記事ID136016のサムネイル画像

【音質の良さ】大人気のサブウーファーおすすめランキング10選

サブウーファーによってダイナミックな低音を楽しむことができます。しかし、 サブウーファーはたくさん種類があります。今回はサブウーファーの詳しい選び方と、大人気のサブウーファーおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです。

サブウーファーで低音をもっと充実させよう

サブウーファーを使用することによって、よりスピーカー全体の音に対して迫力のある低音を発揮することができるようになります。今回は、サブウーファーの選び方と人気おすすめランキング10選をご紹介して行きます。

サブウーファーの選び方

次にパソコンスピーカーの選び方について詳しく解説して行きます。パソコンスピーカーの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう

サブウーファーのタイプで選ぶ

サブウーファーの選び方の中で、ウーファーの構造タイプで選ぶことが大切と言えます。音質にも影響してくるので、サブウーファーを選択する前に知っておくと、自分の用途にあったサブウーファーを探すことができるでしょう。

バスレフ型のサブウーファーを選ぶ

音楽を聴くためにというよりも、映画などを見るためにサブウーファーを使いたい方におすすめなタイプは、バスレフ式というサブウーファーであり、ホームシアター、映画館のような環境を自宅に作り出すことができます。

 

サブウーファーの中で、重低音を重視したい方におすすめであり、音の締まりではなく、量感や、伸びのあるバスレフ式がおすすめです。映画館のようなダイナミックな低音を楽しみたい方におすすめです。

 

普通の低音では満足できない方におすすめであり、ライブDVDを楽しむ際にも迫力ある音質になるので、映画やライブなどのダイナミックに楽しみたいと思う方におすすめなサブウーファーの構造となります。

 

 

密閉型のサブウーファーを選ぶ

一方、密閉型のサブウーファーは、サイズ感によって、音の迫力が変わってくる構造タイプです。コンパクトなサブウーファーですと、低音の迫力が少なくなってしまう傾向にあります。低音の伸びではなく、締まり、反応の速い音が必要な音楽コンテンツを楽しみたい方におすすめです。

 

映画などの動画コンテンツの迫力を増したい方は、バスレフ型をおすすめします。逆に音楽などのコンテンツを楽しみたい方は密締型のサブウーファーを選ぶようにしましょう。

 

サブウーファーの特徴で選ぶ

サブウーファーの特徴で選ぶことによって、自分に合ったサブウーファーを見つけることができるようになります。サブウーファーの特徴を抑えて、自分の楽しみたいコンテンツに特化したサブウーファーを選びましょう。

出力で選ぶ

サブウーファーを選ぶ際に、サブウーファーの出力で選ぶことが大切と言えます。迫力のある大音量で楽しみたい方は、サブウーファーの出力の大きな商品を選ぶようにしましょう。40Wあれば十分自宅でも楽しめる出力となります。

 

100W以上のサブウーファーをありまして、自宅で映画感のようなダイナミックな環境を構築したい方におすすめと言えます。出力は音質にほぼ関係が無いと言えるので、音量のボリュームをもっと上げたい方におすすめと言えます。

 

ただ、100Wを超えるサブウーファーは、大音量となるので使用する場所によっては壁が地響きすることもあります。一軒家などで使用するか、音質を重視したクリアな低音を引き出してくれるサブウーファーを選びましょう。

大口径のサブウーファーを選ぶ

サブウーファーの中で低音のダイナミックな迫力を楽しみたい方は、口径の大きさで選ぶことも大切です。口径の大きさはウーファーユニットの大きさを表すので、それだけ空気の振動を起こすことができるようになります。これにより、迫力ある低音を発揮することができます。

 

20cm程度のサブウーファーであれば、映画を見ている時の地鳴り、飛行機の音を肌で感じることができます。通常のスピーカーだけでは実現することができない体験をしたい方は、口径の大きさが20cm以上のサブウーファーを選ぶようにしましょう。

素材デザインで選ぶ

サブウーファーは低音を再現してくれるサウンド商品ですが、それなりに大きさのある商品が多いので、インテリア性で選ぶのもおすすめと言えます。表面の素材に木製を利用したインテリアにおすすめなサブウーファーもあります。

 

ピアノブラックの上質なサブウーファーもありますので、デザインや素材で選ぶことにより、自宅の雰囲気をより一層華麗にしてくれるインテリアとしても機能するでしょう。

スピーカーと同じメーカーを選ぶ

スピーカーとサブウーファーを同じメーカーで使用することによって、よりサウンドにバランスが現れて、より一層上質なサウンドを楽しむことができるようになります。できる限り同じメーカーのスピーカーとサブウーファーを統一するようにしてみましょう。

