記事ID135966のサムネイル画像

【これでケアばっちり】人気洗顔フォームのおすすめランキング10選

洗顔フォームには様々なタイプの商品があり、肌質やニキビ対策などにより購入する洗顔フォームが違ってきます。「洗顔フォームの選び方がわからない」「おすすめの洗顔フォームを教えてほしい」という悩みに今回の記事で答えていきます。

毎日洗顔に使うからこだわりたい

まず洗顔フォームの選び方について紹介していきます。洗顔フォームを選ぶときにポイントとなる点はいくつかありますが、このポイントを守らないと最悪肌トラブルの原因となるので、よく確認しましょう。これから洗顔フォームの選び方を、5つのポイントに分けて順番に紹介していきます。

 

このポイントを見て、自分の肌質にあうものや洗顔タイプを選ぶことが、理想の肌への近道となります。また肌に悪影響を及ぼす成分も含まれていることがあるので今回紹介します。心配な方は、なるべく「無添加」の洗顔フォームを選ぶことをおすすめします。

洗顔フォームの選び方

ここからは洗顔フォームの選ぶ際のポイントを何点か紹介していきます。どの項目も健康な肌を生み出すために重要な要素なので、しっかり確認しましょう。

肌質で選ぶ

人によって「肌質」に違いがあり、肌質は大きく分けると3つのタイプに分かれます。肌への刺激をダイレクトに受けてしまう「敏感肌」、肌を守るバリアが薄い「乾燥肌」、肌表面の皮脂量が多い「オイリー肌」と様々な肌質があります。

 

これから3つの肌タイプを順番に紹介していきます。その肌の特徴や洗顔フォームを選ぶときのポイントを書いていきますので、自分の肌の特徴をよく確認し、商品を選んでください。

敏感肌

敏感肌の方は強めの刺激をうけてしまうと、肌にダメージを与えてしまい肌トラブルの原因となってしまいます。また洗顔したあとに肌がピリピリしたり、肌がつっぱる感じがするなどの特徴があります。

 

そこで敏感肌の方は「弱酸性」「低刺激」の洗顔フォームを選ぶのがおすすめです。敏感肌の方は肌のバリア機能が低下して肌トラブルがおきるため、肌バリアを守る洗顔料を選ぶことが大切です。

 

「弱酸性」「低刺激」の洗顔フォームは肌への影響が少ないので、肌トラブルになる心配はなくなります。ただし洗顔フォームの成分によっては、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。注意しましょう。

乾燥肌

乾燥肌は肌のバリア機能が低下しており、肌のカサカサやかゆみが出ます。乾燥肌の方は敏感肌の方と同じく「弱酸性」「低刺激」のものを選ぶと同時に、保温性が高い洗顔フォームを選ぶといいです。

 

ただし洗い方に注意しないと、さらに乾燥肌が進んでしまうケースもあります。洗顔の時顔をごしごし洗ったり、熱すぎるまたは冷たい水で顔を洗うなどの行為は絶対にしないでください。

 

顔を洗うときは、きちんと泡立てから泡で肌を洗い、洗い流すときはぬるま湯で洗いましょう。洗顔フォームの形状ですが肌に優しいパウダータイプか、保温成分が高めのミルクタイプの商品がおすすめです。

オイリー肌

オイリー肌は肌表面の皮脂量が多く、季節に関係なく年中肌がテカってしまい、肌荒れがなかなか治らないのが特徴です。特にTゾーン(鼻やおでこ)が一番テカりやすく、べたつきやすいです。

 

オイリー肌の方は皮脂が溜まりやすく、肌トラブルが多くなってしまいます。放っておくとニキビの原因になります。そこでオイリー肌の方には「洗浄力が高め」の洗顔フォームを選ぶのがいいです。

 

皮脂が多くても、一気に洗い流せるジェルタイプの洗顔フォームがおすすめです。なお顔を洗う際は泡で洗いぬるま湯で洗い流さないと、逆に皮脂が出てきたり乾燥肌になってしまったりと大変なので、きちんとケアを心掛けましょう。

