記事ID136095のサムネイル画像

【快適な睡眠タイムを】人気エアベッドのおすすめランキング10選

キャンプや車中泊の際にはもちろん、来客時など自宅でも使用できる便利なエアベッド。持ち運びができ、使わない時はコンパクトに収納できるなど様々な利点があります。今回はそんなエアベッドの選び方のポイントとおすすめ商品10選を紹介していきたいと思います。

エアベッドを使うメリット

エアベッドとはその名前の通り空気を利用して膨らませるベッドのことです。一般的なベッドとは違い使わない時は小さくコンパクトに収納でき、重さも軽量ですので持ち運びがしやすいです。そのためキャンプなどのアウトドアで使用される方も多くいます。

 

エアベッドは空気の入れ具合を調整することでベッドの硬さが簡単に調整できるというメリットもあります。ベッドの硬さの好みは人それぞれですので、使う人の好みや体調に合わせて硬さを変えればよりリラックスして快適な睡眠を取ることができます。

 

キャンプなどに行かれる方はもちろん、エアベッドがあれば急な来客時にも対応することができますし、車内で使用できる大きさのものを買えば非常時などにも役に立ちます。エアベッドは収納に場所を取る心配もない便利なアイテムです。

エアベッドの選び方

様々なメーカーからサイズやスペックの異なるたくさんのエアベッドが販売されていますが、快適に使用するためにはご自身に合ったエアベッドを選ぶことが大切です。まずは購入時にチェックすべきポイントについて説明していきたいと思います。

空気の入れ方で選ぶ

エアベッドの空気の入れ方には手動式と電源ポンプ式の2種類があります。それぞれのメリットやデメリットについて確認していきましょう。

どこでも使える手動式を選ぶ

手動式のエアベッドは電源が確保できない場合でもエアベッドを膨らますことができるので、山奥や海辺でのキャンプなど場所を選ばずに使用できるのが嬉しいですね。モーターがないので非常に軽量でコンパクトに折りたたむことができるというメリットもあります。

 

手動式のエアベッドのデメリットとしては、空気を入れるのに時間がかかる点と体力が必要になるという点です。使用頻度が高い方や体力に自信がない方は次に紹介する電源ポンプ式を選ぶことをおすすめします。

 

手動式のエアベッドを購入した場合でも、別売りで購入できる電動ポンプを使用することで簡単に空気を注入することができます。その際には空気を入れる部分の口径をしっかりと確認してから購入することが大切です。

手間いらずな電源ポンプ式

電源ポンプ式のエアベッドはAC電源につなぐことで自動的に空気を注入してくれます。電源に繋いでスチッチを押すだけですので、手間や労力がいらずに簡単に膨らますことができるのが嬉しいですね。早いものだと数十秒、多くは1〜5分ほどで空気の注入が完了します。

 

電源ポンプ式の最大のデメリットは使用時に大きなモーター音がするという点です。特に集合住宅やキャンプ場で使用する場合、使用する時間帯やモーター音の大きさに注意が必要です。購入時に音の大きさをしっかりと確認することが大切です。

 

電源が確保できない場所では使用できないことやモーターがあるので重くなってしまう点なども電源式のデメリットであると言えます。使用頻度や使用場面などをしっかりと考慮し、ご自身に合ったタイプのエアベッドを選びましょう。

使用するシチュエーションで選ぶ

キャンプや車中泊などのアウトドアでエアベッドを使用される方と来客時などご自宅でエアベッドを使用される方がいらっしゃるかと思います。それぞれどんな点に気を付けて購入すべきかについて説明していきます。

キャンプや車中泊で使用する

キャンプなどのアウトドアで使用される場合、最も大切なポイントはテントや車内に収まるサイズかどうかという点です。車内でエアベッドを使用する場合は後部座席に設置する場合がほとんどですので、幅や長さをしっかりと確認しましょう。

 

それぞれに収まるサイズを確認したら、そのサイズの中で快適に使用できる大きさのものを選びましょう。ご自身の身長や使用する人数などを考慮することで心地よくしっかりと睡眠を取ることができます。

 

使用する車の大きさや後部座席の広さ、そしてテントの大きさや使用人数などあらかじめしっかりと確認することが大切です。車内とテント内、どちらの場合もサイズを間違ってしまうと使用できないなんてことになりかねませんので注意が必要です。

来客用や常用ベッドとて使用する

来客用として購入される場合、ゆとりのあるダブルやセミダブルがおすすめです。体の大きな人でも安心して使用できますし、複数人が1つのエアベッドで眠ることも可能です。急な来客時や予定より人数が増えてしまった時に備えて大き目を用意することをおすすめします。

 

