記事ID136246のサムネイル画像

【おしゃれで機能的】スノボウェアのおすすめ人気ランキング10選

スノボーには様々な道具が必要になりますが、その中でもウェアは欠かすことのできないアイテムの一つですね。ここではスノボウェアのおすすめをランキング形式でまとめていますので、どんなスノボウェアを購入しようかお悩みの方はせひ最後までご覧頂くことをおすすめします。

好きなスノボウェアでよりスタイリッシュに

あまり活発に行動しなくなる冬場において数少ない楽しみの一つがウィンタースポーツですね。日本国内では1970年前後から1990年代後半に掛けてスキーブームが到来しました。72年の札幌五輪や映画「私をスキーに連れてって」が流行の要因と言われています。

 

しかしバブル崩壊ともにブームは過ぎ去りました。現在は若い世代を中心にスノーボード(スノボー)が人気になっておりスキーヤーよりやや多数派となっています。そんなスノボーに必要不可欠なものがスノボウェアです。ウェアとは通常、最も外側のアウターを指します。

 

タイトなスキーウェアと比べてスノボウェアはゆったりとした作りになっています。これは尻餅を付くことが多いスノボにおいて、身体と生地を守るためヒップ部分にパッドを内蔵しているためです。水・風・熱を遮断しつつも通気性を確保する特殊な素材で出来ています。

スノボウェアの選び方

ウェア選びは簡単そうに見えて実はいろいろとチェックすべき項目があります。通常の洋服選びはまた違った、スノボウェア特有の大事なポイントをぜひ参考にして頂ければと思います。

生地の性能で選ぶ

スノボウェアの機能性を見る上で大事なポイントは素材の性能ですね。雪(水)に対してどのくらいの抵抗力があるのかは、今後何年も使っていくことを見据えて必ずチェックしましょう。

高防水ウェア

スノボは雪の上で行うスポーツですので、ウェアに水が付くのは避けられません。初心者の方であれば転倒した際に付着するでしょうし、滅多に転ばない上級者の方でも一時休憩のために雪面に座ったり天候次第ではウェアが濡れてしまうでしょう。

 

またお昼時など、暖房が効いた室内に入った際にはウェアに付いていた雪が解けてしまいます。そのような理由からスノボウェアには高い防水性が求められます。因みに防水性とは生地に水滴が乗った状態で、上から圧力をかけたとしても水が染み込まない構造をいいます。

 

防水性の高さは「耐水圧(mm)」で表され、1㎠あたりに乗った水滴をどのくらいの圧力まで浸水させないで耐えられるかを示しています。体重75kgの人が濡れた場所へ膝に付いているときの耐水圧が11000mmと言われています。スノボウェアは耐水圧10000mm以上を選びましょう。

高撥水ウェア

スノボを楽しんでいるとウェアがどうしても水に濡れてしまうのは上記で述べましたが、防水性が高くても水滴が生地に付着したままではふとしたときに高圧力が掛かって染み込んでしまいます。生地への浸水を防ぐには防水性ほどでは無いにしろ撥水性の高さも重要になってきます。

 

撥水性とは水を生地に寄せ付けずに弾く性能のことを言います。防水素材のように水が付着してからの染み込みを防ぐことはできませんが、撥水性があるとそもそもの水の付着を防ぐことが出来ます。結果的に浸水を防ぐことになりますので防水の一種とも言えますね。

 

耐水圧で表記される防水性と違い、こちらの撥水性は性能の表記が無いものが殆どです。大体は撥水スプレーを吹き付けた程度の効力と考えて良いでしょう。ウェアに水を寄せ付けない撥水効果があれば、水や汚れからウェアを守ってくれるので長く着用することができるでしょう。

高透湿ウェア

防水素材には水も空気も通さない「不通気性加工」と、水は通さず空気は通す「通気性加工」の二種類があります。通常の防水構造だと不通気性加工であることが殆どですが、激しい運動で全身に汗をかくスノボーでウェアが空気を通さないとなると非常に着心地が悪くなります。

