記事ID136064のサムネイル画像

【カクテルやお菓子作り】おすすめのラム酒人気ランキング10選

モヒートなどのカクテルやお菓子作りに使われるラム酒。家でもお店と同じように美味しいものが作りたくてラム酒を探してるけど種類がありすぎて、おすすめがわからないという方もいるのではないでしょうか。今回はラム酒のおすすめ商品を人気ランキング形式でまとめました。

奥深いラム酒の世界

ラム酒という名前は聞いたことがあっても、実際にどんなものか想像がつかないという方も多くいるのではないでしょうか。ラム酒はカクテルのベースとしてや、お菓子の風味をつける役割を持つなど、意外に身近にあるお酒なんです。

 

ラム酒はキューバなどの南米諸国やイギリスなどの欧米、それに日本でも作られており、製法や熟成具合、それに国柄によってもさまざまな種類があります。

 

ストレートやロックなどウィスキーのように飲むことで、風味を直接的に感じることやカクテルにして複雑な味わいを感じたりと飲み方もさまざまにあります。今回は口コミと一緒におすすめのラム酒をランキング形式でご紹介していきます。

ラム酒の選び方

ラム酒は、色味や風味などさまざまな種類があります。好みのものや使用用途に合ったラム酒を選ぶためのポイントを見ていきましょう。

色で選ぶ

ラム酒は大きく分けて3種類の色味で分けることができます。ダークラム、ゴールドラム、ホワイトラムのそれぞれの特徴をご紹介します。

濃い褐色のダークラム

ラム酒のダークラムに分類されるものは、オーク樽などで3年以上熟成させたものを指します。樽によってつけられる濃い色合いや香りが特徴で、ラム酒らしさをしっかりと感じることができます。ストレートや氷を入れて溶かしながら飲む飲み方がベストです。

 

長期熟成したものは、色だけでなく味も濃く甘みを多く感じるので、苦手に感じた場合には、1対1で水で割るなどして調整するようにしましょう。

 

お菓子に風味をつける目的でラム酒を使用する際には、このダークラムが多く使われます。パウンドケーキやカヌレ、ティラミスやモンブランなどに使用すると香り高く大人の味わいにすることができます。

黄金色のゴールドラム

ラム酒をストレートやロックで飲む際に、飲みやすいのが黄金色をしたゴールドラムです。オーク樽で熟成をさせ、ろ過をせずに瓶詰めをしています。ラム酒らしさを感じることができ、ダークラムよりもクセがなくバランスの良さをもっています。

 

初めてラム酒を飲む場合には、このゴールドラムがおすすめです。ただ、国や銘柄、製造方法によっても味が変わるため、ゴールドラムを色々と試してみることで好みのものを見つけることができます。

 

ウィスキーのようにすっきりとした味わいのものから、ブランデーなどのように甘みを強く感じるものなどさまざまなものがあり、飲みくちの良いものを選ぶようにしましょう。

透明なホワイトラム

ゴールドラムを活性炭でろ過をして、無色透明にしたものをホワイトラムと言います。香りも抑えられており、クセの少ない味になっています。ダークラムやゴールドラムのようにストレートやロックで飲む飲み方ではなく、カクテルのベースとして使われることが多い種類です。

 

キューバのミント「イエルバブエナ」を使用したモヒートや、ライムと砂糖を入れるだけのダイキリ、コーラとライムジュースを入れたキューバリブレなど、多くのカクテルがあり、それらに透明なホワイトラムが使われます。

 

ホワイトラムにもクセのあるものがあるため、カクテルなどを作る場合には、ラム酒のクセが邪魔をしてしまわないように、カクテルに適したものを選ぶようにしましょう。

風味で選ぶ

ラム酒は製法ごとに違った風味を持っています。ベビー・ミディアム・ライトと3種類あり、それぞれに特徴を持っています。

味の濃いヘビータイプ

原料のサトウキビから作った醸造酒を単式蒸留器を使用して蒸留した後に、長期間に渡って熟成させたラム酒をヘビータイプ、またはヘビーラムと言います。ダークラムがこれにあたり、濃い色や強い風味をもっており、他のラム酒とは見た目も異なります。

