記事ID136036のサムネイル画像

【通気性バツグン】すのこベッドのおすすめ人気ランキング10選

すのこベットは、通常のベッドより通気性に優れているのがメリットです。この記事ではおすすめのすのこベッドを比較しながらランキング形式で紹介していますので、すのこベッドに興味がある方はぜひ最後まで読み進めて頂くことをおすすめします。

すのこベッドで快適な睡眠を実現

寿命100年時代と言われる現代において、長い人生の実に1/3を占める睡眠時間はできるだけ身体を労わってあげたいですね。日本は空気が湿りやすく夏場の高温多湿はもちろん、冬場でも元々湿気を含んでいる上に加湿器も使うので朝に結露が発生するのは当たり前になっています。

 

そのような環境で快適に眠るために考え出されたのがすのこベッドです。すのこベッドとはその名の通り底板がすのこ状になっており、ほとんどが木で作られています。隙間を空けることで布団やマットレスが吸収した湿気を排出してカビやダニの発生を防ぐことができます。

 

木製なので自然を身近に感じられるのも嬉しいところですが、通気性が良すぎるため冬場は部屋の冷たい空気を簡単に通してしまうのが難点です。形状としてはしっかりとした脚付きの大型タイプや、床に敷くだけの折りたたみ式や簡易的なロールタイプも含まれます。

すのこベッドの選び方

すのこベッドは外観やメーカーでその性能・特色が大きく異なります。何を選べばよいかお悩みの方へ向けて、選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

ポピュラーなタイプから選ぶ

すのこベッドは見た目の作りから大きく3つのタイプに分けることができます。それぞれ一長一短の特性を持つので自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

スタンダードタイプ

質の良い睡眠は精神的にリラックスしていることが前提です。ベッドが小さかったり耐久性に不安を抱えたまま横になるよりは、大きくどっしりとした固定型のベッドに身体を預けて深い眠りに就きたいですね。せっかく購入するのですからしっかりしたベッドを選びたいものです。

 

そんな方におすすめなのがスタンダード型のすのこベッドです。すのこベッドは何となく簡易的な設計になっているイメージがありますが、通常のベッドと同じように頑丈に作られており通気性も確保しています。中でも棚付のモデルはスマホ充電なども可能で実用性に優れています。

 

少しお値段は張りますが、大抵のベッドは床面の高さ調整が可能です。ベッド下がデッドスペースになっているタイプであれば、床面を上げて衣装ケースなどをしまっておけます。床面を下げれば収納はできませんが、高さのあるマットレスを使用することができます。

折りたたみタイプ

通常のベッドでもよく見かけるのがこの折りたたみタイプです。中央部分を持ち上げることにより二つ折り状態にすることが可能で、そのまま窓際に移動させれば手軽に布団を干すことが出来ます。コンパクトなつくりのベッドが多いので、お部屋のスペースをあまり取りません。

 

パイプフレームであったり、サイドに落下防止のグリップや足にキャスターが付いているものが一般的です。変形させたり頻繁に動かすことを想定した設計になっていますので、お部屋にどっしりと設置するスタンダードタイプのベッドに比べると寝心地の良さや安定感はやや欠けます。

 

折りたたみ機構を備えているという点ではフロアタイプと同じですが、こちらは床面から高い位置で横になることが出来ます。室内のホコリは床から30cmの高さで舞ったり沈んだりを繰り返しているとされています。ホコリの層を避けて就寝できるのは大きいメリットですね。

フロアタイプ

すのこベッドは通気性に優れているため夏場は快適ですが、冬場は寒気が当たって冷えるというデメリットがあります。そのため湿気が気になる夏場だけ使用して、それ以外のシーズンは押し入れなどに収納しておくという使い方が理想的かも知れません。

 

そのようなスタイルを想定している方におすすめなのがフロアタイプのすのこベッドです。こちらは床に直置きするタイプで、寝具ではありますがすのこベッドというよりすのこ板そのものといった外観をしています。そのため取り回しが良く出し入れが簡単なのがメリットです。

