記事ID135989のサムネイル画像

【迫力満点】高画質ウェアラブルカメラ人気のおすすめランキング10選

みなさんはウェアラブルカメラとはご存知でしょうか。身体に装着してハンズフリーで撮影できる小型カメラのことです。アクションカメラとも呼ばれています。今回このウェアラブルカメラの魅力と高画質の点や使い勝手などを詳しくご説明していきたいと思います。

ウェアラブルカメラの魅力にせまる

スポーツシーンやアウトドアシーンの記録をもっと迫力を出して記録したい思った方は多いでしょう。サーフィンや釣り・ドライブなど色々な趣味が沢山あると思います。そんな趣味の醍醐味なシーンを臨場感溢れる状態で撮影できるのがウェアラブルカメラといえます。

 

身体のどこでもウェアラブルカメラを取り付けてハンズフリーで撮影することにより臨場感たっぷりの迫力のある映像が撮れます。自分が主役になった気分が味わえるのです。以前は画質などがあまり良くない物が多かったのですが、現在は技術もかなり進歩しています。

 

画質も高画質でHD画像や4Kなどかなりのハイスペックを搭載したウェアラブルカメラが多数販売されています。そんな魅力たっぷりなウェアラブルカメラの特徴やおすすめをこれから詳しくご説明していきたいと思います。SNSなどの画像アップも楽しくなるでしょう。

ウェアラブルカメラの選び方

ではどのようにウェアラブルカメラを選びましょうか。ウェアラブルカメラは海外製品もあれば日本製品もあります。一概に海外製品は粗悪と決めつけてはいけません。コストパフォーマンスにも優れてスペックも非常に高いモデルも多数あります。

 

自分で使用する用途に合わせた機能をよく把握することも大切です。そうしないと不要な機能の為にコストが高くなってしまうでしょう。形状や大きさなどにも注意してください。ウェアラブルカメラを使用する時に身体のどこにつけるかも重要です。

 

あとは画像の面も気にしたいところです。せっかくの迫力あるシーンの画像が荒いと気落ちしてしまうでしょう。このように「いつ・どこで・どのように」使用するかとその為の機能を充分に把握してください。

価格で選ぶ

ウェアラブルカメラを価格で選ぶ場合は機能に応じて検討した方が良いでしょう。また、海外製品や国内製品でも価格に差がありますので注意が必要です。価格帯の中で自分好みの機能が付いたウェアラブルカメラを選びましょう。

低価格で選ぶ

低価格でウェアラブルカメラを選ぶ場合は必要な機能を選別しましょう。一度高価格帯の機能を確認して機能をチョイスしてください。低価格すぎると期待した機能がついていないなどのケースがありますので注意してください。機能を選択して低価格を探しましょう。

 

また、低価格のウェアラブルカメラの場合は補償内容やアフターサービスの面も注意したいところです。海外製品の場合は取り扱い説明書が日本語でない場合も多数あります。壊れた場合や不良品などの場合の対処方法も検討が必要です。保証書をしっかりと確認してください。

 

どうしても人件費や材料のコストなどで海外製品の方が割安な場合が多くあります。その場合は安心して購入できるところで購入することをおすすめします。海外製品でもトップメーカーは多数ありますので比較的安心して購入できるでしょう。

高価格帯で選ぶ

ウェアラブルカメラを高価格帯で選ぶ際には用途に充分注意しましょう。不要な機能などが付いている場合も多数あります。釣りの記録のみの撮影なのに60m防水などは必要ないということです。逆にスローモーション機能やズーム機能が充実していた方がおすすめです。

 

また撮影機能として必要ないケースもあります。昼間しか使用しないのにナイトビジョンなどは必要ないと思われます。高価格帯の場合は画質が非常に良いものが多数あります。記録や記念に保存するのであれば高画質がやはりおすすめです。静止画像にも注目しましょう。

 

高価格帯のウェアラブルカメラでは付属パーツなどが別売りの場合もありますので、バッテリーやステーションなどの関連機器も確認してください。色々とあとで買い足す必要が出てくる場合もあります。防水ケースなども確認しておきたいところです。

機能で選ぶ

機能でウェアラブルカメラを選ぶ場合は必ず取り扱い説明書やカタログを確認してください。各メーカーとも独自の機能が搭載されていることが多いです。画素数や連写枚数など確認しておくことが望ましいです。その他のWIFI機能なども検討してください。

高画質で選ぶ

画質でウェアラブルカメラを選ぶ場合は画素数に注目してください。静止画や動画の画素数が高ければ高いほど鮮明に映ります。今では4K機能はほとんどが当たり前なので5Kクラスを探すのも良いでしょう。しかしこだわり過ぎると重量が重くなるので注意も必要です。

