記事ID136003のサムネイル画像

【ワンルームにも最適】一人暮らしの部屋におすすめのベッド人気ランキング10選

生活する上でベッドは必要な家具ですが、一人暮らしの限られたスペースに最適なベッドを探すのは難しいですよね。そんな人のために今回は、一人暮らしの部屋に最適なベッドの選び方からおすすめのベッドを紹介していきたいと思います。購入の際の参考にしてみてください。

ワンルームに置くベッドのレイアウトのポイント

初めて一人暮らしをする学生や新社会人の場合、6畳~8畳の1Kタイプのお部屋が多いのではないかと思います。限られたスペースに家具をレイアウトすることはとても難しいですよね。特にベッドは大型家具ですから配置に頭を悩ませます。

 

ワンルームにベッドを置く場合のレイアウトのポイントとしては、部屋の短い方の壁際に配置すること。こうすることで部屋の半分以上のスペースを確保できるのでソファや机、チェストなどを置くことが可能になります。

 

ただし、ベランダやクローゼットがある場合もありますので導線が悪くなってしまいます。その場合は、部屋の長い方の壁にベッドを配置するようにしましょう。この場合はスペースが狭くなってしまうのでソファベッドや多機能ベッドなどにすると生活しやすくなります。

一人暮らしの部屋におすすめのベッドの選び方

ここからは一人暮らしの部屋におすすめのベッドの選び方について解説していきたいと思います。ベッド選びのポイントは以下の3つです。

サイズで選ぶ

ベッドにはサイズがいくつかあります。限られたスペースにベッドを置く場合はこのサイズがポイントとなります。部屋や体格の大きさによってベッドのサイズを決めるようにしましょう。一人暮らしにおすすめのサイズは以下の4種類となります。

セミシングル

セミシングルはSSサイズとも呼ばれており、シングルよりも小さいサイズのことを言います。横幅が約80㎝前後のものが主流となっています。4畳半のお部屋には最適なサイズとなります。

 

コンパクトで狭いスペースでも有効活用できるサイズですが、サイズが小さいので小柄な女性におすすめ。男性の方や寝がえりをうちたい人などには窮屈に感じるサイズとなります。

シングル

シングルはその名のとおり1人用に最適なベッドのサイズとなります。横幅は90㎝~100㎝のものが主流となっています。6畳のお部屋にも最適な大きさですが、寝返りをうちたい人や体格のよい男性の人には少し窮屈に感じるサイズでもあります。

セミダブル

セミダブルは、ダブルより小さくシングルより大きいサイズです。横幅は約120㎝前後のものが主流となっています。8畳のお部屋には最適で、2人で寝ることもでき寝返りをうつこともできます。お部屋にスペースがある場合はセミダブルにするのがおすすめです。

ダブル

ダブルサイズは2人用に最適なベッドのサイズです。横幅は約140㎝のものが主流となっています。体格の大きい人や男性にもおすすめのサイズですが、ワンルームのお部屋にはあまり向いていないサイズとなります。

 

寝室が別に確保できる人や10畳前後のお部屋にお住まいの一人暮らしの人は、ダブルサイズにするのがおすすめです。

ベッドのタイプで選ぶ

サイズが決まったら次はベッドのタイプを決めていきましょう。ベッドにはいくつかの種類があります。一人暮らしにおすすめのベッドのタイプを紹介していきますので参考にしてみてください。

チェストベッド

チェストベッドは一人暮らしの人に人気のタイプです。高さがあり下には引き出し式の収納があるものが多くあります。ベッドと収納が合体されているモノはスペースの限られた一人暮らしのお部屋には最適。

 

普段よく使う鞄や洋服、小物などを収納できるので生活する上でも便利です。収納式ベッドには跳ね上げ式タイプのものもありますが、大きいものを収納するには便利ですが取り出しにくいのでよく使うものを収納したい場合は引き出しタイプのものがおすすめです。

ローベッド

ローベッドはその名のとおり低いベッドのことです。高さがなく圧迫感もないので狭いお部屋も広く見えるのがメリットです。しかし脚がない分掃除などができないのがデメリットと言えます。

すのこベッド

すのこベッドはマットレスを置く部分がすのこになっているものをいいます。高さも低いものもあれば高いものもあり好みによって選ぶことができます。脚付きの高さのあるものを選べば下に収納ボックスなどを入れることができるのでおすすめです。

 

すのこベッドのメリットは通気性がいいことで湿気やカビ対策にもなるのでおすすめです。またマットレスにしても布団にしても使用できることもメリットと言えるでしょう。

脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドは、マットレスが一体化になったものです。フレームがないのでスペースが限られているお部屋にも最適。敷布団がいらないのも嬉しいポイント。カバーのカラー展開も豊富なので季節やお部屋の雰囲気に合わせて変えることができます。

