記事ID136207のサムネイル画像

【海の世界を楽しく】水中カメラの人気おすすめランキング10選

夏に海や川で水遊びは楽しいですが、水中の魚や貝を撮影できる水中カメラがあると、よりマリンスポーツを堪能できるでしょう。今回は「水中カメラの選び方・おすすめ水中カメラ10選」を紹介します。自分にぴったりのおすすめ水中カメラを探してみましょう。

水中カメラは夏のレジャーにぴったりアイテム

夏のシーズンに海や川に出かける人も多いでしょう。そんな時に便利な夏のレジャーアイテムと言えば水中カメラです。水の中にいる魚や貝等を見たり撮ったりすることができます。

 

通常のカメラと違って防水性になっている為、長時間・深海での撮影が可能です。といっても需要に応じて最近では数も増えており、その中から選ぶのはなかなか難しいでしょう。

 

そこで今回は「水中カメラの選び方・おすすめの水中カメラ」を紹介します。自分にぴったりの水中カメラをゲットして夏のレジャーを思う存分楽しみましょう。

水中カメラの選び方

数ある中から自分に合ったタイプの水中カメラを探すには、選び方の極意を学ぶことが大切です。失敗しないように、水中カメラの選び方を把握してから買うようにしましょう。

画質・ズームで選ぶ

海外旅行での海中撮影は、一生に一度の経験かもしれません。できるだけ画質にはこだわりたいものです。水中カメラ選びは画質とズームにこだわりましょう。

画質がキレイな光学式がおすすめ

水中の魚や貝・家族や友人の泳ぐ姿をカメラにおさめたいと思っても、素人ではなかなかキレイに撮影できないことも多いでしょう。海外旅行で撮ってきた写真や映像もぼやけていたのでは、せっかくの思い出が台無しです。

 

又、水の中ではどうしても手がぶれてしまって上手く撮れません。そんな時に便利なのが「光学式手ブレ補正カメラ」です。シャッターを切る前にセンサーが作動して、手ブレを防いでくれます。

 

若干価格が高くなってしまいますが、水中でもできるだけキレイに撮影・映像を残したいのであれば光学式はおすすめの水中カメラです。

価格を抑えた電子式も魅力的

水中でキレイに撮影できる光学式カメラは魅力的ですが、価格が高いタイプが多くて購入するか悩む人も多いでしょう。高画質で手ブレ補正しながらコストも下げたいという希望にマッチしたのが「電子式水中カメラ」です。

 

電子式水中カメラは、撮影した後にコンピューターで画質を補正してくれる特徴を持っています。補正といっても限度があり、光学式カメラと比べるとやや画質が劣ってしまうかもしれません。

 

しかし、予算内でできるだけキレイな画質撮影可能のカメラを探している人にはおすすめです。通常の防水カメラでは水流で手ブレが気になってしまいますが、補正してくれる分キレイに撮影できます。

光学ズームが高いカメラがより鮮明に撮影可能

デジカメのズーム機能には「光学ズーム」「デジタルズーム」があります。光学ズームは望遠鏡の仕組みと同様に、撮影の際にレンズが拡大するのです。

 

撮りたい写体をしっかりとキャッチして撮影する為、クリアな写真や映像が可能になります。一方、デジタルズームは撮影した後にコンピューターで画像修正を行うことになり、光学ズームよりも画質が落ちてしまうでしょう。

 

ズームで選ぶのであれば、光学ズームカメラがおすすめです。遠くにある写体に対してキレイに撮影できます。

機能性で選ぶ

ちょっと高い値でも、機能性に富んだ水中眼鏡は魅力的です。値段やデザイン性と照らし合わせながら、機能についてもしっかりチェックしておきましょう。

GPS機能が付いている

GPSとは、今いる位置情報を把握することができる便利な機能です。スマホで子供の位置情報を確認といった安全目的で使う親も増えており、今注目されている機能と言えるでしょう。

 

