記事ID136121のサムネイル画像

【快適な寝心地】キャンプエアーマットのおすすめ人気ランキング10選

エアーマットというアイテムをご存知でしょうか。空気で膨らますタイプのマットレスのようなものでキャンプや車中泊などで使えるのでおすすめです。この記事ではキャンプエアーマットをランキングで紹介していますので、最後まで目を通して頂くことをおすすめします。

キャンプエアーマットで外泊もラクラク

週末や連休のキャンプ・ツーリングは非日常感を味わえるイベントですよね。しかしそんな貴重な時間を日帰りで終わらすのはもったいないと思われる方も多いでしょう。どうせならアウトドアらしく設営して一泊二泊の野宿などを楽しみたいものです。

 

外泊するにあたって快適な睡眠時間を確保できるかは大事なポイントです。いつもと違う環境に心を躍らせていても身体は意外と疲れているものです。寝心地が悪く、良く眠れないとせっかくの楽しさも半減してしまいます。そこで活躍するのがキャンプエアーマットです。

 

キャンプエアーマットは空気で膨らませるタイプの携帯型マットレスです。使わないときは折りたたんで収納できるので、車やバイクはもちろんリュックにでも入れて持ち運べる手軽さが魅力です。クッション材が内蔵されているので、これがあれば硬い床で寝ることも無くなります。

キャンプエアーマットの選び方

キャンプエアーマットは多数のメーカーが手掛けておりタイプも様々なので、何を選べばよいかお悩みも方も多いでしょう。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきます。

給気方式で選ぶ

エアーマットを使用するには空気を入れることが必要ですが、その方法にはいくつかタイプがあります。エアーマットを快適に使えるかどうかに大きく関わりますのでしっかり選びましょう。

手動エアポンプタイプ

キャンプで設営する場所にいつも電源があるとは限りません。電気に頼らずに生活するのがある意味で真のアウトドアと言えます。またエアーマットを持ち運ぶ際になるべく荷物の量を減らして軽くしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方に向いているのがオーソドックスな手動ポンプ式です。自力でポンプを動かして空気を注入していくので、電気がなくてもエアーマットを膨らますことができます。特に足でポンプを踏んで空気を入れるタイプは、少ない力で給気出来るのでおすすめです。

 

電気ポンプ式と違ってシンプルな分荷物が嵩張らないのもメリットと言えます。ただし膨らませる際に時間と労力が掛かってしまうので、夏場など一時でも早く設営して休みたいときなどは少し手間に感じてしまうかもしれません。

自動エアポンプタイプ

エアーマットを使うようなときはなるべく早く横になりたいと思っている事でしょう。一刻も早く日陰で休みたい夏場は、手動で空気を入れるタイプで給気する作業だけで汗をかいてしまいます。またエアーマットに目一杯空気を入れるのも大変です。

 

車や携帯バッテリー、あるいはキャンプ場の現地設備を確認して電源が確保できる場合は自動エアポンプ式のエアーマットがおすすめです。ポンプを電源とエアーマットに接続してスイッチを押せば自動で空気を満杯にしてくれるので設営がスムーズに行えます。

 

電源の種類はコンセント式・シガー電源式・乾電池式などがあります。電池を定期的に交換する手間とコストは掛かりますが、乾電池式は手動タイプと同じように何時どんな状況でも活躍します。事前にしっかり準備するのであれば固定電源式がパワフルでおすすめです。

エアソファタイプ

本格的なマットレス型でなくソファのような形状のものでも十分睡眠が取れるという方も中にはいらっしゃるでしょう。また日帰りのキャンプやツーリングで、エアーマットを使う予定は無いが少し休息が取れる程度のクッションは持っていきたい場合もありますね。

 

そんなときにおすすめなのがエアソファタイプです。エアーマットと違ってコンパクトで、口を広げて中に空気を取り込むようにして膨らませる構造になっています。給気口を空けて風に当てるか、持ったまま走ることで直ぐに空気が入りソファの形状になります。

 

