記事ID136254のサムネイル画像

【おしゃれで種類豊富】折りたたみベッド人気おすすめランキング10選

一人暮らしや子供部屋、ご高齢の方にも最適な折りたたみベッド。最近は機能性の高い折りたたみベッドも販売されていてどれがおすすめになるのか選べない方もいるのではないでしょうか。そこで、折りたたみベッドの選び方と人気になっている商品をランキングでご紹介します。

扱いやすい折りたたみベッド

従来の据え置きタイプのベッドと並んで人気のある折りたたみベッド。折りたたみベッドの寿命は使い方などによっても異なりますが、だいたい4年から6年ほどは使えるようです。場合によってはそれよりも早く壊れてしまう可能性はあります。

 

ただ、折りたたみベッドはコンパクトなタイプが多いのがメリットの一つです。仮に廃棄するにしても、商品によっては一人で解体できるベッドもあるので据え置きタイプのベッドよりも扱いやすいです。転勤や引っ越しが想定される方にも重宝するはずです。

 

また、折りたたみベッドはスペースを空けたい時は折りたたんで他の場所に保管できるという点もメリットです。今回は、実際購入した方の口コミと共に人気のある折りたたみベッドやおしゃれなベッドをご紹介しますのでぜひ検討してみてください。

折りたたみベッドの選び方

折りたたみベッドには様々なタイプの商品があります。ライフスタイルや部屋の大きさ、使いやすさなど選び方のポイントを知って後悔しない商品を選びましょう。

サイズ・高さで選ぶ

折りたたみベッドのサイズと高さは、寝心地や立ち上がりなどにダイレクトに影響します。実際使ってみると窮屈だったということのないようサイズと高さに注意しましょう。

主流は「シングル」女性や子供は「セミシングル」

折りたたみベッドのサイズの主流はシングル(幅約100cm×奥行き195cm)です。6畳の部屋なら約25%程度のスペースをとります。サイズは部屋の広さや自分の身長などで選ぶのがおすすめですが、特に男性など身長がある方は奥行きに注意しましょう。

 

また、女性や子供用におすすめなのがシングルよりもさらに小さいサイズのセミシングル(幅85cm×奥行き180cm)です。他には商品の数は少ない傾向にありますが、セミダブル(幅120cm×奥行き195cm)・ダブル(幅140cm×奥行き195cm)もあります。

 

セミダブルは大柄な人やゆったり一人で眠りたい方や寝相が気になる方におすすめです。ただ、 ダブルは一人分のスペースがシングルベッドの幅100cmよりも狭くなるので2人で寝ると窮屈に感じるかもしれません。

足腰の負担が軽いのは「高さ30cm以上」

折りたたみベッドは高さも大切です。寝る人が立ったり座ったりするのにちょうどいい高さは40~50cmといわれています。介護する側が感じる足腰に負担がかからない高さは60~70cm程度といわれています。

 

これを基本にマットレスや布団の高さなどを別にしても、少なくとも30cm以上の高さがある折りたたみベットを選ぶのがおすすめです。この高さなら、足や腰の負担が軽くご高齢の方も立ったり座ったりする行動が楽になります。

 

また、折りたたみベッドは畳んだ状態の高さもチェックしておくといいかもしれません。折りたたんだ時のベッドの高さと幅で、部屋のどの隙間に入るかもあらかじめ確認しておきましょう。

寝床の仕様で選ぶ

折りたたみベッドの寝床の仕様には種類があります。マット付きは反発性によって寝心地が悪くなったり通気性が悪いとカビの心配もあります。寝床は慎重に選びましょう。

高反発と低反発で選ぶ「マットレス一体型」

折りたたみベッドには、素材がウレタンのマットレスが固定されている一体型の商品もあります。固定されているので家に届けばすぐに使えます。マットレス付きの折りたたみベッドを選ぶ場合、高反発か低反発で選ぶのがベストでおしゃれなタイプもあります。

 

高反発の折りたたみベッドは、反発力が強いマットレスで弾力のあるスポンジを想像するといいかもしれません。体が沈み込み過ぎず腰痛を持っている方におすすめで寝返りもしやすいのが高反発です。

 

