記事ID136141のサムネイル画像

【タフな時計の代名詞】G-SHOCKのおすすめ人気ランキング10選

タフな腕時計の定番「G-SHOCK」。メンズの腕時計を語る上で外せない存在です。耐衝撃性に優れた実用性とタフなルックスに、男なら一度はあこがれたことがあるのではないでしょうか?ここではG-SHOCKの選び方とおすすめ10本をランキング形式で紹介します。

Gショックとは?

G-SHOCK(ジーショック)は、国産時計メーカーである「CASIO」が、1983年(昭和58年)から販売している腕時計のブランドです。「G-SHOCK」の『G』とは、英語で重力を意味するGravity(グラビティ) から名付けられており、高所からの落下にも耐えられる耐衝撃性能が最大のポイントとなっています。

 

アメリカに輸出した当時「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というキャッチコピーが使用されており、「誇大広告ではないか?」と疑う人が続出。しかし、テレビ番組で実際にプロホッケー選手のシュートや、トラックで踏み潰すなどの検証が行われ、故障しないことを証明されました。これをきっかけにアメリカで人気爆発。すぐに国内でも人気となり、今もたくさんのファンがいる国産腕時計を代表するブランドの一つです。

 

Gショックの選び方

ここからはG-SHOCKの選び方について紹介していきます。G-SHOCKと一言でいっても、さまざまなデザインや機能、価格帯もモデルによってピンキリです。そんな数ある中から、自分にとっての一本を選ぶ基準は人それぞれだと思います。選び方をいくつか簡単に紹介しますので、自分の欲しいと思うポイントをチェックしてみてください。

表示形式で選ぶ

同じG-SHOCKの中でも、モデルによって自国の表示形式に違いがあることをご存知でしょうか?シーンや使い方によってそれぞれメリットとデメリットが存在するので、以下の3つの表示形式を参考にしてみてください。

デジタル方式

時分秒の全てを液晶画面で表示する方式を、一般的にデジタル方式と呼びます。現在時刻を秒単位まで正確かつ瞬時に把握できるのがデジタルの良いところ。基本的には電気的な仕組みでできているので、計時以外の機能も盛り込みやすくなっています。歯車やモーターなど、外力の影響を受けるパーツがない為に大量生産がしやすく、信頼性の向上にもつながっています。

 

ビジネスシーンとはあまり相性がよくありませんが、スポーツやアウトドアとの相性がいいのはデジタルとなります。他人を気にすることがないシーンにおいては、まじまじと時計を見ることが可能。例えばランニング中等は、誤解なく時刻や計測時間などを読み取り、ペース配分などの計算をすることができるので、デジタル時計がおすすめです。

アナログ方式

時分秒の全てを針で表示する方式を、一般的にアナログ方式と呼びます。針が文字盤のインデックスをさして時刻を示します。動いているか止まっているかハッキリしているデジタル式とは、対極的な動きになります。針は円形に動くので、現在時刻を「大体今何時なのか」直感的に把握しやすいのがアナログ方式の利点です。



デザイン的にはビジネスシーンとの相性が良いのが特徴です。特にクロノグラフなどの多針モデルは、スマートで知的な印象を与えます。また、急いでいるときや運転中など、時計を集中して見ていられないときには、ちらっと見るだけで時刻が把握できるアナログ時計の方がシーンにマッチしているといえるでしょう。

アナデジ方式

アナデジとは、その名の通りアナログ+デジタルという意味で、アナログ機能とデジタル機能の両方を搭載した腕時計のことです。国産だとカシオのイメージが強く、G-SHOCKならではの表示形式といえるでしょう。

 

時分秒は針で示し、カレンダー表示がデジタルの小窓で示されるのがG-SHOCKでは多いタイプです。実用性はもちろんの事、そのメカメカしさもデザイン的な魅力があります。

機能で選ぶ

G-SHOCKのメーカーであるCASIOの正式な名称は、カシオ計算機株式会社です。あまり知られていませんが、元々は計算機の開発から始まったメーカーです。その為、Gショックに限らず、カシオが作る腕時計にはモジュール(時計の心臓部)に様々な付加機能が搭載されているのが特徴です。

 

ここでは、G-SHOCKに搭載されている様々な機能のうちの一部を紹介していきます。

バックライト

バックライトは、工事現場や夜道を歩く際など、暗闇で時間を確認したいときに便利な機能の一つです。特にデジタル表示形式のモデルに採用されていることが多いです。

 

G-SHOCKの一部のモデルには、「オートライト」と呼ばれる特殊機能が採用されているモデルもあります。腕を40度以上傾けるだけで自動的にバックライトが点灯するようになっており、非常に便利な機能となっています。

