【極薄・極細!】キャベツスライサーのおすすめ人気ランキング20選【ふわふわキャベツができる】

とんかつ屋さんのようなふんわり極細のキャベツを食べたい方におすすめなのがキャベツスライサーです。たくさんの種類があるキャベツスライサーから究極の逸品を選ぶために、キャベツスライサーの選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめましたのでご覧ください。

キャベツスライサーでふわふわキャベツを作ろう!

キャベツスライサーは、極細でふんわりとしたキャベツのスライスが作れるキッチンアイテムです。包丁でキャベツを切るよりも、太さが均一になり極細になるので、口当たりもよくなり、空気を多く含みふんわりとした食感になります。

 

キャベツスライサーで切ったものは、大きさが均一なのでドレッシングが絡みやすくなります。お皿のどの部分のキャベツを食べても味が同じになるのでおすすめです。また、キャベツスライスが早いスピードで作れるのもキャベツスライサーの大きなメリットです。

 

そこで今回は、キャベツスライサー選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。記事の最後にはキャベツスライサーの使い方も紹介していますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

キャベツスライサーの選び方

キャベツスライサーを選ぶ方ポイントは、切る仕組みと目的、刃の素材、スライサーの幅、機能です。よりとんかつ屋さんのキャベツに近いものを作るために、それぞれのポイントを詳しくご紹介します。

切る仕組みで選ぶ

キャベツスライサーの切り方の仕組みは手動・電動・ピーラーの3通りがあります。それぞれに特徴をご紹介しますのでご覧ください。

キャベツスライサーの定番は手動式

手動式のキャベツスライサーは誰もが使ったことがある定番商品です。プレートにセットされた刃の上からキャベツをあてて、前後に動かすことでキャベツがスライスされます。コツがいらないので包丁でキャベツを切るのが苦手な方におすすめです。

 

切ったキャベツを収納する容器がついているものは、刃の種類を交換できる場合があります。刃を交換すれば、キュウリやニンジンなどを細切りにしたり、玉ねぎを輪切りにしたりするのにも使用できます。キッチンに備えて置くと便利に使えておすすめです。

 

手動式は直接手でキャベツを持つので、誤って手を切ってしまうことがあります。手を切るのを防ぐためにキャベツを押さえるストッパー付きのものがおすすめです。自動式と比べると価格も安く、手軽に使えるキャベツスライサーです。

少量のスライスならピーラーが便利

ピーラーはニンジンやじゃがいもなどの皮を剥くのに使いますが、キャベツスライサーとしても使うことができます。キャベツを半分や4分の1に切って、断面にピーラーを当てて動かすと、スライスすることができます。他の野菜の皮を剥くついでにできるので手軽でおすすめです。

 

ピーラーは、よく使われる刃が横型のものと、刃が縦型のものがあります。キャベツスライサーとしてはどちらの形状も使うことができるので、好みで選んでください。キャベツの口当たりを良くするには刃の切れ味のいいピーラーを使うことがおすすめです。

 

キャベツスライサーとしても便利なピーラーですが、大量のキャベツスライスを作るのには向いていません。キャベツを手に持った状態でピーラーを動かすので、手が疲れスライスの大きさが一定になりません。ピーラーは少量のスライスを作る場合におすすめです。

目的で選ぶ

千切りキャベツを業務用で使うか家庭用に使うかによって選ぶのも手です。ここでは「業務用」と「家庭用」、の2つのタイプのキャベツスライサーについて、それぞれの特徴をご紹介します。

本格的な千切りなら「業務用」がおすすめ

本格的なお店で出てくるようなキャベツの千切りを素早く大量に作りたいという方には業務用のキャベツスライサーがおすすめです。このタイプの商品はキャベツを切ることに特化していて、高速で大量の千切りキャベツを作ることが出来ますが大型のものが多いです。

 

電動タイプと手動タイプの両方がありますが、やはり電動タイプの方が簡単で早く作ることが出来ます。しかし手動でも刃の枚数が多くなっているなど、素早くこなせるように作られています。また、極薄の刃を搭載しているため薄く柔らかいキャベツを作ることが出来ます。

手軽さを求めるなら「家庭用」がおすすめ

家庭用のキャベツスライサーは業務用と比べるとかなりリーズナブルな価格設定になっていて、ダイソーなどの100円均一ショップでも購入することが出来ます。家庭用キャベツスライサーのメリットは手軽に手に入ることにあります。

 