 

後味も強く、じっくりと堪能しながらラム酒を楽しみたい方におすすめです。チェイサーを用意してストレートで飲むことで、ラム酒の良さを素直に感じることができます。また、長期熟成していることから、価格帯も高めなものが多く、高級感を持ったデザイン性のあるボトルも特徴的です。

香りを楽しむミディアムタイプ

ヘビータイプほどの個性はないですが、香りと味が程よく、ラム酒の風味をしっかりと感じることができるのがミディアムタイプです。銘柄によって連続式蒸留器を使用したり、単式蒸留器を使うこともあり、さまざまなバリエーションがあります。

 

ミディアムタイプは製造方法や蒸留方法が多くあり、中にはヘビータイプとライトタイプを混ぜることで、ミディアムタイプを作っているラム酒もあります。飲みやすい特徴があり、ラム酒の良いところを素直に感じることができます。

 

ミディアムタイプの場合、ボトルに明記されていることが少ないですが、ベビータイプとライトタイプの中間にあたるタイプとして覚えておきましょう。

軽さを感じるライトタイプ

ライトタイプのラム酒は、原料のサトウキビから作った蒸留酒を連続式蒸留器によって蒸留した後に、短期間だけ熟成させたものを指します。熟成期間を短く設定していることで、クセの少ない味になり、飲みやすいのが特徴です。

 

熟成したものを活性炭でろ過をすることで、ホワイトラムになり、そのまま瓶詰めされるものはゴールドラムとなります。キューバやプエルトリコなどが産地のラム酒は、このライトタイプが有名で、ラム酒を初めて飲むという方にも受け入れやすい特徴を持っています。

 

また、カクテルにも良く使われ、他のお酒やリキュールとの相性が良い特徴も持っています。

原料や製法で選ぶ

ラム酒は、製法や醸造原料によっても分かれています。それぞれの違いによって価格も変わってくるので、ポイントを抑えておきましょう。

インダストリアル製法

現在主流となっているのがインダストリアル製法です。サトウキビから砂糖を生産する時に、副産物としてモラセスというものができます。このモラセスを使用して生産するのがインダストリアル製法で、貯蔵ができるためにサトウキビの収穫時期に関係なくラム酒を製造することができます。

 

サトウキビの収穫時期だけでなく、通年でラム酒を製造できるために、価格帯も低く抑えることができ、多くの銘柄で採用されている製法になっています。

 

モラセスは廃糖蜜とも呼ばれ、サトウキビ由来の糖分やミネラル分が残されていることから、うま味調味料や健康食品の原料などにも使われています。

アグリコール製法

アグリコール製法は、サトウキビを絞って出てきた汁をそのまま原料として使用する製法です。モラセスとは異なり貯蔵しておくことができないので、サトウキビを作れる場所で、その収穫時期にしか製造することができません

 

インダストリアル製法よりも新しい製法で、世界的にも生産量が少なく、希少価値が高い分、価格帯も高くなります。ラム酒に興味を抱いた方は、一度は飲んでみることをおすすめします。

 

サトウキビは熱帯や亜熱帯などで栽培され、十分な日照と豊富な水源が必要な植物です。ラム酒の他にもブラジルのカシャッサやタイのウィスキーにも使用され、日本の黒糖焼酎もサトウキビを使用しています。

ラム酒の人気ランキング10選

第10位

サントリー

ラム ゴールド

価格:944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門酒にもおすすめ

クセがあまりなく、香りも穏やかでフラットな印象のあるラム酒です。ストレートやロックだけでなく、カクテルのベースとしても使うことができ、軽い飲みくちなので初心者にもおすすめです。ジュースなどとの相性もいいので、ライトなカクテルを楽しむこともできます。

