記事ID136094のサムネイル画像

【子供部屋に最適】子供ベッドおすすめ人気ランキング10選

そろそろ子供を一人で寝かせたいと思っていてもベッドの種類が多くてどんなベッドが子供に最適なのか迷ってしまう人も多いと思います。そこで今回は、子供のベッドの選び方からおすすめのベッドまでを紹介していきますので参考にしてみてください。

年齢や環境によって子供ベッドの選び方が変わります

子供のベッドを購入する時に一番気を付けたいことは年齢と環境です。持ち家の場合は引っ越しをすることはありませんから長く使えるものを選ぶのがおすすめです。しかし賃貸の場合は引っ越しをする場合もありますからベッド選びは慎重にしたいところ。

 

引っ越しの後もそのまま使えるベッドを購入するのか、持ち家になった時には買い替えるのかによって変わってきます。この先もずっと使っていくのであればはじめは大きくてもセミダブルのような大人用のベッドにするのがおすすめです。

 

また年齢によってもベッド選びは変わってきます。未就学児の場合は柵付きなど安全性を重視し選ぶようにします。小学生以上になれば安全性に加え耐久性や収納の多いものに。部屋の大きさによってロフトベッドや多機能性ベッドもおすすめです。

子供のベッドの選び方

ここからは子供のベットの選び方のポイントを紹介していきます。ポイントをおさえることで失敗がなく子供のベッドを購入することができます。

ベッドの種類で選ぶ

ベッドにはさまざまな種類があります。ここからは子供におすすめのベッドの種類を紹介していきます。それぞれに特徴がありますから年齢や環境にあったベッドを選ぶようにしましょう。

チェストベッド

チェストベッドは、ベッド下に収納があるタイプのものをいいます。ベッド下に収納があることで普段よく使う体操服や鞄などを収納することができます。子供部屋は一般的に6畳前後の部屋が多いですから収納があるものを選ぶのがおすすめ。

 

ベッドのサイズはセミシングル・シングル・セミダブルがおすすめです。成長とともにベッドを買い替える予定がある場合は今現在のお子さまの体格に合わせたものでOK。長く使う予定の場合はスペースがあればセミダブルがおすすめです。

 

また引き出しタイプの収納の場合はベッドのレイアウトによって引き出しの方向が左右で変えられるものにすると模様替えなどの時も便利です。

二段ベッド

お子さまが複数いるご家庭には二段ベッドがおすすめです。二段ベッドのメリットとしては狭いスペースでも2人の子供を寝かせられるということ。そして成長し個室になった場合は分解して一台ずつ使うことができるということです。

 

二段ベッドを購入する場合は、耐久性や耐荷重などは必ずチェックするようにし安全性も確保できるものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

親子ベッド

親子ベッドはベッドの下にもう一つベッドがあるものでキャスターによって出し入れができるベッドでツインベッドと呼ばれることもあります。親子ベッドのメリットは二段ベッドのように高さがないので落下などの心配がなくなるという点。

 

キャスターで出し入れできるのでスペースを有効利用でき、下のベッドは自由にレイアウトが可能。お子さまが小さい時は2人で使い個室になった場合は別々に使うこともできます。また親子ベッドは小さい時には親子で使うのもおすすめです。

 

はじめは1人で寝るといってもさみしくなり眠れないこともあるでしょう。その時のためにママが一緒に寝れるというのもメリットになります。下のベッドが使わなくなっても収納にしたり泊まりにきたお友達のベッドとしても使うことができます。

ロフトベッド

ロフトベッドは、ベッドの下を有効利用できるので子供部屋にはおすすめです。高さもさまざまでベット下が全て収納になっているものもあります。高いタイプのロフトベットは下のスペースに机を置いて勉強スペースにすることも可能。

 

小さい頃は、遊ぶスペースにもなり秘密基地のような感覚で子供にも楽しいスペースになります。ロフトベットの上り下りははしごが主流ですが、階段になっているものもあるので小さいお子様にはおすすめです。

 

またロフトベッドの場合、高さが高すぎると落下が心配ですよね。小さいお子様の場合はベッドの高さも注意して低めのものを選ぶようにすると安心です。

すのこベッド

すのこベッドは、マットレスや布団を置く部分がすのこになっているものをいいます。すのこは通気性もよく湿気やカビ対策にもなります。特に子供は汗かきでマットレスの場合天日干しができないのですのこベッドがおすすめです。

フレームで選ぶ

ベッドのフレームにもさまざまなタイプがあります。フレームはベッドの雰囲気もきめるものですからお部屋にあったものを選ぶようにするのがおすすめです。

木製

木製フレームは木のぬくもりがありあたたかみがあるので子供のベッドには最適です。どんなインテリアでもなじみやすく男女ともにおすすめです。パイン・ひのき・ウォールナット・オークなどが主流となっています。