一般的なベッドとは違い簡単に収納することができるエアベッドはスペースを有効に活用することができるので常用ベッドとしての使用もおすすめです。毎日使うものなので体圧分散性が優れているもの、そして厚みがあるエアベッドがおすすめです。

 

ベッドに横になった時に体の圧力が分散されるため1点に負担がかかることがなく、快適な睡眠を取ることができます。また、常にエアベッドを出したままにしている場合もあるかと思いますので、ご自身の好きな色や柄を選ぶことも大切なポイントです。

エアベッドのスペックから選ぶ

エアベッドをより快適に使用するための3つのポイントについて説明していきたいと思います。どれも大切なポイントになりますので、しっかりと確認していきましょう。

収納時のサイズ・重量をチェック

キャンプなどでエアベッドを使われる方は収納時のサイズと重量が大切なポイントになります。キャンプの際には他にも多くの荷物があり、車の中がいっぱいでエアベッドが乗らないなんてことにならないようできるだけ小さくなるエアベッドを選びましょう。

 

専用の収納ケースが付属している商品もあり、さらに収納ケースに持ち手が付いている場合は持ち運びが非常にしやすいというメリットがあります。ご自宅での保管時にもコンパクトになるタイプのものであれば場所を取らないのでおすすめです。

耐久性を確認する

エアベッドのデメリットとして耐久性が低いという点があります。劣化の頻度は使用年数や使用回数、使用者の体格や体重に左右されますが、使用しているうちに空気が抜けてしまったりするため常時ベッドとして使用する場合は定期的に空気を入れ直す必要があります。

 

しかしながら最近では空気が抜けにくく耐久性を高めたエアベッドも販売されており、より快適に使用できるよう断熱性や通気性にも優れたエアベッドもあります。有名アウトドアブランドから出ているものが多いので、購入の際にはぜひ検討してみてください。

肌触りも大切なポイント

多くのエアベッドはポリ塩化ビニールなどの樹脂製の素材が使われていますが、表面の生地は商品によって違いがあります。表面の生地は主にそのままのビニール生地のものや肌触りの良いベロア生地、繊維を付着させたフロック仕上げなどがあります。

 

特にベロア生地は肌触りが心地よい良いと人気の素材です。シーツなどを敷いて使用される場合はあまり深く考えなくても問題ありませんが、直接エアベッドに横になる場合は表面の生地が直接肌に触れますので、ご自身が心地よいと感じるものを選ぶことが大切です。

エアベッドの人気ランキング10選

第10位

obtain relief

エアソファー

価格:2,970円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすく持ち運びがしやすい

大きく開いた口から空気を大量に送り込むことで完成するエアベッドです。空気口が2つある特殊な構造をしているため効率よくたくさんの空気を確保できる仕組みになっており、ペグが付いているので風が強い日でも飛ばされる心配がないのが嬉しいですね。

 

キャンプやバーベキュー時のソファやベッドとして使用でき、耐荷重226kgなので一度に複数人が使用できます。防水性と防塩性に優れ、多くのアウトドア製品に使用されているリップストップ構造ナイロン210という素材が使われているので安心して使用できます。

 

専用の収納袋が付いており、重量はわずか925gですのでどこでも簡単に持ち運びができる手軽さで人気の商品です。簡単に空気の注入ができるのでどこでも使用できますし、寝心地の良さも抜群です。

空気注入方法手動式サイズ250×70×60cm
重量925g素材リップストップ構造ナイロン210
第9位

ノースイーグル

エアーベッド シングル

価格:1,958円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強の高機能エアベッド

こちらのエアベッドは幅が76cmのシングルサイズですので、車内など限られた場所で使用したいという方や一人用の小めのエアベッドをお探しの方ににおすすめの商品です。アウトドアブランドのノースイーグルから販売されているので安心して使用できますね、

 

空気の注入方法は手動式ですがベルベットタッチ加工された表面は触り心地が良く、重量もわずか1.5kgですので機能性に優れたコストパフォーマンス抜群のエアベッドです。そのため、特にコストを抑えたいという方におすすめです。

 

シングルサイズだけではなく、ワイドシングルとソファタイプのサイズの異なるエアベッドもお手頃価格で販売されています。ご自身に合わせて選べるサイズ展開が嬉しいですね。ふわふわで寝心地も良いと口コミでも高評価を得ている高機能エアベッドです。

空気注入方法手動式サイズ185×76×22cm
重量1.5kg素材PVC
第8位

YAMAZEN

キャンパーズコレクション クイックエアベッド

価格:3,403円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

所要時間たったの60秒で完成

こちらのエアベッドの最大の特徴は60秒で空気の注入が完了するという手軽さです。「クイックエアベッド」と商品名にもなっている通りあっという間に完成しますし、注入時だけではなく空気を抜く際の所要時間も3分なのが嬉しいですね。