 

レビューを見てみると、ラムレーズンを漬けるのに2本目を購入クセがないのでオススメです、甘くて強いお酒が好きなら梅酒割りオススメです、安くて香りもそこそこ良いので焼き菓子などのお菓子に使いやすいですという評価を見ることができます。

 

クセがないのでお菓子の香り付けとしても活用でき、価格帯も安いのでコスパに優れた製品です。とりあえずラム酒を初めてみるという方におすすめです。

種類ゴールドラム製法-
原産国日本
第9位

高岡醸造

ルリカケス

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

限定国産ラム酒

サトウキビだけを原料として3回蒸留させたあとに、熟成をオーク樽でしたラム酒です。個性的な味わいがあり、好みも分かれますが品があり、しっかりと楽しめる風味があります。奄美大島に生息する鳥のルリカケスが、名前の由来となっています。

 

レビューを参考にすると、漫画レモンハートにも取り上げられた名品、黒砂糖の癖が結構残っていますでもそれが個性で癖になる美味しさ、ちょっと泡盛にも似た感じの香りでとても気に入りましたという評価を見ることができます。

 

ラム酒は国産でも作られており他にもさまざまな銘柄があります。国ごとにラムの味わいは変わるので、いろいろなラムの味を感じたい方におすすめです。

種類-製法-
原産国日本
第8位

コートーコーポレーション

セルバレイ・カカオ ラム

価格:3,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口当たり滑らかなチョコ風味

ラム好きなアーティストのブルーノマーズが出資し、手がけたラムです。ココアをまぶしたチョコレートケーキのような香りが特徴で、口当たりが滑らかで甘さを感じるダークラムです。カカオのアロマが長く続く後味で、ラムの甘みと交わって深く楽しむことができます。

 

レビューを見てみると、コレをロックで呑むと満足します、家に甘い香りが漂ってとてもいいです、チョコレート好きにはオススメです、簡単に普通の牛乳で割って飲んでも美味しいですと高い評価が見られます。

 

世界で唯一チョコレートで香り付けをしたラムで、アルコール度数35度と程よく、香りとダークラムの甘さを楽しむことができます。一味違ったラムを試してみたい方におすすめです。

種類ダークラム製法-
原産国パナマ
第7位

バカルディジャパン

クラシックカクテルズモヒート

価格:1,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単モヒート

スペリオールラムで作られたモヒートの素がこのクラシックカクテルズモヒートです。炭酸と氷さえあれば、手軽にモヒートを作ることができ、さわやかな香りのカクテルを誰でも簡単に作ることができます。炭酸と1対1で割ることで飲みやすく香り高いモヒートを飲むことができます。

 

レビューを見てみると、よく冷えた炭酸とミックスすると実に美味い、炭酸水とミントの葉っぱさえあればノンストップモヒートタイム、BARで飲むより自分の濃さで呑めて美味しい、炭酸水を混ぜるだけで本格モヒートになりますと高い評価をみることができます。

 

アルコール度数が低めな18度なので、とても飲みやすく、香りもしっかり楽しめるラムです。モヒートが好きな方にはおすすめのラムです。

種類ホワイトラム製法-
原産国スペイン
第6位

キリンビール

キャプテンモルガン スパイストラム

価格:1,533円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2つとない風味

カリブ海で作られたラムと、選ばれた果物のフレーバーやスパイス、それにバニラのフレーバーをかけ合わせた、一度飲んだら忘れられないスパイストラムです。アメリカでも人気で、コーラやジンジャーエールと割ることでも楽しむことができます。

 

レビューを見てみると、インターネットのレビュー通りかなりバニラの香りが強く飲みやすいと高い評価が見られます。キャプテンモルガンは伝説的な船長で、カリブ海の隅々まで知れ渡るほどで、海賊から大英帝国軍の参謀として活躍した人物です。

 