 

メーカーで選ぶ

サブウーファーには大人気、有名であり独自技術を採用したサブウーファーも多数あります。メーカーで選ぶことによって、自分の求めている上質な重低音を手にいれるヒントになるでしょう。さらっと目を通すようにしておきましょう。

ヤマハ

ヤマハは独自テクノロジーを採用しており、バスレフ型のサブウーファーで発生してしまうノイズを抑える技術を採用しております。結果、ノイズが少なく、雑音やこもりの無い低音を実現しております。

 

サブウーファーの中でも、綺麗でクリアな低音を楽しみたい方や、映画などのコンテンツをもっとダイナミックにしたい方におすすめなメーカーと言えます。

ソニー

ソニーのサブウーファーは、ソニーのゲームなどの迫力を増すことができるようにチューニングされております。テレビ、映画、ゲームなどのあらゆるコンテンツをより迫力ある環境に変えてくれるサブウーファーを生み出しているメーカーと言えます。

 

映画の中での、あらゆる動き、深さ、量感などの繊細な部分に着目したチューニングにより、些細な音も楽しめるサブウーファーとなっております。ゲームに利用したい方に押す勧めと言えます。

サブウーファー人気おすすめランキング10選

それでは、パソコンスピーカー人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の使用する用途に合ったパソコンスピーカーを探して見ましょう。モデルによって、独自の特徴を採用していたりするのでそちらも着目しましょう。

第10位

BOSE(ボーズ)

Acoustimass 300 bass module サブウーファー

価格:83,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サブウーファーの低音をフルに発揮、BOSEらしいサブウーファー

こちらのサブウーファーは、BOSEのサブウーファーであり、BOSEの低音の迫力は他のスピーカーよりも迫力があると言えます。このサブウーファーには、強化ガラストップというデザイン性と耐久性に優れた素材を利用しているのもメリットの一つです

 

QuietPortテクノロジーと高度DSPというBOSE独自のテクノロジーを採用し、低音の歪みを無くし、小さなスピーカーでありながら、驚くほどの深みのあるクリーンなサウンドを響かせることが可能となっております。

 

デメリットとしては、価格が非常に高額であることです。価格よりも品質を重視し、BOSEならではの重低音を楽しみたい方におすすめなサブウーファーと言えます。サブウーファーとしての低音を楽しみたい方におすすめな一台と言えます。さぶ

出力300W口径の大きさ30cm
第9位

ティアック

アクティブサブウーハー (チェリー)

価格:46,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンカラーのサブウーファー、正面向きと底面向きの置き方が可能

こちらのサブウーファーは、正面向きと底面向きの二つの置き方を可能としているサブウーファーです。バッフル面を変更することができるので、設置場所の自由度が高いので、狭いスペースであっても、スマートに設置することができます。

 

ICEpower社製の高効率クラスDアンプを採用し、低音でありながらクリアで上質な重低音を堪能することができます。デザイン性もよく黒いサブウーファーが多い中で、ブラウンのカラーを採用し、柔らかいイメージのサブウーファーとなっております。

 

インテリアとしてもおすすめと言えますし、設置場所に困らない二つの置き方を可能とするので、小スペースでスマートにサブウーファーを設置したい方におすすめと言えます。

 

 

出力72W口径の大きさ20cm
第8位

ヤマハ

サブウーファー A-YSTII方式

価格:21,275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホームシアターやHiFiにも対応したサブウーファー

ヤマハのサブウーファーであり、ヤマハならではの独自テクノロジーであるツイステッドフレアポートを採用しております。音を再生する際に発生してしまうノイズを抑える技術であり、スムーズな重低音を実現することができます。綺麗で雑音の入らない低音となっております。

 

前面の調節装置で電源などの操作を行うことができるので、設定のしやすいサブウーファーと言えます。サブウーファーのほとんどは、裏の部分に操作や調節を行ったりする形式が多いのですが、こちらのサブウーファーは、前面に設置してあるので、設置してからも操作をしやすいメリットがあります。

 

出力130W口径の大きさ20cm
第7位

富士通テン

ハイスピードサブウーファー

価格:117,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サウンドの再現性能にこだわりたい人に

富士通テンのサブウーファーであり、重低音時に発生してしまうサウンド遅れを軽減することができるテクノロジーを採用。これにより再生データに録音されているシグナルを正確に再生できるようになっております。ホームシアターなどを楽しむ方におすすめなサブウーファーと言えます。

 

できるだけ全てのスピーカーを統一させて、サウンドを楽しみたい方におすすめであり、ECLIPSEのサブウーファーは調整つまみをを搭載し、広域の周波数を調節できるメリットもあります。サブウーファーとスピーカーのバランスを調整でき、自らそれを行う補正テクノロジーも搭載している高性能なサブウーファーです。