パイプ

パイプベッドは、クールな印象があるので男の子におすすめですがホワイト系のものを選ぶと女の子にも最適。パイプベッドは強度があるので成長しても安心です。デザインはシンプルなものが多いのが特徴です。

機能性で選ぶ

お子さまが使うものですから機能性もチェックしておくことが大切です。小さな子供はベッドの上で飛んだり跳ねたりすることがあります。そのため耐久性や耐重量もチェックしておきましょう。

 

サイドにフレームがない場合は寝がえりの際に落ちてしまう危険性もあります。できるだけサイドフレームがあるものを選ぶようにしましょう。ない場合は転落防止のベッドフェンスなどが販売されていますからそれを購入するようにしてくださいね。

 

また子供は汗をかきやすいので通気性のよいものがおすすめです。布団やマットレスを置くところがすのこになっていたり、通気性に優れているマットレスなどにするのがおすすめです。二段ベッドやロフトベッドははしごや階段の形状もしっかり確認しましょう。

【子供部屋に最適】子供ベッドおすすめ人気ランキング10選

第10位

インテリアオフィスワン

木製伸長式すのこベッド

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソファにもベッドにも、伸長式ベッド

お子さま用のベッドを購入する場合、引っ越しや成長によって買い替える可能性のある場合は2wayタイプのものを選んでおくのがおすすめです。こちらのベッドはベッドにもソファにもなるもので使わなくなった場合はソファとして有効的に使えます。

 

使い方はとても簡単でフレーム部分をスライドさせるだけ。お部屋が狭い場合は、布団を使用し夜はベッドとして使い昼間は布団を上げソファとして使うのもおすすめです。すのこになっているので通気性もよくパイン材のあたたかみはどんなお部屋にもマッチします。

 

ソファは3人でもゆったりと座れのでお友達が来た時にも活躍してくれます。サイドの棚の幅は8.4㎝あるので目覚まし時計やスマホなどちょっとした小物置きにも最適。耐重量も150㎏もクリアしています。

 

サイズ109.8×204×75cm :床面高34cmフレーム天然木パイン材
耐荷量150㎏
第9位

Links

親子ベッド

価格:29,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親子や兄弟で使えるベッド

一人で寝かせるのは不安だったりや兄弟で使えるベッドをお探しの人には親子ベッドがおすすめです。親子ベッドは、ベッドの下にもうひとつのベッドを収納することがでるもので収納時は一体化するのでお部屋の圧迫感も感じさせません。

 

高さも高くないので落下の心配も軽減し、2段ベッドのような使い方もできるのでおすすめです。下段のベッドはキャスター付きで移動が簡単。個室になった時には単体のベッドとしても使用することができます。

 

単体にしたあとはハイベッドの方は下のスペースを収納スペースにすることもできます。2段ベッドとは違いはしごや階段もないので省スペースですむのも嬉しいポイント。フレームはパイン材であたたかみがありどんなお部屋にもマッチします。

サイズ200x 106x 87cmフレームパイン材
耐荷量90kg
第8位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

ベッド シングル すのこ

価格:7,985円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さが2段階に変更できるベッド

優しい雰囲気のあるこちらのベッドはどんなお部屋にも合わせやすい天然木のベッドです。最大の特徴は高さが2段階にかえることができるという点。脚を装着すればハイタイプベッドに、脚を装着しなければロータイプベッドにすることができます。

 

ローベッドのメリットとしては、小さいお子様の落下の心配が軽減することと、お部屋が狭い場合は圧迫感をなくし部屋を広く見せてくれます。ハイタイプのメリットはベッド下を収納スペースにできるという点と掃除がしやすくなるという点。

 

ベッドの床面はすのこになっているので通気性もよくマットレスでも布団でも使うことができます。厚いすのこを使用し独自のフレーム構造で耐荷量200㎏をクリア。宮棚などは付けずにスペースを最大限使う事ができるので身長が高い男の子にもおすすめです。

 

サイズ98×200×6.5(下位設定)・23.5(上位設定)㎝フレームパイン天然木
耐荷量200㎏
第7位

ワイエムワールド(YMWORLD)

プリンセスベッド

価格:13,591円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女の子におすすめのスチールベッド

スチールベッドはクールな印象があるので男の子向きのベッドですが、女の子にもおすすめのデザインやカラーのものがあります。こちらのスチールベッドはピンクとホワイトの女の子らしいカラーが展開されています。

 

プリンセス調のデザインは女の子には最適。スチールベッドでありながらもクールな印象はありません。ベッド床はメッシュになっているので通気性もよくマットレスでも布団でもどちらでも使うことができます。