ワールドタイム

ワールドタイム機能とはプリセットされた世界の都市と特定エリアの時刻を簡単に表示する機能の事です。 旅行や出張時だけでなく、 海外へ電話をかける時、 取引先の現地の時刻をすぐに確認したいときにも重宝します。

 

通常のアナログ式の腕時計ではあまりついていない機能の一つであり、説明書通りに操作すればだれでも簡単に操作することができます。旅行や出張をよくする方にお勧めの機能です。

Bluetooth

昨今増えてきたのが、Bluetooth機能を搭載したG-SHOCKです。Bluetoothによって手持ちのスマホをリモート操作し、なおかつスマホの情報をG-SHOCK上に表示することができます。スマホの時刻情報とリンクし時刻を自動修正することも可能。そのほか、多彩なアプリと連携することで、腕時計の可能性を広げてくれます。 ユニークな機能の一つとしては、スマホの置き忘れ防止機能があげられます。頻繁にスマホをなくしたり忘れたりする方にはうってつけの機能といえるでしょう。

素材で選ぶ

同じG-SHOCKの中でも、モデルによって使われている素材に違いがあることをご存知でしょうか?シーンや使い方によってそれぞれメリットとデメリットが存在するので、以下の3つの素材を参考にしてみてください。

ウレタン素材

最も多くのG-SHOCKに使われている、代表的ともいえる素材がウレタン樹脂です。ウレタン樹脂のメリットは、金属製の腕時計と比べて圧倒的に軽いことです。また、G-SHOCKの場合はケースからバンドまでが繋がって一体成型されているので、フィット感の向上にも貢献しています。

 

金属と違ってデザイン的に自由な形を作りやすいのもウレタン樹脂の特徴の一つ。ゴツゴツとした特徴的なシルエットは、実はウレタン樹脂だからこそできる形であるとも言えます。

メタル素材

G-SHOCKのシリーズラインナップの中には、「G-STEEL」と呼ばれる金属製のモデルが存在します。シャープなメタル製のデザインは、カジュアルからフォーマルまで幅広くフィットしてくれること間違いなし。どこでも違和感なく使えるバランスのとれたデザインといえるでしょう。

 

ウレタンと比べるとさすがに重みを感じますが、腕もとに感じるズッシリとした重みにも着用感という意味では満足につながる要素の一つです。また、経年変化による加水分解などが起きないのも金属のメリットの一つ。大事に使えば一生モノと言えるでしょう。

ナイロン素材

あまり種類は多くありませんが、G-SHOCKの中にはナイロン製のバンドがセットされたモデルも存在します。ナイロンバンドの魅力は、なんといってもミリタリーライクなデザインテイスト。タフで機能的なコンセプトのG-SHOCKには相性抜群です。

 

軽量で蒸れにくいという機能面でのメリットも挙げられます。特に夏場は汗をかくので、ナイロンバンドの通気性の高さは手首の不快感の軽減に一役買ってくれることでしょう。

G-SHOCKのおすすめランキング10選

第10位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK Solid Colores ソリッドカラーズ DW-5600BB-1JF

価格:7,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

潔いオールブラック

徹底的にブラックにこだわり、プレーンな素材感をそのまま感じられる同一色のワントーンでまとめられた一本。ボディとバンドのマットカラーが、シンプルな色使いであるがゆえに時計自体のフォルムを強烈に際立たせています。

 

液晶は反転液晶を使うことで黒の面積を増やすという徹底ぶり。バックライト搭載なので、夜間の視認性も問題ありません。ファッションアイテム感覚で身につけられる、ソリッド感のあるデザインが個性的なモデルです。

 

表示形式デジタル素材ウレタン樹脂
第9位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK DW-5600M-3JF

価格:9,570円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミリタリーファッションとの相性抜群モデル

ファッションの定番、ミリタリーテイストを基調としたテイストの一本。ベースカラーにはミリタリーファッションで用いられるカラーの代表であるカーキが採用されています。液晶画面の外枠にホワイトを組み合わせることで、ミリタリーながらも重くなりすぎず、すっきりとしたデザインに仕上がっているのか特徴的です。

 

ベースモデルには、定番モデルであるDW-5600を採用。ベゼル・バンドは落ち着いたマット素材を用い、ミリタリーテイストでありながらコンテンポラリーなデザインに仕上がっています。カジュアルファッションシーンで幅広く活躍するモデルといえるでしょう。

 
表示形式デジタル素材ウレタン樹脂
第8位

CASIO

G-SHOCK GA-100-1A2

価格:8,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラック×ブルーの絶妙なコンビネーション

マットブラックに深みのあるブルーが特徴的な一本。昨今流行中のストリートファッションとの相性もよさそうです。文字盤デザインはアナデジとなっており、4つの大型液晶表示と、軽量で耐衝撃性に優れたアルミ製の大型時分針により構成されています。アナログとデジタル表示がシンメトリーにレイアウトされ、ダイナミックでありながらもバランスの取れたデザインとなっています。

