 

レビューを見てみると、手軽に小枝を燃やして焚火ができるということがこんなに楽しいとは思わなかった、ぱっと開いて簡単に焚き火を始められるのが良いです、朝の静かなひと時の珈琲タイムには最高です、造りが丁寧だから安定感は十分にありますという評価が見られます。

 

コンパクトな荷物にしたいけど、焚き火も楽しみたいという方におすすめのモデルです。

サイズ7.6×12.7×10.1cm収納サイズ14.5×0.7cm
重さ0.11kg付属品なし
第8位

ロゴス(LOGOS)

the KAMADO

価格:17,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピザも焼ける

ピザ窯やオーブンとしても使える焚き火台です。上部のパーツを取り外すことで、焚き火やダッヂオーブンを使った調理をすることができ、さまざまな料理を楽しむことができます。キャンプ料理のバリエーションを増やすことができるので、調理中心で考えてる方に良いでしょう。

 

レビューを参考にすると、とても良い焼き肉に飽きたらコレ使いやすいです、一台でBBQコンロ、カマド、焚火台と数役こなすこれは重宝します、多少風が強くても自宅庭で安心して使用しています、仲間受けも良くて盛り上がりますと高い評価が見られます。

 

マルチに使える焚き火台を求めている方におすすめです。

サイズ51.5×51×57cm収納サイズ48.5×39×12.5cm
重さ8.5kg付属品-
第7位

コールマン(Coleman)

ファイヤープレイス3

価格:14,991円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雰囲気のあるデザイン

焚き火の雰囲気を出せるだけでなく、燃焼効率も高める井げた式のボディで、見た目の重厚さがありますが、コンパクトに収束できるので、持ち運びが簡単で収納も楽にできます。焚き火だけでなく、付属の焼き網を使うことで、簡単に炭火焼きの料理を楽しむことができます。

 

レビューを参考にすると、趣味のデイキャンが面白いものになっていきそうです、折り畳むととてもコンパクトになり持ち運ぶのにも軽くて良いです、焚き火台としての機能も申し分ない、雰囲気が良くキャンプの醍醐味たき火が盛り上がりますと高い評価が見られます。

 

灰受け皿を本体上部に配置することもできるので、ダッヂオーブンで調理をすることもできます。機能性やデザイン性などを重視している方におすすめです。

サイズ41.5×46.5×34.5cm収納サイズ41.5×30.5×15.5cm
重さ5.7kg付属品焼き網
第6位

スノーピーク(snow peak)

焚火台

価格:16,848円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルかつタフ

ステンレス素材を採用したタフな構造を持つ焚き火台で、開いて置くだけで簡単に設営を行えるモデルです。オプションのグリルブリッジを用意することで、ネットやプレートをセットすることができ、炭火料理を楽しむこともできます。空気穴があるので効率的に燃焼させることができます。

 

レビューを参考にすると、シンプルで頑丈気兼ねなく使える、頑丈かつシンプルで機能美もあるから使い込むほどに所有満足が高まります、非常に分厚い鉄板で作られているため思いっきり焚き火をつけても全く歪みませんと高い評価を得ています。

 

Lサイズの焚き火台は三脚スタンドをセットすることで、大鍋料理を作ることが可能など、さまざまに焚き火台を使って楽しむことができます。長く使っていける焚き火台で、さまざまなアレンジを今後していきたい方におすすめです。

サイズ45×45×30cm収納サイズ-
重さ5.3kg付属品なし
第5位

コールマン(Coleman)

ファイヤーディスクプラス

価格:9,504円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れ簡単

脚を引き出すだけなので、設営や撤収が簡単にできる焚き火台です。付属している焼き網を使用すればバーベキューグリルとなり、別売りのスタンドを用意すればダッヂオーブンにも対応することができます。オーバルデザインなので、お皿のように洗うことができお手入れが簡単です。

 

レビューを見てみると、設置から撤収まであっという間地面も痛めることなく初心者でも簡単に焚き火が楽しめます、ゴツい薪でもガンガン直火感覚でくべられて最高です、とにかく焚き火に使いやすい片付け簡単、かどがないので洗いやすいんですと高い評価を得ています。

 

収納時もある程度のサイズがありますが、キャンプの設営や撤収を短い時間で済ませたいという方におすすめの焚き火台です。

サイズφ60×23cm収納サイズφ60×10cm
重さ3.2kg付属品焼き網
第4位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

M-6500

価格:4,854円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納時はコンパクトに

バーベキューや焚き火、それに25cmのダッヂオーブンを入れられるゆとりあるサイズが魅力の焚き火台です。収納時には折りたたむことができ、コンパクトに収納できるので、持ち運びを楽にできます。また、組み立ても簡単で広げてセットするだけで、すぐに火を起こせます。

 

レビューを参考にすると、使用後の掃除がパーツ毎に出来るのでキャンプ用品に有りがちの「使うのは良いけど片付けがね」という面倒がありません、セットも簡単で片付けも簡単です、焚火としてもコンロとしても上手く使えますと高い評価を得ています。

 

価格帯も低く、さまざまな調理方法が可能など、コスパにも優れています。コンパクトさと使用時のサイズを考えている方におすすめのモデルです。

サイズ47.5×41×30cm収納サイズ57×47×6cm
重さ3.8kg 付属品バーベキュー網・目皿
第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

UG-43

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプに最適

コンパクトなサイズでソロキャンプやツーリングキャンプにおすすめの焚き火台です。ゴトクと網がセットになっており、焼き物や煮炊きなどの調理にも対応しています。炭受けの高さを3段階で調整できるので、用途や燃料に合わせることができます。

 