反対に体圧を分散する低反発の折りたたみベッドは、ふんわりとした寝心地が好みの方におすすめです。ただ、低反発のマットレスは寝返りしにくく蒸れやすい点があります。もし通気性に優れたマットレスで選ぶならメッシュ状の折りたたみベッドがおすすめです。

湿気やカビの軽減なら「すのこタイプ」

折りたたみベッドにはすのこタイプのベッドがあります。すのこタイプは、適度な隙間があるので通気性が良いのがメリットです。私たちが寝ている間にかく汗の量は約コップ1杯程度といわれていますが、その寝汗から湿気やカビの発生につながることがあります。

 

そんな湿気やカビの軽減にはすのこタイプの折りたたみベッドがおすすめです。湿気が発生しやすい1階や、家が湿気やすい環境の方もすのこタイプのベッドにしておくと安心です。また、すのこタイプは和室でも洋室でも相性が良くおしゃれに使えます。

 

ただ、冬の寒い時期は、すのこの間から隙間風が入り場合によっては底冷えを感じることも。その為、すのこの上に敷くマットレスは少なくとも14cm以上のマットレスがベストで、20~25cm以上のマットレスなら暖かく過ごしやすいです。

夏涼しく冬暖かく湿気にも「畳タイプ」

折りたたみベッドには寝床に畳が固定されているタイプの商品もあります。畳タイプは、夏は涼しくひんやりとした肌触りで冬は暖かく季節問わず快適に使えるメリットがあります。また、湿度対策でも優秀で湿気を吸い取り湿度を下げるという特徴もあります。

 

その為、カビやダニの軽減なども期待できます。また、畳タイプは布団を片付けてしまえばソファー間隔で使えます。折りたたみベッドの上に布団を畳んでベッドの上で座って過ごしたいという方におすすめです。畳のベットは夏はおしゃれで涼しく感じるはずです。

 

畳タイプの折りたたみベッドには、畳の中にウレタンを採用し寝心地などの快適さに着目した商品もあります。

軽くて耐久性がある「スチール製」

折りたたみベッドには、パイプがむき出しのシンプルなスチール製の商品もあります。寝床部分が格子状になっていて、その上にマットレスを敷き布団を敷いて使う折りたたみベッドです。軽いのに耐久性が高く長く使うには適しています。

 

かなりコンパクトでフレームだけということもあり使わない時には折りたたんで収納できます。 圧迫感がなくおしゃれな商品もあり一人暮らしや子供部屋におすすめです。

 

ただ、スチール製の寝床の格子部分は負荷がかかると弱い部分もあるのでマットレス+敷き布団での使い方に限定されます。また、商品によっては壁にぴったりつけて設置してしまうと、むき出したパイプやネジによって壁に傷がつくなどもあるので要注意です。

機能で選ぶ

折りたたみベッドは、寝るだけではなく移動やベッド以外の使い方なども考えないと扱いにくいと感じる場面もあります。ライフスタイルに合う機能性でも選びましょう。

布団干しもできる「キャスター付き」

折りたたみベッドの性質上、動かしやすいタイプで選ぶなら キャスター付きの折りたたみベッドです。 キャスター付きは、折りたたむことが想定されているので、 だいたいベッドの裏側にバネが付いていて簡単に折りたためる構造になっています。

 

布団を敷いたまま折りたため、ちょっとした隙間に置けるので折りたたみベッドを出しっぱなしにしたくない方にはおすすめです。 楽に移動できれば天気のいい日には日の当たる窓ガラス近くで布団干しもできます。

 

また、折りたたみベッドには宮棚付きのベッドもあります。スマホを置いたり本や目覚まし時計も置けるので便利ではあります。ただし、折りたたむときに宮棚で場所をとるかもしれません。

足腰の不安や普段使いに「リクライニング・電動タイプ」

折りたたみベッドには、ベッドの使い方だけではなくリラックスタイムが過ごしやすい機能を持つ商品もあります。それが、リクライニング機能がある折りたたみベッドです。大まかに手動で動かすタイプと電動タイプがあります。

 

特に電動のリクライニング機能があると、ご高齢の方など起き上がりに補助が必要な方などはかなり楽に感じるはずです。リクライニングは、1段~無段階調整できるなど細かい角度調整ができる優れた商品まで様々あります。 背中部分を立てることできるので、ベッドの上に座って読書をしたりテレビを見たり普段使いにもおすすめです。