 

もちろん折りたたむことも可能で、二つ折り・三つ折り・四つ折り・巻き型など様々なタイプがあります。布団を干しやすい4つ折りや、収納時にスペースを取らない巻き型が特におすすめです。価格もお求めやすくなっているのですのこベッドを試してみたい方にも推奨できます。

立体構造タイプから選ぶ

すのこベッドとしては少し大掛かりになってしまいますが、部屋の間取りや家族構成上なるべくスペースを節約したい方におすすめのタイプを2つ挙げていきます。

ロフトベッドタイプ

大きなベッドで快適に眠りたいものの、ベッドが占める床面積は家具の中でも最も大きいです。小さめのお部屋ならベッドを置くだけで大半のスペースが使えなくなってしまいますね。そんな悩みを解決し、3次元的にスペースを活用できるのがロフト型ベッドです。

 

二段ベッドの一段目を空けたような形になっているロフトベッドは、床面を上部に設置することにより床下のスペースを大きく確保することができます。すのこを採用しているため通気性はもともと高いですが、床下が広く空いているので湿気を十分に逃がすことが可能です。

 

床下の空間はタンスや衣装ケースを並べて物置のように使うことも出来ますし、デスクと椅子を設置してワークスペース・書斎として活用できます。特に後者は部屋の中にさらに小さな秘密基地を設けているような感覚で、憧れている方も多い使い方ではないでしょうか。

二段ベッドタイプ

ベッドを購入したいと考えている方の世帯構成はもちろん人それぞれです。単身者の方であれば自分の身体に合っているものを一つ購入すればよいですが、小さなお子さんがいらっしゃるようなご家庭では今後のお子さんの成長や間取りの変更も考えてベッドを選ぶ必要があります。

 

兄弟姉妹のいるご家庭におすすめなのが二段タイプのベッドです。ベッドも複数人分となると部屋のスペースのほとんどが埋まってしまうので、上方向に二つ繋げたこのタイプはスペースの節約になります。お子様の成長に合わせて2台のシングルベッドに変形できるタイプもあります。

 

通気に優れたすのこベッドは肌触りの良い木製のものが殆どなので、小さなお子さんの健康面からみてもベストな組み合わせですね。製品安全協会が認定したSGマークやJIS規格の強度を持つベッドで有ればさらに安心してご使用いただけます。

品質重視のメーカーで選ぶ

少々お値段が張ったとしても、高級な木材の香りや手触りに癒されながら質の高い睡眠を実現したいという方におすすめのメーカーを2社紹介します。

源ベッド

源ベッドは、広島県に本社を置くベッドメーカーであるチヨダコーポレーション社のオリジナルブランドです。洋風ベッドやマットレスはもちろんのこと、すのこベッドや畳ベッドなどの和のテイストを取り入れた商品も高い技術力で展開しています。

 

すのこベッドはスタンダードからフロアマットまで数多くの種類を取り扱っています。収納性と折りたたみ機構を兼ね備えたタイプも利便性が高く人気です。ほとんどの商品に高級木材であるヒノキを使用しており、無塗装・曲面加工で安全面も配慮された作りになっています。

 

価格は上級クラスで10万円前後となっています。安易に手を出せる価格ではありませんが、職人が心を込めて作り上げた製品の品質は決して悪いものではありません。安心の日本製と快適な寝心地にこだわる方におすすめのブランドです。

エムール

エムールは東京都八王子市に本社を置く生活雑貨の開発販売を手掛ける会社です。いつからか「不足」「課題」などの目標意識が先行するようになってしまった「眠り」という言葉が本来持つ「休息」「快適」といったプラスのイメージを実感できるモノづくりを提案しています。

 