 

高画質の場合はフルハイビジョンがおすすめです。大きなモニターでも非常に画像が鮮明で美しく見ることができます。参考に電気店のテレビコーナーなどで確認してみても良いと思います。4Kや5Kも確認できますので是非参考にしてみてください。

 

やはり動画をアクティブに残すのであれば高画質がおすすめなので多少値段は高額になりますがしっかりとスペックを確認してください。またどのようなシーンで使用するかもイメージして選びましょう。

Wifi機能で選ぶ

Wifi機能でウェアラブルカメラを選ぶ場合はアプリにも注目してください。アプリは無料なものがほとんどなので一度ダウンロードして内容を確認してみましょう。アプリの内容により付属の機能が付加できる場合もあります。使いやすさも確認してください。

 

海外製品のウェアラブルカメラのアプリは英語で書かれている場合がありますので注意してください。せっかくの機能が使えないままのケースもあります。スマートフォンとの互換性も重要なのでこちらもチェックが必要です。

 

Wifi機能付のウェアラブルカメラは操作用のアプリをダウンロードする必要がありますが、アプリ内でスマートフォンに画像が転送できたり、編集機能があるアプリもありますので用途に合わせてWifi機能を選びましょう。SNSが非常に楽しくなります。

長時間撮影機能で選ぶ

長時間の撮影が用途である場合はバッテリーに注目してください。連続撮影時間が多くてもバッテリー充電時間が長いと肝心な時に撮影できなくなります。バッテリーの充電時間も併せて確認するようにしましょう。

 

また別売りでバッテリーステーションなどもありますのでそちらのスペックも確認してください。できればそろえておきたい所です。安心して撮影する為にはバッテリーは必需品なのでバッテリーの交換のし易さもポイントになります。

 

旅行などの場合は専用バッテリーを2つはそろえておきたいところです。また近くに電源が取れない場所に行く時にはバッテリーは非常に重要になりますのでストックしておくことをおすすめします。用途に応じて長時間撮影のデメリットを確認してください。

形状で選ぶ

ウェアラブルカメラを使用する時は身体のどの部分につけるかも重要です。モニターを確認できない場合も多いので、しっかりと形状や取付位置や取付方法を検討しましょう。スピード感のある動画は足元に近づくほど迫力が増します。

箱型で選ぶ

箱型でウェアラブルカメラを選ぶ場合は体中央のケースやバイク・自転車・車などの乗り物などにも適しているでしょう。取付方法も色々と検討できますので市販品のマジックテープなども活躍します。また三脚なども使用できますので撮影の幅が広がります。

 

箱型の場合は身体から飛び出る可能性もありますので体全体を使用する場合には向いていないかもしれません。肩や体中央・バイクや自転車の足元などに固定して取り付けて撮影するのに向いているでしょう。

 

 

薄型で選ぶ

薄型でウェアラブルカメラを選ぶ場合は胸ポケット近辺に取り付けることを想定してみましょう。取付方法や場所も限られてくる場合がありますのでどのように撮影したいかなどよく検討することが必要です。山登りや犬の散歩などにはおすすめします。

 

薄型の場合はピタッと吸着させて固定させると非常に安定しますので安心できるかもしれません。しかし取り付ける際の角度に注意しておかないと全く別の場所を撮影してしまうので取付場所には充分注意してください。

円柱状で選ぶ

円柱状でウェアラブルカメラを選ぶ場合は頭部が多いかもしれません。頭部にベルトを巻き付けて固定するので実際の目線で撮影することが可能です。スキューバーやロッククライムなど体全体を使うスポーツなどに向いていると思われます。

 

スカイダイビングや体全体を使用する場合は必ず頭部を守るように人間は行動しますので、どのようなシチュエーションで撮影するかよく検討してみてください。円柱状は特殊形状になりますので取付方法も良く検討する必要があるでしょう。

ウェアラブルカメラおすすめランキング10選

第10位

Victure

アクションカメラ

価格:9,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに優れたモデル

30m防水ケース付属のウェラブルカメラです。4K・2000万画素の高画質にてあらゆるシーンを迫力ある映像で記録できます。2インチ画面のタッチパネルは操作性も非常に良いでしょう。感覚的に操作できるので大変便利です。ドライブレコーダーとしても使用できます。

 

wifi機能搭載にてアプリをダウンロードすればスマホで遠隔操作も可能です。マリンスポーツでも大活躍します。バッテリーも大容量にて長時間の撮影も可能です。手振れ防止機能もついていますので安心です。コストパフォーマンスに優れたモデルと言えるでしょう。