 

また、折りたたみベッドにはソファータイプもあります。ベッドとソファの2役使えるメリットがあり、普段はおしゃれにソファーとして使い来客があった時はお客様用のベッドに使えます。

シンプルな機能ほど「低価格」

折りたたみベッドを選ぶ際は予算も気になるポイントではないでしょうか。折りたたみベッドの価格帯はシンプルなベッドほど低価格の傾向にあります。リーズナブルな商品なら1万円前後で購入できます。

 

一方、機能性が高い商品は価格が高い傾向にあります。また、マットレスが付く場合は、マットレスの機能も価格に反映されています。寝心地が良さが売りになっているマットレスが付いているならそれだけ価格が高くなります。

 

ただ、安い価格でもフレームがしっかりしている商品もたくさんあるので安いからといって質が悪いわけでもありません。部屋の大きさや寝心地の良さ、さらに自分に必要な機能などを総合的に見て予算を決めるのがおすすめです。

折りたたみベッド人気おすすめランキング10選

第10位

山善(YAMAZEN)

メッシュ ハイタイプ 折りたたみ

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さ37.5cm通気性が良くリーズナブル

様々な家具や寝具を扱うメーカーのスチール製の折りたたみベッドです。床からの高さが約37.5cmと立ち上がるにも負荷がかかりにくくベッドの下は収納もできそうです。寝床部分は、メッシュフレームなので通気性も良くキャスター付きで移動するのも楽です。

 

シンプルな折りたたみベッドで価格もかなりリーズナブルですが、しっかり手すりも付いています。口コミでは、「寝心地が良く通気性も良い」「高さがあるので収納ができ、部屋が広くなったと感じる」など高い評価が付けられています。

 

圧迫感がなく一人暮らしや子供部屋におすすめです。ただし、スチール製は、部分的な負荷には弱いので必ずマットレス+敷き布団のセットで使いましょう。

サイズ幅105×奥行208×高さ37.5cm重量約18.5kg
材質スチール(エポキシ樹脂塗装)仕様キャスター付き
第9位

あした

折りたたみベッド リクライニング

価格:11,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが良いのに質が高いと好評

14段階ギアーでリクライニングができる折りたたみベッドです。こちらの商品はリクライニング機能も付いているのに、コスパが良い商品なのに質が高いとユーザーに好評になっている折りたたみベッドです。

 

価格が安くても安全なロックナットに、開き止めのストッパーもしっかり付き指を挟まない金具も取り付けられています。さらに、ベッドガードにスポンジが取り付けられているので、触った時に冷たくならないような心づかいもある商品です。

 

口コミでは「価格が安く子供用に購入したが満足」「思った以上に良かった」「初の折りたたみベッドとしては寝心地もいい」など高評価を付けています。子供用にはもちろんのこと初めて折りたたみベッドを使う方には価格が手頃でおすすめです。

サイズ幅970×奥行2095×高さ455mm/折りたたみ時幅470X奥行970X高さ1090mm/マット厚み55mm重量約26kg
材質-仕様リクライニング/キャスター付き
第8位

リコメン堂ホームライフ館

高反発キルト電動リクライニング

価格:21,900円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リクライニング最大80度で折りたたみが簡単

低反発ウレタンを採用した電動リクライニング式の折りたたみベッドです。リクライニングは、最大80度まで立てることが可能で膝部分も10度まで曲げることができます。マットレスのウレタンは低反発なので体の沈み込みを防いでしっかり体勢を支えます。

 

また、折りたたみ時も場所をとらずキャスター付きで移動も楽な仕様。折りたたみは中央部を持ち上げれば簡単にスーッとコンパクトになります。色はおしゃれなワインレッドの他にブラウン・ネイビーなどが選べます。

 

購入した方の感想では、手軽に折りたたみができベッドの上で本を読んだり昼寝をするなどリラックスできると好評です。こちらも電動リクライニングにしてはコスパが良くおすすめです。