給気ポンプも使わないため省スペースに収納でき、軽量で持ち運びに便利なのがメリットです。しかしエアーマットに比べると簡易的なものであり、あまり大きな体重をかけたり長時間使用すると空気が抜けてしまうので注意しましょう。

機能性で選ぶ

エアーマットはキャンプや車中泊、あるいは自宅など幅広いシチュエーションで使えるのが魅力ですが、実用に耐えうる機能を持っているかどうかはしっかりとチェックしましょう

コンパクトタイプ

キャンプやツーリングに必要な道具は多いので、荷物が嵩張ってしまうことがよくあります。カバンが重たくなりすぎてストレスにならないように、なるべく持ち物は減らすか省スペースかつ軽量なものをチョイスしたいですよね。

 

エアーマットは空気の漏れや素材の破損を防ぐために頑丈に作られており、折りたたんでもそれなりの大きさと重量感があります。動きやすさを重視するならエアーマットはコンパクトで軽いものを選ぶことをおすすめします。

 

マット部分の大きさが同じでも素材やポンプのつくりによって重さは変わってきますので、購入前にしっかりチェックしましょう。また携帯性を重視するなら、空気を抜いて小さく折りたたんだ状態を維持できる収納袋が付いているものをおすすめします。

高断熱タイプ

エアーマットはキャンプでの野宿や車中泊で使われることが多いですが、睡眠中の温度管理はとても大事です。マットレスや布団で保温可能な自宅の寝床とは違って、体温維持に必要な寝具が十分整っていないアウトドア環境では体調を崩しがちです。

 

アウトドアの場合は外気で冷やされた地面がテントの真下にあるので、体温が地面に吸収されないよう床からの冷気をしっかりと遮断できるエアーマットを選びましょう。せっかくのキャンプでストレスを抱えないためにも断熱性に優れたエアーマットを選んで快適に眠りたいですね。

 

基本的に見た目が分厚いものであれば、空気の層が熱をしっかり遮ってくれます。薄くても保温性能に優れているものもあるので、使われている素材やユーザーの感想なども参考にする必要があります。楽しいイベントで体調を崩すことの無いようここはしっかりチェックしましょう

高耐久タイプ

アウトドア用品は機能性も大事ですが、繰り返し使う上で耐久性も重要なポイントです。特にエアーマットは空気を入れて使用するものですので、すこしでも穴が開いてしまうと使えなくなってしまいます。せっかく購入するのですから長く使いたいですよね。

 

エアーマットを選ぶ際には、使用されている素材なども確認してどのくらい丈夫であるかもチェックしましょう。基本的には高価なモデルほど頑丈に作られています。安価なものでも丁寧に扱って長期間持たせるか、使い捨てとして割り切っても良いかも知れません。

 

実際に使用する際には、特にキャンプではテントの設営場所から気を付ける必要があります。少し尖ったものが落ちているだけでエアーマットに穴が開き、使えなくなってしまうということもありますので注意しましょう。

メーカーで選ぶ

個々の商品を比較検討する前にまず信頼できるメーカーで絞っていくという選び方も良いですね。エアーマットやアウトドア用品で有名なブランドを3つ紹介します。

INTEX(インテックス)

インテックスはエアーベッドの製造販売で世界的なシェアをもつアメリカのメーカーです。弾力性を重視した厚めのモデルが多く、デザインにもこだわっているのでアウトドアだけでなく普段使いのベッドとしてもおすすめできます。

 

高級感のあるフォルムはお部屋のインテリアにもすんなりと馴染むでしょう。インテックスのエアーマットはほとんどのモデルに電動ポンプが内蔵されているのが特徴です。給気・排気ともに自動かつ短時間で行えるので使用するのに手間が掛かりません。

 

ポンプのダイヤルを調節するだけで力は必要ないので、どなたでも簡単に使えるのが嬉しいですね。従来のエアーマットの課題であった腰部分の沈み込みを、数千本の特殊繊維を素材に織り込むことで解決しています。寝心地にこだわるならインテックスはおすすめです。

mont-bell(モンベル)