レビューを参考にすると、コンパクトに収納できて組立も解体も手入れも簡単、一人で使うなら十分楽しめる一品です、とてもコンパクトですが一人用として十分実用的です、キャンプでは絶対持っていくもののひとつですと高い評価を見ることができます。

 

錆びにくいステンレス製で、ネジを使用していないのでドライバーを使わずに簡単に組み立てることができます。収納時もコンパクトになるので、荷物にならず快適なキャンプを楽しむことができます。

サイズ20×12.5×18cm収納サイズ24×18×3.5cm
重さ0.76kg付属品ゴトク・アミ・目皿/鉄(クロムめっき)
第2位

ロゴス(LOGOS)

ロゴス the ピラミッドTAKIBI

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10秒で簡単組み立て

多くのキャンプギアをリリースしているロゴスの焚き火台です。焚き火だけでなく、ダッヂオーブンや串焼きなどに対応するモデルで、幅広い調理方法で料理をすることができます。炭の下の部分に空気の通り道を確保しているので燃焼効率をアップすることを実現しています。

 

レビューを見てみると、これまでは形状の都合で薪は中央から外側に崩れがちでしたが薪を支える網があるおかげで中央に寄せて火を焚くことができます、組立も簡単で手提げ袋も付いてくるので持ち運びも楽、串刺せる穴があるのも何気に便利ですと高い評価を得ています。

 

灰が受け皿にたまる構造なので、そこにBBQ用のアルミホイルを置いておけば、さらに後片付けをスムーズにすることができます。調理だけでなく燃焼効率などもお考えの方におすすめです。

サイズ39×38.5×28cm収納サイズ42×26.5×7.5cm
重さ3.1kg付属品焚火ゴトク(串焼きプレート付)、ワイヤーロストル
第1位

ユニフレーム

ファイアグリル

価格:6,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

焚き火台の定番

ユニフレームのファイアグリルは、焚き火だけでなく調理にも使用することができ、低価格なのが魅力のコスパにすぐれた焚き火台です。ダッヂオーブンの使用もでき、焼き網も適度な高さがあり使い勝手も十分です。収束式の脚を広げるだけで簡単に設置することができます。

 

レビューを参考にすると、使い勝手と全てにおいて文句なし、色々と細かいところも見ましたが作りがしっかりしていて不満点はありません、サイズがちょうどよく焼けたお肉を隅っこに退避しておけるのも良いです、見た目もシンプルでかっこいいと高い評価を得ています。

収納時には炉のサイズよりも小さくはなりませんが、焼き網や脚を中に入れることができ、コンパクトに収納できます。大人数にも対応でき、焚き火だけでなく調理も楽しみたい方におすすめです。

サイズ43×43×33(網高)cm収納サイズ38×38×7cm
重さ2.7kg付属品焼き網

焚き火台のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4971037の画像

    ユニフレーム

  • 2
    アイテムID:4971059の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 3
    アイテムID:4971081の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 4
    アイテムID:4971106の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 5
    アイテムID:4971122の画像

    コールマン(Coleman)

  • 6
    アイテムID:4971158の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 7
    アイテムID:4971181の画像

    コールマン(Coleman)

  • 8
    アイテムID:4971266の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 9
    アイテムID:4971303の画像

    VARGO(バーゴ)

  • 10
    アイテムID:4971352の画像

    ユニフレーム

  • 商品名
  • ファイアグリル
  • ロゴス the ピラミッドTAKIBI
  • UG-43
  • M-6500
  • ファイヤーディスクプラス
  • 焚火台
  • ファイヤープレイス3
  • the KAMADO
  • ヘキサゴンウッドストーブT-415
  • ネイチャーストーブ
  • 特徴
  • 焚き火台の定番
  • 10秒で簡単組み立て
  • ソロキャンプに最適
  • 収納時はコンパクトに
  • お手入れ簡単
  • シンプルかつタフ
  • 雰囲気のあるデザイン
  • ピザも焼ける
  • 超軽量で持ち運びに便利
  • 火力も十分
  • 価格
  • 6900円(税込)
  • 9500円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 4854円(税込)
  • 9504円(税込)
  • 16848円(税込)
  • 14991円(税込)
  • 17000円(税込)
  • 6979円(税込)
  • 7900円(税込)
  • サイズ
  • 43×43×33(網高)cm
  • 39×38.5×28cm
  • 20×12.5×18cm
  • 47.5×41×30cm
  • φ60×23cm
  • 45×45×30cm
  • 41.5×46.5×34.5cm
  • 51.5×51×57cm
  • 7.6×12.7×10.1cm
  • 21×23.5×25cm
  • 収納サイズ
  • 38×38×7cm
  • 42×26.5×7.5cm
  • 24×18×3.5cm
  • 57×47×6cm
  • φ60×10cm
  • -
  • 41.5×30.5×15.5cm
  • 48.5×39×12.5cm
  • 14.5×0.7cm
  • 20.5×21.5×4.5cm
  • 重さ
  • 2.7kg
  • 3.1kg
  • 0.76kg
  • 3.8kg
  • 3.2kg
  • 5.3kg
  • 5.7kg
  • 8.5kg
  • 0.11kg
  • 1.2kg
  • 付属品
  • 焼き網
  • 焚火ゴトク(串焼きプレート付)、ワイヤーロストル
  • ゴトク・アミ・目皿/鉄(クロムめっき)
  • バーベキュー網・目皿
  • 焼き網
  • なし
  • 焼き網
  • -
  • なし
  • なし

まとめ

ここまで焚き火台の人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。キャンプを存分に満喫させてくれる焚き火台は、ぜひとも1台は持っておきたいキャンプアイテムです。ご紹介した内容を参考に、自分のスタイルに合った焚き火台を導入してはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