記事ID136279のサムネイル画像

【運動会やピクニックに】キャリーワゴンおすすめ人気ランキング10選

沢山の荷物を持って移動するときに便利なキャリーワゴンは、キャンプだけでなく運動会やピクニックなどでも大活躍するアイテムです。ホームセンターやスポーツショップで色々なキャリーワゴンを目にしますが、何が違うのでしょう。今回はキャリーワゴンについてご紹介します。

キャリーワゴンで荷物も楽々運べる

キャリーワゴンがあれば、何度も行ったり来たりして荷物を運ぶなんて面倒なことをしなくても1度で多くに荷物を運ぶことができるので大変便利です。重い荷物を頑張って運ぶ必要も全くありません。

 

キャンプやBBQなどのアウトドアでの使用するイメージが強いキャリーワゴンですが、最近では運動会やピクニック、海のレジャーから買い物まで様々な用途で使うことができるので人気があります。

 

キャリーワゴンは様々なメーカーから販売されており、どれを購入しようか迷ってしまいます。キャリーワゴンの選び方とおすすめ人気キャリーワゴンのランキング10選を下記でまとめていますので、ぜひ購入の参考にしてください。

 

キャリーワゴンの選び方

容量で選ぶ

キャリーワゴン選びで、まず最初に決めなければいけないのがキャリーワゴンに積める荷物の容量です。何を?どのくらい積むのかによって購入するキャリーワゴンの大きさも変わってきます。

 

キャリーワゴンの容量にはメーカーによって異なり、80Lや125Lなど様々な容量があります。あとで小さすぎて買い直したり、大きすぎて邪魔にならないよう、どのくらい荷物を積みたいのかを良く考えて容量を決めましょう。

 

とは言っても容量だと分かりにくいこともありますよね。その場合はキャリーワゴンの収納スペースのサイズを確認するといいでしょう。こうすると積める荷物の容量が把握できて選びやすくなります。

耐荷重で選ぶ

キャリーワゴンの耐荷重もキャリーワゴンを選ぶときの重要なポイントです。当たり前ですがキャリーワゴンは、重い荷物を積んで運ぶことが想定されます。その時耐荷重が少ないと重い荷物を運ぶことができません。

 

キャリーワゴンの耐荷重は大きなもので約170kgもあるものもあります。耐荷重が大きなキャリーワゴンの方がBBQやキャンプなどのアウトドアから、買い物までキャリーカートの使用用途が広がり大活躍してくれるのでおすすめです。

 

キャリーワゴンの容量が大きいからといって、耐荷重も大きいということはありません。中には容量が大きくても耐荷重が小さなキャリーワゴンもありますから、必ず耐荷重を確認してから購入しましょう。

機能性で選ぶ

キャリーワゴンには、使用するうえで便利な機能が色々付いていることがあります。機能によってキャリーワゴンの使い勝手も良くなります。付いていると便利な機能を下記で幾つかご紹介します。

ストッパー付きのタイヤ

キャリーワゴンのタイヤにストッパーが付いていると、キャリーワゴンで荷物を運ぶ時に便利です。キャンプなどのアウトドアに出掛けた先で、坂道などの傾斜のある場所に停車したい時も安心して停車することができます。

 

また平らな場所であっても、ストッパーの付いていないタイヤのキャリーワゴンだと風などの影響を受け動いてしまい危険です。しかしストッパーが付いていれば、風が吹いても動くことがありません。

 

荷物をキャリーワゴンに乗せたり、キャリーワゴンを車に乗せたり、使わない時の収納時にもストッパー付きタイヤが大変役に立ちます。ストッパー付きタイヤのキャリーワゴンは安心・安全の為にもおすすめです。

固定式キャリーバー

固定式キャリーバーは、キャリーワゴンのいわゆる持ち手部分の高さを変え固定することができる機能です。キャリーワゴンを使用する人の身長や荷物の重さに合わせてキャリーバーの高さが変更でき使いやすくなります。

 

女性や子供がキャリーワゴンを引く時や重い荷物を運ぶ時はキャリーバーを低く固定し、男性がキャリーワゴンを引く時や軽い荷物を運ぶ時は高く固定すると、キャリーワゴンの操作性も向上するのでおすすめです。

 

高さを変更できるだけでは安定感がありませんので、必ず固定もできるキャリーワゴンを選びましょう。キャリーワゴンによっては、曲り道も走行しやすいようにキャリーバーが回転するものもあります。