ソファベッド

ソファベッドはソファがベッドになるタイプのものです。ソファも欲しいけれどスペースがないという人にはおすすめ。ソファベッドもロータイプのものと脚付きのものがありリクライニング機能が搭載されているものもあります。

 

ソファベッドにすることでベッドのスペースが解消されるのでお部屋も広くすることができます。またお友達が宿泊する場合になった時もベッドとして使用してもらえるのでスペースに余裕がありソファの購入も考えている人はソファベッドがおすすめです。

ロフト式ベッド

ロフト式ベッドはベッドの下を有効に使う事ができるのでスペースの限られた一人暮らしのお部屋にはおすすめのベッドのタイプです。下にクローゼットを作ったり机を置いたりと自由自在に活用することができます。

多機能ベッド

多機能ベッドとは、ベットの中に棚や机、ハンガー掛けなどがついているベッドの事です。ベッドが部屋になるほどいろんな機能をもっているのでスペースが限られている一人暮らしのお部屋には最適です。

折りたたみベッド

折りたたみベッドは簡単に折りたたむことができるベッドです。布団を乗せたままでも簡単に折りたためるのでそのままベランダなどに干すこともできます。お友達などが遊びに来てもコンパクトに折りたためるのでスペースを確保することもできます。

 

すのこタイプのものやマットレスタイプのものなど種類も豊富です。布団で寝たい人には通気性のよいすのこタイプのものがおすすめです。

マットレスの種類で選ぶ

安眠するためにはマットレスの硬さなどもチェックポイントとなります。マットレスにもさまざまな種類がありますのでお好みのものを選ぶようにしましょう。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは硬すぎず柔らかすぎずちょうどよい硬さのものが多く日本人が好むマットレスでもあります。揺れも体もしっかりと支えてくれるので女性にもおすすめです。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスは、ポケットコイルより硬さがあり布団のような寝心地があります。通気性、耐久性にも優れているので汗をかきやすい人や男性の人にもおすすめです。

低反発・高反発マットレス

高反発・低反発マットレスはウレタン素材を使用しているものが主流となっています。低反発マットレスはやわらかく横になると身体にフィットし長く寝ていても疲れにくいのが特徴です。

 

反対に高反発マットレスはふつうの硬さで身体がしずまないので寝返りがうちやすいのが特徴です。

【限られたスペースにも最適】一人暮らしの部屋におすすめのベッド人気ランキング10選

第10位

DORIS

ソファベッド 2人掛け

価格:11,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セミダブル級の3wayソファ

ベッドとソファを置くとスペースがかなり狭くなりますが、ソファベッドにするとソファとセミダブルのベッドを使う事ができます。一人暮らしの狭いスペースにはどちらも兼ね備えたソファベッドがおすすめ。

 

こちらのソファベッドは幅130㎝のワイドな幅で、ソファにすると2人掛け、ベッドにするとセミダブルの大きさです。リクライニングは14段階調節可能、ソファ時でもベッド時でも自分の好きな高さに設定することができます。

 

フラットにすればベッドに、座面を広げてリクライニングすればカウチタイプにと3つの楽しみ方ができます。オールシーズン使えるファブリック生地で触り心地も優しくなっています。セミダブルサイズだからお友達が泊まりに来ても安心です。

サイズ130×76~178×10~62(cm) タイプソファベッド
マットレスの種類-
第9位

LOWYA (ロウヤ)

人をダメにするベッド

価格:33,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベッドから動きたくなるなるベッド

必要なものが全てベッド周りに集結した動きたくなくなるベッドです。多機能型ベッドなので一人暮らしのお部屋には最適です。動きたくなくなる理由はベッドにデスクが設置されていること。

 

勉強や仕事はもちろん、食事もできるほどの広さのデスクなので1日中ベッドの上にいてしまう危険性も。デスクには2口コンセントがあり携帯の充電やパソコンの使用も可能。ヘッドボードは目覚ましや携帯などを置くことができます。

 

上部の棚は小物や雑誌などを置くことができ、ハンガーラックには洋服を整理することもできます。寝る・読む・作業をする・片付ける。全ての事がベッドの上でできてしまう人をダメにするベッドです。

サイズ213×107.5×150cmタイプ多機能型ベッド
マットレスの種類-
第8位

源ベッド

五杯収納ベッド

価格:33,825円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セミシングルなのに大容量収納

小柄な女性にはシングルよりもコンパクトなセミシングルサイズがおすすめです。こちらはデザインがシンプルなセミシングルのベッドですが、コンパクトながら大容量の収納スペースがあります。

 

チェスト一台分の収納スペースには、5つの引き出しがあります。真ん中の引き出しは2段分の高さがあるので厚手のものや高さがあるものの収納に最適。引き出しはスライドレールで出し入れも簡単です。

 

