記事ID136198のサムネイル画像

【香り華やかりんごのお酒】人気カルヴァドスおすすめランキング10選

フランスのノルマンディー地方で作られたアップルブランデーのみが名乗ることを許されるカルヴァドス。本記事では、普段はなかなか聞き慣れない名前のお酒のカルヴァドスについてご紹介しています。カルヴァドスの選び方や人気ランキングなど、ぜひ参考にしてみて下さい。

りんごから作られる華やかな香りのカルヴァドスを楽しもう

皆さんはカルヴァドスというお酒をご存知でしょうか。りんごから作られたこのお酒は、アップルブランデーの一種で、その中でもフランスのノルマンディー地方で作られたものだけがその名前を名乗ることが許されるお酒です。

 

カルヴァドスはストレートやロックで飲むこともできますが、カクテルのベースとして使われたり、料理やお菓子の香り付けに使われたりもします。また、通常のブランデーを使うカクテルにカルヴァドスを使うことで、一味違った味わいを楽む事ができます。

 

今回はそんなカルヴァドスの選び方や人気ランキングをご紹介しています。産地や熟成年数によって様々な表情を見ることができるカルヴァドスについて知り、ご自分のお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

カルヴァドスの選び方

一口にカルヴァドスといっても種類は様々で、味わいや風味もそれぞれに特徴があります。本記事のカルヴァドスの選び方を参考にしながら、自分にあったカルヴァドスを見つけてみて下さい。

産地で選ぶ

カルヴァドスはノルマンディー地方の中でも、カルヴァドスの生産は主に3つのエリアに分けられます。AOCと呼ばれる法律で製造に関する条件が規定されており、エリアごとに異なる味わいや風味を持っており、それがカルヴァドスを選ぶ際の一つの基準となります。

カルヴァドス ペイ・ドージュ

「カルヴァドスの王様」と言われるカルヴァドス・ペイ・ドージュは、ノルマンディー地区の中央北東に位置するエリアで製造されています。カルヴァドス・ペイ・ドージュは、洋ナシの混合割合を30%以下にする事が条件とされています。

 

また、アルコール度数は40度以上必要で、熟成はオーク樽で2年以上、さらに単式蒸留器で2回蒸留して作られています。この地区はりんごの栽培において最も適している土地と言われており、りんご栽培に最も適した土地には自然と優秀な生産者が集まっています。

 

最適な土地で最高の生産者たちが作り出すカルヴァドスは、市場では高級品として取り扱われ、りんごの風味を存分に堪能できる、まさに「カルヴァドスの王様」です。カルヴァドスを飲んだ事がないという方は、この王道のカルヴァドスから試してはいかがでしょうか。

カルヴァドス・ドンフロンテ

カルヴァドス・ドンフロンテ地区は、洋ナシ(または梨ワイン)の混合割合を30%以上にして、オーク樽で3年以上熟成する事が条件とされています。また、半連続式の蒸留器で蒸留を行い、アルコール度数は最低40度と決められています。

 

このエリアはノルマンディー地方の中央から南東寄りに位置しており、他の地域に比べて洋ナシの生産量も多くなっています。そのためカルヴァドス・ペイ・ドージュと比べて洋ナシの混合割合が高くなっているのです。

 

洋ナシの混合割合が多くなることによって、より複雑な味わいを楽しむ事ができ、通好みの銘柄が多く製造されています。また、この地区のカルヴァドスは生産量が少ないので、希少価値が高いのも特徴です。機会のある方は一度味わってみることをおすすめします。

カルヴァドスAC

ノルマンディー地域において上記二つのエリア以外で製造されたカルヴァドスをカルヴァドスACと言います。カルヴァドスとして認定されるための基準は上記の2エリアに比べると緩くはなっていますが、ここの条件を満たさないとカルヴァドスと名乗ることはできません。

 

蒸留方に関する規定はなく、りんごと洋ナシの混合割合にも規定はありません。オーク樽で最低2年の熟成が必要とされ、10年以上熟成されたカルヴァドスもあります。自由度が高い分、カルヴァドスの伝統に縛られない新しい味わいを楽しむ事ができます

 

