記事ID136006のサムネイル画像

【なりたい髪色になろう】ブリーチ剤おすすめ人気ランキング10選

サロンに行かずに発色の良いセルフカラーリングを楽しみたいときに便利なブリーチ剤。髪の色を金色や銀色、白色にしたり、普通のカラーとは違ってさらに薄く透明感のある色を出したい場合に欠かせないアイテムです。そこで、今回はおすすめのブリーチ剤10選をご紹介します。

ブリーチ剤でなりたい髪色に近づこう

日本人はもともと髪色が暗いため、そのままカラーリングしても色が分かりにくいことがあります。特に黒髪からそのまま金髪などの明るいカラーにするのは難しいです。そこで必要なのが「ブリーチ剤」です。ブリーチ剤は髪の色を抜くことができます。

 

ブリーチ剤はアルカリ剤と過酸化水素を混ぜ合わせることで、酵素が発生します。この酵素が髪の発色をしているメラニン色素を分解することにより、髪色が抜けるという仕組みです。ブリーチ剤で髪の色素が抜けるので、ブリーチ後はヘアカラー本来の色が入りやすくなります。

 

ただ、ヘアカラーと違い、ブリーチは髪の色を抜くため髪が傷みやすいという特徴があります。ですが、市販のブリーチ剤でも、ブリーチ後のケアをしっかりと行う事で美容室に行くより低価格で脱色ができます。自分にピッタリなブリーチ剤を見つけてなりたい髪色に近づけましょう。

ブリーチ剤の選び方

ブリーチ剤は髪の色を抜いて新たな色を入れるためのものです。基本的に、髪の明るさとダメージは比例するともいえます。髪の色素を抜くほど、強い薬剤を使うことなので、まずは安全に使える信頼のおける商品であるものを選ぶことが大切です。

 

その他にも市販のブリーチ剤を選ぶ際に気をつけたいポイントをまとめましたので、ブリーチ剤を購入する際に参考にしてくださいね。

液剤のタイプで選ぶ

ブリーチ剤にはさまざまなタイプがあり、クリームタイプ、泡タイプ、スプレータイプ、パウダータイプなどがあげられます。それぞれの特徴を知った上で、ご自分がやりやすいタイプを選びましょう。そのテクスチャーによって使い方も変わるので、ぜひ参考にしてみてください

クリームタイプ

市販のブリーチ剤の中で最も一般的なのが、クリームタイプのブリーチ剤です。1剤と2剤を混ぜ合わせて髪に塗布するタイプで、「髪の毛全体を明るくしたい」という方には、クリームタイプがおすすめです。液だれしないようにテクスチャーはやや固めなのが特徴です。
 
 
クリームタイプの中にもテクスチャーが少し柔らかめの商品もあります。やわらかめなテクスチャーの方が好きな方や髪が長い方は、ノズルがくし形になっていて髪を梳かすように塗布できるタイプの商品が扱いやすいくおすすめです。

 

また、クリームタイプの中には1剤と2剤と一緒にブリーチパウダーも混ぜて使用するタイプの商品もあります。ブリーチパウダーの主成分は「過硫酸カリウム」や「過硫酸アンモニウム」などの過硫酸塩です。これらは化学反応を助けて脱色効果を高める効果があります。

スプレータイプ

一気にではなく、「髪色を少しずつ変えていきたい」という方におすすめなのがスプレータイプのブリーチ剤です。「染めた髪の根元が黒く目立つプリン状態に対処したい」という方にもおすすめです。

 

極端に明るい髪色でない限り、プリン状態を目立たなくさせることが可能です。クリームタイプに比べて脱色する力は弱いため、徐々に髪色を明るくしたい方やトーンアップしたい方に向いています。ただ、一度ではっきりと色の変化を感じられる程の脱色力は無いのが特徴です。

 

スプレータイプのブリーチ剤は薬品を混ぜることなくそのまま使えるので、手間がかからずにいつでも手軽に使うことができるのがメリットです。

 