 

表面がベロア調になっているので肌触りが心地よく、幅が97cmあるので大人2人が寝ることのできる広めの設計になっています。4種類のカラーバリエーションがあるので好きな色を選ぶ楽しみもありますね。価格も約3500円とお手頃価格なのが嬉しいポイントです。

空気注入方法電源ポンプ内蔵式サイズ190×97×25cm
重量3.3kg素材塩化ビニル、レーヨンベロア調仕上げ、ABS樹脂
第7位

コールマン

コンフォートエアーマットレス 170A6487

価格:3,053円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんなキャンプ場でも快適に眠れる

様々なキャンプ用品を販売している人気メーカーのコールマンから販売されているエアベッドです。手動式のため重量がわずか2.5kgと非常に軽量です。荷物を少しでも軽くしたい方、AC電源を確保できない場所でのキャンプを検討している方などにおすすめです。

 

ダブルロックバブルが採用されていますので一度入れた空気が漏れにくく、体圧分散性に優れているので快適な睡眠を取ることができます。ロール式収納なので使用後はコンパクトになるので持ち運びがしやすく収納時に場所を取らないなどのメリットがあります。

 

信頼のおけるキャンプ用品メーカーのエアベッドがお手頃価格で購入できるので、初めてエアベッドを購入する方やコールマンでキャンプグッズを揃えている、という方などにおすすめの商品です。

空気注入方法手動式サイズ189×138×19cm
重量2.5kg素材PVC
第6位

Sable

エアーベッド

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手動でも電源ポンプでも空気を入れられる

高さ48cmと一般的なエアベッドと比べると高さがありますが、電源ポンプ内蔵式なので所要時間3分〜5分ほどで空気の注入が完了します。電源が確保できない場合などは手動で空気を入れることができるので、災害時など万が一の際にも使用することができます。

 

空気の柱が身体を支えてくれるため体圧が分散し、身体への負担が軽減するよう設計されています。表面はソフトロック加工がされているので触り心地が良く、快適な睡眠をサポートしてくれる高性能エアベッドです。収納袋付きなので持ち運びも簡単です。

空気注入方法電源ポンプ内蔵式サイズ195cm×90cm
重量記載なし素材PVC
第5位

FIELDOOR

エアベッド

価格:3,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なサイズとカラー展開

こちらの商品はシングル、ツイン、ダブル、クイーンと4つのサイズから選ぶことができ、クイーンサイズでも3900円というお手頃価格で購入できます。それぞれの大きさにブルー、グリーン、ベージュの3色のカラーバリエーションがあるのが嬉しいポイントです。

 

ご家族でキャンプで使用するときにはみんなで寝れる大きなサイズ、コンパクトカーで車中泊する際はシングルサイズなどご自身にぴったりのサイズが見つかること間違いなしです。寝心地が良い、ふんわりしていると口コミでも話題なので安心して使用できますね。

 

しっかりと高さもあるので地面や床からの冷気をシャットアウトしてくれます。万が一破れてしまった場合などは修復シートが付いているので簡単に傷をふさぐことができます。

第4位

Etekcity

エアーベッド

価格:10,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細部まで考え抜かれた構造で寝心地抜群

こちらのエアベッドには独自の支持構造が採用されているためベッドが沈みにくく、一晩中身体をしっかりと支えてくれるので快適な寝心地を感じることができます。表面は柔らかい起毛加工になっており、厚さが0.2mmあるので触り心地も抜群です。

 

0.4mmと厚めのPVCが使われており、シームレス加工なので一度入れた空気が抜けにくくなっています。ベッドの側面が隆起しているため転落防止となり、シーツがずれにくいのも嬉しいですね。大きめのサイズですので来客用などご自宅での使用がおすすめです。

空気注入方法電源ポンプ内蔵式サイズ203×152×46 cm
重量記載なし素材PVC
第3位

INTEX

エアーベッド ツインコンフォート

価格:8,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シックな色合いでお部屋の雰囲気を壊さない

エアベッドの世界シェア率第1のアメリカの人気メーカー、インテックスのエアベッドです。数千本の高強度ポリエステル繊維から構成されるファイバーテック構造が採用されており、その耐久性の高さと寝心地の良さが認められアメリカでは特許を取得しています。

 

空気をいっぱいにするまでに必要な所要時間はわずか1分45秒ですので、急な来客時などにもすぐに対応することができます。専用の収納袋が付いているのでコンパクトに折りたたむことができますし、持ち手が付いているので持ち運びがも簡単にできます。

 