 

こちらのサブウーファーのメリットは、世界トップクラスのハイスピード再生を可能とするR2R TWIN DRIVERを搭載し、他のサブウーファーには無いバランスのとれたサブウーファーとなっております。リモコン付きで操作も簡単です。

 

出力150W口径の大きさ16cm
第6位

ヤマハ

NS-700シリーズ サブウーファー ピアノブラック

価格:59,862円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20Hzの重低音帯域に対応したスタイリッシュなスピーカー

人の耳の認識が可能となるのは、20Hzという周波数です。その周波数をしっかりと発生させることができるサブウーファーです。高性能と言えるサブウーファーであり、内臓アンプについては300Wの出力にまで対応しております。ホームシアターを作りたい方におすすめです。

 

大音量、大迫力の低音を楽しむことができるサブウーファーと言えるので、映画などの動画コンテンツをいつも見ているけど、もっと映画館のようなサウンドにしたいと思っている方におすすめと言えます。

 

ピアノブラックのスタイリッシュデザインになっておりまして、インテリアとしても利用することができるデザイン性の良さです。音質については上質な体験を約束されますが、重量が重く、移動する際に少し欠点があると言えます。音質を重視したい方におすすめです。

 

 

出力300W口径の大きさ25cm
第5位

ヤマハ

サブウーファー (1台) ブラック NS-SW300B

価格:32,809円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウーファーの気流の乱れを防ぐことができるサブウーファー

ヤマハのサブウーファーであり、独自技術を搭載したモデルとなっております。ツイステッドフレアポートという独自技術を使うことで、ウーファーの気流の乱れを抑えることができるようになっております。これにより音の濁りを軽減することができるようになっております。

 

こもったような音の濁りがある低音のサブウーファーが多い中で、ヤマハのサブウーファーはサウンドに集中しやすい環境を作り上げることができます。聞いていて耳の疲れが少ないサブウーファーとなっておりまして、日本製の品質を感じることができる商品となっております。

 

映画館でダイナミックな音声を聞いているようなサブウーファーとなります。映画などのコンテンツをもっと楽しみたい方におすすめなサブウーファーとなります。ノイズをできる限り少なくしたサブウーファーを選びたい方にもおすすめです。

 

出力250W口径の大きさ25cm
第4位

ヤマハ

サブウーファー NS-SW210 (1台) 5.1ch サラウンド

価格:122,789円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ感を超えたサブウーファー、スマートに置ける

サイズを超えたサブウーファーとなっておりまして、テレビ台付近に横に縦置きしやすいサイズ感となっております。設置する予定場所のスペースが狭い方におすすめです。コンパクトなサブウーファーであり、出力は抑えられているのですが、家庭で映画をダイナミックに楽しむのであれば十分な性能です。

 

ヤマハだからできるA-YST2方式で、クリアで上質な低音を実現することに成功しております。低音だけが先行しないサブウーファーですので、クリアなサウンドを楽しむことができます。映画などの動画コンテンツを視聴する方におすすめと言えます。

 

コンパクトでありながら、音質にもこだわりを持ちたい方におすすめであり、テレビ付近などをスマートに整えたい方におすすめと言えるサブウーファーです。高価なサブウーファーですが、それだけの性能と品質を併せ持った高級サブウーファーと言えます。

出力50W口径の大きさ16cm
第3位

オンキヨー(Onkyo)

SL-T300 サブウーファー

価格:19,807円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設置場所の自由がメリットコンパクトサブウーファー

こちらのサブウーファーは、ランキング内でも軽量なサブウーファーとなっているので、持ち運びしやすく設置しやすいメリットがあります。軽さだけではなくて、サイズもコンパクトなので、設置場所にあまり困らないメリットもあります。縦置き、横置きも可能となっております。

 

ONKYOの独自技術であるAERO ACCOUSTIC DRIVE使用されているモデルであり、スピード感のある重低音を楽しむことができます。省エネ機能も優れているサブウーファーであり、信号が無い時や、使用しない場合は自動的に電源をオフにする機能が付いております。電気代が気になる方におすすめです。

 

発熱量が少ないモデルであり、効率に優れたデジタルアンプを採用することによって、安全性の高いサブウーファー、スリムなデザインを実現しました。めりはりのついた重低音を楽しみたい方におすすめなサブウーファーと言えます。

 

出力95W口径の大きさ16cm
第2位

ヤマハ

サブウーファー A-YSTII方式 ブラック

価格:23,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハ独自のA-YSTⅡを採用しクリアな重低音を実現