モンベルは国内アウトドアブランドとして知らない方はいないと言っても良いほど有名なブランドですね。大阪府大阪市に本社を置くモンベルは、1975年に日本人のトップクライマーである辰野氏が創業したのが始まりです。

 

登山向けのアパレルをはじめ、キャンプ用品やアウトドア関連のグッズを幅広く取り扱っています。高品質で手ごろな価格帯であるため、たくさんのアウトドア愛好者から支持を得ています。そんなモンベルのエアーマットは独自の給気技術が特徴的です。

 

クッション性と断熱性も高く、持ち運びやすさにも配慮された設計でバランスの取れた製品が多いのでおすすめです。ULコンフォートシステムと呼ばれる機能を搭載したモデルであれば、複数のアイテムを組み合わせて使うこともできます。

Coleman(コールマン)

コールマンはアメリカ・カンザス州に本社を置く、キャンプ用品の製造販売メーカーです。1900年頃にオクラホマ州でガソリン式ランプの販売で創業したのが始まりです。世界的手に有名な米国ブランドで、日本国内でも人気があります。

 

アウトドア愛好者の中でこのコールマンを知らないという方は殆どいないでしょう。もちろんエアーマットも取り扱っていますが、コールマンの製品は全体的に厚みがありしっかりと睡眠が取れるように設計されています。

 

アメリカのメーカーであるためかサイズはやや大きめのモデルが多いですが、折りたたむと非常にコンパクトにできる技術の高さはさすがの大手企業です。キャンプ・車中泊・来客用の常備ベッドなど幅広い用途に使える優れものをリリースしているメーカーです。

キャンプエアーマットの人気ランキング10選

第10位

mont-bell(モンベル)

U.L.コンフォートシステムパッド30#

価格:3,373円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手ブランドのコンパクトマット

アクセントカラーがカワイイこちらの商品は、アウトドア大手ブランド「モンベル」のコンパクトタイプのエアーマットです。同社の独自技術であるULコンフォートシステムは、同じ規格をもったモデルを組み合わせて使うことができる優れた機能です。

 

エアーマットとしては小型ですので、しっかりと横になって睡眠をとるには少し物足りないかも知れませんが軽くても持ち運びやすいので非常に扱いやすいです。付属のスタッフバッグはラフに畳んでも収納できるよう少し大きめに作られています。

使用サイズ30×50×2.5cm収納サイズ2.5×25cm
素材40デニール・ナイロン重量0.1kg
給気方式手動断熱効果
第9位

peak motion

エアーソファー

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さくても耐荷重200kg

ポップなカラーが可愛らしいこちらの製品は、生地の素材に210Dオックスフォードを使用し使い勝手と耐久性を兼ね備えた製品です。裏地にはポリエチレンを二重に張り合わせているので破れにくく長期間に渡って使っていけます。水洗いが出来るのも嬉しいですね。

 

給気にポンプを使わず、口を開いたまま10秒くらい走ると中に空気が入りソファとして使うことが出来ます。コンパクトで携帯性も高い上にカラーバリエーションも全部で8色と豊富なので、キャンプのお供にお好きなカラーをいかがでしょうか。

使用サイズ210×70cm収納サイズ40cm×22cm
素材210Dオックスフォード重量1kg
給気方式手動断熱効果-
第8位

Naturehike

エアーマット

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高耐久性の万能マット

発色の良いカラーが印象的なこちらは、大人1人分が収まる大きさでありながら1kgを切る軽さを実現しているエアーマットです。折りたたんでコンパクトに収納できるので、持ち運びも苦になりません。使用時は10-15回息を吹き込むだけで膨らませることが出来ます。

 

小さな空気の部屋を何層にも分ける「エアセルタッチ」技術を採用し、体重をバランスよく分散して体を支えます。またエアの厚みは6cmあり、地面の硬さや冷たさからしっかり守ってくれます。二重バルブで空気漏れをしっかり防ぎ、長時間熟睡できる優れたマットです。