バニラやトロピカルな香りがありますが、ラム自体に甘さはそれほどなく、スッキリと飲める特徴があります。ラムコークや、コーヒーと一緒に飲む飲み方がおすすめです。

種類ゴールドラム製法-
原産国ヴァージン諸島
第5位

サントリー

ロンリコ ゴールド

価格:1,166円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊かな味わいのラム

プエルトリコで1860年にできたロンリコは、カリブ海沿岸で作られているラム酒発祥の地で作られている正統派のラムです。スペイン語でロンリコは豊かな味わいのラムという意味を持っています。ミディアムタイプのゴールドでまろやかな味わいが楽しめます。

 

日本で手に入るロンリコには、ホワイトとゴールド、そしてアルコール度数75度の151があります。飲みくちがよくまろやかで普段飲むのに適しているのがゴールドで、多くの著名人にも愛されています。

 

アメリカの自治領のプエルトリコですが、禁酒法時代に唯一製造を許されていたのがロンリコで、ラムの味わいだけでなく歴史を感じながらも楽しめるお酒です。ジュースなどで割ってもラムの風味を楽しめるので、初心者の方にもおすすめのラムです。

種類ゴールドラム製法-
原産国プエルトリコ
第4位

バカルディジャパン

スペリオール

価格:1,146円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カクテルのベースに

カクテルを作る際に、ラムの豊かな風味を入れつつも甘さが控えめなので邪魔をせずに合わせることができるホワイトラムです。世界のバーテンダーから信頼を得ているバカルディのホワイトラムは、ストレートやロックよりも、カクテルのベースとして使用することをおすすめします。

 

レビューを見てみると、カクテル入門者から上級者にもオススメできます、コーラで割ってレモンを少し入れるととても美味しい、我が家では家内がお菓子作りに使っていますCPが高いと思います、コーラの味を邪魔せずとてもおいしくしてくれますと高い評価が見られます。

 

ラムをソーダで割ってレモンやライムを絞るだけのラムハイボールなど、簡単に作れるものもあり、いろいろな飲み方をしたいという方におすすめです。

種類ホワイトラム製法インダストリアル製法
原産国プエルトリコ
第4位

MHD

ロン サカパ 23

価格:4,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

贅沢な味わい

コニャックのような贅沢な香りと味わいが特徴のラムです。サトウキビの1番絞りジュースを原料に採用し、高地で熟成させる独自の製法で作られています。23年間の超長期熟成のダークラムと20種類の原酒を加えてから、4年間さらに熟成をして出荷されています。

 

レビューを見てみると、これは最高のラム酒、ラムのイメージを絵にかいたような、変な癖の無い見事なラム、最初の一口は濃厚な味わいに戸惑ったがすぐに引き込まれて最近は毎日飲んでいる、少量でも味と香りを感じると高い評価を得ています。

 

ラムのうま味を知ることができる1本です。ラム入門酒としてもおすすめです。

種類ダークラム製法アグリコール製法
原産国グアテマラ
第3位

バカルディジャパン

ゴールド

価格:1,186円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界No.1ラム

世界で多くの人に親しまれているバカルディのゴールドラムです。3年程度熟成した原酒をブレンドしたもので、厚みがあり深いコクと香りを持ちながらも、飲みやすいスムーズな飲みくちを実現したラムです。ストレートやロックで飲むとさらりとした中にリッチさを感じることができます。

 

レビューを参考にすると、手頃な金額でいい香りのゴールドはやっぱりいい、香りはとてもフルーティでストレートでも美味しかったです、夏空がどこまでも広がりポカリと浮かんだひつじ雲になった飲み心地ですと高い評価を得ています。

 

コーラで割るキューバリブレは、このゴールドを使用して作ることができます。ストレートだけでなくカクテルも飲む方におすすめです。

種類ゴールドラム製法インダストリアル製法
原産国プエルトリコ
第2位

キリンビール

オリジナルダーク

価格:1,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界で愛されるラム

ジャマイカの農場で1879年に生み出されたマイヤーズのダークラムです。まろやかで芳香な香りが特徴で、およそ200種類の原酒から20種類を厳選して、4年をかけて熟成しています。洋菓子の材料としても使用され、多くの店舗やレストランで使われているラムです。

