記事ID136093のサムネイル画像

【掃除が楽しくなる】人気のマキタ掃除機おすすめランキング10選

軽くて強力な吸引力が魅力のマキタ掃除機。人気の掃除機を手に入れて、普段の掃除をもっと楽にしたいけど、どれがおすすめか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。今回は口コミと一緒に、マキタ掃除機のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

マキタ掃除機は軽量かつ高吸引

マキタ掃除機は、軽量で高品質ながら低価格というコスパの良さで人気を集めています。コードレスながら高い吸引力を持ち、軽量なので取り回しが良い点が評価されています。また、近年のDIYブームもあり、他の電動工具とバッテリーを共有できるというメリットもあります。

 

マキタ掃除機に魅力を感じているけど、吸塵方法やバッテリー容量など種類が豊富で、実際にどれを購入すればベストなのか迷ってしまいますよね。

 

今回は口コミと一緒に、マキタ掃除機の選び方や人気製品のランキングをご紹介していきます。掃除を快適にできる製品が見つかったら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

マキタ掃除機の選び方

マキタ掃除機は、掃除を楽にするためのポイントが大きく分けて3つあります。バッテリー吸塵方法、それにスイッチです。それぞれ自分に合うものを見つけていきましょう。

バッテリーで選ぶ

マキタ掃除機の充電方法は、2種類あります。取り外して充電する外付けバッテリーと本体に直接充電する内蔵バッテリーです。

外付けバッテリー

マキタ掃除機で人気があるのが、本体からバッテリーを取り外せる外付けバッテリーです。専用の充電器で充電するタイプで、バッテリーを追加で購入すれば、掃除をしながらもう1つのバッテリーを充電しておけるので、充電切れを心配せずに掃除をすることができます。

 

マキタ掃除機の外付けバッテリーは、リチウムイオン電池なので、充電時間が早く、放電が少ないという面があります。また、マキタで同じ電圧の電動工具がある場合は、使いまわすこともでき、DIYで活用することができます。

 

予備のバッテリーを用意した場合、バッテリーの置き場所を確保する必要がありますが、トータルで見てメリットの多いタイプです。

内蔵バッテリー

マキタ掃除機の本体に組み込まれている内蔵バッテリーは、直接本体に電源コードを差し込んで充電するタイプです。充電が切れそうなときは、電源コードをつなぎながら掃除ができるので、バッテリーの充電切れをそんなに心配しなくてもいいというメリットがあります。

 

本体に組み込まれたニカド電池に充電するタイプなので、充電時間が長くかかってしまう点や、バッテリーの消耗した場合には、バッテリーの交換などのメンテナンスが必要になります。リチウムイオン電池を内蔵しているモデルもあるので、できればそちらを選びたいところです。

 

バッテリーをいちいち取り外して充電するのが面倒だったり、マキタの電動工具でバッテリーを使いまわすことはないという方は、内蔵バッテリータイプのほうが、わずらわしさを感じずに掃除できるのでおすすめです。

バッテリーのタイプで選ぶ

マキタ掃除機の外付けバッテリーは、4種類の電圧が用意されています。数値が上がるほど協力で吸引力が高くなりますが、同時に重みも増します。

小型で軽量な7.2Vと10.8V

マキタ掃除機でもっとも軽量で価格が安いのが、7.2Vの電圧を持ったバッテリーです。電圧が低いので、吸引力や連続運転時間が他のモデルに比べて劣ります。ただ、軽量なのでマキタ掃除機に軽さを求めている場合は、選択肢に入るでしょう。

 

コンパクトながら、ハイパワーを実現しているのが10.8Vです。差し込み式とスライド式の2種類があり、スライド式バッテリーは4.0Ahと大容量になっています。10.8Vは7.2Vよりも吸引力が圧倒的に強く、重量の差も100g程度なので、価格面や軽さに問題なければおすすめのモデルです。

 