引き出しの奥には季節ものの毛布やトランクなどの大きめのものも収納が可能。間取りに合わせて引き出しを左右かえることもできます。フレームやヘッドボードがないのでさらにコンパクトでベッドのスペースを最小限におさえることができます。

サイズ79×199×46cm:シングルタイプチェストベッド
マットレスの種類-
第7位

タンスのゲン

脚付きマットレス

価格:11,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性抜群脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドは、ベッドのフレームがないのでワンルームなど一人暮らしのお部屋のベッドとしては最適です。マットレスを直接床に置くのではなく脚がついているので掃除もしやすくなっています。

 

マットレスの種類はボンネルコイルで従来の270個から320個に増やされています。そのため耐久性も高くなりより長持ちするようになりました。寝心地はやわらかめで肩や腰、背中の負担を軽減させてくれます。

 

マットレスはニット生地で通気性や発散性に優れているのでオールシーズン快適に眠ることができます。洗えるマットレスカバーは取り外しが簡単で丸洗いできるのでいつでも清潔に保つことができます。

 

サイズ97x195x20cm(+木脚15cm)タイプ脚付きマットレスベッド
マットレスの種類ボンネルコイル
第6位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

折りたたみベッド ブラック OTB-E

価格:10,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

布団派の人におすすめ

布団派の人には折りたたみベッドがおすすめです。折りたたみベッドのメリットはコンパクトになるので日中はスペースを広く使う事ができます。また布団を敷いたまま折りたたむことができるので布団の上げ下ろしの時間短縮にもなります。

 

こちらの折りたたみベッドは、ウレタンマットを使用しているので適度な弾力があり布団を敷いても心地よく身体がフィットします。シングルタイプなのでワンルームのお部屋にもおすすめです。

 

また布団を敷いたまま折りたたむことができ、キャスター付きで移動も楽にすることができます。お天気の良い日はそのままベランダで布団を干すのもおすすめ。指が挟まぬよう安全設計もされていますし女性ひとりでも楽々おりたたむことができます。

サイズ96×211×32cm:シングルタイプ折りたたみベッド
マットレスの種類ウレタン・不織布
第5位

LOWYA (ロウヤ)

ロフトベッド

価格:69,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベッドの下がリビングルームに

限られたスペースしかないワンルームのお部屋。こちらはそんな狭いスペースでもソファも机もテレビもベッドも置ける多機能ベッドです。まずベッド部分はすのこになっているので通気性もよく布団でもマットレスでもOKです。

 

はしごで下におりればベッド下はまるでリビングルーム。テレビ台はテレビを置くだけではなく勉強机にしたり化粧台にすることも可能。テレビ台の下には3㎝ピッチの可動棚があり、録画機器や小物、雑誌などを収納しておくこともできます。

 

テレビ台の向かい側には2人掛けソファが設置されており、ソファの背もたれを倒すとミニデスクが出現。ソファの下にも可動棚があるので収納することもできます。ベッドの下を自由自在にお気に入りのスペースにしてください。

サイズ105(はしご含む:140)x202x162cmタイプロフトベッド
マットレスの種類-
第4位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

引出・テーブル付多機能ソファー

価格:23,790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能型ソファベッド

「ベッドも欲しいけれどソファも欲しい」そんな人にはソファベッドがおすすめです。こちらはソファとツールを組み合わせていろいろなレイアウトが楽しめる多機能型ソファベッドです。

 

背もたれは3段階のリクライニング機能が搭載されておりフラットにすればベッドにすることができます。真ん中の背もたれを倒せばテーブルにもなり読書やテレビを見ながらお茶を飲むこともできます。

 

ソファの下は収納になる引き出しが2つ付いているので本や洋服などよく使うものを収納しておくことができます。ベッドにもソファにもなりテーブルや収納までついているのでワンルームのお部屋にはおすすめです。

サイズ178×100×77cmタイプソファベッド
マットレスの種類-
第3位

LOWYA

ロフトベッド

価格:39,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空間を有効的に活用できるベッド

スペースが限られているワンルームのお部屋にはロフトベッドがおすすめです。ロフトベッドははしごが主流ですが、こちらのロフトベッドは階段付き。上り下りも安全で階段幅も大きいのでちょっとした小物を置くこともできます。

 

ベッドにはコンセント付きの棚がついているので、携帯やスマホの充電ができ本や目覚まし時計などちょっとしたものを置くこともできます。キシミ低減マットが敷かれているのでしなりが小さくキシミにくくなっています。

 

ベッド下のスペースはチェストをやハンガーラックを置いてクローゼットにしたり、ソファを置いてくつろぎスペースにしたり、勉強机を置いたりと空間を有効的に利用することができます。階段は左右設置可能なので間取りやレイアウトによって変更できます。

 