 

機能面においては、1/1000秒ストップウオッチや速度計測機能等、様々な機能を搭載。JIS1種の耐磁性能を有し、高い実用性を誇ります。さらにワールドタイム機能も有しており、コストパフォーマンスに優れた一本といえるでしょう。

表示形式アナデジ素材ウレタン樹脂
第7位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK GA-100CF-1A9JF

価格:7,866円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大胆なカモフラージュ柄

ストリートシーンにおいて多くのファッションブランドが注目しているカモフラージュ柄を文字板に取り入れたモデルです。ベースモデルにはGA-100と呼ばれる迫力のビッグケース型を採用。ケースの直径は51mmとインパクト抜群です。

 

ボディ・バンドのベースカラーにはブラックを採用する一方で、時分針・インデックスにゴールドを用いることで、シックな色使いの中でもアクセントが効いたクールな表情に仕上がっています。腕を40度以上傾けるとバックライトが自動的に点灯する「オートライト」も搭載。実用性とファッション性を兼ね備えた一本です。

表示形式アナデジ素材ウレタン樹脂
第6位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK G-300G-9AJF

価格:8,751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インパクト抜群なゴールド×ブラック

「トレジャーゴールド」と呼ばれる個性的なゴールド色の一本。 ゴールドIPを施したメタルパーツに加え、ブラック樹脂部分には光沢塗装が施されています。時分針や文字板印刷にもゴールド塗装が施されていますが、特筆すべきは液晶の文字部分にゴールドが採用されている点でしょう。なかなか他のモデルでは見られない意匠です。

 

液晶表示は上段が時刻、下段が大型の曜日表示となっており、実用性は抜群です。タフで道具間のあるデザインが主流のG-SHOCKの中で、一際ゴージャスな雰囲気を醸し出しているレアな一本といえるでしょう。

表示形式アナデジ素材ウレタン樹脂
第5位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK DW-5750E-1JF

価格:7,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

待望の復刻版・丸型ベーシックモデル

知る人ぞ知るG-SHOCK初期の丸型モデル、通称「スティング」モデルと呼ばれる一本が、G-SHOCK35周年を機に復刻されたモデルです。オリジナルは1987年にリリースされたDW-5700系と呼ばれる型で、日本未発売の希少なモデルでした。現在でも定番として人気の角型モデルDW-5600と並び、初期を代表するモデルの一つです。

 

復刻モデルでありながらも限定ではなく、現在も普通に購入できるのがうれしいポイント。注意すべき点として、裏蓋がオリジナルモデルのスクリューバックではなく、ねじ止めのパネルバックになっている点が挙げられます。とはいえ、防水性能は20気圧を謡っているので、スペック面での低下という訳ではないので安心です。

表示形式デジタル素材ウレタン樹脂
第4位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK G-STEEL スマートフォン リンク カーボン ベゼル GST-B100XA-1AJF

価格:58,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーボン・メタル・ウレタンの異素材ハイブリッド

Gショックには、G-STEELと呼ばれる、ケース素材にステンレスを採用したラインのモデルが存在します。ウレタンとメタルを組み合わせることにより、素材の良さを組み合わせているのが特徴ですが、そこへ更にカーボン素材をベゼルに用いたのがこの一本。軽量かつ高剛性が特徴のカーボン素材は、耐衝撃性のアップに貢献しています。

 

ガラスには傷に強く反射率の低いサファイアガラスを用いて、強さと美しさを両立。また、肉厚のウレタンバンドには、表面にスポーティなパターンを施し、裏面にブルーをあしらった新しい2色成形バンドを採用。遊環はメタルパーツにすることで摩耗を軽減しています。また、文字板にアクセントとしてブルーをあしらい、バンド裏面のカラーと合わせたコーディネートが施されています。最先端素材と技術革新の積み重ねによる、Gショックならではのモデルです。

表示形式アナログ素材ウレタン/ステンレス/カーボン
第3位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK DW-5900-1JF

価格:7,867円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知る人ぞ知る「三つ目」モデル

生誕35周年を機に「原点回帰」をテーマに復刻されたDW-5900と呼ばれるモデル。Gショック初期のベーシックモデルで、従来の液晶搭載モデルと比べ斬新な3つのデジタルグラフィックが特徴的でした。1990年に海外で先行発売されると、アメリカ西海岸のスケーターを中心に大ヒット。その後日本にも逆輸入され、すぐに人気となります。スケートやヒップホップといったストリートカルチャーと初めて密接にリンクしたのがこのDW-5900といえるでしょう。

 