 

そこで重要になってくるのがスノボウェアの通気性加工です。代表的なものがGORE-TEX(ゴアテックス)で、水の侵入を防ぎつつ空気は通してくれるのでボーダーにとって非常に都合の良い優秀な素材となっています。このような効果を持つ生地を「透湿性素材」といいます。

 

透湿性は「g/m2/24h」の単位で表記され、生地1㎡あたり24時間でどのくらいの水蒸気量を排出するかという意味です。10000gであれば1㎡あたり24時間で約20kgの汗を外に出す能力があるという意味です。スノボウェアにおいては10000mgは欲しいところです。

利便性で選ぶ

スノボーには滑走だけでなく、平面を移動したりリフトに乗ったり室内で休憩したりと様々なシチュエーションが存在します。スノボウェアに付いていると便利な機能をいくつか紹介します。

付属機能付きウェア

スノボを楽しむには板・ブーツ・ウェア・手袋・ゴーグル・帽子などいろいろな道具が必要です。そして滑っている最中も携帯、小銭、リフト券など持ち物は多いものです。バックパックを背負ったまま滑走を楽しむ方も増えましたが、ウェアに色々収納できると助かりますね。

 

スノボウェアを選ぶ際には細かい機能もチェックした方が良いでしょう。特にファスナーが付いておりモノを落としにくいポケットは貴重品を入れるのに重宝しますので、最低一つは備えているものを選びましょう。できれば複数、使いやすい場所に付いているウェアがベストです。

 

また必ず必要になるのがリフト券ケースです。こちらも落としにくい構造でかつ取り出しやすい場所に付いているものを選びましょう。ほかにも携帯を収納できるモバイル対応ポケットや、ゴーグル・手袋の専用ポケットもあると便利です。

フード付きウェア

ファッションにおいて首周りは特に視線がいく場所で、ネクタイやマフラー・ストールなどでいかにボリュームを加えて全体のバランスを整えていくかは重要なポイントです。パーカーやアウターなどトップスにフードが付いているとそれだけでアクセントになりますよね。

 

スノボウェアではフードはそのようなファッション性の要素も強いですが、天候が変わりやすいゲレンデでは吹雪や雨風を防ぐのに役立ちます。悪天候時にフードをかぶればニットも濡れませんし、高度があり風がつよいリフト上でも重宝しますね。

 

インナーパーカーのフードでも代用できなくはないですが水に強いウェア素材のフードの方が安心ですね。ただし視界と音の入りが少し悪くなりますので被ったまま滑走するときは周囲に注意する必要があります。ヘルメットを着用される方は大きめのフード付きを選ぶと良いでしょう。

デザインで選ぶ

ウェアといっても結局はアパレルですので最終的には自分の好みで選ぶのがよいでしょう。ですがデザインやカラーには、ファッションという目的以外にも意味を成す場合があります。

カラフルウェア

スノボウェアを初めて購入する方は、店内に揃えられた商品の派手さに驚くことでしょう。原色や蛍光系で発色が良いものが多く、普段の街歩きファッションの感覚では着こなすイメージが出来ずなんとなく地味で無難な色を選んでしまう方も多いのではないでしょうか。

 

しかしゲレンデでのファッションは派手なほど自然です。都会の街での色彩感覚とは異なる白銀世界では、地味なスノボウェアでは逆に目立ってしまうほど明るいカラーの服装の方が多いです。ショップでみたときに、メチャクチャな色の組み合わせと感じるくらいが普通です。

 

また安全面から考えても目立つ色の方が良いでしょう。コース外に転落または深い雪に埋もれてしまったり接触事故により自力で動けなくなってしまったなどの万が一の状況のためにも、他人に発見されやすいよう雪面に映える暖色系(赤・オレンジ・黄色)が理想です。