豊かなライフスタイルを形成する上で、良質な睡眠は必要不可欠であることを発信し続けている企業です。そんなエムールのすのこベッドは扱いやすい桐製の折りたたみタイプから、安定感のあるヒノキ製のスタンダードタイプまで豊富に取りそろえた「フランコ」シリーズが人気です。

 

有名なベッドメーカーの生産ラインと提携することで、高品質を保ちながら大量生産を可能にしています。ネットショップではミドルクラスの価格帯といったところですが、値段以上のクォリティを秘めています。すこし良いすのこベッドが欲しいという方におすすめのメーカーです。

価格重視のメーカーで選ぶ

低価格でありながら機能面やデザイン性に優れたメーカーはたくさん存在します。その中で特に有名なブランドを二社紹介します。すのこベッドを試してみたい方というにもおすすめです。

IKEA(イケア)

IKEAはスウェーデン発祥の世界最大の家具メーカーです。北欧風のオシャレなデザインとお求めやすい価格帯で世界中から支持されており、日本でも全国で9店舗しかないにも関わらず大人気のブランドとなっています。ありとあらゆる家具・日用雑貨を取り扱っています。

 

各モデルルームを順番に見て回るスタイルの店舗をは眺めているだけでも楽しいですよね。IKEAのすのこベッドは「ベッドベース」という名称で販売されており、フロア型のモデルを展開しています。こちらはマットレスを長持ちさせるだけでなく、体重を分散させる効果があります。

 

スラットの反発力を調整できるタイプもあり、ユーザーに最適な姿勢をサポートしてくれるためより快適な睡眠を実現しています。IKEAのすのこベッドはIKEAのマットレスに適合するサイズで作られているため、お手持ちのマットレスが使えるかどうかはしっかり確認しましょう。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは宮城県仙台市に本社を置く、生活雑貨の製造販売を主な事業とする大手家電メーカーです。2012年からは大手電機メーカーでリストラにあった技術者を大量に迎え入れ、大企業の伝統的かつ高度なノウハウを取り入れることで更なる事業の発展を実現しています。

 

近年ではオンラインショップなどでも安価なモデルを幅広くリリースしている会社としてよくその名を見かけるようになりましたね。すのこベッドにおいても、お求めやすい価格で質の良いフロアタイプや簡易折りたたみ式タイプを多数取り扱っています。

 

よく似た名称としてアイリスプラザという会社もありますが、こちらもアイリスオーヤマの関連会社です。アイリスプラザの方ではスタンダートタイプのすのこベッドもラインナップが豊富です。コストパフォーマンスが高い製品をお探しの方に最適なメーカーと言えるでしょう。

すのこベッドの人気ランキング10選

第10位

ホームテイスト

すのこベッド【Sommeil-ソメイユ-】

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

布団を干せる4つ折りタイプ

M字型に折りたためる機構が特徴のこちらは、4つ折りタイプのフロア型すのこベッドです。折りたたみ時には布団も乗せられるので、窓際に移すだけで手軽にふとんが干せます。材質は桐材を使用しており、耐荷重は180kgと頑丈なつくりになっています。

 

コンパクトに折りたためるのでオフシーズンの収納も場所を取らない便利なアイテムです。

外寸97x196x2.5cm重量4.8kg
素材耐荷重180kg
第9位

IKEA

LUROY ベッドベース ( すのこ )

価格:4,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性の高い床敷マット

オシャレで安価なIKEAの、フロアタイプのすのこベッドです。17本の合板スラットは体重を分散し、マットレスの柔軟性を高める効果があります。通気性はもちろん適度な撓りがあり価格以上のパフォーマンスを発揮しているとレビューでも好評です。

 

IKEAのマットレスに対応した設計になっていますので、お手持ちのマットレスと大きさが合うかしっかり確認しましょう。

外寸200×80×4cm 重量4kg
素材バーチ積層材耐荷重-
第8位

Mkicesky

すのこベッド

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなロールタイプ

茣蓙のような見た目が特徴のこちらは、巻き取り型のフロアすのこベッドです。横板の高さは2.5cmと床敷タイプとしてはやや厚めに作られており、一枚一枚にスリットが入っているため従来モデルより空気が通りやすい点のがメリットです。

