記事ID136168のサムネイル画像

【スイスイ快適に】人気のスクーターおすすめランキング10選

スクーターは、自動車の普通免許を持っている人なら誰でも乗ることができます。自動車で行くほどはないけれど、自転車だと少し遠い場所ってありますよね。そんな時に活躍するのがスクーターです。今回、人気のスクーターをおすすめランキング形式でご紹介していきます。

おすすめのスクーターで快適生活を送ろう

道路を走っているスクーターを見る機会は多くても、実際、自分自身が乗ったことはないという人も多いのではないでしょうか。スクーターは、自動車や自転車の中間くらいのスピードを出すことができる乗り物で、非常に重宝されています。

 

自動車免許は持っていても、家から数分ほどのコンビニに行くのに車を出すのはなかなか億劫ですよね。かといって、徒歩や自転車だと少し遠いと感じてしまうこともあるでしょう。また、駐車場の関係で自動車を購入することができない方もいるでしょう。

 

そんな時、便利な乗り物として選ばれるのがスクーターです。いま注目されているスクーターはどのようなものなのかを学び、あなたのこれからの生活に取り入れてみませんか。きっと、あなたの生活がもっと快適になるはずです。

スクーターの選び方

いわゆる「原付」とも呼ばれるスクーターには、さまざまな種類があります。スクーターを購入する前に、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

タイプで選ぶ

スクーターは、オートバイのうち運転者の足元にあるステップ状のフロアに足を乗せて運転する車種の総称ですが、次に紹介する「スーパーカブ」や「ミッション」もスクーターの一種になります。

 

それぞれの特徴をおさえたうえで、スクーター選びの参考にしましょう。

スクーター

スクーターのメリットは、利便性の高さです。まず操作に関しては、アクセルを捻るだけで走ることが可能です。また、前にフックがあるため買い物した袋などをかけることができ、シートの下にも収納スペースがあります。

 

車体が小さいため、あまりにたくさんの荷物は運ぶことはできませんが、そこそこの荷物を運ぶことはできます。 また、最近ではスマホの充電用に電源が使用できるスクーターも登場しています。

 

スクーターを選ぶ基準として、利便性を重視している方は、このスクータータイプがおすすめです。

スーパーカブ

スーパーカブは、燃費の良さが驚異的です。燃費は、110㎞/ℓ以上という驚異的な数字で、壊れにくく便利と注目を集めています。また、カスタマイズ用に様々なパーツが販売されているため、自分好みにアレンジできるという点もメリットです。

 

シートの下に荷物を収納することはできませんが、カゴを取り付けたり、ボックスを取り付けたりすることで、物を乗せることができるようになります。ギア操作が必要なため、馴れるまでは大変な場合もありますが、馴れてしまえば操作に不便さを感じることはないでしょう。

 

選ぶ基準として、壊れにくさや燃費の良さ、アレンジができる点などを重視したい方にはおすすめです。

ミッション

ミッションは、クラッチ操作が必要な原付のことです。ギア操作が面倒なため、利便性を重視する方には不向きかもしれません。しかし、趣向性を重視の方には大変おすすめです。

 

また、スクーターやスーパーカブと比較すると、かっこいいデザインのものも多いため、デザインを重視したい人にもおすすめできるタイプです。

価格で選ぶ

スクーターの値段は、新車で約10〜25万円、中古であれば数万円〜十数万円前後が相場となっています。できるだけ安い車種を新車で買いたい、中古も含めて低価格な車種を買いたい、少しでも性能の高い車種を中古で安く買いたいなど、様々な希望があると思います。

 

あなたが重視するポイントを基準にしてあらかじめ予算を設定しておくと、より選びやすくなるでしょう。

デザインで選ぶ

デザインにこだわる人と、そうでない人もいるでしょう。しかし、スクーターは基本的に長く使う乗り物であるため、できるだけ、自分が納得のいくデザインの商品を選んでおくのが良いでしょう。

 

現在では、おしゃれな若者をターゲットにした商品や、独自のデザインで人気を獲得してきた商品など、特徴的なデザインの商品が販売されています。ぜひ、選ぶ際のひとつのポイントとして、あらかじめいろいろな種類のスクーターを見ておいてください。

性能で選ぶ

スクーターによって、操作性や走行性能など、備わっている性能が大きく異なります。その中で、あなたが「ここだけは譲れない」という性能をあらかじめ決めておくと、選びやすくなります。

 

車種だけでなくメーカーによっても性能の特徴が異なるため、できるだけ多くの種類のスクーターを調べておくことをおすすめします。性能の違いは買った後、大きく響いてくるものですので、しっかりと調べておきましょう。