つなぎ型ウェア

上でも述べたようにスノボーはとにかく必要な道具が多いスポーツです。あらゆる状況に備えてたくさんの種類のアイテムを揃えて持っていくより、なるべくシンプルに持ち物の数を減らしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめなのが最近増えてきているつなぎ型のスノボウェアです。トップスとボトムスが繋がっているので、持ち物も減りますし上下の色の組み合わせを考える必要もありません。また上下ワンセットになっているためお腹周りから雪が入らないのも嬉しいですね。

 

そのうえ肩で全体を支えるのでウェストを強めに絞る必要がなく動きやすくなります。1シーズンに何十回も滑りに行くような方で、ファッション性よりも純粋に滑りやトリックを楽しむために使い勝手の良さを追求する方におすすめです。

メーカーで選ぶ

スノボウェアはファッションとしての意味合いもあり、ブランドによってデザインは大きく異なります。自分のスタイルに合ったブランドをまず選ぶのも良いでしょう。

BURTON(バートン)

バートンスノーボードは米国バーモント州に本社を置く、スノーボード用品の製造販売会社です。1977年ジェイク・バートン氏によって設立され、現在のスノボ業界では日本国内でも知らない人はまずいないと言われるほどの定番の老舗ブランドになっています。

 

スノボに関するあらゆるアイテムを取り扱っており、安定した品質は多くのボーダーから高く信頼されています。ファンも多くスノボ用品一式をバートンで揃えるかたも珍しくありません。そんなバートンのスノボウェアは商品数が多いので、自分に合ったものを見つけやすいです。

 

様々なタイプ・デザインが用意されており、納得いくまでスノボウェアを吟味することができます。価格としてはミドルよりやや上といったクラスですが、クォリティは値段以上と実感できるでしょう。スノボ初心者にも自信をもっておすすめできる王道メーカーです。

HOLDEN(ホールデン)

ホールデンは2002年、プロスノーボーダーであるMikey Leblanc氏とデザイナーのScott Zergebel氏によって立ち上げられたブランドです。環境に配慮しながら、ファッション性と機能性を兼ね備えたプロダクトを生み出すことをコンセプトとしています。

 

ゆったりとしたシルエットのスノボウェアが多い中で、ホールデンのウェアはフィット感の良いタイトなフォルムが特徴です。ラインがキレイに見えるデザインがホールデンの良さなので、他とは一味違った細身のスタイルでスノボを楽しみたいという方におすすめです。

 

近年(2017-2018)のアウターウェア・アパレルは、最高品質の素材を用いながらも出来る限り環境への負荷を軽減し、高い耐候性を持ったデザインを行うという企業目標を実現しています。高品質かつ個性的なウェアをお探しの方にぴったりのブランドです。

686(シックスエイトシックス)

686は米国カリフォルニア州において、1992年デザイナーのマイク・アキラ・ウェスト氏によって設立されました。ブランドネームはアキラ氏自身の記念日から来ており、自分の家族や仲間を大切にする思いが反映された686は日本でも「ロクハチ」と呼ばれ親しまれています。

 

ロスのダウンタウンで育ったアキラ氏のアーティストセンスと、スノボに対する情熱が込められた686のウェアはストリート系のカジュアルなスタイルが中心となっています。アグレッシブなデザインから落ち着いた印象のウェアまで幅広く取り扱っています。

 

現在では全米でトップ3に入るほどのコアユーザーから高い人気を誇っています。ファッション性に優れているだけでなく動きやすさや丈夫さにも配慮された設計が、日本国内においても多くの若年層スノーボーダーから支持されている要因となっています。

スノボウェアの人気ランキング10選

第10位

SULLENS

スノーボードパーカー

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーション豊富で撥水

シンプルな2色切り替えがオシャレなこちらはパーカータイプのスノボウェアです。アウターの内側にインナーウェアとして着用しても良いですし、身体が温まってきたらパーカー1枚で滑ることも可能です。全40色の豊富なカラー展開も嬉しいですね。

 