 

下面はEVAの緩衝材が取り付けられているため、木材がフローリングを傷つけることがないのも嬉しいですね。

外寸100x200x2.5cm重量6kg
素材天然桐耐荷重-
第7位

ベッドアンドマットレス

木製ベッドフレーム

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧パインの無垢材を使用

シンプルなデザインが特徴のこちらは、スタンダードタイプのすのこベッドです。無垢材を採用していますので針葉樹の柔らかさや香りを楽しむことができます。ヘッドシェルフは本や小物などを収納でき、コンセントに接続すればスマホの充電も可能です。

 

すのこタイプならではの通気性はもちろん、シングルベッドとしてベーシックな機能は揃っている優れたアイテムです。これで一万円前後の価格はお買い得ではないでしょうか。

外寸97×205.5×58.5cm重量27.8kg
素材北欧パイン材無垢 耐荷重200kg
第6位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

すのこベッド OTB-WH

価格:14,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ&移動しやすい

コストパフォーマンスに優れた家電メーカーとして有名なアイリスオーヤマの折りたたみ式すのこベッドです。ベース面は床から34.5cmの高さにあるので、ホコリが溜まっている層を避けられるのは嬉しいですね。ベッドの乗り降りも楽な姿勢で行えます。

 

フレームと横板の落ち着いたカラーの組み合わせで、どんなお部屋のインテリアにも馴染みます。ベッド下も衣装ケースなどを収納できるのでおすすめです。

外寸98×203.5×45cm重量23.4kg
素材天然パイン耐荷重90kg
第5位

タンスのゲン

ワイドすのこベッド BD30-106

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敷布団がはみ出さない広さ

家具のネット販売を幅広く手掛けるタンスのゲンからリリースしているこちらは、ワイド設計の折りたたみ型すのこベッドです。コンパクトな折りたたみベッドにありがりな欠点をカバーしながら、通気性も確保した優れたアイテムとなっています。

 

耐荷重は180kgと折りたたみタイプとしては頑丈に作られています。シックハウス基準もクリアしており安全性・耐久性に優れたすのこベッドです。

外寸108×211.5×46cm重量23kg
素材桐無垢材耐荷重180kg
第4位

ラッキーベッド

すのこ二段ベッド 大臣3-ART(本体)

価格:38,664円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性と利便性を兼ね備えた二段式

頑丈な支柱と太いフレームでしっかりとした印象のこちらは、はしご付きの二段式すのこベッドです。耐荷重500kgをクリアする耐久性とヘッドシェルフによる使い勝手を兼ね備えた優れた製品となっています。4万円を切る価格も嬉しいですね。

 

組み立て方を変えればシングルベッド2台としても使えるので、小さなご兄弟・ご姉妹がいらっしゃる家庭でもお子様の成長に合わせて柔軟に対応できます。

外寸211×104×160cm重量100kg
素材パイン材・合板耐荷重500kg
第3位

エムール

すのこ折りたたみベッド

価格:39,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かみを感じる美しいデザイン

落ち着いたシンプルなデザインこちらは、良質なベッドを提供するエムール社の折りたたみ式すのこベッドです。木材は最高クラスと言われる国産ヒノキを採用し、美しい見た目・上質な香り・優しい肌触りとその高級感を存分に楽しんでいただける製品です。

 

精巧に作り込まれている分、耐荷重は80kgとやや控えめなので取り扱いには注意しましょう。

外寸106.5×210×36cm重量24kg
素材ヒノキほか天然木耐荷重80kg
第2位

源ベッド

ヒノキすのこベッド

価格:46,461円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

質の高さを追求したシングルサイズ

素材選びからからこだわっている源ベッドからの、スタンダードタイプのすのこベッドです。素材は無塗装ヒノキを採用し、特に床板は強度に優れた細いヒノキを使っています。シンプルながらも細部までしっかりと作り込まれている逸品です。