パウダータイプ

パウダータイプのブリーチ剤はクリームタイプに含まれている強アンモニア水を含まずに、過硫酸塩と過酸化水素水を混ぜ合わせて塗布するのが特徴です。多くの美容院が使っていて、基本的にその他のブリーチ剤よりも脱色力が強いといわれています。

 

ですから、髪は明るくなりますが、頭皮への刺激が強い一面もあります。パウダータイプを選ぶ際は、ケア成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

 

パウダータイプもクリームタイプと同じく、塗布する際はやわらかいクリーム状になります。クリームタイプよりもテクスチャーが水っぽいものもありますので、液だれに注意しながら塗布するようにしましょう。

泡タイプ

初心者でも比較的扱いやすいのが泡タイプのブリーチ剤です。泡タイプのブリーチ剤は、肌当たりが柔らかく、全体的に広がりやすいため塗りムラが少ないことが特徴です。また、薬剤を混ぜ合わせるとすぐ出来上がるので、時間短縮にも向いています。

 

素早く塗れるので初めての方でも扱いやすいのがメリットです。ただ、混ぜ合わせて泡状になってから時間を置いてしまうと、徐々に液体に戻ってしまうので、手早く進める必要があります。また、クリームタイプほど色味が多くないのもデメリットと言えるでしょう。

髪を保護するための工夫がされているタイプで選ぶ

ブリーチ剤は薬剤で髪のキューティクルを開かせ、髪のメラニン色素を脱色することで髪色を明るくします。当然、髪に負担がかかってしまいますので、髪を保護するための工夫がされている商品を選ぶのがおすすめです。

 

毛髪修復成分が配合されている商品や、ケアアイテムが付属している商品もありますので、その点も注目して選ぶとよいでしょう。

保湿成分や毛髪修復成分などが配合されているタイプ

ブリーチは、髪のメラニンを抜いてしまうため、長時間薬剤を添付していたり、日を空けずに何度もブリーチを重ねたりすると、髪には大きな負荷になります。

 

ですから、市販のブリーチ剤には保湿成分や毛髪修復成分などが入っている商品もたくさん発売されています。ブリーチ剤を選ぶ際には、髪に優しい成分配合のブリーチ剤を必ず選ぶのがおすすめです。

ケアアイテムが付属しているタイプ

ブリーチ剤を使用した直後の髪はキューティクルが開きっぱなしで、大きなダメージを受けている状態です。ですから、少しでも負担を減らすには、ブリーチ後のシャンプーの後に、丁寧にトリートメントをして髪を労わることが大切です。

 

セット内容は商品によって様々ですが、美容液やトリートメントが付属している商品もあります。中には1度の使い切りではなく、数回使えるケアアイテムが付属している商品もありますので、ケアアイテムの内容量にも注目して選ぶようにしましょう。

シャンプーやコンディショナーがラインナップされているタイプ

市販のブリーチ剤には、同じシリーズで髪の保湿や指通りをよくするためのシャンプーやコンディショナーなどの商品が発売されているタイプもあります。そういったタイプならば、ブリーチ後のアフターケアにも最適で、髪の痛みを抑えることができるでしょう。

ブリーチ剤人気ランキング10選

第10位

ブライセス

ロイド ホワイトハイブリーチパウダー

価格:1,369円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピーディーに強力な脱色効果があるパウダータイプ

ロイドの「 ホワイトハイブリーチパウダー」は、髪の毛を一度で強力に脱色できるブリーチ剤です。イタリア製のブリーチパウダーを使用しています。

 

オキシ6%にこのパウダーを加えることにより、スピーディーに強力な脱色効果が得られ、黒髪を1度で明るく軽やかにします。全体をハイトーンに仕上げるには複数回の使用がおすすめです。1箱全量の使用でセミロング約1回分のブリーチが可能です。

 