洗顔フォームの形状で選ぶ

洗顔フォームには様々なタイプの商品が販売されています。タイプによって効果が違ってきますので、選ぶ際にはその時の自分の肌の状況によって購入したほうがいいです。自分の肌の健康は自分で守りましょう。これから様々な洗顔タイプの特徴について紹介していきます。

 

全ての洗顔料に言えるのですが、洗顔する際にはよく泡立てて使用しないといけません。その理由は泡立てないまま肌を洗うと、手でこすってしまい肌にダメージを与えてしまうからです。なので洗顔のときは泡で肌を洗うようにしましょう。

フォームタイプ

チューブに入っていることが多い、最も化粧品コーナーで販売されているタイプの洗顔料です。様々なタイプの洗顔料が販売されていてしっとりタイプやさっぱりタイプ、使用後につっぱり感を感じないものまでいろいろとあります。

 

よく泡立てないと洗浄効果が半減されてしまうので、使用する際は泡立てネットとセットで使用することをオススメします。そして洗う際は泡で包み込むように肌を洗ってください。

 

チューブ型の洗顔料には「スクラブ」という細かな粒子が入っているものが多く、古くなった角質や皮脂をきれいさっぱり洗い流せるのですが、肌への刺激も強いので敏感肌や乾燥肌の方はスクラブが入っていないものを選びましょう。

 

ジュレタイプ

ジュレタイプの洗顔料は他のタイプの洗顔料より、肌の摩擦が少なく肌が弱い方にもおすすめできる洗顔タイプとなります。オイリー肌の方に最適となっています。

 

他の洗顔タイプと違う点は、豊富に水分を含んでおり肌の潤いを一番実感しやすいのがこのジュレタイプなのです。なので洗顔が終わったあと爽快感を味わうならこのタイプがいいです。

 

ジュレタイプの洗顔フォームはニキビや皮脂の汚れを洗い流してくれて、洗い終わったあとさっぱりとします。しっかりと洗い流した感覚を味わいたい方は、こちらのジュレタイプがおすすめです。

パウダータイプ

パウダータイプの洗顔フォームは毛穴の黒ずみやニキビなどに対して、皮脂を柔らかくして洗い流してくれるので、肌トラブルに悩んでいる方におすすめのタイプです。

 

パウダータイプの洗顔料は、他の洗顔タイプよりも添加物が少なく肌に優しい作りになっています。水分が含まれていないため防腐剤などが入っていなく、お肌への刺激が少ないのが特徴です。

 

またタンパク汚れを落としてくれる「酵素」が含まれている商品が多く、肌のべたつきを感じさせず、古い角質や毛穴の汚れをしっかりと落とし柔らかな肌を作り出します。

 

リキッドタイプ

こちらの洗顔料はジュレタイプの洗顔タイプと同じく、水分量が多めとなっています。そのため泡立てネットなどを使わず、泡立てが簡単にできます。

 

リキッドタイプの洗顔料にはSPT(肌洗浄化技術)と高保温洗浄技術が採用されていることが多いです。肌の潤いをしっかりと守り乾燥を防ぐので、乾燥肌の方に特におすすめします。

 

特徴としては洗い終わった後、肌の潤いを残したまま毛穴の汚れや古い角質をすっきりと洗い流すことができます。忙しい時間にもスピーディーに洗顔が可能なため、人気のタイプとなっています。

 

固形型

固形タイプは一般的にアルカリ性による洗浄効果が高く、石鹸の基本成分のみで作っている商品が多いので、他のタイプより安定して使用することができます。余計な成分をなく安心して洗顔したい方におすすめのタイプです。

 

この固形タイプの特徴ですが、肌をしっとりと洗い上げ油分をちょうどよく残してくれるという特徴をもっています。しかも肌への刺激も少なく、特に弱点が見られない万能の洗顔タイプとなっています。

 

固形なので泡立てるのに若干時間がかかってしまいます。そのため泡立てネットとセットで使用することが重要になります。皮脂が多めのオイリー肌の方には、この固形型の洗顔フォームがおすすめです。