また、小型のものが多いのもメリットです。お箸やスプーンなど、カトラリー類と一緒に引き出しなどに収納することが出来るので置き場所に困りません。

刃の素材で選ぶ

キャベツスライサーの刃の素材にはステンレスとセラミックがあります。それぞれの素材の特徴をご紹介しますのでご覧ください。

錆びにくく硬いステンレスが刃の素材の定番

キャベツスライサーの刃の素材定番はステンレスです。ステンレスは鉄とクロムとニッケルの合金で、英語でstainlessと書きます。stainlessはステイン(錆び)がレス(無い)という意味で、錆びに強い素材です。

 

錆びにくい素材なので、水に触れることが多いキッチンツールにはよく使われています。キャベツスライサーにもよく使われていておすすめの刃の素材です。使用したあとに拭いて収納しておけば、錆びることがなくキャベツスライサーを長く使いたい方におすすめです。

 

ステンレス素材の刃は手動式、電動式、ピーラーとも使われていています。刃がセットされたプレートもステンレスでできているものはキャベツの滑りが良くなり、少ない力でスライスできるのでおすすめです。

セラミック製の刃は錆びずに切れ味が持続

セラミックとは陶磁器のことです。キャベツスライサーに使われるのはジルコニアセラミック呼ばれるもので、錆にくく高強度で耐熱性に優れています。セラミックの刃は白い色が特徴で、清潔感がありキッチンツールとしておすすめです。

 

セラミックの刃は、金属ではないので錆びないのが最大の特徴です。使ったあと水洗いして拭かずほっておいても錆びることがありません。また、キャベツに金属臭がつかないので、野菜の香りを楽しむことができおすすめです。

 

切れ味が長期間持続するのも特徴で研ぐ必要もありません。重さはステンレスよりも軽いのでキャベツスライサーが軽くなり楽に使えます。しかし軽いのでスライサーが動きやすくなるデメリットもあります。

スライサーの幅で選ぶ

キャベツスライサーの幅は大きくわけて2種類があります。14~15cm程度の幅が広いのものと9cm程度の幅が狭いものです。二つの幅の特徴をご紹介しますのでご覧ください。

キャベツがスライスしやすいのは幅が広いタイプ

キャベツスライサーとしておすすめなのは14〜15cmの幅が広いタイプのスライサーです。キャベツは大きな野菜なので、2分の1や4分の1に切っても大きいです。幅が広いタイプのスライサーなら大きなキャベツでもはみ出さずにスライスできるのでおすすめです。

 

幅の広いキャベツスライサーは重く安定性があるのでスライスするときにぶれません。ぶれがないと一定の大きさ、厚みでキャベツを切ることができ、口当たりが良くなるのでおすすめです。キャベツを切らないで丸ごとスライスすることもでき便利に使えます。

 

キャベツをスライスするのに適した幅が広いタイプのスライサーですが、広い収納場所が必要なのがデメリットです。さまざまなキッチンツールがある中で大きなスライサーは場所をとり邪魔になります。小さな収納スペースの場合は幅が狭いものがおすすめです。

手軽に使うなら幅の狭いキャベツスライサーがおすすめ

幅の狭いタイプのキャベツスライサーは手軽に使うことができ便利です。狭いタイプの幅は9cm程度で、玉ねぎやキュウリなど小さめな野菜をスライスするのに適した幅です。キャベツスライサーとして使うと4分の1に切ってもキャベツがはみ出すことがあります。

 

しかし、幅の狭いキャベツスライサーは収納場所からの出し入れが簡単で手軽に使うことができます。小さなキャベツをスライスするときや、少しだけスライスしたいときなどにおすすめです。他の野菜をスライスしたついでにキャベツをスライスするのにも使えます。

 

幅の狭いキャベツスライサーのメリットは収納場所をとらないことです。幅の広いスライサーとの幅の差は約5cm程度で、キッチンの収納スペースだとこの差は大きな違いになります。収納スペースが狭い方には狭い幅のキャベツスライサーがおすすめです。

機能で選ぶ

キャベツスライサーには便利な機能を搭載したものがあり、機能を使いこなせば、キャベツのスライスがより簡単にできるようになります。そこで、キャベツスライサーの2つの機能をご紹介しますのでご覧ください。

厚みの調整機能付きで好みの厚さにスライス

キャベツスライスの厚み調整機能がついたキャベツスライサーは、料理によって厚みを変えることができ便利でおすすめです。キャベツのスライスは料理によって適した厚みがあります。とんかつの付け合わせなら極薄に、お好み焼き用なら厚めなどです。

 

厚み調整機能がついたキャベツスライサーなら、簡単に厚みを変えることができます。調整システムはダイヤル式やスライド式ボタンなどがあります。調整幅はスライサーによって違い、薄いと厚いの2段階であったり、何段階も細かく設定できるものがあります。

 