サイズ255×101.5×173.5cm(床下130cm):シングル タイプロフトベッド
マットレスの種類キシミ低減マット
第2位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

すのこ シングル

価格:9,066円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さが変えられるすのこベッド

通気性がよく湿気やカビ対策にもなるシングルタイプのすのこベッドです。耐荷量200㎏でしっかりと身体を支えてくれるので体格のよい男性が使っても安心。すのこは17mmの極厚で耐久性にも優れています。

 

こちらのすのこベッドは、3段階に高さを調節することができます。ロースタイルからハイスタイルまでご自身の好みに合わせて調節することができるので気分によって変えるのもおすすめです。

 

すのこベッドなので、マットレスでも布団でもOK。天日干しができないマットレスでもすのこになっているので最適です。ヘッド棚やフレームなどがないのでスペースが限られたワンルームのお部屋におすすめです。

サイズ約98×約200×約10~33㎝:シングルタイプすのこベッド
マットレスの種類-
第1位

株式会社もしも

日本製 コンセント付き 収納ベッド シングル

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

選べるシリーズ

デザインもシンプルなチェストベッドです。こちらのシリーズは、ポケットコイルまたはボンネルコイルどちらかのマットレスを選ぶことができます。自分の好みに合わせてマットレスを選べるのは嬉しいポイント。

 

シンプルながら機能性は抜群。ヘッドボードには間接照明と一口コンセントが搭載されています。携帯やスマホの充電をすることができ照明は関節照明としても使えます。棚板も設置されているので本や小物を置くのにも最適。

 

ベッド下のデッドスペースは、収納ができる引き出しが2つ付いています。引き出しはレイアウトによって左右どちらにでも設置が可能。引き出しの奥にもスペースがあるので季節ものなどを収納しておくことができます。

サイズ100×215×77cm:シングルタイプチェストベッド
マットレスの種類ポケットかボンネルコイルマットレス選べる

一人暮らしベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4961763の画像

    株式会社もしも

  • 2
    アイテムID:4961761の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 3
    アイテムID:4961760の画像

    LOWYA

  • 4
    アイテムID:4961759の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 5
    アイテムID:4961757の画像

    LOWYA (ロウヤ)

  • 6
    アイテムID:4961756の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 7
    アイテムID:4961755の画像

    タンスのゲン

  • 8
    アイテムID:4961754の画像

    源ベッド

  • 9
    アイテムID:4961753の画像

    LOWYA (ロウヤ)

  • 10
    アイテムID:4961752の画像

    DORIS

  • 商品名
  • 日本製 コンセント付き 収納ベッド シングル
  • すのこ シングル
  • ロフトベッド
  • 引出・テーブル付多機能ソファー
  • ロフトベッド
  • 折りたたみベッド ブラック OTB-E
  • 脚付きマットレス
  • 五杯収納ベッド
  • 人をダメにするベッド
  • ソファベッド 2人掛け
  • 特徴
  • 選べるシリーズ
  • 高さが変えられるすのこベッド
  • 空間を有効的に活用できるベッド
  • 多機能型ソファベッド
  • ベッドの下がリビングルームに
  • 布団派の人におすすめ
  • 通気性抜群脚付きマットレスベッド
  • セミシングルなのに大容量収納
  • ベッドから動きたくなるなるベッド
  • セミダブル級の3wayソファ
  • 価格
  • 34800円(税込)
  • 9066円(税込)
  • 39990円(税込)
  • 23790円(税込)
  • 69990円(税込)
  • 10527円(税込)
  • 11999円(税込)
  • 33825円(税込)
  • 33990円(税込)
  • 11990円(税込)
  • サイズ
  • 100×215×77cm:シングル
  • 約98×約200×約10~33㎝:シングル
  • 255×101.5×173.5cm(床下130cm):シングル 
  • 178×100×77cm
  • 105(はしご含む:140)x202x162cm
  • 96×211×32cm:シングル
  • 97x195x20cm(+木脚15cm)
  • 79×199×46cm:シングル
  • 213×107.5×150cm
  • 130×76~178×10~62(cm)
  • タイプ
  • チェストベッド
  • すのこベッド
  • ロフトベッド
  • ソファベッド
  • ロフトベッド
  • 折りたたみベッド
  • 脚付きマットレスベッド
  • チェストベッド
  • 多機能型ベッド
  • ソファベッド
  • マットレスの種類
  • ポケットかボンネルコイルマットレス選べる
  • -
  • キシミ低減マット
  • -
  • -
  • ウレタン・不織布
  • ボンネルコイル
  • -
  • -
  • -

まとめ

一人暮らしの部屋におすすめのベッドを紹介しましたが参考になりましたでしょうか。一人暮らし用のベットの選ぶ時は、機能性のあるベッドを選ぶことが大切。スペースを有効的に使えるようなベッドを選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