成分に気を付ける

皮脂を洗い流したり、肌を清潔に整える洗顔フォームですが洗顔フォームの中に含まれる成分をよく見ないで使用すると、肌トラブルの原因になります。せっかく美容に気を付けているのに、ダメージを与える成分を知らないで使用していたら恐ろしいですね。

 

これから紹介する洗顔フォームの中に含まれる成分は、肌に強い刺激を与える代表的な成分となっています。防腐剤やサリチル酸といった成分は肌に悪影響を及ぼす可能性がありますので、洗顔フォームを使用する場合商品パッケージやネットで商品情報で必ずチェックしましょう。

 

防腐剤・BHT

防腐剤は菌の繁殖などを防ぐことができる成分なのですが、美肌にいい成分も一緒に洗い流してしまうというデメリットもあります。肌の質を保ちたい方は、防腐剤が入っていないものを選びましょう。

 

防腐剤と似たような成分であるBHTは酸化防止剤と呼ばれていて、食品や化粧品に含まれている成分です。よく防腐剤とBHTはセットで食品や化粧品に含まれていることが多いです。

 

名前の通り酸化を防止する役割をしますがかなり刺激が強く、肌が弱い方がBHTの入った洗顔フォームを使用すると、肌がピリピリします。敏感肌の方はBHTが入っていないものを使用しましょう。

サリチル酸

サリチル酸という成分は非常に高い殺菌効果と抗炎症作用を持っていて、その高い殺傷効果と抗炎症作用がニキビに効果があるということで、洗顔料に含まれていることが多いです。

 

さらに古い角質を取り除く効果もあるのでニキビの治りを促進したり、ニキビ跡を改善したりと、ニキビに悩んでいる人には嬉しい効果が発揮されます。

 

ただこちらの成分は先ほど紹介したBHTと同じく、かなり刺激が強く使用中や使用後に肌がピリピリすることがあります。なるべくこの成分が入っていないものを選びましょう。

泡立ち・泡切れのいいものを選ぶ

洗顔フォームを選ぶ際、泡立ち・泡切れがいいことはかなり重要な要素となります。洗顔するときたっぷりの泡で洗顔をするのが基本となります。しかし泡立ちが悪いと、手で強くこすってしまい肌にダメージを与えてしまいます。

 

摩擦による肌へのダメージはしわやタルミの原因となるため、洗顔をする際は泡立ちがいいものを選び円を描くようにゆっくり泡で洗っていくのが正しい方法となります。

 

また泡切れが悪いものを選ぶと、すすいだ時に泡が残ってしまい肌荒れの原因となってしまいます。場合によっては乾燥肌になる可能性もあります。なので泡立ちと泡切れがいい商品を選ぶことが重要になってくるのです。

弱酸性または弱アルカリ性で選ぶ

洗顔料には「弱酸性」と「弱アルカリ性」と表示された商品があります。この2種類の特徴を正しく知っておかないと、肌トラブルの原因となっていきます。一体どちらが肌にいいのか気になりますよね。ここでは「弱酸性」と「弱アルカリ性」について解説していきます。

 

結論から言いますと、自分の肌質によりメリットとデメリットが違ってきます。「弱酸性」は肌への刺激が少なめなので、乾燥肌と敏感肌の方におすすめです。反対に「弱アルカリ性」のほうは、肌の汚れをごっそりと取り除くことができすっきりとした感覚を体感することができます。

 

 

弱酸性

私たち人間の肌は生まれてからしばらくすると、肌が徐々に弱酸性となっていきます。しかしだからと言って、弱酸性の洗顔料を使うのはいけません。「弱酸性ってなんかいいイメージがある」と思っている人は多いかもしれません。

 

しかし弱酸性の洗顔料の特徴は「肌への刺激は弱いが、毛穴などの汚れ落ちは弱くなる」となっています。さらに弱酸性の洗顔料には、多くの油分や保温剤が含まれていることが多いため、油分や保温剤が多く肌に残っていると肌の老化の原因となります。

 