幌・屋根付き

キャリーワゴンの中には、キャリーワゴンの上に幌や屋根が付いているものがあります。この幌や屋根には、急な雨により大切な荷物が濡れないようにしたり、強い日差しから守る日よけなどの役割があります。

 

幌や屋根はあると便利ではありますが、大きな荷物を積む時など場合によっては邪魔になる場合もあります。色々な状況に対応できるように、幌付きや屋根付きのキャリーワゴンを選ぶ時は取り外し可能なものがおすすめです。

 

またメーカーによっては、キャリーワゴンの幌や屋根をオプション品として別売りで購入ができるキャリーワゴンもあります。購入後に幌や屋根が必要になったときは、購入して付けることができるのでおすすめです。

小物収納ポケット

小物収納ポケットが付いているキャリーワゴンは、鍵や携帯、水筒などをワゴンに積めない細かい物や道具をポケットに入れることができます。小物収納ポケットは付いていると意外と便利なのでおすすめの機能です。

 

ワゴンの側面に500mlペットボトルが入る大きさのポケットが2個とワゴン内側にポケットが1個付いているキャリーワゴンがもっとも多いです。メーカーによっては、大きな収納ポケットが付いているものもあります。

 

アウトドアやキャンプ、運動会など必要な荷物を一気に積んで運べるのがキャリーワゴンのメリットではありますが、テントやイス、テーブルなど大きな荷物と小さな荷物は分けて積めるとサッと取出せ使い勝手が良くなります。

 

タイヤで選ぶ

キャリーワゴンのタイヤは、素材やタイヤの幅・大きさなど様々な種類があります。キャリーワゴンの用途や使用シーンに応じて使いやすいタイヤのキャリーワゴンを選ぶことをおすすめします。

タイヤの幅

芝の上や砂の上、未舗装の道などキャリーワゴンを使用する場所に応じて、おすすめするキャリーワゴンのタイヤの幅が違います。タイヤの幅によってキャリーワゴンの引きやすさが変わりますので、使用する場所に向いているタイヤ幅キャリーワゴンを選びましょう。

 

タイヤの幅が狭いキャリーワゴンは主に舗装された道や場所に向いています。凸凹した道や砂や芝の上ではタイヤが回りにくく引きにくいです。このような場所で使用するキャリーワゴンは、タイヤの幅が太いものがおすすめです。

 

タイヤの幅が太いとどんな道でもタイヤが回りやすく引きやすくなるので、キャンプやアウトドアなど幅広い用途で使用するようであれば、タイヤの幅が太いキャリーワゴンを購入するといいです。

タイヤの素材

キャリーワゴンのタイヤにはプラスチック製とゴム製の2種類があります。プラスチック製タイヤのキャリーワゴンは、価格が安いというメリットはありますが耐久性を考えるとおすすめしません。

 

プラスチック製タイヤは固いので割れやすく、少しでも凸凹とした道を走るだけでガタガタと振動が伝わってしまい快適に使用できるとは言えません。また滑りやすくいというデメリットもあります。

 

しかしゴム製タイヤは耐久性とクッション性を兼ね備えているので、プラスチック製タイヤのようなデメリットはなく快適です。重い荷物や凸凹した道を走行することも多いキャリーワゴンですから、ゴム製タイヤがおすすめです。

360℃回転式

360℃回転式のタイヤは、カーブを曲がったり方向転換をしたりする時にあるとスムーズに曲がることができます。荷物を多く積み、重くなったキャリーワゴンは、曲がるのも方向転換をするのも大変です。

 

そんな時に360℃回転式タイヤの機能が付いたキャリーワゴンであれば、カーブを気にすることなくスムーズに引っ張ることができます。特に力が弱い女性やお子様には、キャリーワゴンの操作がしやすくなるのでおすすめです。

 

また凸凹した道や砂利や砂浜など不安定な場所でも、通常のタイヤに比べ360℃回転式タイヤのキャリーワゴンの方がキャリーワゴンを引きやすくなります。合わせてキャリーバーが回転するとより引きやすくなります。

おすすめ人気キャリーワゴンランキング10選

第10位

DABADA

大型タイヤ 軽量キャリーワゴン

価格:7,398円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

未舗装の道もスムーズに走行できる

おすすめキャリーワゴン第10位は、DABADAの大型タイヤ 軽量キャリーワゴンです。幅約9.5cm、直径約16.5cmの大型ワイドタイヤ4輪のキャリーワゴンで、未舗装の道でもスムーズに走行することができます。