サイズ幅90.5×奥行198.5×高さ41.5cm/折りたたみ時幅90.5×奥行42.5×高さ102.5cm/マットレス幅85×奥行190×厚さ8cm重量約34kg/耐荷重約90kg
材質スチール/ポリエステル/合板/ウレタン仕様電動リクライニング/キャスター付き
第7位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

折りたたみベッド 桐すのこワイド

価格:11,854円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性・湿度の吸放湿性に優秀な天然桐

すのこタイプのアイリスオーヤマの折りたたみベッドです。このベッドの最大の特徴はすのこの材質が通気性の良い「桐」を採用していることです。それも、湿度の吸放湿性に優秀な天然桐で強度もありたっぷりと33枚敷き詰められています。

 

桐は湿気を上手に逃がしてカビなどを予防します。また、低ホルムアルデヒドの基準を満たしエコ塗料を使い安全面も考えられています。キャスターは360度回転で移動も掃除もしやすいです。

 

口コミでは、「ベッドごと布団が干せる」「移動させやすい」「寝心地も良くコンパクト」「良い買い物をした」など高く評価されています。布団干しができる折りたたみベッドとしてはおすすめです。

サイズ幅108×奥行209×高さ46cm/折りたたみ時幅108×奥行46×高さ110cm重量約24kg/耐荷重約90kg
材質天然桐仕様キャスター付き
第6位

組立不要電動折りたたみベッド

価格:54,985円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2つのコイルで寝心地を選べるベッド

組み立てが不要な電動リクライニング機能が付いた折りたたみベッドです。価格は高めですがマットレスに使われるコイルは2種類でどちらか選ぶことができます。一つは、ボンネルコイルタイプでほどよい固さがキープできヘタリにくいメリットがあります。

 

適度な硬さで寝心地は畳の上に布団を敷いたような感覚です。もう一つがポケットコイルタイプのマットレスです。ポケットコイルの特徴は、お尻と肩の重い部分が沈むような構造で、逆に軽い足や腰はそれほど沈まず自然な体勢で寝ることができます。

 

2種類のコイルは好みによりますが、寝心地も追及できる折りたたみベッドとしては価格以上の商品です。腰痛を持つ方やマットレスにこだわりたい方におすすめです。

サイズ幅101×奥行201×高さ58.5cm/マット幅90×奥行199×厚さ13cm重量約45kg
材質ボンネルコイ:スチール(エポキシ樹脂塗装)/ボンネルコイル:ウレタンフォーム仕様電動リクライニング/キャスター付き
第5位

エムール

折りたたみベッド日本製い草畳

価格:37,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家具職人さんが仕上げた畳タイプ

涼し気な天然素材のい草を使った畳タイプの折りたたみベッドです。シングル以外にハイタイプやワイドなどサイズがあるので気になる方は要チェックです。このベッドは、家具職人さんが丁寧に仕上げた本格的な畳タイプの折りたたみベッドです。

 

それでいて価格がリーズナブルなのもプラスポイントです。い草を使っているので湿度・消臭・吸汗機能が期待でき畳の香りもプラスされ快適な睡眠に導きます。組み立ては女性一人でも可能でキャスターも付いています。

 

口コミでも、「組み立てがすごく簡単」「横になると畳のいい香りがする」「ベッド以外の使い方もできそう」と皆さんに高く評価されています。湿気やカビが気になる方や畳タイプの折りたたみベッドを求める方にはおすすめです。

サイズ幅94.5×奥行201×高さ39cm/折りたたみ時幅94.5×奥行38×高さ114cm重量約27kg
材質本体:ラバーウッド/床面:畳仕様キャスター付き
第4位

タマリビング

ソファベッドミニ ビータⅢ

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベッド・ソファー・ベンチの3役で人気

ベッドとソファーとベンチの3役で使える折りたたみベッドです。リクライニング機能が付いていることから、ベンチにすると背もたれを立ててゆっくり足を伸ばした状態で使えると人気の商品になっています。インテリアにも合わせやすくおしゃれに使えそうです。

 

毎日使うベッドというよりも簡易的なベッドに最適かもしれません。普段はソファーとして使い来客があった時にはお客様用のベッドとしての使い方。もしくは、小さい子供用のベッドでもおすすめです。この商品には他にもオレンジとグレーの2色があります。

 