車両以外にかかるコストで選ぶ

スクーターを購入する場合、車両以外にもコストがかかります。コストを抑えるために、購入時点でどのような点に注意すべきか、知っておきましょう。

ガソリン代

ガソリン自体の価格はその都度変わりますが、スクーターは燃費が非常に良いため、ガソリン代もそこまでかかりません。原付スクーターの燃費は、実燃費で約40km/Lから50km/Lくらい走るので、駅までの往復ぐらいであれば月に1回の給油で済むこともあります。


仮にガソリン代が130円として、毎月1回5Lのタンクを満タンにしたとしたら、1年間のガソリン代は約7,800円となります。それでもガソリン代を押さえたいと思う場合は、充電式の商品もありますので、そちらと比較して選ぶと良いでしょう。

メンテナンス代

日常的に使う上で、重要となるのがエンジンオイルです。オイルが劣化すると燃費が悪くなるだけでなく、最悪の場合エンジンを壊してしまうことがあります。半年に1回や、一定の距離になったら交換する事で、エンジンの寿命を伸ばすことになります。

 

オイルの他にメンテナンス代としてかかるのが、タイヤです。原付スクーターでは一般的な、10インチタイヤであれば、1本3,000円せずに購入できます。タイヤもサイズや性能によって価格が異なるため、用途に合わせて選ぶ必要があります。

 

他にもブレーキやバッテリー、駆動系など、長期的にチェックが必要な消耗品が複数あります。メーカーによっても価格が異なるため、どのメーカーのものが安いかを基準にして調べることをおすすめします。

メーカーで選ぶ

スクーターは、メーカーによって異なる特徴を持っています。あなたが重視するポイントから、どのメーカーが適しているか、あらかじめチェックしておきましょう。

ホンダ

ホンダの原付は、全世界でシェア第1位となっています。「優等生」と呼ばれ、高品質で壊れにくく、かつ、扱いやすいという特徴があります。原付に求められる性能をバランス良く満たしているため、初心者にもおすすめのメーカーです。

ヤマハ

ピアノ、船、半導体などでも有名なメーカーであるヤマハ。バイクにおいては、実はエンジン技術が高く評価されており、ヤマハ製のエンジンはトヨタ車のエンジンとして使用されてています。

 

世界シェアはホンダに次いで第2位です。ホンダと同様、バランスの良い車種が多いため、おすすめのメーカーです。

スズキ

スズキのスクーターは、性能が優れているというだけでなく、独特のデザインに魅力を感じる人も多いです。また、低価格でありながら高性能な車種も多いのが特徴です。

 

エンジン性能にも定評があり、コストパフォーマンスを重視したい方や、スズキの独特なデザインに惹かれる方におすすめです。

スクーターのおすすめランキング10選

第10位

ホンダ

クロスカブ50

価格:250,460円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一味ちがったカブをお試しください

「カブ」らしい愛着のわくスタイルに、遊びゴコロをプラスしました。ヘッドライトガードが無骨な雰囲気を演出するLEDヘッドライト、スチール製フロントフェンダーなどの採用により、タフな印象がより一層際立っています。

 

さらに、さりげなくカモフラージュ柄をあしらったメーターパネルやマフラーガードなど、アウトドアテイストあふれるデザインを取り入れています。街にも自然にもレジャーにも、幅広いシーンや使い方にマッチするクロスオーバースタイルに仕上げています。

 

シフトチェンジは、停車時のみロータリー式となる4段リターン式。左手のクラッチ操作は不要でペダルを踏み込むだけで変速でき、気軽に乗れるスマートな操作性とともに運転する楽しさも感じられます。カブは、長く愛される、定評のある商品です。

ギアミッションタイプカブ
燃費94.0km/h
第9位

ヤマハ

JOG

価格:139,900円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートなスクーター

フォルムも性能も、きりりとキレ良く、スマートなスクーターです。後輪ブレーキを操作すると、前輪にもほどよく制動力を配分し、バランスよくブレーキングをサポートしてくれるブレーキシステムを採用しています。

 

視認性に配慮したメーターパネルは、時計機能付きです。また、エンジンオイルの交換時期を表示・設定する機能と燃料計も装備しています。鍵穴へのイタズラを困難にするキーシャッターが装備されているため、盗難抑止にも活躍します。

 

カラーバリエーションも豊富で、あなたの好きなカラーを選ぶことができます。ぜひ、あなたの生活をスマートかつ快適に変化させてみてはいかがでしょうか。

ギアオートマタイプスクーター
燃費80.0km/L
第8位

ホンダ

タクト・ベーシック

価格:149,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要なものを磨き上げたスクーター

より環境性能を意識したアイドリングストップ・システム、足着き性に配慮したローシート、軽快な走りと省燃費を両立するエンジン、時計付きメーターなど、使い勝手にこだわった装備の数々が特徴です。