手軽に使いたいなら2段階程度のものでもOKです。料理の味にこだわりたい方なら何段階も設定できるものがおすすめです。自分の料理のスタイルにあったものを選んで便利に使いましょう。

一度に大量のスライスが可能な「電動スライサー」

電動のキャベツスライサーは電気の力で自動的にキャベツをスライスしてくれます。手でキャベツを動かす必要がないので力を使わずに楽にキャベツがスライスできおすすめです。完全自動ではなく、キャベツを機械に押し込む必要があるものもあるので、購入時に注意しましょう。

 

手動でスライスすると疲れますが、自動式なら疲れないので大量のキャベツスライスを作りたいときに便利です。また、安全性が高く手を切ることもないのでおすすめです。スライスする力が一定なので均一な厚さでスライスができキャベツの口当たりがよくなります。

 

デメリットは、価格が高いことや機械の掃除が大変なこと、大きいので収納場所の確保が必要なことです。普段少量のキャベツをスライスするときは手動を使うのがおすすめです。お客様が来たときやパーティーなどで大量にキャベツが必要な場合には電動式を使いましょう

人参や玉ねぎをスライスできる「多機能スライサー」

キャベツ以外に、人参、玉ねぎ、キュウリ、レモン、などのあらゆるものをスライスすることが出来る多機能スライサーという物もあります。キャベツだけでなく、食べ物全般で薄切りの手間を省くことが出来る便利グッズです。

 

電動タイプのものや業務用の物だと大型で値段も上がってしまいますが、小型の家庭用多機能スライサーならば、ダイソーなどの100円均一ショップでも購入することが出来ます。

お手入れのしやすさで選ぶ

キャベツスライサーは定期的にお手入れしないと刃に汚れが付着してしまい、そこから菌が繁殖してしまいます。また、汚れが付いたまま使用していると切れ味が落ちてしまうこともあります。

 

しかし、一般的なキャベツスライサーは刃にスポンジが届きづらく中々汚れをきれいに落とせません。お手入れのしやすさを重視したい方は、部品の分離や刃の交換が可能な商品を選びましょう。

安全ホルダーの有無で選ぶ

ストッパーつきのキャベツスライサーは指の怪我を防止でき安全です。ストッパーはキャベツスライサーの上からセットして使うもので、ストッパーでキャベツを押さえてスライスをします。形状はさまざまなものがありますが、上から押さえる形式は同じです。

 

切ったキャベツをストッパーにセットしスライスしていくと、キャベツが小さくなっても手に刃が当たらず安心です。しかし、小さくなりすぎるとスライスできなくなるので、キャベツがある程度小さくなったらストッパーからはずして包丁で切る必要があります。

 

包丁とスライサーの2つを使うのが面倒な方は、ストッパーがないタイプのキャベツスライサーを選ぶのがおすすめです。ストッパーだけ購入することもできるので、ストッパーなしを選んで後からストッパーをつけることもできます。

メーカーで選ぶ

これまで紹介してきたタイプや機能でまだ迷っている方は、お気に入りのメーカーで選んでしまってもよいでしょう。今回は「貝印」、「NITORI(ニトリ)」、「ダイソーなどの100均」をピックアップして紹介します。

貝印

貝印はカミソリに代表される刃物を中心とし、調理用品や化粧道具、衛生用品を販売するメーカーです。公式のオンラインストアを運営しているので、自宅にいながら通販で購入することが可能です。

 

貝印のキャベツスライサーはワイドな刃幅でキャベツはもちろん、カブや大根、タマネギなどを簡単・手軽にスライスができます。また、本体には溝が付いておりボウルの上で調理する時に安定します。さらにすべり止めと安全ガードも付いているので安心です。

NITORI(ニトリ)

NITORI(ニトリ)は全国に約550店舗、海外にも約100店舗を展開している日本を代表する家具メーカーです。ピーラータイプや厚みが調整できるスライサーなど幅広いタイプの商品を販売しています。

 

ピーラーなら500円以下で、ステンレス刃のキャベツスライサーも1000円ほどの価格帯で販売しています。また、NITORIは手厚い保証が受けられることでも有名です。保証内容もよく確認して購入することをおすすめします。

ダイソーなどの100均

ダイソーやセリアなどの100円均一ショップでもキャベツスライサーは購入することが出来ます。しかもダイソーのキャベツスライサーは100均の商品だとは思えないくらい優秀だと以前ネット上で話題になりました。

 

ダイソーのキャベツスライサーはピーラータイプです。しかし、通常のピーラーよりも幅が広がっていてキャベツなどの大きい物でも千切りしやすくなっています。キャベツの端を少し切り落とすか、半分~4分の1にカットするとより千切りしやすくなります。