他2つのエリアのカルヴァドスに比べて、比較的手に入れやすい値段帯で取引されているため、気軽にカルヴァドスがどんなお酒か試してみたいという方にはおすすめです。ただ、飲みやすくても、アルコール度数は40度以上あることはしっかり頭に入れておきましょう。

利用用途で選ぶ

カルヴァドスは料理やお菓子の香り付け、あるいはカクテルのベースとしても利用されることもあり、普通に飲む以外にも様々な楽しみ方ができます。ご自身の利用目的に合わせてカルヴァドスを選んでみるというのも選び方の一つになります。

ストレートやロックで飲む

ストレートやロックで飲まれる場合は、そのままカルヴァドスを味わうことになるので、口当たりがまろやかな熟成期間の長いものを選ぶと良いです。熟成期間の短いものでもストレートやロックで飲むことは可能ですが、初心者の方には刺激が強すぎる可能性もあります。

 

カルヴァドスというお酒を一番深く味わう事ができるのは、熟成期間の長い銘柄を、ストレートで飲む事です。他のお酒にもそうですが、水が一滴入るだけで、そのお酒本来の雰囲気や味わい、舌触りは全く違ってしまうので、まずはストレートでの挑戦をおすすめします。

 

ただし、もしストレートの場合だと刺激やアルコール感が強すぎて飲めない場合は、ロックスタイルにする事で、比較的飲みやすくなります。その場合は、できるだけカルヴァドスの風味を失わないように溶けにくい丸い氷を使うと良いでしょう。

カクテルの材料として使う

カルヴァドスはカクテルの材料として使われることもあります。カルヴァドスを使ったカクテルはもちろん、普通のブランデーを使うカクテルで、ブランデーの代わりとしてカルヴァドスを使うことで、一味違った味わいを楽しむ事ができます

 

また、単にりんごジュースで割ったり、レモンスライスを入れるだけでも美味しく飲む事ができます。特にりんごジュースで割る飲み方は、とても簡単に作る事ができるので、ストレートやロックではお酒感が強くて飲めないという方におすすめです。

料理やお菓子作りに使う

カルヴァドスはりんごから作られている事もあり、りんごを使ったスイーツやパンなどと相性が良いです。アップルパイやアップルタルトにちょっと深みのある味わいを加えたい時などには、カルヴァドスを使用するのをおすすめします。

 

また、カルヴァドスは料理の香り付けに使うこともできるので、料理に一工夫加えたい時などに使用してみるのも面白いです。カルヴァドスを料理やお菓子に使う場合は、比較的若めのカルヴァドスを選ぶと量もあってコスパの良い買い物となります。

 

カルヴァドスは、元々りんごからできているだけあって、りんごを使ったお菓子や料理とは相性が抜群に良いのです。普段より、ちょっと大人でワンランク上の食事を出したい場合には、カルヴァドスを使ってみてはいかがでしょうか。

熟成期間で選ぶ

カルヴァドスは基本的にその他の蒸留酒と同様に、熟成年数が長いほど、口当たりがまろやかで飲みやすく、深みのある味わいになります。初心者の方やりんごの風味をしっかりと味わいたい方は熟成年数5年以上のものを選ぶと良いでしょう。

 

反対に、熟成年数の浅いカルヴァドスは、料理の香り付けなどに使用するのがおすすめです。なお、熟成年数は短いものから順に、下記のようにランク分けがされており、熟成年数の長いものほどランクが高いとされています。

 

  • フィーヌ(最低2年)
  • ヴィユー・レゼルヴ(最低3年)
  • ヴィエイユ・レゼルヴ(最低4年)
  • V・S・O・P(最低4年)
  • オル・タージュ(最低6年)
  • ナポレオン(最低6年)

 

このランクはそのままお酒の名前になっている事が多く、○○のデュボン、△△のデュボンといったように同じ名前でもブランドが違う事があるので、購入の際にはブランドまでしっかり確認するようにしましょう。

カルヴァドスの人気ランキング10選

第10位

ルモルトン

ルモルトン レゼルヴ 25年

価格:10,988円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級レストランでも愛されるカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第10位は、ルモルトンのレゼルヴ25年です。ルモルトンのカルヴァドスは、ドンフロンテ地区で製造されている希少価値の高いカルヴァドスです。その中でもこの銘柄は25年熟成で、生産量も限られてくるため非常に貴重な一品です。