撥水性能もありますので、少量の水分なら染み込む前に弾いてくれます。価格もお手頃なので色違いで複数持っていても重宝するでしょう。

サイズXS-XLカラー40色
防水性-透湿性-
第9位

BLAN

purplecow スノーボードパーカー

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3層フィルム入りのボンディング生地

総柄模様がオシャレなこちらは、3層ボンディング素材で防風防寒性に優れたスノボパーカーです。レインウェアなみの耐水性を備えていますので、悪天候や転倒時などで水に濡れてもストレスなく滑走に集中できます。身体が温まってきたらアウターなしでも滑れます。

 

スノボ以外の用途として、バイクウェアでも使えるとレビューでも好評です。

サイズS-XXLカラー12色
防水性30000mm透湿性-
第8位

686 SIXEIGHTSIX

スノーボードパーカー

価格:7,776円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気米国ブランドのフリースパーカー

雪面に映える真っ赤なカラーのこちらは、通称「ロクハチ」のパーカータイプのスノボウェアです。DWR(耐久性撥水)加工を施しているため、水を弾き長期間の着用に耐えられる丈夫な作りになっています。袖口はサムホール(指穴)型になっています。

 

ジャケットのインナーとしてはもちろん、春先のゲレンデではパーカー1枚でも過ごせる機能性とデザイン性を兼ね備えています。

サイズS-XLカラー1色
防水性-透湿性-
第7位

APTRO(アプトロ)

レディーズ スノーボードパンツ

価格:8,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能&オシャレなスノボパンツ

華やかでどことなく和を感じさせるこちらのパンツは、レディースのスノボウェアです。デザイン性に優れているだけでなく防水性・撥水性・透湿性を高い水準で備えており非常に機能的なアイテムとなっています。悪天候でも安定したパフォーマンスを発揮できます。

 

ハイセンスが柄モノなのでトップスはシンプルなものと組み合わせると全体のコーディネイトが上手くまとまるでしょう。

サイズXS-Lカラー1色
防水性10000mm透湿性10000g
第6位

Burton(バートン)

ZEROIN JACKET

価格:9,525円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファー付きのレディースウェア

パンツに合わせやすい二色切替えのシンプルなデザインとファー付きのフードがおしゃれなこちらは、レディースのスノボウェアです。内部に搭載されたメッシュライナーがウェア内部の熱気を放出してくれるので、快適な着心地が長時間持続します。

 

バートンらしく細部にまで品質にこだわった、スタイリッシュなジャケットです。

サイズS-Lカラー2色
防水性10000mm透湿性5000g
第5位

クロスオーバー

スノボー ウェア

価格:16,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カジュアルな男女兼用ジャケット

大胆な切替え模様と優しい色合いが特徴のこちらは、ユニセックスデザインのスノボウェアです。防水生地にテフロン撥水加工を施してありますので水に強く、それでいてフィルムを内蔵することにより通気性も確保している優れものです。

 

男女どちらでも着用できるようシルエットはやや細めなので、スタイリッシュにライディングを楽しめます。

サイズS-XLカラー3色
防水性10000mm透湿性-
第4位

APTRO(アプトロ)

スノーボードウェア

価格:12,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能なメンズジャケット

寒色系の総柄がクールなこちらは、フード付きの高機能スノボウェアです。高い耐水性と透湿性を備えており、悪天候や長時間の着用でも快適な着心地を持続できる優れたメッシュ生地を使用しています。複雑なデザインながら全17色のカラー展開も嬉しいですね。

 

やや大きめとのレビューが多いので、普段の1-2サイズ下を選ぶことをおすすめします。

サイズXS-XLカラー17色
防水性10000mm透湿性15000g
第3位

BURTON バートン

スノーボードウェアワンピース

価格:27,216円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つなぎタイプのメンズウェア

モノトーン調の総柄がおしゃれなこちらは、つなぎ型のスノボウェアです。防水性・透湿性に優れている上に速乾性の高いレイヤー素材を使用しているので、快適な着心地を維持したまま長時間のライディングが可能となっています。

 