 

前輪は360度回転するので方向転嫁がスムーズで小回りしやすいのも特徴です。キャリーバー下部分には500mlのペットボトルが入る大きさのメッシュポケット2個と、内側にも縦16cm×横35cmのメッシュポケット1個があります。

 

重さのある荷物にも耐えられ、傷が目立たない頑丈なフレームを使用したキャリーワゴンは、アウトドアやキャンプなど重い荷物を積みたい人におすすめです。本体カラーやデザインも豊富なのも嬉しいポイントです。

 

使用時本体サイズ幅88×奥行48×高さ98cm収納サイズ幅16.5×奥行48×高さ74cm
容量95L耐荷重150kg
第9位

WAQ

大型タイヤ ワンタッチ収納式キャリーワゴン

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1分で簡単にたためるワンタッチ設計

おすすめキャリーワゴン第9位は、WAQの大型タイヤ ワンタッチ収納式キャリーワゴンです。女性が一人でも簡単にたためるワンタッチ設計で、大容量キャリーワゴンも従来よりコンパクトに収納ができるキャリーワゴンです。

 

タイヤが転がりにくい砂浜や芝の上、砂利道や段差などどんな道でも安定して快適に走行できるように特大タイヤを採用しています。どんな道でも楽に走行できると購入者からの評価の高いキャリーワゴンです。

 

折りたたんだキャリーワゴンはしっかりと自立するので、車の積み下ろしや収納がスムーズにできます。海や川、公園など色々な場所での使用できるキャリーワゴンを探している人におすすめです。

 

 

使用時本体サイズ幅49×奥行95×高さ90cm収納サイズ幅34×奥行23×高さ82cm
容量106L耐荷重150kg
第8位

CampersCollection

山善エブリデイキャリー

価格:8,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦長の荷物が積める深型タイプ

おすすめキャリーワゴン第8位は、CampersCollectionの山善エブリデイキャリーです。こちらのキャリーワゴンはワゴン部分の深さが47cmと深型設計になっているのが特徴です。

 

その為アウトドアテーブルやアウトドアチェアなど斜めや横にすることなく、縦に収納することが可能です。ハンドルの長さ調節やタイヤのストッパーも付いていますので使い勝手のいいキャリーワゴンです。

 

キャリーワゴンを折りたたんだまま引くことができるので、荷物を下ろした後のキャリーワゴンの移動も楽に行えます。長さのある荷物を積みたい人におすすめのキャリーワゴンです。

使用時本体サイズ幅94×奥行50.5×高さ71cm収納サイズ幅20×奥行39×高さ71cm
容量140L耐荷重80kg
第7位

LOGOS

丸洗いスマートキャリーwithクーラーバック

価格:24,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属のクーラーボックスが便利

おすすめキャリーワゴン第7位は、LOGOSの丸洗いスマートキャリーwithクーラーバックです。ワゴンの生地は耐久性に優れた丈夫な生地を使用し、取り外して洗濯機で丸洗いすることもできます。

 

キャリーワゴンには優れた保冷力のあるクーラーバックを装備しているので、BBQなどで使う食材や冷たい飲み物も重い荷物と一緒に運ぶことができ大変便利です。またクーラーバックは取り外して単体で使うこともできます。

 

ワンタッチで開閉することができるので組み立ても簡単で、女性にもおすすめのキャリーワゴンです。別売りの折りたたみテーブルトップを乗せれば、キャンプに便利なテーブルにも変身します。

使用時本体サイズ幅119×奥行49×高さ55cm収納サイズ幅36×奥行35×高さ78cm
容量120L耐荷重105kg
第6位

Raychell

グランドキャリアワゴン

価格:10,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極太タイヤ採用のオフロードタイプ

おすすめキャリーワゴン第6位は、Raychellのグランドキャリアワゴンです。幅約9.5cmの極太タイヤを採用しているので、凸凹した未舗装の道や段差も楽に走行ができるオフロードタイプのキャリーワゴンです。

 

キャリーワゴンは大容量の92Lで、アウトドアやキャンプに使用するテーブルやイス、テントなど色々なものを積める便利なキャリーワゴンです。ワゴン内側と外側にはポケットがあり、小物などの収納に役立ちます。

 

ワゴン中央部分を上に引き上げれば簡単に折りたためる組み立て式です。オフロードタイプのキャリーワゴンでありながら折りたたむとコンパクトなり、車載時や家での収納に困らないと好評です。

