記事ID136215のサムネイル画像

【小物でオシャレに】メンズの人気マフラーのおすすめランキング10選

普段のコーディネートのアクセントにも使えるマフラーは、メンズファッションに取り入れたい小物の一つです。ですが、意外と自分に似合うマフラーを選ぶのは難しいもの。そこで、今回は口コミで人気のおすすめのメンズマフラーをランキング形式でご紹介したいと思います。

マフラーを巻くだけでおしゃれになれる

男性が取り入れやすい冬のファッション小物と言えば、マフラーですよね。マフラーは暖かさだけではなく、ファッションを華やかにしてくれるオシャレアイテムでもあります。実際、雑誌などでも、おしゃれな人は上手にマフラーを使いこなしていますよね。

 

マフラーと一言でいっても、素材や柄などによって使い勝手や、相手への印象は大きく変わってきます。なので、あの人がしているから自分も!という安易な考えはよくありません。マフラーを選ぶ時は、しっかり自分に合ったものを選ぶのが、おしゃれへの近道なんです。

 

ですが、マフラーはどんなものを選べばいいのか、悩んでしまう男性も多いですよね。今回は、口コミで人気の高いメンズマフラーをランキング形式で紹介しています。是非、あなたに合った最高のマフラーを見つける参考にしてくださいね。

メンズのマフラーの選び方

マフラーを選ぶ時は、一定の基準を持っておくことが大切です。特に、生地・柄・色の3点は、マフラーを選ぶ時に絶対に見ておかなくてはならないところ。ここでは、その3点について詳しくご紹介したいと思います。

生地から選ぶ

マフラーは肌に直接触れるものなので、生地にこだわりたい人も多いですよね。マフラーによく使われる素材の特徴を押さえて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

カシミヤ

高級織物として有名なカシミヤは、カシミヤ山羊という種類の山羊の毛から作られています。カシミヤ山羊は生息数が非常に少なく、年間に1頭からとれる毛の量が一般的な羊の10分の1程度しかないため、希少価値の高さから「繊維の宝石」とも呼ばれています。

 

そんなカシミヤ山羊ですが、非常に寒いところで暮らしているため、毛が羊毛よりも細長く、しっとりとした柔らかい肌触り、美しい光沢、そして保温力・保湿力に非常に優れているという特徴があります。

 

デリケートな織物ですので、定期的にケアが必要にはなりますが、大切に使えば永く使い続けることが出来るのもカシミヤの魅力でしょう。ファーマルにも堂々と使えるアイテムですので、大人の男性なら是非一つは持っておきましょう。

ウール

羊の毛から作られた織物であるウールは、マフラーの他にも、ニットやセーターなど寒い季節の洋服によく使われる繊維です。染色しても色落ちしにくいので、いろんな色で楽しむことが出来ます。

 

羊の種類によって多少変わりますが、保湿力と保湿性が高くもこもことした厚みがあるのが特徴です。また、カシミヤよりも安価な価格帯で、しわになりにくく型崩れもしにくいので、おおざっぱな性格の男性でも気を使わずに使用することが出来るのも大きなメリットでしょう。

 

そんなウールのマフラーですが、人によってはチクチクしてしまうというデメリットもあります。特に顔周りは皮膚が薄いため、すこしの刺激でも気になってしまうものです。心配な人は試着してから購入するか、口コミの情報をしっかりと集めたうえで購入するようにしましょう。

アンゴラ

アンゴラも、よくマフラーに使われる天然繊維です。トルコのアンゴラ地方原産のアンゴラうさぎの毛を使った織物で、取れる量が少ないため希少性が高く、ウールなどに比べるととても高価な織物になります。

 

アンゴラうさぎの毛は細長くふわふわです。そのため、アンゴラを使ったマフラーは、軽くて絹のようになめらか、柔らかい、保温性が高いといった特徴があります。アンゴラ100%の編み物は少なく、ウールやアクリルなど、他の繊維と混紡されることが多いのも特徴です。

 