デザイン面においては、発売当初の文字板表記の色に至るまで忠実に再現されています。また、基本スペックであるストップウオッチ、タイマーに加え、EL バックライトなど実用的な機能も完備。90年代のストリートカルチャーが再燃中の今、待望の復刻です。

表示形式デジタル素材ウレタン樹脂
第2位

CASIO(カシオ)

G-SHOCK DW-5600LU-2JF

価格:9,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナイロンバンド×ネイビーがどんなシーンにもマッチ

引き通しのナイロンバンドを採用した、G-SHOCKとしては珍しい組み合わせの一本。裏面のカモフラージュ柄と表面の単色カラーでリバーシブルに使用可能となっています。ベース型は定番スクエアデザインのDW-5600となっており、全体的にマットな質感の仕上がりとなっています。

 

G-SHOCKに限らず、多くのウレタンバンドの宿命ですが、経年変化によって加水分解が起きてしまうとひび割れが入ってきてしまいます。しかし、この引きとおしタイプのナイロンバンドなら自分で取り換えることが可能。市販品のナイロンバンドと取り換えて自分好みのカスタムを楽しめるのも魅力的です。

表示形式デジタル素材ウレタン樹脂/ナイロン
第1位

Casio(カシオimport)

G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色褪せない定番

G-SHOCKといえばまずはこの形を頭に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?通常スピードモデルと呼ばれるこのモデルは、「DW-5600」という型番で呼称されています。映画「スピード」の主演俳優がつけていたことで爆発的なヒットとなり、以降スクエア型のG-SHOCKは「スピードモデル」もしくは「DW-5600」という愛称で親しまれています。

 

防水性・耐衝撃性等、G-SHOCKに求められる基本的な機能はもちろん備えつつ、ELバックライトを採用することで利便性をさらに高めています。「オートライト」機能により、腕を40度傾けることで暗闇でもすぐに時刻を確認することが可能。まさに定番、鉄板ともいえる、G-SHOCKのおすすめモデルです。

表示形式デジタル素材ウレタン樹脂

G-SHOCKのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4965578の画像

    Casio(カシオimport)

  • 2
    アイテムID:4965565の画像

    CASIO(カシオ)

  • 3
    アイテムID:4965524の画像

    CASIO(カシオ)

  • 4
    アイテムID:4965518の画像

    CASIO(カシオ)

  • 5
    アイテムID:4965487の画像

    CASIO(カシオ)

  • 6
    アイテムID:4965470の画像

    CASIO(カシオ)

  • 7
    アイテムID:4965465の画像

    CASIO(カシオ)

  • 8
    アイテムID:4965457の画像

    CASIO

  • 9
    アイテムID:4965452の画像

    CASIO(カシオ)

  • 10
    アイテムID:4965444の画像

    CASIO(カシオ)

  • 商品名
  • G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V
  • G-SHOCK DW-5600LU-2JF
  • G-SHOCK DW-5900-1JF
  • G-SHOCK G-STEEL スマートフォン リンク カーボン ベゼル GST-B100XA-1AJF
  • G-SHOCK DW-5750E-1JF
  • G-SHOCK G-300G-9AJF
  • G-SHOCK GA-100CF-1A9JF
  • G-SHOCK GA-100-1A2
  • G-SHOCK DW-5600M-3JF
  • G-SHOCK Solid Colores ソリッドカラーズ DW-5600BB-1JF
  • 特徴
  • 色褪せない定番
  • ナイロンバンド×ネイビーがどんなシーンにもマッチ
  • 知る人ぞ知る「三つ目」モデル
  • カーボン・メタル・ウレタンの異素材ハイブリッド
  • 待望の復刻版・丸型ベーシックモデル
  • インパクト抜群なゴールド×ブラック
  • 大胆なカモフラージュ柄
  • ブラック×ブルーの絶妙なコンビネーション
  • ミリタリーファッションとの相性抜群モデル
  • 潔いオールブラック
  • 価格
  • 5000円(税込)
  • 9070円(税込)
  • 7867円(税込)
  • 58210円(税込)
  • 7404円(税込)
  • 8751円(税込)
  • 7866円(税込)
  • 8400円(税込)
  • 9570円(税込)
  • 7898円(税込)
  • 表示形式
  • デジタル
  • デジタル
  • デジタル
  • アナログ
  • デジタル
  • アナデジ
  • アナデジ
  • アナデジ
  • デジタル
  • デジタル
  • 素材
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン樹脂/ナイロン
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン/ステンレス/カーボン
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン樹脂
  • ウレタン樹脂

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここではG-SHOCKの選び方や、おすすめのG-SHOCKをランキング形式で紹介してきました。ランキングで紹介してきたように、G-SHOCKにもさまざまなデザインや機能性の商品が販売されているのです。

 

数あるG-SHOCKの中から、是非お気に入りの商品を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