サイズ57×40×28重量72g
第9位

エーイーイー

ウェアラブルカメラ SD19A

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最強コスパのツーリングモデル

バイクなどのツーリングの記録などのモーターツールに最適です。コストパフォーマンスにも非常に優れており、手軽に購入できるでしょう。551万画素の画質でフルハイビジョンのモデルになります。完全防水タイプで使用できますので非常にありがたいです。

 

1.5インチの画面は操作性も良く簡単に操作できます。取付方法を色々と検討すればあらゆるところに取付可能なのでマリンスポーツ・アウトドアなどにも記録を残すには最適でしょう。気軽に趣味で記録を残すには非常に重宝できるウェアラブルカメラと言えるでしょう。

サイズ59×48×42重量73g
第8位

NAGAOKA(ナガオカ)

アクションカメラ M1034K

価格:8,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量・小型の優れもの

非常に小型で軽量なウェアラブルカメラです。画角も170度と広範囲で撮影できます。wifi対応にて遠隔操作も可能で操作性も非常に良いです。アプリをインストールしてスマートフォンにて操作可能になります。充電時間も2.5時間と短時間なので急な撮影にも対応できます。

 

撮影時間は連続90分にて長時間の撮影も可能です。画像も4Kにて申し分ないでしょう。小型で軽量なので運動会やスポーツなどにも違和感なく使用できます。色々な記録撮影に使用できますので汎用性が高いと言えるでしょう。コストパフォーマンスにも優れています。

サイズ59×41×25重量56g
第7位

Vemico

アクションカメラ 4K

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最強コストパフォーマンスカメラ

非常にコストパフォーマンスに優れたウェアラブルカメラです。40mの防水カバー付きにて耐衝撃・防塵と安心できます。1600万画素の画像でチョイ撮りには最適でしょう。専用アプリのダウンロードにて遠隔操作も可能です。また専用リモコン付きにて非常に便利です。

 

バッテリーも交換し易く非常に便利なので電池切れの心配もありません。自撮り棒付属にてSNSの動画アップにも非常に役立ちます。40m防水なのでマリンスポーツにて臨場感たっぷりの迫力ある映像が記録できるでしょう。操作性も非常に良いので初心者も安心です。

サイズ57×40×45重量78g
第6位

ニコン

KeyMission 80

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超薄型ウェラブルカメラ

カメラのトップメーカーニコンのウェアラブルカメラです。スマートフォンでの遠隔操作可能でSnapBridge機能にて自動でスマートフォンへ動画転送ができます。光学式の手ぶれ補正機能搭載にて安心して確かな映像を残せます。1235万画素にて高画質のカメラです。

 

1.7インチのタッチパネルは操作性能も非常に良く感覚的に操作できるので初心者にも安心できます。-10度からカメラの動作も対応可能なので山登りやウインタースポーツなどにも非常に重宝できます。自撮り用のサブカメラ付きにて構図も色々と決められます。

サイズ44.8×86.5×15重量74g
第5位

GoPro(ゴープロ)

HERO7   CHDHB-601-FW

価格:26,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能ウェアラブルカメラ

小型・防水にてどこでも安心して使用できます。水・砂・雪などにも非常に耐久性が高く信頼できるでしょう。画面操作もタッチスクリーンにてスワイプとタップで撮影できます。また音声コマンドで遠隔操作も可能です。画像もフルHDにて非常に高画質で鮮明です。

 

手ぶれ防止機能付きにて犬の散歩などにも安定した動画を撮影してくれます。連射モードでは1秒間に15枚の連射が可能ですので大事なシーンも撮り逃しが無いでしょう。スローモーション機能も充実しており、SNSでのスマートフォンシェアも楽しみになるモデルです。

サイズ62×44.5×28重量82g
第4位

insta360

ONE X 360度アクションカメラ

価格:47,541円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超薄型・高性能ウェアラブルカメラ

5.7K及び1800万画素の画像にて非常に鮮明で美しい動画が撮影できます。50fpsモードで滑らかな動きでの記録が可能です。手ぶれ防止機能にて安心して冒険に出かけられます。Wifi撮影も可能なので好きなシーンをバッチリ撮影できるでしょう。薄型にて持ち運び簡単。

 

ドリフトショット及びスローモーション機能撮影にてカメラを投げながらの撮影も可能です。今まででは考えられない画像が撮影できるでしょう。充電ステーションを購入すれば60分で充電可能となりますので連続撮影も安心して行えます。自撮り棒も画面から消えます。

 

 