使用時本体サイズ幅112×奥行51×高さ120cm収納サイズ幅22×奥行51×高さ76cm
容量92L耐荷重60kg
第5位

DOD

フォールディングキャリーワゴンC2-237

価格:14,405円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水に強く濡れた荷物も遠慮せず積める

おすすめキャリーワゴン第5位は、DODのフォールディングキャリーワゴンC2-237です。ワゴンの生地には通気性に優れた強化メッシュ素材を採用しているので、みずや汚れに強いのが特徴のキャリーワゴンです。

 

海や川のレジャーなど水遊びなどで濡れてしまったものも、濡れていることを気にせずキャリーワゴンに積みこむことができます。万が一汚れても本体からワゴンのカバーを取り外し丸洗いも可能です。

 

ワゴン本体と適度な距離を保つよう設計されたハンドルは、重い荷物を積んでいても自由自在に操作ができます。大型ノーパンクタイヤ採用で、砂や芝、凸凹した道でも楽に進めます。海や川のレジャーにおすすめのキャリーワゴンです。

 

使用時本体サイズ幅53×奥行95×高さ60cm収納サイズ幅20×奥行×30高さ80cm
容量150L耐荷重100kg
第4位

RadioFlyer

3-in-1イージーフォールドワゴン

価格:24,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供を安全に乗せられる

おすすめキャリーワゴン第4位は、RadioFlyerの3-in-1イージーフォールドワゴンです。この1台で3通りの使い方ができる機能性の優れた、アメリカで人気のおもちゃメーカーが販売しているキャリーワゴンです。

 

荷物を積むに加え、ワゴンのジッパーを外せば大人が座れるベンチに早変わりしますので、荷物を下ろした後も便利に活用できます。そして最大の特徴は、子供を安心して乗せられるように設計されていることです。

 

約1歳半からワゴンに乗せることができ、最大67.5kgまで乗せられますから小さな子供なら2~3人は乗せることが可能です。本体は折りたたみ式で小物を入れるポケットもあります。子供を乗せられるキャリーワゴンが欲しい人におすすめです。

使用時本体サイズ幅83×奥行47×高さ100cm収納サイズ幅35×奥行47×高さ73cm
容量88L耐荷重68kg
第3位

FIELDOOR

ワイルドマルチタフキャリー

価格:9,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360℃回転式タイヤで移動がしやすい

おすすめキャリーワゴン第3位は、FIELDOORのワイルドタフキャリーです。大容量102Lで耐荷重150kgまで対応できる折りたたみ式キャリーカートで、大量の荷物を1度に運ぶことができます。

 

前輪のタイヤは360℃回転し、大型のタイヤで凸凹している未舗装の道も楽にキャリーワゴンを引いて移動することができます。ハンドルは好みの高さに固定でき、本体フレームに固定することも可能です。

 

スチール素材を本体フレームに採用しているので重い荷物に耐える耐久性があり、キズが目立ちにくい特徴があります。ガタガタと凸凹した道でタフに使いたい人におすすめのキャリーワゴンです。

使用時本体サイズ幅97×奥行62×高さ98cm収納サイズ幅33×奥行62×高さ98cm
容量102L耐荷重150kg
第2位

Coleman

アウトドアワゴン

価格:8,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属のラバーバンドで荷物を固定できる

おすすめキャリーワゴン第2位は、Colemanのアウトドアワゴンです。大型タイヤで重い荷物を積んでいてもスムーズに移動ができ、ストッパー付きのタイヤで不安定な場所の停車も安心です。

 

本体ワゴンの両サイドにはDリングが付いています。付属の荷物固定用ラバーバンドを引っかければ、不安定な荷物も固定でき安心して移動ができます。簡単に折りたため、収納カバーをかけておけば保管時のホコリも気になりません。

 

キャリーワゴンと言えばコールマンと言ってもいいほど代表的な商品です。その上耐久性や丈夫さ、使い勝手の良さには定評があり、購入者の評判もいいキャリーワゴンです。仕事からレジャーまで幅広い使用におすすめです。

使用時本体サイズ幅106×奥行53×高さ100cm収納サイズ幅18×奥行40×高さ77cm
容量115L耐荷重100kg
第1位

DOD

全パーツ交換&カスタム可能キャリーワゴン

価格:12,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

好みに合わせてカスタマイズができる

おすすめキャリーワゴン第1位は、DODの全パーツ交換&カスタム可能キャリーワゴンです。キャリーワゴンの生地やフレーム、タイヤなどパーツを交換することができるので破損や消耗してもパーツの付け替えができます。