使用サイズ195x59x6.5cm収納サイズ30×10x10cm
素材二重層TPUナイロン重量0.4kg
給気方式手動断熱効果
第7位

MIROCOO

エアーキャンプマット

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドポンプ付きで使用簡単

先進的なデザインと明るいカラーが特徴のこちらのエアーマットは、付属のハンドポンプで1分程度給気すればすぐに使うことができます。軽量で折りたたむとコンパクトに収まるので、バックパックのサイドポケットに入れて持ち運ぶことも出来ます。

 

生地にははTPUコーティングを施した40Dナイロンを使用しており、摩擦や衝撃に強いだけでなく防水仕様にもなっています。エアの厚みは6.3cmを実現しており、地面の凹凸や冷気から身体をしっかりガードしてくれるのでオールシーズン使えます。

使用サイズ190×60cm収納サイズ20×13cm
素材40Dナイロン重量0.5kg
給気方式手動断熱効果
第6位

INTEX

エアーベッドダブル

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界の大手米国ブランド

落ち着いたカラーリングとデザインが特徴的なこちらは、エアーベッドで有名なアメリカ企業インテックス社の製品です。厚さは23cmとマットレス並みの高さを確保できるので、寝心地・保温性共に優れているエアーマットと言えるでしょう。

 

空気の入れ具合によってマットの硬さを調節できるのも嬉しいですね。防水性で汚れにくい素材を使用しているので、常に清潔な状態で使うことが出来ます。キャンプや車中泊にはもちろん、自宅での普段使いやゲスト用に一つ持っておいてはいかがでしょうか。

使用サイズ137×191×23cm収納サイズ-
素材ポリ塩化ビニール重量4.3kg
給気方式手動断熱効果
第5位

Asanagi

エアーマット

価格:3,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながら耐荷重300kg

幾何学的な模様とアグレッシブなカラーリングが印象的なこちらは、大人一人が収まる大きさのエアーマットでありながら空気を抜くと500mlペットボトルほどの大きさになります。重さも590gと軽量なので、カバンに入れてどこへでも持って出かけることが出来ます。

 

素材にはTPUコーティングされた40Dナイロンを用いており、通気性・耐久性・防水性とアウトドア使用に求められるベーシックな機能を備えた実用性の高いエアーマットと言えるでしょう。使用時は20回ほど息を吹き込めば、すぐに横になることが出来ます。

使用サイズ195x61x6cm収納サイズ20×10cm
素材40Dナイロン重量0.59kg
給気方式手動断熱効果
第4位

PORMIDO

エアーマット

価格:5,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新のエアセルタッチ技術を採用

さわやかな色合いと蜂の巣のような縫い目が特徴のこちらのエアーマットは、均等に配置されたエアクッションがバランスよく身体を支えてくれます。5.5cm幅の空気の層が身体の曲面にフィットして、地面の凹凸や冷気によるストレスをしっかり低減する効果があります。

 

耐久・防水・通気に優れた41Dナイロンをメイン素材に使用しており、水洗いが可能なので常に清潔な状態を保てるのが嬉しいですね。軽量かつ折りたたみ時にはコンパクトになるよう作られているので、キャンプやツーリングにぴったりの商品です。

使用サイズ193x60x5.5cm収納サイズ22×9×9cm
素材41Dナイロン重量0.46kg
給気方式手動断熱効果
第3位

AirExpect

エアーベッド

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動ポンプ内蔵の重厚マット

ビニールプールのようなボリューム感のこちらは、厚さ38cmと余裕を持ったサイズのエアーマットです。表面の生地はベロア調の加工が施されており、優しい肌触りを実感していただけます。

 

空気を抜いて収納バッグに収まれば場所を取らず、綺麗な状態で保管しておけます。アウトドアや車中泊、ゲスト用のベッドとしてもおすすめなクォリティの高いエアーマットです。

使用サイズ188x99x38cm収納サイズ28×15×29cm
素材PVCポリ塩化ビニル重量5kg
給気方式自動断熱効果
第2位

AYCLIF

エアーベッド ダブルサイズ

価格:8,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボリューム大の二人用マット

軽量かつ丈夫な素材を用いた、ダブルサイズの大型エアーマットです。自動給気ポンプを内蔵しており、電源に接続して4-5分待つだけで快適なベッド環境を作ることが出来ます。