 

ルモルトン家が自家蒸留で製造するルモルトンのカルヴァドスは、フランスの高級ホテルやレストランでも取り扱われており、非常に評価の高い銘柄です。長い熟成期間を経て、まろやかで高級感のある味わいで、オレンジや洋ナシのフレーバーが口の中に広がります。

 

少しお酒にお金をかけてリッチな気分を味わいたいという方は、高級店のプロたちに認められ、フランスを代表する銘柄であるルモルトンのカルヴァドスをぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

アルコール度数40%内容量700ml
熟成年数25年生産地域カルヴァドス・ドンフロンテ
第9位

シャトー・ド・ブルイユ

シャトー ド ブルイユ 15年

価格:8,626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレート飲むのが最適なカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第9位は、シャトー・ド・ブルイユの15年です。シャトー・ド・ブルイユはペイ・ドージュ地区に43ha(ヘクタール)の土地を持っており、ここで作られるカルヴァドスは、カルヴァドス・ペイ・ドージュの魅力を存分に表現しています。

 

さらにシャトー・ド・ブルイユのカルヴァドスは、カルヴァドスの素材になっているシードルというお酒を作る段階で、添加物や化学物質を全く使わずに発酵させているため、自然そのものの味わいを存分に味わうことができます。

 

このカルヴァドスにおける最適な楽しみ方は、ストレートで飲むことです。ストレートで飲むことによって、自然そのもののりんごの風味を薄めることなく堪能する事ができます。製造過程などにもこだわりを持ってお酒を選びたい方には、ぜひ選んで頂きたい一品です。

アルコール度数41%内容量700ml
熟成年数15年生産地域カルヴァドス・ペイ・ドージュ
第8位

クール・ド・リヨン

クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール

価格:8,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

りんごが丸々一個入ったカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第8位は、クール・ド・リヨンのポム・プリゾニエールです。このカルヴァドスは思わず二度見をしてしまう、見た目のインパクトがとても印象に残ります。その理由は、なんとりんごが一個丸々瓶の中に入っているのです。

 

この不思議な見た目は、りんごの実がまだ小さい時に瓶を被せて木に固定し、りんごが瓶の中で成長した後そのまま収穫する事で実現しています。そしてりんごの入った瓶に、熟成5年のカルヴァドスを加えることでより一層りんごの風味が引き立つのです。

 

ポム・プルゾニエールとは、「りんごの虜」という意味で、名前の通り味とその不思議な見た目でまさに人々を虜にしてしまいます。このカルヴァドスは、プレゼントとしても人気があるので、お酒好きの友人への贈り物として検討してみてはいかがでしょうか。

アルコール度数40%内容量1000ml
熟成年数5年以上生産地域カルヴァドスAC
第7位

シアードグべルヴィル

シアードグべルヴィル ヴィエイユレゼルヴ4年

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

りんご型の瓶が可愛いらしいカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第7位は、シアードグベルヴィルのヴィエイユレゼルブ4年です。可愛らしいりんご型のボトルが目を引くヴィエイユレゼルブ4年は、その名の通り4年の熟成期間を経て作られるカルヴァドスです。

 

2018年に開催されたパリ農業コンクールで銀賞に輝いたこの銘柄は、まろやかな甘さとシナモンのスパイシーさを感じられる一品です。モンサンミッシェルの郊外にある果樹園のりんごのみを使用しており、ボトルにはモンサンミッシェルがデザイン描かれています。

 

味はもちろんのこと、可愛らしい見た目にスタイリッシュなモンサンミッシェルのイラストが人気で、贈り物としても大変喜ばれること間違いなしです。

アルコール度数40%内容量500ml
熟成年数4年以上生産地域カルヴァドスAC
第6位

クール・ド・リヨン

クール・ド・リヨン クッキングカルヴァドス

価格:2,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理との相性抜群なカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第6位は、クール・ド・リヨンのクッキングカルヴァドスです。その名の通り料理やお菓子作りとの相性は非常に良く、容量も200mlとまさに料理酒としては最適な一品です。

 