口コミでは意外に大好評で、「背もたれが高くて足も乗せられる」「座ってのんびりでき有効に使える品物」「かなり優れている」「いい買い物です」と高い支持を得ています。ベッドでもソファーでもリラックスできる折りたたみベッドとしては優秀です。

サイズ幅58×奥行185×高さ28cm/ソファ時幅58×奥行93×高さ81cm重量約18kg/耐荷重100kg
材質ウレタン・スチール 仕様6段階リクライニング
第3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

折りたたみベッド低反発14段階リクライニング

価格:15,839円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性が良い生地で厚みがあり心地良い

低反発マットレスが付いた折りたたみベッドです。完成品で届くのですぐに使うことができます。リクライニング機能は14段階で自分好みで角度調整が可能。マットレスは、通気性の良いメッシュ状の生地で厚みは約9cmで心地良い弾力が体を支えます。

 

折りたたみ時に指をはさんでケガをしないよう安全設計も施されています。口コミでは、「マットレスの寝心地がいい」「折りたたみできるのが非常に便利」「幅は狭いが値段以上に価値がある」と高い評価が付けられています。

 

1年以上経過してもクッションがヘタらないとの声もあり、低反発マットレスの折りたたみベッドではおすすめです。

サイズ幅91×奥行201×高さ34.5cm/折りたたみ時幅91×奥行30×高さ108cm重量約25.8kg/耐荷重90kg
材質スチール/ウレタン/合板仕様14段階リクライニング/キャスター付き/メッシュ状生地
第2位

エムール

日本製ひのき 折りたたみベッド

価格:35,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産の天然ひのきで軽くて移動しやすい

ヒノキを使ったすのこタイプの日本製の折りたたみベッドです。使っているのは国産のヒノキで、すのこ状にすることで空気がよく通り湿度を放出する面では優秀です。高さは23.5cmとやや低めですが、これなら普段のくつろぎタイムも楽な姿勢で楽しめます。

 

全体的に天然木を使っていますが、折りたたみベッドの重量としては24kgとそれほど重いわけではありません。口コミでは、畳の上に乗せても跡が残らないという感想もあり、和室のインテリアに合わせておしゃれな使い方もできそうです。

 

他にも、「軽い力で折りたためて布団干しにもなる」「思ったより軽く移動しやすい」「買ってよかった」「ひのきがいい」と大好評です。ヒノキの温もりと香りが感じられてすのこタイプの折りたたみベッドではおすすめです。

サイズ幅106.5×奥行199×高さ32㎝/折りたたみ時幅106.5×奥行29×高さ114cm重量約24kg
材質本体ラバーウッド/国産ひのき天然木仕様キャスター付き
第1位

山善(YAMAZEN)

組立て不要低反発折りたたみベッド

価格:16,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立て不要で幅広い年代におすすめ

低反発マットレスを採用した折りたたみベッドです。こちらも組み立てが必要なく届いたらすぐに使えます。低反発のマットレスはクッションが20mmで適度な心地良さで眠りに誘います。リクライニングは6段~14段へ切り替え可能。

 

背もたれは長さが60cmあるので、読書をしたりテレビを見るのにもリラックスした姿勢で楽しめます。購入している方の口コミによると、子供用からご高齢の方まで幅広い年代に使われていることがわかります

 

実際の使い心地は「リクライニングとベッドの高さもちょうどいい」「移動がスムーズ」「安定感がある」「中学生の子供にちょうどいい」など多くの方に高評価が付けられています。価格も機能も程良く子供やご高齢の方までおすすめの折りたたみベッドです。

サイズ幅100×奥行200×高さ38cm/折りたたみ時幅27×奥行100×高さ115cm重量約28.5kg
材質フレーム:スチール(粉体塗装)/中材:ウレタンフォーム/張り地:ポリエステル仕様6段~14段リクライニング

折りたたみベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4970011の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 2
    アイテムID:4970019の画像

    エムール

  • 3
    アイテムID:4970066の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:4970072の画像

    タマリビング

  • 5
    アイテムID:4970060の画像

    エムール

  • 6
    アイテムID:4970057の画像

  • 7
    アイテムID:4970076の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 8
    アイテムID:4970028の画像