空気注入方法電源ポンプ内蔵式サイズ191×99×46cm
重量8900g (ポンプ含む) 素材塩化ビニル樹脂
第2位

Deeplee

エアーベッド

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonのベストセラー1位の人気エアベッド

こちらのエアベッドには充電式の電動エアーポンプが内蔵されているので、電源が確保できない場合でも簡単に空気を注入することができます。空気を入れる時間も抜く時間も約3分から5分程度ですので、女性の方でも安心して使用することができます。

 

表面には防水加工がされているので、汚れが付いてしまった場合は水洗いして汚れを落とすことができます。ベッドの底面にもフロック加工がされているため、フローリングに置いた時にキュッキュと音が鳴らないよう工夫されているのも嬉しいポイントですね。

空気注入方法充電式エアーポンプ内蔵サイズ152×203×22.9cm
重量6.2kg素材記載なし
第1位

Ephram

エアーベッド

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な睡眠へと導いてくれるエアベッド

表面が柔らかい0.55mmのベロア調仕上げ加工がされているので非常に肌さわりが良い点がこのエアベッドの特徴の一つです。身体の圧力が分散するような構造になっているため体勢や姿勢に合わせてしっかりとフィットし、安定した寝心地で快眠に導いてくれます。

 

高強度の繊維が使用されているため軽量で、収納時にはコンパクトになるので場所を取らないのが嬉しいポイントですね。耐久性の高い素材が使われているので、万が一汚れてしまった場合は濡らした布などで拭き取るだけで簡単に汚れを落とすことができます。

空気注入方法電源ポンプ内蔵式サイズ191x99x25cm
重量2kg素材PVC

エアベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4965442の画像

    Ephram

  • 2
    アイテムID:4965504の画像

    Deeplee

  • 3
    アイテムID:4965484の画像

    INTEX

  • 4
    アイテムID:4965455の画像

    Etekcity

  • 5
    アイテムID:4963680の画像

    FIELDOOR

  • 6
    アイテムID:4963650の画像

    Sable

  • 7
    アイテムID:4963521の画像

    コールマン

  • 8
    アイテムID:4963514の画像

    YAMAZEN

  • 9
    アイテムID:4965430の画像

    ノースイーグル

  • 10
    アイテムID:4965434の画像

    obtain relief

  • 商品名
  • エアーベッド
  • エアーベッド
  • エアーベッド ツインコンフォート
  • エアーベッド
  • エアベッド
  • エアーベッド
  • コンフォートエアーマットレス 170A6487
  • キャンパーズコレクション クイックエアベッド
  • エアーベッド シングル
  • エアソファー
  • 特徴
  • 快適な睡眠へと導いてくれるエアベッド
  • Amazonのベストセラー1位の人気エアベッド
  • シックな色合いでお部屋の雰囲気を壊さない
  • 細部まで考え抜かれた構造で寝心地抜群
  • 豊富なサイズとカラー展開
  • 手動でも電源ポンプでも空気を入れられる
  • どんなキャンプ場でも快適に眠れる
  • 所要時間たったの60秒で完成
  • コスパ最強の高機能エアベッド
  • 使いやすく持ち運びがしやすい
  • 価格
  • 4280円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 8780円(税込)
  • 10990円(税込)
  • 3900円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 3053円(税込)
  • 3403円(税込)
  • 1958円(税込)
  • 2970円(税込)
  • 空気注入方法
  • 電源ポンプ内蔵式
  • 充電式エアーポンプ内蔵
  • 電源ポンプ内蔵式
  • 電源ポンプ内蔵式
  • 電源ポンプ内蔵式
  • 手動式
  • 電源ポンプ内蔵式
  • 手動式
  • 手動式
  • サイズ
  • 191x99x25cm
  • 152×203×22.9cm
  • 191×99×46cm
  • 203×152×46 cm
  • 195cm×90cm
  • 189×138×19cm
  • 190×97×25cm
  • 185×76×22cm
  • 250×70×60cm
  • 重量
  • 2kg
  • 6.2kg
  • 8900g (ポンプ含む)
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 2.5kg
  • 3.3kg
  • 1.5kg
  • 925g
  • 素材
  • PVC
  • 記載なし
  • 塩化ビニル樹脂
  • PVC
  • PVC
  • PVC
  • 塩化ビニル、レーヨンベロア調仕上げ、ABS樹脂
  • PVC
  • リップストップ構造ナイロン210

まとめ

ここまでエアベッドの選び方のポイントとおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。様々な種類やサイズのエアベッドが販売されており、使用場面や目的などによって選ぶべきエアベッドが異なります。エアベッドで快適な睡眠を取れるよう、ぜひこの記事を参考にご自身に合ったエアベッドを選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