弱酸性の洗顔料で顔を洗うと、油分のおかげで肌がしっとりする感じを体感できますが、中にはぬるぬる感が気になって必要以上に洗顔に時間をかけてしまう方もいます。それが肌にとって負担となり、最終的に「乾燥肌」になっていく可能性が高くなります。

弱アルカリ性

弱アルカリ性は弱酸性の洗顔料と違い、洗浄力が高めでしっかりと肌の奥にある汚れを取り除くことができます。毛穴の汚れをとても気にしていてすっきりしたい人は、弱アルカリ性の洗顔料を選ぶといいでしょう。

 

商品によっては、防腐剤や凝固剤など肌にダメージを与える成分が含まれていない、弱アルカリ性の無添加洗顔料があります。もし肌へのダメージを気にしている方がいたら、この無添加アルカリ性の洗顔料をおすすめします。

 

しかし肌への刺激が弱酸性の洗顔料よりも強いというデメリットがあります。また乾燥肌の方がいきなり弱アルカリ性の洗顔料を使用すると、かえって肌荒れが悪化する可能性が高いので注意しましょう。

洗顔フォームおすすめランキング10選

第10位

ユニリーバ・ジャパン

ダヴ センシティブマイルド 敏感肌用

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敏感肌の方にもおすすめできるダヴの商品

この洗顔料は「無添加」「アレルギーテスト済み」なので、敏感肌の方にも安心して使用できるダヴの泡洗顔です。人気ブランドが販売しているだけあって、口コミの評価も高いです。

 

ワンプッシュでもちもちの濃密泡が完成し、肌の隅々まで洗うことができます。洗い流したあとは、つっぱり感を感じにくく、触り心地のよいつるつる肌になります。

 

泡立てたときのキメ細やかなふわふわの泡、肌がしっとりとするという点が購入者から特に評価されています。また男性の方にもこの商品の評価はよく、少しおとなしめな洗浄力を気にしなければ肌の負担も少なく、とても使いやすい洗顔料となっています。

容量160ml肌質敏感
第9位

菊正宗

菊正宗 日本酒の洗顔料

価格:508円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に良い日本酒の成分入り

洗顔料の成分に日本酒を配合している洗顔フォームです。日本酒には保温効果によい「アミノ酸」や「ミネラル」などの成分がたっぷりと含まれており、肌にとても嬉しい作りとなっています。

 

濃密な弾力泡によって肌をこすらず洗うことができ、毛穴の奥の皮脂汚れまでしっかりと洗い流すことができます。洗っている最中にほんのりと日本酒の香りがするので、日本酒の香りを楽しみながら洗顔することができます。

 

洗ったあとのつっぱり感がなく、しっとりとした肌を体感できます。日本酒の匂いがするので、そこだけは注意してください。「菊正宗」ですがこの商品の他にも、化粧水や乳液など肌ケアの商品が豊富なので、セットで購入してみてはいかがでしょうか。

容量200g肌質ノーマル
第8位

カネボウ化粧品

スイサイ 酵素洗顔パウダー

価格:1,763円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毛穴の汚れや古い皮脂をまとめて洗い流す酵素洗顔パウダー

パウダータイプの洗顔フォームです。1回分のパウダーを手に取って、お湯でよく泡立てるとふっくらとしたきめ細かな泡ができます。

 

洗浄成分には「タンパク分解酵素」「皮脂分解酵素」2つの酵素が入っており、「古いタンパク質」と「古い皮脂」を洗い流してくれます。それと同時に「アミノ酸系洗浄成分」によって、肌のうるおいを守りつつ洗い終わったあとのつっぱり感を感じにくいのが特徴です。

 

何回か使用していくごとに毛穴のつまりが解消されていくという口コミが多いです。なので1,2回使用しただけでは効果が現れないため注意が必要です。

容量12.8g(0.4g×32個肌質全肌質対応
第7位

花王

ビオレ おうちdeエステ

価格:664円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毎日の洗顔がまるで自分でエステしている感覚に

マッサージがしやすいジェルタイプの洗顔フォームで、毎日の洗顔がまるで自分でエステしているような感覚になります。この商品は2つのタイプがあり「なめらか」と「やわらか」があります。自分の好みに合わせて購入しましょう。