 

ふだんの生活の中で、いつも気持ちよく乗り続けていくために、必要なものをとことん磨き上げたスクーターです。タクトのシートには、上質な表皮とともにダブルステッチが採用され、ボディーサイドに配した立体エンブレムが、その上質感をより一層引き立てています。

 

見やすさにこだわったスピードメーターは時計表示機能付きのため、時間を気軽に確認でき、忙しい朝などにも活躍します。また、エンジンオイルの交換時期を表示・設定する機能や燃料計も採用されています。

ギアオートマタイプスクーター
燃費80.0km/L
第7位

スズキ

レッツ

価格:109,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこまでも使いやすい

優れた燃費性能、軽くて取り回しやすい車体、使い勝手の良い機能、誰でもどんな服装にも合うデザインなど、毎日乗るものだからこそ、使いやすさにこだわったスクーターです。

 

グローブやペットボトルなどの小物が入る便利なインナーラックが装備され、間口が広く、荷物の出し入れもスムーズになっています。トランクスペースは、フルフェイスヘルメットが横向きに収納できる大容量サイズで、ヘルメットホルダーを標準装備しています。

 

燃料タンクも、トランクスペースを犠牲にすることなく容量が確保され、一回での走行距離が延び、給油の負担も軽減されています。トランクスペース内に給油口があるため、カギを差し替える手間もかかりません。

ギアオートマタイプスクーター
燃費66.0km/L
第6位

bycle

bycle(バイクル)

価格:181,440円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チョイ乗り可能

bycle(バイクル)は、自転車以上オートバイ以下の電気の力で動く電気スクーターで、近場移動の「チョイ乗り」ユーザーにぴったりです。オシャレでエコな街の風景を変える楽しい乗り物です。

 

軽い車体で、だれでもラクラク運転することができます。また、スピード切り替えスイッチ付きのため、ゆっくりスピードで、だれでも安心して走行することができるようになっています。

 

徒歩だと約1時間かかってしまう距離も、bycle(バイクル)だと約10分で移動できます。ガソリンスクーターと比べても、5分しか差はありません。近場移動の本命として生まれた、第3の手軽な乗り物です。

ギアオートマタイプ電動
燃費30km/h
第5位

ホンダ

ジョルノ

価格:197,316円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水冷エンジン搭載

やさしい曲線と“丸”デザインがつくりだすシルエットに、シックなニュアンスカラーを組み合わせた上品スタイルで、大人っぽさも、可愛さも、自分らしく楽しみたい人に似合うのがジョルノです。

 

環境性能に優れた50cc水冷エンジン「eSP」を搭載し、坂道でもパワフル、発進や加速も軽快になっています。また、走行状況に応じてガソリンを効率的に使うPGM-FIや、低フリクション技術により、省燃費にも貢献しています。

 

シート下には容量20Lのラゲッジボックスがあり、ヘルメットはもちろん、A4サイズのファイルなどの小物類も収納できます。職場や学校で使用するものを簡単に収納することができるため、通勤通学にも非常に便利な商品です。

ギアオートマタイプスクーター
燃費80.0/L
第4位

ヤマハ

Vino

価格:194,400円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性に大人気

レトロでポップな可愛いスクーターとして人気のVinoです。フロントの立体エンブレムと、丸みのあるビトロエンブレムは、Vinoのおしゃれアクセントになっています。かわいいだけでなく、Vinoはさまざまな賢い特徴を兼ね備えています。

 

右側には500mlのペットボトルが収納できる、インナーボックスが設置されており、また、中央には持ち手の太いバッグも掛けられる、折りたたみ式の大型フックが装備されています。

 

手袋などの小物を収納できるグローブボックスも左側に設置されていて、スマートフォンなどの充電に便利な12Vのアクセサリーソケットも装備されています。また、容量約20ℓのシート下トランクは、ヘルメットやレインウェア等の収納にも大変便利です。

ギアオートマタイプスクーター
燃費80.0km/L
第3位

スズキ

アドレスV50

価格:129,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年モデル

走りを感じさせるスポーティーなスタイリングのSUZUKIの電動バイクです。使いやすく機能的な装備で、快適な動力性能とボディサイズが特徴的です。毎日の通勤や通学が、よりスマートになります。

 

アドレスV50は、4サイクルエンジンにフューエルインジェクションを採用することにより、燃料が効率よく使え、環境にも配慮されています。また、このエンジンは、発進も登り坂の走行も軽快で、ゆとりのある走りが実現されています。