そんなアンゴラですが、水で洗うと縮んでしまうため、基本的に水洗いはNGな素材になります。自宅でドライクリーニングするか、面倒な方はクリーニングに出すようにしましょう。また、アンゴラは虫やカビ被害にあいやすいため、防虫剤や除湿剤でのケアも大切です。

モヘア

モヘアは、アンゴラ山羊の毛から作られる、ふわふわの質感が魅力の織物です。独特の毛足の長さが特徴で、マフラーの他には、畔編みなどのざっくりとしたゲージの少ないニットによく使われています。

 

モヘアにはウールのように毛に縮れ(クリンプ)がありません。そのためウールのような伸縮性はありませんが、きれいに繊維を編み込んでいけるため、空気を含みやすくなり、断熱性と保温性が高くなります

 

そんなモヘアのデメリットは、毛足が長く毛が抜けやすいことです。特に、黒い洋服の上からモヘアのマフラーを巻いてしまうと、外した時に毛がごっそりついて目立ってしまいます。気になる方は、同系色のトップスを組み合わせるなどの対策を取りましょう。

柄から選ぶ

マフラーを選ぶ時に大切になってくるのが「柄」です。好みが分かれる部分なので、自分の好きな柄を迷わず選ぶのももちろんOK。ファッションテーマによって柄を使い分けできると、さらにおしゃれの幅が広がりますよ。

無地

誰もが持っている、定番中の定番のマフラーと言えば「無地」のマフラーです。スーツなどのフォーマルなシーンから、デニムに合わせたカジュアルなファッションまで幅広く使うことが出来る、オールマイティな一本と言えますね。

 

特に無地のマフラーが映えるのは、洋服に柄物のアイテムをよく使う男性です。目立つ柄物のアイテムを使う場合、他のアイテムは主役の邪魔にならないものを選ぶのがファッションの原則。そう言ったことから、無地のマフラーは主役を引き立てる名脇役になるのです。

 

シンプルなファッションに無地のマフラーを合わせても、大人のシックな印象を与えることが出来ます。ただ、その反面すこし単調な印象も与えてしまうことも。そんな時は、マフラーの巻き方を変えてみるのもおすすめ。それだけで雰囲気が変わって、新鮮な印象になりますよ。

チェック

「チェック」もマフラーの定番の柄ですよね。一見女性っぽい柄ですが、実は男性からの人気も高いのがチェック柄なんです。カラーバリエーションが広く、色々なコーディネートで使えるため、有能なアイテムとして選ばれることが多いのです。

 

そんなチェック柄のマフラーがよく似合うのは、ごちゃごちゃした柄物は使わない、シンプルなコーディネートを好む男性です。チェック柄のマフラーは存在感があり目立ちやすいので、シンプルなコーディネートのスパイスとして、全体の雰囲気をうまくまとめてくれます。

 

また、意外と迷いやすいのが色選びですよね。王道カラーならまず問題ないと思いますが、上品で大人っぽい印象を与えたい場合は緑や黒やベージュ、ファッションのアクセントにする場合は赤、優しい雰囲気を演出したい場合はグレー系を選ぶと失敗が少ないでしょう。

ストライプ、ボーダー

ストライプやボーダーもマフラーによく使われる柄なので、使ってみたい男性も多いですよね。ストライプは見た目が上品でスマートな印象を与えてくれますし、縦に長いことから背がすらっと高く見えたり、足が長く見えると言った男性にとっては嬉しい効果もあります。

 

一方、ボーダー柄の印象は、若々しい可愛さです。相手に可愛い印象を持ってもらいたいときにはピッタリですが、反面、子どもっぽさが出すぎてしまう場合もあります。大人の男性なら、太いボーダーよりも細めのボーダーを選んだ方が無難かもしれません。

 

また、ボーダーやストライプはコーディネートにも注意が必要です。例えば、ボーダーのトップスにストライプのマフラーを合わせてしまうと、なんとなくお菓子な印象になることが多いです。迷った時は、無地柄の洋服と組み合わせると失敗しにくいでしょう。