ケアアイテムなどは付属していませんので、ブリーチ後のトリートメントなどのアフターケアをしっかりと行うと良いでしょう。

タイプパウダータイプ付属ケアアイテムなし
第9位

ヘンケルジャパン

フレッシュライト プリン解消ミストブリーチ

価格:437円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プリン解消におすすめミストタイプ

フレッシュライトの「プリン解消ミストブリーチ」は吹きかけるだけでだんだん根元のプリンがブリーチされていく、ミストタイプのブリーチ剤です。スプレーするだけの簡単操作なので、気軽に使用することができます。

 

1度にすべてを使用してもすぐは明るくなりませんので、1回ですぐブリーチしたい方には向いていませんが、何回か使用を繰り返すことで色が抜けていきます。髪がしっとり&うるおい成分配合です。髪への負担が少ないブリーチ剤を探している方にもおすすめです。

 

ちゃんと効果を出すには、日を空けずにブリーチしたいところに均一に伸ばし、時間おいて乾いたらその日のうちに髪の毛を洗う。それを繰り返して自然に徐々に色を落としていくのがおすすめです。

タイプスプレータイプ付属ケアアイテムなし
第8位

IRIYA COSMETICS(イリヤ化学)

ホイップハイブリ-チ

価格:1,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホイップクリーム状で塗りやすい

イリヤ コスメティックスの「ホイップハイブリーチ」は、出来上がりがホイップクリーム状のブリーチ剤なので、頭皮になじませやすく、ムラなく塗りやすいのが特徴です。パウダーとクリームを混ぜ合わせて使うと、ホイップ状のクリームができあがります。

 

パウダーとクリームを1:3の割合で混ぜあわせて、髪に乗せたら放置しますが、この放置時間の長さにより、色の抜け具合が調整できます。10分ほどで濃いめのブラウン、30分ほどだと金色に近い色まで脱色可能です。

 

2つの薬剤を混ぜ合わせて、ホイップクリーム状になるまで撹拌が必要です。ただし、ホイップクリームの配合を間違えると発熱してしまうので、使用上の注意をよく守って使用するようにしましょう。

タイプクリームタイプ付属ケアアイテムなし
第7位

マンダム

ギャツビー カラーアクアシルバー

価格:565円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーとブリーチを同時にできるブリーチ剤

ギャツビーの「ナチュラルブリーチカラー」は、ブリーチとカラーをこれ1つで同時にできる商品です。全部で10色あるクリームタイプのヘアカラー兼ブリーチ剤です。

 

こちらの色はクールなアッシュ系の「アクアシルバー」で、ギャッツビーのブリーチカラーの中で一番のハイトーンのカラーです。爽やかな印象のクールなシルバーに染め上げてくれます。伸びの良いクリーム状なので、髪全体に広がりやすい商品です。

 

ブリーチ成分で明るくした髪に、カラー成分が浸透してしっかりと染めあげることができます。さらに頭皮に優しい低ph処方と、嫌な臭いを抑えたアクアフルーティーの香りで人気の商品です。

第6位

ダリヤ

パルティ ナチュラルブリーチ

価格:604円(税込)

Aamzonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者にもおすすめなナチュラルな色味のブリーチ剤

Paltyの「ナチュラルブリーチ」は、髪へのダメージを抑えながら自然な明るさの髪へと導いてくれるブリーチ剤です。ブリーチ初心者におすすめのナチュラルな色味が特徴です。黒髪の人が初めてブリーチする場合や、髪への負担と明るさを控えめにしたい方におすすめです。

 

ブリーチ剤特有のツンとした臭いを抑えるために爽やかな果実の香りが魅力です。3つのトリートメント成分が配合されているので髪の痛みが気になる方にもおすすめです。

 

ブリーチ後の髪は傷みやすいので、椿オイルでうるおい成分を、さらにシリコーンでさらさら成分、植物プロテインで毛髪保護成分が配合されています。ショートヘアの方は1箱で十分色が抜けますが、ロングヘアの方は何箱か用意しておいたほうが良いでしょう。

タイプクリームタイプ付属ケアアイテムなし
第5位

MANIC PANIC JP

ホワイトボム ハイブリーチセット

価格:1,366円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンランク上の脱色力が魅力のホワイトブリーチ