ワンピースという名称ですがメンズウェアで、シンプルな単色カラーバージョンもあります。

サイズS-Mカラー2色
防水性10000mm透湿性5000g
第2位

Burton(バートン)

スノーボードウェア

価格:18,852円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バートン定番のメンズジャケット

豊富なカラーバリエーションとデザインが揃っているバートンのスノボウェアです。シンプルなデザインなので流行に左右されず、耐水性を含めて丈夫に作られていますので長期にわたって着用することが可能です。

 

ラインナップが多いのできっと良いデザインが見つかるでしょう。

サイズXS-XLカラー13色
防水性10000mm透湿性10000g
第1位

HOLDEN

スノーボードパンツ

価格:69,779円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能なタイトウェア

シンプルなデザインのこちらは、細身シルエットのメンズスノボウェアです。高品質かつスタイリッシュなスノボアパレルを展開するブランド「ホールデン」のパンツで、ストレッチ素材を織り交ぜたポリエステル生地が高い柔軟性と防水性を実現しています。

 

少々お値段は張りますが、一本持っておくと今後のスノボーライフの質が大きく向上するでしょう。

サイズ-カラー1色
防水性15000mm透湿性10000g

スノボウェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4969631の画像

    HOLDEN

  • 2
    アイテムID:4969601の画像

    Burton(バートン)

  • 3
    アイテムID:4969566の画像

    BURTON バートン

  • 4
    アイテムID:4969515の画像

    APTRO(アプトロ)

  • 5
    アイテムID:4969487の画像

    クロスオーバー

  • 6
    アイテムID:4969460の画像

    Burton(バートン)

  • 7
    アイテムID:4969430の画像

    APTRO(アプトロ)

  • 8
    アイテムID:4969414の画像

    686 SIXEIGHTSIX

  • 9
    アイテムID:4969405の画像

    BLAN

  • 10
    アイテムID:4969392の画像

    SULLENS

  • 商品名
  • スノーボードパンツ
  • スノーボードウェア
  • スノーボードウェアワンピース
  • スノーボードウェア
  • スノボー ウェア
  • ZEROIN JACKET
  • レディーズ スノーボードパンツ
  • スノーボードパーカー
  • purplecow スノーボードパーカー
  • スノーボードパーカー
  • 特徴
  • 高機能なタイトウェア
  • バートン定番のメンズジャケット
  • つなぎタイプのメンズウェア
  • 高性能なメンズジャケット
  • カジュアルな男女兼用ジャケット
  • ファー付きのレディースウェア
  • 高機能&オシャレなスノボパンツ
  • 人気米国ブランドのフリースパーカー
  • 3層フィルム入りのボンディング生地
  • カラーバリエーション豊富で撥水
  • 価格
  • 69779円(税込)
  • 18852円(税込)
  • 27216円(税込)
  • 12998円(税込)
  • 16200円(税込)
  • 9525円(税込)
  • 8998円(税込)
  • 7776円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 2999円(税込)
  • サイズ
  • -
  • XS-XL
  • S-M
  • XS-XL
  • S-XL
  • S-L
  • XS-L
  • S-XL
  • S-XXL
  • XS-XL
  • カラー
  • 1色
  • 13色
  • 2色
  • 17色
  • 3色
  • 2色
  • 1色
  • 1色
  • 12色
  • 40色
  • 防水性
  • 15000mm
  • 10000mm
  • 10000mm
  • 10000mm
  • 10000mm
  • 10000mm
  • 10000mm
  • -
  • 30000mm
  • -
  • 透湿性
  • 10000g
  • 10000g
  • 5000g
  • 15000g
  • -
  • 5000g
  • 10000g
  • -
  • -
  • -

まとめ

スノボウェアはネットショップでもラインナップが豊富で簡単に購入することができます。しかしサイズはもちろんのこと、生地の素材感や発色の具合などは実際に見てみないと分かりません。やはり身に着けるものは出来る限り実物を確認してから注文する方が良いでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