 

7本の柱でしっかりと支えられており耐荷量は約100㎏。スチール素材を使用しているのでマグネットの使用が可能。マグネット付きの時計やおしゃれなマグネットでベッドをアレンジすることも可能です。

サイズ210.5×101×98.5cmフレームスチール製
耐荷量100㎏
第6位

LOWYA (ロウヤ)

ロフトベッド

価格:55,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納力抜群のロフトベッド

ロフトベッドは小さいお子様には高すぎて心配という人にはミドルタイプのものがおすすめ。こちらのロフトベッドは高さが約118㎝なので小さいお子様も安心です。またはしごではなく階段タイプなので小さいお子様の上り下りも安心です。

 

下の部分に同じサイズのマットレスを敷けば2段ベッドのような形にすることもできます。1人寝に慣れるまではママや兄弟と一緒に使うこともできます。高さがないので勉強机などは置くことができませんが収納スペースとしては十分使用可能。

 

階段は左右どちらでも設置が可能なのでレイアウトによって変更ができます。階段に広さがあるので下にもちょっとした小物収納が可能です。ベッド床はすのこを使用しているので通気性も抜群。サイド面もしっかりとガードされているので安心です。

サイズ253x105x118cmフレーム天然木(パイン材)ラッカー塗装
耐荷量90kg
第5位

ラッキーベッド

二段ベッド

価格:38,664円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の耐荷量

お子さまが2人いるご家庭には二段ベッドがおすすめです。個室を与える前の練習として二段ベッドにしておくと1人で寝ることに慣れるのでおすすめ。二段ベッドのメリットは個室になった場合に分解して単体で使えるという点。

 

成長に合わせてベッドを買い替える必要もありません。また真ん中のサイドフレームを取り外すと2台並べて使うことも可能。年齢が小さく上の段に寝かせるのが心配な方にはおすすめの使い方です。

 

耐荷量試験では500㎏をクリア、高い耐久性もおすすめの理由。ベッドの床面はすのこになっているので通気性もよく汗をかくお子さまには最適。すのこは専用乾燥機で一度乾燥させクリア塗装しているので防カビや表面保護をしてくれます。

サイズ211.5×104×160㎝フレームパイン材
耐荷量約500kg
第4位

IKEA (イケア)

KURA リバーシブルベッド

価格:32,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上でも下でもリバーシブルベッド

こちらのベッドは、ひっくり返せば上でも下でもベッドになるリバーシブルベッドです。リバーシブルベッドのメリットは、使い方に応じてベッドの配置をかえることができるという点です。

 

下を遊びスペースや勉強スペース、収納スペースにしたり、上を収納スペースにしたりと自由自在にレイアウトできます。マットレスを置けば二段ベッドにすることも可能です。ベッドの部分は3分の2以上が囲われているので落下防止の危険性も軽減されます。

 

別売りのベッドテントを購入すれば、上は秘密基地のような遊びスペースにも変身。子供心をくすぐります。フレームはパイン無垢材を使用しているので、自然なあたたかみがあるので子供部屋にはおすすめです。

サイズ209×99×116㎝フレームパイン無垢材(基本素材)
耐荷量100㎏
第3位

JKプラン

ロフトベット シングル

価格:18,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイタイプで開放的な空間に

こちらのロフトベッドはシンプルなデザインになっているので成長しても飽きずに使えます。一番の特徴としてはハイタイプであるということ。高さがあるので下のスペースにいても圧迫感がなく開放的な空間になり高さのある家具を配置することも可能です。

 

勉強机やソファ、テレビなどを置いても心地よいリラックス空間に。ベットの床面はメッシュ構造になっているので通気性も抜群。心地よい睡眠を導いてくれます。高さ36㎝のサイドガードは布団のズレ落ちを防止してくれるので寝相が悪い子供も安心。

 

ベッド背面のクロスサポートバーはベッドの揺れを軽減し、サイドの補強バーでしっかりと補強してくれます。ベッドには宮棚はついていませんが、その分ベッドのスペースを最大限に確保できるので身長が高い男の子でも窮屈さを感じません。

サイズ106×207×180.5cmフレーム金属(スチール)
耐荷量約120㎏
第2位

LOWYA (ロウヤ)

ロフトベッド

価格:39,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成長しても使えるベッド

子供部屋におすすめのロフトベット。このタイプのベッドの特徴はベッド下を有効的に使えるという点ですね。小さい頃は下を遊びスペースにしたり、小学校に入れば勉強スペース、高校生以上になればソファなどを置いてくつろぎスペースにすることができます。

 

ロフトベットははしごで上にあがるものが主流となっていますがこちらは階段タイプになっているのでお子さまが小さくても落下の可能性も少なくなります。また階段幅が広いのでちょっとした小物を収納することもできるので便利です。