「ホワイトボム入ブリーチセット」は、その名の通り、髪を白色に近づけるためのホワイトブリーチです。ホワイトブリーチはサロンでも難しいのですが、サロンで使われているブリーチングパウダーをベースにしたホワイト(プラチナ)を目指したブリーチ剤です。

 

脱色時間の速さが特徴で、つけた瞬間からみるみるうちに髪の色が抜けていきます。このため長い放置時間をかけなくても脱色が可能になります。保湿成分であるエモリエント成分の働きでブリーチ後の嫌なパサつきがなく、指通り滑らかな手触りが得られます。

 

さらにこのブランドの特徴は、髪の色が抜けたあとに入れるカラーの豊富さです。48色のカラーを絵の具のように混ぜ合わせていろいろなカラーを作り出すことができるのが人気の秘密です。価格が少し高めですが、頭皮への刺激がマイルドなこともあり、人気のブリーチ剤です。

タイプパウダータイプ付属ケアアイテムなし
第4位

マンダム

ギャツビー EXハイブリーチ 【HTRC5.1】

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストを抑えてしっかり明るくできる

「ギャツビー EXハイブリーチ」 は、ギャッビー商品の中でも一番ブリーチ力の高い商品です。放置時間により明るさの調整ができるので、明るくしたい人は長く放置すれば茶色の髪も金色までブリーチできます。口コミでも「かなりガツンとブリーチ」できるとの声が多数。

 

また、トリートメント成分として、アミノ酸、カオチン、シリコンなどを配合。髪のダメージを補修し、潤いを補給してさらさらツヤツヤの髪に仕上げます。ツンとするイヤなにおいをおさえたアクアフルーティの香りが人気です。

 

価格が安く、コスパも良いので口コミでも人気の商品です。コストを抑えてしっかり明るくしたい方や、1度でしっかりと染め上げたい方におすすめです。ケアアイテムは付属していないので、自分でトリートメントなどを用意してブリーチ後はしっかりアフターケアしましょう。

タイプクリームタイプ付属ケアアイテムなし
第3位

ダリヤ

パルティ メチャフラッシュブリーチ

価格:500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

椿オイルを配合で、髪へのダメージをケア

パルティの「メチャフラッシュブリーチ」は、業界トップクラスのブリーチ力をうたった、とにかく明るく仕上げたい方におすすめの商品です。ブリーチパウダーが別に付属していて、かなり明るくしっかりと脱色ができるとあって、口コミでも高評価です。

 

「1回でフラッシュに輝くブロンドに」のネーミング通りに、かなり明るめな色までブリーチができます。パルティのブリーチ剤の中でもかなり明るいブリーチ剤ですが、ブリーチ剤独特のツンとした臭いが少なく、爽やかな果実の香りが広がります。

 

さらにブリーチ剤にある使用後のゴワゴワ感も、椿オイル、シリコーン、植物性プロテインの3つのトリートメント成分が入っているので、髪を保護しながらうるおい感とさらさら感をキープしてくれます。オイル配合のブリーチ剤を探している方にもおすすめです。

タイプクリームタイプ付属ケアアイテムなし
第2位

ヘンケルジャパン

フレッシュライト メガメガブリーチ

価格:520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ムラなくキレイに染まり、アフターケアもばっちり

ヘンケルの「フレッシュライト メガメガブリーチ」は、髪をしっかり明るくしながら、ブリーチ後の髪のことも考慮されているのが特徴です。手触りを良くする流動パラフィンが多く配合されているため、ブリーチ後のきしみがありません。

 

ムラなく塗りやすいクシ型ノズルが特徴です。8種類のアミノ酸配合で潤いを守り、ダブルオイルの効果でツヤ・やわらかさをキープします。さらにサンフラワーオイル配合のヘアマスクつきなので、アフターケアもバッチリです。

 