 

荷物の安定性をより強化できるワゴン底用のフロアマットや雨やホコリよけに便利なトップシートも付属しています。タイヤは凸凹とした悪路も移動しやすいようにノーパンクタイヤを採用しています。

 

本体の生地は取り外して手洗いすることができるので、メンテナンスがしやすいのも特徴です。長く使えるように耐走行、耐荷重試験を行っているので長く使い続けたい人におすすめです。

使用時本体サイズ幅53×奥行95×高さ60cm収納サイズ幅20×奥行30×高さ80cm
容量125L耐荷重100kg

キャリーワゴンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4969574の画像

    DOD

  • 2
    アイテムID:4969573の画像

    Coleman

  • 3
    アイテムID:4969571の画像

    FIELDOOR

  • 4
    アイテムID:4969570の画像

    RadioFlyer

  • 5
    アイテムID:4969568の画像

    DOD

  • 6
    アイテムID:4969567の画像

    Raychell

  • 7
    アイテムID:4969565の画像

    LOGOS

  • 8
    アイテムID:4969562の画像

    CampersCollection

  • 9
    アイテムID:4969561の画像

    WAQ

  • 10
    アイテムID:4969559の画像

    DABADA

  • 商品名
  • 全パーツ交換&カスタム可能キャリーワゴン
  • アウトドアワゴン
  • ワイルドマルチタフキャリー
  • 3-in-1イージーフォールドワゴン
  • フォールディングキャリーワゴンC2-237
  • グランドキャリアワゴン
  • 丸洗いスマートキャリーwithクーラーバック
  • 山善エブリデイキャリー
  • 大型タイヤ ワンタッチ収納式キャリーワゴン
  • 大型タイヤ 軽量キャリーワゴン
  • 特徴
  • 好みに合わせてカスタマイズができる
  • 付属のラバーバンドで荷物を固定できる
  • 360℃回転式タイヤで移動がしやすい
  • 子供を安全に乗せられる
  • 水に強く濡れた荷物も遠慮せず積める
  • 極太タイヤ採用のオフロードタイプ
  • 付属のクーラーボックスが便利
  • 縦長の荷物が積める深型タイプ
  • 1分で簡単にたためるワンタッチ設計
  • 未舗装の道もスムーズに走行できる
  • 価格
  • 12300円(税込)
  • 8592円(税込)
  • 9400円(税込)
  • 24000円(税込)
  • 14405円(税込)
  • 10980円(税込)
  • 24840円(税込)
  • 8999円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 7398円(税込)
  • 使用時本体サイズ
  • 幅53×奥行95×高さ60cm
  • 幅106×奥行53×高さ100cm
  • 幅97×奥行62×高さ98cm
  • 幅83×奥行47×高さ100cm
  • 幅53×奥行95×高さ60cm
  • 幅112×奥行51×高さ120cm
  • 幅119×奥行49×高さ55cm
  • 幅94×奥行50.5×高さ71cm
  • 幅49×奥行95×高さ90cm
  • 幅88×奥行48×高さ98cm
  • 収納サイズ
  • 幅20×奥行30×高さ80cm
  • 幅18×奥行40×高さ77cm
  • 幅33×奥行62×高さ98cm
  • 幅35×奥行47×高さ73cm
  • 幅20×奥行×30高さ80cm
  • 幅22×奥行51×高さ76cm
  • 幅36×奥行35×高さ78cm
  • 幅20×奥行39×高さ71cm
  • 幅34×奥行23×高さ82cm
  • 幅16.5×奥行48×高さ74cm
  • 容量
  • 125L
  • 115L
  • 102L
  • 88L
  • 150L
  • 92L
  • 120L
  • 140L
  • 106L
  • 95L
  • 耐荷重
  • 100kg
  • 100kg
  • 150kg
  • 68kg
  • 100kg
  • 60kg
  • 105kg
  • 80kg
  • 150kg
  • 150kg

まとめ

キャリーワゴンにも色々な選び方があります。購入前にしっかりと選んでおくことがキャリーワゴン購入にはとても大切です。記事を参考にキャリーワゴンを選んでみてください。きっと大活躍してくれるキャリーワゴンが見つかりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