【業務用】キャベツスライサーの人気おすすめランキング10選

1位

千葉工業所

キャベツくん(手動)

後始末も楽なコンパクト機

こちらは上部についているハンドルを回すことでキャベツをスライスする手動の業務用キャベツスライサーです。

 

厚み調節機能付きで2.5mmまで調節できます。キャベツ本体は24cmまでの大きさでしたら対応できるので、それ以上の大きさの場合は半分か4分の1程度にカットしてからスライスしてください。

サイズ 240×220×300mm 重量 1.8kg

口コミを紹介

素晴らしいの一言!見た目も味も!是非、キャベツの千切りが好きな方は購入してみてはいかがでしょうか。多少高いなと感じますが、価値はそれ以上にありますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

11段階の厚さ調節が可能

こちらのステンレススライサーは、本体に搭載しているダイヤルを回すことで、形がいびつな野菜でも均等にスライスすることが可能です。また、0.3mm幅で11段階のサイズ調整が可能になっています。

 

グリップは樹脂製で、耐熱ゴムによるすべり止めで作業効率がアップします。さらに安全ポジションがあるため、水洗いなどをする場合でも安心して汚れを落とせます。

サイズ 405×123×40mm 重量 81g

口コミを紹介

平面のまな板の上でも、ボールにでも、しっかり握れて固定でき、シャッシャッと難なく野菜をスライスできるので★5つです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

下村工業(Shimomura Kougyou)

PGS-04

食洗器にも対応しているピーラー

こちらのステンレスピーラーは、カーブ刃が野菜の面にしっかりフィットして丸みのある食材にも使いやすいピーラーです。切れ味の鋭い国産刃で作業効率が大幅にアップします。

 

グリップ部も緩やかにカーブしており、手にフィットする構造になっています。また、食器洗い機および乾燥機にも対応しているのでお手入れも簡単です。

サイズ 124×68×14mm 重量 44g

口コミを紹介

どのタイプもスッキリ野菜の皮がむけなかっのですが 購入した商品は、引っかかったりせずに気持ちよくストレスなしに皮がむけました。少し手が不自由なのですが良かったです。 

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

下村工業(Shimomura Kougyou)

PGS-01

往復で切れるのでスピーディー

こちらのPGS-01は一つ前に紹介した商品と同じプログレードというシリーズのスピード千切り機です。0.2mmの鋭い千切りの往復刃を搭載しているので行きでも帰りでも切れます。なので一般的な片刃の2倍の速さで千切りを作ることが出来ます。

 

クランク形状の刃は、2mmの切幅で角もあって美しく均一な千切りが作れます。また、グリップ部分はアーチ形状になっていて、手首に負担がかかりにくいです。

サイズ 290x90x30mm 重量 86g

口コミを紹介

容器に引っ掛けるところがあるので、硬いニンジンでもそんなに散らからずにいけます。
何よりホントに素早くできるのが気に入っています。小さめ1本やるのに1分かからないくらい。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

千葉工業所

CKY03

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

手動の大型キャベツスライサー

レストランや定食屋向けの大型キャベツスライサーです。使い方はキャベツの頭を少し切り落とし、センターシャフトをキャベツの中心に差込み機械にセットします。後は上部を軽く押しながらハンドルを回すと千切りキャベツができます。

 

 

厚み調節機能付きで3.5mmまで調節できます。キャベツ本体は24cmまでの大きさでしたら対応できるので、それ以上の大きさの場合は半分か4分の1程度にカットしてからスライスしてください。

サイズ 270×270×270mm 重量 1.9kg

口コミを紹介

私はキャベツを買ってきたらまるごと、これで千切りにしキャベツ一個分はいる入れ物に入れて
小出しに使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

小柳産業(koyanagisangyo)

キャベツスライサー

天然木を使ったキャベツスライサー

天然木と厚さ1mmでスライスできるステンレス刃を使用したこちらのキャベツスライサーは、美しい千切りキャベツが作れるレストランなどの業務用の商品です。

 

キャベツ以外にも玉ねぎ、ジャガイモ、人参などのスライスも快適に作ることが出来ます。かなり切れ味が鋭いので指を切らないように注意しましょう。

サイズ 380×125×30mm 重量 340g

口コミを紹介

非常に使いやすく満足しています。
また木製なのが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ベンリナー

ベンリナー コックヘルプ CKT04 BN7

サイズは大きいが軽量なデザイン

本体の素材には上部で軽量なABS樹脂が使われています。そのためサイズこそやや大きめですが、重量は310gしかないので片手でも軽々と持ち運ぶことが出来ます。

 