    リコメン堂ホームライフ館

  • 9
    アイテムID:4971569の画像

    あした

  • 10
    アイテムID:4970791の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 商品名
  • 組立て不要低反発折りたたみベッド
  • 日本製ひのき 折りたたみベッド
  • 折りたたみベッド低反発14段階リクライニング
  • ソファベッドミニ ビータⅢ
  • 折りたたみベッド日本製い草畳
  • 組立不要電動折りたたみベッド
  • 折りたたみベッド 桐すのこワイド
  • 高反発キルト電動リクライニング
  • 折りたたみベッド リクライニング
  • メッシュ ハイタイプ 折りたたみ
  • 特徴
  • 組み立て不要で幅広い年代におすすめ
  • 国産の天然ひのきで軽くて移動しやすい
  • 通気性が良い生地で厚みがあり心地良い
  • ベッド・ソファー・ベンチの3役で人気
  • 家具職人さんが仕上げた畳タイプ
  • 2つのコイルで寝心地を選べるベッド
  • 通気性・湿度の吸放湿性に優秀な天然桐
  • リクライニング最大80度で折りたたみが簡単
  • コスパが良いのに質が高いと好評
  • 高さ37.5cm通気性が良くリーズナブル
  • 価格
  • 16990円(税込)
  • 35000円(税込)
  • 15839円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 37990円(税込)
  • 54985円(税込)
  • 11854円(税込)
  • 21900円(税込)
  • 11750円(税込)
  • 9900円(税込)
  • サイズ
  • 幅100×奥行200×高さ38cm/折りたたみ時幅27×奥行100×高さ115cm
  • 幅106.5×奥行199×高さ32㎝/折りたたみ時幅106.5×奥行29×高さ114cm
  • 幅91×奥行201×高さ34.5cm/折りたたみ時幅91×奥行30×高さ108cm
  • 幅58×奥行185×高さ28cm/ソファ時幅58×奥行93×高さ81cm
  • 幅94.5×奥行201×高さ39cm/折りたたみ時幅94.5×奥行38×高さ114cm
  • 幅101×奥行201×高さ58.5cm/マット幅90×奥行199×厚さ13cm
  • 幅108×奥行209×高さ46cm/折りたたみ時幅108×奥行46×高さ110cm
  • 幅90.5×奥行198.5×高さ41.5cm/折りたたみ時幅90.5×奥行42.5×高さ102.5cm/マットレス幅85×奥行190×厚さ8cm
  • 幅970×奥行2095×高さ455mm/折りたたみ時幅470X奥行970X高さ1090mm/マット厚み55mm
  • 幅105×奥行208×高さ37.5cm
  • 重量
  • 約28.5kg
  • 約24kg
  • 約25.8kg/耐荷重90kg
  • 約18kg/耐荷重100kg
  • 約27kg
  • 約45kg
  • 約24kg/耐荷重約90kg
  • 約34kg/耐荷重約90kg
  • 約26kg
  • 約18.5kg
  • 材質
  • フレーム:スチール(粉体塗装)/中材:ウレタンフォーム/張り地:ポリエステル
  • 本体ラバーウッド/国産ひのき天然木
  • スチール/ウレタン/合板
  • ウレタン・スチール
  • 本体:ラバーウッド/床面:畳
  • ボンネルコイ:スチール(エポキシ樹脂塗装)/ボンネルコイル:ウレタンフォーム
  • 天然桐
  • スチール/ポリエステル/合板/ウレタン
  • -
  • スチール(エポキシ樹脂塗装)
  • 仕様
  • 6段~14段リクライニング
  • キャスター付き
  • 14段階リクライニング/キャスター付き/メッシュ状生地
  • 6段階リクライニング
  • キャスター付き
  • 電動リクライニング/キャスター付き
  • キャスター付き
  • 電動リクライニング/キャスター付き
  • リクライニング/キャスター付き
  • キャスター付き

まとめ

ここまで人気の折りたたみベッドのおすすめをランキング10選でご紹介してきましたがいかがでしたでしょう。折りたたみのベッドは設置したままで毎日使い続けることもありますが、来客などいざという時は簡単に収納できるのは魅力です。移動しやすいベッドは部屋の模様替えも気軽にできレイアウトも考えやすいですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