色から選ぶ

「色」もマフラーを選ぶ時に外せないポイントですよね。間違った色選びをしてしまうと、どこかちぐはぐとした感じが出てしまいます。ファッションを上手にまとめるためにも、色選びは重視するようにしましょう。

モノトーン系のカラー

白や黒、グレーなどモノトーン系のカラーは、シンプルなカラーで着回し力があるので、どんな男性でも手軽にファッションに取り入れやすいのが特徴です。特に、おしゃれを勉強中の男性や、普段のコーディネートに一つアイテムをプラスしたい男性などにおすすめです。

 

黒や、黒に近いダークグレーのマフラーはシンプルで合わせやすく、相手に落ち着いた大人っぽい印象を与えます。反対に、可愛く明るいイメージにしたい場合は、白やライトグレーのマフラーを選ぶといいでしょう。

 

モノトーン系のカラーはどんなファッションでも合わせやすいのがメリットですが、場合によっては単調な印象を与えてしまう場合もあります。全身がモノトーンにならないよう、どこかに明るい色を入れたり、差し色を持ってくると全体の調和がとれますよ。

暖色系

赤やオレンジなどの赤系統の色は、なんとなく柔らかい印象を与えてくれる暖かい色味です。そんな暖色系のマフラーを身に着ける男性からは、明るくて元気な印象が漂うため、相手に良いイメージを持ってもらえるという効果もあります。

 

また、元気=若いというイメージもありますよね。暖色系の色味は、若さをプラスしてくれるため、ファッションがおじさん臭くなってしまう男性や、実年齢よりも若く見られたい男性にもおすすめです。

 

色の落ち着いた暖色系のマフラーは、どんなコーディネートにも似合いやすく、初心者が使いやすいアイテムです。一方、明るめの暖色系は、コーディネートにパンチを与える上級者向けアイテム。トップスとの兼ね合いに注意することで、ハイセンスなファッションを楽しめます。

寒色系

寒色系のカラーの代表は、青やパープルといった、どちらかと言うと少し冷たい感じのする色です。暖色が相手に元気な印象を与えるのに対して、寒色系のカラーは清潔感や落ち着き、優雅さなど、上品な印象を与えるのが特徴です。

 

そんな寒色系のマフラーを身に着けた男性からは、上品なオシャレが楽しめる、ハイセンスな男性という印象が漂います。その分、コーディネートに気を使う必要があるのもこちらのカラーの特徴です。

 

例えば、トップスやアウターが暖色系の場合、寒色系のマフラーを合わせるとちぐはぐ感が出てしまいます。あえてそう言うファッションを楽しむ人はいいですが、そうでない場合は黒やグレーなどのアースカラーを合わせるか、同じ寒色系の色味で統一するのがおすすめです。

おすすめのメンズマフラーのランキング10選

第10位

ポールスミス

マフラー

価格:7,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018年秋冬のシンプル無地マフラー

ポールスミスと言えば、男性から特に人気が高いブランドですよね。そんなポールスミスでは、マフラーも人気のアイテムのひとつ。特にシンプルなこちらの無地のマフラーは、男女兼用で使えるため、カップルで共有する人も多いんです。

 

おなじみのPoul Smithのロゴがワンポイントで刺繍されており、こちらのブランドと言うのが一目でわかるのも、好きな方にはたまりませんよね。幅が狭めのデザインなので、巻きやすく扱いが簡単なところが口コミで人気となっています。

 

カラーバリエーションは黒、ダークグレー、ライトグレー、キャメル、ネイビー、ボルドーの6色展開です。使いやすい色ばかりなので、色々なコーディネートで着回しできるもの魅力ですね。進学祝いや就職祝いのプレゼントにしたと言う人にもおすすめです。

無地素材ウール100%
25cm長さ174cm
第9位

RALPHLAUREN

2018年秋冬 新作マフラー

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のPOLOの2018秋冬マフラー

人気のファッションブランドPOLO RALPH LAURENからはマフラーも販売されています。ユニセックスで男女兼用なので、おそろいでコーディネートすることもできます。番のポニー刺繍はマルチカラーでワンポイント感があり、おしゃれな印象を与えますね。