薄切り・細切り・せん切り等が無駄なくスピーディーにできるので、キャベツ以外にも大根・にんじんのツマを作るのも簡単です。3種類の交換刃付きで、交換することでらせん切り、リボン切りもできます。

サイズ 100×140×220mm 重量 310g

口コミを紹介

ローフードのデリを習っているので購入しました。包丁で切るのは限界があるのですが このベンリナーを使うと本当に簡単に食べやすく切れます。野菜をスパゲティーの麺風にしたり フリルっぽい野菜も取手を回すだけ。

出典:https://www.amazon.co.jp

かぶ・キャベツ・きゅうり・ごぼう・さつまいも・じゃがいも・⼤根・⽟ねぎ・トマト・にんじん・レンコンなどの、たくさんの種類の食材を対象として使うことが出来るスライサーです。

 

左右のネジの調整で0.3~3mmの間で厚さを調節できます。また、ステンレス製ですので耐久性があります。使用後の水洗いもカンタンで衛生的です。

サイズ 350×200×180mm 重量 1.4kg

口コミを紹介

非常に使いやすく、安定も良く満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

カンダ

手動スライサー ベンリナー

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

受け皿がセットで便利

こちらの手動式のキャベツスライサーはには細目1.5mm・中目3mm・荒目8mmの刃がセットでついてきます。3つの異なる刃を使って細めから太めの千切りを自由に作ることが可能です。

 

また、受け皿とセットになっているのでスライスした食材は自動的に受け皿の中に落ちていきます。取り外しもできるのでお手入れも簡単です

サイズ 320×98×72mm 重量 -

口コミを紹介

5ミリの厚さにスライスできるタイプを探し求め希望通りの仕上がりに助かっています。切れ味が良く使い勝手も◎。今は輪切り専門で使用していますが付属の櫛歯もいろいろ試したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

あんしんトレード屋

卓上 万能スライサー

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

電動で簡単にスライス

こちらの電動式スライサーは直径19cmの波型ブレードでさまざまな食材をスライスします。厚さ1.5cmまで調節しやすいように目盛りが刻まれています

 

電動式のスライサーは大型のものが多いですが、こちらは卓上タイプのコンパクト設計です。脚は吸盤になっており、簡単に固定できて不意のズレを防止します。また、ブレードはワンタッチで取り外せるのでお手入れも簡単です。

サイズ 418x281x276mm 重量 4.38kg

口コミを紹介

とにかく迅速に対応して頂きました商品自体も使いやすいです

出典:https://www.amazon.co.jp

【業務用】キャベツスライサーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量
1
アイテムID:5612883の画像
キャベツくん(手動) 12,582円

詳細を見る

後始末も楽なコンパクト機

240×220×300mm 1.8kg
2
アイテムID:5612886の画像
ステンレス スライサー 10,780円

詳細を見る

11段階の厚さ調節が可能

405×123×40mm 81g
3
アイテムID:5612889の画像
PGS-04 726円

詳細を見る

食洗器にも対応しているピーラー

124×68×14mm 44g
4
アイテムID:5612892の画像
PGS-01 969円

詳細を見る

往復で切れるのでスピーディー

290x90x30mm 86g
5
アイテムID:5612895の画像
CKY03 29,937円

詳細を見る

手動の大型キャベツスライサー

270×270×270mm 1.9kg
6
アイテムID:5612898の画像
キャベツスライサー 1,574円

詳細を見る

天然木を使ったキャベツスライサー

380×125×30mm 340g
7
アイテムID:5612901の画像
ベンリナー コックヘルプ CKT04 BN7 2,820円

詳細を見る

サイズは大きいが軽量なデザイン

100×140×220mm 310g
8
アイテムID:5612904の画像
KB-727 16,068円

詳細を見る

350×200×180mm 1.4kg
9
アイテムID:5612907の画像
手動スライサー ベンリナー 3,090円

詳細を見る

受け皿がセットで便利

320×98×72mm -
10
アイテムID:5612910の画像
卓上 万能スライサー 6,750円

詳細を見る

電動で簡単にスライス

418x281x276mm 4.38kg

【家庭用】キャベツスライサーの人気おすすめランキング10選

1位

下村企販

とんかつ屋さん キャベツスライサー

極薄でフワフワのスライスができる

とんかつ屋さんのようなシャキシャキキャベツスライスが作れるキャベツスライサーです。切れ味のいいステンレスの刃で極薄のスライスができます。極薄なので口当たりがよくフワフワと立体的な盛り付けができおすすめです。

 