カルヴァドスとしての高いクオリティはそのまま料理にも反映する事ができ、普段の料理をワンランク上のものにしてくれます。もちろん料理に使うだけでなく、食後酒としてそのまま飲むこともでき、口の中にりんごの風味を十分に感じる事ができます。

 

よく料理やお菓子作りに使うとはいえ、アルコール度数は40度あるので、お酒に弱い方は注意が必要です。アップルジュースやジンジャーエールで割ることによって非常に飲みやすくなるので、飲み方を工夫しながら挑戦してみることをおすすめします。

アルコール度数40%内容量200ml
熟成年数-生産地域カルヴァドス・ペイ・ドージュ
第5位

デュポン

デュポン オルダージュ

価格:7,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熟成感とフレッシュさが見事に融合したカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第5位は、デュポンのオルタージュです。「オル・タージュ」とは「年齢がわからないほど古い」という意味で、その名前の通りしっかり熟成されて複雑な味わいのカルヴァドスです。

 

ブランドとしてのデュポンは、ペイ・ドージュ地区に約6000本のりんごの樹を所有しており、すべてデュボンの一族が管理をしています。家族経営で手間暇かけたブランドとして、世界中での評価は高く、一流のレストランやホテルで取り扱われているほどです。

 

熟成年数が長いにも関わらず、りんごのフレッシュな印象は保持しており、さらにバニラやスパイスの香りも感じる事ができるので風味だけで存分に楽しむ事ができます。世界の一流達にも認められた一品をぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

アルコール度数42%内容量700ml
熟成年数6年以上生産地域カルヴァドスAC
第4位

ドメーヌ・ド・コッケレル

コッケレル フィーヌ

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセがなくお菓子との相性も良いカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第4位は、ドメーヌ・ド・コッケレルのフィーヌです。このカルヴァドスは、ノルマンディー地方の伝統的な製法に従って作られています

 

連続式蒸留器を使用し、小型のオーク樽で2年以上寝かせることにより製造されており、伝統的な味を現在でも守り続けています。ペイ・ドージュ地区とドンフロンテ地区の周辺で栽培されたりんごを厳選して使用しており、「絶品のカルヴァドス」と評価されています。

 

評価が高いにも関わらず、価格は非常に手頃な価格帯なので手に入れやすく、お試しでカルヴァドスに挑戦したい方にもおすすめの一品となっています。

アルコール度数40%内容量700ml
熟成年数2年以上生産地域カルヴァドスAC
第3位

ブラー

ブラー X.O.

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長期間熟成を経た年季の入ったカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第3位は、ブラーのX.O.です。ブラーの作るカルヴァドスの中でも、熟成期間がとても長いものに付けられるのが「X.O.」という名前です。「extra old」の略で熟成年数の長いものでは15年というものもあります。

 

最低でも8年以上は熟成されるこのカルヴァドスは、口当たりが非常にまろやかで、りんごの芳醇な香りにアーモンドやナッツのような香ばしさが加わった風味となっています。日本でも比較的入手しやすく、熟成期間の長いカルヴァドスの中では手頃な価格となっています。

 

深みのある本格的なカルヴァドスを試してみたいけど、高級品には手が出しづらいという方にはまさにおすすめの一品です。

アルコール度数40%内容量700ml
熟成年数8年以上生産地域カルヴァドスAC
第2位

クール・ド・リヨン

クール・ド・リヨン ポム・ド・イヴ

価格:6,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「イヴのりんご」という名のカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第2位は、クール・ド・リヨンのポム・ド・イヴです。ポム・ド・イヴというのは「イヴのりんご」という意味で、旧約聖書の「創世記」において、イヴが禁断の果実であるりんごを食べてしまう、というエピソードが名前の由来となっています。

 

見た目は第8位のポム・プリゾニエールと似ていますが、製法は少し異り、瓶をりんごの木から取り外した後、その瓶ごとオーク樽に入れ、2年以上熟成します。この手間のかかった製法によって、りんごの風味が凝縮されて、芳醇でマイルドな味わいを作り出しています。

 

聖書を引用した名を冠するこのカルヴァドスは神秘的で極上な風味と味わいを堪能させてくれるのです。おしゃれな瓶にりんごが丸々一個入っているその見た目も相まって、一目見ると、一度は飲んでみたくなること間違いなしの一品です。