サイズ63×95×26重量79g
第3位

パナソニック

ウェアラブルカメラ HX-A1H-D

価格:39,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツなどに最適

円柱状の形状にて持ち運びも非常に便利です。また軽量なので頭部にセットしても負担を感じないで撮影ができますのでスポーツなどには最適と言えるでしょう。防水・防塵・耐衝撃にて多少の荒い扱いでも十分に性能を発揮して美しい鮮明な画像が撮影できるでしょう。

 

ナイトモードでは暗闇でも撮影可能なので色々な用途で使用できます。キャンプなどには最適です。ループ撮影機能もついているので防犯カメラとしても使用できます。当然Wifi機能も搭載されていますので遠隔操作も可能です。SNSでの活躍に非常に期待できるでしょう。

サイズ26×26×83.1重量75g
第2位

ソニー(SONY)

ウェアラブルカメラ(HDR-AS50)

価格:21,795円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心・高機能のソニーカメラ

安心・高機能のソニー製品です。ソニーの技術を充分に発揮してるモデルといえるでしょう。手ぶれ防止機能は光学式にて滑らかな画像を提供できます。最大195分の長時間の撮影が可能なので大事なところでの撮影漏れなどありません。フルハイビジョン対応です。

 

モーションショット撮影でアクションした軌跡まで記録に残せますので動画編集も非常に楽しめるでしょう。メイドインジャパンにて防水60m・防塵・耐衝撃・低温使用も可能なので非常に汎用性が高く使用できます。1190万画素の動画でライブ配信も楽しみになります。

サイズ47×83×24.2重量58g
第1位

リコー

防水アクションカメラ WG-M1

価格:21,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高耐久のハイスペックウェアラブルカメラ

137度の広角撮影によりより鮮明で迫力のある画像が撮影できます。音がこもらないハウジング不要システムにてステレオ録音にて安心です。フルハイビジョン対応にて非常に画像がキレイです。液晶モニター付きにてその場で撮影内容を確認できますので安心です。

 

Wifi機能搭載にて遠隔撮影も楽しめます。大型ボタンにて非常に使いやすく、初心者でも気軽に使用できますので便利でしょう。防水・防塵・耐衝撃・低温性能も非常に良い為、陸・海・空と色々なシーンで活躍してくれます。コストパフォーマンスにも優れているモデルです。

サイズ66.5×42.4×89.4重量190g

ウェアラブルカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4960479の画像

    リコー

  • 2
    アイテムID:4960478の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:4960477の画像

    パナソニック

  • 4
    アイテムID:4960476の画像

    insta360

  • 5
    アイテムID:4960475の画像

    GoPro(ゴープロ)

  • 6
    アイテムID:4960474の画像

    ニコン

  • 7
    アイテムID:4960473の画像

    Vemico

  • 8
    アイテムID:4960472の画像

    NAGAOKA(ナガオカ)

  • 9
    アイテムID:4960471の画像

    エーイーイー

  • 10
    アイテムID:4960470の画像

    Victure

  • 商品名
  • 防水アクションカメラ WG-M1
  • ウェアラブルカメラ(HDR-AS50)
  • ウェアラブルカメラ HX-A1H-D
  • ONE X 360度アクションカメラ
  • HERO7   CHDHB-601-FW
  • KeyMission 80
  • アクションカメラ 4K
  • アクションカメラ M1034K
  • ウェアラブルカメラ SD19A
  • アクションカメラ
  • 特徴
  • 高耐久のハイスペックウェアラブルカメラ
  • 安心・高機能のソニーカメラ
  • スポーツなどに最適
  • 超薄型・高性能ウェアラブルカメラ
  • 多機能ウェアラブルカメラ
  • 超薄型ウェラブルカメラ
  • 最強コストパフォーマンスカメラ
  • 軽量・小型の優れもの
  • 最強コスパのツーリングモデル
  • コストパフォーマンスに優れたモデル
  • 価格
  • 21800円(税込)
  • 21795円(税込)
  • 39980円(税込)
  • 47541円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 23800円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 8078円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 9880円(税込)
  • サイズ
  • 66.5×42.4×89.4
  • 47×83×24.2
  • 26×26×83.1
  • 63×95×26
  • 62×44.5×28
  • 44.8×86.5×15
  • 57×40×45
  • 59×41×25
  • 59×48×42
  • 57×40×28
  • 重量
  • 190g
  • 58g
  • 75g
  • 79g
  • 82g
  • 74g
  • 78g
  • 56g
  • 73g
  • 72g

まとめ

いかがでしたでしょうか。ウェアラブルカメラは色々なモデルがありますので悩んでしまう方も多いと思います。しかし用途や状況をよく把握すれば自然と自分に合ったウェアラブルカメラが見つかるはずです。ぜひあなたのエンジョイライフメモリーを撮影してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