スライサーの幅は14.6mmとかなり幅広です。羽子板くらいの大きさがありるので大きなキャベツも丸ごとスライスすることができます。しかし、大きいので広い収納場所が必要になります。

 

キャベツスライスの厚さ調整機能はありませんが、とんかつや唐揚げなどの添え物としては極薄だけでも十分使えます。白いものが多いキッチン用品の中で黒い色は珍しいです。黒いキッチン用品でまとめたい方にもおすすめのキッチンスライサーです。

刃の素材 ステンレス 14.6cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

本日届き、早速晩御飯のサラダのため使用してみました。いつも食べてるキャベツの千切りもフワフワで食感が違うとここまで味も変わるのかってくらい大満足でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

京セラ

セラミックスライサー

錆びないセラミック刃使用

錆びないセラミック刃が特徴のキャベツスライサーです。刃に使われているのは原料の配合にこだわって作られたファインセラミックです。ファインセラミックは硬くて耐久性があり、加工精度も高い素材なので、極薄のスライスを作ることができおすすめです。

 

スライスの厚み調整はできずに1.3mmのみです。スライサーの幅は85mmと狭めなのでキャベツをスライスするには4分の1程度に切る必要があります。キャベツだけではなく玉ねぎやキュウリなどもスライスできます。

 

ストッパーが付属しているので、キャベツが小さくなった場所でもストッパーで押さえて切れば、手の怪我を防ぐことができます。スライサーの色も豊富でピンクやオレンジなど6色用意されています。キッチンツールをカラフルにしたい方にもおすすめです。

刃の素材 ファインセラミック 8.5cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

とても素晴らしいッ!もっと早く買えば良かった!
以前買ったものは、鉄刃ですぐ切れなくなるしすぐ錆びが出るしで、この手のものは使えないんだなぁと思ってましたが、これはとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

京セラ

セラミック可変式スライサー

厚さの設定ができて料理に便利

本体裏側についている厚み調整バーで、キャベツスライスの厚さが調整できる優れものスライサーです。厚さ調整は0.5mm、1.3mm、2.0mmの3段階で料理に合わせて厚みを選ぶことができます。サラダやとんかつの付け合わせには極薄の0.5mmがおすすめです。

 

1.3mmや2.0mmの厚さのキャベツスライスは、マリネを作ったり炒め物に入れたりすると便利です。刃はファインセラミックを使用しているので、耐久性があり切れ味も抜群です。セラミックの刃は錆びないのでお手入れが楽でおすすめです。

 

ストッパーが付属しているので、小さくなったキャベツをスライスするのにも便利です。ストッパーが半透明なので、キャベツの大きさがすぐにわかり便利です。料理によってキャベツスライスの厚さを変えて、よりおいしくしたい方におすすめのキャベツスライサーです。

刃の素材 ファインセラミック 9.1cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

キャベツの千切りに重宝しています。いきなり面でスライスするよりキャベツの角を落とすように始めたほうがやりやすいです。しばらくスライスしたら別の面をスライスして、スライスする面積を減らすようにすると最後まで無駄なくできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サンクラフト

キャベツ用スライサー

幅が広くてキャベツ丸ごとスライスできる

幅広でキャベツ丸ごとでもスライスできるキャベツスライサーです。このキャベツスライサーは幅14cmと大きいので安定感があり、大きなキャベツをしっかりと支えます。切れ味のいいステンレスの刃なので、あまり力を入れずにスライスすることができおすすめです。

 

さらに裏側には4っつの溝がついていて、ボールに引っ掛ければしっかりと固定することができます。ボールと組み合わせれば重さでキャベツスライサーが安定し、よりスライスしやすくなります。スライスしたキャベツはボールの中に入るので、そのまま水にさらすことができます。

 

仕上がりはとんかつ屋さんの付け合せのキャベツのように、フワフワでシャキシャキになります。透明なストッパーがついているので手を着ることがなく安全でおすすめです。大量にキャベツのスライスが作りたい方にもおすすめです。

刃の素材 ステンレス 14cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

なんで今まで使わなかったんだろう…レベルの素晴らしさ!ハンズでそれって必要?的な調理器具を買うならその前にぜひともこちらを使っていただきたい!!キャベツを千切りするのが楽に、楽しくなり、外食レベルに細かく切ることができるので噛みやすく、美味しいんですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

貝印

キャベツスライサー Kai House Select

少ない力でキャベツスライスが簡単にできる

ステンレスの斜めの刃で切れ味がよく、とんかつ屋さんのようなシャキシャキ食感キャベツスライスを簡単に作ることができます。切れ味がよくキャベツを押し付ける必要がないのでキャベツの繊維が潰れません。キャベツ本来の瑞々しい食感を楽しむことができます。