 

ベッドスペースの宮棚にはコンセントがついているので、スマホの充電などにも便利です。ベッド下の床にはキシミ低減マットになっているのでロフトベッド特有のギシギシ音が軽減されます。極太パイプで耐荷量はシングルで120㎏で横揺れも軽減されます。

 

サイズ255×101.5×173.5(床下130cm):シングル フレーム金属(スチール)
耐荷量約120kg
第1位

LOWYA(ロウヤ)

システムベッド ロータイプ

価格:69,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小学校入学時におすすめのシステムベッド

小学校に入学する時に個室になるお子さまも多いのではないでしょうか。小学校入学時には勉強机や収納ボックスなどさまざまな家具を購入しなければなりません。その時期におすすめはいろんな機能が搭載されているシステムベッドです。

 

こちらのシステムベッドは、ベッド・収納ボックス・勉強机がセットになったものです。ベッドの高さは115.5㎝のミドルタイプで小さいお子様も安心。落下防止ストッパーを搭載しベット床材は通気性のよいメッシュ床を採用しています。

 

デスクは収納スペースがついたものでキャスター付きなので使うときは簡単に移動することができレイアウトも簡単。収納ワゴンはランドセルが置けるスペースもあり体操服なども収納できます。階段下も引き出し付でスペースに合わせて奥行が違うものが3段ついています。

サイズ202x102x117cmフレームベッド 木部:プリント紙化粧繊維板 スチール部:エポキシ樹脂塗装
耐荷量90㎏

子供ベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4962504の画像

    LOWYA(ロウヤ)

  • 2
    アイテムID:4962510の画像

    LOWYA (ロウヤ)

  • 3
    アイテムID:4962509の画像

    JKプラン

  • 4
    アイテムID:4962508の画像

    IKEA (イケア)

  • 5
    アイテムID:4962507の画像

    ラッキーベッド

  • 6
    アイテムID:4962505の画像

    LOWYA (ロウヤ)

  • 7
    アイテムID:4962503の画像

    ワイエムワールド(YMWORLD)

  • 8
    アイテムID:4962502の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 9
    アイテムID:4962500の画像

    Links

  • 10
    アイテムID:4962499の画像

    インテリアオフィスワン

  • 商品名
  • システムベッド ロータイプ
  • ロフトベッド
  • ロフトベット シングル
  • KURA リバーシブルベッド
  • 二段ベッド
  • ロフトベッド
  • プリンセスベッド
  • ベッド シングル すのこ
  • 親子ベッド
  • 木製伸長式すのこベッド
  • 特徴
  • 小学校入学時におすすめのシステムベッド
  • 成長しても使えるベッド
  • ハイタイプで開放的な空間に
  • 上でも下でもリバーシブルベッド
  • 安心の耐荷量
  • 収納力抜群のロフトベッド
  • 女の子におすすめのスチールベッド
  • 高さが2段階に変更できるベッド
  • 親子や兄弟で使えるベッド
  • ソファにもベッドにも、伸長式ベッド
  • 価格
  • 69990円(税込)
  • 39990円(税込)
  • 18900円(税込)
  • 32750円(税込)
  • 38664円(税込)
  • 55990円(税込)
  • 13591円(税込)
  • 7985円(税込)
  • 29500円(税込)
  • 29800円(税込)
  • サイズ
  • 202x102x117cm
  • 255×101.5×173.5(床下130cm):シングル 
  • 106×207×180.5cm
  • 209×99×116㎝
  • 211.5×104×160㎝
  • 253x105x118cm
  • 210.5×101×98.5cm
  • 98×200×6.5(下位設定)・23.5(上位設定)㎝
  • 200x 106x 87cm
  • 109.8×204×75cm :床面高34cm
  • フレーム
  • ベッド 木部:プリント紙化粧繊維板 スチール部:エポキシ樹脂塗装
  • 金属(スチール)
  • 金属(スチール)
  • パイン無垢材(基本素材)
  • パイン材
  • 天然木(パイン材)ラッカー塗装
  • スチール製
  • パイン天然木
  • パイン材
  • 天然木パイン材
  • 耐荷量
  • 90㎏
  • 約120kg
  • 約120㎏
  • 100㎏
  • 約500kg
  • 90kg
  • 100㎏
  • 200㎏
  • 90kg
  • 150㎏

まとめ

お子さまのベッドの選び方は年齢や環境によってさまざまです。長く使うことを考えた場合は収納力や耐重量をチェックし、デザインも飽きがこないものにするのがおすすめです。お子さまが1人で寝るのが楽しくなるような素敵なベッドを選んであげてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