 

50cm3スクーターの限られた空間の中で、最大のエンジン性能を発揮するために、優れた燃焼効率を実現するとともに、平成28年国内排出ガス規制に対応されているという、非常に優れた商品です。

ギアオートマタイプスクーター
燃費30km/h
第2位

アクセス

スウィーツ・N

価格:173,000円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

48Vリチウム電動バイク

家庭用コンセントで充電できる電動バイクです。帰宅後にコンセントに差して充電しておけば、翌朝にはフル充電が完了しています。1回のフル充電で約50km程度の市街地走行が可能です。

 

充電式のため、エンジンの不調やガソリンスタンドでの給油などのトラブルや出費の心配もありません。1度の充電は約5~30円と、とても経済的です。また、バッテリーは着脱式のため、室内に持ち込んで充電することができるのも大きなメリットです。

 

スウィーツ・Nに搭載されているバッテリーは性能低下を起こしにくく、1つのバッテリーを使い切った場合、最大25,000kmの走行が可能になっています。エコで便利な電動バイクを、ぜひお試しください。

ギアオートマタイプ電動
燃費約50km/h(充電式)
第1位

ブレイズ

ブレイズスマートEV

価格:181,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り畳み電動バイク

BLAZE SMART EV(ブレイズスマートEV)は、環境にやさしい、100%電気で走る電動バイクです。家庭用コンセントを使用した充電が可能で、女性でも気軽に運転ができるように設計されています。

 

わずか5秒で折りたたむ事もでき、また持ち運びも可能な重量のため、車へ積み込み、移動手段の一つとして使用することができます。電気の特徴を活かした高出力モーターで十分な加速トルクがあります。坂道でもスイスイ進みパワフルな走りを見せます。

 

さらに、一回の充電で約30km/hの走行ができるため、ちょっとしたお出掛けにも大活躍です。スマートなデザインで、服装を選びません。小回りが利き、通勤通学にもおすすめの人気商品です。

ギアオートマタイプ電動
燃費30km/h(充電式)

スクーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4967884の画像

    ブレイズ

  • 2
    アイテムID:4967897の画像

    アクセス

  • 3
    アイテムID:4967905の画像

    スズキ

  • 4
    アイテムID:4967926の画像

    ヤマハ

  • 5
    アイテムID:4967936の画像

    ホンダ

  • 6
    アイテムID:4967979の画像

    bycle

  • 7
    アイテムID:4967993の画像

    スズキ

  • 8
    アイテムID:4968001の画像

    ホンダ

  • 9
    アイテムID:4968009の画像

    ヤマハ

  • 10
    アイテムID:4968024の画像

    ホンダ

  • 商品名
  • ブレイズスマートEV
  • スウィーツ・N
  • アドレスV50
  • Vino
  • ジョルノ
  • bycle(バイクル)
  • レッツ
  • タクト・ベーシック
  • JOG
  • クロスカブ50
  • 特徴
  • 折り畳み電動バイク
  • 48Vリチウム電動バイク
  • 2019年モデル
  • 女性に大人気
  • 水冷エンジン搭載
  • チョイ乗り可能
  • どこまでも使いやすい
  • 必要なものを磨き上げたスクーター
  • スマートなスクーター
  • 一味ちがったカブをお試しください
  • 価格
  • 181090円(税込)
  • 173000円(税込)
  • 129900円(税込)
  • 194400円(税込)
  • 197316円(税込)
  • 181440円(税込)
  • 109900円(税込)
  • 149900円(税込)
  • 139900円(税込)
  • 250460円(税込)
  • ギア
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • オートマ
  • ミッション
  • タイプ
  • 電動
  • 電動
  • スクーター
  • スクーター
  • スクーター
  • 電動
  • スクーター
  • スクーター
  • スクーター
  • カブ
  • 燃費
  • 30km/h(充電式)
  • 約50km/h(充電式)
  • 30km/h
  • 80.0km/L
  • 80.0/L
  • 30km/h
  • 66.0km/L
  • 80.0km/L
  • 80.0km/L
  • 94.0km/h

まとめ

ここまで、おすすめのスクーターをランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。気になるものは見つかりましたでしょうか。

 

スクーターは、人によっては、無くても困るものではないかもしれません。しかし、1台あると非常に便利で、1度この便利さを体感すると、手放せなくなってしまうでしょう。

 

スクーターが初めての方も、そうでない方も、ぜひ1台に手に入れて、これまでの生活をより快適なものに変えてみませんか。きっと、新しい発見や楽しさが待ち受けているはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