 

ヘッドシェルフはスマホなどの充電可能、耐荷重は500kgクリアと利便性と耐久性を兼ね備えた安心のすのこベッドです。

外寸101×215×75cm重量45kg
素材ヒノキ耐荷重500kg
第1位

VEGA CORPORATION

LOWYA すのこ板ロフトベッド

価格:53,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレな新生活をスタート

黄色に近い鮮やかなカラーが魅力のこちらは、ロフトタイプのすのこベッドです。すのこ状の床面による通気性の良さに加えて、床下に大きくスペースを取っているので、湿気が籠らず快適な睡眠をとることが可能です。

 

ベッド下のスペースは物置にしたり、デスクを設置して小さなプライベートルームとしても楽しめます。

外寸135x209x191.5cm重量66.5kg
素材パイン材耐荷重120kg

すのこベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4961146の画像

    VEGA CORPORATION

  • 2
    アイテムID:4961135の画像

    源ベッド

  • 3
    アイテムID:4961122の画像

    エムール

  • 4
    アイテムID:4961105の画像

    ラッキーベッド

  • 5
    アイテムID:4961096の画像

    タンスのゲン

  • 6
    アイテムID:4961088の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 7
    アイテムID:4961083の画像

    ベッドアンドマットレス

  • 8
    アイテムID:4961079の画像

    Mkicesky

  • 9
    アイテムID:4961050の画像

    IKEA

  • 10
    アイテムID:4961032の画像

    ホームテイスト

  • 商品名
  • LOWYA すのこ板ロフトベッド
  • ヒノキすのこベッド
  • すのこ折りたたみベッド
  • すのこ二段ベッド 大臣3-ART(本体)
  • ワイドすのこベッド BD30-106
  • すのこベッド OTB-WH
  • 木製ベッドフレーム
  • すのこベッド
  • LUROY ベッドベース ( すのこ )
  • すのこベッド【Sommeil-ソメイユ-】
  • 特徴
  • オシャレな新生活をスタート
  • 質の高さを追求したシングルサイズ
  • 温かみを感じる美しいデザイン
  • 耐久性と利便性を兼ね備えた二段式
  • 敷布団がはみ出さない広さ
  • 折りたたみ&移動しやすい
  • 北欧パインの無垢材を使用
  • コンパクトなロールタイプ
  • 汎用性の高い床敷マット
  • 布団を干せる4つ折りタイプ
  • 価格
  • 53990円(税込)
  • 46461円(税込)
  • 39900円(税込)
  • 38664円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 14999円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 4960円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 外寸
  • 135x209x191.5cm
  • 101×215×75cm
  • 106.5×210×36cm
  • 211×104×160cm
  • 108×211.5×46cm
  • 98×203.5×45cm
  • 97×205.5×58.5cm
  • 100x200x2.5cm
  • 200×80×4cm
  • 97x196x2.5cm
  • 重量
  • 66.5kg
  • 45kg
  • 24kg
  • 100kg
  • 23kg
  • 23.4kg
  • 27.8kg
  • 6kg
  • 4kg
  • 4.8kg
  • 素材
  • パイン材
  • ヒノキ
  • ヒノキほか天然木
  • パイン材・合板
  • 桐無垢材
  • 天然パイン
  • 北欧パイン材無垢
  • 天然桐
  • バーチ積層材
  • 耐荷重
  • 120kg
  • 500kg
  • 80kg
  • 500kg
  • 180kg
  • 90kg
  • 200kg
  • -
  • -
  • 180kg

まとめ

すのこベッドは大きな買い物ですので、ネットで注文する前にできれば店舗で実物を確認して頂くことを推奨します。素材に木を使っている商品が多いので、匂いや肌触りなどは個々のベッドで大きく変わってきます。また実際に寝転がって感触を確かめるのも良いですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