アルコール度数40%内容量600ml
熟成年数2年以上生産地域カルヴァドスAC
第1位

ブラー

ブラー グランソラージュ

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カルヴァドスの代名詞と言われるカルヴァドス

おすすめのカルヴァドス第1位は、ブラーのグランソラージュです。日本でも比較的知名度が高く、フランスでも十分な評価を得ています。中でもグランソラージュは2~5年熟成の若いカルヴァドスで、「グランソラージュ」とは「偉大なる土壌」という意味になります。

 

カルヴァドス・ペイ・ドージュで製造されており、まさにりんごの栽培に適した「偉大なる土壌」から作られているのです。カクテルの材料として使われることも多く、Barなどで見かけた方も多いのではないでしょうか。

 

食後酒として飲んだり、紅茶に数滴入れて香りを味わうのも楽しいです。好みで多様な飲み方ができるのがグランソラージュなのです。手頃な値段で内容量もあるのでコスパが良く、カルヴァドスの代名詞とも言える一品を、一度味わってみてはいかがでしょうか。

アルコール度数40%内容量700ml
熟成年数2~5年生産地域カルヴァドス・ペイ・ドージュ

カルヴァドスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4966509の画像

    ブラー

  • 2
    アイテムID:4966503の画像

    クール・ド・リヨン

  • 3
    アイテムID:4966498の画像

    ブラー

  • 4
    アイテムID:4966493の画像

    ドメーヌ・ド・コッケレル

  • 5
    アイテムID:4966487の画像

    デュポン

  • 6
    アイテムID:4966483の画像

    クール・ド・リヨン

  • 7
    アイテムID:4966479の画像

    シアードグべルヴィル

  • 8
    アイテムID:4966472の画像

    クール・ド・リヨン

  • 9
    アイテムID:4966465の画像

    シャトー・ド・ブルイユ

  • 10
    アイテムID:4966459の画像

    ルモルトン

  • 商品名
  • ブラー グランソラージュ
  • クール・ド・リヨン ポム・ド・イヴ
  • ブラー X.O.
  • コッケレル フィーヌ
  • デュポン オルダージュ
  • クール・ド・リヨン クッキングカルヴァドス
  • シアードグべルヴィル ヴィエイユレゼルヴ4年
  • クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール
  • シャトー ド ブルイユ 15年
  • ルモルトン レゼルヴ 25年
  • 特徴
  • カルヴァドスの代名詞と言われるカルヴァドス
  • 「イヴのりんご」という名のカルヴァドス
  • 長期間熟成を経た年季の入ったカルヴァドス
  • クセがなくお菓子との相性も良いカルヴァドス
  • 熟成感とフレッシュさが見事に融合したカルヴァドス
  • 料理との相性抜群なカルヴァドス
  • りんご型の瓶が可愛いらしいカルヴァドス
  • りんごが丸々一個入ったカルヴァドス
  • ストレート飲むのが最適なカルヴァドス
  • 高級レストランでも愛されるカルヴァドス
  • 価格
  • 2200円(税込)
  • 6232円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 1899円(税込)
  • 7450円(税込)
  • 2240円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 8650円(税込)
  • 8626円(税込)
  • 10988円(税込)
  • アルコール度数
  • 40%
  • 40%
  • 40%
  • 40%
  • 42%
  • 40%
  • 40%
  • 40%
  • 41%
  • 40%
  • 内容量
  • 700ml
  • 600ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 200ml
  • 500ml
  • 1000ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 熟成年数
  • 2~5年
  • 2年以上
  • 8年以上
  • 2年以上
  • 6年以上
  • -
  • 4年以上
  • 5年以上
  • 15年
  • 25年
  • 生産地域
  • カルヴァドス・ペイ・ドージュ
  • カルヴァドスAC
  • カルヴァドスAC
  • カルヴァドスAC
  • カルヴァドスAC
  • カルヴァドス・ペイ・ドージュ
  • カルヴァドスAC
  • カルヴァドスAC
  • カルヴァドス・ペイ・ドージュ
  • カルヴァドス・ドンフロンテ

まとめ

カルヴァドスは生産地域や熟成年数によって風味や味が変わる奥が深いお酒です。りんごの風味を存分に堪能できるノルマンディー生まれの一品を、あなたもぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