 

来客用としても十分ですし、電源が確保できる場所であればキャンプやツーリングにもおすすめです。空気の入れ具合で柔らかさを調節できるので、好みの感触で質の高い睡眠をとることが出来ます。

使用サイズ187×137×45cm 収納サイズ26×43×56cm
素材PVC素材重量7kg
給気方式自動断熱効果
第1位

コールマン(Coleman)

テントエアーマット

価格:12,811円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質な有名ブランド製

テントのフロア一杯に敷き詰めることを想定したこちらのエアーマットは、アウトドア用品では言わずと知れた大手メーカー「コールマン」製です。テントで寝ているという事を忘れるほど、快適な寝心地を提供してくれるとレビューでも好評です。

 

一度使うとこれなしではキャンプに行けなくなるほど、優れたエアーマットです。ただしサイズは大きめなので使用を想定している場所できちんと敷けるかどうかは事前に確認しましょう。

使用サイズ255×189×14cm収納サイズ-
素材PVC重量7.3kg
給気方式-断熱効果

キャンプエアーマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4964404の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:4964380の画像

    AYCLIF

  • 3
    アイテムID:4964353の画像

    AirExpect

  • 4
    アイテムID:4964328の画像

    PORMIDO

  • 5
    アイテムID:4964311の画像

    Asanagi

  • 6
    アイテムID:4964294の画像

    INTEX

  • 7
    アイテムID:4964281の画像

    MIROCOO

  • 8
    アイテムID:4964261の画像

    Naturehike

  • 9
    アイテムID:4964226の画像

    peak motion

  • 10
    アイテムID:4964190の画像

    mont-bell(モンベル)

  • 商品名
  • テントエアーマット
  • エアーベッド ダブルサイズ
  • エアーベッド
  • エアーマット
  • エアーマット
  • エアーベッドダブル
  • エアーキャンプマット
  • エアーマット
  • エアーソファー
  • U.L.コンフォートシステムパッド30#
  • 特徴
  • 高品質な有名ブランド製
  • ボリューム大の二人用マット
  • 電動ポンプ内蔵の重厚マット
  • 最新のエアセルタッチ技術を採用
  • コンパクトながら耐荷重300kg
  • 業界の大手米国ブランド
  • ハンドポンプ付きで使用簡単
  • 高耐久性の万能マット
  • 小さくても耐荷重200kg
  • 大手ブランドのコンパクトマット
  • 価格
  • 12811円(税込)
  • 8999円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 5880円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 4380円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 3373円(税込)
  • 使用サイズ
  • 255×189×14cm
  • 187×137×45cm
  • 188x99x38cm
  • 193x60x5.5cm
  • 195x61x6cm
  • 137×191×23cm
  • 190×60cm
  • 195x59x6.5cm
  • 210×70cm
  • 30×50×2.5cm
  • 収納サイズ
  • -
  • 26×43×56cm
  • 28×15×29cm
  • 22×9×9cm
  • 20×10cm
  • -
  • 20×13cm
  • 30×10x10cm
  • 40cm×22cm
  • 2.5×25cm
  • 素材
  • PVC
  • PVC素材
  • PVCポリ塩化ビニル
  • 41Dナイロン
  • 40Dナイロン
  • ポリ塩化ビニール
  • 40Dナイロン
  • 二重層TPUナイロン
  • 210Dオックスフォード
  • 40デニール・ナイロン
  • 重量
  • 7.3kg
  • 7kg
  • 5kg
  • 0.46kg
  • 0.59kg
  • 4.3kg
  • 0.5kg
  • 0.4kg
  • 1kg
  • 0.1kg
  • 給気方式
  • -
  • 自動
  • 自動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 断熱効果
  • -

まとめ

キャンプエアーマットを購入するにあたって事前のリサーチは必要ですが、できれば店舗で実物の肌触りや反発力などを確認できると良いですね。全く同じ商品でなくても、同じ価格帯であれば参考になることはたくさんあるでしょう。最後までご覧頂きありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