こちらのサブウーファーは、ヤマハの大人気商品であり、コンパクトなサイズながらサブウーファーとしての低音の強さを十分に引き出しております。他にも、ヤマハのテクノロジーとして、A-YSTⅡを採用しておりまして、よりクリアな重低音を実現しております。

 

サブウーファーとして、くすんだ低音では満足できない方におすすめです。テレビラックなどにも収納しやすいサイズ感であり、他のサブウーファーに比べて、設置しやすいサブウーファーとなっております。いつもの音楽や映画を臨場感と迫力して楽しむことができるサブウーファーです。

 

この価格帯でサブウーファーとしての性能は十分であり、ホームシアターのような迫力ある重低音を楽しむことができます。毎日見ている映画などをもっと迫力を増して楽しみたい方におすすめです。

出力75W口駅の大きさ16cm
第1位

ソニー(SONY)

サブウーファー SA-CS9

価格:16,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー独自の発砲マイカにより、低音をより強化

こちらのサブウーファーは、映画や音楽に込められた情熱まで力強く再生することができるサブウーファーです。ソニー独自の発砲マイカを採用しておりまして、25cmのウーファーユニットを力強く再生させることが可能になります。内部損失を抑えた特性を実現しております。

 

最大出力については、115Wに到達した内臓アンプになっておりまして、この価格帯であるのに高品位なオーディオパーツを使用しているのもメリットです。エンクロージャー SA-CS9を搭載し、力強い低音を受け止めることができるようになっております。

 

ソニー独自のあらゆる技術を搭載しているのがメリットであり、品質の高さのわりに高品質なサブウーファーユニットとなっているので、コスパの高いサブウーファーとなっております。バスレフ方式の深みのある低音を再現しているサブフーファーです。高品質で低音をより楽しみたい方におすすめです。

出力115W口径の大きさ25cm

サブウーファーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4959853の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:4959848の画像

    ヤマハ

  • 3
    アイテムID:4959845の画像

    オンキヨー(Onkyo)

  • 4
    アイテムID:4959840の画像

    ヤマハ

  • 5
    アイテムID:4959835の画像

    ヤマハ

  • 6
    アイテムID:4959830の画像

    ヤマハ

  • 7
    アイテムID:4959824の画像

    富士通テン

  • 8
    アイテムID:4959821の画像

    ヤマハ

  • 9
    アイテムID:4959779の画像

    ティアック

  • 10
    アイテムID:4959770の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 商品名
  • サブウーファー SA-CS9
  • サブウーファー A-YSTII方式 ブラック
  • SL-T300 サブウーファー
  • サブウーファー NS-SW210 (1台) 5.1ch サラウンド
  • サブウーファー (1台) ブラック NS-SW300B
  • NS-700シリーズ サブウーファー ピアノブラック
  • ハイスピードサブウーファー
  • サブウーファー A-YSTII方式
  • アクティブサブウーハー (チェリー)
  • Acoustimass 300 bass module サブウーファー
  • 特徴
  • ソニー独自の発砲マイカにより、低音をより強化
  • ヤマハ独自のA-YSTⅡを採用しクリアな重低音を実現
  • 設置場所の自由がメリットコンパクトサブウーファー
  • サイズ感を超えたサブウーファー、スマートに置ける
  • ウーファーの気流の乱れを防ぐことができるサブウーファー
  • 20Hzの重低音帯域に対応したスタイリッシュなスピーカー
  • サウンドの再現性能にこだわりたい人に
  • ホームシアターやHiFiにも対応したサブウーファー
  • ブラウンカラーのサブウーファー、正面向きと底面向きの置き方が可能
  • サブウーファーの低音をフルに発揮、BOSEらしいサブウーファー
  • 価格
  • 16560円(税込)
  • 23980円(税込)
  • 19807円(税込)
  • 122789円(税込)
  • 32809円(税込)
  • 59862円(税込)
  • 117590円(税込)
  • 21275円(税込)
  • 46480円(税込)
  • 83800円(税込)
  • 出力
  • 115W
  • 75W
  • 95W
  • 50W
  • 250W
  • 300W
  • 150W
  • 130W
  • 72W
  • 300W
  • 口径の大きさ
  • 25cm
  • 16cm
  • 16cm
  • 25cm
  • 25cm
  • 16cm
  • 20cm
  • 20cm
  • 30cm
  • 16cm
  • まとめ

    パソコンスピーカーおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、パソコンスピーカーをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

     

    自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、よりコスパの高いパソコンスピーカーを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。最適なパソコンスピーカーは見つけることによって、あなただけの音楽スタイルをもっと楽しもう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    この記事に関するキーワード

    キーワードから記事を探す

    TOPへ