 

鼻の毛穴の黒ずみを気にしている方は、この商品を何回か使用すると毛穴の黒ずみが減っているという効果を体験できます。ただしこちらの商品は、敏感肌の方が使用するとピリピリするという口コミもあるため、敏感肌の方は要注意です。

 

またジェルタイプなので、洗い流すのに時間がかかるというデメリットも口コミにありました。しかし洗浄効果やコスパがいい値段と総合的に評価の高い洗顔料となっています。

容量150g肌質全肌質対応
第6位

スタイリングライフ

クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング

価格:837円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毛穴の汚れを根ごそぎ取り除き透明感ある肌へ

シリーズ累計2000万個を突破した角質ケアNO.1のブランド商品です。口コミでもリピート客が多い印象をもちました。明るく汚れのないすっきりとした肌に生まれ変わります。

 

「パパイン酵素」「キウイエキス」「スクラブ」「リンゴ酸」を配合しており、マッサージするように洗顔することで皮膚の奥に溜まった老廃物をごっそりと取り除くことができます。さわやかなリンゴの匂いがするのも、ポイントの1つです。

 

毛穴の汚れや古い角質を取り除くのに必要な「スクラブ」が入っており、きれいさっぱり洗い流すことができます。なのでニキビに悩んでいる方は、この商品を継続して使用するとニキビ肌が改善されます。

容量120g肌質全肌質対応
第5位

ロゼット

洗顔パスタ 海泥スムース

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミネラル豊富な海泥を含んだ洗顔料

海泥という成分によって、肌の奥にある汚れや古い角質などを徹底的に除去することができます。肌に刺激を与えにくい食物由来洗浄成分を使用しており、「無香料」「無着色」「無鉱物油」と肌に優しい商品です。

 

洗顔するとローズフルーツエキスが肌に浸み込み、肌をぎゅっとひきしめます。ごっそりと毛穴の汚れを落としてくれるので、洗いあがりがさっぱりして気持ちがいいという口コミがありました。ロゼッタが出している洗顔料の中でも、最終的にこの商品が一番気に入ったという方が多いです。

容量180g肌質ノーマル
第4位

資生堂

専科 パーフェクトホイップ 120g

価格:424円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌を優しく包んで肌本来のうるおいを守る

口コミで圧倒的な人気を誇る洗顔料で、濃密な白まゆ泡で優しく肌を包み込みなめらかでしっとりとした肌へ洗い上げるのが特徴です。しっとりとしたすっぴん肌&もちもち肌になりたい方におすすめの商品です。

 

この商品には専科独自の「うるおい導入技術」というものがあり、肌のうるおいを保温するために保温成分である「天然由来シルクエッセンス」「Wヒアルロン酸」を入れています。この2つの成分により肌の汚れを取り除くと同時に、うるおい導入成分と保温成分が肌の奥まで浸透します。

容量120g肌質ノーマル
第3位

ロゼット

洗顔パスタ ホワイトダイヤ

価格:435円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3種のパウダーによって肌の透明感アップ

様々な販売サイトの口コミで高い評価を得ていて、金額もかなり安いという素晴らしい商品です。この商品は3種のパウダーが含まれており、洗顔するだけで肌の透明感がアップします。顔のくすみが気になっている方がこの商品を買って、肌が改善したという口コミが多いです。

 

美容成分も8種類あり洗顔後に使用する美容液、化粧水が肌にスムーズに行き渡る肌環境に生まれ変わります。ホワイトローズの香りで気分も和らぐ効果もあります。アルコールフリー、鉱物油フリー、低刺激性(アレルギーテスト済み)と敏感肌の方に嬉しい商品となっています

容量90g肌質ノーマル
第2位

花王

キュレル 泡洗顔料

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌の潤いに必要な成分「セラミド」を守る

こちらの洗顔料は敏感肌や乾燥肌の方におすすめの商品となっています。洗顔をすると肌の潤いに必須な「セラミド」という成分まで、一緒に流れてしまいます。このセラミドが不足すると、肌を守るバリアが減ってしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。

 