 

レビューを見てみると、香りの良さが抜群、やや甘目なれどこの味が好きになると他のダークラムでは物足りない程に慣れるかも、パウンドケーキ類を作る際にも製菓用よりも断然こちらが美味しくできますという高い評価が見られます。

 

甘みのあるラムで、飲むためのお酒としてだけでなく、お菓子作りに本領を発揮するラムです。風味をつけるためにラムを探している方におすすめです。

種類ダークラム製法インダストリアル製法
原産国ジャマイカ
第1位

レモンハート

デメララ

価格:2,896円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセがなく風味が強い

イギリスで1804年に発売が開始された老舗のレモンハートのラムです。お酒を取り上げた漫画のレモンハートの元になったブランドで、アルコール度数40度のダークラムがデメララです。香りが強めで色味も濃いラムですが、味にクセがなく口当たりがいい特徴を持っています。

 

レビューを参考にすると、市販されてるラムの中では一番気軽に飲みやすいと思いますと高い評価を得ています。軽めの甘みとコクがある香りがあり、バランスがよく、ラム初心者の方でも安心して飲むことができます。

 

普段飲みのお酒として購入することができる価格帯で、手に入りやすいので、日々の楽しみとしてラム酒を探している方におすすめです。

種類ダークラム製法-
原産国ガイアナ

ラムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4961632の画像

    レモンハート

  • 2
    アイテムID:4961647の画像

    キリンビール

  • 3
    アイテムID:4961664の画像

    バカルディジャパン

  • 4
    アイテムID:4961693の画像

    バカルディジャパン

  • 5
    アイテムID:4961722の画像

    サントリー

  • 6
    アイテムID:4961758の画像

    キリンビール

  • 7
    アイテムID:4961783の画像

    バカルディジャパン

  • 8
    アイテムID:4961793の画像

    コートーコーポレーション

  • 9
    アイテムID:4961800の画像

    高岡醸造

  • 10
    アイテムID:4961807の画像

    サントリー

  • 商品名
  • デメララ
  • オリジナルダーク
  • ゴールド
  • スペリオール
  • ロンリコ ゴールド
  • キャプテンモルガン スパイストラム
  • クラシックカクテルズモヒート
  • セルバレイ・カカオ ラム
  • ルリカケス
  • ラム ゴールド
  • 特徴
  • クセがなく風味が強い
  • 世界で愛されるラム
  • 世界No.1ラム
  • カクテルのベースに
  • 豊かな味わいのラム
  • 2つとない風味
  • 簡単モヒート
  • 口当たり滑らかなチョコ風味
  • 限定国産ラム酒
  • 入門酒にもおすすめ
  • 価格
  • 2896円(税込)
  • 1125円(税込)
  • 1186円(税込)
  • 1146円(税込)
  • 1166円(税込)
  • 1533円(税込)
  • 1078円(税込)
  • 3100円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 944円(税込)
  • 種類
  • ダークラム
  • ダークラム
  • ゴールドラム
  • ホワイトラム
  • ゴールドラム
  • ゴールドラム
  • ホワイトラム
  • ダークラム
  • -
  • ゴールドラム
  • 製法
  • -
  • インダストリアル製法
  • インダストリアル製法
  • インダストリアル製法
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 原産国
  • ガイアナ
  • ジャマイカ
  • プエルトリコ
  • プエルトリコ
  • プエルトリコ
  • ヴァージン諸島
  • スペイン
  • パナマ
  • 日本
  • 日本

まとめ

ここまでラム酒の人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ラム酒には香りや味などさまざまにあります。夜の時間を楽しんだり、スウィーツで大人の味を楽しんだりと、多くの場面でラム酒は使えます。これを機にラム酒の深い世界を味わってみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