 

キャベツスライサーの幅は15.3cmと広く、キャベツ丸を余裕でスライスできます。キャベツが小さくなったら付属のストッパーを使ってスライスできます。ストッパーは収納時にキャベツスライサー本体に取り付けることができ、なくすことがありません。

 

大きいので広い収納場所が必要ですか、キャベツをスライスするときの安定性は抜群です。とんかつ屋さん風のキャベツスライスや大量にキャベツを使うお好み焼きなどに活用するのがおすすめです。包丁でキャベツを切ることにうんざりしている方にもおすすめです。

刃の素材 ステンレス 15.3cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

大量に千切りキャベツを作りたくて購入。
サンクラフト製に比べ、こちらの方が細い千切りができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

パール金属

キャベツスライサー

Amazonで詳細を見る
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

滑り止めつきで持ちやすいキャベツスライサー

黒い縁取りがおしゃれなキャベツスライサーです。この縁取りはデザインだけのものではなく、実用的な滑り止めになっています。滑り止めは本体の端にグルリと装着され、持ったときの安定感を高めています。

 

付属しているストッパーにも滑り止めがついていて、しっかりとキャベツをを押さえることができます。幅は9.5cmと狭めなのでキャベツ丸ごとはスライスできません。2分の1や4分の1に切ってからスライスすると楽にできおすすめです。

 

キャベツスライサーの裏面にはすりおろし機もついていて、大根おろしなどを作ることができます。縁取りの色は黒と赤の2種類があるので、好みに合わせて選ぶことができます。おしゃれで切れ味のいいキャベツスライサーをお探しの方におすすめです。

刃の素材 ステンレス 9.5cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

キャベツぐらい包丁で刻めるわと思っていたのですが、これは本当に細い、手作業ではまねのできない仕上がりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

下村企販

とんかつ屋さん キャベツピーラー

お手軽ピーラーでとんかつ屋さんのキャベツスライスが作れる

キャベツスライサーは、大きくて使いにくいという方におすすめなのがピーラーです。このピーラーはキャベツスライス専用で、とんかつ屋さんのようなキャベツスライスを作ることができます。キャベツを手に持ってスライスでき手軽で便利です。

 

刃はステンレス製でピーラーとしては大きめサイズですが、キャベツをスライスするには丁度いい大きさです。刃の幅も広いので丸ごとのキャベツでもスライスが作りやすいです。キャベツに上で滑らせる感じでスライスが作れ、力はあまり使いません。

 

刃の幅が広いので大根のかつらむきに使用することもできます。キャベツスライサーのように広い収納場所が必要ないのもポイントです。キッチン収納が狭い方や、素早くとんかつ屋さんのようなキャベツスライスを作りたい方におすすめです。

刃の素材 ステンレス 11cm
ストッパーの有無 無し

口コミを紹介

とっても気持ちよくキャベツがスライス出来ました!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Borner (ベルナー)

Vスライサー V4オリジナルセット

一台で多彩な切り方ができるスライサー

幅は9cmと広めで、キャベツを4分の1程度に切るとスライスしやすくなります。刃はキャベツスライサー定番の切れ味がいいステンレス製です。

 

安全ホルダーを使用することで、鋭い刃も気にすることなく安全にかつ、高速でスライスすることができます。そして衝撃なのは、玉ねぎのみじん切りは7秒/1個という速さ。

 

野菜を美味しく食べるには欠かせないこの驚異の「切れ味」に加えて、「長持ちする性質」を長年保ち続けてきた「ベルナー社」のVスライサーをぜひお試しください。

刃の素材 高級ステンレス 9cm
ストッパーの有無 有り

口コミを紹介

千切りキャベツを作ると、とんかつ屋さんのような出来上がりになります

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

下村工業(Shimomura Kougyou)

FV-606

コスパ最強

均一な幅で極細の千切りキャベツができるスライサーです。キャベツが小さくなったらホルダーを使えば手をガードできるので安心です。たまねぎや大根など、キャベツ以外の食材をスライスする際にも使えます

 

667円と今回最安値のこちらの商品ですが、通常の使用に加えてマルチに食材をスライスできることからコストパフォーマンスが非常に高い商品です。

刃の素材 ステンレス 9cm
ストッパーの有無 無し

口コミを紹介

太めの千切りがカンタンにできて重宝します!
きゅうり、だいこん、にんじんなどの千切りに使っています。包丁で千切りするのは面倒だったので、こちらを購入しましたが、購入して正解!しゃきしゃきの千切りができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