水中カメラにもGPSが搭載されていることで、撮影した写真や映像に座標を付けることができます。後日パソコンに取り込んだ時に表示されることで、どこで撮った写真や映像なのかが分かるのです。

 

せっかく撮ってもいつどこで撮影したのか忘れてしまっては、思い出も薄れてしまいます。機能性で水中カメラを選ぶのであれば、GPS搭載タイプを探すことも失敗しないポイントでしょう。

水中でも操作しやすいシンプル機能が理想的

あれやこれやと色んな機能があるのは便利ですが、水中では水圧の影響もあって思い通りに動かせないのが現状です。シンプルな機能はサッと操作しやすい点でも魅力的と言えるでしょう。

 

例えば操作ボタンが大きいと、水中でも見やすく押しやすくなります。あまりに複雑な操作では、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

又、水中で長時間泳いでいると体力を消耗する為、できるだけ操作が楽なタイプが理想です。スキューバダイビング等専用グローブをはめたままで操作がしやすいように、大き目ボタンでシンプルな操作ができる水中カメラを選びましょう

目的で選ぶ

数多くある中から水中カメラを選ぶには、どんな目的で使うのかが選ぶ最大のポイントになります。なぜ水中カメラを買いたいのか、もう一度確認してみましょう。

釣り目的なら小型タイプ

釣りの成果を上げる為に、水中カメラを使う人もいます。ルアーに付けて魚のかかりをチェックするのです。

 

この海にはどんな魚がいて、どんな餌にアタックしてくるのかを写真や映像を分析することができます。重量のあるカメラでは、重さで竿が折れてしまうかもしれません。

 

釣り撮影で使うのであれば、小型の水中カメラを選ぶことがポイントです。勿論、スキューバダイビング等でも長期間カメラを持っているのは疲れてしまう為、小型・軽量タイプを選びましょう。

深海で撮るならF値が小さいカメラがおすすめ

水面に近い海中は太陽の光が注いで明るいですが、深海になると辺りが薄暗くなってきます。せっかく撮影しても暗くて、何が映っているのか分からないなんて失敗もあるでしょう。

 

深海撮影をするのであれば「F値」に注目すべきです。F値とは明るさが関係しており、数値が小さい程明るい撮影ができます

 

スキューバダイビング等、深い海の中で撮影・映像を楽しみたい場合はF値が小さいカメラが選ぶポイントです。暗い場所でもノイズを気にすることなく撮れます。

 

 

SNSにアップするならアクションカメラ

最近流行りのSNSは、水中写真や映像をユーザーと共用するのに画期的な場所でしょう。できるだけ相手に感動を与えるような撮り方をするのであれば、アクションカメラが理想です。

 

コンパクトサイズで自転車やボディに付けやすく、防衝撃や防水カバーが徹底されていることでハードな動きにも問題なく使えます。基本機能は勿論のこと、豊富なオプションが揃っていることで容易にYoutubeアップのお手伝いをしてくれるでしょう。

 

例えば、iPhoneで編集ができたりインスタグラムサイズにまとめたりと、結構面倒な動画編集も簡単です。水中撮影する機会が多い人はアクションカメラを選びましょう。

使う頻度で選ぶ

せっかく高値の水中カメラを買っても、あまり使い道がなければ無駄な買い物になってしまいます。使う頻度はどの水中カメラを選ぶかのバロメーターになるでしょう。

旅の思い出程度であれば使い捨てタイプで十分

海外旅行等で水中撮影する場合、たまに水中カメラを使うことになり使う頻度も少ないでしょう。機能性が高くて高価なカメラでは、勿体ないかもしれません。

 

特に機能にこだわらないのであれば、使い捨てタイプを選びましょう。逆に趣味の釣りやスキューバダイビングでよく水中カメラを使う場合は、使い捨てタイプではコスパが悪くなります

 

使い捨てといっても、最近は機能性も高くて使ってみる価値はあるでしょう。キレイな水中映像を撮る為にも、機能性の高い水中カメラを選びましょう。

レンタルタイプもあり

頻繁に使わなくても、ちょっとしたイベントで水中カメラを使いたい時には思い切ってレンタルサービスを利用しましょう。サービス会社にもよりますが、大体3泊4日で3,000~6,000円程度になります。