 

このマフラーはバージンウールと言う、初めて毛刈りされる羊からとれる毛で作られています。バージンウールで作られた衣類は「一生もの」と言われるほど丈夫で、保温に優れ防水効果も高いんです。そんなバージンウールを100%使ったのが、このアイテムなんです。

 

シンプルなデザインなので、普段のカジュアルコーデから、通勤のスーツコーデまで幅広く使えるのもこちらのアイテムの魅力です。ラルフローレンは男性人気も高いブランドなので、さりげなく見えるロゴも、おしゃれさをアップさせてくれますよ。

無地素材ウール100%
35cm長さ165cm
第8位

Cashmee

グラデーションボーダー リバーシブル マフラー

価格:7,870円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グラデーションがハイセンスなマフラー

無地はシンプルで使いやすいのが魅力ですが、単調で味気なく感じてしまう人も少なくありませんよね。そんな時におすすめなのが、表面がストライプ調にグラデーションになった、Cashmeeのリバーシブルのマフラーです。

 

ユニセックスのデザインなので、男性でも女性でも着用可能。さらに、デザイン性はありますが一見とてもシンプルなデザインですので、普段のカジュアルなコーディネートはもちろん、通勤中のスーツスタイルにもよく似合います。

 

こちらのアイテムは、イギリス・フランス向けの商品ということもあって、日本のものよりも生地が薄めと感じる人もいるようです。ただ、口コミでは生地の薄さに反して暖かさを評価している声が多く、使っていくうちにふわふわと柔らかくなるのも魅力のようです。

ストライプ素材カシミヤ100%
30cm長さ154cm
第7位

BUYER

リバーシブル マフラー

価格:9,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2つの表情で使えるリバーシブルマフラー

表面も裏面も両方メインで使える、リバーシブルの無地柄もとても使いやすいアイテムです。一枚で違った表情が楽しめ、巻き方によってさらにバリエーションが広がるのもうれしいですよね。ワントーンの無地柄がもう一枚欲しいという人にもおすすめです。

 

こちらのアイテムは、カシミヤの中でも特に質が良いと言われる内モンゴル産のカシミヤが使われているため、暖かく、柔らかい触り心地が魅力です。また、裏面に使われているグレーが落ち着いた暗めの色なので、明るい表面と合わせても派手になりすぎません。

 

6色展開で、シンプルな黒×グレーやライトグレー×グレーはどんなスタイルにもマッチします。また、ワインレッド×グレーやブルー×グレーは上級者向けが多いですが、こちらは落ち着いた色味なので、初心者でも取り入れやすいのも嬉しいポイントですね。

無地素材カシミヤ100%
33cm長さ180cm
第6位

ROCOCO

マルチボーダーブークレマフラー

価格:1,587円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いボーダーでオシャレ男子に変身

きれいなボーダー柄が目を引くこちらのアイテムは、シンプルなボーダー柄よりも個性的なものが欲しい男性におすすめです。メイドインフランスで、日本ではあまり見かけないデザインが魅力的ですよね。

 

こちらのアイテムの一番のポイントは、色々な素材が使われていること。ウールやモヘアの独特の風合いが程よく含まれ、さらに毛糸の長さも一律ではなく、毛足の長いものからカールしたブ―クレイとまでさまざまで、とても個性的なデザインです。

 

カジュアルなスタイルにも自然に溶け込みますし、普段シンプルなモノトーンコーデが多い人なら、コーディネートの主役になってくれます。アウトドアファッションにもマッチするので、ハイキングや登山などが趣味の人にもピッタリですよ。