下村工業

味わい食房 ステンスライス

プレートまでステンレスでスムーズにスライスできる

刃だけではなくプレート部分までステンレス製のキャベツスライサーです。通常はプラスチック製のプレートがステンレスなので、キャベツを動かすときの抵抗が少なくなります。スムーズにキャベツが動くので力を入れなくてもスッとキャベツが切れていきます。

 

ステンレスは錆びにくく耐久性もありお手入れも簡単です。使い終わったら軽く洗って乾かしておくだけで切れ味が持続します。キャベツスライサーを使った後のこびりついたキャベツを取るのが面倒な方におすすめです。

 

幅は9cmと狭めなので、キャベツ丸ごとはスライスできません。キャベツを4分の1程度に切ってから使うとスライスしやすくおすすめです。汚れが落ちやすいステンレスプレートで衛生的にキャベツのスライスを作りたい方にもおすすめです。

刃の素材 ステンレス 9cm
ストッパーの有無 無し

口コミを紹介

人参しりしりを作るのにこちらを購入しました。
正月には大根のなますをしりしり、きゅうりもシリシリしてサラダにと、気軽に使えて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

【家庭用】キャベツスライサーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 刃の素材 ストッパーの有無
1
アイテムID:5612915の画像
とんかつ屋さん キャベツスライサー 1,234円

詳細を見る

極薄でフワフワのスライスができる

ステンレス 14.6cm 有り
2
アイテムID:5612918の画像
セラミックスライサー 712円

詳細を見る

錆びないセラミック刃使用

ファインセラミック 8.5cm 有り
3
アイテムID:5612921の画像
セラミック可変式スライサー 1,014円

詳細を見る

厚さの設定ができて料理に便利

ファインセラミック 9.1cm 有り
4
アイテムID:5612924の画像
キャベツ用スライサー 1,137円

詳細を見る

幅が広くてキャベツ丸ごとスライスできる

ステンレス 14cm 有り
5
アイテムID:5612927の画像
キャベツスライサー Kai House Select 1,100円

詳細を見る

少ない力でキャベツスライスが簡単にできる

ステンレス 15.3cm 有り
6
アイテムID:5612930の画像
キャベツスライサー 1,066円

詳細を見る

滑り止めつきで持ちやすいキャベツスライサー

ステンレス 9.5cm 有り
7
アイテムID:5612933の画像
とんかつ屋さん キャベツピーラー 756円

詳細を見る

お手軽ピーラーでとんかつ屋さんのキャベツスライスが作れる

ステンレス 11cm 無し
8
アイテムID:5612936の画像
Vスライサー V4オリジナルセット 6,028円

詳細を見る

一台で多彩な切り方ができるスライサー

高級ステンレス 9cm 有り
9
アイテムID:5612939の画像
FV-606 667円

詳細を見る

コスパ最強

ステンレス 9cm 無し
10
アイテムID:5612942の画像
味わい食房 ステンスライス 770円

詳細を見る

プレートまでステンレスでスムーズにスライスできる

ステンレス 9cm 無し

キャベツスライサーの使い方

キャベツスライサーの使い方は一般的なスライサーと変わりません。まずは半分~4分の1程度の扱いやすい大きさにキャベツをカットします。あとはスライサーにかけるだけ。この2ステップだけです。

 

ボウルの上に置けるタイプのスライサーなら、キャベツをスライサーに乗せて前後に手を動かすだけでボウルに千切りされたキャベツが溜まっていきます。ピーラータイプであればキャベツを手に持ち、反対の手でピーラーを使ってキャベツの表面を削ぐように動かします。

まとめ

これまでキャベツスライサーのおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。機能を使いこなして安全で簡単に、楽しくキャベツスライスを作って食べましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年11月最新版】成城石井の人気おすすめランキング75選

【2021年11月最新版】成城石井の人気おすすめランキング75選

その他食品
【切れ味が全然違う】おすすめの包丁研ぎ人気ランキング10選

【切れ味が全然違う】おすすめの包丁研ぎ人気ランキング10選

キッチン用品
【みずみずしい食感で選ぶ】おろし金の人気おすすめランキング10選

【みずみずしい食感で選ぶ】おろし金の人気おすすめランキング10選

キッチン用品
麻雀牌のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものやプロ仕様も】

麻雀牌のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものやプロ仕様も】

趣味
バンカーリング人気おすすめランキング15選【ハイブランドのスマホリングも】

バンカーリング人気おすすめランキング15選【ハイブランドのスマホリングも】

生活雑貨・日用品
ジェルワックスの人気おすすめランキング25選【パーマの方やメンズ向けも紹介】

ジェルワックスの人気おすすめランキング25選【パーマの方やメンズ向けも紹介】

バス・ボディケア・ヘアケア用品