グリーンアップル&カシスの香りが、ブリーチ剤のツンとした香りを抑えてくれます。コスパも良く、「キレイに良く染まる」と口コミでも人気の商品です。明るめの髪色に染め上げたい方や、アフタートリートメント付きの商品を探している方にもおすすめです。

タイプクリームタイプ付属ケアアイテム
第1位

ワイエス パーク プロフェッショナル

ホワイトブリーチ

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅でもサロン仕上げに近づけられるよう開発されたブリーチ剤

人気サロンブランドであるワイエスパークが自宅でもサロンの仕上がりにできるようにと開発した「ホワイトブリーチ」。髪への浸透が良く、液も垂れない固めのクリームタイプで、使い勝手がよくできています。比較的ダメージを感じにくく、繰り返しの使用におすすめ。

 

また、ブリーチ剤特有の使用後のパサつきやゴワゴワ、引っ掛かりを極力抑えた保湿成分やエモリエント成分の働きにより、使用後も指通りはなめらかで手触りも良いです。明るめの色に仕上げたい方や、繰り返し使用したい方におすすめです。

 

このブリーチ剤の後は、シャンプー、トリートメント、コンディショナーも同じ商品シリーズが販売されているので、一緒に使うとより綺麗なプラチナホワイトに髪の色を整えていくことができます。

 

 

タイプパウダータイプ付属ケアアイテムなし

ブリーチ剤のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4959696の画像

    ワイエス パーク プロフェッショナル

  • 2
    アイテムID:4959416の画像

    ヘンケルジャパン

  • 3
    アイテムID:4959785の画像

    ダリヤ

  • 4
    アイテムID:4959532の画像

    マンダム

  • 5
    アイテムID:4959754の画像

    MANIC PANIC JP

  • 6
    アイテムID:4959862の画像

    ダリヤ

  • 7
    アイテムID:4960118の画像

    マンダム

  • 8
    アイテムID:4959815の画像

    IRIYA COSMETICS(イリヤ化学)

  • 9
    アイテムID:4959829の画像

    ヘンケルジャパン

  • 10
    アイテムID:4959847の画像

    ブライセス

  • 商品名
  • ホワイトブリーチ
  • フレッシュライト メガメガブリーチ
  • パルティ メチャフラッシュブリーチ
  • ギャツビー EXハイブリーチ 【HTRC5.1】
  • ホワイトボム ハイブリーチセット
  • パルティ ナチュラルブリーチ
  • ギャツビー カラーアクアシルバー
  • ホイップハイブリ-チ
  • フレッシュライト プリン解消ミストブリーチ
  • ロイド ホワイトハイブリーチパウダー
  • 特徴
  • 自宅でもサロン仕上げに近づけられるよう開発されたブリーチ剤
  • ムラなくキレイに染まり、アフターケアもばっちり
  • 椿オイルを配合で、髪へのダメージをケア
  • コストを抑えてしっかり明るくできる
  • ワンランク上の脱色力が魅力のホワイトブリーチ
  • 初心者にもおすすめなナチュラルな色味のブリーチ剤
  • カラーとブリーチを同時にできるブリーチ剤
  • ホイップクリーム状で塗りやすい
  • プリン解消におすすめミストタイプ
  • スピーディーに強力な脱色効果があるパウダータイプ
  • 価格
  • 1350円(税込)
  • 520円(税込)
  • 500円(税込)
  • 562円(税込)
  • 1366円(税込)
  • 604円(税込)
  • 565円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 437円(税込)
  • 1369円(税込)
  • タイプ
  • パウダータイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • パウダータイプ
  • クリームタイプ
  • クリームタイプ
  • スプレータイプ
  • パウダータイプ
  • 付属ケアアイテム
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

まとめ

おすすめのブリーチ剤ランキング10選をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?特に黒髪の方であれば、発色の良いカラーリングを楽しむためにはブリーチ剤は便利なアイテムです。ただ、ブリーチ剤は強力な薬品です。髪の健康を守るためにも、アフターケアも忘れずに行うようにしてください。ぜひ自分に合ったブリーチ剤を見つけて、理想の髪色を楽しんでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