このセラミドという成分を洗顔しても守れるのが、この商品の特徴です。「弱酸性」「無香料」「無着色」と肌が弱い方に嬉しい要素が詰まっています。またニキビ肌の方がこの商品を継続して使用した結果、ニキビ肌が改善したという口コミもありました。

容量150ml肌質敏感
第1位

ロゼット

無添加石けん 洗顔フォーム

価格:288円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食物成分100%の洗顔料で余計な成分一切なし

無添加で食物成分100%の洗浄基剤(パームヤシ)から作られたクリーム状の石鹸洗顔フォームとなります。発売以来ロングセラー商品となっており、泡立ちもよく無添加なので肌にとても優しい作りになっています。洗顔が終わった後のつっぱり感がなく、皮膚がもちもち感で包まれます。

 

洗顔料を使っていると匂いを気にする人がいると思いますが、この商品は特に気になるような匂いはないということで評価を得ています。値段もとても安く、非常にシンプルな商品となっておりとてもおすすめできる洗顔フォームです。

容量140g肌質ノーマル

洗顔フォームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4963490の画像

    ロゼット

  • 2
    アイテムID:4963481の画像

    花王

  • 3
    アイテムID:4963476の画像

    ロゼット

  • 4
    アイテムID:4963463の画像

    資生堂

  • 5
    アイテムID:4963449の画像

    ロゼット

  • 6
    アイテムID:4963431の画像

    スタイリングライフ

  • 7
    アイテムID:4963413の画像

    花王

  • 8
    アイテムID:4963372の画像

    カネボウ化粧品

  • 9
    アイテムID:4963358の画像

    菊正宗

  • 10
    アイテムID:4963327の画像

    ユニリーバ・ジャパン

  • 商品名
  • 無添加石けん 洗顔フォーム
  • キュレル 泡洗顔料
  • 洗顔パスタ ホワイトダイヤ
  • 専科 パーフェクトホイップ 120g
  • 洗顔パスタ 海泥スムース
  • クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング
  • ビオレ おうちdeエステ
  • スイサイ 酵素洗顔パウダー
  • 菊正宗 日本酒の洗顔料
  • ダヴ センシティブマイルド 敏感肌用
  • 特徴
  • 食物成分100%の洗顔料で余計な成分一切なし
  • 肌の潤いに必要な成分「セラミド」を守る
  • 3種のパウダーによって肌の透明感アップ
  • 肌を優しく包んで肌本来のうるおいを守る
  • ミネラル豊富な海泥を含んだ洗顔料
  • 毛穴の汚れを根ごそぎ取り除き透明感ある肌へ
  • 毎日の洗顔がまるで自分でエステしている感覚に
  • 毛穴の汚れや古い皮脂をまとめて洗い流す酵素洗顔パウダー
  • 肌に良い日本酒の成分入り
  • 敏感肌の方にもおすすめできるダヴの商品
  • 価格
  • 288円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 435円(税込)
  • 424円(税込)
  • 810円(税込)
  • 837円(税込)
  • 664円(税込)
  • 1763円(税込)
  • 508円(税込)
  • 693円(税込)
  • 容量
  • 140g
  • 150ml
  • 90g
  • 120g
  • 180g
  • 120g
  • 150g
  • 12.8g(0.4g×32個
  • 200g
  • 160ml
  • 肌質
  • ノーマル
  • 敏感
  • ノーマル
  • ノーマル
  • ノーマル
  • 全肌質対応
  • 全肌質対応
  • 全肌質対応
  • ノーマル
  • 敏感

まとめ

今回はおすすめの洗顔フォームを10商品ほど紹介してきました。洗顔フォームを選ぶ際は自分の肌はどんなタイプの肌なのか把握し、その肌タイプに合った商品を選ぶことが大切です。この記事を見たあとは、自分の肌質を必ずチェックしましょう。

 

また紹介した商品は、なるべく肌に有害な成分が含まれていない洗顔料を選びました。もし肌トラブルが心配な方がいたら、無添加のものを選ぶと安心です。ぜひ今回紹介した商品の中で、気になったものがあれば試しに購入してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