どちらも家庭用モデルですが、バッテリーを共有できる電動工具も多くあります。現在持ってる電動工具に合わせたり、今後購入予定の電動工具に合わせて選ぶというのもひとつの選び方です。

プロ仕様の14.4Vと18V

マキタ掃除機には、プロ仕様の14.4V18Vという電圧を持つモデルもあります。家庭用のバッテリーよりも使える電動工具が多く、今後DIYなどで電動工具を揃えていく場合におすすめです。

 

14.4Vの最も高いスペックのもので、容量が6.0Ahで約55分間の連続使用ができます。家庭用のバッテリーよりも重量が増しますが、掃除をする際にフル充電をしておけば、充電切れの心配をせずに掃除を進めることができます。

 

最もハイパワーなのが18Vの電圧を持つモデルです。14.4Vのモデルと迷った場合は、重量も100g程度しか変わらず、価格も1割程度の差なので、18Vを選ぶのが良いでしょう。吸引力や連続使用時間を重視する場合、このクラスがおすすめです。

集塵方法で選ぶ

マキタ掃除機の集塵方法は3種類あります。紙パック式、カプセル式、サイクロン式とあり、電源スイッチによっても分類されます。

紙パック式

マキタ掃除機の紙パック式は、スイッチがワンタッチ式のものに採用されています。ゴミに触れずに捨てることができる紙パック式は、そのまま捨てることができ、ホコリが舞うことがないので衛生的です。また、吸引力が落ちずに持続するというメリットもあります。

 

マキタ掃除機の紙パックの交換フタは、簡単に開くようになっており、手間をかけずにスムーズに交換することができます。紙パックを交換しなければいけないということや、紙パックを定期的に購入するというランニングコストがかかる面がデメリットです。

 

紙パックの交換が習慣としてできる方や、メンテナンスの手間よりも紙パックの価格のほうがコストが安いと考えている方におすすめの方式です。

カプセル式

マキタ掃除機のカプセル式は、スイッチがトリガー式のものに採用されています。カプセルの中に直接ゴミが溜めるので、ゴミ捨てが簡単に行うことができます。また、定期的に購入する消耗品がないので、ランニングコストがかからず経済的です。

 

紙パック式よりも集塵できる容量が多いので、安心して掃除をすることができます。ただ、目詰まりを起こしやすいので、フィルタを定期的に掃除する必要があることや、ゴミを捨てる際にそのまま捨てるので、ホコリが舞いやすいなどのデメリットもあります。

 

集塵できる容量やランニングコストが気になる方は、カプセル式をおすすめします。

サイクロン式

マキタ掃除機のサイクロン式は、ゴミと空気を遠心力によって分類します。吸引力を持続することができ、排気もきれいにすることができます。フィルタを搭載していないので、お手入れをする手間もなく、ダストカップが汚れた場合、水洗いができるのできれいな状態を保つことができます。

 

マキタ掃除機のサイクロン式は、カプセル式と同じくためたゴミをそのまま捨てるタイプなので、ホコリが舞いやすいというデメリットがあります。

 

スティックタイプの掃除機をサイクロン式にすることができる、サイクロンアタッチメントもあり、微細なゴミがフィルタに目詰まりすることも低減することができます。

スイッチで選ぶ

マキタ掃除機のスイッチ方式には、トリガー式ワンタッチ式があります。トリガー式は、トリガーを引いている間だけ電源がONになるので、使用しない場所ではトリガーを離すことで、バッテリーの消費を無くすことができます。階段掃除などで活用することができます。

 

ワンタッチ式は、手元にあるボタンを押すことで、電源のONとOFFを行うことができます。スイッチを押すだけなので、トリガーを引き続ける力もいらず、手が疲れません。また、強弱スイッチもあるので、夜間の掃除や強い吸引力が必要でない場所の掃除をする際に活用できます。

 