ボーダー素材モヘア9% ウール5% 他
24cm長さ176cm
第5位

SCOTTISH TRADITION

ウール アンゴラ チェックマフラー

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗ブランドの定番チェック

イギリスの老舗ブランドSCOTTISH TRADITIONで長年人気の定番マフラーと言えばこちらのチェック柄です。こちらのアイテムはウールとアンゴラを肌触りが良い絶妙な割合でブレンドした「ラモーラ」で、柔らかい肌触りで軽くて暖かいのが魅力です。

 

シンプルなカラーバリエーションで、とにかく定番のチェック柄を持っておきたいという人におすすめ。個人差はあると思いますが、チクチク感が少ないと言う口コミもあり、着け心地のいいラモーラをお探しの方にもいいでしょう。

 

長さは150cm程度なので、そのままの長さでベーシック巻きするのもいいですし、半分に折ってワンループ巻きしても長くなりすぎません。最近トレンドの長いマフラーは使いこなせないという人にも使いやすいと言えますね。

チェック素材ウール75% アンゴラ25%
30cm長さ150cm
第4位

JOHNSTONS

大判カシミヤ 無地マフラー

価格:26,799円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジョンストンズの大判、定番の無地マフラー

創業から200年以上、マフラーやスカーフの生産を続けている、スコットランドの老舗であるジョンストンズは、世界中に多くのファンがいる人気のブランド。その人気は地元イギリスで特に高く、イギリス王室御用達ブランドの認定を受けているほどです。

 

そんなハイブランドのジョンストンズで、一枚は持っておきたいのが定番の無地柄マフラーです。高価なカシミヤのみを厳選しているので保温力は抜群ですし、大判なので巻き方のバリエーションも豊富です。男女兼用でカップルで共有できるのも魅力ですよね。

 

こちらのアイテムは自分用だけではなく、大切な人へのプレゼントにもおすすめです。誕生日やクリスマス、お祝いの席など、特別な日のプレゼントにしても間違いありません。カラーバリエーションが豊富なので、性別や年齢、相手の好みに応じてカラーを選びましょう。

無地素材カシミヤ100%
70cm長さ190cm
第3位

JOHNSTONS

大判カシミヤ チェックマフラー

価格:31,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のジョンストンズの定番チェック柄

男性からも女性からも人気が高いジョンストンズのマフラーの中でも人気が高いのが、こちらのチェック柄です。縦70cm、長さ190cmと非常に大きいので、巻き方のアレンジが豊富で、寒い日はひざ掛けやカーディガン替わりにも使えます。

 

カシミヤ100%の柔らかい肌触りで、軽くて保湿力に優れています。口コミでも発色の良さやカラーバリエーションの広さ、上質な触り心地などが高い評価を集めています。また、男女兼用ですので、パートナーと一緒に使うのもいいですよね。

 

少し高価なイメージのあるジョンストンズは、大切な人や目上の人へのプレゼントとしてもおすすめです。相手の好きなカラーを選んであげるといいでしょう。もし色選びに迷った時は、年齢を問わず着用できる落ち着いたカラーが無難ですよ。

チェック素材カシミヤ100%
70cm長さ190cm
第2位

ノーブランド

カシミヤタッチのアクリルマフラー

価格:2,970円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カシミヤタッチでチクチクしないプチプラマフラー

ストライプ柄のマフラーで人気が高いのがこちらのアイテムです。男女兼用のユニセックスタイプなので、恋人やパートナーと兼用で使いまわせるのも嬉しいポイントです。3000円以下のプチプラなアイテムなので、手が出しやすいのも魅力ですよね。

 

素材はアクリル100%と人工繊維で作られていますが、触り心地はカシミヤタッチで柔らかいのが特徴です。口コミでも、本物のカシミヤには劣るものの、肌触りが良いということで高い評価を受けています。天然繊維はチクチクしてしまうという人にもおすすめですね。

 

カラーバリエーションも広く、落ち着いた色が多いのも選びやすいポイントです。定番のストライプ柄なので着回し力があり、一つ持っておくと便利です。初めてストライプ柄に挑戦したい人や、コーディネートの幅を広げたい人にもおすすめですよ。

ストライプ素材アクリル100%
28cm長さ166cm
第1位

BUYER

ピュア カシミヤ 100% マフラー

価格:7,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全20色で選びやすいカシミヤマフラー

第一位は、人気のカシミヤを100%使ったBUYERのマフラーです。男女兼用なので、恋人やパートナーと共有して使えるのもいいですよね。幅30cm×長さ170cmと少し大きめなので、巻き方によってアレンジできるのもオシャレポイントです。

 

また、こちらのアイテムの一番の魅力はなんといってもカラーバリエーションの広さです。全20色あり、黒や白、グレーと言った定番のモノトーンカラーから、赤、オレンジなどの暖色系、青、パープルと言った寒色系までそろっています。

 

さらに、チェリー、ターコイズ、レッドパープルと言った、おしゃれ上級者向けのカラーも用意されているのもポイント。カシミヤ100%で1万円以下と言うプチプラなので、色違いでそろえるのもおすすめですよ。

無地素材カシミヤ100%
30cm長さ170cm

マフラーメンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4979553の画像

    BUYER

  • 2
    アイテムID:4979619の画像

    ノーブランド

  • 3
    アイテムID:4979684の画像

    JOHNSTONS

  • 4
    アイテムID:4979706の画像

    JOHNSTONS

  • 5
    アイテムID:4979922の画像

    SCOTTISH TRADITION

  • 6
    アイテムID:4979981の画像

    ROCOCO

  • 7
    アイテムID:4980009の画像

    BUYER

  • 8
    アイテムID:4980223の画像

    Cashmee

  • 9
    アイテムID:4980240の画像

    RALPHLAUREN

  • 10
    アイテムID:4980888の画像

    ポールスミス

  • 商品名
  • ピュア カシミヤ 100% マフラー
  • カシミヤタッチのアクリルマフラー
  • 大判カシミヤ チェックマフラー
  • 大判カシミヤ 無地マフラー
  • ウール アンゴラ チェックマフラー
  • マルチボーダーブークレマフラー
  • リバーシブル マフラー
  • グラデーションボーダー リバーシブル マフラー
  • 2018年秋冬 新作マフラー
  • マフラー
  • 特徴
  • 全20色で選びやすいカシミヤマフラー
  • カシミヤタッチでチクチクしないプチプラマフラー
  • 人気のジョンストンズの定番チェック柄
  • ジョンストンズの大判、定番の無地マフラー
  • 老舗ブランドの定番チェック
  • 可愛いボーダーでオシャレ男子に変身
  • 2つの表情で使えるリバーシブルマフラー
  • グラデーションがハイセンスなマフラー
  • 人気のPOLOの2018秋冬マフラー
  • 2018年秋冬のシンプル無地マフラー
  • 価格
  • 7200円(税込)
  • 2970円(税込)
  • 31800円(税込)
  • 26799円(税込)
  • 10584円(税込)
  • 1587円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 7870円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 7580円(税込)
  • 無地
  • ストライプ
  • チェック
  • 無地
  • チェック
  • ボーダー
  • 無地
  • ストライプ
  • 無地
  • 無地
  • 素材
  • カシミヤ100%
  • アクリル100%
  • カシミヤ100%
  • カシミヤ100%
  • ウール75% アンゴラ25%
  • モヘア9% ウール5% 他
  • カシミヤ100%
  • カシミヤ100%
  • ウール100%
  • ウール100%
  • 30cm
  • 28cm
  • 70cm
  • 70cm
  • 30cm
  • 24cm
  • 33cm
  • 30cm
  • 35cm
  • 25cm
  • 長さ
  • 170cm
  • 166cm
  • 190cm
  • 190cm
  • 150cm
  • 176cm
  • 180cm
  • 154cm
  • 165cm
  • 174cm

まとめ

いかがだったでしょうか?ここでは、メンズのマフラーの選び方と、おすすめのマフラーをランキング形式で紹介しました。マフラー一つで男性のファッションの印象は大きく変わるので、是非、普段のコーディネートに上手に取り込んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