 

機能性も高く、自己購入したのでは高価なカメラをこの値段で借りれるのはお得でしょう。使い捨てタイプもありますが、機能性がやや劣ってしまう部分もあってできるだけキレイに撮りたい場合にぴったりです。

 

1度しか使わない水中カメラでも、色鮮やかな写真・映像を撮りたいこだわりさんはレンタルしてみましょう。きっとステキな思い出の1枚が出来上がるはずです。

水中カメラおすすめ10選

第10位

DROGRACE

IP68対応 30M防水キッズカメラ

価格:3,550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで持ち運びやすいキュートなキッズカメラ

イエロー・レッド・ブルーと子供が好きなカラフル迷彩デザインのキュートなキッズカメラになります。環境に優しい素材を利用していることで、子供でも安心して使うことができるでしょう。

 

おもちゃのようなデザインながら、落としても壊れにくいしっかりした作りがママさんの間でも人気があります。軽量ボディは持ちやすく、水中で泳いでいる時も撮影可能です。

 

ただし、カメラには内部メモリがない為、写真や映像を撮影する時はメモリーカードを挿入しなければいけません。コンパクトサイズで持ちやすく、海や川のウォーターレジャーにも山登り等のアウトドアにもぴったりです。

画素数500万画素防水性IP65
防水深度30m耐寒性能なし
第9位

オリンパス

STYLUS TG-4

価格:1,189,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミクロ撮影可能な水中カメラ

水深15mで使える為、スキューバダイビング用として重宝する水中カメラです。マリンスポーツだけでなく山登り等を楽しむ際にも十分機能してくれるでしょう。

 

どんなシーンでもブレずに安定した高画質が望め、顕微鏡モードにすると普通の肉眼では見えにくいミクロの撮影が可能です。暗い所でも自動調整によって、適度な明かりでキレイに映します。

 

防塵・耐衝撃・耐荷重・耐低温があり、モトクロスバイク・スキューバダイビング・スカイダイビング・登山とハードスポーツのお供になってくれるでしょう。

画素数1600万防水性あり
防水深度15m耐寒性能-10℃
第8位

リコー

WG-50

価格:26,368円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暗い所も夜景の眩しさも自動調整してくれる水中カメラ

水深14mに2時間の水中撮影ができると話題の水中カメラになります。水中だけでなく屋外でも使える万能カメラとしても重宝するでしょう。

 

陰になって暗い所も、夜景の眩しさも適度な調整によってキレイな映像に残してくれます。コンパクトで持ちやすいデザインは、水中でも疲れずにシャッターチャンスを狙えるのです。

 

又、高さ1.6mからの落下テストにも耐えられる構造は、アウトドア等にもぴったりマッチします。-10℃の寒さにも耐久可能で、ウインタースポーツ全般にもおすすめです。

画素数約1600万画素防水性IPX8
防水深度14m耐寒性能-10℃
第7位

JVCケンウッド

ビデオカメラ Everio R GZ-R470-H

価格:26,183円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マリンスポーツ・ウインタースポーツ対応の水中ビデオカメラ

撮影シーンに合わせて、カメラが自動で最適な状態に設定してくれるビデオカメラになります。連続しておよそ4時間40分使える長時間内蔵バッテリーが魅力的です。

 

光学40倍・ダイナミック60倍ズームで、しっかり被写体を捕らえてキレイな映像を提供します。手ブレ補正機能によって、どんな体勢でもクリーンなシーンを見逃しません。

 

-10℃まで耐えることができることから、海や川のマリンスポーツだけでなく冬のウインタースポーツにも重宝するでしょう。アイスグレーカラーは、スタイリッシュで水中でも目立ちません。