掃除場所や掃除のスタイルによっても、使い勝手の良さは変わるので、実際に掃除するときのことを考えて決めるようにしましょう。

マキタ掃除機の人気ランキング10選

第10位

マキタ(Makita)

CL110DWI

価格:8,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルに使える

重量が0.93kgと軽量で、取り回しの良さがあるモデルです。フロアじゅうたんノズルが付いているので、フローリングとじゅうたんの掃除をノズルひとつで対応することができます。内蔵バッテリーは10.8Vが搭載されており、約3時間でフル充電することができます。

 

レビューを見てみると、ハンドル部分にフックがついており立てかけて収納可能思い立ったら気軽に取ってすぐ使える、トータルで考えて十分納得のできる掃除機、毎日さっと掃除するのにとても便利です、今まで購入したハンディタイプのクリーナーでは一番よかったという評価が見られます。

 

トリガー式なので、余計な電力を消費せずに効率的に使用することができます。バランスの良い掃除機を探している方におすすめです。

バッテリー10.8V集塵方法カプセル
第9位

通販生活

通販生活のマキタのターボ・60

価格:13,878円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

標準で60分使用可能

140gのヘッドがフローリングと階段の掃除を楽にしてくれます。また、バッテリーを改良することで標準モードで60分強モードで20分の連続使用時間を実現しています。砂などで強モード、通常時には標準モードで使用することで効率的に掃除をすることができます。

 

レビューを参考にすると、必要な時にさっと取り出して使用できるところが良いですね、軽くて使いやすいです、紙パックと洗えるバックの2パターンが使用できるところがグットです、超軽くちょこちょこっと掃除出来るので大変満足という評価が見られます。

 

2時間半で充電できるのも特徴で、短い時間ですぐに掃除をすることができます。連続使用時間や充電時間を重視している方におすすめです。

バッテリー10.8V(内蔵)集塵方法紙パック
第8位

マキタ(Makita)

CL102DW

価格:13,447円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短い充電時間

充電時間が50分ほどと短いのが特徴で、ワンタッチで開けられる紙パック式を採用したモデルです。バッテリーが切れた時のお知らせ機能など、便利に使える機能も備えています。ワンタッチ式のスイッチは連続運転もできるので、楽に掃除をすることができます。

 

レビューを参考にすると、この掃除機と出会ってから私の掃除へのハードルがぐんと下がりました、猫の毛が抜けるので1日に2回掃除機をかける我が家そんな人にとってこの掃除機は最高の商品、小回りもきくし軽いし軽いのにパワーも十分という評価を得ています。

 

紙パックと繰り返し使えるダストバッグが最初からついているので、すぐに掃除を始めることができます。10.8V仕様の中では早く充電できるので、充電時間が気になる方におすすめのモデルです。

バッテリー10.8V集塵方法紙パック
第7位

makita

CL105DWN

価格:10,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

じゅうたんにも対応

リチウムイオン電池の内蔵バッテリーを搭載したモデルで、10.8Vの電圧があり、軽さと高い吸引力を実現しています。このモデルの最大の特徴は、フロアじゅうたんノズルが同梱されているところで、家庭の掃除全般をこの1台ですることができます。

 

レビューを見てみると、お手頃なマキタのコードレスが良いですね、石も砂もちゃんと吸い込みます、これは軽くて力もそれなりに有り良い製品です、バッテリー脱着式を持っていますがバッテリー内蔵型の方が使いよいと高い評価を見ることができます。

 

紙パック式ですが、洗うことで繰り返し使うことができるダストバッグにも対応しており、ランニングコストを抑えることができます。部屋にじゅうたんがあり、内蔵バッテリーで紙パックの仕様を考えている方におすすめのモデルです。

バッテリー10.8V(内蔵)集塵方法紙パック
第6位

マキタ(Makita)