画素数229万画素防水性IPX8/IPX6
防水深度5m耐寒性能-10℃
第6位

キヤノン

Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最深の水深25mで撮れる水中カメラ

防水と耐衝撃機能が進化したタイプで、水の中でクリーンな画像・映像が撮れる水中カメラです。高感度の時のノイズを大幅に抑え、実物に近いよりキレイな描写力を発揮します。

 

撮りたい被写体を自動で感知し、どんなシーンでも対応してくれるでしょう。又、気になる防水性は水深25mと世界最深です。

 

世界が認めている「キャノン」から誕生しているということもあって、水中写真を楽しみたいのであれば試してみる価値がある水中カメラでしょう。静止画だけでなくムービーも撮れて、よりリアルな水中を家の中でも堪能できます。

画素数1210万画素防水性防水
防水深度25m耐寒性能-10℃
第5位

YISENCE

フルHD 1080P 防水デジタルカメラ

価格:7,997円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水深3mまで対応可能の水中カメラ

明るいカラーのボディは、スタイリッシュで持っているだけでおしゃれ感がアップします。コンパクトサイズで水の中で長時間使っても疲れません。

 

電池ケースは水が入らないような設計になっており、水深3mまで対応可能です。写真・映像をボタン1つで切り替えられ、クリーンな画質には脱帽でしょう。

 

水中だけでなく普段使いとしても重宝します。三脚用の穴が付いていることで、しっかり安定させた撮影が可能です。

画素数24.0MP防水性あり
防水深度3m耐寒性能なし
第4位

富士フイルム

FX-XP130WH

価格:19,795円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光学式手ブレ補正機能でキレイに撮影できる水中カメラ

水深20mまでの防水機能と、高さ1.75mからの落下でも耐えることができる構造が魅力的な水中カメラになります。夏の海や川のマリンスポーツだけでなく、冬のスキー等にも対応可能です。

 

光学式手ブレ補正機能付きで、薄暗い場所でも明るくキレイに撮影することができます。どんなシーンでもよりクリアで色鮮やかな印象を与えてくれるでしょう。

 

207gという小型軽量で持ち運びしやすく、長時間の撮影でも手が疲れません。ムダのないスタイリッシュなデザインは機能性とともに持っているだけでおしゃれに演出してくれるでしょう。

画素数1640万画素防水性IPX8
防水深度20m耐寒性能-10℃
第3位

リコー

防水アクションカメラ WG-M2

価格:18,968円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オレンジカラーのアウトドアっぽいデザインがおしゃれな水中カメラ

マイナス10℃の寒さでも使えることから、水中・寒中と一年を通して活用できる水中カメラになります。4K動画撮影・超広角約204°の遠近感のド迫力な映像も魅力の1つです。

 

マリンスポーツからウインタースポーツまで幅広いスポーツとともに使えるアイテムとして注目度が高いでしょう。オレンジカラーとアウトドアっぽいデザインがスタイリッシュで、持っているだけでおしゃれ感がアップします。

 

又、水面・水中での赤被り・青被り・緑被りを軽減して、海や川の透明感をリアルに伝えてくれるでしょう。防水アクションカメラで、ハードな動きにも瞬時に対応します。

画素数800万画素防水性IPX8
防水深度20m耐寒性能-10°C
第2位

ニコン

COOLPIX W300 GR

価格:31,589円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海・山・川対応の水中カメラ

アドバンスドオープンウォーターライセンスを持っていれば、水深30mまで撮影可能な水中カメラです。耐衝撃性が高いこともあって海だけでなく山登り等にも適しています。

 

海・川・山に対応していることから、一年を通して利用できるのが魅力的と言えるでしょう。カラーバリエーションはオレンジ・イエロー・カモフラージュ3色となっており、特に迷彩柄(カモフラージュ)は木々とマッチして目立ちません。

 

その結果、野鳥や水中の魚を驚かせずにしっかりシャッターチャンスを図れます。コンパクトサイズで長時間使っても手が疲れないのが魅力的と言えるでしょう。

画素数1605万画素防水性IP6X
防水深度30m耐寒性能-10°C
第1位

オリンパス

Tough TG-5

価格:41,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マリン・ウインタースポーツで役立つ水中カメラ