CL070DSH

価格:10,139円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な掃除ができる軽量ボディ

重量が0.81kgと軽量で取り回しの良い軽量ボディが特徴のモデルです。簡単にゴミを捨てられるカプセル式で、ゴミをすぐに捨てられるので衛生的です。トリガー式のスイッチなので、階段やちょっとした掃除の際に簡単に電源のONとOFFを切り替えることができます。

 

レビューを見てみると、見た目愛想のないデザインがシンプルで良い、吸引力も問題なく軽いから使いやすい、せまいところも掃除でき軽くて良い、全室フローリングのためこまめに埃や髪の毛を掃除吸い取りパワーも全く問題なしと高い評価が見られます。

 

1充電あたりの連続使用時間は、約12分なので広いスペースの掃除には不向きですが、ちょっとした掃除を手軽にすることは可能です。掃除機の重さにわずらわされた経験のある方におすすめです。

バッテリー7.2V集塵方法カプセル
第5位

マキタ(Makita)

CL108FDSHW

価格:14,666円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで簡単ゴミ捨て

カプセル式なので簡単にゴミを捨てることができ、強い吸引力と軽量のボディが特徴のモデルです。ワンタッチ式のスイッチを採用しているので、スイッチを押し続ける必要がなく、快適に連続運転をすることができます。またサイクロンアタッチメントにも対応しています。

 

レビューを参考にすると、本体は1キロ程度でとても軽く使いやすいです、思った以上に吸引力が強くて驚いています、軽いのでぜんぜん疲れたりせず楽しくお掃除できています、ゴミをすぐ捨てられるので衛生的だし軽くて小回りがきくので階段掃除も楽々ですと高い評価を得ています。

 

カプセル式で軽量の掃除機を探している方におすすめです。

バッテリー10.8V集塵方法カプセル
第4位

マキタ(Makita)

CL105DWI

価格:9,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルモード搭載機

10.8Vのバッテリーを内蔵したモデルで、バッテリーを外して充電するといった行動が必要のないタイプです。パワフルモードを搭載しているので、強・標準ボタンを長押ししている間は、強の約40%の吸引力になります。大きめのゴミや絡んだ髪の毛をを吸い込みたい時に活用できます。

 

レビューを見てみると、軽くて手軽毎日の掃除がまったくもって苦にならない、とても使い勝手が良く軽いのでちょくちょく使っています、メインの掃除機をつかう回数が大幅に減りました、すごく軽くてスイスイ掃除できますと高い評価を得ています。

 

内臓のバッテリーはリチウムイオン電池なので、パワフルで充電時間も少なく快適に使用できます。軽量かつパワフルなコードレス掃除機を求めている方におすすめです。

バッテリー10.8V(内蔵)集塵方法紙パック
第3位

マキタ(Makita)

CL142FDRFW

価格:24,665円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルでも軽量な掃除機

14.4Vのバッテリーを使用しており、吸引力こそ18Vのバッテリーにはかないませんが、連続使用時間が長く軽量という特徴を持つモデルです。紙パックの他にも繰り返し使える高機能ダストバックに対応しているので、ランニングコストを抑えることもできます。

 

レビューを参考にすると、商品自体は安価な割にモーターも強く構造もシンプルで自分の使用する自動車クリーナーや個室の掃除には十分な機能です、フローリングの埃や塵は面白いように吸いとられていきますと高い評価を得ています。

 

他の電動工具が14.4Vのバッテリーの場合や、今後購入する予定がある場合など、バッテリーを使いまわせるのでおすすめです。

バッテリー14.4V集塵方法紙パック
第2位

マキタ(MAKITA)

CL182FDRFW

価格:25,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルなモデル

18Vのバッテリーを使用したパワフルかつ連続使用時間が長いモデルです。重さがありますが、床の掃除を楽にすることができ、しっかりとゴミを吸い込んでくれます。ワンタッチ式のスイッチなので、持ち方を自由にでき、高いところや階段などの掃除を快適にできます。

 

レビューを参考にすると、階段にもコンパクトなヘッドがとてもいい、手軽に使えるので毎日の掃除が楽チン、ゴミはアタッチメントに溜まるしどのくらいとれたのかひと目でわかるので楽しいです、小型ながら狭い場所でも取り回し良く使えてますと高い評価を集めています。

 

天井などの掃除にも使えるなど、家のあらゆる場所で活用できます。紙パック式のほうが使い勝手が良いという方におすすめのモデルです。

バッテリー18V集塵方法紙パック
第1位

マキタ(makita)

CL107FDSHW+サイクロンアタッチメント

価格:17,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強い吸引力とサイクロン

マキタ掃除機の中でもバランスに優れた製品がこのCL107FDSHW+です。家庭用の7.2Vと10.8Vのラインナップの中でも吸引力が1番高いのがこのモデルです。紙パック式ですが、サイクロンアタッチメントがあるので紙パックの交換頻度を大幅に少なくすることができます。

 

レビューを見てみると、ゴミの取れ高が一目瞭然掃除が楽しい、吸引力と充電の短さに満足してます、従来の重くコードつきの掃除機では苦労していた場所で特に重宝していますサイクロンは必須アイテムといえますと高い評価を得ています。

 

サイクロンアタッチメントを取り付けると吸引力が4割ほど低下しますが、家庭のゴミであれば問題なく吸引でき、紙パックの目詰まりがしにくくなるので、吸引力が持続します。軽量かつ吸引力を重視している方におすすめです。

バッテリー10.8V集塵方法紙パック、サイクロン

マキタ掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4962732の画像

    マキタ(makita)

  • 2
    アイテムID:4962793の画像

    マキタ(MAKITA)

  • 3
    アイテムID:4962842の画像

    マキタ(Makita)

  • 4
    アイテムID:4963004の画像

    マキタ(Makita)

  • 5
    アイテムID:4963019の画像

    マキタ(Makita)

  • 6
    アイテムID:4963037の画像

    マキタ(Makita)

  • 7
    アイテムID:4963056の画像

    makita

  • 8
    アイテムID:4963079の画像

    マキタ(Makita)

  • 9
    アイテムID:4963111の画像

    通販生活

  • 10
    アイテムID:4963138の画像

    マキタ(Makita)

  • 商品名
  • CL107FDSHW+サイクロンアタッチメント
  • CL182FDRFW
  • CL142FDRFW
  • CL105DWI
  • CL108FDSHW
  • CL070DSH
  • CL105DWN
  • CL102DW
  • 通販生活のマキタのターボ・60
  • CL110DWI
  • 特徴
  • 強い吸引力とサイクロン
  • パワフルなモデル
  • パワフルでも軽量な掃除機
  • パワフルモード搭載機
  • ワンタッチで簡単ゴミ捨て
  • 快適な掃除ができる軽量ボディ
  • じゅうたんにも対応
  • 短い充電時間
  • 標準で60分使用可能
  • シンプルに使える
  • 価格
  • 17850円(税込)
  • 25060円(税込)
  • 24665円(税込)
  • 9890円(税込)
  • 14666円(税込)
  • 10139円(税込)
  • 10290円(税込)
  • 13447円(税込)
  • 13878円(税込)
  • 8790円(税込)
  • バッテリー
  • 10.8V
  • 18V
  • 14.4V
  • 10.8V(内蔵)
  • 10.8V
  • 7.2V
  • 10.8V(内蔵)
  • 10.8V
  • 10.8V(内蔵)
  • 10.8V
  • 集塵方法
  • 紙パック、サイクロン
  • 紙パック
  • 紙パック
  • 紙パック
  • カプセル
  • カプセル
  • 紙パック
  • 紙パック
  • 紙パック
  • カプセル

まとめ

ここまでマキタ掃除機の人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。掃除のスタイルによって、必要な機能を選ぶことで、適切な掃除機を選ぶことができます。マキタ掃除機を導入して、スムーズで快適な掃除をしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