海や川のマリンスポーツだけでなく、スキー等のウインタースポーツにも対応している水中カメラになります。天候等を気にせずに、撮りたい瞬時の画像・映像をしっかりとカメラにおさめることができるのです。

 

4Kムービー撮影も可能で、とてもキレイな高画質映像を残せることからも多くのカメラユーザーを誇っています。明るいレンズ・高性能イメージセンサー搭載で、薄暗い水中でもしっかり摂りたい被写体をキャッチしてくれるでしょう。

 

明るめのレッドカラーはスタイリッシュで、持っているだけでファッショナブルな印象です。通常のカメラとしても使えることで、ライフワーク・趣味ともに長く愛用できます。

画素数1200万画素防水性IPX8
防水深度15m耐寒性能-10℃

水中カメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4967519の画像

    オリンパス

  • 2
    アイテムID:4967545の画像

    ニコン

  • 3
    アイテムID:4967603の画像

    リコー

  • 4
    アイテムID:4967695の画像

    富士フイルム

  • 5
    アイテムID:4968255の画像

    YISENCE

  • 6
    アイテムID:4968276の画像

    キヤノン

  • 7
    アイテムID:4968295の画像

    JVCケンウッド

  • 8
    アイテムID:4968534の画像

    リコー

  • 9
    アイテムID:4968592の画像

    オリンパス

  • 10
    アイテムID:4968858の画像

    DROGRACE

  • 商品名
  • Tough TG-5
  • COOLPIX W300 GR
  • 防水アクションカメラ WG-M2
  • FX-XP130WH
  • フルHD 1080P 防水デジタルカメラ
  • Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30
  • ビデオカメラ Everio R GZ-R470-H
  • WG-50
  • STYLUS TG-4
  • IP68対応 30M防水キッズカメラ
  • 特徴
  • マリン・ウインタースポーツで役立つ水中カメラ
  • 海・山・川対応の水中カメラ
  • オレンジカラーのアウトドアっぽいデザインがおしゃれな水中カメラ
  • 光学式手ブレ補正機能でキレイに撮影できる水中カメラ
  • 水深3mまで対応可能の水中カメラ
  • 世界最深の水深25mで撮れる水中カメラ
  • マリンスポーツ・ウインタースポーツ対応の水中ビデオカメラ
  • 暗い所も夜景の眩しさも自動調整してくれる水中カメラ
  • ミクロ撮影可能な水中カメラ
  • コンパクトで持ち運びやすいキュートなキッズカメラ
  • 価格
  • 41100円(税込)
  • 31589円(税込)
  • 18968円(税込)
  • 19795円(税込)
  • 7997円(税込)
  • 円(税込)
  • 26183円(税込)
  • 26368円(税込)
  • 1189000円(税込)
  • 3550円(税込)
  • 画素数
  • 1200万画素
  • 1605万画素
  • 800万画素
  • 1640万画素
  • 24.0MP
  • 1210万画素
  • 229万画素
  • 約1600万画素
  • 1600万
  • 500万画素
  • 防水性
  • IPX8
  • IP6X
  • IPX8
  • IPX8
  • あり
  • 防水
  • IPX8/IPX6
  • IPX8
  • あり
  • IP65
  • 防水深度
  • 15m
  • 30m
  • 20m
  • 20m
  • 3m
  • 25m
  • 5m
  • 14m
  • 15m
  • 30m
  • 耐寒性能
  • -10℃
  • -10°C
  • -10°C
  • -10℃
  • なし
  • -10℃
  • -10℃
  • -10℃
  • -10℃
  • なし

まとめ

ここまで「水中カメラ・水中カメラおすすめ10選」を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。海や川の中で魚や貝をカメラ撮影すると、よりウォータースポーツを楽しめます。ランキング情報を参考にしながら、自分にぴったりの水中カメラを探してみてはどうですか。きっと夏の思い出の1シーンになってくれるはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